Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Ever wonder how crazy World War 2 was?

    第二次世界大戦がどれだけ狂っていたかを考えたことがありますか?

  • Well, here's some world war 2 weapons so crazy, you probably never heard of them before!

    さて、ここでは第二次世界大戦の武器の中でも、おそらく聞いたこともないようなクレイジーなものをご紹介します。

  • #10.

    #10.

  • Krummlauf Curved Barrel Rifle

    Krummlauf カーブドバレルライフル

  • In war, you often have seconds to react to an enemy.

    戦争では、敵に対して数秒で対応することが多い。

  • You turn around the corner - and you're met with a barrage of fire that can gun you

    角を曲がると、そこには銃で撃たれるほどの砲撃が待ち受けている。

  • down before you have time to pull the trigger.

    を、引き金を引く前に倒してしまうのです。

  • But what if there was a way to shoot without turning the corner?

    しかし、角を曲がらずに撮影できる方法があるとしたら?

  • The German war machine thought it was possible when they created the Krummlauf, an attachment

    ドイツの戦争機械はそれが可能であると考え、クルムラウフというアタッチメントを作成しました。

  • for the Sturmgewehr 44 rifle.

    シュトゥルムグウェハー44ライフル用の

  • Featuring a periscope viewing device and a curved barrel, the goal was to allow soldiers

    潜望鏡と湾曲した銃身が特徴で、兵士たちが

  • to see and shoot around corners while shielded.

    を見て、遮蔽物がある状態でコーナーを撮影することができます。

  • The idea was sound - but there were a lot of issues with the final product.

    アイデアは良かったのですが、最終的な製品には多くの問題がありました。

  • The bent barrel attachments underwent enormous stress every time the gun was fired, as the

    湾曲した銃身のアタッチメントは、発射されるたびに大きなストレスを受け、それが

  • barrel had to withstand the pressure of a speeding bullet as it curved.

    銃身は、スピードを上げた弾丸の圧力に耐えながら曲がっていく。

  • They would wear out after only three hundred rounds - far from ideal for a tense firefight.

    緊迫した銃撃戦では理想的とはいえない、わずか300発で消耗してしまう。

  • Even worse, the bullets underwent pressure as well and could shatter, leading them to

    さらに悪いことに、弾丸も圧力を受けて砕け散ることがあり、それが原因で

  • come out of the barrel in shrapnel - possibly injuring the shooter or their allies.

    砲身から破片が出て、撃った人や味方が怪我をする可能性もあります。

  • The mirror of the periscope was also vulnerable to fogging.

    また、潜望鏡の鏡も曇りやすいものでした。

  • The designers tried to adapt the attachment with shields and vent holes, but ultimately

    設計者はアタッチメントにシールドやベントホールを付けようとしましたが、最終的には

  • the Krummlauf was just...crummy.

    Krummlaufはちょっと...残念でした。

  • But it was better for the user than this next weapon.

    しかし、この次の武器よりもユーザーにとっては良かった。

  • #9.

    #9.

  • Kamikaze Bomb

    kamikaze bomb

  • Kamikaze pilots were a key part of Japan's war strategy, using pilots who deliberately

    神風特攻隊員は、日本の戦争戦略の重要な部分を占めており、意図的に

  • crashed their planes into enemy targets and sacrificed themselves.

    自分の飛行機を敵に墜落させ、自らを犠牲にした。

  • But they were only as strong as their planes - so the Japanese army decided to give them

    しかし、彼らは飛行機があってこその存在であり、日本軍は彼らに

  • deadlier weapons.

    より強力な武器となる。

  • The Yokosuka MXY-7 Ohka was the first plane designed for one-way trips - a rocker-piloted,

    横須賀のMXY-7「桜花」は、片道飛行のために設計された最初の飛行機であり、ロッカー・パイロットであった。

  • human-guided flying bomb that would be aimed at aircraft carriers.

