Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • July 28, 1794.

    1794年7月28日のことです。

  • At around 2 a.m. men storm into thetel de Ville in Paris, France.

    午前2時頃、フランス・パリのホテル・ド・ヴィルに男たちが押しかけてきました。

  • Revolutionary leader Maximilien Robespierre, along with some of his most ardent followers,

    革命家マクシミリアン・ロベスピエールとその熱烈な支持者たち。

  • is arrested.

    が逮捕されます。

  • As to what happens next has been a matter of debate, but an injured Robespierre is dragged

    その後の展開については議論の余地がありますが、負傷したロベスピエールは引きずられていきます。

  • out of the hotel.

    ホテルの外に出た。

  • He and the rest of his followers are summarily found guilty and subsequently whisked off

    彼をはじめとする信者たちは、あっさりと有罪とされ、その後連れ去られてしまう。

  • to the Place de lavolution.

    からPlace de la Révolutionへと移動します。

  • As he's brought up to the scaffold, his face a swollen mess, mobs in the street scream

    腫れ上がった顔で足場に運ばれると、通りにいた暴徒が叫ぶ。

  • out their hatred for him.

    彼への憎しみを表している。

  • When the guillotine blade falls down on his neck those crowds cry out in jubilation, and

    彼の首にギロチンの刃が落ちると、群衆は歓喜の声を上げて

  • they don't stop cheering for almost a quarter of an hour.

    彼らは25分近くも歓声を絶やさない。

  • Had you been able to fast-forward in time from 1793 and watch this scene you would have

    もし、あなたが1793年から時間を早送りしてこのシーンを見ていたら、あなたは

  • rightly felt perplexed.

    困惑していた。

  • This man who lost his head was hailed as the King of the French Revolution.

    頭を失ったこの男は、フランス革命の王と称された。

  • He was calledThe Incorruptible”, a selfless man that had fought for a people who'd been

    彼は "The Incorruptible "と呼ばれていました。

  • oppressed for centuries by the wicked tyranny of the rich and powerful.

    何世紀にもわたって、金持ちや権力者の邪悪な専制政治によって虐げられてきました。

  • So, what had gone wrong?

    では、何が悪かったのか?

  • Well, the Reign Of Terror happened, a year of chaos in which blood spilled all over France.

    恐怖政治が起こり、フランス中に血が飛び散った混乱の1年だった。

  • In his moving speeches Robespierre called for virtue, but that, he admitted, came at

    感動的なスピーチでロベスピエールは美徳を訴えたが、それには美徳が必要だと認めたのだ。

  • a cost.

    コストです。

  • Not everyone saw eye-to-eye with Robespierre.

    誰もがロベスピエールと目を合わせたわけではない。

  • He and his allies accused many people of not adhering to the revolutionary vision, and

    彼とその仲間たちは、多くの人々が革命のビジョンを守っていないと非難し

  • a zero-tolerance policy was taken towards them.

    彼らに対しては、ゼロ・トレランス・ポリシーがとられた。

  • As you'll see in this video, many who were slaughtered during this reign of terror were

    このビデオでご覧いただけるように、このテロの支配下で虐殺された多くの人々は

  • innocent, which is why the great orator of the revolution was finally cut down himself.

    革命の偉大な演説者が、最後には自らの手で切り捨てられたのは、このような理由からであった。

  • But let's go back to the start, when the terror was just fomenting.

    しかし、話を最初に戻しましょう。テロが発生したばかりの頃です。

  • The terror itself was something called the Committee of Public Safety, which was a provisional

    恐怖そのものは、公安委員会という暫定的なものであった。

  • government formed around four years after the Storming of the Bastille on July 14, 1789,

    1789年7月14日のバスティーユの嵐から約4年後に成立した政府。

  • when the French Revolution got off its feet.

    フランス革命が軌道に乗った頃。

  • In the years that followed, governing France was a complicated matter.

    それからの数年間、フランスの統治は複雑なものとなった。

  • The country was beset by war with other countries and internally there was so much strife Civil

    国は他国との戦争に巻き込まれ、国内でも争いが絶えなかった。

  • War was on the cards.

