Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When asking the question of how to get away with murder, there's no better place to

    いかにして殺人を免れるかを問うとき、これ以上の場所はありません。

  • start than the case of Samuel Little, a man that could have killed 93 people in the US

    アメリカで93人を殺害する可能性があったサミュエル・リトルの事件よりもスタート

  • over several decades. He died in 2020, aged 80, but before he bit the dust, he let his

    を数十年にわたって続けてきました。彼は2020年に80歳で亡くなりましたが、塵を払う前に、彼は自分の

  • story be known. He said he started killing people in 1970,

    の話が知られている。人を殺し始めたのは1970年からだという。

  • and he kept on killing without detection for over four decades. He was eventually arrested

    そして、40年以上も発見されることなく殺し続けた。彼は最終的に逮捕され

  • in 2012, but it wasn't until a few years later when he started confessing to many more

    2012年の時点では、彼はもっと多くのことを告白していました。

  • crimes that he became known as one of the worst of the worst. He told the authorities

    その結果、彼は最悪の犯罪者の一人として知られるようになった。彼は当局に

  • in lurid detail what he'd done, and his stories added up.

    自分がやったことを赤裸々に語り、その話が積み重なっていく。

  • But how does a guy get away with killing for so long?

    しかし、どうすれば長い間、殺人を免れることができるのか?

  • Well, there are a few reasons in the case of Little. Firstly, he moved around a lot,

    さて、リトルの場合はいくつかの理由があります。まず、彼はよく移動していた。

  • killing in 19 different states. He might have had a criminal record as long as your arm,

    19の異なる州で殺人を犯した。彼には腕ほどの前科があったかもしれません。

  • but all that movement made it hard to connect him to various murders.

    しかし、そのような動きのために、彼を様々な殺人事件に結びつけるのは難しい。

  • When a criminal moves a lot, various police departments might not be working together,

    犯罪者の移動が多い場合、様々な警察署が連携していない可能性があります。

  • which was certainly the case when he started killing in the 70s. But perhaps the main reason

    70年代に殺人を始めたときは、確かにそうだった。しかし、おそらく主な理由は

  • why he evaded capture for so long was that he killed people who might not have prompted

    彼が長い間逮捕を免れた理由は、促されなかったかもしれない人々を殺したからだ。

  • the most rigorous investigations. Many of his victims were very poor, some were

    最も厳格な調査が行われました。彼の犠牲者の多くは非常に貧しく、ある者は

  • homeless, and many were addicted to drugs or selling their bodies on the streets. Some

    ホームレスになり、多くの人がドラッグに溺れたり、路上で体を売ったりしていました。いくつかの

  • people he killed were unidentified, remaining Jane Does.

    彼が殺した人々は身元不明で、ジェーン・ドーズのままだった。

  • There was also the matter of race. When Little confessed he made people take a long hard

    また、人種の問題もあった。リトルが告白したとき、彼は人々に長い時間をかけて

  • think about race and class. Wealthy white girls and women, he stayed far away from,

    人種と階級について考える。裕福な白人の女の子や女性には、近づかないようにしていました。

  • knowing that this would elicit a meaningful response from the police. Little told The

    それは警察から意味のある回答を引き出すためである。リトルはThe

  • Washington Post, “I'm not going to go over there into the White neighborhood and

    ワシントン・ポスト紙は、「私はあそこでホワイト・ネイバーフッドに行って

  • pick out a little teenage girl.” In a separate interview, he echoed that statement,

    "10代の小さな女の子を選んだ。別のインタビューでは、その言葉を繰り返しています。

  • saying, “I never killed no senators or governors or fancy New York journalists. Nothing like

    私は上院議員や知事、ニューヨークの派手なジャーナリストを殺したことはない」と言った。というようなことはありません。

  • that. I kill a journalist, it'd be all over the news the next day. I stayed in the ghettos.”

