Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Lucifer.

    ルシファーです。

  • Satan.

    サタンです。

  • Ahriman.

    Ahriman.

  • Darren Farley.

    Darren Farley氏。

  • The devil wears many names, but just how did this being of ultimate evil come to be?

    悪魔には様々な名前がありますが、この究極の悪の存在はどのようにして生まれたのでしょうか?

  • Throughout history and cultures, evil entities have always been blamed for various tragedies

    歴史や文化の中で、様々な悲劇の原因として、常に邪悪な存在が非難されてきました。

  • that befell humanity.

    人類に降りかかった

  • In ancient Greek mythology, there were various entities which could perform or inspire evil

    古代ギリシャの神話では、悪を行う、あるいは悪を鼓舞する様々な存在がありました。

  • deeds, but the Greek gods themselves were often so cruel and evil that there was little

    行いましたが、ギリシャ神話の神々自体があまりにも残酷で邪悪な存在であることが多く、ほとんど

  • need for a centralized evil figure.

    中央集権的な悪人の必要性。

  • Hades may be the figure best representative of a traditional 'devil', but compared to

    ハーデスは伝統的な「悪魔」を最もよく表す人物かもしれませんが、それに比べて

  • the shenanigans of the other gods, Hades often comes off as a choir boy.

    他の神々の悪ふざけに比べて、ハーデスはしばしば聖歌隊の少年のように見えます。

  • Under the yoke of gods who were as capricious, petty, selfish, arrogant, and jealous as children,

    子供のように気まぐれで、小心者で、利己的で、傲慢で、嫉妬深い神々のくびきの下で。

  • the ancient Greeks could have been said to suffer under many devils.

    古代ギリシャ人は多くの悪魔に苦しめられていたと言えるでしょう。

  • Buddhism is one of the few non-Abrahamic religions that has a figure similar to what we most

    仏教は、アブラハム系以外の宗教の中で、私たちと同じような姿をしている数少ない宗教です。

  • closely associate as 'the devil' in our modern culture.

    現代の文化では、「悪魔」として密接に関連付けられています。

  • In Buddhism, the demon Mara directly opposes the Buddha's quest for enlightenment.

    仏教では、悟りを求める仏陀に真っ向から対立する悪魔・魔羅。

  • In one version of events, he sends his three daughters, Attraction, Aversion, and Delusion,

    あるバージョンでは、彼は3人の娘、Attraction、Aversion、Delusionを送ります。

  • to strip in front of the meditating Buddah, in order to tempt him away from his studies.

    瞑想している仏陀の前で裸になり、勉強から離れさせようとした。

  • Buddah however swept them away from his presence, ignoring the temptation and continuing to

    しかし、ブッダは彼らを自分の前から振り払い、誘惑を無視して続けました。

  • pursue his personal enlightenment.

    彼の個人的な悟りを追求する。

  • Mara is the guardian of passion, and uses his powers of lust, hesitation, and fear in

    マーラは情熱の守護者であり、欲望、躊躇、恐怖の力を使って

  • order to lead would-be Buddhists astray and off the path.

    仏教徒を迷わせ、道を踏み外すために。

  • If you've ever felt yourself afraid of doing the right thing, hesitating to act when you

    もしあなたが、正しいことをするのが怖くて、行動するのを躊躇していると感じたことがあれば

  • know you should, or cheating on a significant other with another person, then you've felt

    自分がすべきことがわかっていても、大切な人を他の人と浮気してしまったりすると、その人は

  • the powerful pull of Mara in your own life.

    自分の人生の中で、マーラの強力な引き立て役となっている。

  • Unlike the traditional Abrahamic devil however, Mara does eventually repent of his sins and

    しかし、伝統的なアブラハムの悪魔とは異なり、マラは最終的に自分の罪を悔いて

  • convert to Buddhism.

    仏教に改宗する。

  • This occurs when the Buddhist monk Upagupta journeys to the ancient Indian kingdom of

    それは、仏教の僧侶ウパグプタが、古代インドの王国に旅立ったときのことです。

  • Mathura to preach the path of enlightenment.