    戦争が始まったのである。

  • So, in 1793, the Committee of Public Safety was set up and Robespierre soon became head.

    そこで、1793年に公安委員会が設置され、すぐにロベスピエールが委員長になった。

  • The committee promised to protect France from its many foreign enemies.

    この委員会は、フランスを多くの外敵から守ることを約束した。

  • It also said that any internal dissent would quickly be quashed.

    また、社内の反対意見はすぐに潰されるという。

  • The committee had no qualms about admitting that to dissuade people from criticizing or

    委員会は、批判を思いとどまらせるために、それを認めることに何の抵抗もなく、また

  • going against their revolutionary ideals, folks would have to die.

    彼らの革命的な理想に反すると、人々は死ななければならない。

  • This message was explicit, not implicit.

    このメッセージは、暗黙の了解ではなく、明示的なものでした。

  • It's a complex story, but you need to know that Robespierre and his allies supported

    複雑な話ではありますが、ロベスピエールとその同盟者たちが、日本での活動を支援していたことを知っておく必要があります。

  • a centralized republican state, something aligned with a movement called Jacobinism.

    中央集権的な共和制国家で、ジャコビニズムと呼ばれる運動に沿ったものです。

  • The thing was, the Jacobin philosophy was if you're not with us, you're against

    つまり、ジャコバンの哲学は、我々と一緒にいなければ、反対者であるというものでした。

  • the revolution and a threat to thevirtuethey wanted to install.

    革命を起こし、彼らが導入しようとしている「美徳」を脅かす存在である。

  • There was little or no room for criticism, so left-wing politics and a progressive outlook

    批判される余地がほとんどなかったので、左翼的な政治や進歩的な考え方が

  • became a kind of dictatorship.

    は、一種の独裁者となった。

  • The committee told the people in no uncertain terms that it would rule by terror.

    この委員会は、人々に「テロによる支配」をはっきりと告げた。

  • That might sound strange to you viewers right now since the word has so many negative connotations,

    この言葉にはネガティブな意味合いが多く含まれているので、今ご覧になっている皆さんには不思議に聞こえるかもしれません。

  • but for those Jacobins on the committee, if you wanted to make an omelet, a country where

    しかし、委員会のジャコバンたちにとっては、オムレツを作りたいと思ったら、その国では

  • virtue flourished, a few bad eggs had to be broken.

    美徳が栄えるためには、いくつかの悪い卵を壊さなければならない。

  • Robespierre didn't just see bad eggs in the streets machinating against his revolutionary

    ロベスピエールは、街中の悪ガキたちが自分の革命を阻止しようとしているのを見ただけではない。

  • ideals, but he feared his own military commanders might defect.

    しかし、彼は自分の軍の指揮官が離反することを恐れていた。

  • In time, he would also see bad eggs in his own government.

    やがて彼は、自分の政府の中にも悪い卵を見ることになる。

  • Ok, so that sets the scene.

    さて、ここからが本題です。

  • There was lots of paranoia and a lot of disgruntled people in France, some of whom had little

    フランスではパラノイアが蔓延し、不満を持った人々が大勢いた。

  • to eat.

    を食べることができます。

  • That didn't bode well for harmony and solidarity.

    これでは、調和や連帯感は得られない。

  • The beginning of the terror in France was arguably when theLaw of Suspectscame

    フランスでのテロの始まりは、間違いなく「容疑者の法則」が登場した時である。

  • into effect.

    を発効させます。

  • This would weed outthe enemies of the revolution”, many of whom would take their

    そうすれば、「革命の敵」は淘汰され、多くの人が自分の身を守ることができる。

  • last breath as the blade of the guillotine fell down on their neck.

    ギロチンの刃が彼らの首に落ちてくると、最後の息が始まる。

  • The members of the public who stood and listened to Robespierre talk about the enemies of the

    の敵について語るロベスピエールの話を、立って聞いていた一般市民は

  • revolution were now encouraged to do a bit of weeding out themselves, so at times men

    革命のためには、自分たちで少しずつ草取りをすることが奨励されていたので、時には男性が

  • and women were beaten to death in the streets by mobs.