    それはジャーナリストを殺せば、翌日にはニュースになってしまう。私はゲットーに留まった」。

  • He was actually picked out in a photo line-up by a woman who'd gotten away from him, but

    彼は実際に、彼から逃れた女性に写真のラインナップで選ばれたが

  • the district attorney's office said they were not comfortable prosecuting a man when the

    の時に起訴するのは気が引けると地検が言っていました。

  • only witnesses were prostitutes. In his own words, “They was broke and homeless,

    目撃者は売春婦だけだった。彼自身の言葉を借りれば、「彼らは一文無しでホームレスだった。

  • and they walked right into my spider web.” There's a theory related to police work

    私の蜘蛛の巣に入ってきた」。警察の仕事に関連した説があります

  • and murder which states there areless dead people”. They are less dead because

    と、「死人が減った」とする殺人事件。死者が少ないのは

  • they were less alive, meaning they were the most vulnerable folks in a society whose lives,

    つまり、社会の中で最も弱い立場にある人たちで、その人たちの命を奪っていたのです。

  • in terms of how the authorities looked at them, weren't as important as other people's

    当局がどう見ているかという点では、他の人々の

  • lives. One academic put it like this, “A great

    の生活を送っています。ある学者は、「偉大な

  • deal less pressure is felt by the police when victims of crime come from the marginal elements.”

    犯罪の被害者が限界的な要素を持っている場合、警察が感じるプレッシャーは少なくなります。

  • Just about all of Little's victims could be said to have been the less dead, and because

    リトルの犠牲者のほとんどは、死者の数が少なかったと言えます。

  • he moved around so much when picking his victims, this was why he wasn't caught for so long.

    犠牲者を選ぶときに、彼はあちこち動き回っていたから、長い間捕まらなかったのだ。

  • But not all serial killers go for this type of victim and certainly not all serial killers

    しかし、すべてのシリアルキラーがこのような被害者を狙うわけではなく、また、すべてのシリアルキラーが

  • have a colorful rap sheet. Sometimes it's quite the opposite.

    はカラフルなラップシートを持っています。全く逆のこともあります。

  • Take the case of Ted Bundy. He was a good-looking, charming, well-educated man that was proud

    テッド・バンディの例を見てみましょう。彼は容姿端麗で魅力的な高学歴の男性で、誇りを持っていました。

  • to say he'd worked in politics on election campaigns. He was liked by the people he worked

    選挙運動のために政治の世界で働いたことがあると言う。彼は働いていた人たちに好かれていた

  • with. He was also greatly admired by the woman he married, who had no idea what he was up

    とのことです。また、彼が結婚した女性からも大いに慕われていましたが、その女性は彼のことを全く知らず

  • to in his spare time. What's even more shocking is one of his jobs was working as the director

    をしていました。さらに衝撃的なのは、彼の仕事の一つがディレクターとして働いていたことです。

  • for the Seattle Crime Prevention Advisory Commission.

    シアトル犯罪防止諮問委員会のために

  • When he killed, and by God he killed a lot, he usually chose pretty, middle-class young

    彼が殺人を犯すとき、神に誓ってたくさんの殺人を犯すとき、彼はたいてい可愛い中流階級の若者を選んだ。

  • women, many of whom were studying at university. These people did not fit into that less-dead

    その多くが大学で学んでいた女性です。このような人たちは、そのあまり死なない

  • category we just talked about, but Bundy didn't fit the mold of a maniac, either. For that

    のカテゴリーで今話したが、バンディも狂人の型にはまっていなかった。そのため

  • reason, he could hide in plain sight. There's no way Little could have done such a thing.

    という理由で、すぐに隠れることができました。リトルがそのようなことをするはずがありません。

  • Killers often look for ideal victims, just as companies look for a target audience.

    企業がターゲットとなる顧客を探すように、殺人者は理想的な被害者を探します。

  • Bundy was seen numerous times by people in places where women had gone missing. People

    バンディは、女性が行方不明になった場所で、何度も人々に目撃されていました。人々

  • reported seeing a guy with his arm in a sling. If you didn't know, Bundy did this to make

    は、腕にスリングを巻いた男を見たと報告しています。知らなかったかもしれませんが、バンディはこのようなことをして

  • himself look more vulnerable and needy. Those people told the cops what he looked like,

    自分をより弱々しく、必要としているように見せた。その人たちが警察に彼の姿を伝えたのです。

  • and later others would come forward and describe the man they had seen. The sketches looked

    と、後から名乗り出た人たちが、自分の見た男のことを語ってくれた。似顔絵は

  • just like him:

    彼のように。

  • The thing with Bundy was he was a psychopath. His narcissism made him think he was too clever

    バンディの特徴は、彼がサイコパスだったことです。彼のナルシシズムは、自分がとても賢いと思わせました。

  • for the cops and he was able to use his so-calledwinning smileto gain people's trust.

