Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For most soldiers, combat means bullets whizzing past as they battle to survive in a firefight

    多くの兵士にとって、戦闘とは、銃弾が飛び交う中で生き延びるための戦いを意味します。

  • against enemy forces.

    敵軍に対する

  • But for an elite group, combat is very different.

    しかし、エリート集団の場合、戦闘は全く異なる。

  • It's slower, and every bullet counts.

    遅いし、一発一発が大事だからね。

  • These skilled fighters lie in wait, hidden and watching until their target comes into

    この熟練した戦闘員は、ターゲットが現れるまで隠れて見張っています。

  • view.

    ビューになります。

  • And then they strike.

    そして、ストライキ。

  • A good sniper can turn the tide of a war with just one shot - and some have racked up shocking

    優れたスナイパーは、たった一発で戦況を変えることができ、中には衝撃的な記録を残した者もいる。

  • body counts.

    ボディカウント。

  • These are the ten most lethal snipers in history.

    史上最も致命的なスナイパー10人です。

  • #10.

    #10.

  • Chuck Mawhinney

    チャック・モーヒニー

  • Growing up in the mountains of Oregon, Chuck Mawhinney was always destined for military

    オレゴン州の山間部で育ったチャック・モーヒニーは、もともと軍人を目指していた。

  • success.

    の成功を目指します。

  • Not only was he the son of a World War II Marine, but from an early age he was out there

    彼は第二次世界大戦の海兵隊員の息子であるだけでなく、幼い頃から外に出ていました。

  • in the woods practicing his aim with a rifle on the local deer.

    森の中で、地元の鹿をライフルで狙う練習をしている。

  • By the time he graduated high school in 1967, he was an expert marksman and wasted no time

    1967年に高校を卒業したときには、射撃の名手として活躍していました。

  • enlisting in the US Marines just like his father.

    父と同じく海兵隊に入隊した。

  • The Vietnam war was ramping up, so it wasn't long before he was shipped off to southeast

    ベトナム戦争が激化していたこともあり、すぐに南東部に送られた。

  • Asia.

    アジア。

  • And it didn't take his instructors long to see they had a talent on their hands.

    そして、彼の指導者たちは、彼らが才能を持っていることに気づくのに時間はかからなかった。

  • He was quickly sent to Scout Sniper School, and spent sixteen months in Vietnam.

    彼はすぐにスカウト・スナイパー・スクールに送られ、16ヶ月間ベトナムに滞在した。

  • He soon became known as one of the best snipers in Marine Corps history, setting a then-record

    海兵隊史上最高のスナイパーとして知られるようになり、当時の記録を樹立した。

  • of 103 kills - although many people say he may have taken out upwards of three hundred

    の103キルと言われていますが、300キル以上していたのではないかと言われています。

  • enemy soldiers.

    敵兵。

  • Regarded for his accuracy, the only miss he's known to have made is shortly after his trusty

    正確さに定評のある彼が唯一ミスしたとされるのは、信頼のおける

  • rifle was serviced.

    ライフルのメンテナンスを行いました。

  • After he was sent home, he kept his accomplishments secret and didn't tell anyone about his

    家に帰された後、彼は自分の業績を秘密にして、誰にも言わなかった。

  • time as a sniper - until a fellow serviceman wrote about his exploits in a Vietnam memoir.

    狙撃兵として活躍していた時期がありましたが、仲間の兵士がベトナムでの彼の活躍を回顧録に書いてくれたのです。

  • Now known as one of the all-time great snipers, Mawhinney still speaks to new classes at sniper

    今や偉大なスナイパーの一人として知られるモーヒニーは、今でもスナイパーの新しいクラスで講演を行っている。

  • school more than sixty years after his time in the war.

    戦時中から60年以上経ってからの学校。

  • #9.

    #9.

  • Henry Norwest

    ヘンリー・ノーウェスト

  • Many of the best snipers come from isolated locations where they have time to practice

    優れたスナイパーの多くは、練習する時間のある孤立した場所にいます。

  • their trade in the wild.

    野生の中で取引されています。

  • That was also the case with Henry Norwest, the most feared sniper to come out of Canada

    カナダで最も恐れられたスナイパー、ヘンリー・ノーウェストもそうだった。

  • in World War I.

