Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Two masked men wheel a tea chest down a dark, cobblestoned street in the city of Edinburgh,

    覆面をした2人の男が、石畳の暗い通りで茶箪笥を回している。

  • Scotland.

    スコットランド

  • Inside the chest is the body of a dead man.

    箪笥の中には男の死体が入っている。

  • The corpse is fresh, which means the two guys will get a tidy sum of cash for it.

    死体は新鮮だから、2人はまとまった現金を手に入れることができる。

  • The man who hands them the money is a renowned anatomist at a leading medical training school.

    彼らにお金を渡したのは、一流の医学養成学校の有名な解剖学者。

  • He knows what he's doing isn't exactly ethical, but in the name of medical science,

    彼は、自分のやっていることが倫理的に正しくないことを知っているが、医学の名の下にやっている。

  • he's prepared to bend a few rules.

    彼はいくつかのルールを曲げる用意があります。

  • What he doesn't know is the two guys aren't merely body snatchers, they are cold-hearted

    彼が知らなかったのは、2人の男が単なるボディ・スナッチャーではなく、冷酷な人間だということだった。

  • killers.

    殺し屋。

  • Before we come back to those two fiends, let us first explain to you why a globally recognized

    その2人の話に戻る前に、まずは世界的に認められた

  • scientist would be buying dead bodies from criminals.

    科学者は犯罪者から死体を買うことになる。

  • In Britain, in the 18th-century, people could be executed for what might now seem like pretty

    18世紀のイギリスでは、今ではごく当たり前のことでも処刑されていました。

  • trivial things.

    些細なことでも

  • For example, under the Waltham Black Act of 1723, a person who was found to have purposefully

    例えば、1723年に制定されたウォルサムブラック法では、意図的に行ったと認められた者は

  • blackened their face could be sentenced to death.

    顔を真っ黒にすると、死刑になることもあります。

  • That's because the government thought poaching was becoming a big problem, and the poachers

    それは、密猟が大きな問題になっていると考えた政府が、密猟者たちに

  • sometimes tried to evade being spotted by putting black stuff on their faces.

    時には顔に黒いものを塗って目立たないようにすることもあった。

  • After these new laws were introduced, a person could also be executed for fishing, destroying

    この新法が導入されてからは、釣りをしたり、破壊したりしても処刑されるようになりました。

  • a fish pond or some trees, or even setting fire to some hay.

    池や木に火をつけたり、干し草に火をつけたり。

  • These kinds of tough-on-crime measures became known as part of theBloody Code”, and

    このような犯罪に対する厳しい措置は、「ブラッディコード」の一部として知られるようになった。

  • by the time the 19th century rolled around a person could be put to death for a whopping

    19世紀に入ると、1人の人間がたった1つの罪で死刑になってしまう。

  • 220 different offenses, including petty theft if the value of the goods was high enough.

    220種類の犯罪があり、商品の価値が高ければ小額の窃盗も含まれる。

  • When the Murder Act of 1752 was introduced, there were quite a few executions every year.

    1752年の殺人法が導入された頃は、毎年かなりの数の死刑執行が行われていた。

  • What this law meant was that someone convicted of murder could be sentenced to death and

    この法律が意味するところは、殺人罪で有罪判決を受けた人は、死刑判決を受けても

  • also what was calledpunitive dissection”, meaning their bodies by law could be opened

    また、「懲罰的解剖」といって、法律で遺体を開くことができるようになっていました。

  • up after death by medical experts who worked in the growing discipline of anatomy.

    死後は、成長している解剖学の分野で働いていた医学の専門家によって取り上げられました。

  • According to historians, once that person had been hanged medical students would stand

    歴史家によると、その人が絞首刑になると、医学生は立って

  • around at the bottom of the gallows arguing over who had the right to take the body.

    絞首台の下で、誰が遺体を引き取る権利があるのかを議論していたのです。

  • Bodies were in huge demand, but even with the strict laws there just weren't enough

    遺体は非常に需要がありましたが、厳しい法律をもってしても足りませんでした。

  • of them.

    のです。

  • The problem was made worse in the 19th century because fewer people were being handed the

    この問題は、19世紀になってから、手にする人が減ったために悪化しました。

  • death sentence.

