Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's late 1945, and the Allies are pushing deep into Germany.

    1945年末、連合国はドイツの奥深くまで攻め込んでいます。

  • All seems lost for the Wehrmacht, and Soviet soldiers closing in on Berlin settle in for

    ドイツ国防軍は万事休すと思われたが、ベルリンに迫るソ連軍の兵士たちはこれを受け入れた。

  • a day's rest.

    1日の休息。

  • They've been pushing non-stop for weeks, chasing the once formidable German army across the

    かつての強大なドイツ軍を追いかけて、何週間もノンストップで攻め続けてきた。

  • Soviet tundra and into the heart of Germany.

    ソ連のツンドラ地帯からドイツの中心部へ。

  • Today will be a well-earned rest.

    今日は十分な休息をとる。

  • Suddenly, the ground begins to shake.

    突然、地面が揺れ始めた。

  • Faint at first, but growing in intensity.

    最初はかすかだが、だんだんと強くなっていく。

  • Some of the men laugh, “Earthquake!”, they shout- but the rumbling continues on.

    男たちは「地震だ!」と叫んで笑っているが、音は鳴り止まない。

  • Then, they can hear it- the unmistakable sound of belching engines and the rumbling of tank

    その時、彼らはそれを聞くことができます - 紛れもないエンジン音と戦車のゴロゴロという音です。

  • treads.

    を踏んでいます。

  • Soviet T-34s roar to life and advance to meet the threat as the infantry scrambles to prepare

    ソ連のT-34が息を吹き返し、歩兵が準備に追われる中、脅威に向かって前進する。

  • for combat.

    戦闘用。

  • The thick wooded line ahead of the Soviet advance forces suddenly parts, trees pushed

    ソ連軍の先陣を切っていた太い木のラインが突然、パーツになり、木が押し出される。

  • aside like matchsticks, as massive armored behemoths emerge from the dark forest like

    暗い森の中から巨大な鎧をまとった巨人がマッチ棒のように飛び出してくる。

  • primordial monsters.

    原始的なモンスター。

  • The Soviet tankers are too shocked to react- these German tanks, painted in green and brown

    ソ連の戦車兵はショックのあまり反応できず、緑と茶色に塗られたドイツの戦車は

  • camouflage, are over twice the size of their own tanks!

    迷彩服は自軍の戦車の2倍以上の大きさです。

  • Matter of fact, the top of their T-34 tanks can barely reach the bottom of the German

    実際、ドイツのT-34戦車の上面は、ドイツの底面に届くのがやっとです。

  • tank's turrets!

    戦車の砲台!

  • The Germans are the first to fire.

    ドイツ軍が最初に発砲する。

  • A single round from the massive 128mm cannon strikes a T-34, creating a five foot long

    巨大な128mm砲の一発がT-34を襲い、5フィートの長さの

  • tear in the chassis armor half a foot wide and blowing the turret clean off.

    シャーシの装甲に半フィートの幅の裂け目ができ、タレットが完全に吹き飛ばされた。

  • The tank, and the crew, are instantly dead.

    戦車も乗員も即死だ。

  • The T-34s return fire in a panic, but their 76 millimeter guns bounce off the 150mm thick

    T-34は慌てて応戦するが、76ミリ砲が150ミリの厚さで跳ね返される。

  • sloped armor of the German tanks.

    ドイツ戦車の傾斜した装甲。

  • The T-34's own 47 millimeter armor is worthless under the onslaught of the German 128mm cannon,

    T-34の47ミリの装甲は、ドイツの128ミリ砲の猛攻の前には無意味である。

  • even full-frontal shots are guaranteed kills on the Soviet tanks.

    ソ連の戦車では、正面からの射撃でも確実に命中します。

  • The Soviet lines break and the infantry retreat in panic as they watch their armor decimated

    ソ連の戦線は崩壊し、装甲が破壊されるのを見て、歩兵はパニック状態で退却する。

  • before their eyes.

    彼らの目の前で。

  • The tide of World War II has officially been turned, and leading Nazi Germany's revenge

    第二次世界大戦の流れが公式に変わり、ナチスドイツの復讐を主導する

  • is the largest tank ever created, the Panzer VIII Maus.

