Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • John Wilkes Booth.

    ジョン・ウィルクス・ブース

  • Lee Harvey Oswald.

    リー・ハーヴェイ・オズワルド

  • Charles Guiteau.

    Charles Guiteau

  • Leon Czolgosz.

    レオン・チョルゴーズ

  • Their names went down in infamy as the men who killed Presidents.

    彼らの名前は、「大統領を殺した男たち」として悪名を残した。

  • But other would-be assassins faded into history - because their targets survived.

    しかし、ターゲットが生き残ったために、歴史の中に消えていった暗殺者もいた。

  • These are ten failed assassinations that didn't quite hit their target.

    これらは、ターゲットに完全には届かなかった10の失敗した暗殺です。

  • #10.

    #10.

  • Canadian Prime MInister's Close Call

    カナダ首相の危機一髪

  • Jean Chretien was the Prime Minister of Canada for ten years, a well-regarded Liberal Party

    ジャン・クレティエンは、10年間カナダの首相を務め、定評のある自由党の

  • mainstay.

    の主力商品です。

  • He didn't have many enemies - that people knew of.

    彼にはあまり敵がいなかった-人々が知る限りでは。

  • But one young man from Quebec was developing a disturbing obsession.

    しかし、ケベック州の一人の青年は、不穏な強迫観念を抱いていた。

  • Andre Dallaire was a paranoid schizophrenic who had quit his job after stealing from the

    アンドレ・ダレールは、偏執狂的な統合失調症患者で、仕事を辞めた後に盗みを働いていた。

  • grocery store, and soon disappeared off the map.

    雑貨屋さんで、すぐに地図から消えてしまいました。

  • When he next surfaced, he arrived at 24 Sussex Drive, the home of the Canadian Prime Minister

    次に浮上したときには、カナダ首相の自宅であるサセックス・ドライブ24番地に到着していた。

  • - holding a pocket knife - and quickly broke in while Chretien and his wife were sleeping.

    - そして、クレティエン氏とその妻が寝ている間に、ポケットナイフを持って素早く侵入した。

  • They seemed to be sitting ducks - but Dallaire made one miscalculation.

    しかし、ダレールには一つの誤算があった。

  • The would-be assassin hadn't planned out his kill too well.

    殺陣の計画が甘かったようだ。

  • With only one small weapon, he was surprised when Aline Chretien spotted him, woke her

    小さな武器を1つだけ持っていた彼は、アリーヌ・クレティアンに見初められ、彼女を起こして驚いた。

  • husband, and locked them both in the bedroom.

    旦那さんは、二人を寝室に閉じ込めてしまいました。

  • She called the police and tried to convince the groggy Prime Minister that she wasn't

    彼女は警察に電話して、ぐずぐずしている首相を説得しようとした。

  • dreaming about the intruder!

    侵入者の夢を見る

  • Dallaire never tried to break down the door, and was wandering around the house when the

    ダレールはドアを壊そうとはせず、家の中をうろうろしていた。

  • police arrived.

    警察が来た。

  • He was found not guilty due to reason of insanity and committed to a mental asylum before being

    心神喪失による無罪判決が下され、精神病院に収容された後に

  • released to a group home.

    をグループホームに解放しました。

  • The Chretiens were unharmed, but the incident led to many people arguing that Canada's

    Chretiens夫妻は無事でしたが、この事件をきっかけに、多くの人がカナダの

  • PM needed better security.

    首相は、より良いセキュリティを求めていた。

  • But this next assassination attempt was much more high-tech.

    しかし、この次の暗殺計画はもっとハイテクなものだった。

  • #9.

    #9.

  • Khaled Meshaal's Bad Earache

    Khaled Meshaalの悪い耳痛

  • Khaled Meshaal had made himself no shortage of enemies by 1997.

    ハレッド・メシャールは、1997年には敵が少なくない状態になっていた。

  • The leader of the the Palestinian militant group Hamas, he was seen as an avowed enemy

    パレスチナの過激派組織ハマスのリーダーである彼は、敵であることを公言していました。

  • of Israel and a thorn in the side of Jordan - where he lived since fleeing Israel after

    イスラエルを脱出した後に住んでいたヨルダンでは、イスラエルの悩みの種でした。

  • the Six-Day War.

