Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • 1701, England.

    1701年、イギリス。

  • On the fringes of London, two men look out over the River Thames where they see the body

    ロンドン郊外、テムズ川を見下ろす2人の男が、死体を目にした。

  • of a caged dead man hanging from a wooden post.

    木の柱に吊るされた檻の中の死人の写真。

  • They both grimace in unison as the wind carries the awful stench of decomposition into their

    腐敗臭が風に乗って運ばれてくると、二人は一斉に顔を曇らせます。

  • nostrils.

    の鼻の穴。

  • It's a sight to behold, so savage in nature and yet the law of the land.

    それは、あまりにも野蛮な自然の姿でありながら、この国の法律である。

  • The horror the men feel at this monstrous sight is intentional.

    この怪物のような光景に男たちが感じる恐怖は、意図的なものです。

  • The message is clear: All those that break our laws will end up like this, swinging on

    メッセージは明確です。私たちの法律を破る者はすべて、このように振り回されて終わります。

  • the gibbet until the flesh has fallen from their bones.

    骨から肉が落ちるまで串刺しにされます。

  • The caged dead man was the pirate hunter, turned pirate himself, William Kidd.

    檻の中の死人は、海賊狩りをして海賊になったウィリアム・キッド自身だった。

  • Kidd was once a friend to the rich and powerful in England, whom he served as a privateer.

    キッドはかつて、私掠船として仕えていたイギリスの富豪たちの友人だった。

  • Kidd was also once a darling to those he served across the pond in the New World, but he fell

    キッドもまた、かつては新世界で仕えた人々の憧れの的でしたが、彼の場合は

  • out of favor after his brand of violent entrepreneurship served mainly himself and his men.

    彼の暴力的な企業家精神は、彼自身と彼の部下のためだけに使われた後、人気を失いました。

  • He was convicted of murder and five counts of piracy and hanged on May 23 at London's

    彼は殺人と5つの海賊行為の罪で有罪となり、5月23日にロンドンの

  • Execution Dock.

    実行ドック。

  • This was a place near the Thames where close to 400 pirates and smugglers were strung up

    ここはテムズ川の近くで、400人近い海賊や密輸業者が吊るされていた場所です。

  • until death, often a slow form of hanging since there was no neck-breaking drop.

    死に至るまで、多くの場合、首が折れるような落下がなかったため、ゆっくりとした形で吊るされました。

  • These were public events.

    これらはパブリックイベントである。

  • They were supposed to act as a kind of dark entertainment for the public just as tabloid

    タブロイド紙のように、大衆のための一種のダークエンタテインメントとして機能するはずだった。

  • newspapers titillate people today with stories of crime and punishment.

    新聞は罪と罰の物語で人々を魅了します。

  • As one person wrote back in the 1700s, “immense crowds of spectatorswould turn up to watch

    1700年代のある人物の記述によると、「膨大な数の観客」が見に来ていたという。

  • the hangings.

    吊るされています。

  • When Kidd got his turn, things didn't exactly go to plan.

    キッドの出番が来ても、物事は計画通りには進まなかった。

  • On the first attempt, the rope snapped, which gave rise to shouts and jeers from the madding

    最初の挑戦ではロープが切れてしまい、会場からは歓声があがりました。

  • crowd.

    の混雑を解消します。

  • They said it was a sign from above and Kidd should be released.

    上からのお告げで、キッドは解放されるべきだと。

  • He wasn't.

    彼はそうではなかった。

  • The spectacle of violence for the public was seen as the best way of deterring criminal

    暴力的な光景を大衆に見せることは、犯罪を抑止する最善の方法だと考えられていました。

  • acts.

    の行為を行います。

  • The more barbaric, the better, was the reasoning.

    野蛮であればあるほどいい、というのがその理由だ。

  • Sometimes tens of thousands of people saw the execution, which made the authorities

    時には何万人もの人々が処刑の様子を見ていたため、当局は

  • happy.

    happy.

  • But as Michael Foucault pointed out in his book, “Discipline and Punish”, this could

    しかし、マイケル・フーコーが著書『規律と罰』で指摘したように、これでは

  • backfire.

    バックファイア

  • After all, a too-brutal monarch or government might anger the public and impel them to riot.