    は、史上最大の戦車である「パンツァーVIIIマウス」です。

  • This is the dream Hitler envisioned for the German army even before the tide began to

    これは、ヒトラーがドイツ軍に描いた夢である。

  • turn against him.

    彼に反発する。

  • A big fan of 'superweapons', Hitler was no stranger to moonshots- even when he should

    超兵器」の大ファンだったヒトラーは、月面探査にも関心がありました。

  • have been relying on more conservative, tried and tested weapons to maintain his grip on

    の支配力を維持するために、より保守的で、試行錯誤された武器に頼ってきた。

  • Europe.

    ヨーロッパ。

  • Some of these moonshots would achieve a level of success, the V-1 and V-2 rockets or the

    これらのムーンショットの中には、V-1やV-2ロケット、あるいはM-1やM-2ロケットのように、一定の成功を収めるものもある。

  • Messerschmitt 262 for example held the promise of achieving great military success... if

    例えば、メッサーシュミット262は、軍事的に大きな成功を収めることが期待されていたが......。

  • they had been implemented earlier in the war.

    それは、戦争の初期に実施されたものだった。

  • Other moonshots though, such as the Schewer Gustave super artillery achieved little and

    しかし、シェヴェル・グスタフのような超大型砲の開発は、ほとんど成功しなかった。

  • sucked up valuable funding and time that were better spent elsewhere.

    は、他の場所に費やすべき貴重な資金と時間を奪っていました。

  • However, none of Hitler's failed superweapons held quite the potential to change the tide

    しかし、ヒトラーが失敗した超兵器のどれもが、流れを変えるほどの可能性を秘めてはいなかった。

  • of the war like the Panzer VIII Maus.

    パンツァーVIIIマウスのような戦争の

  • The Maus- or Mouse, because the Nazis had a flair for the ironic- was first pitched

    ナチスが皮肉な才能を持っていたことから、Maus(マウス)と呼ばれたこの作品は、最初にピッチされました。

  • to Hitler in 1942, by Ferdinand Porsche- and yes, that Porsche.

    1942年にフェルディナンド・ポルシェがヒトラーに献上したもので、そう、あのポルシェです。

  • Hitler had made it clear that he wanted a tank that would dominate the battlefield against

    ヒトラーは、戦場で相手を圧倒するような戦車が欲しいと明言していた。

  • any Allied tank, and while the German army was fielding some of the best tanks in the

    連合軍の戦車の中で、ドイツ軍は最高の戦車を配備していましたが、その中でも

  • world at that time, the Soviet T-34 had proven to be a major surprise for German units fighting

    当時の世界では、ソ連のT-34はドイツ軍に大きな驚きを与えていました。

  • in the Soviet Union.

    ソビエト連邦の

  • German tankers were vastly superior to their Soviet counterparts, but the T-34 itself as

    ドイツの戦車はソ連の戦車に比べて圧倒的に優れていましたが、T-34自体は

  • a tank was more than a match for German Panzers.

    の戦車は、ドイツのパンツァーに匹敵するほどの性能を持っていました。

  • If the Soviets learned to be better tankers, the German Wehrmacht was in serious trouble.

    ソビエトがより優れた戦車を習得すれば、ドイツ国防軍は深刻な問題となった。

  • Porsche had the answer to the Fuhrer's dreams of a super tank.

    ポルシェは、総統の夢であるスーパータンクの答えを持っていた。

  • It would be powered by an engine adapted from a design used to keep Germany's bombers in

    ドイツの爆撃機を維持するために使われていた設計を応用したエンジンを搭載している。

  • the air, and it would need all 1200 horsepower the engine produced to move the massive 200

    そのためには、1200馬力のエンジンが必要となります。

  • ton tank.

    トンタンクです。

  • By comparison, both the King Tiger, Germany's premier heavy tank, and America's modern Abrams

    それに比べて、ドイツの最高級重戦車であるキングタイガーや、アメリカの最新型エイブラムスは

  • weigh in at around 68 tons.

    約68トンの重さ。

  • The Maus would end up being over twice as heavy as any tank on the battlefield- ever.

