Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • August 8, 1973, 8:24 a.m.,  

    1973年8月8日、午前8時24分。

  • Houston, Texas. An emergency telephone  operator named Velma Lines picks up a call.  

    テキサス州ヒューストン。ベルマ・ラインズという緊急電話オペレーターが電話を取ります。

  • She hears what sounds like a young man say, “Y'all  better come here right now! I just killed a man!” 

    若い男の声が聞こえてきた。俺は人を殺したんだ!」と言っているのが聞こえる。

  • Not long after, cops arrive at 2020 Lamar  Drive. There they find the body of Dean Corll,  

    程なくして、警官が2020 Lamar Driveに到着。そこで、ディーン・コルルの遺体を発見する。

  • a well-respected man known for once being the Vice  President of the much-loved Corll Candy Company

    かつて人気のあったコル・キャンディ社の副社長を務めたことでも知られる名物男だ。

  • What police don't know is that this man lying  dead on the floor will become known as one of  

    警察は、床の上で死んでいるこの男のことを、次のように呼ぶことになるとは知らなかった。

  • the most depraved and prolific serial killers  in history. He is the thing of nightmares,  

    歴史上、最も残虐で多作な連続殺人犯です。彼は悪夢のような存在です。

  • a real-life boogeyman whose crimes  were so sick they were beyond sadistic

    その犯罪はサディスティックを超えた病的なものでした。

  • That young man who made the call and did indeed  pull the trigger was 17-year old Elmer Wayne  

    判断し、実際に引き金を引いたのは、17歳のエルマー・ウェインだった。

  • Henley, a poor kid who'd spent much of his youth  huffing solvents and getting into trouble. He'd  

    ヘンリーは、青春時代に溶剤を吸って問題を起こしていた貧しい子供だった。彼は

  • had a wretched existence, but he never knew dark  until he met the guy everyone in the neighborhood  

    は悲惨な生活を送っていましたが、近所の誰もが知っている男と出会うまでは、その暗さを知りませんでした。

  • affectionately called theCandy Man.” Henley, still shaken, told police he'd  

    親しみを込めて "Candy Man "と呼ばれていた。ヘンリーはまだ震えていて、警察に自分は

  • killed Corll because of what had been  happening over the last few years,  

    がコルルを殺したのは、ここ数年の間に起こったことが原因だった。

  • something he'd played a big part in himself. That  was to lure mostly disenfranchised teens into  

    それは、彼自身が大きな役割を果たしたものだ。それは、主に権利を奪われた10代の若者たちを誘い込んで

  • Corll's lair. Henley showed police what Corll had  called historture board”, an eight by two-foot  

    Corllの隠れ家。ヘンリーが警察に見せたのは、コルルが「拷問ボード」と呼んでいたもので、8×2フィートの

  • piece of plywood which victims were held to by  hooks. He showed them a set of tools, part of  

    ベニヤ板にフックをかけて固定した。の一部である道具一式を見せてくれました。

  • Corll's abominable and well-stockedtorture kit”. The police couldn't believe it when this young man  

    コルルの忌まわしい、そして充実した「拷問キット」。警察は信じられなかったが、この青年が

  • described in lurid detail what Corll would do  to his victims, sometimes for days, before they  

    コルルが犠牲者に何をするか、時には何日もかけて、犠牲者が死ぬまでに何をするかを、薄気味悪いほど詳細に描写している。

  • were eventually slaughtered on the board. The cops  certainly thought the kid was a nut when he told  

    は、最終的にボード上で虐殺された。と言った時、警官は確かにその子を変人だと思った。

  • them there had been dozens of victims tortured and  killed by the dead maniac lying on the floor. That  

    それは、床に横たわる狂人の死体によって、何十人もの犠牲者が拷問され、殺されていたからである。その

  • would make him the worst serial killer ever. Henley wasn't lying. He hadn't even  

    史上最悪の連続殺人犯になってしまう。ヘンリーは嘘をついていなかった。彼には

  • gotten started. Before we get to  

    を開始しました。に入る前に

  • the absolute horrors that happened at  the hands of Corll, let's rewind a bit

    ここで、コルルの手によって起きた絶対的な恐怖を、少しだけ振り返ってみよう。

  • Dean Corll was a kid with health problems  and so he wasn't exactly the sociable kind,  

    ディーン・コルは健康上の問題を抱えた子供だったので、決して社交的なタイプではなかった。

  • but he found his footing as a teenager when  he started working with his mother and her  

    しかし、10代の頃、母親と一緒に仕事を始めたことで、自分の力を発揮することができました。

  • second husband making candies. He just loved  tinkering around with the candy-making machines,  

    2番目の夫はキャンディを作っていた。彼はお菓子を作る機械をいじるのが大好きだった。

  • watching those colorful, sugary balls  of goodness come out of the other end

    このカラフルな砂糖玉が出てくるのを見るのが好きです。

  • His mother later spread her wings when she opened  the Corll Candy Company in Houston Heights.  

    その後、母親はヒューストン・ハイツに「コル・キャンディ・カンパニー」を設立し、大きく羽ばたいていったのである。

  • She made Dean, then just in his early  20s, the Vice President. In those days,  

    彼女は、当時まだ20代前半だったディーンを副大統領にした。あの頃は。

  • what was just calledThe Heightswas a rundown  area populated by mostly poor white families.  

    ハイツ」と呼ばれていたこの地域は、貧しい白人家族が多く住む荒れ果てた地域でした。

  • Kids ran around in the streets causing troublesome of them literally with no place to go.  

