Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Oleg Antonovich Gordievsky-to the Russian intelligence services this is the name of

    オレグ・アントノビッチ・ゴルディエフスキーは、ロシアの諜報機関にとって、この名前は

  • the greatest traitor in their country's history.

    祖国の歴史上最大の裏切り者。

  • To the West, this is the man who saved the world from nuclear hellfire.

    欧米にとっては、核の地獄絵図から世界を救った男である。

  • He may just be the most important double agent in history, even though it cost him attempts

    彼は歴史上最も重要な二重スパイかもしれませんが、そのためには試行錯誤が必要です。

  • on his life from his former compatriots that last to this day.

    彼の人生には、かつての仲間たちが今もなお続いている。

  • Gordievsky was born into the elite of Soviet communists in 1938.

    ゴルディエフスキーは、1938年にソ連の共産主義者のエリートに生まれた。

  • His father was an NKVD agent, Joseph Stalin's infamous secret police and forerunner of the

    彼の父親は、スターリンの悪名高い秘密警察であるNKVDのエージェントで、現在のFBIの前身です。

  • KGB.

    KGBです。

  • Gordievsky's family loyalties to the communist cause were without question, and at the young

    ゴルディエフスキーの家族の共産主義への忠誠心は疑う余地もなく、若くして

  • age of 21 years old, Gordievsky joined the foreign service, being stationed in East Berlin

    ゴルディエフスキーは21歳のときに外務大臣に就任し、東ベルリンに駐在した。

  • in 1961.

    1961年のことである。

  • A polyglot, Gordievsky learned to speak German perfectly, which would aid his operations

    ゴルディエフスキーはドイツ語を完璧に話せるようになり、それが作戦の助けになった。

  • in west Germany, and he was also able to speak Danish, Swedish, and Norwegian.

    西ドイツでは、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語も話すことができました。

  • Though young, he was already widely regarded as cunning, intelligent, and bright.

    若いながらも、彼はすでに、狡猾で、知的で、聡明であると広く評価されていた。

  • Gordievsky would surely live up to his father's legacy and serve the Soviet Union proudly.

    ゴルディエフスキーは、きっと父の遺志を継いで、誇りを持ってソ連のために働いてくれるだろう。

  • There was just one problem- Gordievsky would soon find himself ethically at odds with his

    ゴルディエフスキーはすぐに、倫理的に彼と対立することになる。

  • own motherland.

    自分の祖国。

  • It began during his 1961 posting to East Berlin, where he got to watch the Berlin wall finish

    1961年に東ベルリンに赴任した際、ベルリンの壁が完成するのを見たのがきっかけだった。

  • construction.

    の構築を行います。

  • Families were torn apart, sometimes the tall concrete wall splitting one half of a family

    家族は引き裂かれ、時には背の高いコンクリートの壁が家族の片割れを分断することもありました。

  • from the other living across the street in free Berlin.

    向かい側の自由なベルリンに住んでいる人とは

  • Food shortages were almost immediate, and Berliners' freedoms curtailed even more than

    すぐに食糧不足に陥り、ベルリン人の自由は以前にも増して制限されました。

  • usual in the Soviet occupied areas.

    ソ連の占領地ではいつものこと。

  • For Gordievsky, even the heavy indoctrination via Soviet propaganda was doing little to

    ゴルディエフスキーは、ソビエトのプロパガンダによる激しい教育も、ほとんど効果がなかった。

  • stop his distaste for his own nation's actions.

    自分の国の行動に嫌悪感を抱くのはやめよう。

  • A deep ideological rift began to grow inside of him, only widened by his frequent experiences-

    彼の中には深いイデオロギーの溝ができ始めていたが、それは度重なる経験によってさらに広がっていった。

  • thanks to his work in the foreign service- with the free societies of the west.

    外務省での仕事のおかげで、西欧の自由な社会とのつながりができた。

  • Nevertheless, Gordievsky went on to join the KGB two years later, following in his father's

    しかし、ゴルディエフスキーは2年後、父の後を継いでKGBに入隊した。

  • footsteps.