    空母に向けた人間誘導の飛行爆弾。

  • It was one of the fastest Japanese planes ever designed, and delivered a much bigger

    日本で設計された飛行機の中で最も速い飛行機の一つであり、より大きなサイズを実現した。

  • punch than a standard Kamikaze plane.

    通常の特攻機よりもパンチが効いています。

  • But it sacrificed function for strength.

    しかし、機能を犠牲にして強さを追求しました。

  • Because the planes weren't intended to come back, they didn't have the range of other

    飛行機は戻ってくることを目的としていないので、他の飛行機のような航続距離はありませんでした。

  • planes.

    のプランがあります。

  • They needed to be brought near their target by bomber planes - which could then be picked

    そのためには、爆撃機で目標に近づける必要があり、そのためには、爆撃機を選ぶ必要がある。

  • off by American forces before the MXY-7 could hit its target.

    MXY-7が目標を達成する前に、アメリカ軍によって取り除かれた。

  • When they did hit their target, they did serious damage - but rarely enough to sink major US

    命中したときには大きなダメージを与えたが、主要な米国を沈めるほどではなかった。

  • vessels.

    の容器を使用しています。

  • They were mostly used in the attempt by the allies to retake Okinawa, and their impact

    連合軍が沖縄を奪還する際に主に使用され、その影響は

  • was minor.

    はマイナーでした。

  • The Japanese tried to refine it to make it stronger and more effective - but time ran

    日本人は、より強く、より効果的なものにするために、改良を重ねましたが、時間が経つにつれ

  • out and the war ended.

    が出て、戦争が終わった。

  • This next item struck fear into the enemy - but that's about all it did.

    次の項目は、敵に恐怖を与えたが、それだけではなかった。

  • #8.

    #8.

  • Gustav Rail Cannon

    グスタフ・レール・キャノン

  • The soldiers defending the French maginot line hear a massive rumble, and soon - over

    フランスのマジノ線を守る兵士たちは、大きな音を聞いて、すぐに-。

  • the hill - a monstrosity appears.

    the hill - 怪獣が現れる。

  • It's a rail cannon, almost impossibly large.

    それはレールキャノンで、ほとんどありえないほど大きい。

  • A hundred and fifty feet in length, with a barrel of a hundred feet alone.

    全長百五十フィート、砲身だけでも百フィートある。

  • It looks like a metal dinosaur - and it roars like one as well.

    金属製の恐竜のような外観で、咆哮もします。

  • It fires the heaviest artillery shells around, and its range can hit targets from far larger

    最も重い砲弾を発射し、その射程距離ははるかに広い範囲の目標を攻撃することができます。

  • distances than other guns.

    他の銃よりも距離が長い。

  • This is the Schwerer Gustaf railway gun - and its image struck terror into the hearts of

    これが鉄道銃「シュヴェラー・グスタフ」であり、その姿は人々の心に恐怖を与えた。

  • the Allies.

    連合国のために。

  • But the reality was far more complicated.

    しかし、現実はもっと複雑だった。

  • Hitler liked big, menacing weapons, and was quickly won over by the Gustaf's impressive

    ヒトラーは大きくて威嚇的な武器が好きだったので、グスタフの印象的な武器にすぐに魅了された。

  • design.

    のデザインを採用しました。

  • The military command was less impressed.

    軍司令部はあまり感心しなかった。

  • Yes, the Gustaf delivered a powerful punch, but the effort needed to operate it was massive.

    確かにグスタフは強力なパンチ力を持っていましたが、それを操作するために必要な労力は膨大なものでした。

  • It needed to be transported in parts and assembled and mounted on site - which took four thousand

    部品で輸送し、現地で組み立てて設置する必要があり、そのために4,000時間を要しました。

  • soldiers.

    の兵士たち。

  • And it was so expensive to build that the Nazis deployed anti-aircraft units to defend

    また、製造コストが高いため、ナチスは防衛のために高射砲部隊を配備した。

  • them.

