Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • November 2nd, 2021.

    2021年11月2日です。

  • The world is reeling from the economic devastation brought about by the Coronavirus pandemic,

    コロナウイルスのパンデミックがもたらした経済的壊滅から、世界は立ち直っています。

  • and for world powers, some see it as an opportunity to make a move.

    と、世界の列強にとっては、動き出すチャンスだと考える人もいます。

  • Believing the United States is too distracted by China and the lingering effects of the

    米国は中国に気を取られすぎていると考えており、また、米国内での戦争の影響が残っていると考えています。

  • coronavirus, Russia makes its move in Eastern Europe, seeking at last to reunify its military

    コロナウイルス、ロシアは東欧に進出し、ついに軍事的統一を図る。

  • conclave of Kaliningrad with the motherland.

    カリーニングラードのコンクラーベで祖国と

  • It'll also cut off the renegade Soviet provinces of Lithuania, Latvia, and Estonia from NATO,

    また、リトアニア、ラトビア、エストニアの3つのソビエト反乱軍地域をNATOから切り離します。

  • and force them back into the loving arms of Mother Russia.

    そして、彼らを母なるロシアの愛の腕の中に押し戻す。

  • NATO immediately responds, but Quick Reaction Forces stationed along Eastern Europe are

    NATOは即座に対応するが、東欧に駐留する即応部隊は

  • no match for the overwhelming might of the Russian Army.

    圧倒的なロシア軍の力には勝てなかった。

  • It'll take weeks for NATO to organize a proper military response- but the United States has

    NATOが適切な軍事行動をとるには数週間かかると思われますが、アメリカは

  • already begun to strike back.

    すでに逆襲が始まっています。

  • Not in Eastern Europe, but in the Pacific.

    東欧ではなく、太平洋で。

  • A US naval task force, part of US Pacific Command, is on its way to attack the headquarters

    米太平洋軍の一部である米海軍機動部隊が、本部を攻撃するために向かっている。

  • of the Russian Pacific fleet in Vladivostok.

    ウラジオストクにあるロシア太平洋艦隊の

  • Russia's far east has always been problematic for the Russian military to defend.

    ロシアの極東は、ロシア軍にとって常に防衛上の問題を抱えています。

  • The incredible size of Russia makes reinforcing the far east extremely difficult, and impossible

    ロシアの驚異的な大きさは、極東の強化を困難にし、不可能にしています。

  • to accomplish in a timely manner.

    をタイムリーに達成することができました。

  • Then again, the US stands to gain little by attacking Russia's far east, except for knocking

    また、ロシアの極東を攻撃しても、アメリカが得るものはほとんどありません。

  • the Russians out of the Pacific for good.

    太平洋からロシア人を永久に排除するために。

  • A push into Russia from the east is impossible- the distances to any military objectives worth

    東側からロシアに侵入することは不可能です。

  • seizing in the west entirely too far, and transportation networks easily sabotaged by

    西部開拓が行き過ぎて、交通網が簡単に破壊されてしまったのです。

  • the Russians.

    ロシア人の

  • Russia however is not ready to give up its presence in the Pacific, and luckily for it

    しかし、ロシアは太平洋でのプレゼンスを放棄する準備ができておらず、幸運にも

  • the Russian Pacific fleet is its second most powerful fleet.

    ロシアの太平洋艦隊は、その中で2番目に強力な艦隊です。

  • Suffering from years of neglect though, that's not saying much.

    長年放置されていたこともあり、あまり意味がありませんが。

  • Steaming out of their home port to meet the first American Carrier Strike Group enroute

    アメリカの第一空母打撃群に合わせて母港を出航

  • to their shores is a fleet consisting of 6 destroyers and a half-dozen corvettes, led

    駆逐艦6隻とコルベット6隻からなる艦隊を率いて海岸に向かう。

  • by the Cruiser Varyag, flagship of the Russian Pacific Fleet.