    彼は警官のために、いわゆる「勝ち気な笑顔」を使って人々の信頼を得ることができました。

  • The authorities weren't exactly looking for a guy with a great job and a wife. He

    当局は、素晴らしい仕事と妻を持つ男を探しているわけではなかった。彼は

  • even once worked for the Department of Emergency Services and talked a bit about missing women.

    は、かつて緊急事態局に勤務していたこともあり、行方不明の女性について少し話したことがあります。

  • Part of his job was to look for women that he'd killed himself.

    彼の仕事の一部は、自分が殺した女性を探すことだった。

  • He was basically armed with a kind of cloaking device based on society's biases, rather

    彼は基本的に、社会の偏見に基づいた一種の遮蔽装置で武装していた、というよりも

  • like what is depicted in the novelAmerican Psycho.” On top of that, they didn't have

    小説「アメリカン・サイコ」に描かれているような。その上、彼らには

  • much forensic evidence to work with and some of the bodies were missing.

    また、遺体の一部は行方不明になっていましたが、法医学的な証拠はほとんど残っていませんでした。

  • At one point, cops were looking for a guy named Ted since someone had given them that

    ある時、警官がテッドという男を探していたのですが、誰かがその男に

  • name. They had the description of his face and body, and they knew about the VW Beetle.

    の名前が出てきました。顔や体の特徴もわかっていたし、VWビートルのことも知っていた。

  • One of his colleagues even called the cops and said I think Ted Bundy could be the man

    同僚が「テッド・バンディが犯人かもしれない」と警察に通報したほどだ。

  • you're looking for, but then police received around 200 similar calls every day.

    しかし、警察には毎日200件ほどの同じような電話がかかってきます。

  • Then when the going got tough and bodies were being found, Bundy left the state. He started

    その後、状況が厳しくなり、遺体が発見されると、バンディは州を離れた。彼が始めたのは

  • killing again, of course, but again, when different states are involved, it can be hard

    殺生はもちろんですが、やはり異なる州が絡むと、難しいこともあります。

  • for police to link murders. There is an actual term for this called, “linkage blindness.”

    警察が殺人事件の関連付けをすること。これには "連鎖性盲目 "という言葉があります

  • Even an ex-girlfriend of his called the police and said she thought she had dated the killer.

    彼の元ガールフレンドも、「犯人と付き合っていたと思う」と警察に通報してきた。

  • Her name was Elizabeth Kloepfer, but it seems her story fell on deaf ears. It was only when

    彼女の名前はエリザベス・クロップファーだったが、彼女の話は耳に入らなかったようだ。それは

  • the cops had a computerized database to work with that they realized that from the 26 names

    警察は、コンピューターによるデータベースを使って、26人の名前から

  • they had, one was Ted's. Later when he was pulled over driving around

    彼らが持っていた中で、1つはテッドのものだった。その後、彼が運転中に車を止められたとき

  • Salt Lake City and his car was searched, police found these items: a ski mask, trash bags,

    ソルトレイクシティでは、彼の車が捜索され、警察はスキーマスク、ゴミ袋などを発見しました。

  • handcuffs, a crowbar, lengths of rope, and an ice pick. That was pretty much the serial

    手錠、バール、ロープ、アイスピックなどがあります。それはほとんど連続したものだった

  • killer's starting kit. Bundy escaped from custody twice and killed

    殺人鬼のスタートキット。バンディは2度も脱獄して殺人を犯した

  • again, but we won't go into that. In conclusion, he got away with it for so long for a few

    が、それには触れません。結論から言うと、彼はいくつかの理由で長い間それを逃れてきました。

  • reasons. He just didn't fit the description of a killer. Moving across states created

    の理由です。彼は殺人者の特徴に当てはまらなかったのだ。州をまたいで移動することで

  • linkage blindness, and of course, DNA evidence wasn't available. While the cops did have

    リンクブラインド、そしてもちろん、DNAの証拠は得られなかった。警察が持っていたものの

  • an archaic database, Bundy might have been caught earlier if they had the kind of tracking

    のような追跡機能があれば、バンディはもっと早く捕まっていたかもしれません。

  • technology they have today. But sometimes police just do very bad work,

    現在のテクノロジーを駆使して。しかし、警察が非常に悪い仕事をすることもあります。

  • as you'll now see. In 1979, in a suburb of Bradford in northern

    これからご覧になる方もいらっしゃるでしょう。1979年、北部のブラッドフォードの郊外にある

  • England, a policeman turned up at a house to interview its occupant. His name was Peter

    イギリスでは、ある家の住人に話を聞くために警察官がやってきた。彼の名はピーター

  • Sutcliffe, the man that would become known as the Yorkshire Ripper.