    六日目の戦争では

  • He organized frequent terror attacks against Israel from the safety of Jordan, culminating

    彼は、安全なヨルダンからイスラエルへの頻繁なテロ攻撃を組織し、最高潮に達しました。

  • in the bombing of a Jerusalem market that killed sixteen.

    エルサレムの市場で16人の死者を出した爆弾テロ事件では

  • Israel's security forces quickly responded - sending Mossad agents into Jordan to assassinate

    イスラエルの治安部隊はすぐに対応し、モサドのエージェントをヨルダンに送り込み、暗殺させた。

  • Meshaal.

    メシャール。

  • Their weapon of choice?

    彼らが選んだ武器は?

  • An aerosol poison that they sprayed into his ear.

    耳の中に噴射したエアゾール式の毒物。

  • The only problem?

    唯一の問題は?

  • Getting back out.

    復帰する。

  • The poison worked, and Meshaal quickly became very sick.

    毒が効いたのか、メシャールはすぐに重い病気になってしまった。

  • It looked like the Mossad operation would be successful - but the agents had been captured

    モサドの作戦は成功するかと思われたが、エージェントは捕まっていた。

  • by Meshaal's bodyguards.

    メシャールのボディーガードが

  • And so began a tense negotiation between Israel and Jordan.

    そして、イスラエルとヨルダンの緊張した交渉が始まったのである。

  • King Hussein of Jordan demanded Israel turn over the antidote, while Israel demanded the

    ヨルダンのフセイン国王はイスラエルに解毒剤の引き渡しを要求し、イスラエルは

  • release of their agents.

    代理人の解放。

  • It took the intervention of US President Bill Clinton to convince Israel's Prime Minister

    アメリカのビル・クリントン大統領が介入して、イスラエルの首相を説得したのです。

  • to turn over the antidote before the recent peace deal between the two countries fell

    の前に、解毒剤を引き渡すために、先日の日米間の和平合意が崩れてしまう前に

  • apart, and Meshaal lived - only to be expelled from Jordan several years later by Hussein's

    そしてメシャールは生き延びたが、数年後、フセイン政権によってヨルダンから追放された。

  • successor.

    の後継者です。

  • Almost twenty years earlier, the United States was nearly upended by...a movie fan?

    その約20年前、アメリカは一人の映画ファンによって滅亡の危機に瀕していました。

  • #8.

    #8.

  • Ronald Reagan's Cliffhanger

    Ronald Reagan's Cliffhanger(ロナルド・レーガンの崖っぷち

  • When Ronald Reagan swept into office in a 1980 landslide, he was already controversial

    ロナルド・レーガンが1980年に大勝して大統領に就任したとき、彼はすでに物議をかもしていました。

  • as one of the most conservative Presidents in modern history.

    は、現代史上最も保守的な大統領の一人として知られています。

  • But his closest call with death didn't come from a political enemy - it came from a deranged

    しかし、彼が最も身近に感じた死は、政敵からのものではなく、狂気に満ちた

  • man named John Hinckley who was obsessed with teen movie star Jodie Foster.

    ジョン・ヒンクリーという男性は、10代の映画スター、ジョディ・フォスターに夢中になっていました。

  • He wanted to be noticed by her, so he decided to become famous in 1981 - by stalking President

    彼は彼女に注目されたくて、1981年に有名になることを決意したのです。

  • Reagan and ambushing him after a speech, shooting him along with his press secretary, a policeman,

    レーガンの演説後に待ち伏せして、プレス・セクレタリー、警官とともに射殺した。

  • and a Secret Service agent.

    とシークレットサービスのエージェント。

  • It was a tragically familiar scenario - but with an unexpected outcome.

    それは、悲劇的に見慣れたシナリオだったが、予想外の結果をもたらした。

  • It had only been eighteen years since the last Presidential assassination, but medical

    前回の大統領暗殺事件からわずか18年しか経っていないのに、医療関係者が

  • science had advanced a lot.

    科学は大きく進歩していた。

  • Reagan's injuries were serious, including a punctured lung and internal bleeding, but

    レーガンの傷は、肺に穴が開き、内出血するなど深刻なものだったが

  • surgeons were able to save his life and he left the hospital two weeks later.

    外科医は彼の命を救うことができ、彼は2週間後に病院を後にしました。

  • Ultimately, none of the four victims died.