    第一次世界大戦では

  • The son of indiginous Metis parents, he worked as a ranch hand, a rodeo cowboy, and even

    原住民であるメティス族の両親を持つ彼は、牧場労働者、ロデオ・カウボーイ、さらには

  • a Mounted Policeman before joining the Canadian military in 1915.

    騎兵隊員を経て、1915年にカナダ軍に入隊。

  • But it wasn't a smooth ride - he was kicked out of the military for drunken fighting before

    しかし、順調に進んだわけではありませんでした。以前、酔って喧嘩をして軍を追い出されたこともあります。

  • re-enlisting under another name.

    名前を変えて再入隊。

  • This one would stick - and he would soon become one of Canada's greatest military heroes.

    そして、彼はやがてカナダで最も偉大な軍事的英雄の一人となる。

  • Norwest grew up hunting in rural Alberta, and that made him a deadly sniper.

    アルバータ州の田舎で狩猟をしながら育ったノーウェストは、そのおかげで命がけのスナイパーになっていた。

  • He knew camouflage and could use the natural terrain to hide, and moved stealthily as he

    彼はカモフラージュを知っていて、自然の地形を利用して隠れることができ、こっそりと移動しながら

  • stalked his enemy and got the drop on them.

    敵につきまとって先手を打つ。

  • That allowed him to rack up a shocking 115 kills witnessed by other soldiers, and he

    そのおかげで、他の兵士が目撃した115キルという衝撃的な数字を記録することができました。

  • soon became the military's go-to man for reconnaissance missions behind enemy lines.

    その結果、敵陣での偵察任務を担うことになった。

  • He earned the Military Medal in 1917, but the legendary sniper wasn't invincible.

    1917年には軍事勲章を獲得したが、伝説のスナイパーは無敵ではなかった。

  • On August 18th, 1918 a German sniper was just a little bit faster, and Henry Norwest became

    1918年8月18日、ドイツのスナイパーがほんの少しだけ速く、ヘンリー・ノーウェストは

  • one of Canada's many WWI casualties.

    第一次世界大戦で多くの犠牲者を出したカナダの一人である。

  • The next WWI hero came from all the way across the world.

    次の第一次世界大戦の英雄は、はるばる世界の反対側からやってきた。

  • #8.

    #8.

  • Billy Sing

    ビリー・シング

  • Born in Queensland, Australia to a Chinese father and English mother, Billy Sing grew

    中国人の父とイギリス人の母の間に生まれたビリー・シングは、オーストラリアのクイーンズランド州で育ちました。

  • up on a farm.

    農場で育ちました。

  • But things weren't easy for a mixed-race boy - there was a lot of anti-Chinese racism

    しかし、混血の少年にとっては簡単なことではありませんでした。多くの反中国の人種差別がありました。

  • in Australia, and Sing learned skills to help him defend himself.

    オーストラリアでは、Singは自分の身を守るための技術を学んでいました。

  • He worked as a timber-hauler and joined local shooting clubs, winning prizes for marksmanship

    彼は木材運搬人として働き、地元の射撃クラブに参加して射撃の腕前で賞を獲得した。

  • as a teenager.

    10代の頃。

  • At just 18, he answered the call after war was declared and joined the Australian Imperial

    18歳で宣戦布告を受け、オーストラリア帝国軍に入隊した。

  • Force - impressing a recruiter who disregarded the rule that only white Australians were

    オーストラリアの白人だけというルールを無視した採用担当者を感動させた「フォース

  • eligible to enlist.

    入隊することができます。

  • It would be the smartest decision that recruiter ever made.

    それは、採用担当者にとって最も賢明な判断となるだろう。

  • Sing was deployed in the Gallipoli campaign in modern day Turkey.

    シングは現在のトルコで行われたガリポリ作戦に投入された。

  • The mountainous regions were ideal for snipers, and Sing's expert marksmanship led to him

    山岳地帯はスナイパーにとって理想的な場所であり、シングは射撃の名手として活躍しました。

  • becoming notorious among the Turkish enemy forces.