    ロシア太平洋艦隊の旗艦である巡洋艦ヴァリャーグによるもの。

  • The Russians know they're outmatched in open water, so instead opt to use the same tried

    ロシア人は外洋では勝てないことを知っているので、代わりに同じような試みをすることにしました。

  • and true tactics of the 1904 Russo-Japanese war.

    と、1904年の日露戦争の真の戦術を紹介しています。

  • They'll be fighting the same way they fought the superior Japanese navy and the same way

    優れた日本の海軍と戦ったのと同じように、同じように戦うことになるでしょう。

  • the Soviet Union expected to fight the American navy- utilizing the doctrine of a 'fortress

    ソ連は「要塞」というドクトリンを用いてアメリカ海軍と戦うことを想定していた。

  • fleet'.

    fleet」です。

  • Supported by shore-based installations and aircraft, the Russian Pacific fleet never

    陸上の施設や航空機に支えられ、ロシア太平洋艦隊は決して

  • strays more than a few dozen miles from shore.

    沿岸から数十マイル以上離れたところにいる。

  • But the first strike against the Americans will come from below the waves.

    しかし、アメリカ人に対する先制攻撃は、波の下からやってくる。

  • The Russian submarine fleet has suffered from similar levels of neglect as the surface fleet,

    ロシアの潜水艦艦隊は、水上艦隊と同様に放置されてきた。

  • however with only 1 active carrier in the Russian navy, great emphasis has been put

    しかし、ロシア海軍には現役の空母が1隻しかないため、重要視されています。

  • into maintaining available Russian submarines.

    使えるロシアの潜水艦を維持するために

  • Gone are the glory days of the Soviet Navy, when hundreds of Soviet subs prowled the world's

    数百隻のソ連製潜水艦が世界の海を徘徊していたソ連海軍の栄光の時代は終わりました。

  • oceans, forcing the Americans into a game of underwater cat and mouse.

    海の中での猫とネズミのゲームにアメリカ人を巻き込んでしまったのだ。

  • Russian military command does not believe their Kilo class submarines, dating back to

    ロシア軍司令部は、ロシアのキロ級潜水艦を信じていない。

  • the waning days of the Cold War, are survivable against the American fleet.

    冷戦の末期には、アメリカの艦隊に対抗できるようになった。

  • Therefore the Kilos are ordered to remain silent, close to shore, dashing in for attacks

    そのため、キロスは岸に近いところで沈黙を守り、ダッシュで攻撃を仕掛けるように命じられている。

  • of opportunity once the enemy fleet is fully engaged.

    敵の艦隊が完全に交戦状態になると、チャンスが生まれます。

  • The three Improved Kilo class subs have a greater chance of approaching the American

    改良されたキロ級の3隻の潜水艦は、アメリカに接近する可能性が高くなります。

  • strike group, but only the Petropavlosk-Kamchatsky is combat ready.

    ストライクグループの中で、ペトロパブロスク・カムチャツキーだけが戦闘態勢に入っています。

  • The attack will fall on the small fleet of Oscar IIs, capable of launching long range

    攻撃の矛先は、長距離発射が可能なオスカーIIの小艦隊に向かいます。

  • attacks with anti-ship missiles.

    対艦ミサイルによる攻撃。

  • Had the attack come just ten years earlier, the Russians would've likely found great success

    もし、この攻撃が10年前に行われていたら、ロシア人は大きな成功を収めていただろう。

  • using their subs against the Americans.

    潜水艦を使ってアメリカに対抗する。

  • After developing the greatest anti-submarine warfare capabilities on the planet during

    地球上で最も優れた対潜水艦戦能力を身につけたのは

  • the Cold War, the United States allowed its ASW capabilities to seriously atrophy, resulting

    冷戦時代、アメリカはASW能力を著しく低下させ、その結果

  • in a series of embarrassing mission kills on American carriers during training exercises

    演習中の米空母で恥ずかしいミッションキルを連発したため

  • with friendly nation's subs in the early 2000s.

