Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • July 9, 1668.

    1668年7月9日のこと。

  • Archbishop James Sharpe, a man with many enemies, is sitting in his coach on the Royal Mile

    敵の多いジェームズ・シャープ大司教がロイヤルマイルで馬車に座っている様子

  • in the Scottish city of Edinburgh.

    スコットランドの都市、エジンバラにある。

  • A man named James Mitchell sneaks up to the carriage and fires a pistol at Sharpe, only

    ジェームズ・ミッチェルという男が馬車に忍び寄り、シャープに向かってピストルを撃ちましたが、ただ

  • the bullet hits Sharpe's friend, Bishop Andrew Honeyman.

    その弾丸は、シャープの友人であるアンドリュー・ハニーマン司教に当たった。

  • The bishop took a hit to his hand, but he survived.

    ビショップは手に打撃を受けましたが、生き残りました。

  • As for Sharpe, he was eventually assassinated in 1679.

    シャープは、1679年に暗殺されてしまった。

  • Today's not the day to get into religious squabbles in Scotland back in those days.

    今日は、当時のスコットランドの宗教的な争いを語る日ではありません。

  • Instead, we want to focus on one of the most horrendous instruments of torture ever used,

    それよりも、これまでに使われた最も恐ろしい拷問器具のひとつに注目したい。

  • and one that was brought out on many occasions in many countries.

    と、多くの国で多くの機会に持ち出されたものです。

  • Before we get into the various iterations of this very frightening contraption, we will

    この非常に恐ろしい装置の様々なバリエーションを紹介する前に、以下のことを説明します。

  • first finish the story we've started.

    まず、始めたストーリーを完成させること。

  • Mr. Mitchell's tale is unlike most others, in that he must have had an incredibly high

    ミッチェル氏の話は、他の人とは違って、信じられないほど高い能力を持っていたに違いない。

  • pain tolerance.

    痛みに強い。

  • It took until 1674 for Mitchell to be caught.

    ミッチェルが逮捕されるのは1674年になってからである。

  • It was the brother of Archbishop Sharpe, Sir William Sharp, that did it.

    シャープ大司教の弟、ウィリアム・シャープ卿がやったのである。

  • Mitchell was taken to a dungeon on the small island of Bass Rock off the Scottish mainland

    ミッチェルは、スコットランド本土から離れたバスロックという小さな島の地下牢に入れられた。

  • and told that if he confessed his life would be spared.

    そして、自白すれば命は助かると言われました。

  • On February 12, 1674, Mitchell admitted his guilt in front of the High Court of Justiciary

    1674年2月12日、ミッチェルは高等司法裁判所の前で自分の罪を認めた。

  • and was told that his punishment was to have one of his hands chopped off.

    と言われ、罰として両手の片方を切り落とされることになった。

  • The courts later said no one actually said they'd spare his life and so Mitchell recanted

    後に裁判所は、誰も実際には彼の命を助けるとは言っていないと言い、ミッチェルは撤回した。

  • his confession.

    と告白しています。

  • That led to him being fixed with the boot, something that Mitchell later wrote was an

    それがきっかけで、彼はブーツを固定されることになったのですが、後にミッチェルはこのことを

  • extreme inquiry of torture.”

    "Extreme inquiry of torture"

  • He was tortured on several occasions so that he might again confess to the crime, but it

    幾度となく拷問を受け、再び犯行を告白するようになったが

  • seems even though he passed out at least once from pain, he never did admit to the assassination

    痛みで気絶したことがあっても、暗殺を認めなかったようです。

  • attempt again.

    をもう一度試してみてください。

  • Mitchell wrote about his case in detail and mentioned being tortured with the boot, but

    ミッチェルは自分のケースを詳細に書いており、ブーツで拷問を受けたことにも触れているが

  • he didn't go into details as to what it felt like.

    と言っても、どんな感じだったのか詳しくは語らない。

  • There is, however, a picture in existence that shows what the Scottish boot looked like.

    しかし、現存する写真の中には、スコットランドのブーツの姿を示すものがある。

  • What we can see from that sketch is what looks like a fairly simple device.

    そのスケッチからわかるのは、かなりシンプルなデバイスであるということ。

  • Boards of wood surrounded both of the victim's lower legs, but there's enough space to

    板状の木が被害者の両下肢を取り囲んでいますが、十分なスペースがあるので

  • hammer wooden wedges down the sides.

    ハンマーで木のくさびを打ち込む。

  • The picture also shows a long-handled mallet with which the wedges would be hammered down.

