Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Ever since his surgery in 2012, Lee Passmore has lived in chronic pain.

    2012年に手術を受けて以来、Lee Passmoreさんは慢性的な痛みを抱えながら生活してきました。

  • He can't feel his feet.

    足の感覚がない。

  • His right leg is stiff and he struggles to walk.

    右足が硬くなり、歩くのに苦労しています。

  • But he's one of the lucky ones, he could be dead.

    しかし、彼は幸運な一人で、死んでいたかもしれない。

  • Passmore was the first in a long line of patients who ended up being maimed or killed by Dr.

    パスモアは、博士によって傷つけられたり殺されたりした患者の最初の一人だった。

  • Christopher Duntsch.

    クリストファー・ダンチ

  • During two years of practicing medicine in and around Dallas, Texas Duntsch operated

    テキサス州ダラス周辺での2年間の医療活動の間、ダンチは

  • on thirty-seven patients.

    を37人の患者に投与した。

  • Thirty-three of those patients were injured during or as a result of the surgery, some

    そのうち33人の患者は、手術中または手術の結果として怪我をし、そのうちのいくつかは

  • suffering rare or unusual complications.

    稀な、あるいは異常な合併症を患っている。

  • Three patients died, two in the hospital within hours of their surgery.

    3人の患者さんが亡くなり、そのうち2人は手術後数時間以内に病院で亡くなりました。

  • As Duntsch's negligence and failures began to come to light, a magazine published a cover

    ダンチの過失や失敗が明るみに出始めた頃、ある雑誌が表紙を飾った。

  • story with the headlineDr. Death”; the nickname stuck.

    という見出しの記事があり、このニックネームが定着した。

  • So what went wrong?

    では、何が悪かったのか?

  • After the first few botched surgeries, why was this incompetent doctor allowed to continue

    最初の数回の手術が失敗に終わった後、なぜこの無能な医師は手術を続けることができたのでしょうか?

  • to perform operations?

    を使って操作を行うことができますか?

  • Was anyone paying attention?

    誰もが注目していました。

  • Ultimately, when authorities finally looked into Duntsch's history, they were shocked

    最終的に、当局がダンチの経歴を調べたとき、彼らはショックを受けた。

  • at how he had flown under the radar time and time again.

    彼は何度も何度も目立たないようにしていました。

  • Let's start at the beginning: After receiving his undergraduate degree in 1995, Duntsch

    まず、最初から説明しましょう。1995年に学士号を取得した後、Duntschは

  • enrolled at the University of Tennessee at Memphis College of Medicine, in an ambitious

    テネシー大学メンフィス校の医学部に在籍する学生を対象に、野心的な

  • program to earn both an M.D. and a Ph.D. He earned his dual degrees in 2001 and 2002.

    2001年と2002年に修士号と博士号の両方を取得しました。

  • Duntsch was tall, confident--some would say arrogant, and had a persuasive charm when

    ダンチは背が高く、自信に満ちていて、傲慢とも言えるほどで、説得力のある魅力を持っていた。

  • he talked.

    と話していた。

  • While not the brightest, he had a reputation as a hard worker.

    彼は決して優秀ではなかったが、努力家だと評判だった。

  • Although much later, in sworn testimony an ex-girlfriend of one of his closest friends

    しかし、ずっと後になって、彼の親友の元ガールフレンドが宣誓証言をしました。

  • claimed Duntsch liked to party.

    主張するDuntschはパーティー好きだった。

  • She described a drug-fueled, all-night birthday celebration for Duntsch about midway through

    彼女はダンチの誕生日の半ば頃、薬物を使って徹夜で祝ったと語っている。

  • his residency.

    彼の居住地。

  • Apparently, partygoers snorted cocaine, popped pills and drank.

    パーティーの参加者は、コカインを吸い、薬を飲み、酒を飲んでいたようです。

  • Early the next morning, Duntsch slipped on his white coat and headed for rounds at the

    翌日の早朝、ダンチは白衣を身にまとい、会場でのラウンドに向かった。

  • hospital as usual.