    悟りの道を説くために、マトゥラー。

  • Finding great success amongst the population, Mara's palace began to tremble, and he was

    民衆の間で大きな成功を収めたマラの宮殿は震えだし、彼は

  • quick to take his revenge, attacking the Dharma- or the Buddhist teachings directly.

    復讐のために、ダルマ(仏教の教え)を直接攻撃したのです。

  • In order to seek out the source of the disturbance, Upagupta slipped into a meditative trance,

    騒動の原因を探るため、ウパグプタは瞑想状態に入った。

  • known as samadhi.

    三昧として知られています。

  • With the monk helpless before him, Mara slipped a fine jade necklace over his neck, an attempt

    無力な僧侶を前にして、マラは彼の首に立派な翡翠の首飾りをかけました。

  • to tempt the monk with vanity.

    虚栄心で僧侶を誘惑するために

  • Upagupta then gathered three corpses- that of a man, a dog, and a snake- and transformed

    ウパグプタは、人間、犬、蛇の3つの死体を集め、それを変身させて

  • them into a beautiful garland.

    それらを美しいガーランドにしてみました。

  • Approaching Mara, the monk offered him the beautiful garland as a thank you token for

    僧侶はマラに近づき、その美しい花輪を感謝の印として差し出しました。

  • the jade necklace.

    翡翠のネックレス。

  • Reveling in his destruction of the monk's piety with his gift of precious jade, Mara

    貴重な翡翠を贈って僧侶の信心を破壊したことに喜びを感じたマラは

  • proudly extended his neck and received the garland, only to have it instantly transform

    誇らしげに首を伸ばして花輪を受け取ると、その花輪は一瞬にして姿を変えてしまいます。

  • back into the three rotting corpses.

    3つの腐った死体の中に戻ってきた。

  • Angered and disgusted, Mara fled to the heavens, seeking anyone who could help him remove the

    怒りと嫌悪感を抱いたMaraは、天界に逃げ込み、自分を助けてくれる人を探しました。

  • rotting corpses from around his neck.

    腐った死体を首から下げていた。

  • In desperation, he approached Brahma himself- one of the principal deities of Buddhism-

    困った彼は、仏教の本尊の一つである梵天に相談した。

  • and begged him to remove the necklace.

    と言って、ネックレスを外してくれるように頼みました。

  • Brahma suggested that Mara return to earth and beg for the forgiveness of the monk who

    梵天は、マラが地上に戻って、以下のことをした僧侶の許しを請うことを提案しました。

  • had cursed him.

    は、彼を呪っていた。

  • Mara thus returned to Upagupta and threw himself at the monk's feet.

    マーラはこうしてウパグプタのもとに戻り、僧侶の足元に身を投げた。

  • Upagupta asked if he would turn from his evil ways and cease to attack the Dharma, to which

    ウパグプタは、自分の悪行を改め、ダルマを攻撃するのをやめるかどうかを尋ねましたが、それに対して

  • Mara eagerly agreed, and then began to repent for his many sins.

    マラは熱心に同意して、自分の多くの罪を悔い改め始めた。

  • Thus, Mara was converted from his evil ways to the path of enlightenment.

    こうして、マラは悪の道から悟りの道へと改められた。

  • In early Hindu beliefs, there is no one figure, or group of figures, responsible for evil.

    初期のヒンドゥー教では、悪の原因となる人物やグループは存在しません。

  • Rather, evil simply exists in the world as part of the natural cycle of life.

    むしろ、悪は自然のサイクルの一部として世の中に存在しているのです。

  • As the Hindu faith evolved however, blame for evil was assigned to demons.

    しかし、ヒンドゥー教の信仰が発展するにつれ、悪の責任は悪魔に負わせられるようになりました。

  • Both demons and gods made a choice to speak either truth or untruth, with the gods choosing

    悪魔も神も、真実を語るか、真実でないかの選択をし、神はそれを選んだ。

  • to speak only truth and the demons choosing to speak only untruth.