    また、写真には楔を打ち込むための長柄の木槌が写っている。

  • This was useful when a confession was required because the wedges would be forced down in

    これは、自白が必要なときに、楔が押し下げられて

  • increments, although it seems before Mitchell's bones were crushed, he passed out, which didn't

    ミッチェルの骨が砕かれる前に気絶したようだが、それはない。

  • bode well for a confession.

    告白するには良い条件です。

  • Michell was eventually executed by hanging on 18 January 1678.

    結局、ミッシェルは1678年1月18日に絞首刑で処刑された。

  • It seems in terms of torture boots, the ones fitted to Mitchell weren't the worst that

    拷問用ブーツという意味では、ミッチェルに装着されたものは最悪のものではなかったようだ。

  • have been used throughout history.

    は歴史の中で使われてきました。

  • A long history such boots had, too.

    このブーツにも長い歴史があります。

  • Take for instance the story of Jacques de Molay, the last grandmaster of the Catholic

    例えば、カトリックの最後のグランドマスターであるジャック・ドゥ・モレーの話を見てみましょう。

  • military order, the Knights Templar.

    テンプル騎士団と呼ばれる軍事組織です。

  • His story is a long one, too, but let's just say his crusades came to an end after

    彼の話も長いのだが、彼の十字軍は次のようにして終焉を迎えた。

  • he was accused of various crimes against the church in the early 1300s.

    は、1300年代初頭に教会に対するさまざまな罪で告発されました。

  • After extreme interrogation, he admitted that the Templars engaged in some strange initiation

    過酷な尋問の後、彼はテンプル騎士団が奇妙なイニシエーションを行っていたことを認めた。

  • rituals includingdenying Christ and trampling on the Cross.”

    "キリストを否定し、十字架を踏みにじる "などの儀式を行う。

  • Just like Mitchell had done, de Molay confessed to certain crimes during torture but later

    ミッチェルがそうであったように、ド・モレイも拷問中に特定の犯罪を告白したが、後に

  • recanted his confessions.

    は告白を撤回しました。

  • One of the tortures he endured was having his feet roasted above a fire.

    彼が受けた拷問の一つは、足を火で炙られることだった。

  • There were various ways this could be done, but sometimes it involved putting the person's

    その方法はいろいろありますが、時には本人の名前を書いた紙を貼ることもありました。

  • foot inside some kind of device and then held above the flames.

    何らかの装置の中に足を入れて、炎の上に置いておきます。

  • This was of course agonizing for the recipient of the torture, but it was slow enough to

    これはもちろん、拷問を受ける側にとっては苦痛でしかありませんでしたが、十分な速度で

  • give the person time to confess.

    その人に告白する時間を与える。

  • To cut a long story short, de Molay like many other Templars was burned at the stake and

    長い話をまとめると、ド・モレイは他の多くのテンプル騎士団と同様、火あぶりにされて

  • that was the end of the Knights Templar.

    それが、テンプル騎士団の終わりだった。

  • There were different kinds of punishments similar to this over the centuries, but the

    これと似たような刑罰は、何世紀にもわたってさまざまな種類がありましたが

  • outcome was usually the same.

    結果はいつも同じだった。

  • That was the legs and feet either being crushed or partly crushed or the feet and legs being

    それは、足や脚が潰れているか、一部が潰れているか、あるいは足や脚が

  • heated up inside a kind of boot.

    ブーツのようなものの中で温められる。

  • That's exactly what happened to Dermot O'Hurley.

    それがダーモット・オハーリーに起こったことだ。

  • He was a 16th century Roman Catholic Archbishop in Ireland who was eventually executed under

    彼は16世紀にアイルランドで活躍したローマ・カトリックの大司教で、最終的に処刑されました。

  • the orders of Queen Elizabeth I.

    女王エリザベス1世の命令で

  • The Pope and England weren't exactly getting along in those days, so O'Hurley's job

    当時、ローマ法王とイギリスは仲が悪かったので、オハーリーの仕事は

  • was always a risky one.

    は、常にリスキーなものでした。

  • He was eventually arrested and accused of taking part in the Roman Inquisitions.

    彼は最終的に逮捕され、ローマの買収に加担した罪に問われた。

  • Sure, the Catholics were known for their own brutal tortures during the inquisitions, hence

    確かに、カトリックは買収の際に残忍な拷問を行ったことで知られていますが、それゆえに

  • the boot gets its name from the Spanish Inquisitions, but the other side weren't exactly saints,

    ブーツの名前の由来はスペインの買収にありますが、買収された側は必ずしも聖人ではありませんでした。

  • either.