    いつも通りの病院です。

  • Duntsch also took part in a neurosurgery residency program at the University of Tennessee Health

    また、テネシー大学医学部の脳神経外科の研修プログラムにも参加しました。

  • Science Center, and subsequently completed a spine fellowship program there as well.

    科学センターでは、脊椎フェローシッププログラムを修了しました。

  • As part of the program, Duntsch worked in a research lab, studying stem cells.

    プログラムの一環として、ダンチは研究室で幹細胞の研究を行いました。

  • For a while he pursued a career in biotechnology and even worked for a company exploring the

    一時期はバイオテクノロジーの分野を目指していたこともありましたが、その時には研究をしている会社に勤めていました。

  • potential of stem cells.

    幹細胞の可能性

  • However he eventually fell out of favor with his colleagues and was forced to leave.

    しかし、彼は同僚との関係がうまくいかず、退社を余儀なくされた。

  • Per the Accreditation Council for Graduate Medical Education, a neurosurgery resident

    Accreditation Council for Graduate Medical Education(医学教育認定評議会)によると、脳神経外科のレジデントは

  • does about 1,000 operations during training.

    は、訓練中に約1,000回の操作を行います。

  • But according to records, by the time Duntsch finished his residency and fellowship, he

    しかし、記録によると、ダンチがレジデントとフェローシップを終えた頃には

  • had operated fewer than 100 times.

    が100回以下であった。

  • Once Duntsch's negligence came to light, the media reached out to the University of

    ダンチの過失が明るみに出ると、メディアは大学側に働きかけて

  • Tennessee.

    テネシー州

  • The school, citing student record confidentiality, wouldn't comment on Duntsch.

    学校側は、生徒の記録の機密性を理由に、ダンチに関するコメントを出していません。

  • Off the record the chief of neurosurgery at the hospital where Duntsch did his residency

    ダンチが研修を受けた病院の脳神経外科部長は、オフレコで

  • said that there was once an anonymous complaint filed.

    匿名の苦情があったこともあるという。

  • Allegedly Duntsch was impaired by drugs while seeing patients.

    伝えられるところによると、Duntschは患者を診察している間、薬物の影響を受けていたとのことです。

  • Duntsch ended up being sent to a program for impaired physicians.

    その結果、ダンチは障害を持つ医師のためのプログラムに送られることになった。

  • Afterwards he was allowed to continue his surgical training under close supervision.

    その後、彼は厳重な監視の下で外科のトレーニングを続けることが許された。

  • In the summer of 2011, Duntsch took his first job as a practicing physician at the Minimally

    2011年の夏、Duntsch氏はMinimally-to-the-Minimally-Sportsの開業医として最初の仕事をしました。

  • Invasive Spine Institute in Plano, Texas.

    テキサス州プラノにあるInvasive Spine Institute。

  • He also received privileges to operate at Baylor Regional Medical Center.

    また、ベイラー・リージョナル・メディカル・センターでの手術の特権も得ました。

  • The hospital gave him a base salary of $600,000 a year for two years.

    病院側は、彼に2年間、年間60万ドルの基本給を与えた。

  • A lot of money to be sure, but not unusual, as neurosurgeons bring in millions in yearly

    確かに大金ではありますが、脳外科医の年収は数百万円ですから、珍しいことではありません。

  • revenue hospitals.

    収益病院。

  • Both workplaces had received glowing recommendations from Duntsch's medical school.

    どちらの職場も、ダンチが通っていた医大から推薦を受けていた。

  • Within a few months Duntsch had been dismissed from the Spine Institute for dereliction of

    ダンチは数ヶ月のうちに、職務怠慢を理由にスパイン・インスティテュートを解雇されてしまった。

  • duty.