    の死刑判決を受けました。

  • This was mostly a result of the Death Act of 1823, which made it so judges could pass

    これは、1823年に制定された「死の法」によって、裁判官は、「死の法」を成立させることができるようになったためです。

  • lesser sentences than death for various crimes.

    様々な犯罪に対して、死刑よりも軽い刑罰を与えることができます。

  • This didn't bode well for the anatomists, who even though were making breakthroughs

    これでは、解剖学者にとっては、画期的な進歩があっても

  • in surgery, didn't have enough bodies to work on.

    の手術では、体の数が足りませんでした。

  • The government wasn't serving up enough quality cadavers, and that led to some enterprising

    政府は十分な品質の死体を提供していなかったので、一部の進取の気性に富んだ人たちが

  • people stealing bodies.

    人が体を盗む。

  • These people were known as resurrectionists or body snatchers.

    これらの人々は、「復活主義者」や「遺体泥棒」と呼ばれていた。

  • In the middle of the night, they'd turn up at a graveyard to dig up the recently deceased.

    夜中に墓地に現れては、亡くなったばかりの人を掘り起こす。

  • They'd then deliver the body to the medical school and collect their payment.

    そして、その遺体を医学部に届け、代金を回収するのである。

  • The public didn't like knowing their deceased loved one might be taken and subsequently

    一般の人々は、亡くなった人が誘拐されるかもしれないということを嫌っていました。

  • cut to pieces on a cold slab, so they did what they could to protect the grave.

    冷たい板の上で切り刻まれていたので、お墓を守るためにできることをしたのです。

  • That meant sometimes hiring guards for the burial site if they had the money to do so,

    つまり、お金があれば埋葬場所の警備員を雇うこともあったのです。

  • or for less cash, hiring a huge slab that could be placed over the grave until the body

    または、より少ない資金で、遺体が出るまで墓の上に置くことができる巨大なスラブを雇う。

  • was decomposed enough to not be of any use to the anatomists.

    と言っても、解剖学者には役に立たないほど腐敗していた。

  • The size of this problem can't be understated.

    この問題の大きさは控えめに言ってもわかりません。

  • One body-snatching outfit alone, known as the London Burkers, admitted in 1831 to robbing

    ロンドン・バーカーズと呼ばれるあるボディ・スナッチ集団は、1831年に強盗を認めました。

  • and selling in the region of 1000 bodies.

    と、1000体規模で販売しています。

  • The money was good, too, with a corpse generally fetching around 10 pounds once delivered to

    お金も良くて、死体は大体、10ポンドくらいで届けられていました。

  • the medical school.

    メディカルスクールの

  • Looking at currency calculators, that meant a body was worth about 1,000 pounds in today's

    通貨計算機で計算すると、1体の価値は現在の貨幣価値で約1,000ポンドとなる。

  • money.

    のお金を使っています。

  • That's about $1,400.

    約1,400円です。

  • The price for a body sometimes depended on the season.

    胴体の値段は季節によって変わることもあった。

  • Bodies in winter paid more because they were generally less decomposed.

    冬の遺体は、一般的に分解が進んでいないため、より多くの金額が支払われました。

  • There were enough people willing to take the risk of stealing bodies when that amount of

    の量が増えれば、死体を盗むリスクを負うことを厭わない人が十分にいた。

  • money was involved, and there were always enough autonomists willing to turn a blind

    お金があれば、見て見ぬふりをしてくれる自律主義者が常にいた。

  • eye to crime.

    犯罪への目

  • But with the public getting so good at protecting gravesites, a crisis occurred.

    しかし、一般の人がお墓を守るのが上手になったことで、危機が訪れました。

  • That crisis was felt in the city of Edinburgh, which was one of the most pioneering places

    その危機感は、最も先駆的な場所の一つであったエジンバラの街にも伝わっていた。

  • on the planet when it came to the study of anatomy.

    解剖学の研究に関しては、地球上で最も優れた研究者でした。

  • One of the leading anatomists was Robert Knox, a man who regularly wooed hundreds of medical

    代表的な解剖学者の一人であるロバート・ノックスは、何百人もの医学者を定期的に口説いてきた人物である。

  • students when he lectured on anatomy at the Royal College of Surgeons.

