Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When it came to drug kingpins like Pablo Escobar, they had one way of making sure that nobody

    パブロ・エスコバルのような麻薬王には、誰にも知られないようにする方法がありました。

  • cheated or narc'ed on them: the Colombian Necktie.

    騙されたり、麻薬に手を出したりしたコロンビアのネクタイ。

  • No one would doubt that some horrific murders have happened during the endless battle that

    絶え間ない戦いの中で、凄惨な殺人事件が起きたことは誰も疑わないだろう。

  • is the war on drugs.

    は、麻薬撲滅戦争です。

  • We all know about those terrible videos that gangs have posted online, with men kneeling

    私たちは、ギャングがネット上で公開している、男性がひざまずいている恐ろしいビデオについて知っています。

  • on the ground before being executed.

    を地面に置いてから処刑されました。

  • You've likely heard of a victim in the Mexican cartel wars that ended up in pieces, and his

    メキシコのカルテル抗争の犠牲者がバラバラになってしまったという話を聞いたことがあると思いますが、その人の

  • face sent as a warning gift to another cartel attached to a football.

    の顔が、サッカーボールに付けられた別のカルテルへの警告の贈り物として送られた。

  • You might have even heard of EnriqueKikiCamarena Salazar, an FBI agent who was tortured

    拷問を受けたFBI捜査官、エンリケ・"キキ"・カマレナ・サラザールの話を聞いたことがあるかもしれません。

  • and killed by Mexican drug traffickers.

    メキシコの麻薬密売人に殺された。

  • And it goes without saying that the infamous shower scene in the movie Scarface was inspired

    また、映画「スカーフェイス」の悪名高いシャワーシーンは、言うまでもなく、このシーンからヒントを得ています。

  • by the acts of the Medellin cartel.

    メデジン・カルテルの行為によって。

  • So, if you're familiar with what we've just said, you'll know that literally, anything

    今までの話をご存知の方は、文字通り、何でもかんでも

  • goes in the drug war.

    は麻薬戦争に巻き込まれる。

  • It's all very gruesome, and bad things definitely happened, but the Colombian necktie is a different

    非常に陰惨で、悪いことが起こったのは確かだが、コロンビアのネクタイは別物である。

  • kind of beast.

    獣のようなものです。

  • The question is, how many stories that refer to it are true?

    問題は、それに言及している話がどれだけ真実かということです。

  • Was it really exported to the USA?

    本当にアメリカに輸出されていたのか?

  • Where did it even come from?

    それはどこから来たのか?

  • The obvious answer to the last question is of course Colombia, but head over there, and

    最後の質問に対する明白な答えは、もちろんコロンビアですが、そこに行ってみてください。

  • it's likely many people have not heard of it.

    聴いたことがない人も多いだろう。

  • They'll probably laugh at you and tell you that you've watched too many movies.

    きっと「映画の見すぎだ」と笑われるでしょう。

  • It's real.

    それが現実です。

  • Its origins are from a terrible period in Colombian history.

    その起源は、コロンビアの歴史上の恐ろしい時代にあります。

  • So terrible, this Civil War is calledLa Violencia”, “The Violence.”

    あまりにもひどいので、この内戦は「La Violencia」、「The Violence」と呼ばれています。

  • This period ran from 1948 to 1958.

    その期間は1948年から1958年まで。

  • In short, it was a bloody feud between Liberals and Conservatives.

    要するに、リベラルとコンサバティブの血なまぐさい争いだった。

  • Around 200,000 died, which was close to two percent of the entire nation.

    死者は約20万人で、これは全国民の2%に近い。

  • Most of these victims, and the killers, lived in the countryside.

    犠牲者も犯人も、そのほとんどが田舎に住んでいた。

  • Looking at descriptions of what happened during that decade you can read things such asbrutal

    この10年間に起こった出来事の記述を見ると、「残忍な行為」などと書かれています。

  • inhumanityandextreme cruelty,” andspectacular violence.”