    の義務があります。

  • Duntsch had gone to Las Vegas on a weekend he was supposed to be looking after a patient

    ダンチは、患者の世話をするはずだった週末にラスベガスに行っていた。

  • he had operated on.

    彼は手術をした。

  • However, Duntsch still had operating privileges at Baylor-Plano.

    しかし、ダンチはベイラー・プラノでの営業権を持っていた。

  • In the winter of 2011, 36 year old Lee Passmore saw a pain management specialist.

    2011年の冬、36歳のLee Passmoreさんは、疼痛管理の専門家に診てもらいました。

  • Previously he had had back surgery, unfortunately the pain had returned.

    以前、腰の手術をしたことがありますが、残念ながら痛みが再発してしまいました。

  • His pain specialist advised against having another operation, but then mentioned that

    痛みの専門家は、再手術をしないようにアドバイスしてくれましたが、その時、次のようなことを言いました。

  • he had recently met a neurosurgeon and gave Passmore Duntsch's card.

    彼は最近、ある脳外科医に会い、パスモアにダンチの名刺を渡した。

  • On Dec. 30, 2011, Duntsch set out to perform an anterior/posterior lumbar fusion surgery

    2011年12月30日、ダンチは腰椎の前後方向の固定手術を行うことにした

  • on Passmore.

    パスモアで

  • This procedure uses metal implants and bone grafts to stabilize adjoining vertebrae.

    この方法では、金属製のインプラントと骨の移植により、隣接する椎体を安定させます。

  • A vascular surgeon, Dr. Mark Hoyle was on hand to assist with the operation.

    血管外科医のマーク・ホイル博士が手術をサポートしてくれました。

  • It was Hoyle's job to open Passmore and sew him up.

    パスモアを開いて縫うのは、ホイルの仕事だった。

  • Hoyle began by making a small incision just above Passmore's groin.

    ホイルはまず、パスモアの股間のすぐ上を小さく切開した。

  • He moved the blood vessels and organs out of the way, allowing Duntsch clear access

    彼は血管や臓器を邪魔にならないように移動させ、ダンチのアクセスを可能にした。

  • to the lower spine to remove a herniated disc which was pinching a nerve.

    神経を圧迫している椎間板ヘルニアを除去するために、背骨の下にある

  • Hoyle watched in alarm as Passmore began to bleed profusely when Duntsch began to cut

    ホイルは、ダンチが切り始めたときにパスモアが大量に出血し始めたのを心配そうに見ていた。

  • out a ligament around the spinal cord not typically disturbed in such spinal fusion

    通常の脊椎固定では邪魔にならない、脊髄の周りの靭帯を取り除く

  • procedures.

    の手続きを行います。

  • As the surgery continued, Hoyle became more and more concerned with Duntsch's actions.

    手術が進むにつれ、ホイルはダンチの行動が気になって仕方がなくなってきた。

  • Eventually he blocked Duntsch from continuing the procedure, because he felt that irreversible

    最終的に彼は、不可逆的な処置が必要だと考え、ダンチに処置を続けさせないようにしました。

  • damage was being done to the patient.

    は患者にダメージを与えていました。

  • Then Hoyle left the operating room and vowed never to work with Duntsch again.

    そして、ホイルは手術室を出て、二度とダンチとは仕事をしないと誓った。

  • 45 year old Barry Morgulof was Duntsch's next patient.

    45歳のバリー・モルグロフは、ダンチの次の患者だった。

  • Morguloff had worn his back out unloading trucks for his father's import company.

    モーグロフは、父親が経営する輸入会社のトラックの荷役で腰を痛めていた。

  • During his appointment with Duntsch, Morguloff was impressed with his easy manner and confident

    ダンチ氏との面談の際、モーグロフ氏はダンチ氏のやさしい物腰と自信に満ちた態度に感銘を受けた。

  • promises to fix Morguloff's back.