    あまりにも残虐な君主や政府は、民衆の怒りを買って暴動を起こすかもしれないからだ。

  • Moreover, the person that suffered the horrendous punishment could become a kind of martyr.

    また、その罰を受けた人は、ある種の殉教者となることができる。

  • This is important when we talk about the gibbet.

    これは、ギブアップの話をするときに重要なことです。

  • As you'll soon discover, it was just too distasteful for some people to stomach.

    すぐにお分かりになると思いますが、人によっては我慢できないほど嫌なものだったのです。

  • After Kidd was hanged, his body was taken to another place where it was fastened inside

    キッドが絞首刑になった後、彼の遺体は別の場所に運ばれ、そこでは内側に固定されていた。

  • an iron cage.

    鉄の檻の中。

  • That cage was fixed to strong wooden beams and hung over the River Thames.

    その檻は頑丈な木の梁に固定され、テムズ川にかけられていた。

  • Passersby were able to see the rotting flesh and for a while, take in the revolting odor

    通行人は腐った肉を見て、しばらくの間、嫌な臭いを嗅いでいました。

  • of putrefaction.

    腐敗の

  • Moreover, anyone sailing down the Thames might also look at it and be put off piracy.

    また、テムズ川を航行する人もこれを見て、海賊行為を敬遠するかもしれない。

  • So, the gibbet was very unpleasant, and it was supposed to be.

    だから、ギブアップは非常に不愉快だったし、そうあるべきだったのだ。

  • It served as a warning for budding criminals, mirroring the caution found above Dante's

    これは、ダンテの言葉の上に書かれているような、犯罪者予備軍への警告を意味しています。

  • Gates of Hell: “Abandon all hope, ye who enter here.”

    地獄の門:「希望を捨てよ、ここに入る者は」。

  • Ok, let's now look at some historical examples of how the gibbet was used.

    それでは、歴史的に見て、どのように絞首刑が行われたかを見てみましょう。

  • What the English did was hardly a unique invention.

    イギリス人がやったことは、ユニークな発明とは言い難い。

  • For centuries enemies of various states were killed and left to hang while rotting.

    何世紀にもわたって、様々な国家の敵が殺され、腐らせながら吊るされていました。

  • That happened all the time throughout the ages as a means to scare encroaching armies.

    迫り来る軍隊を怖がらせるための手段として、昔からよくあったことです。

  • It wasn't much different from leaving people to die on crucifixes.

    それは、人を磔にして死なせるのと大して変わらない。

  • The English just took this kind of thing to another level.

    イギリス人はこの種のことを別の次元で考えていた。

  • As you already know, it was popular in England in the 18th century, which was a time in which

    すでにご存じのように、18世紀のイギリスで流行したもので、その時代には

  • England embraced what was called theBloody Code.”

    イングランドでは「ブラッディコード」と呼ばれるコードが採用された。

  • Back in those dark days, you could have been executed for what we now called a misdemeanor.

    あの暗い時代には、今で言う軽犯罪でも死刑になっていたのです。

  • For the very worst crime, one against the state, known as treason, a man was usually

    反逆罪と呼ばれる国家に対する最悪の罪を犯した者は、通常は

  • hanged, drawn, and quartered, while a woman was burned at the stake.

    また、女性が火あぶりにされたこともありました。

  • For the male, he was hanged slowly, after which he was usually emasculated (that means

    男性の場合は、ゆっくりと吊るされた後、通常はemasculated(つまり

  • he lost his sex organ), eviscerated (that means his bowels were ripped out, sometimes

    性器を失った)、eviscerated(腸が引き裂かれたことを意味し、時には

  • burned in front of him), and only then was he beheaded and cut into four pieces.

    目の前で焼かれた)、その時になって初めて首をはねられ、4つに切り刻まれたのです。

  • This happened to William Wallace, a Scotsman you might have seen Mel Gibson play in the

    メル・ギブソンが映画の中で演じたスコットランド人、ウィリアム・ウォレスに起こったことです。

  • not-very-accurate movie, Braveheart.

    正確ではない映画「ブレイブハート」。

  • After Wallace was captured by the English he was hanged, drawn, and quartered, in the

    ウォレスはイギリス人に捕らえられた後、絞首刑にされ、引き裂かれ、四つ裂きにされました。

  • way that we've just described.