    の足音がする。

  • The KGB was without a doubt the world's premier intelligence agency, with at its height nearly

    KGBは間違いなく世界最高の諜報機関であり、その最盛期にはほぼすべての人がKGBに所属していました。

  • a million agents, informants, and analysts working all over the world.

    世界各地で活動する100万人のエージェント、情報提供者、分析者。

  • The early Russian communists had learned well the game of espionage, infiltrating worker's

    初期のロシアの共産主義者たちは、労働者の組織に潜入するスパイ活動を熟知していた。

  • movements all over Europe in the late 19th and early 20th century in a bid to establish

    19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ各地では、世界的に見ても、日本では見られないような大規模な運動が展開されました。

  • an ongoing cultural revolution across Europe.

    ヨーロッパで進行中の文化革命。

  • For the young Soviet Union, it was believed that the new state could only survive if communist

    若いソビエト連邦にとって、新しい国家は共産主義的なものでなければ存続できないと考えられていました。

  • revolutions spread to nearby nations, and thus from its very creation espionage was

    革命は近隣諸国にも波及したため、スパイ活動はその創設時から

  • at the heart of the Soviet Union.

    ソビエト連邦の中心である。

  • The British MI6 and the American CIA may have dabbled in their fair amount of controversy,

    イギリスのMI6やアメリカのCIAは、それなりに物議をかもしたかもしれない。

  • but the KGB operated almost without restraint.

    しかし、KGBはほとんど無制限に活動していた。

  • The intelligence agency took pride in theirany means necessaryapproach to surveillance,

    諜報機関は、「どんな手段を使ってでも監視する」ことを誇りとしていた。

  • intelligence gathering, and sabotage, often employing torture, intimidation, and outright

    情報収集や破壊工作など、しばしば拷問や脅迫、あからさまな妨害行為を行った。

  • murder.

    の殺人事件です。

  • An entire KGB laboratory was dedicated to the development of clandestine weapons with

    KGBの研究室全体が、秘密兵器の開発に費やされていました。

  • which to kill public figures with, and hundreds of eastern European politicians, artists,

    東欧の政治家や芸術家など、何百人もの有名人を殺してきました。

  • and cultural icons met their end at the hands of the KGB.

    や文化的アイコンがKGBの手にかかって終わりを迎えました。

  • The only way to remain safe from the KGB was to tightly tow the party line, and Gordievsky

    KGBから身を守るためには、党の方針に忠実であることが唯一の方法であり、ゴルディエフスキーはそれを実践した。

  • had just joined this most infamous of spy agencies- despite his growing doubts in the

    疑念を抱きながらも、最も悪名高いスパイ組織であるこの組織に入ったばかりだった。

  • Soviet system.

    ソビエトのシステム。

  • It wouldn't be until the invasion of Czechoslovakia that Gordievsky's doubts turned into a burning

    ゴルディエフスキーの疑問が燃え上がったのは、チェコスロバキアの侵攻が始まってからだった。

  • hatred for the entire Soviet government and everything it stood for.

    ソビエト政府とその象徴であるすべてのものに対する憎しみ。

  • Czechoslovakia had been a stable democracy in central Europe up until the second world

    チェコスロバキアは、第2次世界大戦までは中央ヨーロッパの安定した民主主義国家でした。

  • war.

    戦をしています。

  • Finding itself on the wrong side of the iron curtain after the end of the war, Czechoslovakia

    終戦後、鉄のカーテンの反対側に位置していたチェコスロバキアは

  • soon found its traditional freedoms stripped away and replaced with Soviet style communism.

    その結果、伝統的な自由が剥奪され、ソビエト式の共産主義に取って代わられた。

  • Despite this, the nation remained relatively stable until the 1960s.

    それにもかかわらず、1960年代までは比較的安定していた。

  • As the Czech economy began to shrink, reforms were slowly implemented, though still constrained

    チェコの経済が縮小し始めると、改革は徐々に実施されていったが、まだ制約があった。

  • by the template of Soviet communism.