    モルグロフの背中を治すことを約束する。

  • On Jan. 11, 2012, Duntsch performed an anterior lumbar spinal fusion on Morguloff.

    2012年1月11日、DuntschはMorguloffに腰椎前方固定術を行いました。

  • Dr. Kirby, the assisting vascular surgeon, observed that instead of using a scalpel,

    血管外科医の助手であるカービー博士は、メスを使う代わりに

  • Duntsch tried to pull Morguloff's problem disk out with a grabbing instrument that could

    Duntschは、Morguloffの問題のディスクを引っ張ってくることができるつかみの道具で試みました。

  • damage the spine.

    は背骨にダメージを与えます。

  • Dr. Kirby argued with Duntsch and then left the operating room.

    カービー医師はダンチと口論した後、手術室を後にした。

  • When Morguloff awoke, he had searing pain in his back and left leg.

    目が覚めると、背中と左足に焼け付くような痛みがあった。

  • Several months later he had to have a second operation to remove bone fragments lodged

    数ヶ月後には、2度目の手術を受けて、骨の破片を取り除きました。

  • in his spinal canal caused by the first operation.

    1回目の手術で生じた脊柱管内での

  • The repairing surgeon fixed what damage he could, but to this day Morguloff still walks

    修理した外科医は、できる限りの修復をしたが、Morguloffは今でも歩いている。

  • with a cane.

    杖をついて。

  • As scar tissue builds up, Morguloff's pain will worsen and his range of motion will decrease.

    瘢痕組織が蓄積されると、Morguloffの痛みは悪化し、可動域も減少していきます。

  • One day, he will likely be in a wheelchair.

    いつかは車いすになるかもしれません。

  • Throughout the spring Duntsch performed several more surgeries.

    春になってからも、ダンチはいくつかの手術を行った。

  • In February, he performed an elective spinal fusion on Jerry Summers, his roommate and

    2月には、同居人であるジェリー・サマーズに選択的脊椎固定術を行いました。

  • childhood friend.

    幼馴染。

  • Jerry suffered from chronic pain from a high school football injury that had gotten worse

    ジェリーは、高校時代のサッカーの怪我が悪化し、慢性的な痛みに苦しんでいました。

  • after a car accident.

    交通事故の後

  • After surgery, when Summers awoke he was quadriplegic.

    手術後、サマーズが目覚めたときには四肢麻痺になっていた。

  • According to doctors who later reviewed the case, Duntsch had damaged Summers' vertebral

    後に検証した医師によると、ダンチはサマーズの椎骨を損傷していた。

  • artery, causing massive bleeding.

    動脈に大量の出血をもたらした。

  • To stop the bleeding, Duntsch packed the space with so much anticoagulant that it squeezed

    出血を止めるために、ダンチは抗凝固剤を大量に詰め込んで、その空間を圧迫しました。

  • Summers' spine.

    サマソニの背表紙

  • Summers made the startling claim that the night before the surgery he and Duntsch had

    サマーズは、手術の前夜にダンチと一緒に手術を受けたという驚くべき証言をしている。

  • done cocaine.

    コカインをやった。

  • Later he would recant under oath, explaining that at the time he just wanted to make trouble

    後に彼は宣誓して、当時はただトラブルを起こしたかっただけだったと説明している。

  • for Duntsch.

    for Duntsch.

  • However, Baylor-Plano took the accusation seriously and ordered Duntsch to take a drug

    しかし、ベイラー・プラノ社はその告発を真摯に受け止め、ダンチに薬の服用を命じました。

  • test.

    のテストを行います。

  • Duntsch missed his test appointment, telling administrators he got lost on the way to the

    Duntschは、テストの予約時間に間に合わず、管理者に「途中で道に迷った」と言いました。

  • lab.

    lab.

  • However, he passed a separate psychological evaluation and, after three weeks, was allowed

    しかし、彼は別の心理学的評価に合格し、3週間後には許可されました。

  • to operate again, but he was told to stick to relatively minor procedures.

