Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Mentally Ill Methods Used To  Politely Ask Hitler To Cease Living

    ヒトラーに生前退位を懇願するために用いられた精神障害者向けの方法

  • Hitler. A man so evil he ruined an entire mustache  style. If anyone deserved to die, this man was it.  

    ヒトラー。口ひげのスタイルを台無しにしたほどの邪悪な男。死に値する人物がいるとすれば、それはこの男だ。

  • Here's the craziest ways history's most  notorious villain was almost rubbed out.

    ここでは、歴史上最も悪名高い悪役が揉み消されそうになった、最もおかしな方法を紹介します。

  • Bad Schnitzel

    バッドシュニッツェル

  • Way back when Hitler was first embarking into  politics, some brave citizen heard Hitler speak  

    その昔、ヒトラーが政治に乗り出したばかりの頃、ある勇敢な市民がヒトラーの話を聞いた。

  • and smelled trouble for Germany. This  prompted this unknown individual-  

    と、ドイツの問題を匂わせた。これにより、この無名の人物は

  • or group of individuals- to try and  eliminate Hitler before it was too late.  

    手遅れになる前に、ヒトラーを排除しようとする個人、またはグループのことです。

  • As Hitler and his staff had dinner at the Hotel  Kaiserhof in Berlin, they shortly after became  

    ヒトラーとそのスタッフは、ベルリンのホテル・カイザーホフで夕食をとった後、すぐに

  • seriously ill. Poisoning was immediately  suspected- but alas, whoever carried out  

    重症だ。すぐに毒殺が疑われましたが、残念ながら、実行した人は

  • the assassination attempt failed to realize that  Hitler was a vegetarian, and thus he was spared.

    この暗殺計画では、ヒトラーがベジタリアンであることに気づかなかったため、彼は助かりました。

  • Next time a vegan tries to  tell you meat is murder,  

    今度、ヴィーガンの人が「肉は殺人だ」と言ってきたら。

  • remind them that vegetables basically killed  over 40 million people in World War II.

    第二次世界大戦では、野菜のせいで4,000万人以上の人が死んだことを思い出してください。

  • The Pen Is Mightier Than The  Sword- Specially If Its Poisoned

    ペンは剣よりも強し - 毒入りならなおさら

  • It takes a special kind of man for people  to want to kill you twice in the same  

    同じ場所で2度も人を殺そうとするのは、特殊な人間でないとできない。

  • year. In February of 1932, Ludwig Assner,  a member of the Bavarian State Parliament,  

    年のことです。1932年2月、バイエルン州議会議員のルートヴィヒ・アスナー氏が

  • didn't exactly like the cut of Hitler's  jib. He penned a poisoned letter to Hitler,  

    彼は、ヒトラーの仕事ぶりが気に入らなかったようだ。彼はヒトラーに毒入りの手紙を書いた。

  • but an acquaintance of Assner's spilled  the tea and the letter was intercepted.

    しかし、アスナーの知人がお茶をこぼしてしまい、手紙が横取りされてしまったのだ。

  • Mercenary Death

    傭兵の死

  • In 1934 Hitler had just been named Chancellor  of Germany- but not everyone was triumphantly  

    1934年、ヒトラーはドイツの首相になったばかりだったが、誰もが喜んでいたわけではなかった。

  • throwing up their arms in Nazi salutes. In  fact, many political and military leaders  

    ナチスの敬礼のように腕を振り上げている。実際、多くの政治家や軍人が

  • were extremely wary of Hitler and his Nazi  government. To solve this little problem,  

    は、ヒトラーとそのナチス政府を極度に警戒していた。この小さな問題を解決するために

  • Hitler kicked off what would become  known as the Night of the Long Knives,  

    ヒトラーは、後に「長いナイフの夜」と呼ばれることになる事件を引き起こした。

  • a series of political killings that effectively  eliminated or silenced any opposition to Hitler.