    最終的に、4人の犠牲者は一人も亡くなりませんでした。

  • But the controversy over this incident was far from over - Hinckley would later be found

    しかし、この事件の論争はまだ終わっておらず、後にヒンクリーは

  • not guilty by reason of insanity, and would spend the next thirty-six years in a mental

    心神喪失を理由に無罪となり、その後36年間、精神病院で過ごすことになります。

  • hospital before being declared rehabilitated.

    病院でリハビリを受けています。

  • But several hundred years earlier, a much larger assassination plot was hatched.

    しかし、その数百年前には、もっと大規模な暗殺計画が練られていた。

  • #7.

    #7.

  • Of Gunpowder Treason and Plot

    火薬の反逆と陰謀

  • It was 1605, and King James I sat on the throne of England - with no small amount of controversy.

    1605年、ジェームズ1世がイギリスの王座に座っていたが、少なからず議論があった。

  • The country's Roman Catholics had been repressed ever since the ascent of the Church of England,

    イギリス国教会が台頭してきて以来、ローマ・カトリックは弾圧されてきた。

  • and a militant group sought to overthrow the King and replace him with his nine-year-old

    と、過激派グループが王を転覆させて、9歳の

  • daughter as a Catholic queen.

    の娘をカトリックの女王にした。

  • While the plot was led by Robert Catesby, it would be more associated with one radical

    ロバート・ケイツビーが主導していたとはいえ、一人の過激派のイメージが強いでしょう。

  • member - the veteran and explosives expert Guy Fawkes.

    メンバーは、ベテランで爆発物の専門家であるガイ・フォークス。

  • The target of their plot?

    狙われているのは?

  • The entire structure of government, by blowing up the House of Lords at the ceremonial opening

    開会式で貴族院を爆破し、政府の全構造を破壊した。

  • of Parliament.

    オブ・パーラメント

  • But sometimes, the biggest plot can be undone by a single spanner in the works.

    しかし、時には、たった一本のスパナのせいで、最大の計画が台無しになることもあります。

  • It was October 26th, 1605, when William Parker, the 4th Baron of Monteagle, received an anonymous

    1605年10月26日、第4代モンテグル男爵ウィリアム・パーカーのもとに、匿名の

  • letter explaining the entire plot.

    筋書きを説明した手紙

  • Was it a conspirator with second thoughts, or a loyalist who stumbled upon the plot?

    それは、考え直した陰謀家なのか、それとも陰謀に出くわした忠臣なのか。

  • It has never been discovered, but when the House of Lords was searched, they found Fawkes

    発見されていませんが、貴族院を捜索したところ、フォークスが発見されました

  • guarding thirty-six barrels of gunpowder - more than enough to obliterate the entire building.

    ビル全体を消滅させるには十分な量の火薬が入った36本の樽を守っていた。

  • While the conspirators attempted to flee London, several were shot and killed by pursuing officers,

    共謀者たちはロンドンから逃げようとしたが、何人かは追いかけてきた警官に撃たれて死んだ。

  • and the others - including the notorious Fawkes - were executed for treason.

    と、悪名高いフォークスを含む他の人々は、反逆罪で処刑されました。

  • And even five hundred years later, the anniversary of the foiling of the plot has become a popular

    そして、500年経った今でも、陰謀を阻止した記念日は人気があります。

  • British festival.

    イギリスのフェスティバル。

  • This next assassin was foiled by an unfortunate fact of nature.

    この次の刺客は、不幸にも自然の摂理によって挫折した。

  • #6.

    #6.

  • FDR's Short Shot

    FDRのショートショット

  • Franklin Delano Roosevelt had just been elected in a landslide, and many feared he would be

    フランクリン・デラノ・ルーズベルトは、地滑り的に当選したばかりで、多くの人が彼の死を恐れていた。

  • a radical left-wing President.

    急進的な左翼の大統領。

  • Rumors abounded of a planned coup by bankers and businessmen, but only one assassination

    銀行家や実業家によるクーデターが計画されているとの噂もあったが、暗殺は1件のみ。

  • plot actually emerged - and it was anything but a well-organized plot.

    それは、決して整然としたものではなかったのである。

  • Giuseppe Zangara was a struggling Italian immigrant who suffered from chronic pain and

    ジュゼッペ・ザンガラは、慢性的な痛みに悩まされていたイタリア移民の苦労人であり

  • couldn't keep a job.