    と言われましたが、比較的小さな手術にとどめるように言われました。

  • In March, Duntsch operated on Kellie Martin, a schoolteacher who had a compressed nerve

    3月、ダンチは神経を圧迫した学校の教師、ケリー・マーティンの手術を行った。

  • from falling off a ladder while trying to retrieve Christmas decorations.

    クリスマスの装飾品を取り出そうとして梯子から落ちたのが原因です。

  • She went to Duntsch for a laminectomy, also known as decompression surgery, a straightforward,

    彼女はダンチに行って、椎弓切除術(減圧手術とも呼ばれる)を受けた。

  • common procedure.

    の一般的な手順です。

  • However, within a few hours of her operation Martin bled to death internally.

    しかし、手術後数時間でマーティンは内出血で死んでしまった。

  • An autopsy discovered that Duntsch had cut a major blood vessel in her spinal cord, but

    解剖の結果、ダンチは脊髄の主要な血管を切っていたことが判明したが

  • the death was ruled accidental.

    死因は事故と判断されました。

  • Baylor-Plano again ordered Duntsch to take a drug test.

    ベイラー・プラノ社は再びダンチに薬物検査を受けるよう命じた。

  • His first screening came back diluted with tap water, but a second, taken a few days

    最初の検査では水道水で希釈された結果が出ましたが、数日後に行われた2回目の検査では

  • later, came up clean.

    の後、クリーンな状態になりました。

  • Hospital administrators also organized a review of Duntsch's cases.

    また、病院の管理者は、ダンチのケースを見直すことを組織した。

  • As a result they ended his operating privileges at the facility.

    その結果、彼の施設での営業権が終了しました。

  • However, Baylor-Plano allowed Duntsch to resign rather than be fired.

    しかし、ベイラー・プラノ社は、ダンチの解雇ではなく辞任を認めた。

  • Since Duntsch's departure was technically voluntary and his leave had been for less

    ダンチの退職は技術的には自発的なものであり、彼の休職期間はそれほど長くはなかった。

  • than 31 days, Baylor-Plano was under no obligation to report him to the National Practitioner

    ベイラー・プラノ社は、31日を超えても、彼を全米の開業医に報告する義務はありませんでした。

  • Data Bank.

    データバンクです。

  • Established in 1990, this database tracks malpractice payouts and adverse actions taken

    1990年に設立されたこのデータベースは、保険金の支払いや不利益処分を追跡しています。

  • against doctors, such as being fired, barred from Medicare, handed a long suspension, or

    医師に対しては、解雇、メディケアからの締め出し、長期の停職処分、あるいは

  • having a license suspended or revoked.

    免許を停止または取り消された場合

  • Medical facilities and state licensing boards are required to query the database when considering

    医療機関や州のライセンス委員会は、以下を検討する際にデータベースを照会する必要があります。

  • applicants for clinical privileges.

    臨床権限の申請者。

  • Basically, the database is supposed to prevent bad doctors from moving from hospital to hospital.

    基本的には、データベースは、悪い医師が病院から病院へ移動するのを防ぐためのものです。

  • However, hospitals sometimes will allow a doctor to resign instead of dismissing them.The

    しかし、病院は医師を解雇するのではなく、辞職を認めることもあります。

  • hospitals worry about perceived legal liability; reporting a doctor may hurt their job prospects

    病院は法的責任を問われることを心配し、医師を通報することで仕事に支障をきたす可能性がある

  • or even prompt lawsuits which will blow back on the hospital.

    あるいは、訴訟に発展して病院に打撃を与える可能性もあります。

  • So if possible, some hospitals will invite a bad doctor to resign and sweep the mess

    そのため、可能であれば、悪徳医師を招いて辞任させ、混乱を一掃する病院もあります

  • under the rug.