    その結果、マウスは戦場に出たどの戦車よりも2倍以上の重さになってしまった。

  • With a 1.1 meter wide track- almost twice the size of a modern Abrams- the Maus would

    現代のエイブラムスの約2倍に相当する1.1メートルの幅のトラックを持つMausは、以下のようになります。

  • make its presence known on a battlefield long before the enemy ever saw it.

    戦場では、敵の目に触れる前に、その存在をアピールする。

  • But the massive tank required equally massive treads, because without them the ground pressure

    しかし、巨大な戦車には、同じように巨大なトレッドが必要で、トレッドがないと接地圧が上がらない。

  • the vehicle exerted would make it impossible to drive almost anywhere without it sinking

    沈まずにどこまでも走っていけるような車にするためには

  • into the ground.

    と言っています。

  • As it was, the tank would never be able to cross a bridge, and would cause serious damage

    このままでは、戦車は橋を渡ることができず、大きなダメージを受けてしまいます。

  • to paved roads.

    舗装された道路に

  • Instead, the tank would either be embarked to cross rivers on barges, or simply drive

    その代わりに、戦車は船に乗って川を渡ったり、単に車で移動したりしていました。

  • along the bottom with the aid of a snorkel for the crew.

    クルーのためにシュノーケルを使って水底に沿って泳ぐ。

  • A second tank would remain on shore and provide electrical power to the fording tank via a

    2つ目のタンクは陸上に残し、電力を供給します。

  • connected cable.

    接続されたケーブル。

  • Thus special effort was made to help make the interior compartments watertight.

    そのために、室内の水密性を高めるための工夫がなされた。

  • To power such a massive beast of a tank would require oceans of fuel, and even with a 420

    このような巨大な戦車を動かすためには、海のような燃料が必要であり、420

  • gallon tank the Maus could only travel 38 miles in difficult terrain or 100 miles in

    ガロンのタンクを搭載したMausは、困難な地形では38マイル(約160km)しか走れませんでした。

  • relatively flat and easy terrain such as that of the western Soviet Union.

    西ソビエト連邦のような比較的平坦で容易な地形である。

  • An Abrams today holds 500 gallons of fuel and has a range of up to 262 miles.

    現在のエイブラムスは、500ガロンの燃料を持ち、最大262マイルの航続距離があります。

  • With so much weight, the massive tank would certainly take its time getting anywhere,

    これだけの重量があると、巨大なタンクはどこに行くにも時間がかかってしまいます。

  • as it had a maximum speed of just over 12 miles an hour (19 kmh).

    最高速度は時速12マイル(19キロ)強であった。

  • The Maus would never need to run from a fight though, thanks to it being the most heavily

    Mausは戦いから逃げる必要はありませんが、その理由は最も重い

  • armored vehicle in existence.

    現存する装甲車の中で

  • The front of the hull was 220 millimeters of sloped steel armor, making it in essence

    船体前面には220ミリの傾斜した鋼鉄製の装甲があり、実質的には

  • completely invulnerable to enemy fire.

    敵の攻撃を完全に防ぐことができます。

  • The sides and rear, typically less well armored on any tank, were still 200mm thick, This

    戦車の中でも特に装甲の薄い側面と背面は、200mmの厚さを保っていました。

  • made even the rear of the Maus better protected than the King Tiger's front, which Allied

    連合軍は、Mausの後方でさえ、キングタイガーの前方よりも防御力が高いと判断しました。

  • tanks already had great difficulty penetrating at anything but point-blank range.

    戦車はすでに、至近距離からでないと貫通することは困難でした。

  • With the tank being so slow though, it only made sense that it would need such heavy protection

    遅い戦車だからこそ、厳重な防御が必要だったのです。

  • all around it.

    その周りには

  • Accompanied by supporting infantry, the Maus would in essence be impossible to defeat except

    応援の歩兵を従えたMausは、本質的には倒すことができません。

  • via concentrated anti-tank gun fire or close air support.

    対戦車砲の集中砲火や近接航空支援で

  • Infantry hand-held anti-tank weapons would be completely ineffective against such thick

    歩兵の手持ちの対戦車兵器では、このような分厚い武器には全く効果がありません。

  • armor.