    と言っています。

  • It's not a surprise that only a few were ever created - the investment wasn't worth

    少ない数しか作られなかったのは当然のことで、投資に見合うだけの価値がなかったのです。

  • the result.

    という結果になりました。

  • But the Nazis had another weapon that was much smaller - but no less deadly.

    しかし、ナチスにはもっと小さな、しかしそれに劣らない殺傷力を持つ別の武器があった。

  • #7.

    #7.

  • Goliath Tracked Mine

    ゴリアテ・トラックド・マイン

  • Land mines are one of the most feared weapons of war, being buried and waiting for an enemy

    地雷は、戦争で最も恐れられている兵器の一つで、埋設されて敵を待ち受けています。

  • soldier or tank to go over them - and then blowing them to bits.

    兵士や戦車がその上を通って、それを吹き飛ばしてしまうのです。

  • But what if the mines weren't sitting ducks?

    しかし、もしも鉱山がカモにされていなかったら?

  • What if they could come for the enemy?

    もし、敵を迎えに来ることができたら?

  • Research was ongoing since World War I, as German engineers experimented with small tracked

    研究は第一次世界大戦中から行われており、ドイツの技術者が小型の追尾型ロケットの実験を行っていた。

  • vehicles that could be remote-controlled to deliver bombs.

    遠隔操作で爆弾を運ぶことができる車両。

  • Early attempts failed, but later versions were equipped with high explosives of up to

    初期の試みは失敗に終わりましたが、後のバージョンでは、最大の高爆薬を装備した

  • 220 pounds and could be sent to target tanks.

    220ポンドで、戦車を狙って送ることができる。

  • But there were some major downsides to these new weapons.

    しかし、この新兵器には大きなマイナス面もあった。

  • First, they were single-use devices - similar to kamikaze planes but without the living

    第一に、神風飛行機のような、生きていない単回使用の装置であること。

  • pilot.

    のパイロットです。

  • Second, remote-control technology was still rudimentary and steering wasn't particularly

    2つ目は、リモコンの技術がまだ未熟で、ステアリングの操作性が悪かったこと。

  • accurate - meaning the best strategy was simply to aim them and hope for the best.

    つまり、狙いを定めて最善を尽くすのが最良の戦略だったのです。

  • Third, they were expensive to produce, and while over 7,500 were produced, they were

    3つ目は、生産コストが高く、7,500台以上生産されたものの

  • too big and unwieldy to be effective weapons.

    大きくて扱いにくいので、有効な武器にはなりません。

  • They're an interesting artifact of the war, but armies found it much more effective to

    興味深い戦争の遺物であるが、軍隊は次のような方法が効果的であることを知っていた。

  • stick to traditional land mines.

    は、従来の地雷と同じです。

  • Other attempts to replace land mines were much more controversial.

    地雷の代わりになるものとしては、他にもいろいろな試みがありました。

  • #6.

    #6.

  • Mine Dogs

    鉱山の犬

  • One of the most vicious battlefronts of the war was Russia, where German tanks were invading

    ドイツ軍の戦車が侵攻してきたロシアは、戦争の中でも最も過酷な戦場のひとつだった。

  • after betraying their former ally.

    盟友を裏切ってしまったのだ。

  • The Russians were suffering heavy casualties and were outgunned by the Nazis' superior

    ロシア軍は大量の死傷者を出し、ナチスの優れた能力に圧倒されていた。

  • firepower - so they turned to an unconventional method of anti-tank warfare.

    そのため、対戦車戦では型破りの方法がとられた。

  • There was no shortage of dogs in Russia, and so the army tried to turn them into unique

    ロシアでは犬が不足していたので、軍は犬をユニークな存在にしようとした。

  • kamikaze weapons.

    神風兵器。

  • They would hide food under German tanks, strap small explosives to the dogs' backs, and

    ドイツ軍の戦車の下に食料を隠したり、犬の背中に小さな爆発物をつけたりしていました。

  • send them to trigger their bombs under the tanks.