    は真実のみを語ることを選び、悪魔は真実でないことのみを語ることを選びます。

  • While we may be best familiar with the concept of the devil due to abrahamic religions, the

    悪魔という概念は、アブラハム系の宗教でよく知られているかもしれませんが

  • devil as a singular entity of ultimate evil, is believed to actually be the influence of

    悪魔は究極の悪の特異な存在として、実際にはその影響を受けていると考えられています。

  • Zoroastrianism on early Judaism.

    ゾロアスター教が初期のユダヤ教に影響を与えた。

  • In Zoroastrianism, good and evil are not part of the same coin, but rather are two completely

    ゾロアスター教では、善と悪は同じコインの一部ではなく、完全に2つのものです。

  • opposite and separate forces that are forever in conflict with each other.

    互いに相反する別々の力が永遠に続きます。

  • The force of good is called Ahura Mazda, and the force of evil, ordestructive spirit”,

    善の力を「アフラ・マズダ」と呼び、悪の力を「破壊霊」と呼びます。

  • is known as Angra Mainyu, or Ahriman.

    はAngra Mainyu、またはAhrimanとして知られています。

  • Neither of these two forces is all-powerful, meaning one cannot outright control or defeat

    この2つの力はどちらも万能ではなく、完全に制御したり打ち負かすことはできません。

  • the other.

    もう一方は

  • But, good and evil are also not equals- good is free of the bonds of time and space, while

    しかし、善と悪は同じではありません。善は時間と空間の束縛から解放されていますが、悪は時間と空間の束縛から解放されていません。

  • evil is constrained by both time and space.

    悪は時間と空間の両方に制約されている。

  • Thus, when the world ends and time and space are dissolved, evil will die along with the

    このように、世界が終わり、時間と空間が解消されると、悪も一緒に死んでしまうのです。

  • old word, leaving only good to reign forever.

    古い言葉で、良いものだけを残して永遠に君臨している。

  • This concept of two separate, powerful entities vying for the fate of the world, is believed

    世界の運命を争う2つの独立した強力な存在という概念は、世界の運命を決めると考えられています。

  • to have influenced early Judaism, prompting belief in a devil who was powerful- yet not

    は、初期のユダヤ教に影響を与え、強力な力を持ちながらも存在しない悪魔を信じるようになったと言われています。

  • as powerful as God himself who would ultimately win and rule supreme.

    最終的に勝利し、最高の支配者となるのは、神自身のように強力な存在である。

  • In early Judaism though, there was no belief in an actual devil.

    しかし、初期のユダヤ教では、実際に悪魔が存在するとは考えられていませんでした。

  • Yahweh rules supreme, and for a long time, Satan in Judaism was not so much an individual,

    ヤハウェが最高の支配者であり、長い間、ユダヤ教におけるサタンは、それほど個人ではありませんでした。

  • as he was a natural inclination by people to do wrong.

    彼は、人が悪いことをしようとする自然な傾向があるように

  • Translated asopponentoradversary”, Satan was the sinful impulse or general forces

    対戦相手」「敵対者」と訳されるサタンは、罪の衝動や総力戦で

  • that prevent human beings from doing good.

    人間の善行を妨げるもの

  • There was no central figure who commanded these forces, and no tempter that played on

    これらの力を指揮する中心人物もいなければ、その力を利用する誘惑者もいない。

  • human frailty to lure people into evil.

    人間の弱さを利用して人を悪に誘う。

  • A battle with Satan in Judaism is a battle with yourself, and your proclivity to be lustful,

    ユダヤ教でのサタンとの戦いは、自分自身との戦いであり、欲望にまみれた性癖との戦いです。

  • selfish, lazy, etc.

    利己的、怠惰、など。

  • Sometimes though the name Satan is used to reference an accusatory or prosecutorial figure,

    しかし、サタンという名前は、告発者や検察官のような人物を指して使われることもあります。

  • who is actually also on God's side- not opposed to him.