    アーマー

  • The Maus would dish out even better than it could take though, with a 128mm main gun that

    しかし、Mausは128mmの主砲を搭載しているため、その性能を十分に発揮することができました。

  • absolutely dwarfed any tank cannon on the battlefield- it would even dwarf America's

    戦場にあるどんな戦車砲よりも圧倒的に大きく、アメリカの大砲よりも大きい。

  • most modern Abrams, equipped with a 120mm gun.

    120mm砲を搭載した最新鋭のエイブラムス。

  • A 75mm co-axial secondary gun would also be equipped on the tank, doubling its lethality.

    また、75mm同軸副砲を装備することで、殺傷力が倍増します。

  • A 7.92mm machine gun would help keep enemy infantry at bay, and if all this wasn't even

    7.92mm機関銃があれば、敵の歩兵を抑えることができ、さらには

  • enough firepower, the tank even had the option of equipping a full-blown anti-aircraft machine

    戦車には、本格的な対空機を装備することもできました。

  • gun.

    銃を使用しています。

  • This would allow it to defend itself from the only realistic threat on the battlefield

    これにより、戦場における唯一の現実的な脅威から身を守ることができます。

  • for the Maus- enemy close air support.

    Maus-敵の近接航空支援のために。

  • Even the massive 128mm gun however was deemed too small for the tank.

    しかし、巨大な128mm砲も、この戦車には小さすぎると判断された。

  • After Hitler saw a wooden mockup of the tank in 1943, he commented that the main gun looked

    1943年に木製のモックアップを見たヒトラーは、「主砲が見える」とコメントしている。

  • like a toy on the massive tank, and asked for the gun to be increased to an incredible

    巨大な戦車の上におもちゃのように乗って、銃をものすごく大きくしてくれと頼んだ。

  • 150mm cannon.

    150mmキャノン。

  • Originally weighing in at 175 tons, Hitler's additional modifications would push the weight

    当初175トンだった重量が、ヒトラーの追加改造により

  • to an astounding 200 tons.

    を200トンという驚異的な量にすることができました。

  • These additions would include a mortar for close defense, and three additional ports

    これには近接防御のための迫撃砲や、3つのポートが追加されます。

  • in the turrets for submachine guns.

    サブマシンガン用のタレットに

  • Hitler was immediately in love with his super tank, and approval was given for production.

    ヒトラーはこのスーパータンクに一目惚れし、生産の承認を得た。

  • It was estimated that German factories would be able to crank out 10 Maus a month, that

    ドイツの工場では、月に10台のMausを生産できると言われていた。

  • figure later being revised to just 5.

    の数字は後に5に修正されました。

  • Even these incredibly low numbers however would be more than enough for Germany to turn

    しかし、この信じられないような低い数字でも、ドイツが寝返るには十分すぎるほどだ。

  • the tide with tanks that were nearly unkillable.

    ほぼ不死身の戦車で流れを変えた。

  • The first prototype was produced in December of 1943, though it lacked a functional turret.

    1943年12月に最初の試作機が作られたが、砲塔の機能はなかった。

  • Instead, a 'dummy' turret the same weight and size as the real turret was installed,

    その代わりに、本物の砲台と同じ重さと大きさの「ダミー」の砲台を設置した。

  • in order to help engineers test the tank in real-world conditions.

    これは、エンジニアが実際の環境下でタンクをテストするためのものです。

  • The tank proved to be slow, but surprisingly agile, with about half the turning radius

    この戦車は、速度は遅いが、驚くほど機敏で、旋回半径は約半分であった。

  • of an American M4 Sherman.

    アメリカのM4シャーマンの

  • Despite positive tests, Allied bombing raids were severely hampering production of the

    積極的なテストにもかかわらず、連合軍の空襲により、生産に大きな支障をきたしていた。

  • Maus.

    Maus。

  • Limited production capacity had to be prioritized for conventional German tanks, tried and true

    限られた生産能力では、試行錯誤を重ねた従来のドイツ戦車を優先しなければならなかった。

  • platforms that were known to work well.

    このようにして作られたプラットフォームは、効果があると言われています。

  • Changing production over to the Maus would also require a massive retooling of German

    また、Mausに生産を変更するには、ドイツ国内での大規模な再編成が必要となる。

  • factories and a retraining of its workforce, further disincentivising the production of

    工場や従業員の再教育を行うことで、より一層の生産意欲の低下を招きます。

  • the Maus on a large scale.