    は仕事を続けられなかった。

  • The exact nature of his grudge against Roosevelt is unknown, but seventeen days before the

    ルーズベルトへの恨みの正体は不明だが、17日前には

  • President Elect's inauguration, he attended a speech of his in Miami - while carrying

    大統領の就任式では、マイアミで行われた大統領の演説会に参加しました。

  • a revolver with intent to kill.

    殺意を持ってリボルバーを使用。

  • But he needed an accessory - and that would be his undoing.

    しかし、彼にはアクセサリーが必要で、それが彼の破滅を招くことになる。

  • Zangara was a short man, only five feet tall, and he needed a clear shot at Roosevelt.

    ザンガラは、身長が5フィートしかない小柄な男だったので、ルーズベルトを確実に射止める必要があった。

  • So he pulled out an old metal folding chair and stood on top of it to get a clean shot.

    そこで彼は、古い金属製の折りたたみ椅子を取り出し、その上に立ってきれいに撮影した。

  • As soon as he fired his first shot, bystanders grabbed him and yanked him down.

    彼が最初の一発を撃った瞬間、傍観者が彼を掴んで引っ張った。

  • Zangara fired wildly into the crowd, hitting five people - none of them President-Elect

    ザンガラは群衆に向けて乱射し、5人に命中したが、その中には次期大統領も含まれていなかった。

  • Roosevelt.

    ルーズベルトです。

  • The one fatality?

    死者は1人?

  • The Mayor of Chicago, Anton Cernak.

    シカゴ市長のアントン・サーナック氏。

  • While Zangara hadn't killed a President, he did kill a prominent politician - and that

    ザンガラは大統領を殺したわけではないが、著名な政治家を殺した。

  • was enough to send him to the electric chair after only ten days on death row.

    その結果、わずか10日間の死刑囚監房で、電気椅子に送られることになりました。

  • But FDR wasn't the only Roosevelt to have a close call with death.

    しかし、死と隣り合わせになったルーズベルトはFDRだけではない。

  • #5.

    #5.

  • The Longest Speech of Theodore Roosevelt

    セオドア・ルーズベルトの最長演説

  • It was 1912, and former President Theodore Roosevelt was attempting a comeback.

    1912年、セオドア・ルーズベルト元大統領がカムバックしようとしていた時のことです。

  • Always controversial, Roosevelt had made many new enemies with his decision to leave the

    常に物議を醸していたルーズベルトは、脱退を決断したことで、多くの新しい敵を作ってしまった。

  • Republicans and start his ownBull Mooseparty.

    共和党の人たちは、自分の「Bull Moose」党を立ち上げました。

  • But his deadliest enemy wouldn't be a political enemy - but a former Saloonkeeper named John

    しかし、彼の最大の敵は政敵ではなく、ジョンという元サルーン・キーパーだった。

  • Schrank.

    シュランク。

  • Schrank had hallucinated the late President William McKinley in a dream, who supposedly

    シュランクは、夢の中で故ウィリアム・マッキンリー大統領の幻覚を見ていた。

  • told him to avenge his assassination - by going after Roosevelt, who ascended to the

    自分の暗殺の復讐をするために、ルーズベルトの後を追うように言われました。

  • Presidency after McKinley's death.

    マッキンリーの死後、大統領職に就く。

  • And so Schrank stalked Roosevelt to the Gilpatrick hotel, where Roosevelt was having dinner before

    そして、シュランクはルーズベルトをギルパトリック・ホテルまでつきまとったが、そこではルーズベルトがディナーの前に

  • a speech.

    スピーチ

  • As Roosevelt waved to the crowd, Schrank took aim and fired.

    ルーズベルトが観客に手を振ると、シュランクは狙いを定めて発砲した。

  • But he underestimated the grit of Theodore Roosevelt.

    しかし、彼はセオドア・ルーズベルトの根性を甘く見ていた。

  • Roosevelt was hit, with the bullet passing through his eyeglass case and lodging in his

    ルーズベルトも被弾し、銃弾は眼鏡ケースを貫通して彼の体に刺さりました。

  • chest - but not deep enough to penetrate any vital organs.

    しかし、臓器を貫通するほどの深さではありませんでした。

  • Bleeding but still conscious, Roosevelt kept the crowd from lynching Schrank, then assured

    ルーズベルトは出血しながらも意識を保っていたが、群衆がシュランクをリンチするのを阻止して、次のように断言した。

  • his bodyguards that he was fine and asked to br driven to his speech.