    は、実は神の側にもいて、敵対していない。

  • Typically this is an angel which is allowed to act in a way that is adversarial to God's

    典型的な例としては、神に逆らう形で行動することが許されている天使です。

  • people, in order to help them rid themselves of moral weaknesses or strengthen their character

    人々が、道徳的な弱点を取り除き、人格を強化するのを助けるために

  • and faith.

    と信念を持っています。

  • Perhaps the best known example of this is in the book of Job.

    その最も有名な例は、「ヨブ記」にあるでしょう。

  • Job is one of the wealthiest men in the land of Uz, where he lives with his large family

    ウズの国で最も裕福な男性の一人であるジョブは、大家族と一緒に暮らしている。

  • and many flocks.

    と多くの群れがあります。

  • Described as a righteous man, who strives to do good and avoid doing evil, Job is blessed

    善を行い、悪を行わないように努力する正義の人と表現されたヨブは、祝福されています。

  • with a large family and much wealth.

    大家族で、多くの財産を持っている。

  • However, Satan approaches God one day and God boasts to Satan about how good and faithful

    しかし、ある日サタンが神に近づき、神はサタンに、いかに善良で忠実であるかを自慢します。

  • his servant Job is.

    彼のしもべであるヨブは

  • Satan however points out that it's easy to be good and faithful when you're living such

    しかし、サタンは、自分がそのような生き方をしているときは、善良で忠実であることは簡単だと指摘します。

  • a good life, so he challenges God- take away Job's fortunes, and he'll surely curse your

    ヨブの財産を奪えば、きっとあなたのことを呪うだろう」と神に挑んだ。

  • name.

    の名前が表示されます。

  • With that, God grants Satan power over Job's life- yet forbids him from actually killing

    神はサタンにヨブの人生を支配する力を与えましたが、サタンが実際に殺すことは禁じています。

  • Job.

    仕事です。

  • In just one day, Satan kills all of Job's livestock, ten of his children, and all of

    サタンはたった一日で、ヨブの家畜をすべて殺し、10人の子供を殺し、そして

  • his servants.

    彼のしもべたち。

  • Job is not just financially destitute, but has lost nearly all of his family.

    ヨブは経済的に困窮しているだけでなく、家族のほとんどを失っています。

  • He shaves his head and tears his clothes in mourning, and then settles into the dust of

    喪に服して頭を剃り、服を破り、そして塵になっても

  • his home where he lays as three of his friends visit him and try to find the source of his

    自宅で横になっていると、3人の友人が訪ねてきて、その原因を探ろうとします。

  • damnations- confident that it must be some secret sin in Job's life that brought this

    天罰が下ったのは、ヨブの人生に何か秘密の罪があったからに違いないと確信していた。

  • catastrophe down on him.

    大惨事が彼に降りかかる。

  • During the course of his ordeal, Job defends his character against his friends and rebukes

    試練の中で、ヨブは自分の性格を友人たちに弁護し、叱責します。

  • his wife, who suggests that he curse God and die.

    妻は「神を呪って死んでしまえ」と言います。

  • As Job refuses to blame God for his misfortune, Satan strikes him with all manner of illnesses,

    不幸を神のせいにしようとしないヨブに、サタンは様々な病を与えます。

  • further adding to his misery.

    それが、彼の悩みの種だった。

  • While Job expresses frustration with God, he still refuses to blame God for his woes-

    ヨブは神への不満を表明しながらも、自分の苦悩を神のせいにすることを拒んでいます。

  • pointing out that God had up until then, given him a long, happy life, so he had the right

    神はそれまで彼に長くて幸せな人生を与えてくれたので、彼には権利があると指摘した。

  • to take it away.

    を奪う。

  • Job's friends continue to harass him, all of them confident in their self-righteousness

    ジョブズの友人たちは彼に嫌がらせを続け、彼らは皆、自分の独善性に自信を持っていた。

  • that Job clearly must have been harboring some secret sin, or this evil wouldn't have

    ヨブは明らかに何か秘密の罪を抱えていたに違いない、さもなくばこの悪は

  • befallen him.