    のいずれかになります。

  • In the book, “History of Ireland in the reign of Elizabeth”, O'Hurley's fate

    エリザベス治世下のアイルランド史」という本の中で、オハーリーの運命を

  • is described in lurid detail.

    が詳細に描かれています。

  • His interrogators first asked him to renounce his beliefs, but he wasn't about to do that.

    尋問官はまず、自分の信念を捨てるように言ったが、彼はそんなことをしようとはしなかった。

  • Then he was told, “If we cannot convince you by argument, we will make you quit your

    そして、「議論しても納得できなければ、あなたを辞めさせます」と言われました。

  • false law and embrace our religion, or feel our power.”

    偽りの法を、我々の宗教を受け入れるか、我々の力を感じるか」。

  • He was then tied to a stake and his feet were bound in a pair of thick leather boots.

    そして、彼は杭に縛られ、足は分厚い革製のブーツで縛られた。

  • According to the writer, they were filled with water, salt, bitumen, tallow, pitch,

    作家によると、水、塩、アスファルト、獣脂、ピッチなどが入っていたそうです。

  • and oil, after which they were roasted over a fire.

    と油を使って、火で炙っていました。

  • We don't know if what the writer says next is an exaggeration, but we wouldn't want

    書き手が次に言うことが誇張であるかどうかはわからないが、私たちは望んでいない。

  • to put the torture to the test.

    を使って、その拷問を試してみました。

  • He said that slowly the skin, flesh, muscles, and pretty much everything else were cooked

    皮も肉も筋肉も何もかもがゆっくりと煮込まれていくのだという。

  • off, leaving just the bones.

    骨だけになってしまった。

  • It sounds like something from a horror movie, and to be honest, the description does sound

    ホラー映画に出てくるような内容で、正直なところ、その内容は

  • a bit like Catholic propaganda.

    カトリックのプロパガンダのようなものです。

  • That's because of what the writer says next: “The martyr, having his mind filled with

    それは、作家が次のように言っているからです。"殉教者は、その心が満たされているので

  • thoughts of God and holy things, never uttered a word, but held out to the end of the torture

    神や聖なるものに思いを馳せ、一言も発せず、拷問の最後まで耐え抜いた。

  • with the same cheerfulness and serenity of countenance he had exhibited at the commencement

    始まりの時に見せたような、明るく穏やかな表情で

  • of his sufferings, as if, flying the heat of the summer sun, he were lying in a dainty

    夏の日差しの中を飛んでいるかのように、彼の苦しみの中で、まるで可憐な

  • bed upon a soft pillow, beneath an overshadowing tree, with spreading leafy branches, and besides

    柔らかい枕の上にベッドを置き、枝を広げた木の下で、しかも

  • a rivulet humming with gentle murmur through fragrant lilies.”

    香り高いユリの中を穏やかなせせらぎが流れています。

  • Something doesn't sound quite right there, and so you won't be surprised to hear that

    そこには何か違和感があり、だからこそ、あなたは以下のことを聞いても驚かないでしょう。

  • the writer says the interrogators failed to break O'Hurley's “unconquerable spirit.”

    尋問官はオハーリーの "不屈の精神 "を壊すことができなかったと書いている。

  • The book was written in 1903, so we guess you could get away with not letting the facts

    この本は1903年に書かれたものなので、事実を伝えないで済むのではないでしょうか。

  • get in the way of a good tale back then.

    当時は物語の邪魔をしていたのです。

  • Still, there are more accounts of the torture mentioning his flesh falling from his bones

    拷問を受けて骨から肉が落ちたという記述もあります。

  • inside the boots.

    ブーツの中に

  • We just doubt he endured all that with the equipoise of someone enjoying the luxuries

    贅沢を楽しむ人のように平然と耐えていたとは思えない。

  • of a soft bed.

    柔らかいベッドの

  • We have no idea what state his feet and legs were in when he was executed in June 1584,

    1584年6月に処刑されたとき、彼の足腰がどのような状態だったのかはわからない。

  • but in his last words he mentioned that he'd been treated savagely even by the standard

    しかし、彼の最後の言葉では、標準的なものでさえ残酷な扱いを受けていたと述べています。

  • of the times, saying, “They have proceeded against me in all pointes cruelly contrary

    彼らはすべての点で私に対して残酷に反抗してきた」と言った。

  • to their own laws.”