    2000年代初頭には友好国の潜水艦と

  • However, the Americans were quick to correct their mistake, even contracting a Swedish

    しかし、アメリカ人はすぐにミスを修正し、スウェーデン人と契約した。

  • submarine for two years to help them restore their ASW capabilities.

    潜水艦のASW能力を回復させるために2年間の支援を行う。

  • The American 2021 fleet is not the 2001 fleet that couldn't see a submarine in a swimming

    アメリカの2021年の艦隊は、泳いでいる潜水艦を見ることができなかった2001年の艦隊ではありません。

  • pool.

    のプールを使用しています。

  • The four Russian subs must close to within 350 nautical miles to launch their Granit

    ロシアの4隻の潜水艦がグラニットを発射するためには、350海里以内に近づかなければなりません。

  • anti-ship missiles.

    対艦ミサイル。

  • They don't dare close in for torpedo strikes against the American carrier, knowing they'll

    アメリカの空母に対する魚雷攻撃のために、あえて接近しない。

  • be easily spotted well before then.

    その前に簡単に見破られてしまう。

  • In order to reduce the chance of detection, the subs approach the carrier strike group

    潜水艦は発見される可能性を減らすために、空母打撃群に接近します。

  • on a thirty degree offset from each other, which has the benefit of greatly increasing

    互いに30度のオフセットで配置されており、これは非常に効果的である。

  • the search radius of the strike group's ASW assets.

    ストライクグループのASW資産の探索半径。

  • The Americans know that the first strike will likely come from beneath the waves, and they've

    アメリカ人は、先制攻撃が波の下から行われる可能性が高いことを知っています。

  • been prepared.

    を用意しました。

  • ASW helicopters fan out dozens of miles around the strike group, equipped with torpedoes

    魚雷を搭載したASWヘリコプターが、打撃群の周囲数十マイルに広がっています。

  • and sonar that they periodically dip into the ocean to listen for the tell-tale acoustic

    とソナーを使って、定期的に海に浸かって音を聞き分けているのです。

  • signature of a Russian sub.

    ロシアの潜水艦のサイン

  • American attack subs always held and advantage over their Soviet and Russian counterparts,

    アメリカの攻撃型潜水艦は、ソ連やロシアの攻撃型潜水艦よりも常に優位に立っていました。

  • and during the Cold War US subs tailed Soviet subs without being detected, allowing them

    冷戦時代には、アメリカの潜水艦がソ連の潜水艦に探知されずに尾行して

  • to record a vast acoustic library of all known Soviet and now Russian submarines.

    ソビエト、そして現在のロシアの全潜水艦の膨大な音響ライブラリーを記録するために。

  • Further aiding the efforts in the hunt for the Russian subs are P-8 Poseidons based out

    ロシアの潜水艦の捜索には、P-8ポセイドンが活躍しています。

  • of Guam, Japan, and South Korea.

    のグアム、日本、韓国。

  • With the world's largest air tanker fleet, the United States is able to drastically increase

    世界最大級のエアタンカーを保有する米国は、世界各地での活動を大幅に拡大することができます。

  • the range of its Poseidons, allowing the aircraft to sweep a corridor across the Pacific for

    ポセイドンの航続距離が伸びたことで、太平洋を横断する回廊を確保できるようになりました。

  • the carrier strike group.

    空母打撃群のことです。

  • The Poseidons lay down vast fields of air-dropped sonobuoys.

    ポセイドンは空中投下されたソノブイを広大なフィールドに敷き詰めます。

  • On contact with salt water, the sonobuoy's batteries activate.

    塩水に触れるとソノブイの電池が起動する。

  • Some of the buoys are set to active search mode, pinging the ocean for miles around them

    ブイの一部はアクティブサーチモードに設定されており、周囲数キロの海に向けて電波を発信しています。

  • with powerful sonar and listening to the report.