    彼の身に起こったこと。

  • At last, God appears before the group as a whirling tempest, and with a series of rhetorical

    最後に、神は渦巻く嵐のようにグループの前に現れ、一連の修辞的な

  • questions shows the frustrated Job and group just how little they understand creation or

    の質問は、苛立っているJOBとグループが、いかに創造やその他のことを理解していないかを示しています。

  • the nature of God.

    は神の性質を表しています。

  • In an act of humility, Job admits his limited knowledge, which pleases God- though God remains

    謙虚な態度で、ヨブは自分の知識の少なさを認め、それが神を喜ばせますが、神は依然として

  • upset with Job's friends who had for days tried to pressure Job into admitting his suffering

    何日もかけてヨブに自分の苦しみを認めさせようとしたヨブの友人に腹を立てて

  • was his own fault.

    は自分のせいだと思っていた。

  • Job however asks God to forgive his friends, which pleases God once more, and God forgives

    しかし、Jobは神に友人たちを許してくれるように頼み、それがまた神を喜ばせ、神は許してくれた。

  • the friends while restoring to Job twice as much wealth as he had before, along with new

    友人たちに、以前の2倍の富を与え、新しい

  • children and an extremely long, happy life.

    子供たちと、非常に長く幸せな生活を送っています。

  • While Christians have turned the Satan of the Book of Job into an individual entity

    クリスチャンはヨブ記のサタンを個別の存在にしているが

  • diametrically opposed to God, the ancient Jews understood the Satan of Job as merely

    古代ユダヤ人は、ヨブのサタンを、神とは正反対の存在として理解していました。

  • an actor in God's heavenly court.

    神の天の宮廷の役者である。

  • Furthermore, while scriptural literalists will believe the Book of Job to be a real

    さらに、聖典リテラル主義者は、ヨブ記が実在すると信じているでしょうが

  • story, it's widely acknowledged that the story was clearly a poetic exploration of deep theological

    の物語は、明らかに深い神学的なものを詩的に探求したものであることが広く認められています。

  • questions.

    の質問に答えます。

  • In Islam, itself an offshoot of Judaism, God created Adam- the first human- and then ordered

    ユダヤ教から派生したイスラム教では、神は最初の人間であるアダムを創造し、次のように命じました。

  • all of the anglels to prostrate themselves before Adam, signifying that man with his

    アングルのすべてがアダムの前にひれ伏して、人間が彼の持つ

  • free will and ability to choose, was the superior being.

    自由意志と選択能力を持った優れた存在である。

  • All of the angels prostrated themselves except for one- Iblis, or Shaitan- who out of pride,

    天使たちはみなひれ伏したが、一人だけ高慢な態度をとったイブリス(シャイターン)がいた。

  • claimed that he was superior to a mere mortal.

    自分はただの人間よりも優れていると主張していました。

  • For his pride, God cast Iblis out of heaven and into hell, but not before granting Iblis

    その誇りのために、神はイブリスを天国から地獄へと追いやったが、その前にイブリスには

  • his request that he be allowed to lead mortals astray.

    人間を迷わせることができるようにしてほしい」という願いが込められています。

  • Knowing that temptation would challenge and strengthen his people, God gave Iblis permission

    誘惑が自分の民に挑戦し、強化することを知っていた神は、イブリスに許可を与えた。

  • to attempt to sway humans to evil.

    人間を悪に染めることを試みること。

  • Both good and evil are created by God in Islam, as Iblis was after all God's own creation.

    イスラム教では善も悪も神が創造したものであり、イブリスも神が創造したものである。

  • God's will however is always good, even when it doesn't seem like it- thus evil in the

    しかし、神の意志は、たとえそう思えなくても、常に善である。

  • world is simply part of God's plan.

    の世界は、神の計画の一部に過ぎません。

  • An argument could be made that the Holocaust couldn't have possibly been anything but mindless

    ホロコーストは心のないものでしかありえないという議論もあるだろう。

  • evil, until one considers the resolute determination by modern nations today to never again repeat

    しかし、現代の国々が二度と同じことを繰り返してはならないという断固とした決意があることを考えれば、このような邪悪な行為は決して許されるものではありません。

  • such a horrific atrocity.