    トルコの敵軍の間で悪名を馳せた。

  • A famous sniper nicknamed Abdul the Terrible was sent out to hunt Sing, but Sing outdueled

    アブドゥル・ザ・テリブルと呼ばれる有名なスナイパーがシンを狩るために送り込まれたが、シンはそれを凌駕した。

  • him in a sniper battle and shot him dead.

    狙撃戦で彼を射殺した。

  • While Sing was injured several times and sickened by poison gas, he fought in the war until

    シングは何度も怪我をしたり、毒ガスで体調を崩したりしながらも、最後まで戦争を戦い抜きました。

  • 1918 and racked up at least 150 kills - but historians say he may have sniped as many

    1918年、彼は少なくとも150人を殺害しましたが、歴史家によると、彼が狙撃した数は多いかもしれません。

  • as 300.

    を300とします。

  • His injuries in the war led to his retirement, and in the aftermath of the war he lived a

    戦争での負傷が原因で引退し、戦後の生活では

  • quiet life until his death in 1943.

    1943年に亡くなるまで、静かな生活を送っていました。

  • #7.

    #7.

  • Chris Kyle

    クリス・カイル

  • Growing up in Texas, Chris Kyle learned to hunt at the age of eight and spent his childhood

    テキサスで育ったクリス・カイルは、8歳で狩猟を覚え、幼少期は

  • shooting deer and birds.

    鹿や鳥の撮影。

  • He worked briefly as a professional rodeo rider before enlisting in the elite Navy SEALS,

    彼はプロのロデオライダーとして短期間活動した後、エリート集団であるネイビーシールズに入隊しました。

  • graduating in March 2001 - only six months before the world would change leading to the

    2001年3月に卒業したが、それは世界が変わるわずか半年前のことだった。

  • United States entering two wars in the Middle East.

    アメリカが中東で2つの戦争に突入したこと。

  • Kyle was assigned to Seal Team-3, where he would become an elite sniper.

    カイルはシールチーム3に配属され、精鋭のスナイパーとして活躍することになる。

  • But in the Iraq War, he would frequently face gut-wrenching choices - often having to decide

    しかし、イラク戦争では、彼は度々身を切るような選択を迫られました。

  • whether to shoot someone who looked like a civilian but could actually be a suicide bombing

    一般人のように見えても、実は自爆テロの可能性がある人を撃つかどうか

  • in disguise.

    を変装しています。

  • The war took its toll - but it couldn't slow him down.

    戦争の犠牲になったが、彼はそれにもめげなかった。

  • Over his four tours in Iraq, Chris Kyle would rack up a shocking 160 kills, a confirmed

    クリス・カイルは、4回のイラク遠征で160人という衝撃的な戦果を上げており、確認されているのは

  • record for a US military member.

    米軍関係者の記録。

  • He received a Silver Star and multiple Bronze Stars for his valor, and was discharged honorably

    その功績により銀星章と複数の銅星章を授与され、名誉除隊となりました。

  • in 2009.

    2009年のことです。

  • He would go on to write an autobiography, American Sniper, where he talked frankly about

    彼はその後、自叙伝「アメリカン・スナイパー」を執筆し、その中で以下のようなことを率直に語っています。

  • the impact of the war.

    戦争の影響を受けた。

  • He also worked with other veterans with post-traumatic stress disorder, something that would eventually

    また、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の退役軍人との共同作業も行いました。

  • lead to his own death, when he was fatally shot by a disturbed veteran in 2013.

    その結果、2013年には自分を追い詰めた退役軍人に銃で撃たれ、自らの死を招いてしまいました。

  • A year later, a film based on his life was released and went on to become the top-grossing

    その1年後には、彼の人生を題材にした映画が公開され、最高の興行収入を記録しました。

  • film of the year.

    フィルム・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

  • #6.

    #6.

  • Vasily Zaitsev

    Vasily Zaitsev

  • The Russian front was one of the most brutal locations of World War II, a notorious killing

    ロシア戦線は、第二次世界大戦中、最も残酷な場所のひとつであり、悪名高い殺害の場であった。

  • field that spelled the end for countless Russian soldiers and invading Germans alike.

    その結果、多くのロシア兵やドイツ兵が、この地で命を落としたのである。

  • But in Stalingrad, one Russian soldier would become a legend.