    そして、「大丈夫だから、車で送ってくれ」とボディガードに頼んだ。

  • He spoke for ninety minutes before agreeing to receive medical attention, including the

    を含む医療措置を受けることに同意するまで、90分間話し続けました。

  • famous lineLadies and gentlemen, I don't know whether you fully understand that I have

    名台詞「皆さん、私が持っていることを皆さんが十分に理解しているかどうかはわかりませんが

  • just been shot, but it takes more than that to kill a Bull Moose”.

    しかし、ブル・ムースを殺すにはそれ以上のことが必要なのです。

  • Interviews with Schrank after the assassination attempt indicated that he had delusions of

    暗殺未遂後のシュランクのインタビューによると、彼は以下のような妄想を抱いていた。

  • grandeur, and he was declared to be unfit to stand trial and institutionalized until

    壮大なもので、裁判を受ける資格がないとされ、まで施設に収容されました。

  • his death in 1943.

    1943年に亡くなりました。

  • But one would-be assassin had a much more destructive plan.

    しかし、一人の暗殺者は、それ以上の破壊的な計画を持っていた。

  • #4.

    #4.

  • Terror From the Air

    空からの恐怖

  • Samuel Byck was an unlikely choice for a would-be Presidential assassin.

    サミュエル・ベックは、大統領暗殺者としては思いもよらない人物だった。

  • A former Army veteran who was honorably discharged and a father of four children, he seemed like

    名誉除隊した元陸軍の退役軍人で、4人の子供の父親である彼は、まるで

  • a stable man - but after a divorce and financial troubles, he spiraled into depression.

    しかし、離婚や経済的な問題をきっかけに、うつ病になってしまいました。

  • He became obsessed with the Nixon administration and blamed them for his financial woes, even

    彼はニクソン政権に執着し、経済的苦境の原因をニクソン政権に求め、さらには

  • sending them threatening letters over being denied for a loan.

    融資を断られたことを理由に脅迫状を送りつける。

  • But the Secret Service considered him harmless and dismissed the case.

    しかし、シークレット・サービスは彼を無害とみなし、この件を却下しました。

  • He turned out to be anything but harmless in 1974.

    1974年、彼は決して無害ではないことが判明した。

  • Byck planned to assassinate Nixon - but he didn't want to be just another gunman.

    ビックはニクソン大統領の暗殺を計画していたが、ただのガンマンにはなりたくなかった。

  • He decided to hijack a plane and crash it into the White House.

    彼は飛行機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させようと考えた。

  • He stole a revolver from a friend, built a homemade bomb, and made several audio tapes

    友人からリボルバーを盗み、自作の爆弾を作り、数本のオーディオテープを作った。

  • full of rambling justifications for his attack.

    と、自分の攻撃を正当化するような、とりとめのない言葉を並べた。

  • At the Baltimore/Washington International Airport, he shot and killed a policeman before

    ボルチモア・ワシントン国際空港では、警察官を射殺した後に

  • boarding a Delta flight to Atlanta.

    デルタ航空のアトランタ行きの飛行機に乗る。

  • He would then shoot the pilots when they told him they couldn't take off yet, and then

    そして、まだ離陸できないと言われたパイロットを撃ち殺してしまい

  • ordered a passenger to fly the plane.

    搭乗者に飛行機を飛ばすように命じた。

  • Before he could take off, he was surrounded by police.

    飛び立つ前に、警察に囲まれてしまいました。

  • Police shot and wounded him, and Byck shot himself before they could arrest him.

    警察は彼を射殺し、逮捕する前にビクが自殺した。

  • In the end, one of America's most ambitious would-be assassins was undone by one simple

    アメリカで最も野心的な暗殺者の一人が、たった一つのシンプルな理由で挫折した。

  • problem - it's not that easy to steal a plane.

    問題は、飛行機を盗むのはそんなに簡単ではないということです。

  • But sometimes, a much smaller problem can derail an assassination.

    しかし、もっと小さな問題が暗殺を頓挫させることもある。

  • #3.

    #3.

  • The Doubly Unlucky Assassin

    ダブル・アンラッキー・アサシン(Doubly Unlucky Assassin

  • It was 1835, and the relatively new United States had not seen an assassination attempt.