    ソビエト共産主義のテンプレートで

  • This led to even greater discontent amongst the people, and in 1968 the conservative head

    これにより、国民の不満はさらに高まり、1968年には保守派のトップである

  • of the Communist Party of Czechoslovakia was replaced with a much more liberal Alexander

    の共産党員であったアレクサンダーは、より自由な思想を持つ

  • Dubcek.

    ドゥブチェク

  • Dubcek immediately implemented major reforms, shying away from Soviet policies.

    ドゥブチェクはすぐに、ソ連の政策に遠慮して大きな改革を行った。

  • His end of national censorship however lit a fire that was difficult to put out.

    しかし、彼が国の検閲を廃止したことで、火の粉はなかなか消えなかった。

  • Many conservative Czechs feared angering the Soviet Union by drifting too far away from

    保守的なチェコ人は、ソ連から離れすぎてソ連を怒らせることを恐れていた。

  • the Soviet template, but liberal Czechs demanded a more fair and open economy and government.

    しかし、リベラルなチェコ人たちは、より公平で開かれた経済と政府を求めていました。

  • While the Dubcek government tried to keep reforms within the bounds of Soviet communism,

    ドゥビチェク政権は、ソ連共産主義の範囲内で改革を進めようとしていた。

  • many were calling for a return to a democratic system.

    多くの人が民主主義体制への復帰を求めていました。

  • For the Soviet Union, a liberal Czechoslovakia threatened to export its revolution to other

    ソ連にとって、自由主義のチェコスロバキアは、その革命を他の国に輸出する恐れがあった。

  • Soviet bloc states, and this was not something it could tolerate.

    ソ連圏の国々は、これを容認することはできませんでした。

  • On August 20th, 1968, the Warsaw Pact invaded the tiny country, immediately ending its young

    1968年8月20日、ワルシャワ条約加盟国がこの小さな国に侵攻したことで、この国の若さは一気に失われました。

  • revolution.

    革命です。

  • Clashes between protestors and Warsaw troops led to civilians being gunned down on the

    デモ隊とワルシャワ軍との衝突で、一般市民が銃で撃たれるという事態が発生しました。

  • streets, but within a year Czechoslovakia was once more back in the Warsaw Pact fold.

    しかし、1年も経たないうちに、チェコスロバキアは再びワルシャワ条約機構の一員となった。

  • For Gordievsky, the Soviet Union's oppression of the Czech people would prove to be the

    ゴルディエフスキーにとっては、ソ連によるチェコ人への弾圧が

  • straw that broke the camel's back.

    ラクダの背中を押した藁。

  • He vowed to work against the very state itself, sayingThis brutal attack on innocent people

    罪のない人々へのこの残忍な攻撃は、国家そのものを相手にするものだ」と誓った。

  • made me hate it (the communist regime) with a burning, passionate hatred.”

    は、私に燃えるような熱い憎しみを抱かせました。

  • Gordievsky knew that the best way to fight back against the Soviet Union was from within,

    ゴルディエフスキーは、ソ連に対抗するためには、内部から反撃するのが一番だと考えていた。

  • and so he tried to discreetly get the attention of foreign intelligence services, dropping

    で、外国の諜報機関の目に留まるように目立たないようにして、落としていました。

  • subtle hints that he was willing to be recruited.

    勧誘されてもいいと思っていることをさりげなくアピールしていた。

  • As the Czech revolution was squashed, Gordievsky served in the Soviet consulate in Denmark.

    チェコ革命が鎮圧されると、ゴルディエフスキーはデンマークのソビエト領事館に勤務した。

  • He knew that the Danish secret service taped the embassy's outgoing phone calls, and thus

    彼はデンマークのシークレットサービスが大使館の発信電話を盗聴していることを知っていたので

  • he placed a call to his wife, making his distaste and dissatisfaction with the Soviet Union

    彼は妻に電話をかけ、ソ連への嫌悪感と不満を訴えた。

  • colorfully apparent.