    と女性が暴徒に殴られて死んだ。

  • Not only that, people snitched on others to get them out of the way.

    それだけでなく、人々は他人を密告して邪魔をした。

  • Meanwhile, Surveillance Committees were created to keep tabs on anyone who could be deemed

    その一方で、監視委員会が設置され、「この人は何をしているのだろう」と思われる人を監視していました。

  • a traitor.

    裏切り者です。

  • As happened later in totalitarian governments that popped up around the world, the public

    後に世界各地で誕生した全体主義政権でもそうだったが、国民は

  • was also asked to carry around a card that certified they were not traitors or wrongdoers

    また、裏切り者や不正者ではないことを証明するカードを持ち歩くことも求められました。

  • in the eyes of the revolution.

    革命の目には

  • This was called, theCertificate of Civism.”

    これは「シビズムの証明書」と呼ばれていました。

  • Not having one on your person could lead to trouble.

    身につけていないとトラブルの原因になります。

  • Ironically, the law decreed that anyone who had been found out as anenemy of freedom

    皮肉なことに、この法律は、"自由の敵 "であることが判明した者には

  • could be arrested and summarily executed, even if they were only critical of the revolutionary

    革命に批判的なだけの人でも、逮捕されて即刻処刑される可能性がある。

  • cause.

    の原因となっています。

  • Many others were killed because they were deemed to be nobles who had not committed

    他にも多くの人が、罪を犯していない貴族とみなされて殺された。

  • enough time to support the revolution.

    革命を支援するための十分な時間がある。

  • It's anyone's guess just how many people were arrested under this law, but the number

    この法律で何人の人が逮捕されたかは誰にもわかりませんが、その数は

  • given by some scholars is 500,000.

    500,000とする学者もいる。

  • While the number of official executions was close to 17,000, that doesn't count how

    公式の死刑執行数は1万7,000人に迫る勢いだったが、それだけでは数えきれない。

  • many people were just killed in the street by the authorities or by mobs.

    多くの人々が、当局や暴徒によって路上で殺されたのです。

  • Then there were those who perished in the prisons where food was scarce and disease

    また、食料が不足し、病気が蔓延する牢獄で命を落とした人たちもいた。

  • was rife.

    が蔓延していた。

  • The number of prisoners who died while incarcerated has been put at 10,000.

    収容中に死亡した囚人の数は1万人と言われている。

  • As for demographics, it's said 8 percent who died were aristocrats, 14 percent were

    亡くなった人の属性としては、8%が貴族、14%が貴族と言われています。

  • middle class, and 72 percent were workers or peasants.

    中産階級、そして72%が労働者や農民でした。

  • A further 6 percent were clergy.

    さらに6%は聖職者でした。

  • The church was not welcome, which led to thousands of priests being exiled and hundreds executed.

    教会は歓迎されず、何千人もの神父が追放され、何百人もの神父が処刑されることになった。

  • We now call this religious purge, dechristianization.

    このような宗教的なパージを、今では「脱キリスト教化」と呼んでいます。

  • The church itself had a long history of violence and corruption, so it had to go.

    教会自体が長い間、暴力と腐敗の歴史を持っていたので、それを解消しなければなりませんでした。

  • It's hard to imagine what times were like back then, but one thing for sure is you had

    当時の様子を想像するのは難しいですが、一つだけ確かなことは、あなたが

  • to watch what you said.

    を見て、あなたが言ったことを思い出してください。

  • A loose word while drinking a beer in a tavern could mean someone listening at the other

    酒場でビールを飲んでいるときに、ちょっとした言葉を発しただけで、相手に聞かれてしまう。

  • side of the tavern reporting you.

    の側で報告しています。

  • Of course, people reported folks they just didn't care for very much.

    もちろん、「あまり気にならない人」も報告されています。

  • This would often land the alleged transgressor in one of those filthy prisons, and in terms

    このようにして、罪を犯したとされる人は、汚い刑務所の一つに入れられてしまうことが多いのですが、その点では

  • of criminal justice, they didn't have a leg to stand on.