    戦車の下で爆弾を作動させるために、彼らを送り込む。

  • Heck of a way to treat man's best friend.

    人間の最良の友への扱い方としては最悪だ。

  • But it wasn't just animal lovers who found problems with this plan.

    しかし、この計画を問題視したのは、動物愛好家だけではありません。

  • Dogs are living beings, and that means they can be unpredictable.

    犬は生き物ですから、予測できないことがあります。

  • While the basics of the plan worked - and even took out a few German tanks - it's

    基本的な計画は成功し、ドイツの戦車を数台破壊することもできましたが、それは

  • impossible to ensure accuracy with animals.

    動物を使って正確性を確保することは不可能です。

  • Some dogs simply ran off - and worse, some got spooked and ran back to their Russian

    中には、単に逃げ出してしまった犬もいましたし、さらには、驚いてロシアに逃げ帰ってしまった犬もいました。

  • handlers and detonated the explosives there.

    ハンドラーを使って爆発させました。

  • But the success rate was enough that the program continued through the war, with other countries

    しかし、その成功率の高さから、このプログラムは戦時中も続けられ、他の国でも

  • training dogs too.

    犬の調教も。

  • Russia even had a program for training bomb-equipped dogs through 1996.

    ロシアでは1996年まで爆弾を搭載した犬を訓練するプログラムもあった。

  • It wasn't the only plan to use animals as bombs - but this next one had an unexpected

    動物を爆弾に利用する計画は、これだけではなかったが、次の計画には思いがけないものがあった。

  • ending.

    を終了しました。

  • #5.

    #5.

  • Explosive Rats

    爆発するネズミ

  • France had fallen, and Prime Minister Winston Churchill was desperate to prevent Great Britain

    フランスが陥落し、ウィンストン・チャーチル首相は、イギリスの崩壊を防ぐために必死になっていました。

  • from following suit.

    が後続することになります。

  • His weapons design team came up with a bizarre plan - turning rats into plastic explosives.

    兵器設計チームは、ネズミをプラスチック爆弾にするという奇抜な計画を立てた。

  • Rats would be killed and skinned, with their empty carcass then being filled with plastic

    ネズミを殺して皮を剥ぎ、空になった死骸にはプラスチックを詰めます。

  • explosives and shaped to resemble an actual rat before being sewn up.

    爆発物を使用し、実際のネズミに似せた形にしてから縫っています。

  • They would then be placed near German boilers, where they would be thrown for disposal - triggering

    そして、ドイツのボイラーの近くに置かれ、廃棄のために投げ捨てられることになります。

  • a massive explosion that could devastate German factories.

    ドイツの工場を壊滅させるほどの大爆発を起こした。

  • It didn't work out quite like that.

    そうはいかなかった。

  • The first shipment of explosive rats were sent out - and quickly discovered by the Nazis.

    爆発するネズミの最初の出荷は、すぐにナチスに発見されてしまった。

  • The British dropped the plans and didn't make any more rats, but the Germans didn't

    イギリス人は計画を中止して、それ以上のネズミを作らなかったが、ドイツ人は

  • know that.

    を知っています。

  • They were shocked by the carefully hidden explosives, and ordered an extensive search

    慎重に隠された爆発物に衝撃を受けた彼らは、大規模な捜索を命じた。

  • for dead rats at every military school and facility.

    すべての軍事学校や施設で、死んだネズミのために

  • They spent so much time examining dead rats that the British military authorities said

    彼らは死んだネズミを調べるのに時間を費やし、イギリス軍当局は

  • the plan actually succeeded, because they caused more trouble to the Germans than if

    この計画は実際に成功したが、それはドイツ人に、より多くの問題を引き起こしたからである。

  • the rats had actually exploded.

    ネズミが爆発したのだ。

  • But that wasn't the most bizarre plan to use animals as weapons.

    しかし、動物を武器にした奇抜な計画はそれだけではなかった。

  • #4.

    #4.