    非人間的」「極度の残虐性」「壮絶な暴力」。

  • The acts of violence became more savage as time went on, with each side upping the ante

    時間が経つにつれ、暴力行為はより残酷になり、それぞれの立場が増していった。

  • after seeing what the other side had done.

    相手の行動を見て

  • People were crucified, hanged, and even quartered in the style of the Medieval Europeans.

    中世ヨーロッパのスタイルで、人々は十字架にかけられたり、首を吊られたり、さらには四つ裂きにされたりしました。

  • The message was, “This is what you'll get, if you mess with us.”

    我々に手を出せば、こうなるぞ」というメッセージだった。

  • We have a name for this: psychological warfare.

    これには心理戦という名前がついています。

  • In a paper written for the Colombia Journal, the psychological warfare that happened during

    コロンビア・ジャーナルに寄稿した論文では、当時起こった心理戦を

  • those bloody years is discussed.

    その血塗られた年月が語られる。

  • The author wrote, “The foremost purpose of killings and massacres is to send a sharp

    著者は、「殺人や虐殺の一番の目的は、鋭い

  • message to survivorsrelatives, acquaintances, neighbors, even entire villagesthat the

    親戚、知人、隣人、さらには村全体の生存者に向けて、メッセージを発信しました。

  • armed actors can and quite possibly will strike with unrestrained severity.”

    武装したアクターは、自由な厳しさで攻撃することができるし、おそらくそうなるだろう」。

  • Sometimes it's not always how the victim or victims were killed, but what they looked

    時には、被害者や犠牲者がどのように殺されたかではなく、彼らが何を見ていたかが重要になることもあります。

  • like when their bodies were discovered.

    遺体が発見されたときのように。

  • The grizzlier the murder scene, the more significant statement was made.

    殺人現場が過酷であればあるほど、重要な発言がなされた。

  • It was the same back in the day in England, when after someone had been hanged, drawn,

    昔、イギリスでも同じように、誰かが絞首刑になった後、描かれていました。

  • and quartered, their head, or other body parts, would be displayed for the public to see.

    と四つ裂きにされた後、頭やその他の体の一部が公開されます。

  • In this case, the authorities made the statement.

    この場合、当局は声明を出しました。

  • That's why enemies on both sides during the Colombian strife sometimes engaged in

    だからこそ、コロンビア紛争では敵味方入り乱れての戦いになった。

  • what's calledpost-mortem mutilation.”

    いわゆる "死後の切断 "ですね。

  • Another researcher explained it like this, “The point, of course, was not just to kill,

    別の研究者はこのように説明している。「もちろん、ポイントはただ殺すことではない。

  • but to communicate.

    ではなく、コミュニケーションのために。

  • The blood-splattered tableau mort was meant to demonstrate that there were absolutely

    この血しぶきのかかった絵画のようなモー トは、絶対的な存在であることを示すものでした。

  • no limits to what would be done.”

    何をするにも制限はありません。

  • Historians say people inventedingenious formsof killing, so much so that they

    歴史家によると、人々は「独創的な形」の殺人を発明し、その結果、彼らは

  • got their own names.

    は自分の名前を付けました。

  • One wasel corte de mica (monkey cut), which consisted of leaving a person's head

    その一つが、頭を残す「エル・コルテ・デ・マイカ(猿の切り口)」である。

  • on their chest.

    胸を張って

  • Another act of brutality was called the flower vase (el corte de florero), which meant making

    もう一つの残忍な行為は、花瓶(el corte de florero)と呼ばれるもので、これは、花瓶を作ることを意味していました。

  • the headless and limbless dead person into a kind of human flower vase.

    頭のない、手足のない死体を人間花瓶のようにする。

  • You can imagine how that was done.

    その様子は想像に難くありません。

  • There was the necktie, “el corte de corbataamong many horrific things that were done.

    ネクタイ、"el corte de corbata "など、恐ろしいことが行われていました。

  • In short, a cut was made into the person's neck below the jaw.

    要するに、あごの下の首に切り込みを入れたのである。

  • His or her tongue was then pulled out, so it stretched downwards.