    ロイヤル・カレッジ・オブ・サージャンで解剖学の講義をしていたときの学生たち。

  • Almost every day he dissected bodies in front of a crowd of students and that work led to

    ほとんど毎日、大勢の学生の前で遺体を解剖し、その仕事がきっかけで

  • some amount of fame, as well as progress in the field of anatomy.

    ある程度の名声を得て、解剖学の分野でも進歩を遂げた。

  • As we said, though, there just weren't corpses for this groundbreaking work.

    やはり、この画期的な作品のための死体はありませんでした。

  • That's how Knox got to know two guys named William Burke and William Hare.

    そうしてノックスは、ウィリアム・バークとウィリアム・ヘアーという2人の男と知り合ったのである。

  • These were two industrious lads who'd both come from the tough streets of Ireland and

    勤勉な2人の若者は、ともにアイルランドの厳しい街から来ていた。

  • later moved to Scotland.

    後にスコットランドに移る。

  • They would also become known as serial killers.

    また、彼らはシリアルキラーと呼ばれるようになる。

  • This is a little rhyme that Scottish people would sometimes recite after the two were

    これは、スコットランドの人たちが、二人になった後に時々唱えていた小さな韻を踏んだものです。

  • caught: “Up the close and doon the stair,

    をキャッチしました。"Up the close and doon the stair,

  • But and ben' wi' Burke and Hare.

    でも、Burke and Hareには興味があります。

  • Burke's the butcher, Hare's the thief, Knox the boy that buys the beef.”

    バークは肉屋、ヘアーは盗人、ノックスは牛肉を買う少年」。

  • They became friends in 1827 after Burke had moved into the lodging house that Hare owned

    1827年、バークがヘアーの所有する下宿に移り住んでから、二人は友人になった。

  • with his lover, Margaret Laird, also known as Margaret Hare even though they weren't

    恋人のマーガレット・レアード(通称マーガレット・ヘアー)との間には何の関係もありませんでした。

  • legally married.

    法律上の結婚

  • It's likely the two men had previously met while working on the Union Canal.

    二人はユニオン運河での作業中に出会ったことがあったようだ。

  • They drank a lot and they got a bit of a reputation for being wayward.

    彼らはよく酒を飲み、ちょっとした評判になっていました。

  • This is how one historian described Hare, “Illiterate and uncouth—a lean, quarrelsome,

    ある歴史家はヘアーをこう表現しています。「文盲で野暮ったく、痩せていて、喧嘩っ早い。

  • violent and amoral character with the scars from old wounds about his head and brow.”

    頭と眉間に古傷を持つ、暴力的で非道徳的なキャラクター」。

  • The same year they both met, an army pensioner named Donald died in the lodging house.

    二人が出会った同じ年に、ドナルドという陸軍の年金生活者が下宿先で亡くなった。

  • It was a bad time to go, for Hare at least.

    少なくともヘアーにとっては最悪のタイミングだったと思います。

  • Donald owed him quite a bit of back rent, so over a bottle of whisky Burke and Hare

    ドナルドは彼にかなりの裏金を借りていたので、バークとヘアーはウィスキーのボトルを飲みながら

  • discussed the possibility of selling Donald's body to the medical school.

    ドナルドの遺体を医学部に売ることを検討していた。

  • They then bought a coffin and filled it with bark, after which it was taken to the graveyard

    そして、棺を買ってきて、樹皮を詰めて、墓場に持っていきました。

  • for burial.

    埋葬のために

  • The two took the body to Edinburgh University where they'd heard they would be able to

    2人は遺体をエジンバラ大学に運び、そこでは

  • find a buyer.

    買い手を見つける。

  • At first, they asked for Alexander Monro, someone who was said to be a rival of Mr.

    最初はMr.のライバルと言われていたアレキサンダー・モンローを頼んでいた。

  • Knox, although history tells us he wasn't half as talented.

    ノックスは、歴史的に見ても才能は半減していました。

  • It was a student that told the guys to head over to Surgeon's Square where they'd find

    それは、ある学生が男たちに「外科医の広場に行ってみなさい」と言ったからだ。

  • Knox.