    自国の法律に基づいて」。

  • Even if O'Hurley wasn't as laid back about the torture of the boot as some people have

    たとえオハーリーが、一部の人々が言うほどブーツの拷問に寛容ではなかったとしても

  • said, he almost certainly was tortured this way, as were many others in Europe back then.

    とはいえ、当時のヨーロッパの多くの人々と同様に、彼もこのような拷問を受けたことは間違いない。

  • The French had a version of the boot similar to the one we've just described, although

    フランス人は、先ほど説明したものと似たようなブーツを持っていました。

  • it sometimes differed in that the boiling water was soaked through the boot rather than

    沸騰したお湯をブーツに染み込ませるのではなく、ブーツの中に染み込ませるという違いがありました。

  • poured into it.

    を注いでいます。

  • Then there was the story of another Scotsman who also got the boot over the matter of his

    そして、もう一人のスコットランド人も、自分の問題で追い出されたという話があります。

  • religious beliefs.

    宗教的な信念を持っています。

  • This man was named John Spreul, and unlike other people in this video, he was tortured

    この男性は、ジョン・スプロールという名前で、このビデオの他の人たちとは違って、拷問を受けていました。

  • by two kinds of boots.

    2種類のブーツで

  • He was arrested on November 12, 1680, accused by the High Court of Justiciary of treason

    彼は1680年11月12日に逮捕され、司法省高等法院から反逆罪で告発されました。

  • and supporting an uprising by the militant Presbyterian Covenanters.

    と、過激派の長老派コベナンツの蜂起を支援していました。

  • Presbyterians, who were reformers within Protestantism, were subjected to a lot of persecution back

    プロテスタントの改革者である長老派は、当時多くの迫害を受けていた。

  • then in Scotland.

    その後、スコットランドで

  • We found a book about Scottish martyrs published in 1871.

    1871年に出版されたスコットランドの殉教者についての本を見つけました。

  • It details what happened to Spreul and some others that were tortured at the same time

    スプロールをはじめ、同時期に拷問を受けた人たちのことが書かれています。

  • as him.

    彼のように。

  • In one part, the book states, “The preses told Mr. Spreul that if he would not make

    この本には、「社長たちはスプロール氏に、もしも彼が自分の意見を言わないのであれば、自分の意見を言ってくれと言った」という部分があります。

  • a more ample confession than he had done, and sign it, he behoved to underlie the torture.”

    拷問の裏付けとなるように、自分がしたことよりももっと完全な告白をして、それに署名することを望んだ。

  • Spreul countered, saying torture was not even lawful, and anyway, he had nothing to confess.

    スプロールは、「拷問は合法ではないし、自分は何も告白することはない」と反論した。

  • The hangman then stuck the boots on his legs and proceeded to hammer in five wedges.

    吊るし人はブーツを足にはめ、5つの楔を打ち込んだ。

  • In pain, Spreul was asked if he knew anything about the plot to blow up a certain abbey

    痛みの中で、スプロールは「ある修道院の爆破計画について何か知っているか?

  • or the plot to kill the Duke of York.

    とか、ヨーク公を殺そうとする陰謀とか。

  • He denied knowing anything and stated again that he was not part of any kind of rebellion.

    彼は何も知らないことを否定し、どんな反乱にも加担していないことを改めて述べた。

  • This is what the writer said happened next: “When nothing could be expiscated by this,

    次に起こったことを、作家はこう語っている。"何もかもがこのようにして没収されてしまうと

  • they ordered the old Boot to be brought, alleging this new one used by the hangman was not so

    絞首刑の人が使っていた新しいブーツはそうではないと、古いブーツを持ってくるように命じました。

  • good as the old; and accordingly it was brought, and he underwent the torture a second time,

    そして、それが運ばれてきて、2度目の拷問を受けた。

  • and adhered to what he had before said.”

    と言って、前に言ったことを忠実に守っていました。

  • So, this guy got two kinds of boots because the newer kind was apparently not very effective.

    この男は、新しい種類のブーツはあまり効果がないらしいので、2種類のブーツを手に入れたわけだ。

  • The hangman struck the wedges again, but the pain wasn't enough to make Spreul confess.

    絞首刑執行人は再び楔を打ったが、その痛みでスプロールは自白することができなかった。

  • He was, however, not exactly sitting back enjoying his day out.