    今まで説明したような方法で

  • After he was dead, his head was dipped in tar and stuck on London bridge.

    彼が死んだ後、その頭はタールに浸されてロンドンの橋に貼り付けられた。

  • The tarring was to preserve the head for as long as possible so the greatest number of

    ターリングは、頭をできるだけ長く保存するために、より多くの

  • people could see it.

    の人に見てもらえるようになりました。

  • His two brothers' heads later joined his on the same bridge, but the English weren't

    その後、彼の2人の兄弟の頭が同じ橋の上で合流しましたが、イギリス人には

  • done with making an example of Wallace.

    ウォレスを見せしめにして終わった。

  • His severed limbs went on tour, with one of them making its way up north to the city of

    彼の切断された手足はツアーに出て、そのうちの1つは北の都市である

  • Newcastle.

    ニューカッスル

  • Three other limbs ended up at separate places in Scotland, and each was exhibited where

    他の3本の手足はスコットランドの別々の場所に行き、それぞれの場所で展示されました。

  • the public could see it.

    一般の方にも見ていただけるようにしました。

  • This is when the gibbet came in handy.

    そんな時に活躍したのが「ギブアップ」である。

  • Now you've heard of people being hanged in metal cages and you've heard how body

    金属製の檻に入れられて絞首刑にされた人の話を聞いたり、体が

  • parts might have been tarred and hanged on a gibbet, but this still wasn't formally

    の部品がタールで固められたり、串刺しにされたりしたかもしれないが、これはまだ正式には

  • written into English law.

    イギリスの法律に書き込まれた。

  • It was more an act of official savagery.

    それはむしろ、公式の野蛮な行為であった。

  • Then came the Murder Act of 1751, which decreed that any and all murderers should never be

    その後、1751年に殺人法が制定され、すべての殺人者は決して

  • buried.

    を埋設しました。

  • The law stated that after execution, “some further terror and peculiar mark of infamy

    この法律では、死刑執行後、「さらなる恐怖と特有の悪名の印」が

  • be added”.

    be added」。

  • The further terror was supposed to act as a deterrent for criminals.

    さらなる恐怖は、犯罪者の抑止力になるはずだった。

  • The law stipulated that after the person had been executed their body had to go to the

    この法律では、死刑が執行された後、その遺体は刑務所に送られることになっていました。

  • gibbet for public view, hung up by chains.

    鎖で吊るされ、人目につくところに置かれている。

  • The other option was public dissection.

    もう一つの選択肢は、公開解剖だった。

  • It happened to a man named John Breads, although just before the law was passed.

    この法律が成立する直前のことだが、ジョン・ブレッズという男に起こったことだ。

  • He'd mistakenly murdered a man he thought was the mayor of Rye, a town in southern England.

    彼はイギリス南部の町、ライの市長と思われる男を誤って殺害してしまったのだ。

  • As the story goes, the mayor, James Lamb, had given his brother-in-law, Allen Grebell,

    話によると、市長のジェームス・ラムは、義理の弟であるアレン・グレーベルに

  • his mayoral cloak to wear.

    彼のマヨルカークロークを着るために。

  • Breads killed him, thinking he was Lamb.

    パンはラムと思って彼を殺した。

  • Breads was executed.

    パンが実行された。

  • His body was subsequently fastened into an iron cage which was suspended on a post located

    その後、彼の体は、柱に吊るされた鉄の檻に固定されました。

  • at a place called Gibbet Marsh.

    Gibbet Marshと呼ばれる場所で。

  • It stayed there for 20 years, which was a stark reminder to anyone passing of what happens

    それが20年も残っていたのは、何が起こるかを通過する人たちに思い知らせてくれた。

  • if you kill someone.

    人を殺してしまったら

  • An example on a much bigger scale was the story of the Hawkhurst gang.

    もっとスケールの大きな例として、ホークハーストのギャングの話がある。

  • This was a large outfit of Englishmen that earned their crust from robberies and smuggling.

    これは、強盗や密輸で収入を得ているイギリス人の大部隊である。

  • They also committed the odd murder, especially when someone got in the way of their business.

