Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is the incredible story of a man who survived being lost at sea for 76 days in 1981.

    これは1981年に76日間も海で遭難して生き残った男の信じられない物語である。

  • After enduring a divorce from his wife, steven, Callahan decided that he wanted to sail the treacherous atlantic ocean in his 21 ft boat called the napoleon Solo.

    妻のスティーブンとの離婚を経験したキャラハンは、21フィートのボート「ナポレオン・ソロ」で危険な大西洋を航海したいと考えた。

  • In january 1982 just a week after his departure, the napoleon Solo was stricken presumably by a whale.

    出発から1週間後の1982年1月、ナポレオン・ソロ号は、おそらくクジラに襲われた。

  • This caused severe damage and Callahan was forced to abandon his boat.

    これにより大きなダメージを受け、キャラハンはボートを放棄せざるを得なくなった。

  • Callahan was trapped in a lifeboat on the high seas while he had to contend with starvation, dehydration and even shark attacks, Callahan managed to use a piece of fishing line and a water purifier to survive on fish and purified seawater.

    キャラハンは、公海上で救命ボートに閉じ込められ、飢餓や脱水症状、さらにはサメの攻撃にも耐えなければならなかったが、釣り糸の切れ端と浄水器を使って、魚と浄水された海水で生き延びることができた。

  • He even created a sextant, a nautical navigation device out of two pencils to help guide him back to civilization.

    さらに、文明社会に戻るための道しるべとして、2本の鉛筆から航海用の六分儀を作りました。

  • After 76 tortuous days, he was finally found and rescued by fishermen near the southeastern coast of Guadalupe.

    76日間の苦難の末、ついにグアダルーペ南東部の海岸近くで漁師に発見され、救助された。

This is the incredible story of a man who survived being lost at sea for 76 days in 1981.

これは1981年に76日間も海で遭難して生き残った男の信じられない物語である。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ボート ナポレオン ソロ 航海 日間 海水

76日間、海で漂流した男のサバイバル・ストーリー (Man Adrift At Sea For 76 Days (Survival Story))

  • 7 1
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 16 日
動画の中の単語