    強力なソナーを使って報告を聞く。

  • Others are set to passive, listening for the tell-tale sound of a Russian sub.

    また、パッシブに設定して、ロシアの潜水艦の音を聞いている人もいます。

  • But further aiding the hunt for Russian submarines is a brand new development by the US Navy-

    しかし、ロシアの潜水艦探しにさらに拍車をかけているのが、アメリカ海軍の全く新しい動きである。

  • a radar that can penetrate the waves and detect the underwater wake of a submarine.

    波を透過して、潜水艦の水中航跡を検知するレーダーです。

  • The subs can't evade the vast fields of sonobuoys deployed by the Poseidons, and eventually

    潜水艦は、ポセイドンが展開する広大なソノブイのフィールドを回避できず、最終的には

  • each sub begins to generate a good track.

    それぞれのサブが良い曲を生み出し始める。

  • The Poseidons now drop down to just a few hundred feet above the waves, allowing their

    ポセイドンは、波の上から数百フィートのところまで降下し、それによって

  • Magnetic Anomaly Detector to verify the presence of the Russian submarine below.

    下にいるロシアの潜水艦の存在を確認するための磁気異常検知器。

  • Upon confirmation, each Poseidon drops two torpedoes.

    確認後、ポセイドンは魚雷を2本投下する。

  • The torpedoes don't even need to score a direct hit.

    魚雷は直撃しなくてもいい。

  • Even a miss of 100 feet generates so much pressure that a submarine's hull will rupture.

    100フィートのミスでも、潜水艦の船体が破裂するほどの圧力が発生します。

  • Round 1 goes to the Americans.

    第1ラウンドはアメリカに軍配。

  • Submarines aren't the only way to kill a carrier though, and Russian Tu-22 bombers are already

    空母を殺す方法は潜水艦だけではありません。ロシアのTu-22爆撃機はすでに

  • airborne.

    エアボーン

  • During the Cold War, Soviet military planners knew that attacking a carrier strike group

    冷戦時代、ソ連の軍事プランナーは、空母打撃群を攻撃すると

  • would be an extremely dicey proposition.

    というのは、非常に危険な提案です。

  • Official battle plans called for attacks with a minimum of 100 bombers, with an estimated

    公式の戦闘計画では、最低でも100機の爆撃機で攻撃することになっていて、推定では

  • loss rate of 50%.

    損失率は50%です。

  • Even then, a mission kill was likely, but not an outright sinking, merely taking a carrier

    その場合でも、ミッションキルの可能性はありますが、完全な沈没ではなく、単に空母を奪っただけです。

  • out of action for a few months to a year as it underwent repairs.

    修理のために数ヶ月から1年の間、活動を休止していました。

  • Today, the Russian air forces only have 67 Tu-22s, and most of them are stationed in

    現在、ロシア空軍は67機のTu-22を保有しているだけで、そのほとんどが

  • the much more important western theater.

    それよりも重要な西部戦線。

  • What they do have is the Granit anti-ship missile, capable of being launched from stand-off

    彼らが持っているのは、スタンドオフから発射可能な対艦ミサイル「グラニット」です。

  • ranges that should hopefully keep the bombers safely out of the strike group's air defenses.

    これで、爆撃機がストライクグループの防空圏に入らないようにすることができます。

  • Two dozen Tu-22s leave the Russian coast behind.

    二十数機のTu-22がロシアの海岸を後にする。

  • The American carrier is moving at full power, making it a surprisingly fast and evasive

    アメリカの空母はフルパワーで動いているので、驚くほどの速さで回避することができます。

  • target.

    をターゲットにしています。

  • Russian satellites fix the carrier group's location for the bombers, but only for fifteen

    ロシアの衛星は、爆撃機のために空母群の位置を固定するが、その時間は15分しかない。

  • minutes before they dip past the earth's horizon and lose radar contact.