    ノックス。

  • They did just that and were paid seven pounds 10 shillings for the corpse.

    その結果、7ポンド10シリングの報酬を得ることができた。

  • Hare took a little bit more of the bounty to cover what he'd lost on the dead man's

    懸賞金を少し多めにもらったヘアーは、死んだ男の分の損失をカバーするために

  • rent.

    のレンタルです。

  • On the way out, one of Knox's assistants said, “We would be glad to see you again

    帰り際、ノックスのアシスタントの一人が「またお会いできたら嬉しいです」と言ってくれた。

  • when you have another to dispose of.”

    処分したいものがあるときに」。

  • This was some windfall for the two guys, and they knew there and then that they could make

    これは、2人の男にとっては風前の灯火であり、彼らはその場で「自分たちはこのようなことができる」と確信した。

  • a lot more money.

    はもっとたくさんのお金を使っています。

  • All they needed was bodies, but as you know, graves were already very hard to rob since

    死体さえあればいいのですが、ご存じのように、お墓を奪うことはすでに困難になっていました。

  • families had started taking security seriously.

    家族が真剣にセキュリティに取り組むようになった。

  • They got their chance to supply Knox with another body when a man staying at the lodging

    宿泊していた男性が、ノックスに別の体を提供する機会を得たのだ。

  • house became ill.

    の家が病気になりました。

  • His name was Joseph, and while he wasn't deathly ill, he soon looked that way after

    彼の名前はジョセフで、死にかけてはいなかったが、すぐにそのように見えてしまった。

  • Hare and Burke plied him with enough whisky to make an elephant stumble.

    ヘアーとバークは、象がよろめくほどのウイスキーを彼に飲ませた。

  • They then suffocated the poor drunken man by holding a pillow over his nose and mouth.

    そして、酔いつぶれた男の鼻と口に枕を当てて窒息させたのである。

  • Their method of killing worked out well for them, because it looked as though the deceased

    彼らの殺害方法は、亡くなった人のように見えるので、彼らにとっては好都合でした。

  • may have passed away from natural causes.

    は、自然に亡くなったのかもしれません。

  • Since the man had already been somewhat sick, his death didn't raise any suspicions.

    その人はすでに病気を患っていたので、その死は何の疑いも持たれなかった。

  • In fact, experts later wrote that the murder would have beenpractically undetectable”.

    実際、専門家は後に、この殺人は「実質的に検出できなかった」と書いている。

  • They received ten pounds for the corpse.

    死体の対価として10ポンドを受け取った。

  • This is how the pair would kill other people, a method that would end up coming to be known

    このようにして、二人は人を殺していた。

  • asburking.”

    "BURKING "と呼ばれています。

  • That's how the guys in England got the name theLondon Burkers, because they robbed

    イギリスでは、強盗をしていたことから「ロンドン・バーカーズ」と呼ばれるようになったそうです。

  • graves and also murdered people.

    お墓を作ったり、人を殺したり。

  • Historians don't agree about who died next at the hands of Hare and Burke.

    ヘアーとバークの手によって次に誰が死んだかについては、歴史家の間でも意見が一致していない。

  • It could have been an elderly woman named Abigail Simpson, or it could have been a guy

    アビゲイル・シンプソンという年配の女性だったかもしれないし、男性だったかもしれない。

  • from England who was up in Scotland selling matches when he got a case of jaundice.

    イングランド出身の彼は、スコットランドでマッチを売っていた時に黄疸が出てしまったのだ。

  • It seems again the pair took advantage of the sick man and when they saw an opportunity,

    またしても二人は病人を利用し、機会を見計らっていたようだ。

  • Burke lay on the man's body while Hare suffocated him, this time with his hands.

    バークは男の体に横たわり、ヘアーは今度は手で男を窒息させた。

  • Yet again, the guys turned up where Knox worked and collected their cash.

    しかし、またしてもノックスの仕事場に男たちが現れ、現金を回収した。

  • As for Simpson, she being elderly was easy prey.

    シンプソンにしてみれば、高齢の彼女は格好の餌食だった。

  • She was a frail pensioner who was in Edinburgh trying to raise some cash by selling salt.