    ヨークシャー・リーパーと呼ばれることになるサトクリフ氏。

  • That cop had a sketch to go on provided by some of the women who had escaped the clutches

    その警官は、魔手から逃れた女性たちが描いたスケッチを参考にしていた。

  • of this maniac, and the guy he talked to that day over a cup of tea looked identical to

    その日、お茶を飲みながら話をした相手が、この狂人とそっくりだったのだ。

  • the sketch.

    のスケッチをしました。

  • When the cop went back to the station to tell the chief about the man, the chief shouted

    警官が署に戻って署長にその男のことを話すと、署長は叫んだ。

  • back, “Anybody mentions photofits to me again will be doing traffic for the rest of

    また、「今度、私にフォトフィッツの話をした人は、残りの期間、交通整理をすることになるでしょう」と返しました。

  • their service!” That chief was following one line of investigation, which is a reason

    "彼らのサービスを!"その署長は一つの調査ラインに従っていたのですが、それは理由があります

  • why some killers have gotten away with their crimes for too long.

    なぜ、ある殺人者が長い間、罪を免れてきたのか。

  • Sutcliffe was married to a teacher and lived in a house on a quiet suburban street, and

    サトクリフは教師と結婚し、郊外の静かな通りにある家に住んでいたが

  • so yet again, he wasn't what police immediately thought of when they looked at the bodies

    警察が死体を見てすぐに思い浮かべたのは、やはり彼ではなかったのだ。

  • of women that had been torn apart. He was interviewed by the cops nine times before

    の女性を引き裂いていた。彼は警察から9回も事情聴取を受けたが

  • he was eventually arrested, and he killed quite a few times in between those interviews.

    彼は最終的に逮捕されたが、そのインタビューの間にもかなりの回数の殺人を犯している。

  • It's natural for cops, and the public, to think of some kind of monster when we hear

    と聞くと、警察官や一般の人は何かの怪物を想像するのは当然です。

  • about people being eviscerated down dark alleys. In the past, sometimes werewolves were blamed

    暗い路地で人が食い殺されること。かつては、人狼のせいにされることもありました。

  • for such crimes, but more often than not, the killer looks and behaves just like you

    そのような犯罪のために、多くの場合、犯人はあなたと同じような外見や振る舞いをしています。

  • and me. Police know better now, but there is little doubt that a man who lives a very

    と私。警察は今ではよく知っていますが、非常に多くのことを生きている人は間違いありません。

  • ordinary life might be the last person who police look at.

    普通の生活をしている人は、警察が最後に見ている人かもしれない。

  • In this case of bad policing, you could say the cops had a one-track mind. First, they

    この悪質な警察のケースでは、警察はワン・トラック・マインドを持っていたと言えるでしょう。まず、彼らは

  • said the killer only chooses prostitutes as victims, even having the gall to call non-prostitutes

    犯人は売春婦だけを被害者に選び、売春婦でない人を呼ぶ勇気もあると

  • normal women”. Police at first said one of the attacks on a girl was not the same

    "普通の女性"警察は当初、少女への攻撃の一つは同じものではないと言っていたが

  • man, because the killer only chooses prostitutes. She survived and gave the police a description

    犯人は売春婦を選ぶからだ。彼女は生き残り、警察に人相を伝えた。

  • of Sutcliffe. She also said he definitely had a strong Yorkshire accent, which if you

    のサトクリフ。彼女はまた、彼は確かに強いヨークシャー訛りがあると言いました。

  • know English accents, is pretty unmistakable. Police dismissed her story as not linked to

    英語のアクセントを知っている人は、かなり紛れもない事実だと思います。警察は、彼女の話を、事件とは関係ないと断じた。

  • the serial killings. When they finally realized this guy kills

    連続殺人のことです。彼らが最終的にこの男が殺すことに気づいたとき

  • indiscriminately, they called one of the victims the firstinnocentperson. These were

    無差別に、犠牲者の一人を最初の「無実の人」と呼んだ。これらは

  • the kinds of people on the job. They had closed minds. They weren't the best investigators.

