Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • As World War I raged on in Europe, Allied forces were facing some of the most destructive

    第一次世界大戦中のヨーロッパでは、連合軍が最も破壊的な状況に直面していました。

  • and brutal fighting the world had ever seen.

    世界がかつて経験したことのないような残酷な戦いだった。

  • Trench warfare had caused stalemates across battlefields, and the British were desperate

    塹壕戦で戦場が膠着状態になり、イギリスは必死になっていた。

  • to find a way to turn the tide of the war.

    戦況を好転させるにはどうしたらいいか。

  • The solution: tanks.

    解決策は「タンク」。

  • And it all started with a tank nicknamed Little Willie.

    その始まりは、リトル・ウィリーと呼ばれる戦車だった。

  • This was the first tank ever developed.

    これは世界で初めて開発された戦車である。

  • Little Willie never saw the field of battle, but the development and lessons learned from

    リトルウィリーは戦場に出ることはありませんでしたが、そこから得られた発展と教訓は

  • its construction allowed British forces to create tanks that would aid in the war effort

    そのおかげで、イギリス軍は戦力となる戦車を作ることができた。

  • and allow the Allied Powers to be victorious.

    そして、連合国の勝利を許すことになる。

  • Little Willie was the first tank as we think of them today.

    リトル・ウィリーは、今でいうところの初代戦車です。

  • However, there were vehicles that came before it, which were designed to aid infantry in

    しかし、それ以前にも、歩兵を補助するための車両がありました。

  • battle.

    の戦いになります。

  • For example, in 1899 Frederick Simms designed thewar-car,” which had a bullet-proof

    例えば、1899年にフレデリック・シムズが設計した「ウォー・カー」は、弾丸を通さない構造になっています。

  • casing and Maxim guns.

    ケーシングとマキシム・ガン

  • It was basically a heavily armed truck and was the precursor to the armored cars used

    基本的に重装備のトラックで、装甲車の先駆けとなったものです。

  • by the military today.

    現在の軍隊では

  • It was in 1914 that Ernest Swinton, a British army colonel and William Hankey, secretary

    1914年、英国陸軍大佐アーネスト・スウィントンと秘書ウィリアム・ハンキーが

  • of the Committee for Imperial Defence came up with the idea of a heavily armored vehicle

    帝国防衛委員会のメンバーが、重装甲車のアイデアを出した。

  • that would be able to aid infantry troops in moving across the battlefield.

    このようにして、戦場での歩兵の移動を助けることができるようになりました。

  • Their thought process was that the vehicle would be useful for driving over rough terrain

    不整地を走るのに便利だと考えたのだ。

  • such as shell craters, deep mud and trenches.

    砲弾のクレーター、深い泥、塹壕など。

  • But the most important obstacle the vehicle needed to overcome was barbed wire to break

    しかし、車両が乗り越えなければならない最も重要な障害は、有刺鉄線を切断することだった。

  • through enemy lines.

    敵陣を突破。

  • They presented their plans to Winston Churchill who quickly got on board with theland

    彼らはその計画をウィンストン・チャーチルに提案し、チャーチルはすぐに「土地」に賛同した。

  • shipidea.

    船」という発想。

  • He then organized the Landships Committee to begin developing the prototype of what

    そして、ランドシップス委員会を組織して、「日本の未来」の原型の開発を始めました。

  • would become Little Willie.

    がリトル・ウィリーになる。

  • In order to keep this new project secret from British enemies, workers were told the vehicle

    この新しいプロジェクトを英国の敵から秘密にするために、労働者たちは車両を教えられた。

  • they were building would carry water on the battlefield.

    彼らが作ったのは、戦場で水を運ぶためのものだった。

  • It was not too far fetched as the new prototype did resemble a water tank.

    それもそのはず、今回の試作機は水槽のような形をしていたからだ。

  • Though thetanksduring this war would be referred to as landships among military

    この戦争での「戦車」は、軍部では「ランドシップ」と呼ばれていますが

  • circles and once they were unveiled on the battlefield, the original secret term of tank

    のサークルで、それが戦場で披露されると、当初の戦車の秘密用語が

  • was utilized after the war by historians and the name has stuck ever since.