    地球の地平線を越えてレーダーに映らなくなるまでの数分間。

  • The best way to fix the carrier long-term would be to use airborne radar assets- but

    空母を長期的に固定するためには、空中のレーダー資産を利用するのが一番だが-。

  • with American air bases in Japan hosting fleets of fighter aircraft, the awacs planes would

    日本の米軍基地が戦闘機の艦隊を保有している中で、awacs機は

  • be splashed in a matter of hours.

    は、数時間でスプラッシュします。

  • The greatest difficulty Russian forces are having in taking the American carrier out

    ロシア軍がアメリカの空母を連れ出すのに一番苦労しているのは

  • is simply finding the damned thing.

    は、単純にその物を見つけることです。

  • Satellite surveillance gives the Tu-22s a box a few hundred square miles wide where

    衛星からの監視では、Tu-22は数百平方マイルの幅の箱を持っています。

  • the carrier could potentially be hiding.

    キャリアが隠れている可能性があります。

  • Now the bombers must approach that target box and remain within range of their Granit

    ターゲットボックスに近づき、Granitの範囲内にいる必要があります。

  • missiles- 388 miles (625km)- until a new satellite fix can help the bombers get better targeting

    ミサイルは388マイル(625km)で、新しい衛星の修正により爆撃機の照準が改善されるまでは

  • data.

    のデータを使用しています。

  • The bombers could turn on their own radars, but that would make them stand out like a

    爆撃機は自分のレーダーをオンにすることができたが、それではまるで目立ってしまう。

  • spotlight in a dark room, making them easy prey for the carrier's combat air patrol.

    暗い部屋でスポットライトを浴びると、空母の戦闘空中哨戒の格好の餌食になってしまいます。

  • While the Russians are having difficulty fixing the carrier's location, the Americans are

    ロシア人が空母の位置をなかなか確定できない中、アメリカ人は

  • not having similar problems.

    は同様の問題を抱えていない。

  • Even under intense cyberattack, the American recon satellite network is vast- outnumbered

    激しいサイバー攻撃を受けても、アメリカの偵察衛星ネットワークは膨大な数になります。

  • only by the Chinese in physical assets, but not in capabilities.

    物的資産では中国に負けていますが、能力では負けていません。

  • AWACS planes launched from Japan each have a detection range of just over 250 miles,

    日本から打ち上げられたAWACSは、それぞれ250マイル強の探知範囲を持っています。

  • and once more supported by aerial refueling tankers, US air forces are able to cover a

    そして再び空中給油タンカーの支援を受けて、米空軍がカバーできる範囲は

  • wide swath of Russia's pacific coast with radar coverage.

    ロシアの太平洋岸の広い範囲をレーダーでカバーしています。

  • Further supplementing the land-based AWACS planes are carrier-launched Hawkeye airborne

    陸上に設置されたAWACSに加え、空母から発射されたホークアイ空中機があります。

  • radar planes and EA-18 'Growlers'.

    レーダー機やEA-18「グラウラー」などがあります。

  • The Russian attack wave is easily vectored and the carrier's combat air patrol dispatched.

    ロシアの攻撃波は簡単に方向転換され、空母の戦闘空中哨戒が派遣されます。

  • While the Tu-22s must get within 388 miles to launch their attack, the carrier's F-18

    Tu-22が攻撃を開始するには388マイル以内に入らなければならないのに対し、空母のF-18は

  • Hornets and new F-35Cs each have a combat radius of over 1,200 miles.

    ホーネットと新型F-35Cの戦闘半径はそれぞれ1,200マイルを超えています。

  • Guided in by airborne radar, the F-35s take point.

    空中レーダーで誘導され、F-35がポイントを取ります。

  • The Tu-22s realize they've been targeted when the F-35's fire-control radar illuminates

    F-35の火器管制レーダーが照射され、標的にされたことに気づくTu-22たち

  • them- but by then it's too late.