    は、ヒトラーに反対する者を事実上排除し、黙らせるために行われた一連の政治的殺害である。

  • Beppomer, a member of a German mercenary unit,  

    ドイツの傭兵部隊の一員であるベッポ・レーマー。

  • vowed revenge. He and a group of  men made plans to kill Hitler,  

    復讐を誓った。彼は男たちと一緒にヒトラーを殺す計画を立てた。

  • but sadly the Gestapo would catch on to the  plot before any real progress had been made

    しかし、残念なことに、この計画が本格的に進展する前に、ゲシュタポに捕まってしまった。

  • Sometimes crazy can take care  of crazy- or at least try to.

    時にはクレイジーがクレイジーを解決することもある。

  • Murder From Within

    内部からの殺人

  • Whenmer failed to kill Hitler, Helmet Mylius,  a member of the right-wing Radical small class  

    レーマーがヒトラーの殺害に失敗すると、右翼の急進派小階級の一員であるヘルメット・マイリウスが

  • Party, took matters into his own hand. Under his  direction, 160 men infiltrated the SS in order to  

    党員の中には、自分の手で問題を解決しようとする人もいた。彼の指揮のもと、160人の男たちがSSに潜入した。

  • conduct secret surveillance on Hitler. Mylius  quickly learned Hitler's schedule and daily  

    ヒトラーを秘密裏に監視していたのである。マイリウスは、ヒトラーのスケジュールや毎日の生活をすぐに把握した。

  • routines, allowing him to plot the perfect  time to kill him. Yet again, the Gestapo-  

    これで、彼を殺すタイミングを計ることができた。またしても、ゲシュタポが

  • who we have to admit was super on the balldiscovered the plot and put a stop to it.  

    そして、その陰謀を発見し、それを阻止したのは、さすがに超一流の腕前を持つ人物だった。

  • Mylius managed to avoid any serious punishment  due to the influence of German Field Marshal  

    マイリウスは、ドイツの野戦軍司令官の影響を受けて、重大な処罰を免れた。

  • Erich von Manstein- who would go on to be one of  Germany's best generals in the second world war.

    エーリッヒ・フォン・マンシュタインは、第二次世界大戦におけるドイツの最高の将軍の一人となった。

  • Allegiance to Country, Not A Man

    Allegiance to Country, Not A Man

  • A year later, a group of government officials  from the German Foreign Office knew that they  

    その1年後、ドイツ外務省の政府関係者たちは、自分たちが知っている

  • had to act to prevent a disaster. They weren't  buying Hitler's 'Make Germany Great Again',  

    惨事を防ぐために行動しなければならなかった。彼らはヒトラーの「Make Germany Great Again」を買っていたわけではない。

  • and instead saw that Hitler was leading Germany  to disaster, not a resurgence of her glorious  

    その代わりに、ヒトラーがドイツを災害に導くのではなく、栄光の復活に導くのだと考えました。

  • imperial days. They knew they had to do something  to save the nation they loved, even if it meant  

    帝政時代。彼らは、愛する国を救うために何かをしなければならないと思っていました、たとえそれが

  • killing the man who now ruled it. The group  attempted to drum up support with a letter where  

    そして、その支配者である男を殺してしまった。このグループは、以下のような手紙を出して支援を呼びかけました。

  • they penned, “The oath of allegiance to Hitler has  lost its meaning since he is ready to sacrifice  

    また、「ヒトラーへの忠誠の誓いは、彼が犠牲になることを覚悟しているので、その意味を失っている」とも書かれています。

  • Germany.” Sadly the plot never took off, and  the world hurtled ever forwards into global war.

    ドイツ」。残念ながら、この計画は軌道に乗らず、世界はグローバルな戦争に向けて突き進んでいった。

  • Explosive Briefcases

    爆発するブリーフケース

  • By 1936 Hitler had whipped up hatred for Jews  across much of Germany, and German Jew Helmut  

    1936年までにヒトラーはドイツ全土でユダヤ人に対する憎しみを募らせており、ドイツ人ユダヤ人のヘルムートは

  • Hirsch knew he had to act. He filled two suitcases  with explosives with a plan to plant them inside  

    ハーシュは、何か行動を起こさなければならないと考えた。彼は2つのスーツケースに爆薬を詰め、その爆薬を体内に仕掛ける計画を立てた。

  • the Nazi party headquarters in NurembergUnfortunately, a Gestapo informant learned of  