    しかし、スターリングラードでは、一人のロシア人兵士が伝説となる。

  • Vasily Zaitsev grew up in a family of peasant farmers and was shooting deer and wolves from

    農民の家庭に育ったワシリー・ザイチェフは、当時から鹿や狼を撃っていました。

  • a young age.

    若い頃の話です。

  • His initial work in the military was anything but glamorous as he worked as a clerk, but

    軍隊での最初の仕事は、決して華やかなものではなく、事務員として働いていましたが

  • this humble clerk would soon turn out to be a deadly shot.

    この地味な店員が、やがて命がけの射撃をするようになる。

  • Zaitsev volunteered to be transferred to the front lines, and was assigned to a rifle regiment.

    ザイツェフは自ら志願して前線に異動し、ライフル連隊に配属された。

  • The army soon discovered that he could shoot from locations that seemed impossible.

    不可能と思われる場所からでも撮影できることを、軍はすぐに発見した。

  • He would be stationed under rubble or even in water pipes, sniping German troops before

    瓦礫の下、あるいは水道管の中に陣取って、ドイツ軍を狙撃していた。

  • they even knew he was there.

    彼らは、彼がそこにいることを知っていた。

  • Prior to the Battle of Stalingrad, he had only been credited with 25 kills, but during

    スターリングラードの戦いの前には、25キルしか記録されていませんでしたが、この戦いでは

  • the battle he killed a stunning 225 enemy soldiers until a mortar injured his eyes.

    迫撃砲で目を負傷するまで、225人もの敵兵を倒した。

  • His eyesight was saved by a talented Russian eye surgeon, and Zaitsev returned to the front

    ロシアの優秀な眼科医によって視力が回復し、ザイツェフは戦線に復帰した。

  • and retired with the rank of Captain.

    そして、大尉の階級で引退しました。

  • After the war, he would briefly be imprisoned as a suspected spy in 1951 under Stalin - a

    戦後、1951年にはスターリンの下でスパイ容疑で一時的に投獄されることになる。

  • shocking fate for a war hero - but he was eventually cleared and lived until 1991, dying

    戦争の英雄としてはショッキングな運命でしたが、最終的には無罪放免となり、1991年まで生きました。

  • only eleven days before the fall of the Soviet Union.

    ソビエト連邦崩壊のわずか11日前のことである。

  • He wasn't the only famous Russian sniper - but this next one had something different.

    ロシアのスナイパーとして有名なのは彼だけではないが、次のスナイパーは何かが違っていた。

  • #5.

    #5.

  • Lyudmila Pavilchenko

    Lyudmila Pavilchenko

  • Women weren't a common sight on the front lines in World War II, but the invasions into

    第二次世界大戦では、前線に女性の姿はあまり見られませんでしたが、日本への侵攻は

  • Russian meant that all option were now on the table - and one Soviet woman became a

    ロシア語は、あらゆる選択肢がテーブルの上にあることを意味し、一人のソビエト女性が

  • legend of war.

    legend of war.

  • Pavilchenko was a tomboy who grew up in Kiev, and just like many of the men on this list,

    パビルチェンコは、キエフで育ったおてんば娘で、このリストの多くの男性と同じように

  • she showed talent with a rifle from an early age.

    彼女は幼い頃からライフルの才能を発揮していました。

  • When Germany invaded, she quickly headed over to the recruitment office - where they promptly

    ドイツが侵攻してきたとき、彼女はすぐに採用窓口に向かいました。

  • tried to send her to the nurses' division.

    と言って、彼女を看護部に送り込もうとした。

  • It was only when she showed them her papers from multiple shooting classes that they let

    彼女が複数の射撃クラスの書類を見せたとき、彼らはそれを許可した。

  • her join the rifle division, and she became one of 2,000 female snipers in the Red Army.

    彼女はライフル部門に参加し、赤軍の2,000人の女性スナイパーの一人となった。

  • In 1941 she picked up a fallen soldier's rifle and took her first enemy life, but it

    1941年、彼女は戦死した兵士のライフルを拾い、初めて敵の命を奪いましたが、それは

  • would be far from the last.