    仕事をしている人たちの中には彼らは心を閉ざしていた。彼らは最高の調査員ではありませんでした。

  • They also worked with paper, not computers. They had so many files after years of investigations

    また、彼らはコンピューターではなく、紙を使って仕事をしていた。何年もの調査の後、彼らはたくさんのファイルを持っていました

  • that they had to reinforce the floor where they were kept. That didn't help the investigation

    そのためには、保管されている床を補強しなければならなかった。これでは捜査が進まない

  • at all. They finally got a break when a banknote was

    と言っていた。そんな彼らにようやく救いの手が差し伸べられたのは、一枚の紙幣が

  • found hidden in one of the victim's purses. Sutcliffe had given her that money before

    被害者の財布の中に隠されていました。サトクリフは以前、彼女にそのお金を渡していました。

  • he killed her, and when cops looked at the numbers on that crisp note they had a list

    彼が彼女を殺し、警察がその鮮明なメモの数字を見て、リストを作った。

  • of places where it could have been used to pay people. One place was T. & W.H. Clark

    そのうちの1つが、T&W.H.クラーク社です。その一つが、T.&W.H.クラークです。

  • Holdings, where Sutcliffe worked. He was even interviewed there by the police.

    サトクリフが働いていたホールディングス。彼はそこで警察の事情聴取を受けたこともある。

  • Still, even with an entireRipper Squadlooking for him he killed again and again.

    しかし、「リッパー・スクワッド」と呼ばれる集団に追われながらも、彼は何度も何度も殺しを繰り返した。

  • What happened next is one of the biggest police bloopers of all time. They received a recorded

    この時の出来事は、史上最大の警察の失態の一つである。彼らは、録音された

  • message from a man claiming to be the killer, although this man didn't have a Yorkshire

    犯人を名乗る男からのメッセージがあったが、その男はヨークシャーの

  • accent. The man, speaking to the head of the investigation,

    のアクセントになる。その男、捜査本部長に話しかける。

  • said, “I'm Jack. I see you're having no luck catching me. I have the greatest respect

    と言うと、「俺はジャックだ。あなたは私を捕まえるのに苦労しているようですね。私は最大の尊敬を抱いています。

  • for you, George, but Lord, you're no nearer catching me now than four years ago when I

    あなたのために、ジョージ、しかし、主よ、あなたは私が4年前に私を捕らえた時よりも近くにいません。

  • started.” Linguists who were hired said this accent

    が始まりました。"採用された言語学者は、このようなアクセントを言っていました。

  • is not from Yorkshire, but Tyne and Wear in the North East of England. They were right,

    は、ヨークシャーではなく、イングランド北東部のタイン・アンド・ウェア出身です。彼らは正しかった。

  • and the cops were very, very wrong to pursue a line of investigation into this tape.

    警察がこのテープを調査しようとしたのは非常に大きな間違いだった。

  • They looked for the mysterious Jack rather than the Peter on their doorstep. Meanwhile,

    彼らは、玄関先のピーターではなく、謎のジャックを探した。その一方で

  • Peter kept on killing. The person who actually faked being the killer even called the police

    ピーターは殺し続けた。実際に犯人のフリをした人が警察に通報したほどです

  • to say he'd lied, but for some reason, they kept looking for Jack.

    と言っていたが、なぜかジャックを探し続けていた。

  • The FBI's fairly new Behavioral Science Unit went over to England and told the investigators,

    FBIのかなり新しい行動科学ユニットがイギリスに渡り、捜査官に伝えた。

  • You realize, of course, that the man on the tape is not the killer, don't you?”

    "もちろん、テープに映っている男が犯人ではないことはわかっているよね?"

  • They said you are looking for a man with mental health issues who likely works as a driver.

    精神的な問題を抱えた男性で、運転手として働いている可能性が高い人を探しているとのことです。

  • That theory was spot on. Then one of Sutcliffe's former friends wrote

    その説は正しかった。すると、サトクリフのかつての友人の一人がこう書いた。

  • to the cops in Bradford. The anonymous letter, markedPriority No. Onewent like this:

    をブラッドフォードの警察に送った。優先順位No.1」と書かれた匿名の手紙は、こんな内容でした。

  • “I have good reason to know the man you are looking for in the Ripper case. This man

    "リッパー事件であなたが探している男を知っている正当な理由があります。この男は

  • has dealings with prostitutes and always had a thing about them... His name and address

    は娼婦との付き合いがあり、いつも彼女たちのことが気になっていた...。彼の名前と住所

  • is Peter Sutcliffe, 5 Garden Lane, Heaton, Bradford, Shipley.”

    is Peter Sutcliffe, 5 Garden Lane, Heaton, Bradford, Shipley".