    ニュルンベルクのナチス党本部に行ってみた。 不幸にも、ゲシュタポの情報提供者が知ったのは

  • the plot and Hirsch was discovered. Pronounced  guilty, Hirsch was executed via beheading,  

    ハーシュが発見されたのである。有罪判決を受けたハーシュは、斬首刑で処刑された。

  • a far better fate than many of his fellow  jews would suffer in the years to come

    これは、彼の仲間であるユダヤ人の多くが今後数年間に受けるであろう運命よりもはるかに良い運命である。

  • Back to the crazy though, our next assassin  thought he could kill two birds with one stone.

    話は変わりますが、次の刺客は一石二鳥を狙っていました。

  • Crazy Killer

    クレイジーキラー

  • You know you're a terrible person when even  insane people want you dead. That's exactly  

    正気でない人でも自分の死を望んでいるということは、自分がひどい人間だということだ。それはまさに

  • what happened in November of 1937, when mental  patient Josef Thomas traveled all the way to  

    1937年11月、精神病患者のヨセフ・トーマスが、はるばる東京まで出かけていったときのこと。

  • Berlin to shoot Hitler. However, Thomas also  had a beef with the Nazi head of the air force,  

    ヒトラーを撃つためにベルリンへ。しかし、トーマスはナチスの空軍のトップにも不満を持っていた。

  • Hermann Goring, and plotted to  assassinate both on the same day.  

    ヘルマン・ゲーリングを同日に暗殺しようと企てたのだ。

  • Discovered by police, Thomas spilled the  beans on himself putting an end to the plot.

    警察に発見されたトーマスは、自らの口から情報を漏らしてしまい、計画は頓挫してしまった。

  • Interestingly enough, it may have beengood thing that Gorring was in fact not  

    興味深いことに、ゴリングが実際には

  • killed by Thomas. In the build-up to war, under  Gorin's direction the Luftwaffe did not add any  

    はトーマスに殺された。戦争に向けての準備期間中、ゴーリンの指揮のもと、ドイツ空軍はいかなるものも追加しなかった。

  • significant number of long-range heavy bombers  to its fleet, a move that would haunt Germany  

    このように、ドイツは長距離重爆撃機を大量に保有していました。

  • during the Battle of England as it was forced  to attack with light and medium bombers only.  

    イングランド戦では、軽・中量爆撃機のみでの攻撃を余儀なくされた。

  • Further, Goring's inflated ego assured Hitler that  his Luftwaffe would be able to keep German troops  

    さらに、ゲーリングの誇大妄想は、ヒトラーに、ドイツ空軍がドイツ軍を維持できると確信させた。

  • under siege in Russia supplied, and thus Hitler  did not dispatch ground forces to relieve them.  

    ヒトラーは、ロシアで包囲されている人たちを救援するために地上軍を派遣しなかった。

  • This strategic blunder would spell disaster  for over a hundred thousand German soldiers,  

    この戦略上の失策は、10万人以上のドイツ兵に災いをもたらすことになる。

  • and for the war effort against the Soviet Union.

    と対ソ戦力としての役割を果たしました。

  • That One Time The Allies Saved Hitler's Life

    連合国がヒトラーの命を救ったときのこと

  • Yep, you heard that right- the same Allies  that Hitler would go on to nearly crush,  

    そう、ヒトラーがほぼ壊滅状態にまで追い込んだ連合国である。

  • saved Hitler's life just before the war beganIn September of 1938, conservatives in the  

    は、開戦直前のヒトラーの命を救った。 1938年9月、保守派の人々は

  • German army feared what a renewed war against  the western allies might do to the nation.  

    ドイツ軍は、西側同盟国との戦争が再燃した場合の影響を恐れていた。

  • They could smell disaster on the horizondespite all the Nazi propaganda to the contrary.  

