Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • June 6, 1944 During the D Day landings, the Allies  

    1944年6月6日 Dデー上陸作戦では、連合国側は

  • stormed the beaches of Normandy, France in the  largest seaborne invasion in history. Many tales  

    史上最大の海上侵攻作戦として、フランスのノルマンディー海岸を襲撃しました。多くの物語

  • of sacrifice, courage and brotherhood came out of  these battles. But perhaps one of the most curious  

    犠牲と勇気、そして兄弟愛がこの戦いから生まれました。しかし、おそらく最も不思議なことの一つは

  • stories of World War II came to light when members  of the 506th Parachute Infantry Regiment captured  

    第二次世界大戦中、第506パラシュート歩兵連隊のメンバーが捕らえた、第二次世界大戦の物語が明らかになった。

  • some soldiers from the 709th Infantry Division  of the Wehrmacht during the Utah Beach landing

    ユタ・ビーチ上陸作戦に参加したドイツ国防軍第709歩兵師団の兵士たち。

  • US paratrooper Lieutenant Robert Brewer reported  that there were four Asian men in German uniforms  

    米空挺部隊のロバート・ブリュワー中尉は、ドイツ軍の制服を着た4人のアジア人男性がいたと報告している。

  • and no one could communicate with them. Initially  it was thought that the men were Japanese  

    そして、誰も彼らとコミュニケーションをとることができなかった。当初は日本人だと思われていましたが

  • soldiers, however one of them, Yang Kyoungjong  was Korean. As it turns out, he had fought in  

    しかし、その中の一人、ヤン・キョンジョンは韓国人だった。なんと、彼は韓国で戦った経験があるというのだ。

  • 3 different sides of the war, fighting in the  Imperial Japanese Army, the Soviet Red Army and  

    大日本帝国陸軍、ソ連赤軍と3つの異なる立場で戦った。

  • then the Wehrmacht. The long journey in which he  came to fight for Germany, highlights how war can  

    そしてドイツ国防軍へ。彼がドイツのために戦うようになった長い旅路は、戦争がいかに

  • force ordinary people into fighting to uphold  a system, no matter their personal ideology

    普通の人が、個人的なイデオロギーに関係なく、システムを維持するために戦うことを強要する。

  • Yang was born on March 6, 1920 in Sinuijuin what is now North Korea. During this time  

    ヤンは1920年3月6日、現在の北朝鮮にある新義州で生まれた。この時代

  • Korea was under Japanese rule. In 1938, at  age 18, Yang was in Manchuria where he was  

    韓国は日本の統治下にあった。1938年、18歳だったヤンは、満州で

  • conscripted against his will into the Kwantung  Army, the largest and most prestigious fighting  

    意思に反して関東軍に徴兵されてしまったのです。

  • force of the Imperial Japanese Army. After training, Yang was sent to the  

    大日本帝国陸軍の部隊である。訓練の後、ヤンは、日本の

  • Khalkha River region, which was a disputed  border territory between Mongolia and Japan.  

    モンゴルと日本の国境紛争地であったハルカ川流域。

  • Several clashes were fought between the Kwantung  Army and a combined force of Mongolian and Soviet  

    関東軍とモンゴル・ソ連の連合軍との間で、何度も衝突が起きた。

  • troops in what came to be known as the Nomonhan  Incident according to the Japanese or the Battles  

    日本では「ノモンハン事件」として知られているが、日本では「戦い」として知られている。

  • of Khalkha Gol according to the Soviets. This  undeclared war severely impacted Soviet-Japanese  

    ソ連側の見解では、ハルカゴルのこの未公知の戦争は、日ソ間に深刻な影響を与えた。

  • relations and was ultimately a major factor  in Japan becoming an ally of Nazi Germany

    そして、日本がナチスドイツの同盟国になる大きな要因となった。

  • In 1939 during a heated battle, Yang was taken  prisoner by the Soviet Red Army and sent to a  

    1939年、激戦の中、ヤンはソ連赤軍の捕虜となり、日本の病院に送られた。

  • gulag. As World War II ramped up, the Soviets  experienced heavy losses fighting Nazi Germany  

    gulag第二次世界大戦が激化する中、ソビエトはナチス・ドイツとの戦いで大敗を喫した。

  • on the Eastern front. In 1942, due to the shortage  in manpower, Soviet military officials made the  

    を東部戦線に投入した。1942年、人手不足のため、ソ連の軍当局は

  • decision to resupply their troops by pressing  thousands of POWs into service. Once again,  

    その結果、数千人もの捕虜を働かせることで部隊を再編成するという決定がなされた。もう一度言う。

  • against his will, Yang found himself as part  of an army. He served under the Soviet flag  

    ヤンは自分の意思に反して、気がつくと軍隊の一員になっていた。ソ連の旗の下で働いていた

  • for about a year, during which he fought in  numerous engagements along the Eastern front

    約1年の間、東部戦線で数々の戦いに参加した。

  • In 1943, Yang was captured by Wehrmacht  soldiers while fighting in eastern Ukraine  

    1943年、ヤンはウクライナ東部での戦闘中にドイツ国防軍の兵士に捕まった。

  • during the intense Third Battle of KharkovSometimes the Germans would give prisoners a  