    が色濃く現れています。

  • The Danish secret service however, missed the subtle signal.

    しかし、デンマークのシークレットサービスは、この微妙なシグナルを見逃していた。

  • However, at the same time that Gordievsky was considering defecting, another Soviet

    しかし、ゴルディエフスキーが亡命を考えていた同時期に、別のソ連の

  • defector to the West had already pointed him out as a potential recruit, given his ideological

    西側諸国への亡命者の中には、彼のイデオロギーを考慮して潜在的な人材として指摘していた者もいた。

  • differences with the Soviet government.

    ソビエト政府との違い。

  • Danish officials tried to move on that information, though this time it would be Gordievsky that

    デンマーク政府はその情報をもとに動き出そうとしたが、今度はゴルディエフスキーが

  • missed the signal.

    信号を見落としていました。

  • Believing him to be gay, the Danish secret service sent a handsome young agent to make

    彼がゲイであると考えたデンマークのシークレットサービスは、ハンサムな若いエージェントを派遣して

  • contact with Gordievsky.

    ゴルディエフスキーとの接触。

  • The two met at a reception in the home of a West German diplomat, with the young agent

    西ドイツの外交官の自宅で行われたレセプションで2人は出会い、若いエージェントは

  • immediately striking up a conversation.

    すぐに会話が弾みます。

  • He invited Gordievsky to go to a local pub to have a drink together, but Gordievsky refused.

    彼はゴルディエフスキーに「一緒に飲もう」と近所のパブに誘ったが、ゴルディエフスキーは断った。

  • The British would try their hand next, figuring that if Gordievsky wasn't gay, maybe he'd

    ゴルディエフスキーがゲイでなければ、もしかしたら......と考えて、イギリスが次の手を打ったのだ。

  • go for a more traditional honeypot.

    は、より伝統的なハニーポットを目指しています。

  • They sent a beautiful young dentistry student to flirt with Gordievsky, and the two shared

    ゴルディエフスキーに媚びるために、若くて美しい歯学部の学生を送り込み、二人は共同で

  • several drinks together and a brief conversation.

    何度か一緒に飲んで、短い会話をしました。

  • Ultimately though, Gordievsky simply walked away, faithful to his wife.

    しかし、最終的には、ゴルディエフスキーは、妻に忠実に立ち去るだけだった。

  • With the failure of their honeypot operation, the British decided to be more direct.

    ハニーポット作戦が失敗したことで、英国はより直接的な方法をとることにした。

  • The head of the local MI6 station himself took on the assignment of flipping Gordievsky.

    地元のMI6局の局長自らがゴルディエフスキーの裏切りを引き受けてくれた。

  • Kept under surveillance, Gordievsky's every movement was tracked, which allowed the station

    ゴルディエフスキーの行動はすべて監視されており、それによって局側は

  • head to run into Gordievsky seemingly by chance at various diplomatic receptions and local

    頭の中には、様々な外交官のレセプションや地元の人々との交流の中で、偶然にもゴルディエフスキーと出会うことがあった。

  • sports clubs.

    スポーツクラブ。

  • After several weeks of back and forth, the British agent finally simply offered for them

    数週間のやりとりの後、イギリスのエージェントはついに彼らに単純にオファーを出した。

  • to meet in private.

    には、プライベートで会うことができます。

  • There could only be one thing a British official would want to chat with a Soviet spy about

    イギリスの政府関係者がソ連のスパイと話したいことは一つしかないだろう。

  • in private.

    をプライベートで使用しています。

  • Gordievsky agreed.

    ゴルディエフスキーも同意した。

  • Gordievsky's conversion came as a much needed relief for the West.

    ゴルディエフスキーの転向は、西側諸国にとって大きな救いとなった。

  • Up until now, they had few, if any successful agents inside of the Soviet Union.

    これまでは、ソ連国内で成功したエージェントはほとんどいなかった。

  • They had absolutely none within the halls of Soviet power itself.