    は、戦後、歴史家が活用したことで、その名が定着しました。

  • The very first tank, later called Little Willie, was completed around September 8, 1915.

    1915年9月8日に完成した最初の戦車は、後に「リトルウィリー」と呼ばれた。

  • It was initially designed by R.E.B.

    当初はR.E.B.がデザインしました。

  • Cromptonby as half of an agricultural vehicle called Juggernaut or Slug.

    JuggernautまたはSlugと呼ばれる農業用車両の半分としてCromptonby。

  • This design was then sent to August Tritton who modified it so it would work on its own.

    このデザインはオーガスト・トリトンに送られ、単体で動作するように修正された。

  • Finally, the design was sent to William Foster & Co. of Lincoln who built Little Willie.

    最終的には、リンカーンのウィリアム・フォスター社にデザインが送られ、リトル・ウィリーが製造された。

  • The first name given to the tank was No. 1 Lincoln Machine.

    この戦車に最初につけられた名前は「No.1リンカーン・マシン」。

  • It weighed 16.5 tons and was designed to aid the allies in trench warfare.

    16.5トンの重さがあり、同盟国の塹壕戦を支援するために設計されました。

  • The name of the tank was changed to Little Willie based on an insult to German leadership.

    戦車の名前は、ドイツの指導者への侮辱をもとに「リトル・ウィリー」に変更された。

  • Little Willie was alleged to be the nickname that the British gave to the German Crown

    リトル・ウィリーは、イギリスがドイツの王室につけた愛称だと言われている。

  • Prince Kaiser Wilhelm.

    カイザー・ヴィルヘルム王子。

  • Though historians debate when exactly and who started calling this machine Little Willie,

    しかし、いつ、誰がこのマシンをリトル・ウィリーと呼ぶようになったのかは、歴史家の間でも議論されている。

  • the mocking of the crown prince has forever ended up as an affectionate name for the first

    皇太子の嘲笑は、永遠に初代の愛称として終わってしまった。

  • real tank ever produced.

    史上初の本物の戦車。

  • Putting together Little Willie was no easy feat since such an ambitious project had never

    リトル・ウィリーを作るのは簡単なことではありませんでした。なぜなら、このような野心的なプロジェクトはこれまでになかったからです。

  • been attempted before with this early design looking quite foreign to the tanks we see

    この初期のデザインは、私たちが目にする戦車とは全く異なるもので、これまでも試みられてきました。

  • today especially with its tracks and running gears separate from the hull.

    特に今日では、トラックやランニングギアが船体から分離されています。

  • Assembling the tank was also a product of inter-country cooperation with the tracks

    戦車の組み立ても国を超えた協力の賜物であり、トラックの

  • themselves coming from the United States though it is doubtful any Americans knew the true

    アメリカから来たことになっているが、アメリカ人が本当のところを知っていたかどうかは疑問である。

  • purpose of these tracks due to the top secret nature of the program.

    このプログラムの極秘事項のため、これらのトラックの目的は

  • The body and turret were built separately and eventually welded together, adding the

    胴体と砲塔は別々に作られ、最終的には溶接で結合され、さらに

  • holes in the hull late in the design process.

    船体に穴を開けるのは、設計の後半になってからです。

  • The uncut hull looked similar to a water carrier from Mesopotamia, hence giving the perfect

    切りっぱなしの船体は、メソポタミアの水運船に似ていたため、完璧な

  • top secret cover in case any word ever made it back to the Germans about their potentially

    最高機密のカバーは、万が一、ドイツ人に彼らの潜在的な可能性が伝わってしまった場合に備えたものだ。

  • groundbreaking invention.

    画期的な発明です。

  • The final model had 10 to 15 mm thick armor and could hold a crew of five soldiers.

    最終モデルでは、10〜15mmの厚さの装甲を持ち、5人の兵士が乗れるようになっていた。

  • Little Willie was powered by a Daimler inline six-cylinder engine that put out 105 horsepower.