    Mausを大々的に紹介します。

  • A second prototype was completed a few months after the first, in March 1944.

    2号機は1号機の数ヵ月後、1944年3月に完成した。

  • This functional turret was fitted with a 128mm gun, a coaxial 75mm gun, and a 7.92 machine

    この機能的な砲塔には、128mm砲、同軸の75mm砲、7.92機が搭載されていた。

  • gun for air defense.

    エアディフェンス用の銃。

  • However, by now the war was already turning against Hitler in every theater, and German

    しかし、この頃には、すでに各戦域で戦況がヒトラーに不利になっており、ドイツの

  • industry simply could not afford to switch production over to the Maus.

    そのため、Mausに生産を切り替える余裕がなかったのです。

  • An additional four hulls under construction were ordered to be scrapped immediately, and

    さらに建設中の4隻の船体は、直ちにスクラップにするように命じられており

  • the Maus would never leave the prototype phase.

    Mausはプロトタイプの段階を出ることはありませんでした。

  • With the Soviet army closing in, the German military quickly moved to destroy their supertank

    ソ連軍が迫る中、ドイツ軍はすぐにスーパータンクの破壊に動き出した

  • prototypes.

    のプロトタイプです。

  • Explosive charges were placed in the engine and crew compartments, causing massive damage

    エンジンルームとクルーコンパートメントに爆発物を設置し、甚大な被害をもたらした

  • but leaving the turret relatively intact.

    砲塔はそのままにしておきました。

  • The second Maus proved to be so formidable, that the attempt to destroy it would prove

    2体目のMausは非常に手強く、破壊しようとすると

  • to be less than successful, leaving the Soviets with quite the prize as they advanced through

    は成功しなかったが、ソビエト軍はかなりの戦果を上げて前進していった。

  • Germany.

    ドイツ。

  • The Maus prototypes were quickly taken deep into the Soviet Union, where the scientists

    Mausの試作品はすぐにソ連の奥地に運ばれ、科学者たちは

  • and engineers the tank was meant to defeat got a chance to study it in detail.

    そして、この戦車を倒すべき技術者たちが、この戦車を詳細に研究する機会を得たのである。

  • The functional turret of the heavily damaged Maus was merged with the body of the other,

    重度の損傷を受けたMausの機能的な砲塔が、もう一方のボディに合体していた。

  • largely undamaged Maus, requiring the use of six 18 ton half-tracks just to pull the

    損傷の少ないMausは、18トンのハーフトラックを6台使用して

  • 55 ton turret off the damaged tank.

    破損した戦車の55トン砲塔

  • The Panzer VIII Maus would have been an unstoppable superweapon if it had ever rolled off the

    パンツァーVIIIのMausは、もしそれが実現していたら、止めることのできない超兵器になっていただろう。

  • assembly lines in force.

    組み立てラインの力で

  • Luckily, allied bombing had created serious difficulties for German manufacturing, and

    幸いなことに、連合軍の爆撃によってドイツの製造業は深刻な状況に陥っていた。

  • Hitler's lack of focus on a single definitive weapon system doomed the effort even before

    ヒトラーが決定的な兵器システムに焦点を当てなかったために、その努力は前もって失敗に終わった。

  • it began.

    が始まりました。

  • Had Hitler been more competent however, the history of World War II would have been rewritten

    しかし、ヒトラーがより有能であったならば、第二次世界大戦の歴史は書き換えられていただろう。

  • by the largest tank ever created.

    史上最大のタンクで

  • Now go watch evolution of the M1 Abrams tank, or click this other video instead!

    さあ、M1エイブラムス戦車の進化を見に行きましょう!もしくは他のビデオをクリックしてください。

It's late 1945, and the Allies are pushing deep into Germany.

1945年末、連合国はドイツの奥深くまで攻め込んでいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 戦車 ドイツ ヒトラー ソ連 mm タンク

史上最大の戦車「ナチス・マウス (The Nazi Mouse - The Biggest Tank Ever Made)

  • 10 0
    Summer に公開 2021 年 08 月 12 日
動画の中の単語