    しかし、彼はこの日、ゆっくりとした時間を過ごしていたわけではない。

  • He had to be carried back to his cell and even though he needed medical attention, he

    彼は独房に運ばれなければならず、医療措置が必要だったにもかかわらず、彼は

  • was denied a visit by the surgeon.

    は、外科医に面会を拒否されました。

  • The writer of the book admits that the boots used were not in existence when he wrote the

    この本の著者は、使用したブーツが執筆時には存在していなかったことを認めています。

  • book in 1871, although his research led him to believe that the torture could have at

    1871年に出版された本ですが、彼の研究によると、この拷問は当時のものではないかと考えられています。

  • least broken the shin bone.

    少なくとも脛の骨は折れている。

  • He also said the boot was a kind of torture imported from France, where it was known as

    また、ブーツはフランスから輸入された一種の拷問で、フランスでは

  • Le Brodequin.”

    "Le Brodequin"

  • Spreul, by the way, was almost sent off to work as a slave in the plantations of the

    ちなみにスプロールは、のプランテーションで奴隷として働きに出されそうになった。

  • New World, but he stayed in Scotland and fought for his innocence.

    しかし、彼はスコットランドに残り、自分の無実を訴えて戦った。

  • He won in the end and became a successful businessman.

    彼は最終的に勝利し、成功したビジネスマンになった。

  • As for Le Brodequin, one of the best accounts we have is of a man named François Ravaillac.

    Le Brodequinについては、François Ravaillacという人物の証言が最もよく知られている。

  • In 1610, he assassinated King Henry IV of France by stabbing him in his coach.

    1610年には、フランス王アンリ4世を馬車の中で刺して暗殺しました。

  • It went without saying back then that he was going to die in the worst way imaginable,

    当時、彼が最悪の死に方をすることは言うまでもなかった。

  • but the question was, did he have accomplices?

    しかし、問題は彼に共犯者がいたかどうかだ。

  • To know the answer the authorities had to torture him.

    その答えを知るためには、当局は彼を拷問しなければならなかった。

  • The Registers of the French Parliament kept a record of this.

    フランス議会のレジスターには、その記録が残されている。

  • When the first wedge was driven into his boot he cried out, “God have mercy upon my soul.”

    最初のくさびがブーツに打ち込まれたとき、彼は「神よ、私の魂にご慈悲を」と叫んだ。

  • He screamed louder after the second wedge was driven in, shouting, “God, I accept

    2本目のクサビが打ち込まれた後、彼はより大きな声で「神よ、私は受け入れます」と叫んだ。

  • these torments in satisfaction for my sins.”

    私の罪を満足させるために、これらの苦悩を」。

  • He fainted after the third wedge went in, and couldn't be brought around by some slaps

    3本目のウェッジが入ったところで気絶してしまい、平手打ちをしても回復しなかった。

  • in the face and the wine poured down this throat.

    の顔を見て、この喉にワインを流し込んだ。

  • That must have hurt, but this is how his actual execution was described:

    痛かっただろうが、これが彼の実際の処刑の様子である。

  • Before being drawn and quartered... he was scalded with burning sulfur, molten lead

    "引き分けと四つ裂きの刑の前に""燃える硫黄と溶けた鉛で焼かれた

  • and boiling oil and resin, his flesh then being torn by pincers.”

    煮えたぎる油と樹脂で、肉がペンチで引き裂かれていました。

  • Now we head over to Germany where the boot took on a different form, one which was arguably

    次は、ドイツに向かいます。ドイツでは、ブーツは異なる形をしていました。

  • even more gruesome.

    より一層陰惨になった。

  • This boot had sharp studs connected to the inside.

    このブーツには、内側に鋭いスタッドが接続されていました。

  • Unlike the shin boots we've described so far, this boot sometimes just covered both

    これまで紹介してきたシンブーツとは異なり、このブーツは両方をカバーするだけの場合もありましたが

  • sides of the feet.

    足の側面。

  • To understand how it worked, imagine two studded plates: one that went over the top of the

    この仕組みを理解するには、2枚のスタッド付きプレートを想像してください。

  • foot and the other below it.

    足と、その下にあるもう一つの足。

  • After it was secured, a crank would be turned so the two plates came together and after

    固定された後、クランクを回して2枚のプレートを合わせ、その後に

  • enough turning the foot would be completely crushed.

    足が完全につぶれてしまうほどの回転数。

  • Still, while such instruments of torture existed and were later part of exhibitions around

    しかし、そのような拷問器具が存在し、後に各地の展示会でも紹介されるようになりました。

  • the world, if they were ever used we don't know because written accounts don't exist.