    また、自分たちの商売の邪魔になる人がいると、奇妙な殺人も犯していた。

  • This was old school organized crime, a kind of early mafia enterprise where sit-downs

    これは昔の組織犯罪であり、初期のマフィア企業のようなもので、座談会や

  • might have happened in the Dog and Partridge inn.

    は、「Dog and Partridge」という宿屋で起こったことかもしれません。

  • They actually murdered a man there, another reason why the authorities had to make an

    実際に男性が殺害されたこともあり、当局としては

  • example of them.

    その例を挙げてみましょう。

  • That they did after 75 members of the gang were arrested.

    その結果、75人のメンバーが逮捕されました。

  • Some were transported to far-off lands and others were hanged.

    ある者は遠い国に運ばれ、ある者は絞首刑にされた。

  • 14 of them were hanged and later hung in chains from the gibbet.

    そのうちの14人は絞首刑にされ、後に鎖で縛り上げられて石碑に吊るされた。

  • Scholars have since written that crimewaves back then were the reason for more people

    当時の犯罪電波が原因で、より多くの人が犯罪に巻き込まれたと学者は書いています。

  • being gibbetted, although it came at quite the cost for the authorities.

    縛り首になったのは、当局にとってはかなりの代償だった。

  • For instance, creating those metal cages where the dead were housed wasn't a cheap undertaking.

    例えば、死者を収容するための金属製の檻を作るのは、決して安い仕事ではない。

  • The cage which held the body had to be very solid iron because keeping a person suspended

    人を吊るすためのケージは、非常に頑丈な鉄でなければなりません。

  • around 30 feet in the air was not always easy, especially if the victim was on the large

    特に被害者が大柄な人であった場合には、30フィートの高さの空中にいることは必ずしも容易ではありませんでした。

  • side.

    側になります。

  • Then the gibbet post had to be made climb-proof because people would try and take the body

    また、遺体を持ち去ろうとする人がいるため、柱には登れないようにしなければなりませんでした。

  • down or kids might try to get up and mess with the dead person.

    とか、子供が立ち上がって死んだ人にちょっかいを出そうとするかもしれません。

  • This all took time and effort.

    これには時間と手間がかかりました。

  • Historians now say there was never a one size fits all with the cages and so blacksmiths

    歴史家によると、ケージのサイズは一律ではなかったので、鍛冶屋は

  • had to measure the condemned so they might create the perfect cage.

    ぴったりのケージを作るために、コンデンスを測らなければならなかった。

  • Some of them certainly didn't look easy to make, and blacksmiths weren't exactly

    確かに簡単に作れそうにないものもあったし、鍛冶屋も決して簡単ではなかった。

  • trained to make them.

    それを作るための訓練を受けています。

  • Sometimes those cages were made to be slightly adjustable, and that came at more cost, as

    時にはケージをわずかに調整できるようにして、その分コストがかかった。

  • did the fact the authorities asked the blacksmiths to make them so that they swung in the wind.

    が、当局が鍛冶屋に「風で揺れるように作ってくれ」と頼んだのも事実だ。

  • We actually found historical records showing the costs of gibbeting in the mid-18th century.

    私たちは、18世紀半ばに絞首刑にかかる費用を示す史料を実際に見つけました。

  • A carpenter named Richard Goodman charged 17 pounds, 14 shillings for wood beams used

    リチャード・グッドマンという大工は、使用した木の梁に17ポンド14シリングを請求しました。

  • for three gibbets.

    3つのギブアップのために

  • He charged some more for transportation and fixing them in the ground.

    さらに、輸送費や地面に固定するための費用もかかった。

  • Using a currency calculator, the value of 17 pounds in today's money would be close

    通貨計算機を使って、今日のお金で17ポンドの価値を計算すると、以下のようになります。

  • to 5,000 pounds, about $6,900.

    から5,000ポンド、約6,900円。

  • James Beeding seemed to offer a pretty good deal, charging just 8 pounds, four shillings,

    ジェームズ・ビーディングは、8ポンド4シリングというかなりお得な価格設定をしていた。

  • for one wooden post, the iron cage, as well as the chains.

    1本の木の柱、鉄の檻、そして鎖のために。

  • Maybe he advertised his service as a one-stop shop.