    しかし、それでは手遅れになってしまいます。

  • Countermeasures spoof a quarter of the incoming missiles, but 10 of the bombers are still

    対抗措置で4分の1のミサイルを妨害したが、10機の爆撃機が

  • downed.

    をダウンさせました。

  • The limited missile capacity of the F-35 is its greatest weakness, able to carry only

    F-35の最大の弱点は、ミサイルの搭載数が限られていることです。

  • four missiles internally in order to preserve its stealth capabilities.

    ステルス性を保つために、4発のミサイルを内部に搭載しています。

  • Instead, the F-35s are forced to switch to guns, and for the first time in decades, US

    その代わり、F-35は銃に切り替えざるを得なくなり、数十年ぶりにアメリカが

  • fighters strafe enemy aircraft with guns.

    戦闘機は銃で敵機を攻撃する。

  • Cannon capacity is also very limited on the F-35 however, and the Russian planes are built

    しかし、F-35は大砲の搭載数が非常に限られており、ロシアの飛行機は以下のように作られています。

  • tough.

    タフであること。

  • Three more Tu-22s are splashed, leaving nine.

    さらに3機のTu-22が墜落し、9機になった。

  • They're still hundreds of miles from launch though, and the follow-on F-18s may not be

    しかし、打ち上げまでにはまだ何百マイルも離れており、後続のF-18は、まだ打ち上げられていないかもしれません。

  • stealthy, but with Russia unable to provide effective air cover past its shores, they

    ステルス性がありますが、ロシアが沿岸部で効果的なエアカバーを提供できないために

  • don't need to be.

    は必要ありません。

  • The bombers are sitting ducks, speeding straight into a head-on deathmatch with the approaching

    爆撃機はカモにされているようなもので、接近してくる爆撃機との正面からのデスマッチに向けてスピードを上げています。

  • Hornets.

    Hornetsです。

  • Wisely, the surviving nine Tu-22s turn around and head back for home.

    生き残った9機のTu-22は、賢明にも引き返して帰国の途につく。

  • Round 2 once more goes to the US.

    第2ラウンドは、再びアメリカへ。

  • As the surviving Tu-22s arrive home however, the crews are sent for chow and a few hours

    しかし、生き残ったTu-22が家に到着すると、乗組員たちは食事に出され、数時間後には

  • sleep.

    のスリープ状態になります。

  • As they rest, the bombers are being refitted with a brand new weapon, just delivered from

    休息している間にも、爆撃機にはアメリカから届いたばかりの新兵器が搭載されています。

  • the Western theater.

    西部劇では

  • The Russian military still has very small numbers of them, and must use them extremely

    ロシア軍はまだ非常に少ない数を持っており、それを極端に使わなければならない。

  • judiciously- but with the strike group now within 1500 miles of shore, the time is now.

    しかし、ストライクグループが海岸から1500マイル以内に入った今、その時が来たのです。

  • Half a day later, the Tu-22s are once more back in the air.

    半日後、Tu-22は再び空を飛んだ。

  • They know they'll be immediately spotted by American satellites and AWACS planes once

    アメリカの衛星やAWACS機にすぐに発見されてしまうことを知っているからです。

  • they leave the Russian coast, but this time they don't need to get so close to deliver

    ロシアの海岸を離れても、今度はそんなに近づかなくても届く。

  • their deadly payload.

    致命的なダメージを与えることになる。

  • The Americans can't believe it- the Russians must be crazy.

    アメリカ人は信じられないし、ロシア人は狂っているに違いない。

  • They're trying the exact same attack that just failed so catastrophically.

    壊滅的な失敗をしたのと全く同じ攻撃をしようとしています。

  • Vectored in by Hawkeyes and Air Force AWACS, the combat air patrol once more moves to intercept

    ホークアイや空軍のAWACSに誘導されて、再び戦闘空中哨戒機が迎撃に向かう。

  • the incoming threat, well outside of anti-ship range.