    刑事司法の分野では、彼らは足を踏み入れることができませんでした。

  • When theloi de la Grande Terreur”, “the law of the Great Terrorwas written up

    loi de la Grande Terreur」、「大いなる恐怖の法」が書き上げられたとき。

  • it stated that political crimes were much worse than common crimes that happened in

    政治的な犯罪は、一般的な犯罪よりもはるかに悪いと述べています。

  • households and in the streets.

    家庭や街中で。

  • It focused on arresting people accused ofslandering patriotism”, “seeking to

  • inspire discouragement”, “spreading false newsanddepraving morals.”

    "inspire discouragement" "spreading false news" "depraving morals "などが挙げられます。

  • It was kind of like social media platforms' terms of service rules now, except it was

    それは、今のソーシャルメディアの利用規約のようなものでした。

  • often one strike and you're dead.

    は、一撃で死んでしまうことが多い。

  • The law stated, “Every citizen is empowered to seize conspirators and counterrevolutionaries,

    この法律では、「すべての市民には、陰謀者や反革命分子を取り押さえる権限が与えられている。

  • and to bring them before the magistrates.”

    と言って、奉行の前に連れて行く。"

  • So, if someone accused a person of one of those crimes, that person would then be taken

    そのため、誰かがこれらの犯罪を告発した場合、その人は

  • to stand in front of something called the Revolutionary Tribunal.

    革命法廷というものの前に立つことになった。

  • Obviously, the person could deny what they'd said, but if the tribunal didn't believe

    もちろん、その人は自分の言ったことを否定することができますが、裁判員が信じなかった場合は

  • them, it was either off with their head, or an acquittal, and nothing in between.

    彼らは、自分の首が飛ぶか、無罪になるかのどちらかであり、その中間はない。

  • The accused were provided with no defense.

    被告人は何の弁護も受けられなかった。

  • No witnesses were allowed to come forward and support the accused.

    被告人を支援するための目撃者は一人も出てこなかった。

  • They could be killed for merely being accused of harboring a perceived thought.

    思想を持っていると非難されただけで、殺されてしまうかもしれない。

  • To understand this next bit of information, you need to know the revolutionaries created

    この次の情報を理解するには、革命家が作ったものを知る必要があります。

  • their own calendar, which was called the French Revolutionary calendar.

    フランス革命暦と呼ばれる独自の暦を採用した。

  • At the start of Spring in the month named Germinal, 155 people were executed and 59

    春先のジャーミナルと呼ばれる月には、155人が処刑され、59人が

  • were acquitted after being accused of breaching the terror law.

    は、テロ法違反に問われた後、無罪となりました。

  • In the next month, Floréal, 354 people lost their heads and 159 were acquitted.

    翌月のフロレアルでは、354人が首を落とし、159人が無罪となった。

  • In the month of Prairial, 509 were executed and 164 were acquitted.

    プレーリアルの月には509人が処刑され、164人が無罪となった。

  • 796 people were executed in the month of Messidor and 208 were acquitted.

    メシドールの月に796人が処刑され、208人が無罪となった。

  • Thousands more were waiting in prisons for a trial that wouldn't ever come.

    何千人もの人々が、来るはずのない裁判を刑務所で待っていた。

  • We think you get the picture.

    ご理解いただけたと思います。

  • As scholars have pointed out, these people could have been the washerwomen who lived

    学者が指摘するように、これらの人々は、生活していた洗濯婦であった可能性があります。

  • down the lane.

    レーンの下に

  • They could have been the butcher, the guy that delivered bread, or the person who once

    お肉屋さんだったり、パンを配達してくれた人だったり、かつての

  • mentioned in passing to a guy in the street that he thought all the summary executions

    通りがかりの人に、「略式処刑が多いと思う」と言っていた。

  • were perhaps just a smidgen on the harsh side.

    は、ほんの少しだけ厳しかったかもしれません。

  • And to think some of these people on the committee were just young men, men whose brains if you

    委員の中には、まだ若い男性や、頭脳明晰な男性もいました。

  • believe neuroscientists hadn't even fully developed.

    は、脳科学者がまだ十分に発達していないと信じています。

  • Take the case of Jean-Marie Collot d'Herbois, a man in his early twenties who was a member

    例えば、20代前半の男性Jean-Marie Collot d'Herbois氏の場合。

  • of the Committee of Public Safety and a person who played a big part in all the terror.