    リトルウィリーは、ダイムラー社製の直列6気筒エンジンを搭載し、105馬力を発揮した。

  • Considering the bulkiness and weight of Little Willie, the engine gave the tank a top speed

    リトルウィリーの大きさと重さを考えると、このエンジンはタンクに最高速度を与えた。

  • of about three miles per hour, which was a good pace during the time of the tank's

    時速約3マイルというのは、戦車が走っていた時代の良いペースだった。

  • inception.

    インセプションです。

  • In order to help Little Willie steer, rear wheels were attached to the tail of the tank.

    リトルウィリーの操縦を助けるために、戦車の尾部に後輪を取り付けた。

  • On rougher terrain the tank would slow down one of the tracks to turn.

    荒れた土地では、戦車は片方のトラックの速度を落として旋回する。

  • Due to transmission limitations of the time, the constant breaking of a single track would

    当時の通信制限により、1本のトラックを常に壊すことは

  • cause the engine to lose half of its power, causing significant stress to the tracks,

    エンジンのパワーが半減し、線路に大きなストレスを与えることになる。

  • brakes, transmission, and clutch.

    brakes, transmission, and clutch.

  • On good terrain the rear wheels would allow Little Willie to turn slightly, thus alleviating

    地形の良いところでは、後輪がLittle Willieを少しだけ回転させることができ、その結果、Little Willieは

  • some of the stress on other parts of the tank.

    タンクの他の部分にかかるストレスを軽減することができます。

  • These rear wheels also helped with trench crossings as they would allow the tank to

    この後輪は、塹壕越えの際にも役立ち、戦車が

  • go over longer stretches of trenches The ride inside of Little Willie was a little uncomfortable,

    より長い溝の上を行く リトルウィリーの車内は少し居心地が悪かった。

  • because like almost all vehicles of the day, it had no suspension.

    というのも、当時のほとんどの自動車がそうであったように、サスペンションがなかったからです。

  • This would make for a rough ride, but at 3 miles per hour it wasn't too bad.

    これでは乗り心地が悪くなってしまうが、時速3マイルであれば悪くはない。

  • The weaponry on Little Willie would have worked well in combat.

    リトルウィリーに搭載されている武器は、戦闘でも活躍したことでしょう。

  • The tank's main armament was a Vickers 2-pounder gun on a revolving turret on top of the tank.

    主な武装は、戦車上部の回転式砲塔に搭載されたヴィッカース2ポンド砲。

  • If necessary the tank was also designed to replace the Vickers with other armaments such

    また、必要に応じてヴィッカーズの代わりに他の兵器を搭載できるように設計されていました。

  • as a Maxim, Hotchkiss, Lewis, or Madsen machine guns.

    マキシム、ホッチキス、ルイス、マドセンなどの機関銃を使用。

  • These guns were never fitted onto Little Willie, as the tank would not see combat.

    これらの銃はリトル・ウィリーには装着されず、この戦車は戦闘に参加することはなかった。

  • However, its big brother, Big Willie, would make it into battle and help in the war effort

    しかし、その兄貴分であるビッグ・ウィリーは戦場に出て、戦争に貢献することになる。

  • against the Central Powers.

    中央集権国家に対する

  • The British Army ordered 100 No. 1 Lincoln Machines to be used in the war.

    英国陸軍は、戦争で使用するために100台のNo.1リンカーンマシンを発注した。

  • Unfortunately, during testing Little Willie was found to have significant transmission

    残念ながら、テスト中にリトル・ウィリーには大きな透過性があることがわかりました。

  • problems that resulted in getting stuck in trenches or rendering the tank immovable.

    その結果、溝にはまり込んだり、戦車が動かなくなったりする問題が発生しました。

  • The initial tracks on Little Willie would not reconnect properly while going over rough

    リトル・ウィリーの初期トラックは、ラフな場所を通過する際にうまく再接続されませんでした。

  • terrain, and could cause the tank to sometimes throw a track.