    対戦艦の射程外にある脅威の到来を察知。

  • This time, the Tu-22s only need to get within 1,000 miles of the carrier.

    今度は、Tu-22が空母から1,000マイル以内に入ればいいのです。

  • They have to once more rely on targeting data from the overhead satellites, meaning the

    また、頭上の衛星からのターゲティングデータに頼らなければなりません。

  • American carrier can only be fixed for brief moments at a time.

    アメリカのキャリアは、一度に短い時間しか直せません。

  • The carrier isn't close enough for shore installations to aid in tracking.

    空母は海岸に設置できるほど近くないので、追跡には役立ちません。

  • They must once more target a very large box of the Pacific Ocean, but this new Russian

    彼らはもう一度、太平洋の非常に大きな箱を狙わなければなりませんが、この新しいロシアの

  • weapon is fully capable of finding its own targets.

    兵器は自分でターゲットを見つけることができる。

  • It's perfect for the task at hand, and long before the American's combat air patrol can

    任務には最適で、アメリカ軍の戦闘空中哨戒のはるか前に

  • intercept them, each Tu-22 drops two 10 meter black and silver missiles from their wingtip

    迎撃するために、Tu-22は2発の10メートルの黒と銀のミサイルを翼端から落とします。

  • pylons.

    パイロンです。

  • The Zircon anti-ship missiles immediately fire their rocket engines, boosting them to

    対艦ミサイル「ジルコン」は、直ちにロケットエンジンを噴射し、最大で

  • over two times the speed of sound.

    音速の2倍以上。

  • The rocket engine now detaches from the missile and falls to the ocean below, as the missile's

    これでロケットエンジンはミサイルから切り離され、下の海に落下して、ミサイルの

  • scramjet fires into action.

    スクラムジェットが作動します。

  • The missile's scramjet engine has no moving parts- instead it compresses incoming supersonic

    ミサイルのスクラムジェットエンジンには可動部がなく、超音速で飛来するミサイルを圧縮して、ミサイルを発射します。

  • air and simply adds fuel, which causes the superheated air to explode, the energy redirected

    空気に燃料を加えるだけで、過熱した空気が爆発し、そのエネルギーが再利用されます。

  • behind the missile by the engine nozzle.

    ミサイルの後ろにエンジンノズルがある。

  • It's a brilliant design, but only works when you're already at supersonic speed, which

    素晴らしいデザインですが、すでに超音速に達しているときにしか機能しません。

  • has limited its use by militaries for decades.

    は、何十年もの間、軍による使用を制限してきました。

  • The missiles rise to the edge of the stratosphere, where the air-breathing engines can still

    ミサイルは成層圏の端まで上昇し、空気を吸うエンジンがまだ残っている。

  • supply needed oxygen, but high enough that the missile's onboard targeting suite can

    必要な酸素を供給しつつ、ミサイルに搭載された照準装置が必要とする十分な高さを確保する。

  • pinpoint the American carrier.

    アメリカの航空会社を特定する。

  • A stealthy body helps the missiles evade the American AEGIS radars sweeping the sky.

    ステルス性を備えたボディは、上空に設置されたアメリカのイージス艦のレーダーを回避するのに役立ちます。

  • As a satellite enters proper phase over the earth, it sends a new fix on the carrier to

    衛星が地球上で適切なフェーズに入ると、キャリアに新しいフィックスを送信して

  • the missiles, redirecting their course and greatly increasing their accuracy.

    ミサイルのコースを変更し、精度を大幅に向上させます。

  • A few dozen miles from their targets, the strike group's AEGIS radars begin to pinpoint

    目標から数十マイル離れたところで、攻撃隊のイージス艦のレーダーが特定し始めた。

  • the incoming missiles.

    ミサイルが飛んでくる。

  • Traveling at Mach 9 though, the strike group's missile defenses have less than 30 seconds

    マッハ9で移動すると、攻撃グループのミサイル防衛は30秒以下になります。

  • to respond.