    ソビエトの権力の中枢には全くなかった。

  • By comparison, the Soviets had been running successful spy rings in the US and Britain

    それに比べて、ソ連はアメリカやイギリスでスパイ組織を成功させていた。

  • for years.

    何年も前から。

  • In the words of CIA director Richard Helms, planting a spy within the KGB itself wasas

    CIA長官リチャード・ヘルムスの言葉を借りれば、KGBの中にスパイを仕込むこと自体が、「同じようなもの」だった。

  • improbable as placing resident spies on the planet Mars.”

    火星にスパイを常駐させるようなことはあり得ない」。

  • The British passed on Gordievsky's intelligence to their CIA counterparts, but absolutely

    イギリスはゴルディエフスキーの情報をCIAの担当者に伝えたが、絶対に

  • refused to reveal the identity of their agent within the KGB.

    KGB内のエージェントの身元を明らかにすることを拒んだのです。

  • This troubled the CIA, as the MI6 had been played by Soviet triple agents on numerous

    これは、CIAにとっても困ったことで、MI6は何度もソ連の三重スパイに翻弄されていた。

  • occasions, and an immediate investigation was launched to discover the identity of the

    の身元を明らかにするため、直ちに調査を開始しました。

  • British mole.

    イギリスのモグラ。

  • Within two years, Gordievsky's name popped up as the most likely identity of the British

    その2年後には、ゴルディエフスキーの名前が、イギリス人の最も可能性の高い正体として浮上した。

  • source, though it did little to calm the fears of the CIA that Gordievsky was playing at

    しかし、それはゴルディエフスキーが "遊び "をしているのではないかというCIAの不安を解消するものではなかった。

  • triple agent, pretending to be a double agent while still loyal to the Soviet Union.

    三重スパイ、ソ連に忠誠を誓いながら二重スパイのふりをする。

  • This was partly due to the fact that Gordievsky appeared to be too good to be true.

    これは、ゴルディエフスキーがあまりにも優れているように見えたことが原因の一つである。

  • The son of a well respected NKVD man, Gordievsky had early access to the higher echelons of

    ゴルディエフスキーは、NKVDの名士の息子で、早くからNKVDの上層部と接触していた。

  • Soviet intelligence.

    ソ連の諜報活動

  • What's more, he refused to be paid for his work, instead claiming to be fueled by an

    さらに、彼は自分の仕事に対する報酬を拒否し、その代わりに、自分の仕事の原動力は

  • ideological hatred for the Soviet government.

    ソビエト政府に対するイデオロギー的な憎悪。

  • Gordievsky betrayed his country not because he hated it, but because he hated the Soviet

    ゴルディエフスキーが祖国を裏切ったのは、祖国を憎んだからではなく、ソ連を憎んだからである。

  • system itself.

    システムそのものです。

  • His espionage was not an act of rebellion, but an act of cultural revolution, with the

    彼のスパイ活動は、反乱の行為ではなく、文化革命の行為であり、その中には

  • express intent of speeding the collapse of Soviet communism.

    ソビエト共産主義の崩壊を早めるという明確な目的を持っていた。

  • Gordievsky provided the MI6 with an intelligence goldmine.

    ゴルディエフスキーは、MI6に情報の宝庫を提供した。

  • He would frequently steal rolls of microfilm from the soviet embassy in Denmark during

    彼は、デンマークのソビエト大使館からマイクロフィルムのロールを頻繁に盗んでいた。

  • his lunch breaks, then surreptitiously pass them off to a British agent posing as a bystander

    傍観者を装った英国の諜報員に密かに渡していました。

  • outside.

    を外に出しています。

  • The British would hurriedly copy the microfilm with a special portable device built specifically

    イギリス人は、マイクロフィルムを専用のポータブル機器で急いでコピーしていた。

  • for this purpose, and return the film to Gordievsky who would replace it upon re-entering the

    この目的のために、フィルムをゴルディエフスキーに返却し、ゴルディエフスキーは再入場の際にフィルムを交換する。

  • embassy.