    彼らは、ナチスのプロパガンダにもかかわらず、地平線上に災害の匂いを感じていた。

  • They vowed to enact a coup the moment that  Hitler declared war on Czechoslovakia,  

    彼らは、ヒトラーがチェコスロバキアに宣戦布告した瞬間に、クーデターを起こすことを誓った。

  • eliminating Hitler and placing the exiled  Wilhelm II back on the throne as emperor.

    ヒトラーを排除し、追放されたヴィルヘルム2世を再び皇帝として即位させる。

  • Much to their astonishment, Britain and France  agreed to the annexation of the Sudetenland in a  

    驚いたことに、イギリスとフランスはスデェンランドの併合に合意したのです。

  • bid to appease Hitler, and thus the risk of war  was temporarily removed. The group nixed their  

    これにより、戦争の危険性が一時的になくなったのである。このグループは、彼らの

  • plans to replace Hitler- for the time being. That wouldn't be the last time the Allies  

    ヒトラーの後継者になるための計画は、ひとまず中止された。連合国はこれが最後ではないだろう。

  • saved Hitler's life, but next is an assassin who  wanted to kill Hitler for pretty wild reasons.

    ヒトラーの命を救ったかと思えば、次はかなり荒唐無稽な理由でヒトラーを殺そうとした暗殺者。

  • Killing Hitler In Order To  Make... Russia Great Again?

    ヒトラーを殺して...ロシアを再び偉大にするためにロシアを再び偉大にするために?

  • Maurice Bavaud was a Swiss theology student  and member of an anti-communist group in  

    モーリス・バヴォーは、スイスの神学生であり、反共産主義グループのメンバーでもありました。

  • France. The group's leader, Marcel Gerbohayconvinced Bavaud and others that he was in fact  

    フランス。このグループのリーダーであるマルセル・ゲルボエイは、バヴォーたちに、自分が実際には

  • a member of the Romanov Dynasty who had escaped  execution at the hands of the dirty Bolsheviks.  

    汚れたボリシェヴィキの手によって処刑を免れたロマノフ王朝の一員である。

  • In fact, Gerbohay was full of Bolshevik  himself, but that didn't stop him from  

    実際、ゲルボヘイは自分自身がボルシェヴィキに満ちていたが、だからこそ

  • convincing Bavaud that if he murdered Hitlerit would somehow help end Communism in Russia  

    ヒトラーを殺せばロシアの共産主義を終わらせることができるとバヴォーに説得する

  • and the Romanovs could retake the country for  themselves. As if that would be much better.

    そして、ロマノフ家が自分たちのためにこの国を取り戻すことができる。その方がずっといいような気がします。

  • Bavaud traveled to Germany  in 1938 and bought a pistol,  

    バヴォーは1938年にドイツに渡り、ピストルを購入した。

  • then remarked to a policeman how  he'd like to meet Hitler personally.  

    そして、警察官に「ヒトラーに会ってみたい」と言っていた。

  • The police officer suggested he travel to Munich  for the anniversary of the 1923 Beer Hall Putsch,  

    警察官は、1923年のミュンヘン一揆の記念日にミュンヘンに行くことを勧めた。

  • which Hitler attended every year. Bavaud bought  himself a ticket to the event on the reviewing  

    ヒトラーも毎年参加していた。バヴォーは、このイベントのチケットを自分で購入して、復習のために

  • stand and posed as a reporter, prepared to  bust a cap the moment Hitler strolled by.  

    記者になったつもりで、ヒトラーが通りかかった瞬間に帽子をかぶる準備をしていた。

  • Unfortunately, Bavaurd aborted the attempt  as Hitler was in company of other Nazis that  

    残念ながら、ヒトラーが他のナチスの仲間と一緒にいたため、ババアードはこの試みを中止した。

  • Bavaurd didn't want to accidentally injure- which  makes about as much sense to us as it does to you.

    Bavaurdは不慮の事故で怪我をしたくなかった......それは我々にとっても、あなたにとっても同じくらい意味のあることだ。

  • Bavaud now used the last remaining bit of  his money to purchase expensive stationary  

    残ったお金で高価な文房具を購入した。

  • and forge a letter of introduction under the name  of French nationalist leader and friend to Nazis,  

    と、フランスの民族主義指導者でナチスに友好的な人物の名前で紹介状を偽造しました。

  • Pierre Taittinger. He took the letter  with the hopes of using it to gain an  

    ピエール・テタンジェ。彼は、この手紙を利用して、自分の名前を知ってもらいたいと思っていました。

  • audience with Hitler to Berchtesgaden, but  Hitler had decided to remain in Munich.