    舌は下に向かって伸びるように引き出されました。

  • The effect was that the deceased person looked as though they were wearing a tie.

    亡くなった人が、まるでネクタイをしているかのように見える効果がありました。

  • According to the author of this paper, these acts were well-known to combatants.

    この論文の著者によれば、これらの行為は戦闘員にはよく知られていた。

  • He said theColombian necktieand theflower vasebecame part of their vocabulary.

    コロンビアのネクタイ」や「花瓶」が彼らのボキャブラリーになったという。

  • A Colombian anthropologist named María Victoria Uribe also documented such cases.

    コロンビアの人類学者であるマリア・ヴィクトリア・ウリベもそのような事例を記録している。

  • What we're saying is this kind of death, and post-mortem mutilation is not a myth.

    私たちが言いたいのは、このような死、そして死後の切断は神話ではないということです。

  • Still, we had a look at some forums to see if any Colombians talked about the necktie.

    それでも、コロンビア人がネクタイについて語っているかどうか、いくつかのフォーラムを見てみました。

  • Here is what one person said: “It was a technique used by the conservative

    ある人の言葉を紹介します。"それは、保守的な人たちが使っていたテクニックです。

  • 'Chulavitas' to assassinate the 'mobsters' or liberals, (and also communists) and thus

    チュラヴィタス」が「マフィア」や「リベラル」(共産主義者も)を暗殺するために、その結果

  • simulate the red tie that they wore as an identification of their sympathy with the

    赤いネクタイをしていたのは、彼らに共感していたことを示すためだと思われます。

  • liberal party and ideologies contrary to the conservative party.”

    リベラル政党と保守政党に反するイデオロギー」。

  • That sounds one-sided.

    それは一方的に聞こえる。

  • From what we can see, both sides committed horrors.

    私たちが見ている限りでは、どちらの側も悲惨なことをしています。

  • Now let's look at how it would feel to die this way.

    では、このような死に方をしたときの気持ちを考えてみましょう。

  • Before the tie thing was done, the victim had his throat slit.

    ネクタイを結ぶ前に、被害者は喉を切られていた。

  • You can die from two things if this happens.

    このような場合、2つのことが原因で死ぬことがあります。

  • The first is when the trachea is cut, but somehow, the arteries are not.

    1つ目は、気管は切れても、なぜか動脈は切れない場合。

  • The cause of death would be lack of oxygen or and basically, your lungs drowning in your

    死因は酸素不足か、基本的には肺が溺れてしまうので

  • own blood.

    自分の血。

  • It's unlikely you would die this way, though, instead you'll probably just bleed out..

    この方法で死ぬことはまずありませんが、代わりに出血することになるでしょう。

  • You all know that you have really big veins in both sides of your neck, called carotid

    皆さんは、首の両側に頸動脈と呼ばれる大きな静脈があることをご存知でしょうか。

  • arteries.

    arteries。

  • When those are severed, it's pretty much game over.

    それが切れてしまうと、かなりの確率でゲームオーバーになってしまいます。

  • Lack of blood to the brain will make you pass out, and then your heart will stop.

    脳への血液が不足すると、気絶してしまい、心臓が止まってしまいます。

  • How long it takes to die, though, can change.

    しかし、どのくらいで死ぬかは変わってきます。

  • It's all about the cuts.

    すべてはカットのためです。

  • This is what someone wrote in a paper published by the US National Institute of Health:

    これは、米国国立衛生研究所が発表した論文に書かれた言葉です。

  • The length of time it takes to die following an incised wound of the neck depends on several

    「頸部の切創後に死亡するまでの期間は、次のような要因に左右されます。

  • factors.

    の要素があります。

  • They include whether the venous or arterial systems are severed and whether there is air

    静脈や動脈が切断されていないか、空気が入っていないか、などです。

  • embolism.

    塞栓症です。

  • In some instances, victims with a single carotid artery cut have moved for about 10 minutes.”