    大使館

  • This gave the British unprecedented access to troves of secret Soviet documents, memos,

    これによって、イギリスは大量のソ連の秘密文書やメモに、かつてないほどアクセスできるようになった。

  • briefings, and meeting notes.

    ブリーフィング、ミーティングノート。

  • Gordievsky also proved to have an incredible memory, and was adept at accurately recalling

    また、ゴルディエフスキーは驚異的な記憶力を持っており、正確に記憶することに長けていました。

  • information without embellishing or adding false elements.

    の情報を、偽りの要素を加えずに表現しています。

  • At a local safehouse, he would brief his handlers on the exact details of the workings inside

    地元のセーフハウスでは、ハンドラーに内部構造の詳細を説明する。

  • the Soviet embassy, including high profile meetings with VIPs and the details of secret

    ソ連大使館では、VIPとの会談や秘密工作の詳細などを紹介しています。

  • communiques from Moscow itself.

    モスクワからの連絡を受けた。

  • The exchange was two-way however, and the British actively worked to get Gordievsky

    しかし、この交流は双方向のものであり、イギリスはゴルディエフスキーの獲得に積極的に取り組んだ。

  • promoted within the KGB.

    KGBの中で昇進した。

  • To this end, they fed Gordievsky a steady stream of what is known aschicken feed

    ゴルディエフスキーに "チキンフィード "と呼ばれる餌を与え続けた。

  • in spy jargon- vast amounts of real intelligence on the British government that had very little

    スパイ用語で言えば、英国政府に関する膨大な量の真の情報であり、それはほとんど

  • actual intelligence value.

    実際の知能値

  • They even went on to set up meetings with Gordievsky and real British sources, who conveyed

    さらに、ゴルディエフスキーと本物の英国の情報源との会合を設定し、ゴルディエフスキーからの情報を伝えた。

  • factual information that was in fact, tactically worthless.

    事実上、戦術的には価値のない情報だった。

  • This however impressed Gordievsky's KGB bosses, and soon he was promoted to serve in London

    しかし、ゴルディエフスキーはKGBの上司に気に入られ、すぐに昇進してロンドンに駐在することになった。

  • itself.

    自体があります。

  • Gordievsky's posting in London would soon reveal the greatest threat Britain had ever

    ゴルディエフスキーがロンドンに赴任したことで、英国にとって最大の脅威となった。

  • faced- a KGB agent elected as prime minister of the United Kingdom.

    KGBのエージェントがイギリスの首相に選ばれたことに直面しました。

  • In 1981, Gordievsky told his British handlers that MP Michael Foot, head of the Labour Party

    1981年、ゴルディエフスキーは、英国のハンドラーに、労働党のトップであるマイケル・フット議員が

  • and candidate for Prime Minister in the coming election, had actually served as a paid KGB

    次の選挙で首相候補になることが予想されていたが、実際にはKGBに雇われていた。

  • agent.

    のエージェントです。

  • Foot had supplied detailed information on the internal politics of the Labour party,

    フットは、労働党の内部事情について詳細な情報を提供してくれた。

  • as well as how the party viewed issues such as the American war in Vietnam.

    また、アメリカのベトナム戦争などの問題をどのように捉えていたのか。

  • British intelligence found itself in a conundrum.

    イギリスの諜報機関は難問に直面していた。

  • They had only Gordievsky's intelligence marking Foot as a Soviet contact, far from enough

    ゴルディエフスキーの情報では、フットはソ連側の人間であることがわかっていたが、それだけでは不十分だった。

  • evidence to take any legal action against him.

    彼に対して法的措置を取るための証拠を得ることができました。

  • But if they did nothing, they risked putting a Soviet agent in 10 Downing Street.

    しかし、何もしなければ、ダウニング街10番地にソ連の工作員がいることになってしまう。

  • Though placed under strict observation, Foot would go on to lose the election in 1984,

    厳重な監視下に置かれたフットは、1984年の選挙で敗北を喫してしまう。

  • and the problem resolved itself as Foot resigned as Labour party leader.