    の下にある。

  • Baylor-Plano's decision not to fire Duntsch and also not to report him to the Texas Medical

    ベイラー・プラノ社は、ダンチを解雇せず、テキサス州の医療機関にも報告しなかった。

  • State Board had a devastating effect.

    州議会は壊滅的な影響を与えた。

  • Duntsch moved on to Dallas Medical Center.

    DuntschはDallas Medical Centerに移った。

  • On July 24, 2012, Duntsch operated on 64 year old Floella Brown, a retiring banker.

    2012年7月24日、ダンチは銀行員を引退した64歳のフロエラ・ブラウンさんを手術しました。

  • During the surgery, Brown bled so much that the operating room nurses had to put towels

    手術中、ブラウンは出血がひどく、手術室の看護師がタオルを敷いて

  • on the floor to soak up the lake of red.

    を床に置いて、赤の湖を浸しています。

  • After the operation, Brown woke up and seemed fine, but several hours later she lost consciousness.

    手術後、ブラウンは目を覚まして元気そうにしていたが、数時間後には意識を失ってしまった。

  • Pressure was building inside her brain.

    脳内に圧力がかかる。

  • She was moved to the ICU while doctors tried to figure out what was going on.

    彼女はICUに移され、医師が原因究明に努めた。

  • While Brown was still in the ICU, Duntsch performed another surgery on active 71 year

    ブラウンがまだICUにいる間に、ダンチはアクティブな71年目に別の手術を行った。

  • old Mary Efurd.

    old Mary Efurd.

  • She had sought Duntsch's help because she was experiencing back pain when trying to

    彼女がダンチに助けを求めたのは、腰痛に悩まされていたからだ。

  • use the treadmill.

    トレッドミルの使用

  • Brown never regained consciousness, and within a few days her family removed her from life

    ブラウンは意識を取り戻すことなく、数日後には家族に看取られてしまいました。

  • support.

    をサポートしています。

  • Later an investigation would find that Duntsch had both pierced and blocked her vertebral

    その後の調査で、ダンチは彼女の椎骨を突き刺して塞いでいたことが判明した。

  • artery with a misplaced screw.

    ネジの位置を間違えただけで、動脈瘤ができてしまいました。

  • Efurd woke up from her surgery in agony.

    エフルードは手術後、苦しみながら目を覚ました。

  • She couldn't turn over or wiggle her toes.

    寝返りを打つことも、足の指を動かすこともできなかった。

  • The hospital called Dr. Robert Henderson, a Dallas spine surgeon.

    病院は、ダラスの脊椎外科医であるロバート・ヘンダーソン医師に連絡を取った。

  • When Dr. Henderson performed emergency repair surgery on Efurd the day after her original

    ヘンダーソン博士がエフルードの緊急修復手術を行ったときのこと。

  • surgery, he was horrified at how badly it had been botched.

    その時、彼は自分の手術の出来の悪さに愕然とした。

  • Unfortunately, he could only do so much to repair the damage.

    残念ながら、彼にできることは限られている。

  • Efurd never regained her mobility and now uses a wheelchair.

    Efurdは運動能力を取り戻すことができず、現在は車いすを使用しています。

  • WIthin a week of the 2 surgeries, hospital administrators told Duntsch he could no longer

    2回の手術から1週間も経たないうちに、病院の管理者はダンチに「これ以上の手術はできない」と告げました。

  • operate at Dallas Medical Center.

    ダラス・メディカル・センターでは

  • But, just like Baylor-Plano, Duntsch was allowed to resign and the hospital didn't notify

    しかし、ベイラー・プラノと同じように、ダンチは辞任を認められ、病院側は通知しなかった。

  • the National Practitioner Data Bank.

    National Practitioner Data Bankに掲載されています。

  • However, by this time other physicians had taken note of Duntsch's track record.