    このような地形では、タンクが軌道を崩してしまうことがあります。

  • This led to a redesign and inclusion of Tritton tracks, which fixed the problem, but at this

    これを機にデザインを一新し、Tritton社製のトラックを搭載することで問題は解決しましたが、この時は

  • point Little Willie had been relegated to testing only and would not be used in battle.

    ポイント リトルウィリーはテスト用に回され、実戦では使用されなかった。

  • Little Willie and subsequent tanks during World War I were designed to be used exclusively

    第一次世界大戦中のリトル・ウィリー以降の戦車は、専用に設計されていた。

  • for long offensive operations.

    長時間の攻撃活動のために

  • These missions tended to be in a very specific area and the tanks would be used to slowly

    これらのミッションは、非常に特定のエリアで行われることが多く、戦車を使ってゆっくりと

  • move across no man's land and the trenches.

    ノーマンズランドやトレンチを越えて移動する。

  • The soldiers would follow the tank across the battlefield using it as mobile cover as

    兵士たちは戦車を追いかけて戦場を移動し、戦車を隠れ蓑にして戦った。

  • they advanced.

    彼らは前進した。

  • They were also designed to be a mobile pillbox that could suppress enemy trenches so they

    また、敵の塹壕を制圧する移動式のピルボックスとして設計されていたので

  • soldiers could traverse no-mans-land safely.

    兵士たちは安全にノーマンズランドを横断することができた。

  • It would not be until World War Two that the concept of tank on tank battles would be formulated

    戦車と戦車の戦いという概念ができたのは、第二次世界大戦以降のことである。

  • though there would eventually be one such battle later in World War One.

    しかし、このような戦いは後の第一次世界大戦でも行われることになる。

  • Once they reached the enemy trench, the soldiers would enter and clear it of Central Power

    敵の塹壕に到達すると、兵士はそこに入ってセントラル・パワーを排除する。

  • soldiers as the tank continued on.

    戦車が進むにつれて、兵士の数が増えていった。

  • One main problem that engineers ran into with tanks was that the massive weight would cause

    戦車の技術者が直面した問題は、その巨大な重量のために

  • strain on the engine.

    エンジンに負担をかけることになります。

  • This would lead to overheating.

    これではオーバーヒートしてしまいます。

  • Unfortunately, an overheating engine inside a large, enclosed, metal vehicle is like turning

    密閉された大きな金属製の車の中でエンジンがオーバーヒートしてしまうのは、残念ながら寝返りのようなものです。

  • the burners of an oven on full blast while you're inside it.

    オーブンの中にいても、バーナーをフル回転させることができます。

  • This overheating problem was the same for Little Willie, and would not be solved for

    このオーバーヒートの問題は、リトル・ウィリーでも同じで、解決されることはありませんでした。

  • many generations of tanks.

    何世代にもわたって受け継がれてきた戦車。

  • Little Willie was very useful for engineers when identifying problems and coming up with

    リトルウィリーは、エンジニアが問題を発見したり、アイデアを出したりするときにとても役に立ちました。

  • solutions.

    ソリューションを提供しています。

  • Using what they learned from Little Willie the Brits built a bigger, better, version

    リトル・ウィリーから学んだことを活かして、イギリス人はより大きく、より良いバージョンを作りました。

  • of the tank called Big Willie.

    ビッグウィリーと呼ばれるタンクの

  • This was done between Little Willie's first design and second design.

    これは、リトル・ウィリーのファースト・デザインとセカンド・デザインの間に行われた。

  • Big Willie ran into some similar problems as itslittle brother,” such as the tracks

    ビッグウィリーは、「弟」と同じような問題を抱えていました。

  • falling off.

    が落ちてきます。

  • This meant that the difficulties engineers ran into with Little Willie were vital problems

    つまり、エンジニアがリトル・ウィリーで直面した困難は、重要な問題だったのである。

  • to solve as other tanks designs would have run into them as well.

    他の設計の戦車も同様に遭遇していたので、解決しなければなりません。

  • On the first version of Little Willie the tracks only went part of the way up the body

    リトル・ウィリーの最初のバージョンでは、トラックはボディの一部にしかありませんでした。

  • of the tank.