  • He said he was with Sutcliffe one night and he likely killed someone. For some reason,

    ある夜、サトクリフと一緒にいて、人を殺してしまった可能性が高いという。何らかの理由で。

  • that letter was just filed and left alone. The guy even went to the police station the

    その手紙は提出されただけで放置されていた。その人は警察署にも行きましたが

  • next day and told the cops again he was pretty sure the killer was Sutcliffe. The report

    翌日、警察に「犯人はサトクリフだと確信している」と再び話した。報告書は

  • of that meeting mysteriously vanished. Sutcliffe was eventually caught, but only

    その会議の記録は不思議なことに消えてしまった。サトクリフは最終的に捕まりましたが、ただ

  • after he was pulled over on a traffic stop. Even when he was in handcuffs, the ignorance

    交通違反で車を止められた後に手錠をかけられた時も、無知の

  • of the authorities didn't stop. When he stood in court, a prosecutor said, “While

    の当局の動きは止まらなかった。彼が法廷に立ったとき、検察官は「一方で

  • some of the victims were prostitutes, perhaps the saddest part of this case is that some

    被害者の中には売春婦もいましたが、この事件で最も悲しいのは、一部の人が

  • were not. The last six attacks were on totally respectable women.”

    はそうではありませんでした。直近の6回の攻撃は、完全に立派な女性が対象でした。"

  • As for what went wrong in this case, well, take your pick. The police were single-minded.

    この事件の何が悪かったかというと、まあ、お好きなように。警察は一心不乱だった。

  • They seemed to embrace a top-down structure in which newer cops could not criticize more

    新人警官が批判できないようなトップダウンの体制をとっていたようです。

  • experienced cops. They also likely discounted Sutcliffe as a possible perpetrator because

    経験豊富な警察官たち。彼らはまた、サトクリフを犯人の可能性として割り引いたのでしょう。

  • of hisnormalhome life. They followed false leads. They had way too much paperwork

    彼の「普通」の家庭生活の彼らは誤った手がかりを追った。彼らはあまりにも多くの書類を作成した。

  • and dots didn't get connected. Those Yorkshire cops were behind the times

    と点が繋がらなかった。ヨークシャーの警官は時代に取り残されていた

  • when it came to understanding the minds of serial killers. Still, he didn't cross state

    連続殺人犯の心理を理解するためにはそれでも、彼は州を越えずに

  • lines and killed mostly close to where he lived. He should never have gotten away with

    彼は、自分が住んでいる場所の近くで多くの人を殺した。彼は決して逃れるべきではなかった

  • it for so long. The British media rightly called the investigation, “stunningly mishandled”.

    それは、とても長い間でした。イギリスのメディアは当然のことながら、この調査を「見事なまでに誤った処理」と称しました。

  • Sticking with Britain, let's have a look at the case of Dennis Nilsen, the serial killer

    イギリスでは、連続殺人犯のデニス・ニルセンのケースを見てみましょう。

  • that strangled boys and young men and then spent time watching TV with the corpses.

    少年や青年の首を絞め、その死体でテレビを見て過ごしていた。

  • This bespectacled man was well-liked at work, where he held the role of executive officer

    眼鏡をかけた彼は、職場でも人望があり、執行役員を務めていました。

  • in a civil service job. Prior to that, he'd been a soldier and even worked as a policeman.

    それ以前は、軍人や警察官として働いていましたが、現在は公務員として働いています。それ以前は、兵士や警察官として働いていたこともあります。

  • He was quiet and intelligent, so when he smelled of booze or took days off work to dismember

    彼は静かで聡明だったので、酒の匂いがしたり、仕事を休んでバラバラにしたりすると

  • and burn his decomposing victims, no one thought anything of it. He didn't just come across

    しかし、誰もそのことを気に留めなかった。彼はただ出くわしたのではなく

  • as normal, but so harmless that people felt a bit sorry for him.