  • Bird and Bat Bombs

    バード&バットボム

  • It was only a short time after Pearl Harbor, and a Pennsylvania dentist named Lytle S.

    真珠湾攻撃から間もない頃、ペンシルバニア州の歯科医、ライトル・S.

  • Adams was outraged.

    アダムスは激怒した。

  • He wanted revenge, and he wrote to FDR with a plan - train bats as bombs.

    コウモリを爆弾に仕立てようというのだ。

  • But instead of calling the authorities, military officials looked at his plan and thought there

    しかし、当局に通報することなく、軍関係者は彼の計画を見て、「これはいける」と思った。

  • might be something to it.

    があるかもしれません。

  • Hibernating bats would be attached to timed explosive devices, and dropped over Japan

    冬眠中のコウモリを時限式の爆薬に取り付け、日本に投下する。

  • at dawn.

    夜明けに

  • The bats would settle in the upper levels of buildings and the devices would go off

    コウモリがビルの上層部に住み着き、装置が作動する。

  • while they slept - turning Japanese cities into firestorms.

    日本の都市を火の海にしてしまったのです。

  • While demonstrations were carried out, the plan never went into effect - maybe because

    デモは行われたが、計画は実行されなかった。

  • some bats got away and blew up a General's car.

    何匹かのコウモリが逃げ出して、将軍の車を爆破した。

  • But it wasn't the only flying bomb plan the military had - and the next had a major

    しかし、軍が持っていた空飛ぶ爆弾の計画はこれだけではなく、次の計画には大きな問題があった。

  • mind behind it.

    の心を持っています。

  • BF Skinner was a pioneer in the field of psychology, but he also was passionate about training

    心理学の先駆者であるBFスキナーは、トレーニングにも情熱を注いでいました。

  • pigeons.

    ハト。

  • He believed they could be a weapon of war, even more so than as messengers.

    彼は、彼らがメッセンジャーとして以上に、戦争の武器になると信じていた。

  • He had trained them to pull levers, and believed this system could be rigged to deliver a kamikaze

    彼は、レバーを引くように訓練し、このシステムを使って神風を送れると信じていた。

  • bomb to its target.

    爆弾を目的地まで運ぶ。

  • The pigeons would be trained to recognize a target and would peck to guide the missile

    鳩は標的を認識するように訓練されており、ミサイルを誘導するためにつついてきます。

  • towards it.

    向かっています。

  • A successful demonstration was pulled off - but like the bat project, as the war went

    デモは成功したが、コウモリ計画と同様、戦争になると

  • on the military shifted their focus to more traditional weaponry, and both pigeons and

    軍隊が伝統的な武器に重点を置くようになると、ハトと

  • bats breathed a little safer.

    コウモリは少し安心して息をついた。

  • But in 1944, terror came from the skies in a different way.

    しかし、1944年、空からの恐怖は別の形でやってきた。

  • #3.

    #3.

  • Fu-Go Balloon Bomb

    フーゴー風船爆弾

  • Aside from Pearl Harbor, very few attacks during World War 2 hit the United States directly

    真珠湾攻撃を除けば、第2次世界大戦中にアメリカを直接攻撃した攻撃はほとんどありませんでした。

  • - but in 1944, a bizarre Japanese attack changed that.

    - しかし、1944年、日本の奇襲がそれを変えた。

  • It was one of the lowest-tech attacks imaginable - paper balloons that would be guided not

    それは、紙製の風船を誘導するという、考え得る限り最も低い技術を使った攻撃でした。

  • by any engine, but by the Pacific Ocean's jet stream.

    エンジンではなく、太平洋のジェット気流である。

  • But the payload they held would be anything but low-tech - they carried incendiary bombs

    しかし、彼らが持っていたペイロードはローテクではなく、焼夷弾を搭載していました。

  • designed to kill anyone nearby and create dangerous wildfires.

    近くにいる人を殺し、危険な山火事を起こすように設計されています。

  • They were actually the first weapons ever to have an intercontinental range.