    しかし、ヒトラーはミュンヘンに残ることを決めていた。

  • Broke and destitute, Bavaud was forced  to stowaway on a train to Paris,  

    破産して貧乏になったバヴォーは、やむなくパリ行きの列車に密航した。

  • but was discovered by the conductorInterrogated by the Gestapo- who again,  

    が、車掌に見つかってしまった。 再びゲシュタポに尋問される。

  • were seriously on the ball- Bavaud admitted  to the assassination plot and was executed.

    その結果、バヴォーは暗殺計画を認め、処刑された。

  • Hitler's Abundant And Incredible Luck

    ヒトラーの豊かで信じられないほどの幸運

  • Back in World War I Hitler narrowly avoided being  exploded after the exact spot he had been standing  

    第一次世界大戦の時、ヒトラーは自分が立っていた場所で爆発を免れた。

  • in just moments prior became ground zero forBritish artillery round. This explosive luck-  

    しかし、その直前にイギリス軍の砲弾の爆心地となった。この爆発的な幸運は

  • get it?- would last well into Hitler's lifeand pay off yet again in October of 1939.  

    これは、ヒトラーの生涯にまで及び、1939年10月に再び成果を上げることになる。

  • On a victory parade of Warsaw  after Hitler's conquest of Poland,  

    ヒトラーがポーランドを征服した後のワルシャワの戦勝パレードにて。

  • Polish Army General Michael Kraszewicz-Tokarzewski  

    ポーランド陸軍のミハエル・クラシェヴィッチ・トカルジェフスキ将軍

  • hatched a plan to blow Hitler sky high with  explosives buried under his parade route.

    ヒトラーのパレードルートの下に爆薬を埋めて、ヒトラーを空高く吹き飛ばす計画を立てました。

  • In a stroke of insane luck, Hitler's  parade was diverted at the last minute,  

    ヒトラーのパレードが直前になって迂回するという非常に幸運な出来事があった。

  • and completely avoided the planted explosives. And because life is 100% not fair, history's  

    と、仕掛けられた爆薬を完全に避けていました。そして、人生は100%公平ではないので、歴史の

  • biggest a-hole also happened  to be history's luckiest man.

    最大の阿呆は、偶然にも歴史上最も幸運な男だった。

  • Even More Explosive Luck

    さらなる爆発的な運気

  • Just a month after being nearly  blown up, Hitler was once again,  

    吹き飛ばされそうになってからわずか1ヵ月後、ヒトラーは再び登場した。

  • nearly blown up. For weeks, German carpenter Georg  Elser planned the construction of a timed bomb  

    吹き飛ばされそうになった。ドイツ人大工のゲオルグ・エルザーは何週間も前から時限爆弾の製作を計画していた

  • inside one of Germany's largest beer hallswhere he knew Der Fuhrer would soon be making  

    ドイツ最大級のビアホールで、総統閣下がすぐにビールを作ることを知っていたからだ。

  • his annual speech in commemoration of the  Beer Hall Putsch. The bomb was planted  

    麦酒一揆を記念した恒例のスピーチ。爆弾を仕掛けたのは

  • just a few feet away from where Hitler would  eventually stand, its timer muffled by cork.

    ヒトラーが立っていた場所から数メートルのところに、コルクで消されたタイマーがあった。

  • The bomb was timed to go off right  in the middle of Hitler's speech,  

    この爆弾は、ヒトラーの演説の真っ最中に爆発するように仕組まれていた。

  • but with world war 2 on his mind, Hitler cut  his speech off early and rushed back to Berlin  

    しかし、第二次世界大戦を意識していたヒトラーは、演説を早々に切り上げてベルリンに戻ってしまった。

  • to convene with his military leaders. Instead  of Hitler, the bomb killed 8 others and injured  

    ヒトラーの代わりに8人が死亡した。ヒトラーの代わりに、この爆弾で8人が死亡し、負傷しました。

  • over 60- with the ceiling collapsing  right where Hitler had been standing.  