    彼女は体の弱い年金生活者で、エジンバラで塩を売って現金を調達しようとしていた。

  • On 12 February 1828, she made the fatal mistake of agreeing to go back to the lodging house

    1828年2月12日、彼女は下宿に戻ることを承諾してしまうという致命的なミスを犯してしまった。

  • with the pair, after which they plied her with copious amounts of whisky.

    その後、二人は彼女に大量のウイスキーを飲ませたという。

  • She was subsequentlyburked.”

    その後、彼女は "Burked "となった。

  • They then hid the body in a tea chest and took it to Knox, who it seems was very happy

    その後、遺体を茶箪笥に隠してノックスに渡したところ、ノックスはとても喜んだそうです。

  • about its fresh state.

    その新鮮な状態について

  • Burke would later say, "Dr. Knox approved of its being so fresh ... but he did not ask

    バークは後に、「ノックス博士はその新鮮さを認めたが、彼は尋ねなかった」と語っている。

  • any questions.”

    any questions" です。

  • That was the thing with some doctors, they turned a blind eye to people breaking the

    それは、一部の医師のことで、彼らは、人々の違反を見て見ぬふりをしていました。

  • law in the name of medical science, although it should be noted that Knox had no idea he

    医学の名の下に法律を作っていたのですが、ノックスはそのことを知らなかったのです。

  • was collecting murdered people.

    は殺された人を集めていた。

  • Soon after the murder of Simpson, Margaret Hare lured another woman into the house and

    マーガレット・ヘアーは、シンプソン殺害後すぐに、別の女性を家の中に誘い込んで

  • gave her non-stop glasses of whisky, after which Mr. Hare came home and killed her as

    ウイスキーを何杯も飲ませた後、ヘアーさんが帰ってきて、彼女を殺してしまいました。

  • she was passed out.

    彼女は気絶していた。

  • That was another 10 pounds in the bank.

    これで、さらに10ポンドの貯金ができた。

  • Just weeks later, Burke was out in the city when he met two women by the names of Mary

    その数週間後、街に出たバークは、メアリーという名の2人の女性と出会った。

  • Paterson and Janet Brown.

    パターソンとジャネット・ブラウン

  • They drank heavily in a tavern and then went back to Burke's brother's house for more

    二人は酒場で大いに飲んだ後、バークの兄の家に戻ってさらに

  • whisky.

    ウイスキーです。

  • Burke's wife then turned up and a fight broke out after she accused him of having

    そこにバークの妻が現れ、バークの妻がバークを非難して喧嘩になったのだ。

  • intimate relations with Brown.

    ブラウンとの親密な関係。

  • At this point, Patterson was passed out drunk.

    この時点で、パターソンは酔っ払っていた。

  • Brown left soon after.

    その後、ブラウンはすぐに帰国した。

  • Burke's wife left and went to get Hare, who turned up at the house with Margaret.

    バークの妻はその場を離れ、ヘアーを迎えに行った。ヘアーはマーガレットを連れて家に現れた。

  • The two men then locked their wives in one room and killed Patterson in another room.

    その後、2人は妻を1つの部屋に閉じ込め、別の部屋でパターソンを殺害した。

  • They took her body straight to Knox, which prompted one of Knox's assistants to ask

    彼女の遺体をそのままノックスのところに持っていったので、ノックスのアシスタントの一人がこう尋ねた。

  • how they'd gotten hold of a corpse that was still warm.

    まだ温かい死体をどうやって手に入れたのだろうか。

  • The two men said they'd bought it from an old woman and that the deceased had drunk

    2人は、老婆から買ったと言い、故人が飲んだのは

  • herself to death, which seemed believable given the smell of whisky that emanated from

    から発せられたウィスキーの匂いを考えると、それは信じられそうなことでした。

  • her.

    彼女の

  • Knox didn't mind.

    ノックスは気にしなかった。

  • It was said that he was over the moon about getting such an excellent cadaver.

    このような優れた死体を手に入れたことで、彼は大喜びしたと言われています。

  • He stored it in a vat of whisky and dissected it three months later.

    彼はそれをウイスキーの桶に保存し、3ヶ月後に解剖した。

  • The next victim was an old woman named Mrs. Haldane.