    に対応しています。

  • The strike group's missile defense systems are fully automated- humans are no longer

    ストライクグループのミサイル防衛システムは完全に自動化されており、人間はもはや存在しない。

  • fast enough to respond to deadly hypersonic threats.

    致命的な極超音速の脅威に対応するのに十分な速度を持っています。

  • Only a machine is up to the task, and the Americans have built themselves one hell of

    マシンだけがその任務を果たすことができ、アメリカ人は自分たちでとんでもないものを作ってしまった。

  • a missile defense machine.

    ミサイル防衛のための機械です。

  • Beams of powerful electromagnetic energy reach up towards the missiles in an attempt to directly

    強力な電磁エネルギーのビームがミサイルに向かって伸びていき、直接

  • interfere with the sensitive electronics of the targeting suite or confuse them.

    ターゲティング・スイートの繊細な電子機器に干渉したり、混乱させたりすることがあります。

  • Three missiles suddenly careen wildly off-course, tearing themselves apart thanks to their hypersonic

    3発のミサイルが突然コースから外れ、極超音速のおかげで自分自身を引き裂く。

  • speed.

    の速度になります。

  • 15 missiles remain, 20 seconds to impact.

    15発のミサイルが残り、着弾まで20秒。

  • The destroyer escorts prepare to launch decoys.

    護衛艦がデコイを発射する準備をする。

  • They first deploy chaff as a means to make the missiles think a better target is somewhere

    ミサイルに「もっといい標的がある」と思わせるための手段として、まずチャフを投入します。

  • else through its super heated metal flakes.

    超高熱の金属フレークを介して、他の人に

  • However, it soon becomes apparent that these missiles are much more advanced than the Americans

    しかし、これらのミサイルはアメリカよりもはるかに高度なものであることがすぐにわかった。

  • thought when they don't even begin to alter course.

    と思っていたのに、軌道修正を始めていない。

  • Quickly altering course themselves the destroyers deploy their more advanced nulka rounds that

    駆逐艦はすぐにコースを変えて、より高度なヌルカ弾を展開して

  • are more powerful and try to walk the missiles away from the formation.

    はより強力で、ミサイルをフォーメーションから遠ざけようとします。

  • 15 seconds to impact.

    インパクトまで15秒。

  • The Russian missiles are finally within intercept range of the strike group's destroyers, and

    ロシアのミサイルは、ようやくストライクグループの駆逐艦の迎撃範囲内に入り、そして

  • within moments salvos of interceptors are fired.

    瞬間的に迎撃ミサイルが発射される。

  • However, the Russian missiles are moving at such incredible speeds that a superheated

    しかし、ロシアのミサイルはものすごいスピードで動いているので、過熱した

  • layer of plasma around them is making radar lock difficult to maintain.

    周りのプラズマ層がレーダーロックの維持を困難にしている。

  • It takes 3 seconds for each volley of interceptors to be fired, and by the time the second volley

    迎撃ミサイルが1回発射されるのに3秒かかり、2回目が発射されるまでに

  • is fired the Russian missiles are too close to be intercepted by American RAMs.

    が発射されると、ロシアのミサイルはアメリカのRAMでは迎撃できないほど接近します。

  • Another four Russian missiles are splashed, 11 missiles remain.

    さらに4発のロシアのミサイルがはねられ、11発のミサイルが残る。

  • 5 seconds to impact.

    インパクトまで5秒。

  • Each missile is now moving at almost 7,000 miles per hour (11113.2 kph) on their descent

    各ミサイルは現在、時速約7,000マイル(時速1113.2キロ)で降下中。

  • phase.

    段階である。

  • The layer of superheated plasma around each missile grows in size as the missiles plunge

    ミサイルの周りの過熱プラズマの層は、ミサイルの突入とともに大きくなっていきます。

  • down and the atmosphere thickens.

    が下がり、雰囲気が濃くなります。