    もしかしたら、自分のサービスをワンストップで提供すると宣伝したのかもしれない。

  • There are other records of skilled men refusing to do any work because they thought the practice

    また、熟練した男性が、「これではいけない」と仕事を断ったという記録もあります。

  • was too barbaric.

    は、あまりにも野蛮だった。

  • As we said, a lot of people in England did not want to walk down the street for months

    私たちが言ったように、イギリスでは多くの人が何ヶ月も道を歩きたくないと思っていました。

  • or years and have to look up at the remains of a dead person.

    を見上げなければなりません。

  • Such was the case with a man named John Swan, who was hanged in 1752 for murder.

    1752年に殺人の罪で絞首刑になったジョン・スワンという男もそうだった。

  • He was then hung with chains from the gibbet, but the authorities said the location wasn't

    その後、彼は鎖で絞首刑にされましたが、当局はその場所は

  • ideal because it wasin full view of some Gentlemen's houses on the Forest.”

    理想的なのは、「森の中の紳士たちの家から丸見え」だったからだ。

  • They moved Mr. Swan to a place called Buckets Hill, only for more gentlemen to complain

    スワン氏をバケツ・ヒルという場所に移動させたところ、さらに多くの紳士たちから苦情が寄せられた。

  • about the ghastly sight.

    その悲惨な光景を

  • The authorities finally agreed on the place where the crime had taken place.

    最終的には、犯行場所については当局の見解が一致した。

  • A similar thing happened when Abraham Tull and William Hawkins were strung up in Berkshire.

    バークシャーでエイブラハム・タルとウィリアム・ホーキンスが絞首刑にされたときも同じようなことがあった。

  • A wealthy local woman, know only as Mrs. Brocas of Beaurepaire, said passing the gibbet on

    ボーレパールのブロカス夫人と呼ばれる地元の裕福な女性は、この日のためにギブアップしたと言っていた。

  • her daily drives in her carriage was very distressing.

    彼女が毎日馬車で移動するのは、とても苦痛でした。

  • She was rich enough to get the thing moved.

    彼女は金持ちだったので、物を動かすことができた。

  • Not only that, families of people in the gibbet could be expected to see their loved ones

    それだけでなく、ギブアップした人の家族は、愛する人の姿を見ることができると期待されていました。

  • for years, decades even.

    何年も、何十年も。

  • There was always a reminder for them of their loss and the shame they felt about what their

    喪失感と、自分が失ったものに対する恥ずかしさを常に思い出させてくれました。

  • loved one had done.

    愛する人がしてくれたこと。

  • Can you imagine having to walk past your dead brother every day?

    死んだ弟の前を毎日通らなければならないことを想像できますか?

  • What also happened was animals would enjoy the flesh of the condemned, and after a while

    また、動物が死刑囚の肉を食べて、しばらくすると

  • bits of them would drop off onto the floor.

    このようにして作られたものは、その一部が床に落ちてしまう。

  • Once the flesh was gone, sometimes bones would spill out of the cage.

    肉がなくなると、時には骨が檻の中からこぼれることもあった。

  • It certainly wasn't cool when you had to take your children past the gibbet site.

    確かに、子供を連れて絞首台の前を通らなければならないのは格好悪い。

  • In the end, only the larger bones and the skull were left in the cage, which also didn't

    結局、大きな骨と頭蓋骨だけが檻の中に残されましたが、これもまた

  • look too pleasant for the more sensitive folks.

    は、敏感な人にとってはあまりにも気持ちのいいものだと思います。

  • When people picked up the newspaper and read these lines, many of them thought, “Oh God,

    新聞を手にした人々は、この行を読んで、「ああ、神様」と思った。

  • not another one.”

    not another one」。

  • One newspaper printed this: “Yesterday morning about eight o'clock

    ある新聞にはこんなことが書かれていた。「昨日の朝8時頃

  • Richard Ashcraft and John Cook, the two smugglers, were carried under a strong detachment of

    密輸業者であるリチャード・アシュクラフトとジョン・クックの2人は、強力な分隊の下に運ばれた。

  • the guards, from Newgate to Tyburn, and executed pursuant to their sentence; after which their

    衛兵がニューゲートからタイバーンへと移動し、その判決に従って処刑された後、彼らの

  • bodies were hung on a gibbet at Shepherd's Bush.”