    しかし、この頃には他の医師もダンチの実績に注目していた。

  • Dr. Hoyle, who had once assisted Duntsch on a surgery, submitted a complaint to the Texas

    かつてダンチの手術を手伝ったことのあるホイル医師は、テキサス州に苦情を提出した。

  • State medical board.

    州の医療委員会

  • Dr. Henderson began to investigate Duntsch on his own and contacted some of his former

    ヘンダーソン博士は、独自にダンチを調査し、ダンチの元部下たちに連絡を取った。

  • co-workers, and professors to get a better picture.

    同僚や教授など、より良いイメージを持つことができます。

  • But Duntsch was able to move onto yet another hospital where he caused patient's Jacqueline

    しかし、ダンチは別の病院に移ることができ、そこで患者のジャクリーンを引き起こしました。

  • Troy's vocal cords to become paralyzed.

    トロイの声帯が麻痺してしまいました。

  • She had to have emergency repair surgery.

    緊急の修復手術を受けることになりました。

  • When Duntsch moved on to yet another hospital, Dr. Henderson notified them of Duntsch's

    ダンチが別の病院に移ったとき、ヘンダーソン博士はダンチのことを病院に知らせた。

  • surgery record.

    手術の記録。

  • However, Duntsch was able to submit recommendations he received from medical school.

    しかし、ダンチは医学部時代に受けた推薦状を提出することができました。

  • When contacted by Dr. Henderson, Duntsch's former fellowship supervisor, said that they

    ヘンダーソン博士に問い合わせたところ、ダンチのフェローシップの元指導者は、「彼らは

  • responded positively because Duntsch had completed the training satisfactorily.

    ダンチがトレーニングを十分にこなしていたため、積極的な反応を示した。

  • Not only were they not asked about Duntsch's current actions, they couldn't comment on

    彼らは、ダンチの現在の行動について聞かれなかっただけでなく、コメントできませんでした。

  • those actions, it was all hearsay.

    このような行動は、すべて伝聞です。

  • Meanwhile, a few months after his surgery, Passmore, no longer able to meet the physical

    一方、手術から数ヶ月後、パスモアは身体能力を満たすことができなくなりました。

  • demands of his job as a medical investigator, was forced to resign to access his long-term

    医療調査員としての仕事に追われ、長期療養のために辞職を余儀なくされました。

  • disability insurance.

    障害保険に加入しています。

  • He began to investigate Duntsch.

    彼は、ダンチの調査を始めた。

  • A few other patients or the family of deceased patients consulted lawyers.

    他にも数名の患者さんやご遺族の方が弁護士に相談されていました。

  • However, Texas enacted tort reform in 2003 which capped plaintiffs damages for malpractice

    しかし、テキサス州では2003年に不法行為改革が施行され、過失に対する原告の賠償額に上限が設けられました。

  • at $250,000.

    を250,000ドルに設定しました。

  • Also to successfully sue a hospital or doctor for malpractice, it must be proven that the

    また、病院や医師を過失で訴えるためには、以下のことが証明されなければなりません。

  • facility acted with malice, which can be incredibly difficult.

    施設が悪意を持って行動したかどうか、これは非常に難しいことです。

  • The lawsuits that generally go forward hinge on economic damages, such as lost earning

    一般的に訴訟の対象となるのは、逸失利益などの経済的損害です。

  • power, which the law does not limit in non-death cases However, many of Duntsch's patients

    しかし、Duntschの患者の多くは......。

  • were disabled, older or on Medicare insurance and had limited resources.

    は、障害者、高齢者、メディケア保険に加入している人で、リソースが限られていました。

  • It was hard to find lawyers that were willing to take their cases.

    彼らの事件を引き受けてくれる弁護士はなかなか見つからなかった。

  • Duntsch managed to move to yet another facility, University General Hospital.

    ダンチは、さらに別の施設である大学総合病院に移ることができた。

  • The last straw came on June 10, 2013 when Duntsch performed a cervical fusion on a 49-year-old

    2013年6月10日、ダンチが49歳の女性に頸椎固定術を行ったとき、最後の一歩を踏み出した。

  • Jeffrey Glidewell.