    ヒトラーが立っていた場所の天井が崩壊し、60歳を超えた。

  • The subsequent crack down by the Gestapo  made the components needed to create  

    その後のゲシュタポによる取り締まりで、制作に必要な部品は

  • explosives so difficult that multiple other  assassination attempts in the works had to  

    爆発物の使用が困難であったため、複数の暗殺計画があったにもかかわらず

  • be canceled after the organizers were unable  to get their hands on the needed explosives.

    しかし、主催者が必要な爆薬を手に入れることができず、中止となってしまいました。

  • If You Fail, Try, Try Again

    失敗してもトライ、トライ

  • In 1939 Beppomer was released from prison  for his 1934 attempt to murder Hitler.  

    1939年、ベッポ・レーマーは、1934年にヒトラー殺害を企てた罪で釈放された。

  • Apparently either the authorities had  not been too impressed withmer , or  

    どうやら当局がレーマーをあまり気に入っていなかったのか、それとも

  • were convinced that he was a reformed  man. They would be extremely wrong.

    は、彼が改心した人間であると確信していた。それは大きな間違いである。

  • mer joined a resistance group of German  intellectuals named the Solf Circle,  

    レーマーは、ドイツの知識人によるレジスタンスグループ「ソルフ・サークル」に参加した。

  • who were dedicated to opposing the Nazi party  at every possible opportunity. The group tracked  

    機会があればナチスに反対することに専念していた人たち。このグループが追跡したのは

  • Hitler's movements carefully, but Hitler's  security had been dramatically increased  

    ヒトラーの動きを注意深く観察していたが、ヒトラーのセキュリティは飛躍的に向上していた

  • due to all the pesky attempts on his lifeFailing to find an opportunity to strike,  

    いたずらに命を狙われていたからだ。 攻撃の機会を見つけることができない。

  • the Solf Circle was eventually discovered  and its members arrested in a Gestapo  

    ソルフ・サークルは最終的に発見され、そのメンバーはゲシュタポに逮捕されました。

  • sting. The Solf Circle members were  betrayed from within by a Gestapo spy  

    スティングソルフ・サークルのメンバーはゲシュタポのスパイによって内部から裏切られました

  • pretending to be a Swiss sympathizer, and most  would meet their end via torture and execution

    スイスのシンパになりすまして、ほとんどの人が拷問や処刑で命を落としていた。

  • Then there was the one time Hitler  was almost blown up by his own tanks.

    また、ヒトラーが自分の戦車に吹き飛ばされそうになったこともあった。

  • Even His Own Army Wanted Him Dead

    自軍でさえも死を望んでいた

  • Many German generals were starting to warm up to  the fact that Hitler was leading their nation to  

    ドイツの多くの将軍たちは、ヒトラーが国をリードしているという事実を理解し始めていた。

  • disaster by 1943. A group of them plotted to  arrest Hitler upon his visit to a military  

    1943年には大惨事になっていた。彼らのグループは、軍事施設を訪れたヒトラーの逮捕を企てた。

  • detachment in Ukraine. One general's tanks would  surround Hitler and his escorts completely,  

    ウクライナの分遣隊。一人の将軍の戦車がヒトラーとその護衛を完全に包囲する。

  • and if Hitler refused to surrender  they would simply kill everyone.  

    もし、ヒトラーが降伏を拒否したら、彼らは皆殺しにするだろう。

  • Hitler's visit was canceled at the last minuteand once more Das Fuhrer escaped certain death.

    ヒトラーの訪問は直前になってキャンセルされ、再び「Das Fuhrer」は死を免れることになった。

  • Multiple Attempts All In The Same Day

    同じ日に何度も試行錯誤する

  • March 13th, 1943 would be the day  Hitler would evade certain death  

    1943年3月13日は、ヒトラーが死を免れる日となる。

  • three times, and he never even had a clue.