    しかし、実際に使われたかどうかは、記録が残っていないのでわかりません。

  • For instance, the Earl Of Shrewsbury collected such devices and wrote about them in the 1893

    例えば、シュルーズベリー伯爵はこのような機器を収集し、1893年の

  • book, “Collection of Torture Instruments from the Royal Castle of Nuremberg.”

    著書「ニュルンベルク王城の拷問器具コレクション」。

  • That book describes many devices used to crush feet, toes, shins, legs, but actual documents

    その本には、足、つま先、すね、脚を潰すための器具がたくさん紹介されていますが、実際の資料では

  • covering the tortures are not easy to find.

    拷問を覆うことは、簡単にはできません。

  • It's the same story with a similar torture that was said to have happened in China.

    中国で起きたとされる似たような拷問と同じ話だ。

  • This was calledKia quenand it involved three pieces of bamboo being connected with

    これは「Kia quen」と呼ばれるもので、3本の竹をつなげて

  • rope around a person's foot.

    人の足にロープを巻く。

  • When the rope was pulled the boards would tighten, and so this was also used to extract

    縄を引っ張ると板が締まるので、それを利用して抽出することもありました。

  • confessions from people rather than kill them.

    人を殺すのではなく、自白させる。

  • We couldn't find much information about that, but we had more luck finding stories

    それについてはあまり情報がありませんでしたが、それよりも運良く見つけたのが

  • about a kind of boot torture that happened in India in the mid-19the century.

    19世紀半ばにインドで起こった一種のブーツ拷問について。

  • In an 1856 report to British parliament titledTorture in Madras”, a whole list of tortures

    1856年にイギリス議会に提出された「マドラスの拷問」という報告書には、拷問のリストがずらりと並んでいます。

  • were mentioned, including some very unique ones such as this, “Placing the carpenter

    といったユニークなものもありましたが、その中には「大工さんを配置して

  • beetle, or other gnawing insect, or some stinging reptile, confined within a cocoa-nut shell,

    カカオの実の殻の中には、カブトムシなどの齧る虫や、刺すような爬虫類が閉じ込められています。

  • on the navel or still more sensitive part of the body, causing great torment.”

    へそなどの敏感な部分に当てて、大きな苦痛を与える」。

  • Pretty much the whole gamut of tortures were mentioned in that report, with some leading

    この報告書では、ほとんどすべての拷問が言及されており、いくつかの代表的な拷問も紹介されています。

  • to death or disablement.

    死亡または身体障害のために

  • The complaint goes on to say that torture was ignored, despite the British and the Government

    訴状はさらに、イギリスと政府が拷問を無視していたにもかかわらず

  • of Madras knowing it happened and was illegal.

    違法であることを承知の上で、マドラス市の

  • The British East India Company knew about it, too, and stood accused ofwillfully

    イギリスの東インド会社もそのことを知っていて、「故意に」と非難されました。

  • and disgracefullyconcealing it.

    そして、それを "不名誉にも "隠していたのです。

  • That's because they were often behind it.

    それは、彼らがその背後にいることが多いからだ。

  • One of those tortures was calledkitteeand consisted of tightening sticks or boards

    その一つが「キッティー」と呼ばれる拷問で、棒や板を締め付けるものでした。

  • around a person's fingers or feet and then tightening them with rope.

    人の指や足に巻き付けて、ロープで締め付けること。

  • It was said to have been used mostly by local tax collectors, although police sometimes

    主に地方の徴税人が使用していたと言われていますが、警察が使用することもありました。

  • used it as a way to extract confessions.

    自白を引き出すための手段として使われていました。

  • Riots were common back then.

    当時は暴動が多発していました。

  • In some reports, it was compared to the boot, but like the Chinese version of the torture,

    一部の報道では、ブーツと比較されていましたが、中国版の拷問のようなものです。

  • the device looked more like a sandal.

    は、サンダルのような形をしていました。

  • Now you need to watch, “The Blood Eagle - Worst Punishments in the History of Mankind.”

    あとは、"血の掟-人類史上最悪の処罰-"を見てください。

  • or, have a look at...

    または、ご覧になってみてください...。

July 9, 1668.

1668年7月9日のこと。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ブーツ ミッチェル 告白 スコットランド シャープ 当時

スパニッシュ・ブーツ - 人類史上最悪の刑罰 (The Spanish Boot - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 3 0
    Summer に公開 2021 年 08 月 11 日
動画の中の単語