    そして、フットが労働党の党首を辞任したことで、問題は解決した。

  • However, Gordievsky's greatest service to the West would be his help in averting all-out

    しかし、ゴルディエフスキーの西側への最大の貢献は、全面戦争の回避に貢献したことであろう。

  • nuclear war.

    核戦争。

  • In 1983 the US and NATO had a slew of major military exercises in the works.

    1983年、アメリカとNATOは、大規模な軍事演習を次々と行っていた。

  • Unknown to the West, the Soviet Union had grown increasingly paranoid and afraid of

    西側には知られていなかったが、ソ連は猜疑心と恐怖心を強めていた。

  • an American first-strike against them, and now the major military exercises planned in

    アメリカの先制攻撃、そして今回の大規模な軍事演習。

  • Europe seemed to them as a covert plan to mobilize for war and launch a surprise attack.

    彼らにとってヨーロッパは、戦争に動員され、奇襲をかけるための秘密の計画のように思えた。

  • Rushing to his British handlers, Gordievsky delivered a copy of cable sent from Moscow

    ゴルディエフスキーはイギリスの担当者のもとに駆けつけ、モスクワから送られてきた電報のコピーを届けた。

  • to its London embassy, warning that the US and NATO were contemplating a nuclear first

    アメリカとNATOが核の先制攻撃を考えていると警告し、ロンドン大使館に報告した。

  • strike and would be able to do so in less than two weeks after reaching that decision.

    ストライキを行い、その決定を下してから2週間以内にストライキを行うことができるでしょう。

  • Gordievsky also filled in the British on current operations by the Soviets, who believed a

    ゴルディエフスキーは、イギリス人に、現在のソ連の作戦を説明した。

  • worst case scenario was imminent.

    最悪のシナリオが迫っていた。

  • This included surveillance at missile bases in the UK, government bunkers, and 10 Downing

    英国内のミサイル基地、政府のバンカー、ダウニング10番地などの監視も含まれていました。

  • Street itself.

    通りそのもの。

  • At first sign of frantic activity, an alarm would be sounded to Moscow that nuclear war

    狂乱の兆しが見えれば、モスクワに核戦争の警報が鳴り響く。

  • was imminent.

    が迫っていた。

  • a One wrong move by either side, and the world

    どちらかが一歩間違えれば、世界は

  • would be bathed in nuclear hellfire.

    は、核の地獄絵図を浴びることになる。

  • The British passed their intelligence along to the United States, who immediately took

    英国はその情報を米国に伝え、米国は直ちに

  • action to curtail the extent of its planned military exercises.

    演習の規模を縮小するための行動をとった。

  • To the US, this news came as a surprise- up until then the Soviets had been seen as a

    アメリカにとって、このニュースは驚きの連続だった。

  • dominating force hellbent on global domination.

    世界を支配しようとしている圧倒的な力。

  • In reality, Gordievsky's intelligence showed that Soviet officials were terrified of going

    実際、ゴルディエフスキーの情報によると、ソ連の政府関係者は、このような事態になることを恐れていた。

  • to war against the US, and even more afraid that the US would launch a devastating nuclear

    ましてや、アメリカが壊滅的な核攻撃を行うことを恐れています。

  • first strike.

    先制攻撃。

  • Ironically, the US spent much of the Cold War just as afraid of the Soviet Union.

    皮肉なことに、アメリカは冷戦時代の大半をソ連への恐怖と同じように過ごしていた。

  • Both sides had no plans to ever launch a nuclear first-strike, and yet both sides believed

    双方ともに核による先制攻撃を行う予定はなかったが、双方ともに信じていた。

  • that the other was extremely likely to do just that.

    相手がそれをする可能性が極めて高いと考えたからです。

  • Thanks to Gordievsky's intelligence, the US not only changed its planned exercises, but

    ゴルディエフスキーの情報のおかげで、アメリカは予定していた演習を変更しただけでなく

  • changed its operational methodology and diplomatic tone.