    は、決して最後ではないだろう。

  • The siege of Odessa was her finest hour, where she killed 187 enemy soldiers.

    オデッサの包囲戦では、187人の敵兵を殺害し、彼女の最高の活躍を見せた。

  • She would soon become a Lieutenant, marry a fellow sniper, and eventually notch a kill

    彼女はすぐに中尉になり、仲間のスナイパーと結婚し、最終的にはキルを達成します。

  • count of 309 enemies - the highest number ever recorded for a woman.

    敵の数は309人で、これは女性の記録としては最高の数です。

  • After being injured in combat, she worked as a propagandist and trainer and gained the

    戦闘で負傷した後は、プロパガンダやトレーナーとして活動し、得た

  • nickname Lady Death.

    のニックネームはLady Death。

  • She would even visit the United States and meet with First Lady Eleanor Roosevelt.

    彼女はアメリカを訪れ、ファーストレディのエレノア・ルーズベルトと会うこともあった。

  • Although she would survive the war, her husband fell in combat, something that haunted her

    戦争を生き延びたものの、夫が戦死したことが彼女の心に残った。

  • until her death in 1974.

    1974年に彼女が亡くなるまで

  • #4.

    #4.

  • Abu Tahsin al-Salihi

    Abu Tahsin al-Salihi

  • The man who would be known as the Sheik of Snipers started out as a humble Iraqi shepherd

    後に「狙撃の名手」と呼ばれるようになる男は、イラクの貧しい羊飼いから出発した。

  • who carried a rifle to protect himself.

    は、自分を守るためにライフルを携帯していました。

  • By 1973 he was an expert shot, and he would put that to work when war broke out between

    1973年には射撃の名手になっていたが、戦争が始まるとその実力を発揮することになる。

  • Israel and the Arab States.

    イスラエルとアラブ諸国

  • The Yom Kippur War was one of the region's most brutal conflicts, and al-Salihi was stationed

    ヨム・キプール戦争は、この地域で最も残酷な紛争のひとつであり、アル・サリヒは駐留していた。

  • in the Golan Heights where he became a feared sniper.

    ゴラン高原では恐怖のスナイパーとして活躍しました。

  • He would next fight in the Second Kurdish-Iraqi War only a year later, and then again in the

    その後、わずか1年で第二次クルド・イラク戦争に参戦し、さらには

  • Iran-Iraq War in the 1980s.

    1980年代のイラン・イラク戦争。

  • But he was far from done.

    しかし、彼はそれどころではなかった。

  • Surviving all these wars, he would fight against American forces in both the Gulf War and the

    これらの戦争を生き延びた彼は、湾岸戦争とアメリカ軍との戦いに臨むことになる。

  • 2003 Iraq War.

    2003年のイラク戦争。

  • When Iraq fell into a civil war involving the terrorist group ISIS, the now sixty-something

    イラクがテロリスト集団ISISを巻き込んだ内戦に陥ったとき、現在60代の

  • Sheik of Snipers picked up his rifle yet again - and in his finest hour, would rack up a

    狙撃手のシークは、再びライフルを手にし、最高の時間帯には、1,000万ドルを記録しました。

  • stunning 384 confirmed kills of ISIS members.

    384人のISISメンバーの殺害が確認されました。

  • But his time as a member of the Popular Mobilization Forces would eventually run out and so would

    しかし、民衆動員部隊の一員としての彼の時間は、やがて尽きることになる。

  • his luck.

    彼の運の良さ。

  • In 2017, he was killed in action in the battle of Hawija, bringing an end to almost fifty

    2017年、彼はハウィジャの戦いで戦死し、約50人に終止符を打ちました。

  • years of sniping.

    長年の狙撃の経験から

  • #3.

    #3.

  • Francis Pegahmagabow

    フランシス・ペガマガボ

  • Born on a First Nation reserve in Ontario, Francis lost his father at a young age and

    オンタリオ州の先住民族の保護区に生まれたフランシスは、幼い頃に父を亡くし

  • was later abandoned by his mother.

    は、その後、母親に捨てられた。

  • Raised by a First Nation elder, he learned traditional medicine and hunting as a boy

    先住民族の長老に育てられ、少年時代に伝統的な薬や狩猟を学んだ

  • - skills that would serve him well when he volunteered for service in World War I.