    遺体はシェパーズ・ブッシュの鉄柵に吊るされた」。

  • This is a very busy part of London today, but in the past was where shepherds left their

    ここは現在、ロンドンの中でも非常に賑やかな場所ですが、かつては羊飼いたちが羊を置いていた場所でもあります。

  • sheep when heading to the market.

    マーケットに行くときには羊が必要です。

  • Main roads ran out of there, and where you might come across the BBC today, back then

    そこから幹線道路が伸びていて、今ではBBCに出くわすような場所でも、当時は

  • you could have found a series of gibbets holding cages of dead men.

    のように、死人の檻が置かれたジベッ トが並んでいたことでしょう。

  • In fact, several locations around London were chosen, usually ones that were major routes

    実際には、ロンドン周辺のいくつかの場所が選ばれましたが、たいていは主要なルートとなる場所でした。

  • for travelers.

    旅行者のための

  • We won't go into all the cases we found in London, but will add that if you lived

    ロンドンで発見したすべてのケースについては説明しませんが、もしあなたが住んでいる場所が

  • in that city in the mid-1700s or early 1800s and you traveled a fair bit, there was a good

    1700年代半ばから1800年代初めにかけて、その街に住んでいて、かなりの旅をしていた人なら、そこには良い意味での

  • chance you saw a fair few dangling cadavers.

    吊るされた死体を見たかもしれませんね。

  • It was almost unavoidable.

    それはほとんど避けられなかった。

  • Smugglers, highwaymen, murderers, were aplenty, and many of them did not go quietly into the

    密輸業者、ハイウェイマン、殺人者などがたくさんいて、彼らの多くは静かに暮らしているわけではなかった。

  • night after they were executed.

    彼らが処刑された後の夜。

  • It didn't just happen in London, either.

    それは、ロンドンだけではありませんでした。

  • Up north in Durham, a miner named William Jobling murdered colliery owner and local

    北部のダラムでは、ウィリアム・ジョブリングという鉱夫が、炭鉱のオーナーである地元の人を殺害しました。

  • magistrate, Nicholas Fairles.

    奉行のニコラス・フェアレス。

  • He was hanged and paraded around the town, after which he was gibbeted.

    彼は絞首刑にされた後、町中をパレードし、その後、絞首刑に処された。

  • There's a clear description that exists of how it went down.

    それがどのように行われたかについては、明確な記述が存在する。

  • It goes like this: “The body was encased in flat bars of iron

    その内容は次のようなものだ。"遺体は平らな鉄の棒に包まれていた

  • of two and a half inches in breadth, the feet were placed in stirrups, from which a bar

    2.5インチの幅で、足はあぶみに置かれ、そこから棒が出ています。

  • of iron went up each side of the head, and ended in a ring by which he was suspended;

    頭の両サイドには鉄のリングがあり、そのリングに吊るされています。

  • a bar from the collar went down the breast, and another down the back…”

    襟から出た棒が胸に、そして背中にも...」。

  • Much has been written about this story.

    この物語については多くのことが書かれている。

  • The victim was a mine owner at a time when miners were treated worse than animals, and

    被害者は、鉱夫が動物よりも劣悪な扱いを受けていた時代の鉱山経営者であり

  • the perpetrator started working in those mines around the age of 10.

    加害者は10歳頃から炭鉱で働き始めた。

  • One day Jobling, drunk and out of work, held out a cap to Fairles and asked for a donation

    ある日、酔っぱらって仕事をしていなかったジョブリングは、フェアリーズにキャップを差し出して寄付を求めた。

  • so he could go get some ale.

    と言って、エールを買いに行ってくれました。

  • Fairles refused and was subsequently attacked by Jobling and two other men.

    フェアレスはこれを拒否し、その後ジョブリングと他の2人の男に襲われた。

  • He died from his injuries ten days later.

    彼は10日後に負傷して亡くなった。

  • The authorities saw this as a vulgar man killing a perfectly fine gentleman, about the worst

    当局はこれを、下品な男が完全に立派な紳士を殺した、最悪の事態と見た。

  • crime of all back then besides killing a monarch.