    公安委員会のメンバーであり、すべてのテロに大きな役割を果たした人物である。

  • He, with others, was sent to the city of Lyon to deal with a revolt there where moderates,

    穏健派の反乱に対処するため、彼は他のメンバーとともにリヨン市に派遣された。

  • but still republicans, didn't agree with the government in Paris.

    共和党員であっても、パリの政府には賛成できなかった。

  • Lyon made war on liberty: Lyon is no more!” cried invading French Republican forces after

    「リヨンは自由のために戦争をした。リヨンはもはや存在しない!」と、フランス共和国軍の侵攻を受けた後に叫んだ。

  • they had laid waste to their enemies and destroyed homes and buildings.

    彼らは敵を蹂躙し、家や建物を破壊した。

  • The orders had been given toexterminate all that goes by the name of aristocrat, moderate,

    貴族、穏健派の名を冠するものはすべて抹殺せよ」という命令が下されていたのだ。

  • royalist.”

    royalist」。

  • After the victory, theExtraordinary Commissionwas set up to decide the fate of anyone in

    勝利後、「臨時委員会」が設置され、誰の運命をも

  • Lyon who was considered counter-revolutionary.

    反革命的とされたリヨン。

  • At first, 100 rebels were shot in the streets and a further 79 people went to the guillotine.

    まず、100人の反乱分子が街頭で銃殺され、さらに79人がギロチンにかけられた。

  • Later, accused rebels and moderates were forced together in a mass and fired on with cannons.

    その後、告発された反乱軍と穏健派は集団で強制的に集められ、大砲で撃たれた。

  • Almost 300 died this way, although the grapeshot used by the cannons didn't kill a lot of

    このようにして300人近くが死んだが、大砲で使われたグレープショットでは、多くの人を殺すことはできなかった。

  • the people.

    の人たちです。

  • The troops were then ordered to go in and stab them all to death with their bayonets.

    そして、部隊は中に入り、銃剣で全員を刺し殺すように命じられた。

  • This was so distressing that many of the soldiers refused to do it.

    これがあまりにも心苦しくて、多くの兵士が拒否した。

  • Regular executions ensued.

    定期的な処刑が続いた。

  • This was rightly called a massacre by some.

    これを「虐殺」と呼ぶ人がいたのも当然である。

  • Most of those people who were killed were not hardcore rebels, but commoners who worked

    殺された人たちのほとんどは、筋金入りの反乱軍ではなく、働いていた平民だった。

  • in Lyon.

    in リヨン

  • They played no part in politics but were rightly upset over low wages and Paris' reluctance

    彼らは政治には関与しなかったが、低賃金とパリの消極的な態度には当然ながら憤慨していた。

  • to make things better.

    を、より良いものにするために。

  • Others were merchants, some were priests.

    他の人は商人で、ある人は神父だった。

  • One guy was a surgeon.

    ある男は外科医だった。

  • In all, 2,000 people in Lyon were executed.

    リヨンでは全部で2,000人が処刑された。

  • This was not the way to get people on your side, and much of France now was beginning

    これでは人々を味方につけることはできず、フランスの多くの地域では

  • to wonder if these guys running things in Paris, especially Robespierre, were possibly

    パリを仕切っている連中、特にロベスピエールは、もしかしたら

  • out of control.

    コントロールできない。

  • Robespierre understood such bloodshed might tarnish his name, but oh boy, was he convincing

    ロベスピエールは、このような流血行為が自分の名を汚すことになると理解していたが、困ったことに、彼は確信を持っていた。

  • when he made his speeches.

    彼がスピーチをしたとき

  • Still, in some darkened corridors men and women talked in hushed tones about a man that

    しかし、暗い廊下では、男も女も、ある男のことを静かに話していた。

  • had once fought against tyranny but had now become a tyrant himself.

    かつては暴政と戦っていたが、今では自分自身が暴政者になってしまった。

  • One of those people was the revolutionary Jacques-Alexis Thuriot.