    - 第一次世界大戦に志願したときも、その能力は発揮された。

  • Those skills won over the recruiters and led to him being admitted despite a policy that

    その能力が採用担当者の目に留まり、当時の方針に反して入学が許可されたのです。

  • was in place that didn't allow First Nations members to serve.

    は、ファースト・ネーションのメンバーがサービスを受けることを認めていませんでした。

  • He became known for his tent being decorated with traditional Native symbols - and for

    彼のテントはネイティブの伝統的なシンボルで飾られていることで知られています。

  • his scary accuracy with a rifle.

    彼のライフルの恐るべき正確さ。

  • But he would soon encounter one of the worst horrors of the war.

    しかし、彼はすぐに戦争中の最悪の恐怖に遭遇することになる。

  • He fought on the Western Front, and was caught in the middle when the Germans first deployed

    彼は西部戦線で戦い、ドイツ軍が最初に展開したときには中央にいた。

  • Chlorine gas.

    塩素ガス。

  • Despite being injured, he managed to take out many German soldiers and was promoted.

    負傷しながらも、多くのドイツ兵を倒すことに成功し、昇進した。

  • In addition to his work as a sniper, he made several trips into no man's land to retrieve

    狙撃手としての仕事に加えて、彼は無人島に何度も足を運んで回収した。

  • ammunition, and by the time the war ended in 1918, he had managed to take out 378 German

    弾薬を使用し、1918年の終戦までに378人のドイツ人を倒すことに成功しました。

  • soldiers - and assisted in capturing 300 more.

    また、300人の兵士を捕まえることにも貢献した。

  • Highly decorated after the war, he dedicated the rest of his life to First Nations affairs

    終戦後は高い評価を受け、残りの人生をファースト・ネーションの問題に捧げた

  • and was highly regarded as an activist when he died in 1952.

    で、1952年に亡くなったときには、活動家として高く評価されていました。

  • #2.

    #2.

  • Fyodor Okhlopkov

    フョードル・オクロプコフ

  • The Yakut people, a Turkic ethnic group in Russia, mostly live in rural areas.

    ロシアのテュルク系民族であるヤクート族は、ほとんどが農村部に住んでいます。

  • Fyodor Okhlopkov grew up poor and was working in mines and factories from the age of twelve.

    貧しい環境で育ったフョードル・オクロプコフは、12歳の頃から鉱山や工場で働いていた。

  • But it was his hobby of sharpshooting that would pay off for him when he was drafted

    しかし、趣味の射撃が功を奏して、ドラフト指名を受けることになったのです。

  • into the Red Army in 1941.

    1941年に赤軍に入隊しました。

  • His regiment was mostly composed of Siberians, and he lost his brother early in the war.

    彼の連隊はほとんどがシベリア人で構成されており、彼は戦争の初期に弟を亡くしていた。

  • While he rose in the ranks, it wasn't until he was injured in combat that he found his

    彼は昇進する一方で、戦闘中に負傷した後、彼は

  • true calling in war.

    戦争での天職。

  • While he was recovering, his unit lost most of its men, and he was sent back to the front

    療養中に部隊の大半が失われ、前線に戻されてしまった。

  • line as the new unit sniper.

    は、新ユニットのスナイパーとして活躍します。

  • He would exact a terrible cost on the enemy.

    敵に多大な犠牲を強いることになる。

  • During the next two years, he racked up at least 429 enemy kills, and would be nominated

    その後の2年間で、少なくとも429人の敵を倒し、ノミネートされます。

  • for the award of Hero of the Soviet Union.

    ソビエト連邦の英雄賞を受賞しました。

  • He barely survived a chest wound near the end of the war, and by the time he had recovered

    終戦間際に胸部を負傷したものの辛うじて生き延び、回復した頃には

  • the war was nearly over.

    戦争が終わりかけていたからだ。

  • He didn't actually receive the award he was nominated for until 1968, near the end

    彼が実際にノミネートされた賞を受賞したのは、1968年の終わりに近い頃でした。

  • of his life, but rose to prominent positions in the Communist party all the same.