    大陸間飛行が可能な最初の兵器なのだ。

  • And when they landed, chaos ensued.

    そして着地したときには、大混乱が起きた。

  • Initially, the bombs caused little damage, but as they surfaced around the West Coast

    当初、爆弾の被害は少なかったが、西海岸周辺に浮上すると

  • of the United States, people panicked.

    米国の人々はパニックに陥った。

  • Reports of balloons landing around the country spread, and the government created a press

    気球が各地に着陸したという報道が広がり、政府は報道機関を設立した。

  • blackout to avoid widespread fear.

    恐怖感を与えないために、ブラックアウトを行いました。

  • That ended on May 5th, 1945 when a bomb landed in Southern Oregon and blew up - killing a

    1945年5月5日、オレゴン州南部に投下された爆弾が爆発し、1人が死亡しました。

  • woman and five children from a nearby church.

    近くの教会にいた女性と5人の子供たち。

  • An investigation revealed that the bomb had been sitting there, untouched for weeks until

    調査の結果、爆弾は何週間もそのままの状態で放置されていたことが判明した。

  • the picnicking group disturbed it and set off the lethal explosion - believed to be

    その際、ピクニックに来ていたグループが邪魔をして、致命的な爆発を起こしたと考えられています。

  • the only WW2 death on mainland US soil.

    アメリカ本土で第二次世界大戦中に死亡した唯一の人物である。

  • But not all WW2 weapons were meant to be deadly.

    しかし、第二次世界大戦の兵器は、すべてが殺傷力を持つものではなかった。

  • #2.

    #2.

  • Who, Me?

    Who, Me?

  • Private Ernest Crocker came into the military as a trained chemist, and that gave him a

    アーネスト・クロッカー二等兵は、化学者としての訓練を受けて軍に入り、それが彼に

  • unique position - designing poison gas for possible military use.

    軍事用の毒ガスを設計するというユニークな立場。

  • But the military had another mission in mind for him.

    しかし、軍は彼に別の使命を課していた。

  • Remember those exploding stink bombs you used to play with as a kid?

    子供の頃に遊んだ、爆発する悪臭爆弾を覚えていますか?

  • What if they could be mega-sized and create a scent so horrible it would send the enemy

    もし、メガサイズになって、敵を追い詰めるほどの恐ろしい香りを漂わせることができるとしたら

  • forces fleeing?

    力が逃げている?

  • Well, some might say this plan stinks - but the US government didn't think so, and funded

    この計画を「胡散臭い」と言う人もいるかもしれませんが、アメリカ政府はそうは思わず、次のような資金を提供しました。

  • the project that would be nicknamed the US military's fart bomb.

    米軍のおなら爆弾」と呼ばれることになるこのプロジェクト。

  • But to develop this weapon, Private Crocker had some unpleasant times ahead.

    しかし、この兵器を開発するために、クロッカー一等兵には不幸な出来事が待ち受けていた。

  • He needed to create a bomb that would deliver the worst smells imaginable - and that meant

    そのためには、想像を絶する悪臭を放つ爆弾を作る必要がありました。

  • testing.

    のテストを行っています。

  • He combined smells including vomit, urine, rotten eggs, human feces, and rancid dairy

    嘔吐物、尿、腐った卵、人糞、腐敗した乳製品などの匂いを組み合わせた。

  • into a single package - and the workers at Maryland Research Laboratory who had to mass-produce

    そして、それを大量に生産しなければならなかったメリーランド・リサーチ・ラボラトリーの労働者たち。

  • it were no doubt smelling it for years.

    は何年も前から嗅いでいたに違いない。

  • The German army was ultimately spared its effects, because the war ended before the

    の前に終戦を迎えたため、ドイツ軍は最終的にその影響を免れることができました。

  • stinky spray could be deployed.

    stinky sprayを展開することができました。

  • But this valuable work led Private Crocker to become a pioneer in the field of sensory

    しかし、この貴重な仕事をきっかけに、クロッカー二等兵は感覚の分野でのパイオニアとなりました。

  • science.