    このような恐ろしい残虐行為。

  • In this example, the evil of the Holocaust was still God's will, as it created a future

    この例では、ホロコーストという悪は、未来を創造するという意味で、やはり神の意志であった。

  • good that the victims of the Holocaust may not have seen, but which would potentially

    ホロコーストの犠牲者が目にしなかったかもしれない、しかし潜在的には

  • save many more future lives.

    より多くの未来の命を救うために。

  • In Islam, there is a strong emphasis on resisting evil, believing it to always be a test from

    イスラム教では、悪に抵抗することが重視され、悪は常にからの試練であると考えられています。

  • God.

    神様。

  • When a believer is the victim of evil, it is their chance to prove that they trust God,

    信者が悪の犠牲になったとき、それは自分が神を信頼していることを証明するチャンスです。

  • even if they cannot see the benefit or meaning to their suffering.

    たとえ、その苦しみに利益や意味を見出せなくても。

  • Islam's Iblis differs from Christianity not only in origin, but also in purpose and power.

    イスラム教のイブリスは、キリスト教とは起源だけでなく、目的と力においても異なる。

  • While Christians believe that Satan rebelled against God directly, in Islam Iblis rebelled

    キリスト教ではサタンが神に直接反抗したと考えられていますが、イスラム教ではイブリスが反抗しました。

  • against humanity.

    人道に反する。

  • Also, Iblis plays a much lesser role than Satan does in Christianity, where he is the

    また、イブリスの役割は、キリスト教におけるサタンよりもはるかに小さいものであり、サタンが

  • architect of all evil.

    全ての悪の立役者。

  • Instead, Iblis is reduced to a tempter, not capable of anything more than merely whispering

    イブリスはただの誘惑者に成り下がっていて、ただ囁くだけの存在になっています。

  • temptations into the ears of believers and unbelievers alike.

    信者も不信者も同じように誘惑を耳にします。

  • Finally, we get to the best known version of the devil in modern culture- the Christian

    最後に、現代文化の中で最もよく知られている悪魔のバージョン、つまりキリスト教のそれにたどり着きます。

  • Satan.

    サタンです。

  • In Christianity, Satan is evil incarnate, and at perpetual odds against God.

    キリスト教では、サタンは悪の化身であり、神と永遠に対立する存在です。

  • Because he's unable to hurt God directly, he instead targets what God loves most- humanity.

    神を直接傷つけることができないので、神が最も愛しているもの、つまり人間をターゲットにしています。

  • Thus, he attempts to lead humans astray, or bring about great calamities and evil.

    そのため、人間を迷わせたり、大きな災いや悪をもたらそうとします。

  • While you've likely heard of the term Lucifer used to describe the devil, the truth is that

    ルシファーという言葉は悪魔を表す言葉として聞いたことがあるかもしれませんが、実は

  • this is a misunderstanding of the use of the term in Isaiah 14:12.

    これは、イザヤ14:12でのこの言葉の使い方を誤解しています。

  • Meaning 'bringer of light', the name Lucifer is believed by many to be Satan's angelic

    ルシファーとは、「光をもたらす者」という意味で、サタンの天使と信じられています。

  • name, before his fall, but is in fact a reference to a Babylonian King.

    倒れる前の名前ですが、実際にはバビロニアの王のことを指しています。

  • Most of what we know about the Christian devil comes from the Book of Revelation, apocalyptic

    私たちがキリスト教の悪魔について知っていることのほとんどは、黙示録から来ています。

  • writings that are believed to be heavenly revelations to mankind on the behind the scene

    人類への天の啓示とされる著作物を、その舞台裏にある

  • workings of heaven and hell, as well as what the end of days will entail.

    天国と地獄の仕組み、そして終末はどうなるのか。

  • Here, we learn of a war that breaks out in heaven, though the motives are rather vague

    ここでは、動機は曖昧だが、天界で勃発した戦争のことが書かれている。

  • and unclear.