    ジェフリー・グライドウェル

  • After the surgery Glidewell had severe pain and trouble swallowing.

    手術後、Gridewellは激しい痛みと嚥下障害に襲われました。

  • Dr. Kirby did emergency surgery and found a significant esophageal injury that affected

    カービー医師は緊急手術を行い、食道に大きな損傷があり、それが影響していることを発見しました。

  • Glidewell's ability to breathe.

    グライドウェルの息の長さ。

  • He also found a sponge that had been left in the soft tissue of Glidewell's neck.

    また、グライドウェルの首の軟部組織に残されていたスポンジも発見しました。

  • Dr. Kirby quickly filed a complaint with the Texas Medical Board.

    カービー博士はすぐにテキサス州医師会に苦情を申し立てました。

  • Finally an institution weighed in and University General Hospital also reported Duntsch.

    そして、大学総合病院からもダンチの報告がありました。

  • On June 26, 2013, nearly a year after Dr. Henderson first complained about Duntschand

    ヘンダーソン博士が最初にダンチについて苦情を言ってから約1年後の2013年6月26日に-。

  • three days after Dr. Kirby's complaint, the Texas Medical Board, finally ordered a

    カービー博士の告訴から3日後、テキサス州医療委員会は、ついに

  • temporary suspension of Duntsch's license while they continued their investigation.

    調査を続ける間、ダンチの免許を一時的に停止しました。

  • Soon afterward, surgeons Kirby and Henderson made an unusual move.

    その直後、外科医のカービーとヘンダーソンが異例の行動に出た。

  • They met with a prosecutor at the Dallas County district attorney's office to discuss possible

    彼らは、ダラス郡の地方検事局の検事と会い、可能性について話し合いました。

  • criminal charges against Duntsch.

    ダンチに対する刑事告発。

  • Generally physician discipline is handled by hospital, medical boards and malpractice

    一般的に医師の懲戒処分は、病院や医療委員会、医療過誤などによって行われます。

  • lawsuits.

    法案を作成しました。

  • The doctors worried that Duntsch would be able to get his license reinstated.

    医師たちは、ダンチが免許を復活させることができるかどうかを心配した。

  • They decided to use any tool at their disposal to make sure that didn't happen.

    そうならないために、どんな手段でも使うことにしたのだ。

  • On Dec. 6, 2013, the Texas Medical board, having considered both evidence and a rebuttal

    2013年12月6日、テキサス州医師会は、証拠と反論の両方を考慮した上で

  • report from Duntsch, finally revoked his license to practice medicine.

    ダンチからの報告を受けて、最終的に医師免許を取り消した。

  • After his medical license was revoked, Duntsch spiraled.

    医師免許を剥奪された後、ダンチは暴走した。

  • He moved to Colorado to live with his parents and declared bankruptcy, claiming debts of

    彼は両親と一緒に暮らすためにコロラド州に移り、以下の負債を主張して破産を宣言しました。

  • around $1 million.

    約100万ドル

  • In January of 2014 he was arrested for DUI.

    2014年1月には飲酒運転で逮捕された。

  • In March 2015 Duntsch had a public breakdown and was taken for a psychiatric evaluation.

    2015年3月、ダンチは公私混同をし、精神鑑定を受けました。

  • In April he attempted to shoplift some $887 worth of merchandise from Walmart and was

    4月にはウォルマートで約887ドル相当の商品を万引きしようとしたが

  • arrested.

    を逮捕しました。

  • When a local newspaper ran a story about him, in the comment section underneath the article,

    地元の新聞に彼の記事が掲載されたとき、その記事の下のコメント欄に

  • Duntsch responded with several very long tirades against everyone he thought had conspired

    Duntschは、陰謀を企てたと思われる人々に対して、非常に長い暴言を吐いた。