    頸動脈を1本切られた被害者が10分程度動いた例もあります。"

  • As for pain, a US doctor wrote that thesurge of endorphinsand utter shock at what is

    痛みについては、米国の医師が「エンドルフィンの急増」と「何かに対する全くのショック」と書いています。

  • happening will likely block out the pain.

    が起こると、痛みが遮断される可能性が高い。

  • If the windpipe is cut, the person will be struggling to breathe, rather than thinking,

    気管を切ってしまうと、人は考えるよりも息をするのに必死になります。

  • ouch.”

    "ouch"

  • If the carotid arteries are totally severed, there will be shock, but the person should

    頸動脈が完全に切断された場合、ショックを受けますが、その人は

  • pass out quickly.

    がすぐに消えてしまう。

  • Either way, it's not a nice way to go, but it would be a better way to die if the cut

    どちらにしても、いい方法ではありませんが、カットがあればもっといい死に方ができるでしょう。

  • went right through the main arteries.

    は、主要な動脈を通過しています。

  • It would be over in seconds.

    数秒で終わってしまう。

  • A shabby cutting technique would prolong the torture.

    ショボいカット技術では、拷問を長引かせてしまう。

  • So it looks as though this was indeed a thing back in those dark days, but what about more

    暗い時代には確かにあったようですが、それ以上のものはどうでしょう。

  • recent times?

    最近は?

  • We found an article written in Spanish, and since this writer's Spanish is about good

    スペイン語で書かれた記事を見つけたのですが、このライターのスペイン語は上手程度なので

  • enough to order a beer and ask for directions, he used an online translation tool.

    ビールを注文したり、道を尋ねたりするには、オンラインの翻訳ツールを利用しました。

  • The necktie was written ascorbata Colombiana”, but we're sure that's the same asel

    ネクタイは「corbata Colombiana」と書かれていましたが、「el

  • corte de corbata.”

    CORTE DE CORBATA"(コルテ・デ・コルバタ)。

  • The article explains that in 2009, in Ayacucho, Buenos Aires Province, Argentina, police discovered

    記事では、2009年にアルゼンチンのブエノスアイレス州アヤクーチョで、警察が発見した

  • a murder scene in a hotel.

    ホテルでの殺人現場。

  • The article said, “He had a cut in his throat with the extraction of his tongue, according

    記事では、「彼は、舌を抜いた状態で喉を切っていたという。

  • to the DDI of that town, who reported to the person in charge of the investigation.”

    をその町のDDIに報告し、そのDDIが捜査の責任者に報告した。"

  • After two months, police identified the victim as Iván Andrés Telles, a man with links

    2ヶ月後、警察は被害者をIván Andrés Tellesと特定しましたが、彼には関係がありました。

  • to drug trafficking.

    麻薬密売のために

  • Besides that case, we can't find any more recent cases, although we read a translated

    そのほかには、最近の事例は見当たりませんが、翻訳された

  • news story which said a person had been fined for threatening to give someone a Colombian

    ニュース記事によると、ある人が誰かにコロンビア人をプレゼントすると脅して罰金を科せられたそうです。

  • necktie.

    ネクタイ

  • That happened in Spain in 2017, and the fine was 180 Euros ($213).

    2017年にスペインで起きたことですが、罰金は180ユーロ(213ドル)でした。

  • Ok, so now let's move over to the USA, where on occasions the media has talked about this

    さて、話はアメリカに移りますが、アメリカのメディアではこのような話題が取り上げられることがあります。

  • vile act.

    卑劣な行為。

  • In 1995, AP news published the headline, “Colombian Necktie' a Grisly Fate for Drug Snitches.”

    1995年、APニュースは「コロンビアのネクタイは麻薬の密告者にとって悲惨な運命をたどる」という見出しをつけた。

  • This was the first paragraph, “In Colombia's drug underworld of the 1980s, snitches met

    1980年代のコロンビアの麻薬の裏社会では、密告者が出会った」という最初の段落です。

  • with a gruesome fate: Their throats were slashed and their tongues pulled out through the wounds,

    凄惨な運命が待っていた。喉を切り裂かれ、その傷口から舌を引き抜かれる。

  • according to the Drug Enforcement Administration.”