    3回もやっているのに、彼は何のヒントも得られなかった。

  • First, a group of officers vowed to kill  Hitler as he drove from the airport to a  

    まず、空港から車で移動中のヒトラーを殺害することを誓った警官たちが

  • local Army headquarters. Hitler however  was accompanied by a heavy SS escort,  

    しかし、ヒトラーはSSの強力な護衛をつけていた。しかし、ヒトラーには重厚なSSの護衛がついていた。

  • and the plan was canceled. Briefly delayed  to lunch, a new plan was put into effect.  

    計画は中止となった。昼食に一時的に遅れて、新しいプランが実行された。

  • During their lunch together, at a specified  signal several officers would rise and fire  

    昼食を共にしている間、指定された合図で数人の警官が立ち上がり、銃を撃つ。

  • their pistols at Hitler. Hitler however  was a no-show and the plan was canceled.

    ヒトラーに向かって拳銃を構えた。しかし、ヒトラーは姿を見せず、計画は中止となった。

  • In a last ditch effort to kill  the luckiest SOB in history,  

    史上最も幸運なSOBを殺すための最後の切り札として。

  • a bomb was camouflaged as liquor bottles  and planted on Hitler's airplane. The  

    酒瓶に偽装した爆弾を、ヒトラーの飛行機に仕掛けたのだ。その

  • timer was set to blow as the plane was  in flight and over Poland. However,  

    飛行機が飛行中、ポーランド上空でタイマーが作動するように設定されていた。しかし。

  • the plane's hold iced over from the extreme  temperatures and the fuse of the bomb failed.

    極端な気温のために飛行機のホールドが氷結し、爆弾の導火線が故障したのです。

  • Our next killer's weapon  of choice would be hugging.  

    次の殺人者の武器は、ハグだろう。

  • And explosives. The Death Hug

    そして爆発物。デスハグの様子

  • Hitler's luck was so unbelievable that we  wouldn't blame you for fact-checking us on the  

    ヒトラーの幸運は信じられないほどのもので、私たちが事実を確認しても責められないほどの

  • sheer number of times Hitler avoided death purely  by coincidence. Just a week after he was almost  

    ヒトラーが死を免れたのは、まさに偶然の産物であった。危うく死にかけた1週間後には

  • gunned down twice and then blown out of the  sky, Hitler would evade death yet again.

    2度の銃殺、そして空からの爆破、ヒトラーはまたしても死を免れた。

  • German officer Rudolf Christoph Freiherr  von Gersdorff decided Hitler had to go at  

    ドイツ人将校のルドルフ・クリストフ・フライヘル・フォン・ゲルスドルフは、ヒトラーを「死なせなければならない」と考えた。

  • any cost. Hitler, along with several  prominent Nazi and military figures,  

    どんな犠牲を払ってでも。ヒトラーは、ナチスや軍の著名な人物たちとともに

  • planned to visit Gersdorff at a Berlin armory  where they could inspect captured Soviet weapons.  

    この日は、ゲルスドルフをベルリンの兵器庫に訪ね、ソ連の鹵獲兵器を視察する予定だった。

  • Gersdorff then set about packing his coat pockets  with time-delayed explosives, set for ten minutes.

    ゲルスドルフは、コートのポケットに10分間の時限爆弾を詰め込んだ。

  • Just as Hitler arrivedGersdorff set off the timers,  

    ヒトラーが到着すると同時に、ゲルスドーフはタイマーを作動させた。

  • with a plan to hug Hitler right before the  explosives went off in order to ensure his  

    爆発直前にヒトラーを抱きしめることで、ヒトラーを確保するという計画を立てた。

  • death. It would be a suicide attackbut a necessary sacrifice for Germany.

    の死である。自殺行為ではあるが、ドイツにとっては必要な犠牲である。

  • Incredibly, Hitler breezed through the  entire exhibition in less than ten minutes,  

    信じられないことに、ヒトラーは10分足らずで展示品をすべて見終えてしまった。

  • which prompted Gersdorff to rush intobathroom in order to disarm the explosives.