    当時の犯罪の中で、君主を殺したこと以外では

  • When the judge sentenced Jobling to death and the gibbet, he said, “I hope to God

    裁判官がジョブリングに死刑と絞首刑を宣告したとき、彼は「私は神に願っています。

  • it will be a warning to others”.

    それは他の人への警告となるでしょう」。

  • He said he also hopedthe sight of it will have a due effect on the prisoner's companions.”

    彼はまた、"その光景が囚人の仲間に相応の影響を与えることを願う "と述べた。

  • As in France, the wealthy were always worried about the wrath of the people they exploited.

    フランス同様、富裕層は搾取する側の人々の怒りを常に気にしていた。

  • Jobling's supporters, which was just about everyone from the poorer communities, felt

    ジョブリングの支持者は、ほぼ全員が貧しい地域の出身者で、以下のように感じていた。

  • he'd been treated harshly.

    彼は厳しい扱いを受けていた。

  • After just one month of swinging in the cage, his body went missing.

    たった1ヶ月間、ケージの中でスイングしただけで、彼の体は行方不明になってしまった。

  • It was likely his friends that gave him a proper burial, risking 7 years of transportation

    7年間の輸送の危険を冒してまで、彼を適切に埋葬したのは、彼の友人たちだったのだろう。

  • if they were caught.

    逮捕されたら

  • In the end, Jobling became a hero to those who risked their lives down the pit or risked

    結局、ジョブリングは、ピットの下で命をかけたり、危険を冒したりした人たちのヒーローになった。

  • being arrested or killed for labor organizing.

    労務管理のために逮捕されたり、殺されたりした。

  • What might come as a surprise to you is all this gibbeting and pulling people apart didn't

    意外と知られていないのですが、このようなギブアップや人の引き剥がしが行われたのは

  • do anything to lessen the amount of crime in England.

    イギリスの犯罪を減らすために何かしたい。

  • In fact, since the English got really tough on crime starting around 1750, the crime rate

    実際、イギリス人が1750年頃から犯罪に厳しくなってから、犯罪率は

  • just kept going up and up.

    が、どんどん上がっていきました。

  • Life was tough, and it certainly was for many being worked almost to death during the rise

    このような状況の中で、多くの人が死ぬほど働かされていました。

  • of the Industrial Revolution.

    産業革命の

  • Crime was just a consequence of the hard times.

    犯罪は苦しい時代の結果に過ぎなかった。

  • It turned out that extreme punishments did nothing to stop crime rates from going through

    極端な罰を与えても、犯罪率の上昇を止めることはできないことがわかった。

  • the roof in the early 1800s.

    1800年代初頭には、屋根の上に設置されていました。

  • The gibbet evidently wasn't working.

    絞首台が機能していないことは明らかだった。

  • 1810 to 1820 was a bumper decade for crime in England, a time coinciding with rising

    1810年から1820年は、イギリスでは犯罪が多発した10年であり、その時期には犯罪が増加していました。

  • food costs, war with France, lots of unemployment, and general widespread poverty.

    食費の高騰、フランスとの戦争、多くの失業者、一般的な貧困などです。

  • Even if you had a job, factory life could be horrid and sometimes barely paid enough

    仕事があったとしても、工場での生活は過酷で、給料もほとんど支払われないこともあった。

  • to survive.

    生き残るために

  • People were desperate enough to commit crimes, even with the threat of harsh punishments.

    厳罰の恐れがあっても、人々は必死になって犯罪に手を染めた。

  • There is one story of a 16-year old girl inviting a friend to a picnic.

    16歳の女の子が友達を誘ってピクニックに行ったという話があります。

  • For some reason, she chose the gibbet as the place to eat the sandwiches and cake.

    彼女はなぜか、サンドウィッチやケーキを食べる場所としてギブアップを選んだ。

  • There she killed her friend by feeding her poisoned cake.

    毒入りケーキを食べさせて友人を殺してしまった。

  • She did it because she wanted that girl's job.

    彼女は、あの子の仕事が欲しくてやったのだ。

  • But what's important here is the symbolism of doing it under the gibbet.

    しかし、ここで重要なのは、ギボシの下で行うことの象徴性です。

  • It was hardly the crime deterrent it was supposed to be.

    犯罪の抑止力にはなっていない。