    次に犠牲になったのは、ハルデン夫人という老婦人だった。

  • Yet again, she was plied with whisky and the deed was done when she was barely conscious.

    また、彼女はウイスキーを飲まされ、ほとんど意識がない状態で犯行に及んだ。

  • Believe it or not, that woman's daughter later stayed at the lodgings and she was also

    信じられないかもしれないが、その女性の娘さんが後に宿に泊まり、その娘さんも

  • murdered, and then sold for 10 pounds.

    殺害された後、10ポンドで販売されました。

  • A woman named Effy was next.

    次はエフィという女性だ。

  • She was something of a scavenger and knew Burke from selling him bits of old leather

    彼女は廃品回収業者のようなもので、バークとは古い革の切れ端を売って知り合いだった。

  • she'd found in people's trash.

    人のゴミ箱から見つけてきた。

  • Not too long after she was dead and on Knox's slab, Burke was walking in the street when

    彼女が死んでノックスのスラブに置かれてから間もなく、バークが道を歩いていると

  • he saw a policeman trying to help a drunk woman who couldn't walk right.

    酔っぱらって歩けなくなった女性を助けようとする警察官の姿を見た。

  • Burke kindly offered to help, telling the cop he'd take care of her.

    バークは「彼女のことは任せてください」と親切に対応してくれた。

  • He did, but in the way he'd taken care of other women.

    彼は、他の女性に気を配るようにしていた。

  • The next murders were unique in that they were a double slaying.

    次の殺人事件は、二人殺しというユニークなものだった。

  • They killed a grandmother and her grandson while they were staying at the lodging house.

    下宿に泊まっていた祖母とその孫を殺した。

  • They killed the woman in an upstairs bedroom, and then went down for the boy.

    2階の寝室で女性を殺し、その後、少年を取りに行った。

  • Burke later said he always felt haunted by the expression on the boy's face just before

    後にバークは、この時の少年の表情にいつも心を奪われていたと語っている。

  • they killed him.

    彼らは彼を殺した。

  • Two people couldn't fit in the tea chest, so this time they used a herring barrel to

    茶箪笥には2人が入りきらないので、今度はニシンの樽を使って

  • take the bodies to Surgeons' Square.

    サージョンスクエアに遺体を運ぶ。

  • That was too big for the horse, which refused to move.

    それは馬には大きすぎて、動こうとしなかった。

  • They managed to flag down a cart and hitch a ride with that, but the poor horse was later

    なんとか車を見つけて乗せてもらいましたが、かわいそうなことにその馬はその後

  • shot by Hare.

    Hareによるショット。

  • Knox paid them eight pounds for each corpse.

    ノックスは、死体1体につき8ポンドを支払った。

  • As often happens in criminal enterprises, the two men later fell out.

    犯罪組織ではよくあることだが、2人はその後仲違いしてしまった。

  • Burke had been out of town for a while and when he returned he discovered Hare looking

    バークはしばらく街を離れていたが、戻ってきたときにヘアーが見ているのを発見した。

  • like he'd just come into money.

    まるでお金を手に入れたばかりのように。

  • Burke accused Hare of selling bodies behind his back, which Hare denied.

    バークは、ヘアーが自分に隠れて死体を売っていると非難したが、ヘアーはそれを否定した。

  • A quick trip to see doctor Knox proved to Burke that Hare had indeed done a bit of moonlighting

    ドクター・ノックスに会いに行くと、バークはヘアーが確かにムーンライトをしていたことを知った。

  • and the two got into a fistfight.

    と言って、2人は殴り合いの喧嘩をしました。

  • Burke moved out of the lodging house after that, but the two men soon made up and started

    バークはその後、下宿を出て行ったが、2人はすぐに仲直りしてスタートした。

  • killing again.

    また殺す。

  • On a trip to visit Burke at his house, the two had some drinks when the washerwoman,

    バークの家に遊びに行った際、2人で酒を飲んでいると、洗濯婦が現れた。

  • Mrs. Ostler, turned up.

    オスラー夫人、仰け反る。

  • The men gave each other a knowing look and proceeded to murder her.

    男たちは、お互いに知った顔をして、彼女を殺しにかかった。

  • She was sold for eight pounds.