    その一人が、革命家のジャック=アレクシス・チュリオットである。

  • He saw what Robespierre had become, daring to say while Robespierre was talking at a

    彼はロベスピエールがどうなったかを見て、ロベスピエールが会議で話しているときにあえて言った。

  • convention, “Look at the bugger; it's not enough for him to be master, he has to

    大会では、「見てください、この虫を。彼は主人であるだけでは十分ではないのです。

  • be God.”

    be God" です。

  • Thuriot soon resigned from the committee, even though he'd been a hardcore radical

    筋金入りの過激派だったチュリオットは、すぐに委員会を辞めてしまった。

  • in the past, calling even Robespierre too moderate.

    過去には、ロベスピエールでさえ穏健すぎると言っていました。

  • He was a friend and supporter of Georges Danton, an important figure in the French Revolution.

    彼は、フランス革命の重要人物であるジョルジュ・ダントンの友人であり、支持者でもあった。

  • Danton became part of the Committee of Public Safety, but when it seemed to him that progressive

    ダントンは公安委員会の一員となったが、進歩的であると思われると

  • politics had been replaced by brute oppression, he dared to say that perhaps rule by terror

    政治が粗暴な抑圧に取って代わられたことを受けて、彼はあえて「恐怖による支配」かもしれないと言った。

  • was not the order of the day.

    は、その日のオーダーではありませんでした。

  • He wanted to see an end to the bloodshed.

    彼は、流血を終わらせたいと思っていた。

  • He wanted to end the widespread famine.

    彼は、広範囲に及ぶ飢饉を終わらせたいと考えていた。

  • He was even brazen enough to ask for peace with foreign powers, which was certainly not

    彼は、外国の列強との和平を求めるほどの図々しさを持っていましたが、それは確かに

  • what the National Convention had in mind.

    全国大会が考えていたこと。

  • Robespierre saw Danton as a threat, and so without further ado, he set a plan in action

    ロベスピエールは、ダントンを脅威に感じていたので、何も言わずに計画を実行に移した。

  • to accuse him of various corruptions.

    と言って、彼の様々な汚職を非難した。

  • This was a pretext to take him out, and supporters of Danton knew it, but no one dared speak

    これは、彼を排除するための口実であり、ダントンの支持者はそれを知っていたが、誰もあえて口にしなかった。

  • up, knowing what would befall them.

    このままでは、何が起こるかわからない。

  • The night before Danton was executed, he said, “It was just a year ago that I was the means

    ダントンが処刑される前夜、彼は「ちょうど1年前に、私がこのような手段で

  • of instituting the Revolutionary Tribunal; may God and man forgive me for what I did

    革命法廷を設置したことについて、神と人が私のしたことを許してくれますように。

  • then; but it was not that it might become the scourge of humanity.”

    しかし、それは人類の災いとなるためではありませんでした。

  • On the day he and 14 other alleged conspirators were led to the guillotine, he said something

    自分と14人の共謀者がギロチンにかけられる日に、彼はあることを言った。

  • else, something that would become true, “Not a man of them has an idea of government.

    また、「彼らの中には政府というものを考えている者は一人もいない。

  • Robespierre will follow me.”

    ロベスピエールは私についてくる」。

  • He meant to scaffold, of course.

    もちろん、足場を組むという意味である。

  • After Robespierre was arrested, when his mouth was filled with blood, it's alleged someone

    ロベスピエールが逮捕された後、彼の口の中が血でいっぱいになった時、誰かが

  • shouted, “The blood of Danton chokes him!”

    ダントンの血が彼の首を絞めている!」と叫んだ。

  • The reply he made through broken teeth was, “Is it Danton you regret?

    彼が歯を食いしばって答えたのは、「あなたが後悔しているのはダントンですか?

  • ... Cowards!

    ...臆病者!?

  • Why didn't you defend him?”

    なぜ彼を守らなかったのか」。

  • It was more than Danton.

    ダントツで多かった。

  • It was a year of blood being spilled and often the accused were no more than the victims

    この年は血が流された年であり、しばしば被告人は被害者以上の存在ではありませんでした。

  • of paranoia.