    1835年、比較的新しいアメリカでは、まだ暗殺未遂事件は起きていなかった。

  • That was about to change with the ascent of controversial populist Andrew Jackson to the

    しかし、その状況を変えようとしていたのが、物議を醸したポピュリスト、アンドリュー・ジャクソンの大統領就任でした。

  • Presidency.

    大統領職。

  • Richard Lawrence was a simple house painter, but over the years his behavior changed to

    リチャード・ローレンスは、ただのハウスペインターだったが、長年の間に彼の行動が変化して

  • become more violent and erratic.

    は、より暴力的で不安定になります。

  • Many speculate that the chemicals in paint might have contributed to his mental illness,

    塗料に含まれる化学物質が、彼の精神疾患の原因になったのではないかと多くの人が推測しています。

  • and he became convinced that he was owed money from the US Government.

    そして、自分はアメリカ政府からお金を借りているのだと確信した。

  • He blamed Andrew Jackson's opposition to a national bank - but in reality it was more

    彼はアンドリュー・ジャクソンが国立銀行に反対したことを非難したが、実際にはそれ以上のものであった。

  • likely because he wasn't actually an English king who died centuries ago, as he believed.

    それは、彼が信じていたように、実際には何世紀も前に死んだイギリスの王ではなかったからでしょう。

  • But these delusions grew more severe, and he started stalking Jackson until he planned

    しかし、この妄想はより深刻になり、ジャクソンを計画するまでストーカー行為を行うようになりました。

  • to ambush him at a Congressman's funeral - with two pistols.

    下院議員の葬儀で待ち伏せするために、2丁の拳銃を持っていた。

  • But he was about to become famous for a very different reason.

    しかし、彼はまったく別の理由で有名になろうとしていた。

  • In 1835, Presidential security was rudimentary, and Lawrence was easily able to get close

    1835年当時、大統領の警備は初歩的なものであり、ローレンスは簡単に近づけた。

  • to Jackson.

    をジャクソンに送信します。

  • He stepped out, aimed his pistol, and fired at the President - and the gun misfired.

    彼は外に出てピストルの照準を合わせ、大統領に向かって発砲したが、銃は誤射してしまった。

  • He quickly drew his second pistol - only for it to misfire as well.

    すぐに2丁目の拳銃を取り出したが、これも誤射してしまった。

  • Old guns were vulnerable to moisture and the weather that day was damp, but Lawrence had

    古い銃は湿気に弱く、この日の天気も湿っていたが、ロレンスは

  • no chance to fix the problem - because President Jackson began beating him with his cane.

    というのも、ジャクソン大統領が彼の杖を叩き始めたからだ。

  • The crowd eventually intervened, but it's not clear whose life they were saving.

    最終的には観客が介入したが、彼らが誰の命を救ったのかは定かではない。

  • At his trial, Lawrence was obviously not well, still insisting he was Richard III, and was

    裁判では、ローレンスは明らかに体調が悪く、自分はリチャード3世であると主張していました。

  • quickly sent to an insane asylum for the rest of his life.

    その結果、彼は精神病院に送られ、一生を終えることになった。

  • This next assassination attempt was right out of an action movie.

    この次の暗殺計画は、まさにアクション映画のようなものだった。

  • #2.

    #2.

  • The Wild Ride of Charles De Gaulle

    シャルル・ド・ゴールのワイルド・ライド

  • Charles de Gaulle had a long and storied career in French politics, which was approaching

    シャルル・ド・ゴールは、フランスの政治の世界で長い歴史を持っていましたが、それが近づいてきました。

  • its last act in the 1960s.

    1960年代に最後の活動を行いました。

  • But he made some powerful enemies when he decided to accept Algeria's declaration

    しかし、アルジェリアの宣言を受け入れることを決めたとき、彼は強力な敵を作ってしまった。

  • of independence and end its status as a French colony.

    独立し、フランスの植民地としての地位を終えた。

  • The OAS, or Organisation Armee Secrete, was a far-right paramilitary group formed during

    OAS(Organisation Armee Secrete)とは、日本での活動時に結成された極右の準軍事組織です。

  • the Algerian War, and they saw de Gaulle as a traitor.

    アルジェリア戦争では、ドゴールを裏切り者とみなしていた。

  • They made several attempts on de Gaulle's life, but it was the third that would become

    彼らはドゴールの命を何度も狙っていたが、3回目の試みが後になって

  • the most famous.