    しかし、彼は共産党で重要な地位に就いた。

  • While his military career didn't continue after his close call with death, he remains

    死と隣り合わせになった後、彼の軍人としてのキャリアは続きませんでしたが、彼は依然として

  • one of Russia's greatest war heroes.

    ロシアの偉大な戦争の英雄の一人である。

  • But one sniper racked up an even higher kill count.

    しかし、一人のスナイパーがさらに高いキルカウントを記録した。

  • #1.

    #1.

  • Simo Hayha

    シモ・ヘイハ

  • The Winter War was a little-known conflict outside of the countries directly involved

    冬の戦争は、直接関係した国以外ではあまり知られていない紛争だった

  • in it, since it was overshadowed by the growing fronts of World War II.

    第二次世界大戦の戦線拡大で影を潜めていたため、その中では

  • But the Soviet invasion of Finland led to brutal fighting, and it was also the birthplace

    しかし、ソ連がフィンランドに侵攻した際には、残酷な戦いが繰り広げられ、また、フィンランドが誕生したのは

  • of the deadliest sniper of all time.

    史上最凶のスナイパーの

  • Simo Hayha grew up in a small Finnish town near the Russian border where he learned farming,

    シモ・ヘイハは、ロシアとの国境に近いフィンランドの小さな町で育ち、農業を学んだ。

  • hunting, and skiing.

    ハンティングやスキーをする。

  • Only a teenager when he joined the volunteer militia, he quickly racked up sharpshooting

    10代で義勇軍に参加した彼は、すぐに射撃の腕を上げた。

  • awards and was later drafted into the army.

    の賞を受賞し、その後、徴兵されました。

  • He displayed an amazing talent for accuracy, once hitting a target sixteen times from 150

    驚異的な正確さの才能を発揮し、150から16回も的に当てたこともあった。

  • meters away in only a minute!

    メートルの距離をわずか1分で実現

  • The Soviets would soon find out about his talents the hard way.

    彼の才能をソ連はすぐに知ることになる。

  • Dressed entirely in white clothing that made him blend into the frozen north, Hayha made

    凍てつく北の大地に溶け込むような白い服を着て、ヘイハは

  • short work of the invading Russian troops.

    侵攻してきたロシア軍をすぐに片付けてしまいました。

  • Joseph Stalin had eliminated most of his military experts in the 1930s, and Russian troops weren't

    ジョセフ・スターリンは、1930年代に軍事専門家をほとんど排除していたため、ロシア軍には

  • camouflaged, which made them easy targets for the master shot.

    カモフラージュされているので、マスターショットのターゲットになりやすいのだ。

  • He became known as the White Death, an invisible soldier who brought death from the snow.

    彼は、雪から死をもたらす見えない兵士として、「白き死」と呼ばれるようになった。

  • Propaganda was made about him, making him seem like a mythical figure.

    彼についてのプロパガンダは、彼を神話的な人物のように見せていた。

  • But one thing was very real - his shocking death toll of over five hundred Russian soldiers,

    しかし、一つだけ現実味を帯びていたのは、500人を超えるロシア兵の衝撃的な死者数だった。

  • the greatest confirmed kill count of all time.

    史上最大の確認された殺害数。

  • Although he was seriously wounded in battle, he survived the war and went on to live a

    戦場で重傷を負いながらも、戦争を生き抜き、その後の人生を歩んだ。

  • quiet life as a moose hunter and dog breeder.

    ヘラジカ猟師と犬のブリーダーとしての静かな生活。

  • The man known as the White Death chose a very different path after war and died peacefully

    白き死」と呼ばれた男は、戦後、まったく別の道を選び、静かに死んでいった

  • over 60 years after he fought on the battlefields in 2002 at the age of 96.

    2002年に96歳で戦場で戦ってから60年以上が経過しています。

  • For more on how to join their elite ranks, check outHow To Become a US Army Sniper

    彼らの精鋭部隊に加わる方法については、"How To Become a US Army Sniper "をご覧ください。

  • or watch this video instead.

    または、このビデオをご覧ください。

For most soldiers, combat means bullets whizzing past as they battle to survive in a firefight

多くの兵士にとって、戦闘とは、銃弾が飛び交う中で生き延びるための戦いを意味します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます