Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Shouts fill the frigid Baltic air as people  scramble over one another to try and reach the  

    凍てつくようなバルト海の空気の中で、人々はお互いに助け合いながら、その場所にたどり着こうとしています。

  • lifeboats. Explosions from within the ship erupt  through the deck. The passengers of the Wilhelm  

    救命ボート。船内の爆発物が甲板を突き破って噴出する。ウィルヘルム号の乗客は

  • Gustloff jump overboard into the icy water. The  number of lives lost from the sinking of this  

    グストロフは海に飛び込んで氷漬けになった。この沈没事故で失われた命の数は

  • German cruise liner will dwarf the losses of both  the Titanic and Lusitania combined. The worst part  

    ドイツのクルーズライナーは、タイタニックとルシタニアの両方を合わせた損失を上回ることになります。最悪なのは

  • of it all: this was not a military vesseland most of the lives lost were civilians.

    それは、この船が軍用船ではなく、失われた命のほとんどが民間人であったということだ。

  • As Nazi defeat at the end of World War  II became more and more inevitable,  

    第二次世界大戦末期、ナチスの敗北が避けられなくなってきた。

  • supporters of the party began to panic. The  Soviet forces that were sweeping through the  

    党の支持者たちはパニックに陥った。掃討していたソ連軍は

  • eastern front loomed in everyone's mind. Anyone  who allied themselves with the Axis powers were  

    東部戦線は誰の頭の中にも迫っていた。枢軸国と同盟を結んだ者は

  • at the mercy of the incoming Soviets. This was  a frightening thought as propaganda spread by  

    迫り来るソビエトに翻弄される。というプロパガンダが流布していたので、これは恐ろしいことだった。

  • both sides painted the Soviets as vicious  soldiers. Tales of them raping and murdering  

    双方ともに、ソ連人を凶悪な兵士として描いていました。彼らが強姦や殺人を行ったという話は

  • Nazi supporters for revenge was the  stuff of nightmaresand oftentimes true.

    ナチスの支持者の復讐心は悪夢のようなもので、しばしば真実味を帯びていた。

  • This led to anyone in the path of the Soviet  forces to flee in fear. In order to reach  

    そのため、ソ連軍の行く手には誰もが恐怖を感じて逃げ惑っていた。到達するためには

  • safety Germans and other Axis supporters needed  to get back to the Motherland. With land routes  

    安全なドイツ人をはじめとする枢軸国の支持者は、祖国に戻る必要があった。陸路では

  • cut off by Allied forces there was only one way  to get back to Germany, and that was by boat. In  

    連合国軍の攻撃で遮断されたドイツに戻るには、船で行くしかなかったのだ。そして

  • the province of East Prussiasqueezed between  the Soviet Union and PolandAxis supporters  

    ソ連とポーランドの間に挟まれた東プロイセン州は、ポーランド軸の支持者である

  • flooded the docks to try and get onto any ship  leaving for Germany before enemy forces arrived.

    ドイツに向かう船があれば、敵軍が来る前に乗り込もうとドックに殺到した。

  • The Wilhelm Gustloffn was docked in the port  city of Gotenhafen. Originally the 25,000  

    ウィルヘルム・グストロフーン号は、港町であるゲーテンハーフェンに停泊していた。もともと25,000

  • ton luxury liner was used as part of the  “Strength Through Joymovement of the Nazi  

    トンの豪華客船は、ナチスの「Strength Through Joy」運動の一環として使用されました。

  • Party. It was constructed as a way to reward  workers, soldiers, and officers by taking them  

    党です。これは、労働者や兵士、将校を連れて行くことで、彼らに報いる方法として構築されました。

  • on a relaxing cruise in the midst of World War IIAs the situation became more dire for the Nazis,  

    第二次世界大戦の最中に、ゆったりとした船旅を楽しんでいた。 ナチスの状況が深刻になるにつれ

  • the ship was repurposed into a floating  barracks, and eventually became an evacuation  

    この船は、浮いているバラックに再利用され、最終的には避難所になりました。

  • vessel. It would carry people away from the  incoming Soviet forces via the Baltic Sea.

    の船です。バルト海を経由して、押し寄せるソビエト軍から人々を運ぶのだ。

  • The mass evacuation of Axis supporters  back to Germany was named Operation  

    枢軸国支持者のドイツへの集団疎開は、「オペレーション」と名付けられた。

  • Hannibal. New arrivals from around the  surrounding areas overwhelmed the city  

    ハンニバル周辺地域からの新参者が街を圧倒した

  • of Gotenhafen. Refugees flooded the  docks and onto the Wilhelm Gustloff.  

    ゴッテンハーフェンの難民が波止場に押し寄せ、ウィルヘルム・グストロフ号に乗り込んだ。

  • At first the crew tried to maintain order and  only took passengers with tickets, however,  

    当初、乗組員は秩序を保つために、チケットを持っている乗客だけを乗せていました。

  • as the situation quickly got out of control, they  stuck people in every available space on the ship.

    急速に状況が悪化したため、船内のあらゆるスペースに人を配置した。

  • Everyone in Gotenhafen was cold, exhausted, and  hungry. The Wilhelm Gustloff was crammed full  

    ゴッテンハーフェンの人々は皆、寒さと疲れと空腹に苛まれていた。ヴィルヘルム・グストロフ号は満員で

  • of people and was well over its capacity. There  was no way to keep a reliable passenger manifest,  

    の人が集まり、定員をはるかに超えていた。信頼できる乗客名簿を保管する方法がなかった。

  • so the exact number of people on the ship  when it launched is unknown. But it is  

    のため、打ち上げ時の正確な人数は不明です。しかし、それは

  • estimated that around 10,000 passengers were  on board when the ship set sail. The Gustloff  

    出航時の乗客数は約1万人と推定されています。グストロフ号

  • was originally built for less than 2,000  passengers, so it was well over capacity.

    はもともと2,000人弱の乗客を想定して作られているので、定員を大幅にオーバーしていたのです。

  • The ship left port on January 30, 1945 bound for  Kiel, Germany. The senior officers of the ship had  

    1945年1月30日、ドイツのキールに向けて出港しました。この船の上級士官たちは

  • to make a difficult choice. The Allied forces  had deployed mines in the shallower waters to  

    は、難しい選択を迫られていた。連合軍は、浅い海に機雷を配備して

  • stop military vessels from traveling along the  coast. However, the Wilhelm Gustloff was not a  

    軍艦が沿岸を航行するのを阻止するためだ。しかし、ウィルヘルム・グストロフ号は、そのような

  • military vessel and did not have any weapons on  board. If the ship struck a mine it would cause  

    軍艦であり、武器は搭載されていなかった。船が機雷に衝突した場合は

  • irreparable damage, and everyone would have  to abandon ship. The chances of making it all  

    取り返しのつかないことになり、全員が船を放棄しなければならない。全てを成功させる可能性は

  • the way along the coast from their current  location to Germany was next to impossible.

    そのためには、現在の場所から海岸沿いにドイツまで行くのは不可能に近い。

  • The other option for the Gustloff was to venture  out into the open waters of the Baltic Sea.  

    グストロフ号のもう一つの選択肢は、バルト海の外洋に出て行くことだった。

  • If they were careful, they might have been  able to slip by the Soviet submarines that  

    慎重に行動していれば、ソ連の潜水艦の横をすり抜けて

  • patrolled the deeper waters. The weather  in January was not ideal for sailing  

    深い海をパトロールしていました。1月の天候はセーリングには不向きだったが

  • because of constant snow and wind. It made  navigation by sight extremely difficult,  

    絶え間ない雪と風のために目視による航行は非常に困難であった。

  • but it would also hide the ship from  enemy periscopes. The officers decided  

    しかし、それは敵の潜望鏡から船を隠すためでもある。将校たちは

  • their best course of action was to  make a run for it in open waters.

    そのためには、外洋に逃げ出すことが一番の近道である。

  • Initially the Gustloff had two torpedo boats that  would accompany it for protection. Unfortunately,  

    当初、グストロフ号には保護のために2隻の魚雷艇が同行していた。残念ながら。

  • one broke down and the other left the  cruise liner to take a different route,  

    1台は故障し、もう1台は別のルートを取るためにクルーズ船を離れた。

  • leaving the Gustloff to fend for itself with  no guns and thousands of civilians on board.  

    グストロフ号には銃がなく、何千人もの民間人が乗っているので、自力で何とかしなければなりません。

  • At this point in the war almost all Nazi  ships were being used to try and hold back  

    この時点では、ナチスのほとんどの艦船が抑え込みに使われていた。

  • Allied forces that were closing in on all  fronts. So, the officers of the Gustloff  

    全面的に迫ってきた連合軍。そこで、グストロフ号の役員たちは

  • decided they were on their own. They launched at  night to try and keep the ship hidden. However,  

    自分たちでやるしかないと。船を隠しておくために、夜に打ち上げた。しかし。

  • after traveling through rough weather, the  navigation lights were turned on to increase  

    荒天時には航海灯を点灯して航行の安全性を高めた。

  • visibility, and make sure the Gustloff didn't  strike anything that would damage the hull.

    視界を確保し、グストロフが船体に損傷を与えるようなものにぶつからないようにする。

  • Unfortunately, the lights did not just  increase the Gustloff's visibility,  

    残念ながら、ライトはグストロフ号の視界を広げるだけではなかった。

  • but also made it stand out on the surface  of the black waters. The ship began to sail  

    が、黒い海面に浮かび上がっていた。航行を開始した船

  • westward in a mad dash to make it to Germany  before being spotted. As the Gustloff launched,  

    見つかる前にドイツにたどり着こうと、猛ダッシュで西に向かった。グストロフ号が発進すると

  • Hitler delivered his final radio address  before taking his own life. Thehrer's  

    自ら命を絶つ前に最後のラジオ演説を行ったヒトラー。総統の

  • voice echoed mechanically over the speakers on the  Wilhelm Gustloff. He urged the nation to resist,  

    ウィルヘルム・グストロフ号のスピーカーから機械的に声が響いてきた。彼は国民に抵抗を呼びかけた。

  • and to never surrender even though he was  planning on taking the easy way out. Hitler  

    そして、楽な道を選ぶつもりであっても、決して降伏しないこと。ヒトラー

  • knew if captured he would be tried for his  heinous war crimes, so he committed suicide.

    捕らえられれば極悪非道な戦争犯罪として裁かれることがわかっていたので、自殺したのだ。

  • As Hitler spewed his fascist  doctrine across the airwaves,  

    ヒトラーがファシズムの教義を電波に乗せてまき散らしていた頃。

  • all the passengers aboard the Gustloff  were thinking about was reaching safety.  

    グストロフ号の乗客は、安全な場所にたどり着くことだけを考えていた。

  • Unfortunately for almost everyone on boardthey wouldn't make it back to the homeland.

    搭乗していたほとんどの人は、残念ながら祖国に戻ることができなかった。

  • As the Wilhelm Gustloff sloshed through the  choppy waters of the Baltic, a nearby Soviet  

    ウィルヘルム・グストロフ号がバルト海の荒波にもまれているとき、近くにいたソ連の

  • submarine spotted the ship. The submarine was  designated S-13 and was under the command of  

    潜水艦がこの船を発見した。この潜水艦はS-13と呼ばれ、指揮官は

  • Alexander Marinesko. Marinesko did not have the  most prestigious record, and was known for not  

    アレクサンダー・マリネスコマリネッコは、名誉ある記録を持っていたわけではなく、知られていたのは

  • always following the chain of command. He was  currently on a mission, but had been delayed  

    常に指揮系統に従っている。現在、彼はある任務に就いていたが、遅れてしまった。

  • because he got drunk while docked. Marinesko  was known to indulge in drinking a little too  

    停泊中に酒を飲んだからだ。マリーンズコは少しばかり酒に溺れることで知られていて

  • frequently, and a little too much, and the night  he spotted the Wilhelm Gustloff was no different.

    ウィルヘルム・グストロフ号を発見した夜もそうだった。

  • The lights the ship was using to navigate alerted  Marinesko of the Gustloff's location. Since the  

    航行に使っていたライトが、マリーンズコにグストロフ号の位置を知らせた。それ以来

  • Soviets were on a mission of revenge, Marinesko  thought he would be a hero for destroying a German  

    ソ連は復讐の使命を帯びていたが、Marineskoはドイツ人を破壊することで英雄になれると思っていた。

  • ship. He had no idea that it was a cruise liner  filled with civilians. Around 9:00 p.m. the Soviet  

    船だ。それが民間人を満載した客船だとは知らなかったのである。午後9時頃、ソビエトの

  • submarine released three torpedoes. Each one had  been inscribed with messages that embodied the  

    潜水艦は3本の魚雷を放った。それぞれの魚雷には、日本の文化を体現したメッセージが刻まれていた。

  • Soviet's desire for revenge against the Nazis  for what they did to their country and people.

    ソビエト人は、ナチスが国や国民にしたことに対する復讐心を持っていました。

  • All three torpedoes struck the Wilhelm Gustloff  and exploded. One torpedo went off in the crew's  

    3本の魚雷はすべてウィルヘルム・グストロフ号に命中し、爆発しました。1本の魚雷は乗組員の中で爆発しました。

  • living quarters, another in the swimming pool  area, and the final exploded in the part of  

    リビングルーム、プールエリア、そして最後の爆発は

  • the ship where the Women's Naval Auxiliary  unit was located. Hundreds of people died on  

    海軍婦人補導隊がいた船である。で何百人もの人が亡くなりました。

  • impact. Others were trapped under rubble and  bulkheads; they would go down with the ship.

    衝撃を受けた。また、瓦礫や隔壁の下敷きになり、船と一緒に沈んでいく人もいた。

  • Moments after the impact it was clear what would  happen. The passengers and crew made a mad dash  

    衝突後すぐに、何が起こるかは明らかだった。乗客と乗員は猛ダッシュして

  • for the lifeboats. The ship itself barely had  enough lifeboats to hold the normal number of  

    救命ボートのために。船自体は通常の数の救命ボートを収容するのがやっとでしたが

  • people the ship was capable of carrying; and on  this voyage, the maximum capacity was exceeded  

    船の最大収容人数を超えてしまったこの航海では

  • by around 8,000 people. There was no way  that everyone would fit in the lifeboats.

    約8,000人の人がいた。全員が救命ボートに乗れるわけではない。

  • One survivor recounted seeing people trampled  to death as everyone ran for their lives.  

    ある生存者は、人々が踏み潰されて死んでいくのを見て、誰もが命からがら逃げ出したと語った。

  • Unfortunately, many of these victims were  children who were caught under the feet of  

    残念ながら、これらの犠牲者の多くは、子供たちであり、彼らの足元にあったのです。

  • the mob as everyone fought for survival. As people  pushed their way up the stairs to the lifeboats,  

    みんなが生き延びるために暴徒化したのです。人々が階段を押し上げて救命ボートに向かう中

  • other passengers were forced over the  railing. Some fell to the deck below,  

    他の乗客は手すりを越えてしまいました。何人かは下のデッキに落ちた。

  • while others descended into the depths of the  frigid sea. The ship tilted hard to the port side,  

    船は左舷に大きく傾いた。船は左舷に大きく傾いた。

  • this meant that now only the lifeboats on the  starboard side of the ship were accessible,  

    つまり、船の右舷側にある救命ボートしか利用できなくなってしまったのだ。

  • cutting the amount of people  that could be saved even further.

    その結果、救える人の数はさらに減りました。

  • Survivors of the sinking of the Gustloff remember  in vivid detail the horrors that unfolded in  

    沈没したグストロフ号の生存者は、その惨状を鮮明に記憶している。

  • the minutes that followed the attack. As full  lifeboats dropped into the water, the passengers  

    襲われてからの数分間。満員の救命ボートが海に落ちると、乗客たちは

  • looked up at the stranded people on the deck of  the ship. Realizing that all of the lifeboats  

    船のデッキに取り残された人々を見上げた。すべての救命ボートが停止していることに気づき

  • had either been launched or destroyed, people  started throwing themselves overboard into the  

    打ち上げられたか、破壊されたかして、人々は海に身を投じ始めた。

  • icy water. Many died on impact; those who survived  would not last long in the nearly freezing water.

    凍った水。多くの人が衝撃で亡くなり、生き残った人も凍りつきそうな水の中では長くはもたない。

  • Survivors of the plunge into the Baltic sea would  swim frantically, trying to reach the lifeboats  

    バルト海に落ちた生存者は、必死に泳いで救命ボートにたどり着きます。

  • that were moving away from the sinking ship. The  lifeboats that were already at capacity needed  

    沈んでいく船から離れていく人たち。すでに定員に達していた救命ボートは、必要な

  • to defend themselves from being tipped overThey could not fit any more people on board,  

    倒されないように身を守るためだ。 これ以上、人を乗せることはできなかった。

  • so the passengers would shove those  trying to climb into their boats away  

    舟に乗り込もうとする人を乗客が押しのけてしまうので

  • and back into the sea. In dire situations  the lifeboats would use their ores to hit  

    と言って海に戻っていきました。悲惨な状況では、救命ボートはその鉱石を使って

  • peoples' hands and heads trying to stop them from  capsizing their lifeboat and killing all on board.

    救命ボートが転覆して乗員が全員死亡するのを阻止するために、人々の手や頭を使っていました。

  • The survivors in the lifeboats remember  the gruesomeness of pushing people away  

    救命ボートに乗っていた生存者は、人を押しのけるような過酷な状況を覚えている

  • to freeze in the Baltic waters. But it  was life or death circumstances. Either  

    がバルト海で凍ってしまったのだ。しかし、それは生きるか死ぬかの状況だった。どちらかが

  • they defended themselves from being tipped  over, or they would have been lost as well.  

    倒されないように自分の身を守っていたのか、それとも自分も失われていたのか。

  • The survivors of the Wilhelm Gustloff would be  haunted by that night for the rest of their lives.

    ウィルヘルム・グストロフ号の生存者たちは、その夜のことが一生忘れられないだろう。

  • For the passengers who remained on the ship it  soon became clear that death was imminent. The  

    船に残っていた乗客たちは、すぐに死が迫っていることを悟った。その

  • freezing water would be a slow, cold, way to goso some passengers decided on a quicker way out  

    凍った水では、ゆっくりとした寒さの中を進んでいくことになるので、乗客の中には、より早い脱出方法を考えた人もいました。

  • of the situation. One survivor remembers seeingNazi soldiers with his family hanging on for dear  

    の状況を知っています。ある生存者は、家族を連れたナチスの兵士が必死に耐えているのを見たことを覚えています。

  • life as the Gustloff began to list and descend  into the depths of the sea. The soldier pulled  

    グストロフ号が傾いて海の底に沈んでいくのを見て、兵士は「このままではいけない」と思った。兵隊さんは

  • out his pistol and shot his wife and children  to save them from dying in a slow, painful, way.

    拳銃を取り出して、妻と子供を撃ち、ゆっくりとした苦しい死に方をしないように救ったのである。

  • Unfortunately for the soldier, he had used  all of the bullets by the time he turned  

    兵士にとって不幸だったのは、彼が振り向くまでにすべての弾丸を使ってしまったことだ。

  • the gun on himself. The man closed  his eyes and let go of the railing  

    自分に銃を向けた。男は目を閉じ、手すりから手を放して

  • he was holding onto. The survivor said he  remembers seeing the man slide down the  

    掴まっていたのです。生存者によると、その男性が階段を滑り落ちるのを見たことを覚えているそうです。

  • icy deck after the bodies of his familyand then he disappeared into darkness.

    凍った甲板に家族の遺体を置いて、闇に消えていった。

  • Eventually German rescue boats came to the aid of  the survivors of the Wilhelm Gustloff. The ships  

    最終的にはドイツの救助艇がウィルヘルム・グストロフ号の生存者を助けに来てくれた。船は

  • scooped up lifeboats containing passengers that  were nearly frozen from the frigid environment of  

    の極寒の環境で凍えそうになっている乗客を乗せた救命ボートを掬い上げた。

  • the Baltic Sea in January. The rescuers did  not only have the survivors on their mind,  

    1月にバルト海で起きた事故。救助隊は、生存者のことだけを考えていたわけではありません。

  • but the submarine that had sunk the Wilhelm  Gustloff as well. The ships had to make  

    しかし、ウィルヘルム・グストロフ号を沈めた潜水艦も同様であった。そのために、船は

  • constant evasive maneuvers to ensure they didn't  meet the same fate as the Wilhelm Gustloff.

    ウィルヘルム・グストロフ号と同じ運命をたどることのないよう、常に回避行動をとっていた。

  • In order to keep from being in one spot for too  long, the rescue ships oftentimes had to pass by  

    1つの場所に長く留まらないために、救助船はしばしば通り過ぎなければなりませんでした。

  • lifeboats that did not show immediate signs  of survivors. When their boats were filled  

    生存者の兆候がすぐに見られない救命ボート。彼らのボートが満たされると

  • to capacity the rescue ships turned around and  returned to Germany. Many lifeboats and survivors  

    が定員に達したため、救助船は引き返してドイツに戻りました。多くの救命ボートと生存者

  • of the initial wreck were left behind to die  with the rest of the victims of the Gustloff.

    最初の事故では、グストロフ号の残りの犠牲者と一緒に死ぬために取り残されました。

  • It was just an hour after the S-13's torpedoes  struck the Gustloff that the ship sank to the  

    S-13の魚雷がグストロフ号に命中してから、わずか1時間後にグストロフ号は沈没した。

  • bottom of the sea. The following morning, the  surrounding area was filled with floating,  

    海の底だ。翌朝、周囲は浮遊物で埋め尽くされていた。

  • frozen, bodies. The rescue ships recorded that  many of the bodies belonged to children whose  

    凍った、死体。救助船の記録によると、遺体の多くは子供のもので、その子供は

  • life jackets had rolled them face down  in the water and caused them to drown.  

    ライフジャケットを着用していたため、顔を下にして水の中に転がされ、溺れてしまったのです。

  • The morning after the attack only one survivor  was found; the survivor was a baby swaddled in  

    襲撃の翌朝、生存者はたった一人だったが、その生存者は赤ん坊で、その赤ん坊は

  • blankets aboard a lifeboat surrounded by  the bodies of frozen passengers. One of  

    凍りついた乗客の死体に囲まれた救命ボートの中の毛布。一人の

  • the officers of the rescue ship that found the  infant adopted him and raised him as his own.

    その子を発見した救助船の乗組員は、その子を養子にして自分の子として育てました。

  • Of the 10,000 souls on the Wilhelm  Gustloff only around 1,000 survived.  

    ウィルヘルム・グストロフ号の1万人のうち、生き残ったのは約1,000人。

  • It was due to the countless tragediesand the war finally coming to an end,  

    それは、数え切れないほどの悲劇があったからであり、戦争がようやく終わったからである。

  • that the tragedy of the Wilhelm Gustloff did  not get much attention. It was the largest loss  

    ウィルヘルム・グストロフ号の悲劇があまり注目されなかったこと。それは最大の損失だった

  • of life on any ocean liner in history. Alsoneither the Germans or the Soviets wanted to  

    歴史上のどの外航船にもあったことだ。また、ドイツ人もソビエト人もどちらも

  • broadcast that so many civilian lives had been  senselessly lost in such a brutal way. Weeks  

    放送では、このような残酷な方法で、多くの一般市民の命が無意味に失われた。Weeks

  • after the disaster the news finally started to  reach people around Europe and the United States.

    震災後、このニュースはようやく欧米の人々に伝わり始めた。

  • The sinking of the Wilhelm Gustloff was the  worst maritime tragedy in history. The lives  

    史上最悪の海難事故となったウィルヘルム・グストロフ号の沈没事故。犠牲者は

  • lost did not only include German civiliansbut Prussians, Lithuanians, Poles, Estonians,  

    ドイツの民間人だけでなく、プロイセン人、リトアニア人、ポーランド人、エストニア人なども失った。

  • and Crotatians as well. The death toll  was likely close to 9,000 people. In war  

    やクロタチアンも同様である。死者は9,000人近くに上ったと思われる。戦争では

  • people die, but the sheer numbers of  civilian lives lost during the attack  

    人が亡くなりますが、攻撃中に失われた民間人の命の数が多いことは

  • is unforgivable. Regardless of which  side of the war the passengers were on,  

    は許せません。搭乗者がどちらの立場であったかに関わらず。

  • they did not deserve to freeze to death  in the icy waters of the Baltic Sea.

    彼らは、バルト海の氷の海で凍死するには値しない。

  • Now watchWhy Did Nine Ships Disappear In Perfect  

    では、「なぜ、9隻の船は完璧に消えたのか」をご覧ください。

  • Weather?” Or check outWhy This  Sinking Was Worse Than Titanic.”

    天気?"または、"Why This Sinking Was Worse Than Titanic "をご覧ください。

Shouts fill the frigid Baltic air as people  scramble over one another to try and reach the  

凍てつくようなバルト海の空気の中で、人々はお互いに助け合いながら、その場所にたどり着こうとしています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ボート 乗客 生存 バルト ドイツ 魚雷

あなたの知らない「タイタニック」の6倍の被害をもたらす船の事故 (Ship Disaster 6 Times Deadlier Than the Titanic You Didn't Know About)

  • 12 2
    Summer に公開 2021 年 07 月 31 日
動画の中の単語