    そのため、Gersdorffは爆発物を解除するためにトイレに駆け込みました。

  • The Allies Save Hitler's Life Again

    連合国がヒトラーの命を再び救う

  • In late 1943 the Allies were pushing  back hard against the Luftwaffe's  

    1943年後半、連合国はドイツ空軍の攻撃を懸命に押し返していた。

  • domination of Europe's skies. This opened  up opportunities for Allied planes to raid  

    ヨーロッパの空を支配したのだ。これにより、連合軍の飛行機は、ヨーロッパの空を空襲する機会を得た。

  • German infrastructure. One such raid  would end up saving Hitler's life.

    ドイツのインフラ。このような空襲が、ヒトラーの命を救うことになる。

  • The Germany Army was preparing to put  out a new winter uniform, and Major Axel  

    ドイツ陸軍は新しい冬服を出す準備をしていたが、アクセル少佐は

  • von demn Bussche was chosen to model it for Hitler  in a private viewing. Bussche was tall, handsome,  

    フォン・デム・ブッシェは、ヒトラーのためにモデルとして選ばれ、プライベート・ビューイングを行った。ブッシェは背が高く、ハンサムだった。

  • blonde and blue-eyed- basically the perfect Nazi  in Hitler's view. But Bussche actually planned to  

    金髪で青い目の、ヒトラーから見れば完璧なナチスである。しかし、ブッシェが実際に計画したのは

  • kill Hitler during the viewing by detonating  a mine he would be carrying in his backpack.

    ヒトラーがバックパックに入れていた地雷を爆発させて、鑑賞中のヒトラーを殺す。

  • The planned viewing however was canceled when an  

    しかし、予定していた鑑賞会は、ある日突然中止となりました。

  • Allied air raid destroyed the rail  car containing the new uniforms.

    連合軍の空襲で、新しい制服を積んだ鉄道車両が破壊された。

  • Hitler: Immune To Explosives

    ヒットラー:爆発物に免疫がある

  • By 1944 it was clear that Germany was losing  the war, and it was largely due to Hitler's  

    1944年には、ドイツの敗戦が明らかになりましたが、その原因はヒトラーの

  • ineptitude as a military leader. A group of  senior Germany military officers concocted what  

    軍のリーダーとしての無能さドイツ軍の上級将校たちが練りに練ったのは

  • would be known as Operation Valkyrie, as they  attempted to kill Hitler and make peace with  

    ヒトラーの殺害と和平を目的とした、「ワルキューレ作戦」と呼ばれるものです。

  • the western allies as soon as possible in order  to avoid the complete destruction of Germany.

    ドイツの完全な破壊を避けるために、一刻も早く西側同盟国との協力関係を築く。

  • The conspirators managed to plant a 2.2 pound  bomb in a briefcase inside a meeting room  

    2.2ポンドの爆弾を会議室のブリーフケースに仕込んだ。

  • where Hitler and his senior military advisors  would discuss the on-going war. Incredibly,  

    ヒトラーとその上級軍事顧問が、進行中の戦争について話し合う場であった。信じられないことだが。

  • Colonel Heinz Brandt is believed to have nudged  the briefcase behind one of the legs of the table,  

    ハインツ・ブラント大佐は、ブリーフケースをテーブルの片方の脚の後ろに押しやったと考えられている。

  • effectively deflecting the bomb  blast and sparing Hitler's life.

    その結果、爆弾の爆発を防ぎ、ヒトラーの命を救うことができました。

  • Now check out Isane Ways USA Tried To Take Out  Fidel Castro, or click this other video instead!

    では、「フィデル・カストロを殺そうとしたアメリカの方法」をご覧ください。または、別のビデオをクリックしてください。

Mentally Ill Methods Used To  Politely Ask Hitler To Cease Living

ヒトラーに生前退位を懇願するために用いられた精神障害者向けの方法

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ヒトラー ドイツ ナチス 爆発 計画 爆弾

ヒトラーを暗殺しようとした方法 (Ways They Tried to Assassinate Hitler)

  • 4 0
    Summer に公開 2021 年 09 月 09 日
動画の中の単語