    ハリコフの第3次戦闘でのこと。 時にドイツ軍は、捕虜に

  • choice. They could be executed or 'volunteerto serve in the German army. While it's not  

    を選択した。処刑されるか、ドイツ軍に「志願」するかである。とはいえ、それは

  • known if Yang had to make such a choicehe ended up being conscripted and sent to  

    ヤンがそのような選択をしなければならないことは知られていたが、彼は結局、徴兵されて派遣された。

  • France to fight in the 709th Infantry Division  of the Wehrmacht. Yang's bataillon was composed  

    フランスでは、ドイツ国防軍の第709歩兵師団に所属していた。ヤンのバタイヨンの構成は

  • of non German prisoners. They served as shock  troops and backed up more experienced Wehrmacht  

    ドイツ人以外の捕虜からなる。彼らは衝撃部隊として、経験豊富なドイツ国防軍をバックアップした。

  • battalions in Normandy, close to Utah Beach. During the D-Day landings Yang was among a handful  

    大隊はユタビーチに近いノルマンディーにあった。D-Day上陸作戦では、ヤンは一握りの兵士の中にいた。

  • of soldiers captured by US paratroops. As it  turns out none of the 4 'Japanese' soldiers were  

    米軍の空挺部隊に捕らえられた兵士たち。結局のところ、4人の「日本」の兵士は誰もいなかった。

  • actually Japanese. Yang was Korean and the other  three hailed from central Asia. No one was able  

    実は日本人だった。ヤンは韓国人、他の3人は中央アジアの出身である。誰もできなかった

  • to communicate with Yang since he wasn't fluent  in German, French or English. He was shipped off  

    ドイツ語、フランス語、英語に堪能ではなかったので、ヤンとのコミュニケーションには苦労した。彼は出荷された

  • to another POW camp, this time in BritainHe remained there until the end of the war

    今度はイギリスの別の捕虜収容所に移された。 戦争が終わるまでそこにいた。

  • After World War II ended, Yang immigrated to  the US and became a citizen. He quietly lived  

    第二次世界大戦が終わると、ヤンはアメリカに移住し、市民権を得た。彼は静かに暮らしていた。

  • out the rest of his life in IllinoisYang passed away at age 72, on April 7,  

    イリノイ州で余生を過ごした。 4月7日、ヤンは72歳でこの世を去った。

  • 1992. He rarely spoke of his army experienceschoosing to leave the past in the past

    1992.彼は軍隊での経験をほとんど語らず、過去は過去のままにしておくことを選んだ。

  • There are some who doubt Yang's amazing  war experience. In the early 2000s,  

    楊さんの驚くべき戦争体験を疑う人もいる。2000年代初頭のこと。

  • Korean filmmakers attempted to research  Yang's story for a documentary. Ultimately,  

    韓国の映画人は、ドキュメンタリーのためにヤン氏の物語を調査しようとした。最終的には

  • in their program they confirmed the existence of  Asian soldiers who served in the German Army and  

    番組では、ドイツ軍に所属したアジア人兵士の存在を確認したり

  • were captured by Allied forces. However they  were not able to gather clear evidence that  

    が連合軍に捕らえられた。しかし、それを証明する明確な証拠を得ることはできなかった。

  • would support the existence of Yang's story. Meanwhile, a striking photograph of a dismayed  

    は、ヤンの話の存在を裏付けるものである。一方で、狼狽している印象的な写真が

  • young Asian man wearing a Nazi uniform inroundup of German POWS has gone around the  

    ドイツ人捕虜の一斉検挙でナチスの制服を着た若いアジア人男性が出てきたことが話題になりました。

  • internet. Per the caption, the unnamed young man  is thought to be Japanese and is giving his name  

    のインターネットを利用しています。キャプションによると、名前のない若い男性は日本人と思われ、名前をあげています。

  • and number to an American Army captain. This  picture taken in 1944 has been linked to Yang,  

    とアメリカ陸軍大尉に番号をつけています。1944年に撮影されたこの写真は、ヤンとリンクしています。

  • although there is no proof that it's him. On the other hand, many historians and media  

    が、それが彼であるという証拠はありません。その一方で、多くの歴史家やメディアが

  • outlets find Yang's story very  possible and plausible. Sadly,  

    アウトレットでは、楊さんの話は非常に可能性があり、もっともだと思います。悲しいことに。

  • the truth may have been lost to history. During World War I, young teenagers  

    しかし、それは歴史の中で失われてしまったかもしれません。第一次世界大戦中、若いティーンエイジャーが

  • took up arms to fight for their  countries. Learn about them here:

    自分の国のために武器を取って戦った。彼らについてはこちらをご覧ください。

  • Nepalese Gurkhas are some of the toughesmost hardcore fighting forces in the world.  

    ネパールのガーカスは、世界で最もタフで、最もハードコアな戦闘部隊のひとつである。

  • Check out an epic video about them here:

    彼らについての壮大なビデオをここでチェックしてください。

June 6, 1944 During the D Day landings, the Allies  

1944年6月6日 Dデー上陸作戦では、連合国側は

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ヤン ドイツ 日本 捕虜 ソ連 国防

第二次世界大戦で3つの異なる側で戦った男 (The Man Who Fought on 3 Different Sides During World War 2)

  • 10 1
    Summer に公開 2021 年 07 月 31 日
動画の中の単語