    の科学である。

  • But one weapon delivered in every way - but the one that mattered most.

    しかし、1つの武器がすべての面で成功しました。

  • #1.

    #1.

  • The Great Panjandrum

    ザ・グレート・パンジャンドラム

  • The final years of World War II saw a lot of experimentation in the British ranks, as

    第二次世界大戦末期には、英国の隊員たちが多くの実験を行いました。

  • they created increasingly outlandish designs for weapons - most of which never saw the

    彼らはますます奇抜なデザインの武器を作りましたが、そのほとんどは実用化されませんでした。

  • light of day.

    日の光を浴びる。

  • But one, the Panjandrum, would go down in history as one of the most bizarre weapons

    しかし、その一つである「パンジャンドラム」は、最も奇妙な武器の一つとして歴史に残ります。

  • ever created.

    史上最高の作品

  • To the untrained eye, it didn't look like much - a big pair of interconnected wheels.

    素人目には、大きな車輪が連結されているようにしか見えない。

  • But it was actually a highly sophisticated weapon - a massive rocket-propelled rolling

    しかし、実際には非常に高度な兵器である巨大なロケット推進型のローリング

  • cart designed to deliver an explosive payload to the Nazis.

    ナチスに爆発物を届けるためのカート。

  • But reality doesn't live up to the hype sometimes.

    しかし、現実は誇大広告に沿わないこともあります。

  • The Panjandrum would have been the fastest weapon of its size ever created, designed

    パンジャンドラムは、このサイズでは史上最速の武器として設計されました。

  • to penetrate ten-foot walls by traveling at sixty miles per hour right through them.

    センチの壁を時速60マイルで通過することで、壁を貫通することができます。

  • This British super-weapon became famous before it hit the battlefield, with citizens attending

    このイギリスの超兵器は、戦場に出る前から市民の間で有名になっていました。

  • tests to witness their newest war machine in action.

    のテストでは、最新の戦争マシンの動作を目の当たりにすることができました。

  • But it never quite lived up to its potential.

    しかし、そのポテンシャルを十分に発揮することはできませんでした。

  • Sometimes it's rockets went off unexpectedly, sometimes it went in the wrong direction - a

    時にはロケットが不意に発射されたり、間違った方向に行ってしまったり。

  • problem when you're dealing with a massive destructive rolling tank.

    巨大な破壊力を持つローリングタンクを相手にした場合、問題が発生します。

  • It was never used in combat, but it maintained a fanbase among military buffs.

    戦闘に使われることはありませんでしたが、ミリタリーファンの間ではファンが多かったようです。

  • On the 65th anniversary of Normandy, a replica was designed and tested - and that too, failed

    ノルマンディー上陸65周年の時には、レプリカを作ってテストしたが、これも失敗に終わった。

  • miserably.

    惨憺たるものです。

  • Alas, Great Panjandrum, you were maybe too spectacular for the real world.

    残念ながら、グレート・パンジャンドラム、あなたは現実の世界では華々しすぎたのかもしれません。

  • Check outMost Badass New Weapons of the Yearfor what weapons designers are creating

    武器デザイナーがどのような武器を作っているかは、「Most Badass New Weapons of the Year」をご覧ください。

  • now, or watchMost Advanced and Deadly Weapon on the Planetfor a look at maybe

    また、「地球上で最も先進的で致命的な武器」を見ると、もしかしたら

  • the most successful ever designed.

    史上最も成功した設計である。

Ever wonder how crazy World War 2 was?

第二次世界大戦がどれだけ狂っていたかを考えたことがありますか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 爆弾 武器 爆発 ネズミ 飛行 計画

第二次世界大戦で使用された、あなたの知らない奇妙な兵器 (Weirdest World War 2 Weapons You Never Heard Of)

  • 14 0
    Summer に公開 2021 年 08 月 13 日
動画の中の単語