Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • ever wonder why lawyers and judges in british courts, where those big white wigs louis, the 14th of France, started the trend back in the 17th century.

    イギリスの裁判所の弁護士や裁判官は、17世紀にフランスの14世であるルイが流行を始めたことを不思議に思ったことはありません。

  • There was a balding epidemic, likely due to rampant syphilis, and the rich bought elaborate wigs to cover up.

    梅毒が蔓延していたためかハゲが流行し、金持ちはそれを隠すために手の込んだカツラを買っていました。

  • This trend, then leaked into the courts As judges and barristers, the english term for lawyers were generally higher on the societal wrongs than most these days.

    この傾向は、裁判所にも波及していきました。 裁判官やバリスター(英語では弁護士のことをこう呼びます)は、一般的に社会的な過ちに対する意識が高かったと言われています。

  • They are largely symbolic as a way of giving court proceedings.

    これらは、裁判を行うための手段として象徴的なものです。

  • That extra sense of solemnity.

    あの厳粛な空気感。

  • However, the judge presiding over a case has the right to dictate court dress and may demand that people not wear wigs if for example, it's a particularly hot day.

    しかし、裁判長は法廷での服装を決定する権利を持っており、例えば、その日が特に暑い日であれば、ウィッグを着用しないように要求することもあります。

ever wonder why lawyers and judges in british courts, where those big white wigs louis, the 14th of France, started the trend back in the 17th century.

イギリスの裁判所の弁護士や裁判官は、17世紀にフランスの14世であるルイが流行を始めたことを不思議に思ったことはありません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 裁判 流行 弁護 梅毒 ウィッグ ハゲ

イギリスの裁判所ではなぜカツラをかぶるのか? (Why Do They Actually Wear Wigs In British Courts)

  • 14 0
    林宜悉 に公開 2021 年 08 月 31 日
動画の中の単語