    は、作戦の方法論と外交的なトーンを変えました。

  • This led to an immediate easing of tensions between the two Cold War rivals, and the world

    これにより、冷戦時代のライバルである2つの国の緊張が一気に緩和され、世界は

  • stepped back once more from the brink of nuclear annihilation.

    核兵器廃絶の危機から再び立ち上がった。

  • Eventually though, Gordievsky would come under Soviet suspicion.

    しかし、ゴルディエフスキーは、やがてソ連の疑惑の目にさらされることになる。

  • In mid-may 1985, Gordievsky was suddenly ordered back to Moscow.

    1985年5月中旬、ゴルディエフスキーは突然、モスクワへの帰還を命じられた。

  • His British handlers urged him to immediately defect, but Gordievsky decided to return to

    ゴルディエフスキーは、イギリスの担当者からすぐに亡命するよう促されたが、帰国を決意した。

  • Moscow- perhaps hoping to allay suspicions against him and continue his work to undermine

    モスクワでは、自分への疑惑を払拭し、弱体化させるための活動を続けたいと考えたのでしょう。

  • the KGB and the Soviet Union.

    KGBとソビエト連邦

  • Upon arrival though, he was taken to a KGB safehouse where he was force fed brandy spiked

    しかし、到着後はKGBの隠れ家に連れて行かれ、ブランデーの入った薬を強制的に飲まされました。

  • with a truth serum and extensively questioned for a week.

    自白剤を投与し、1週間に渡って徹底的に聞き取り調査を行った。

  • Meanwhile, his home was broken into and searched, with KGB agents spraying his shoes and clothes

    その間、彼の家には侵入して捜索が行われ、KGBのエージェントが彼の靴や服にスプレーをかけていました。

  • with an invisible radioactive powder that would allow them to track him and the places

    目に見えない放射性物質の粉末を使って、彼を追跡できるようにしたのですが、その場所は

  • he visited with the use of special glasses.

    特殊なメガネをかけて訪れた。

  • Unable to prove their suspicions, the KGB was forced to release Gordievsky, though continued

    疑惑を証明することができず、KGBはゴルディエフスキーを釈放せざるを得なかったが、その後も

  • its extensive surveillance.

    その広範な監視。

  • He was however restricted from working abroad.

    しかし、彼は海外での活動を制限されていた。

  • Gordievsky knew that he needed to escape, but no Western spy had ever escaped from the

    ゴルディエフスキーは脱出しなければならないと考えていたが、欧米のスパイで脱出した者はいなかった。

  • KGB's clutches before.

    以前はKGBの手が伸びていました。

  • The MI6 was anxious to recover the man who had provided them with two decades of intelligence,

    MI6は、20年間に渡って情報を提供してくれた男を取り戻したいと考えていた。

  • and managed to make contact with him while under KGB surveillance.

    と、KGBの監視下にあった彼との接触に成功した。

  • The agency had had an elaborate escape plan already in place for years, fearing the day

    その日を恐れて、何年も前から緻密な脱出計画を立てていた。

  • that the KGB would wisen up to Gordievsky.

    KGBがゴルディエフスキーに目をつけたのだ。

  • One night at 7:30 pm, Gordievsky walked to a specific street corner while carrying a

    ある日の夜7時半、ゴルディエフスキーは、ある街角に、あるものを持って歩いていった。

  • Safeway supermarket bag.

    Safewayのスーパーの袋。

  • This signaled to the British that he was ready to be extradited.

    これは、イギリス側に引き渡しの準備ができていることを示すものであった。

  • A British agent then walked past Gordievsky while carrying a Harrolds shopping bag and

    その後、イギリス人エージェントがハロッズのショッピングバッグを持ちながらゴルディエフスキーの前を通り過ぎて

  • eating a Mars bar.

    マーズバーを食べる。

  • The two locked eyes for a brief moment.

    2人は一瞬、目を合わせただけだった。