    普通にしていても、あまりにも無害なので、人々は少し気の毒に思っていた。

  • Nilsen drank heavily, and it was his astounding tolerance for alcohol that he used to subdue

    ニルゼンは大酒飲みで、彼の驚異的なアルコール耐性を利用して彼は

  • his victims. When he invited them around and plied them with booze, they collapsed in a

    犠牲者が出た。彼が彼らを招待して酒を飲ませると、彼らは倒れたように

  • drunken heap, and he was just fine. Nonetheless, one guy survived Nilsen strangling

    酔っぱらって倒れていたが、彼は無事だった。それにもかかわらず、一人の男がニルセンの絞め殺しで生き残った

  • him, and he went to tell the cops. This is where police again showed some amount of shortsightedness.

    そして、その人は警察に伝えに行った。ここでまた、警察がある種の近視眼的な態度を示した。

  • They just dismissed the crime as a “homosexual lover's tiff”. This was the 1980s when

    彼らはこの犯罪を「同性愛者の痴話喧嘩」として片付けてしまったのだ。これは、1980年代の

  • homophobia was rife among the English police forces. The cops, it seems, thought what happened

    イギリスの警察では、同性愛嫌悪が蔓延していた。警官たちは、何が起こったかを考えていたようです

  • was consensual and they didn't press any further when the man said he wasn't going

    合意の上でのことであり、男性が「行かない」と言ったときにはそれ以上は聞きませんでした。

  • to press charges. Another survivor of Nilsen didn't even report what had happened to

    と言って告発した。ニルゼンの別の生存者は、何が起こったかを報告することもなく

  • him for fear of being outed. A very similar thing happened in the US to

    このようなことがあってはならないのです。よく似たことがアメリカで起きて

  • a very similar kind of killer. Jeffery Dahmer also enjoyed spending time with his dead victims,

    は、非常に似たタイプの殺人者である。ジェフリー・ダーマーも死んだ犠牲者と一緒に過ごすことを楽しんでいました。

  • and he had a similar run-in with homophobic cops.

    と言って、同性愛者の警官と同じような目に遭っていました。

  • Dahmer plied one of his victims with alcohol containing sleeping pills, after which he

    ダーマーは被害者の一人に睡眠薬入りのアルコールを飲ませ、その後に

  • drilled a hole in the kid's head and injected hydrochloric acid. Like Nilsen, he had a thing

    その子の頭に穴を開けて塩酸を注入したんだ。ニルゼンのように、彼もまた

  • about people leaving him. Dahmer wanted to create his own kind of obedient zombie.

    人々が自分から離れていくことについて。ダーマーは自分なりの従順なゾンビを作りたかったのです。

  • The kid eventually escaped, only for three women to find him in the street looking very

    その子は結局逃げたのですが、3人の女性が路上でその子を見つけ、とても良い表情をしていました。

  • confused and distraught. They called the cops, but when the police turned up they didn't

    混乱して取り乱してしまった。彼らは警察を呼んだが、警察が現れたとき、彼らは

  • believe the women when they told them something was very wrong here. They believed Dahmer,

    ここでは何かが大きく間違っているという女性たちの言葉を信じたのです。彼らはダーマーを信じたのです

  • though, when he arrived on the scene and told them they'd just fallen out.

    とはいえ、現場に到着して「ただ落ちただけだよ」と言われても。

  • The police almost used the same words as cops had done in the Nilsen case. They wrote it

    警察は、ニルセン事件の時とほとんど同じ言葉を使った。彼らはそれを書いた

  • down as a “lover's quarrel”, even though blood could be seen around the victim's

    痴話喧嘩」で済まされたが、被害者の周囲には血痕が見られた。

  • backside. They helped walk the kid back to the apartment.

    後ろ姿。二人はその子をアパートまで送るのを手伝った。

  • One of the cops even noted how Dahmer's apartment smelled disgusting. That was because

    警官の一人は、ダーマーのアパートが嫌な臭いがすると指摘していた。それは

  • bodies were decomposing in there. It should also be said that Dahmer already had a criminal

    そこでは死体が腐敗していました。また、ダーマーはすでに犯罪者としての自覚を持っていたと言うべきでしょう。

  • record involving sexual deviancy. Dahmer killed the teenager shortly after.