    が最も有名です。

  • Led by prominent French veteran and engineer Jean Bastien-Thiery, who served as a lookout,

    見張り役を務めたフランスの著名な退役軍人でエンジニアのジャン・バスティアン=ティエリーが率いる。

  • three shooters armed with machine guns followed de Gaulle's entourage - and opened fire.

    機関銃で武装した3人の狙撃手がドゴールの側近を追いかけて発砲したのである。

  • What happened next was one of the craziest escapes from an assassination in history.

    続いて起こったことは、歴史上最もクレイジーな暗殺からの逃避であった。

  • The high-powered automatic weapons strafed de Gaulle's car with bullets, along with

    ハイパワーの自動小銃は、ドゴールの車に銃弾を浴びせ、併せて

  • countless nearby shops.

    近くには数え切れないほどのお店があります。

  • But de Gaulle, his wife, and his entire entourage escaped unharmed - despite fourteen bullet

    しかし、ドゴールと妻、そして彼の側近たちは、14発の弾丸にもかかわらず無傷であった。

  • holes being found in the car.

    車内には穴が開いていました。

  • De Gaulle would credit the tough-as-nails Citroen DS car, but whether it was the car

    ドゴールは、シトロエンDSというタフな車を評価していますが、その車が

  • or just good luck, he would serve several more years as France's President.

    あるいは運が良ければ、彼はフランスの大統領をさらに数年務めることになるだろう。

  • Bastien-Thiery, meanwhile, would go before a military tribunal and ultimately become

    一方、バスチャン・ティエリーは、軍事法廷にかけられ、最終的には

  • the final French convict to face a firing squad.

    は、銃殺刑に処された最後のフランス人囚人である。

  • Many failed assassinations spared a prominent leader - but this final one had the chance

    多くの暗殺が失敗しても、著名なリーダーは救われたが、この最後の暗殺はチャンスだった。

  • to end a World War.

    世界大戦を終わらせるために

  • #1.

    #1.

  • The July 20th Plot

    7月20日の企て

  • It was 1944, and it was becoming clear that Nazi Germany was losing the war.

    1944年、ナチス・ドイツの敗戦が明らかになりつつあった。

  • The German war machine put the blame squarely in one direction - the absolute dictator of

    ドイツの戦争機械は、その責任を一方向に集中させました。

  • Germany, Adolf Hitler.

    ドイツ、アドルフ・ヒトラー

  • Some of his top military men believed Hitler's crimes against humanity were a disgrace to

    彼の軍人の中には、ヒトラーの人類に対する犯罪は、人類の名誉を傷つけるものだと考えていた者もいた。

  • the country and they wished to restore the country's First World War prestige.

    そして、第一次世界大戦の威信を取り戻すことを望んでいた。

  • The plot had been building when it was joined by Lieutenant Colonel Claus von Stauffenberg,

    筋書きを作っていたところに、クラウス・フォン・シュタウフェンベルク中佐が加わった。

  • a wounded veteran and arch-conservative, who would ultimately lead the assassination attempt.

    負傷した退役軍人で保守派の彼が、最終的に暗殺の指揮を執ることになった。

  • But it was about to go terribly wrong.

    しかし、これが大失敗に終わることになる。

  • The plan had many layers.

    この計画には多くの層がありました。

  • First, von Stauffenberg would assassinate Hitler with a planted bomb.

    まず、フォン・シュタウフェンベルクが仕掛けた爆弾でヒトラーを暗殺する。

  • The many members of German military leadership would quickly spread the word that Hitler

    ドイツ軍の多くの指導者たちは、ヒトラーの話をすぐに広めてしまう。

  • was dead and use that opportunity to install a new government led by aristocrats and military

    それを機に、貴族や軍人を中心とした新政府を樹立した。

  • leaders that would be able to win the war.

    戦争に勝てるようなリーダーを育てよう。

  • But after von Stauffenberg planted the bomb, a Colonel accidentally moved it, shielding

    しかし、フォン・シュタウフェンベルクが爆弾を仕掛けた後、大佐が誤って爆弾を動かしてしまい、それを遮ってしまったのです。

  • Hitler and leading him to only be injured.

    ヒトラーを、怪我だけで済むように導く。

  • The coup failed as soon as word got out that Hitler was alive, the conspirators were arrested,

    ヒトラーが生きているという情報が伝わった時点でクーデターは失敗し、共謀者たちは逮捕された。