    彼女は8ポンドで売られた。

  • Not long after, Burke's wife's relative, Ann Dougal, came to stay.

    程なくして、バークの妻の親戚であるアン・ドーガルが滞在するようになった。

  • It wasn't the best of trips for her.

    彼女にとっては、最高の旅ではなかった。

  • She was worth 10 pounds.

    彼女は10ポンドの価値があった。

  • Their next victim was much more of a handful.

    次の犠牲者は、もっと手のかかる人だった。

  • He was an 18-year boy named James Wilson who had deformed feet and some mental issues.

    彼はジェームス・ウィルソンという18歳の少年で、足が変形しており、精神的な問題も抱えていた。

  • He lived on the streets and begged, and was fondly known to people asDaft Jamie.”

    路上生活や物乞いをしていた彼は、人々から "ダフト・ジェイミー "という愛称で親しまれていた。

  • Hare and Burke met Jamie on the street and told him there was free food and whisky back

    ヘアーとバークは路上でジェイミーに会い、無料の食べ物とウイスキーが戻ってくると言った。

  • at the lodging house.

    下宿先で

  • This kid was strong and he could handle his booze, plus he preferred snuff to the drink.

    この子は体力があり、酒にも強く、さらに酒よりもスナッフを好んでいました。

  • Hare and Burke did eventually manage to kill the boy, but not without incurring some cuts

    ヘアーとバークは最終的に少年を殺すことに成功したが、いくつかの傷を負うことになった。

  • and bruises.

    とあざ笑う。

  • The thing was, Jamie was well known in the city.

    それは、ジェイミーが街でよく知られているということだった。

  • When the men delivered the body, Knox gladly paid them the cash, but some of the students

    男たちが遺体を届けたとき、ノックスは喜んで現金を支払ったが、学生の中には

  • said they knew the kid and he was alive and well not long ago.

    は、その子を知っていて、少し前まで生きていたと言っていました。

  • Seeing a threat on the horizon, Knox cut off his head and feet.

    脅威を察知したノックスは、頭と足を切り落とした。

  • He then dissected the body even though he had others on the list to do before it.

    そして、その前にやるべきことがあるにもかかわらず、その死体を解剖してしまった。

  • Knox was acting like a guilty man, but he wasn't going to give up paying those very

    ノックスは、まるで罪人のように振る舞っていたが、それらを支払うことを諦めようとはしなかった。

  • reliable men.

    頼もしい男たち。

  • Burke then met a woman named Margaret Docherty.

    バークはその後、マーガレット・ドカティという女性と出会った。

  • Since he was born and raised in Ireland he used this to get on the good side of Mrs.

    彼はアイルランドで生まれ育ったので、それを利用して夫人のいいなりになっていた。

  • Docherty who was also from Ireland.

    同じくアイルランド出身のドカティ。

  • It didn't take long for him to convince her to go to his place for some drinks.

    そして、すぐに「自分の家で飲もう」と言ってくれたのだ。

  • Hare also came around, as did the two wives, and merriment ensued over hours of many, many

    ハレもやってきて、2人の奥さんもやってきて、何時間も何時間も歓談が続いた。

  • drinks.

    のドリンクを提供しています。

  • That was the downfall of Mrs. Docherty.

    それが、ドカティ夫人の破滅だった。

  • They killed her and then hid the body in some straw.

    彼らは彼女を殺して、その死体を藁の中に隠した。

  • That worked out badly for the killers because the next day some lodgers also staying at

    その結果、犯人にとっては最悪の事態となった。

  • the house discovered the body of Docherty and noticed that she had been beaten up.

    家の中でドチャーティの遺体を発見し、彼女が殴られていることに気づいた。

  • They went straight to the cops, but by the time they arrived at the house, Hare and Burke

    彼らは警察に直行したが、家に着いた時にはヘアーとバークは

  • had already sold the body to Knox.

    は、すでに死体をノックスに売っていた。

  • Still, the police found bloodstained sheets at the house.

    それでも、警察は家の中から血のついたシーツを見つけた。

  • Then, when they went to Knox's place and found Docherty's body on a dissection table.

    そして、ノックスのところに行って、解剖台の上にドカティの遺体を見つけたときのこと。

  • The lodgers confirmed that it was her