    性的倒錯を伴う記録。ダーマーはその直後に10代の若者を殺害した。

  • With that in mind, we can come to the conclusion that some killers have evaded capture from

    このように考えていくと、ある殺人者は以下のようにして捕獲を逃れてきたという結論に達する。

  • time to time because of police discrimination. In both these cases, the cops either felt

    警察による差別が原因で、時々、このようなことが起こります。これらの両方のケースでは、警官はどちらかというと

  • uncomfortable with homosexual men or had outlandish preconceptions in regard to what goes on in

    同性愛者を苦手としていたり、世間知らずの先入観を持っていたりしていました。

  • the gay community. In Dahmer's case, he certainly should have

    ゲイ・コミュニティのためにダーマーの場合、確かに彼は

  • been on the police radar. He had a record and after arrests had been called a “sociopath

    彼には前科があります。彼には前科があり、逮捕された後は "社会病質者 "と呼ばれていました

  • withsadistic tendenciesby psychiatrists. They also said this man will strike again.

    精神科医は「サディスティックな傾向」を持つとしています。この男はまた襲うだろうとも言われている。

  • He did, but one drugged man survived the ordeal. Dahmer was arrested yet again, with the psychiatrist

    しかし、薬漬けにされた一人の男がその試練から生還したのです。ダーマーは再び逮捕され、精神科医の

  • this time saying he wasseriously disturbed, impulsive and dangerous.”

    今回は、「深刻な精神障害があり、衝動的で危険な状態」と述べています。

  • Still, Dahmer went back to the streets. He was only caught after one of his victims got

    それでも、ダーマーは再び路上に出た。彼が捕まったのは、被害者の一人が

  • away still in handcuffs and flagged down a cop car.

    手錠をかけられたままの状態で、パトカーを呼びました。

  • As for Dennis Nilsen, he didn't have a history of criminality and unlike Dahmer, from the

    デニス・ニルセンについては、彼には犯罪歴がなく、ダーマーと違って、からの

  • outside, he looked like a respectable office worker who just liked to spend a lot of time

    外見は、時間を過ごすのが好きなだけの立派なサラリーマンに見えました。

  • alone in his quiet, leafy, London suburb house. It did seem, though, that the police turned

    ロンドン郊外の静かで緑豊かな家に一人で住んでいた。しかし、警察は、そのようなことをしてはいけないと考えていたようです。

  • a blind eye when it seemed obvious that Nilsen had seriously assaulted someone. We should

    ニルゼンが誰かに深刻な暴行を加えたことが明らかになっても、見て見ぬふりをしていました。私たちは

  • also point out, in fairness to the cops, Nilsen did a pretty good job at disposing of the

    また、警官に公平に指摘すると、ニルセンはかなり良い仕事をして処分していた。

  • bodies...at the start at least. Because cops in London, and elsewhere for

    遺体...少なくとも最初はね。なぜなら、ロンドンやその他の地域の警官は

  • that matter, have been accused of such prejudice, they might at times have kept their distance.

    そのような偏見で非難されると、時には距離を置くこともあったかもしれません。

  • This could lead to negligence, and such stigmatization of the gay community could lead to serial

    怠慢につながる可能性があり、そのようなゲイコミュニティの汚名を着せられたことで、シリアル

  • killers getting away with crimes. We can't stress enough that keeping an open

    殺人者が罪を逃れるために私たちが強調したいのは、常にオープンであること。

  • mind is very important where serial killers are concerned.

    連続殺人犯の場合、心の持ち方はとても重要です。

  • Nilsen would likely have not been caught if he hadn't made a very big mistake. After being

    ニルゼンは、大きなミスを犯さなければ捕まらなかっただろう。その理由は

  • forced to move and not having a garden anymore to burn bodies, he had to make do with a flat

    引越しを余儀なくされ、死体を燃やす庭がなくなったため、アパートで生活することになった。

  • to dispose of his victims. He did his best to chop them up and liquefy them, but what

    犠牲者を処分するために、彼は彼は最善を尽くして彼らを切り刻み、液化しましたが、何が

  • he shoved down the drain led to some blockages. He was actually one of the tenants that called

    彼が排水口に押し込んだことで、いくつかの障害が発生しました。彼は実際に電話をかけてきたテナントの一人でした。

  • the landlord and said something has to be done about those blockages. When some workers

    このような閉塞状況をどうにかしなければならないと、家主に訴えた。何人かの労働者が

  • opened the drains they discovered something horrible, what looked and smelled like bits

    排水口を開けてみると、何か恐ろしいものを発見しました、それは、破片のようなもので、臭いもしました。

  • of rotting flesh. Nilsen actually went outside and told the guys it was likely discarded

    腐った肉のように。ニルゼンは実際に外に出て、廃棄された可能性が高いことを伝えました。