    麻薬取締局によると"

  • If the DEA said so, then it must be trueyou would think.

    DEAがそう言ったのなら、きっとそうなのだろう...と思ってしまう。

  • A spokesperson for the DEA said it's what drug cartels did to folks who'd talked to

    DEAのスポークスマンによると、これは麻薬カルテルが、麻薬カルテルと話をした人たちにしたことだそうです。

  • the police or even the DEA.

    警察やDEAでさえも。

  • That's something we'll come back to.

    それはまた別の機会にご紹介します。

  • One reason why the Colombian necktie was talked about back then is that it was brought up

    当時、コロンビアのネクタイが話題になった理由の一つは

  • at the trial of O.J. Simpson, perhaps the biggest circus event the American justice

    O.J.シンプソンの裁判は、アメリカの司法制度の中でも最大のサーカスイベントと言えるでしょう。

  • system has ever put on.

    システムがこれまでにつけたことのないような

  • Simpson's defense attorney Johnnie Cochran Jr. talked about the murders Simpson was on

    シンプソンの弁護人であるジョニー・コクラン・ジュニアは、シンプソンが出演していた殺人事件について語りました。

  • trial for, which involved a very brutal knife attack.

    の裁判では、非常に残忍なナイフ攻撃が行われました。

  • Cochran said such deep wounds looked like the work of Colombian drug traffickers who'd

    コクラン氏によると、このような深い傷は、コロンビアの麻薬密売人の仕業のようだという。

  • attempted to do what he called a “Colombian Necklace.”

    彼は "コロンビア・ネックレス "と呼ばれる方法を試みました。

  • In linguistics, his mistake is called a “malapropism.”

    言語学的には、彼のミスは "malapropism "と呼ばれています。

  • He used the wrong word, but it sounded close enough.

    彼は間違った言葉を使ったが、それに近い響きを持っていた。

  • No one was really buying into this far-out theory, which was about a believable as saying

    と言っているのと同じくらいの信憑性のあるこの突飛な説を、誰も本気で信じようとはしませんでした。

  • Jason Voorhees had committed the murders.

    ジェイソン・ボーヒーズが殺人を犯したのだ。

  • A law professor would have agreed with that, at the time stating it was like saying, “Martians

    法学部の教授も納得していたが、当時は「火星人」と言っているようなものだと言っていた。

  • might exist and then asking if it is possible that Martians committed this crime.”

    が存在するかもしれない、そして火星人がこの犯罪を犯した可能性があるかどうかを問う。"

  • Even the head of Colombia's anti-narcotics police said it was balderdash, stating that

    コロンビアの麻薬対策警察の責任者でさえ、それはでたらめだと言い、次のように述べている。

  • he'd never come across cartels doing this, and it was only something that existed during

    カルテルがこのようなことをしているのを見たことがないし、それに、このようなことが存在するのは、ほんの一時期のことだ。

  • the period ofThe Violence.”

    "The Violence "の時代。

  • He said, “Colombian traffickers have killed many people, but they do not use this method.”

    彼は "コロンビアの密売人は多くの人を殺してきたが、この方法は使わない "と言っていた。

  • Simpson, by the way, wasn't convicted of the murders during that trial, so maybe it

    ちなみに、シンプソンはその裁判で殺人の罪を問われていないので、もしかしたら

  • was Martians, or Jason Voorhees, that did it.

    は、火星人かジェイソン・ボーヒーズがやったのだと思います。

  • We can find no news items which state that anyone in the US has been killed and had their

    アメリカで誰かが殺され、その人たちの命を奪ったというニュースは見つかりません。

  • tongue splayed on their chest.

    舌は胸の上に広げられている。

  • We can't even find an instance of cartels doing it in Colombia, so that story of the

    コロンビアではカルテルがそれを行った例も見当たらないので、その話は

  • Argentinian murder is quite original.