    パラノイアの

  • Camille Desmoulins had defended Danton and he had also criticized his old friend Robespierre

    カミーユ・デムーランはダントンを擁護し、旧友のロベスピエールを批判していた。

  • for the mass executions of the public, as well as the hundreds who were in prison and

    の大量処刑のために、何百人もの人が刑務所に入っていたことや

  • no doubt innocent of any crime.

    何の罪もないことは間違いない。

  • He spoke his mind in a journal he published called Le Vieux Cordelier.

    彼は「ル・ヴュー・コルドリエ」という雑誌を発行して自分の考えを語っていた。

  • He wrote, “My dear Robespierre, my old school friend.

    親愛なるロベスピエール、私の古い学友よ」と書いていた。

  • Remember the lessons of history and philosophy: love is stronger, more lasting than fear...The

    歴史と哲学の教訓を忘れないでください:愛は恐怖よりも強く、より永続的です...The

  • Committee of Public Safety can elevate themselves to the sky; they can never reach it through

    公安委員会は、自分たちだけが空に上がれるのであって、自分たちだけが空に上がれるわけではありません。

  • paths of blood.”

    血の道」。

  • This was a dangerous thing to do, and Robespierre was told that by his more obsequious allies.

    これは危険なことであり、ロベスピエールは、より従順な味方からそう言われていた。

  • Don't worry he told them, Desmoulins is justan unthinking child who has fallen

    心配しなくても、デムーランは「何も考えていない、落ちこぼれの子供」に過ぎないのだ。

  • into bad company.”

    in bad company」です。

  • He then ordered the journal to be publicly burned.

    そして、その日記を公然と焼却することを命じた。

  • He also doubled down on his terror campaign.

    また、テロ対策にも力を入れています。

  • He wrote that anyone not in support of it was a conspirator and their fate must be death

    賛成しない者は共謀者であり、その運命は死でなければならないと書いていた。

  • and only death.

    そして死のみ。

  • He then wrote theReport on the Principles of Political Moralitydefending his reasoning.

    そして、自分の推論を擁護する「政治道徳の原理に関する報告書」を書いた。

  • Part of it went like this: “If the spring of popular government in

    その一部をご紹介します。"もし、人民政府の春が

  • time of peace is virtue, the springs of popular government in revolution are at once virtue

    平和の時は美徳、革命の時は民衆政府の泉は同時に美徳である。

  • and terror.

    と恐怖を感じます。

  • Virtue without terror is fatal; terror without virtue is powerless.

    恐怖心のない美徳は致命的であり、美徳のない恐怖心は無力である。

  • Terror is nothing other than justice: prompt, severe, inflexible.

    恐怖とは正義に他ならず、迅速で、厳しく、融通の利かないものです。

  • It is therefore an emanation of virtue, a consequence of the general principle of democracy

    したがって、それは美徳の発露であり、民主主義の一般原則の帰結である。

  • applied to our country's most urgent needs.”

    我が国の最も緊急性の高いニーズに適用されます。

  • Then came the executions of people that had once been on his side.

    そして、かつて彼に味方していた人々の処刑が始まった。

  • He did try at least to protect his old school buddy, Desmoulins, who died on the same day

    彼は少なくとも、同じ日に亡くなった学生時代の仲間であるデムーランを守ろうとした。

  • as Danton.

    Dantonとして。

  • Desmoulins' wife was also later executed for conspiring to free her husband andruin

    デスモランの妻も、夫の解放と「破滅」を謀った罪で後に処刑された。

  • the Republic.”

    共和国"

  • Before his death, Desmoulins wrote, “I have dreamed of a Republic such as all the world

    デムーランは生前、「私は世界中の人が憧れるような共和国を夢見ていた」と書いています。

  • would have adored.

    が大好きだったと思います。

  • I could never have believed that men could be so ferocious and so unjust.”

    人間がこれほどまでに凶暴で、これほどまでに不正な存在であるとは信じられなかった」。

  • He apparently had to be held down by a group of men after being told on the scaffold that

    彼は、足場の上で「お前は何をしているんだ」と言われ、男性陣に押さえつけられたそうです。

  • his wife was soon going to meet the same fate.

    その結果、彼の妻も同じ運命をたどることになった。