    と不明な点がありました。

  • Many reasons have been attributed to this war, with most accepting that it was Satan's

    この戦争には多くの理由があると言われていますが、多くの人が、これはサタンの

  • pride which led him to convince a third of the angelic host to try and overthrow God.

    誇りを持った彼は、天使の3分の1を説得して、神を倒そうとしました。

  • Interestingly, though many Christians accept that a third of the angels followed Satan's

    興味深いことに、多くのキリスト教徒は、天使の3分の1がサタンに従ったと認めています。

  • lead, this is only because of a reference to a third of the stars being cast down by

    のせいで星の3分の1が落とされたという記述があったからに他なりません。

  • a great dragon a few verses before the mention of a heavenly war.

    天国の戦争の話の数節前に、大きなドラゴンが登場します。

  • There is no reason to believe that a third of the angelic host joined Satan in rebelling

    天使の3分の1がサタンに加担して反乱を起こしたと考える理由はありません。

  • against God.

    神に対して。

  • For all we know it could've been Satan and two of his best friends, or Satan and 99%

    サタンと親友の2人だったかもしれないし、サタンと99%だったかもしれない。

  • of the angels.

    天使たちの

  • All we know is that the archangel Michael and his own angels triumphed over Satan's

    私たちが知っているのは、大天使ミカエルと彼自身の天使たちがサタンに勝利したことです。

  • forces and cast them out of Heaven.

    の力を利用して、天から追い出しました。

  • Satan is also believed to be the serpent that tempted Eve, as well as the accuser who brought

    サタンは、イブを誘惑した蛇であり、また、イブの命を奪った告発者でもあると考えられています。

  • Job low- but again, there is no specific reason to believe, even within the Old Testament

    ヨブ・ローですが、やはり旧約聖書の中でも、信じるに足る具体的な理由はありません。

  • texts themselves, that this is true.

    ということを自分自身で確認することができます。

  • Satan has merely been appropriated by Christians to replace all instances of evil, testing,

    サタンは、キリスト教徒が悪のすべての事例、テストを置き換えるために充当されているだけです。

  • or tribulation in scripture, despite playing a shockingly small role in all of the text.

    や艱難辛苦は、聖書全体の中では衝撃的なほど小さな役割を果たしているにもかかわらず。

  • What is agreed upon in Christianity however is that today, Satan is prince of the earth.

    しかし、キリスト教で一致しているのは、今日、サタンが地の支配者であるということです。

  • This is a reference to the inherent wickedness of earthly ways- or our basic, selfish impulses.

    これは、地上の道の本質的な邪悪さ、つまり人間の基本的で利己的な衝動を意味しています。

  • Satan is allowed dominion over the earth so that we can strive against him and overcome

    サタンが地上を支配することを許されているのは、私たちがサタンに対抗し、打ち勝つためです。

  • our own evil natures, and thus be made more righteous like God.

    私たちの邪悪な性質を利用して、神のように正しくなるのです。

  • When the end of the world comes, Satan will rule over the earth for a set period, and

    世の終わりが来ると、サタンは一定期間、地上を支配して

  • lead mankind's armies against God- only to be defeated and cast into the lake of fire

    人類の軍隊を率いて神に対抗したが、敗れて火の池に投げ込まれた。

  • as punishment.

    を罰として与えます。

  • Then, a second earth will be created, free of the imperfections and evil of this one,

    そして、第二の地球が創造され、この地球の不完全さと悪が取り除かれます。

  • for the faithful to enjoy for eternity.

    忠実な人たちが永遠に楽しむために

  • Now go watch 50 facts about the devil you didn't know, or click this other video instead!

    さあ、あなたの知らない悪魔の50の事実を見に行きましょう!もしくは他のビデオをクリックしてください。

Lucifer.

ルシファーです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 悪魔 天使 僧侶 キリスト 仏教 存在

悪魔はどのようにして生まれたのか? (How The Devil Was Born?)

  • 7 3
    Summer に公開 2021 年 07 月 28 日
動画の中の単語