    タンクの

  • This seemed like a good idea at the time because it saved on material, and made the tank a

    これは、材料費の節約にもなり、また、タンクのサイズを小さくすることができるので、当時は良いアイデアだと思いました。

  • little lighter.

    少し軽くなりました。

  • But the tracks would damage easily or come off when driving over rough terrain.

    しかし、悪路を走るとトラックがすぐに破損したり、外れてしまったりする。

  • So, the engineers went back to the drawing board and came up with a new idea.

    そこで、エンジニアは振り出しに戻って新しいアイデアを出した。

  • They re-designed the tracks to encircle the entire body of the tank from top to bottom.

    軌道は、戦車の胴体を上から下まで一周するように設計し直した。

  • This was done to allow Little Willie and future tanks to traverse wider trenches and allowed

    これは、リトル・ウィリー以降の戦車がより広い塹壕を踏破できるようにするためであり、また

  • the use of an unditching beam.

    アンディッチビームを使用しています。

  • It was due to the trial and error of Little Willie that better track systems were made

    リトルウィリーの試行錯誤があったからこそ、より優れたトラックシステムが作られたのである。

  • and flaws that may have been fatal in battle were identified and fixed.

    と、戦闘時に致命的になる可能性のある欠陥を洗い出して修正しました。

  • Without Little Willie the British may never have designed their new rhomboid shape tracks

    リトル・ウィリーがいなければ、イギリス人は新しい菱形の形のトラックをデザインすることはなかったかもしれない。

  • and the evolution of the tank could have taken many, many, more years.

    と、戦車の進化には何年も何年もかかっていたかもしれません。

  • Little Willie also validated that the engine, transmission, steering, and braking system

    リトルウィリーは、エンジン、トランスミッション、ステアリング、ブレーキシステムの検証も行いました。

  • would all work for tanks.

    は、すべてのタンクに対応しています。

  • Without this validation the whole project may have been scrapped, and the Britain might

    この検証がなければ、プロジェクト全体が破棄されていたかもしれませんし、英国は

  • have given up on tanks altogether.

    は戦車を完全に諦めています。

  • So, even though Little Willie never saw combat, without it Britain may very well have never

    リトルウィリーが戦闘に参加しなかったとしても、それがなければイギリスは決して成功しなかったかもしれません。

  • fully developed tank technology that helped win World War I.

    第一次世界大戦の勝利に貢献した戦車技術を全面的に開発。

  • Another aspect of Little Willie that made it so important to history was the potential

    リトルウィリーのもう一つの側面は、歴史的に重要な意味を持っていた可能性です。

  • that political and military leaders saw in it.

    それは、政治家や軍人が見たものである。

  • Although flawed in some ways, due to all sides wanting to break the stalemate of trench warfare,

    塹壕戦の膠着状態を打破しようとしたために、いくつかの点で欠陥があった。

  • new and ambitious ideas were given intense study when before they might not have ever

    新しい、野心的なアイデアは、以前は決してできなかったかもしれないが、熱心に研究された。

  • seen the light of day.

    が日の目を見ることになりました。

  • Even though Little Willie never saw combat, the lessons learned helped accelerate the

    リトル・ウィリーは戦場に出ることはなかったが、その教訓は、日本での活動を加速させた。

  • British tank program greatly and showed strategists that it was possible to build a machine that

    イギリスの戦車計画は大きく発展し、戦略家たちに以下のような機械を作ることが可能であることを示しました。

  • could traverse trenches and no man's land to support Allied troops in World War I.

    は、第一次世界大戦で連合軍を支援するために、塹壕や無人地帯を踏破することができました。

  • Even though Little Willie contributed much to the development of tanks and is a crucial

    リトル・ウィリーは、戦車の発展に大きく貢献し、重要な存在であるにもかかわらず

  • stepping stone in the history of armored warfare, it was almost lost to history.

    装甲戦の歴史の中で踏み台にされ、ほとんど歴史から消えてしまいました。

  • The British government wanted to scrap it but thanks to military history enthusiasts

    イギリス政府は廃案にしようとしましたが、戦史愛好家のおかげで

  • within the army, Little Willie found its final resting place at Bovington training ground

    軍隊の中で、リトル・ウィリーはボビントン訓練場で最後の眠りにつきました。

  • where it remained until the end of the war and was eventually sent to the Tank Museum

    終戦まで残っていましたが、最終的には戦車博物館に送られました。

  • in Bovington after the end of World War Two.

    第二次世界大戦終了後、ボビントンでは

  • Despite being almost lost to history, without those initial tests valuable lessons and information

    歴史上ほとんど失われたにもかかわらず、初期のテストがなければ、貴重な教訓や情報が得られなかった。

  • learned from the building of Little Willie would never have been gained.

    リトルウィリーの建設で得たものは、決して得ることができなかっただろう。

  • The success of British tanks during World War I may have been hindered and the course

    第一次世界大戦におけるイギリスの戦車の成功が妨げられていたかもしれないし、進路が

  • of history may have gone a different way.

    の歴史は別の方向に進んでいたかもしれない。

  • Maybe Little Willie's biggest contribution to the world of warfare is the nostalgia that

    リトル・ウィリーの戦争の世界への最大の貢献は、その懐の深さかもしれません。

  • went along with it.

    と言っていました。

  • Curators at The Tank Museum in England are proud to display the first tank ever made.

    イギリスのThe Tank Museumの学芸員は、世界で初めて作られた戦車を展示しています。

  • At the time Little Willie rolled onto the testing field the automobile had only been

    リトル・ウィリーがテストフィールドに登場したとき、自動車はまだ

  • around for about 35 years.

    約35年前から。

  • That is a lot of progress in such a short amount of time.

    このような短い時間での進歩は、とても素晴らしいことです。

  • Little Willie could be outfitted with guns, a crew of five, and could successfully cross

    リトルウィリーは、銃を装備し、5人の乗組員を乗せて、無事に横断することができました。

  • trenches in the heat of battle; something that no other vehicle at the time could do.

    当時、他の車両では実現できなかった、塹壕の中での戦闘を可能にした。

  • Without Little Willie, and the lessons learnt from it, the development of the tank may have

    リトルウィリーとそこから得られた教訓がなければ、戦車の開発は失敗していたかもしれません。

  • taken years longer to complete.

    何年もかけて完成させました。

  • There is no telling what impact this may have had on the course of history.

    このことが歴史の流れにどんな影響を与えたかはわからない。

  • It was through the processes of modern engineering and science that Little Willie was made a

    リトルウィリーは、現代の工学と科学のプロセスを経て誕生しました。

  • reality.

    リアリティがあります。

  • The British basically took the idea of an armored battleship and brought it onto land.

    イギリスは基本的に、装甲戦艦のアイデアを陸上に持ち込んだ。

  • Even though Little Willie never saw combat, it was something that had never been done

    リトル・ウィリーが戦闘に参加することはなかったが、それは前例のないことだった。

  • before, and had a lasting impact on history..

    それまでになかった、歴史に残る影響を与えました。

  • Now go see what Little Willie evolved into by watching the Top 10 Most Powerful Tanks.

    さて、そんなリトルウィリーがどんな進化を遂げたのか、「最強の戦車トップ10」を見てみましょう。

  • Or for tank battles watch The Battle of 73 Easting - The Most Intense Tank Battle In

    また、戦車戦については、「イースティング73番地の戦い-最も激しい戦車戦」をご覧ください。

  • History.

    歴史がある。

As World War I raged on in Europe, Allied forces were facing some of the most destructive

第一次世界大戦中のヨーロッパでは、連合軍が最も破壊的な状況に直面していました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 戦車 リトル トラック タンク 戦場 大戦

史上最も役に立たない戦車?(リトルウィリー) (The Most Useless Tank Ever Made? (Little Willie))

  • 5 0
    Summer に公開 2021 年 08 月 30 日
動画の中の単語