    アルゼンチンの殺人は非常に独創的です。

  • Even that isn't written about in English, and we struggled to find any more information.

    それすらも英語では書かれておらず、情報を探すのに苦労しました。

  • However, in 2018, US news reports talked about a woman named Priscilla Ellis.

    ところが2018年になって、アメリカのニュースでプリシラ・エリスという女性のことが話題になりました。

  • She was apparently a proponent of the necktie type of mutilation.

    彼女は、ネクタイ型の切断を提唱していたようです。

  • The authorities heard her asking a hitman to kill someone who had testified against

    当局は、彼女が殺し屋に、不利な証言をした人を殺すように依頼しているのを聞いた。

  • her in a fraud trial, telling the guy she wanted the mother of another witness to receive

    詐欺事件の裁判で、他の証人の母親に受け取らせたいと男に言っていた。

  • a Colombian necktie.

    コロンビア製のネクタイ。

  • Ellis's 40-year prison sentence got much longer.

    エリスの40年の実刑判決はさらに長くなった。

  • She later apologized, saying no neckties would really have been done.

    彼女は後に謝罪し、ノーネクタイでは本当に無理だったと言った。

  • This is the thing with the Colombian necktie.

    これは、コロンビアのネクタイのことです。

  • It's talked about a lot in the US, but there isn't much to show for all the chatter.

    アメリカではよく話題になっていますが、話題になっている割にはあまり効果がありません。

  • You have to ask when did it first enter the American lexicon?

    この言葉がアメリカの辞書に載ったのはいつなのか?

  • In 1985, The Washington Post discussed it briefly, but only in reference to a Chuck

    1985年、ワシントン・ポスト紙は、ほんの少しだけこのことを取り上げましたが、それはチャックのことを指していました。

  • Norris movie calledCode of Silence”.

    沈黙の掟」というノリスの映画。

  • In one scene, a Colombian drug trafficker wearing a very smart suit walks up to Norris.

    あるシーンでは、非常にスマートなスーツを着たコロンビアの麻薬密売人がノリスに近づいてくる。

  • With evil written all over his face, he says, “One day, I would like to give you a gift

    邪悪な顔をして、「いつか、君にプレゼントをあげたい」と言う。

  • of a Colombian necktie.

    コロンビア製のネクタイの

  • It's very special.

    とても特別なものです。

  • You slit the throat, you pull out the tongue, and you, hahaha, will look beautiful.”

    喉を切って、舌を抜いて、あなた、ハハハ、美しく見えるでしょう。"

  • Norris doesn't look phased at all, and smiling, he replies with his typical bravado, “Why

    ノリスは全く動じることなく、笑顔で彼らしい威勢のいい返事をした。

  • don't you give it to me right now.”

    今すぐ私に渡してくれないか」。

  • Suffice to say, he kicks everyone's behinds in the end.

    言うまでもなく、彼は最後には皆を蹴散らす。

  • So, movies like that, plus the O.J. Simpson thing, put the word on the street that gangs

    このような映画とO.J.シンプソンの事件によって、ギャングは街中では

  • were doing this kind of thing.

    は、このようなことをしていたのです。

  • But, from what we can see, they didn't.

    しかし、私たちが見る限りでは、彼らはそうではなかった。

  • As far as organized crime is concerned, Colombian Neckties are apocryphal.

    組織犯罪に関する限り、「コロンビア・ネクタイ」は偽物である。

  • Now you need to watch, “Scientists Agree THIS is the Worst Way to Die.”

    今度は「科学者が認めた最悪の死に方」を見てみましょう。

  • Or, have a look at...

    または、見てみてください。

When it came to drug kingpins like Pablo Escobar, they had one way of making sure that nobody

パブロ・エスコバルのような麻薬王には、誰にも知られないようにする方法がありました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 コロンビア ネクタイ 麻薬 カルテル 殺人 動脈

これが最悪の死に方? (Is This The Worst Way to Die?)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 09 月 16 日
動画の中の単語