    子供たちは通りを走り回ってトラブルを起こし、中には行き場のない子供もいた。

  • In short, it wasn't far from being a slum. That's one reason why young folks loved to  

    つまり、スラムとは程遠い状態だったのである。それが、若い人たちに人気があった理由の一つです。

  • hang out at the candy company. It was a bit of  color among the drab buildings. It provided them  

    お菓子の会社で遊んでいました。殺風景なビル群の中にあって、ちょっとした彩りになっていた。それは、彼らに

  • with just a little bit of happiness. Every  day almost on the dot, Corll would come out,  

    ほんの少しの幸せのために。毎日、ほぼ決まった時間にコルルが出てくる。

  • his hands filled with broken candies that  couldn't be sold. He'd then give them to  

    その手には、売れない割れたキャンディがいっぱい。そして、それらを

  • the waiting kids who stood there grinning with  outstretched hands. Corll was loved for this act  

    手を広げてニヤニヤしながら待っている子供たち。この行為で愛されたコルル

  • of kindness, by the kids and their parents. Things were not as they seemed, though

    子供たちやその親たちの優しさに触れた。しかし、物事は見かけ通りではありませんでした。

  • Psychologically, Dean Corll had issues. He'd  always been a loner and never had any real  

    ディーン・コルは心理的に問題を抱えていた。彼はいつも一匹狼で、本当の意味での孤独を味わったことがありませんでした。

  • friends. It didn't make matters easier for him  that he was struggling with his homosexuality,  

    の友人がいます。彼が同性愛に悩んでいることは、彼にとって容易なことではありませんでした。

  • something he kept hidden due to  the rampant homophobia back then

    当時は同性愛差別が蔓延していたため、隠していたことがありました。

  • It wasn't until he was drafted into the US Army in  1964 that he really was sure about his sexuality.  

    1964年にアメリカ陸軍に徴兵されるまでは、自分のセクシュアリティについて確信が持てませんでした。

  • It was during this short stint in the army that  he had his first intimate experience with a man.  

    この短い軍隊生活の中で、彼は初めて男性と親密な関係になりました。

  • Still, when he returned to the candy  company he was not open about how he felt

    しかし、お菓子の会社に戻っても、自分の気持ちをオープンにすることはできなかった。

  • People around him remarked how he flirted with  young guys in the factory and they noticed how  

    周りの人たちは、工場の若い人たちとイチャイチャしている姿を見て、「この人は何をしているんだろう」と気にしていました。

  • animated he became when young guys would turn  up to take the free candies he offered every  

    若者たちが無料のキャンディを求めてやってくるようになると、彼はアニメ化された。

  • day. They followed him around as  if he was some kind of savior,  

    の日です。まるで救世主のように彼に付きまといました。

  • hence he got another nickname, “The Pied Piper.” What the adults didn't know is that like the tale  

    そのため、彼には "The Pied Piper(笛吹き男)"というニックネームがついていた。大人たちが知らなかったのは、この物語のように

  • of the Pied Piper which has a much darker versionDean Corll had something terrible growing inside  

    ディーン・コルは、より暗いバージョンの「笛吹き童子」の中で、何か恐ろしいものを育てていました。

  • him. He was going to do the unspeakableand he was in the ideal place to do it

    彼は彼は言葉にならないことをしようとしていたし、それをするのに理想的な場所にいた。

  • That's because the Heights neighborhood  was renowned for being home to what some  

    というのも、このハイツには、かつては、日本でも有名な

  • people calledwhite trash”, and this was incity that in the 50s was calledMurder City”  

    ホワイト・トラッシュと呼ばれる人々が、50年代に "マーダー・シティ "と呼ばれていた街にいました。

  • because it was so violent. If you wanted to make  people go missing in Houston Heights back then,  

    それはとても暴力的だったからです。当時のヒューストン・ハイツで 人が行方不明になるようにするには

  • let's just say that another petty  criminal vanishing off the streets  

    また一人、軽犯罪者が街から消えていったと言っても過言ではありません。

  • didn't exactly mean a lot to the police. The time was ripe for Corll, who knew very  

    と言っても、警察にとってはあまり意味のないことだった。時は熟し、コルルはとても

  • well that cops took little notice when a kid known  for petty theft and inhaling paint thinners went  

    些細な窃盗やシンナーを吸ったことで知られる子供が、警察にあまり注目されなかったのは、そのためです。

  • missing. These kinds of kids were to be Corll's  prey, and there were plenty of them around

    を失った。このような子供たちは、コルルの獲物となるべき存在であり、周りにはたくさんいた。

  • At first, he just hung out with them. He installed  a pool table at the candy company where they could  

    最初は、彼らと一緒にいるだけだった。お菓子の会社にビリヤード台を設置して、彼らが遊べるようにした。

  • play. He was surrounded by these young street  urchins almost every evening after work. He didn't  

    の遊びです。彼は仕事が終わるとほぼ毎晩、これらの若いストリートウーマンに囲まれていました。彼には

  • complain when they drank booze or smoked weed. To onlookers, the vice president was harmless.  

    お酒を飲んでも、大麻を吸っても、文句を言われる。傍目には、副社長は無害に見えた。

  • He was always well-dressed, well-spoken, and even  though quiet, he was friendly enough. He was also  

    彼はいつも身なりがよく、話し方も上手で、無口でも十分に親しみやすい人でした。また、彼は

  • wealthy, and plenty of cash in your pocket  can often give a person immunity to scrutiny

    裕福で、ポケットの中にたくさんの現金を持っていると、人は監視の目から逃れることができます。

  • This is what a mother of one of the  murdered kids later said about him:

    殺害された子供の母親が、後に彼について語った言葉です。

  • He was crazy about children. He'd let them walk  all over him. He worked awfully hard. He was like  

    "彼は子供に夢中でした。子供たちが自分の上を歩くようにしていました。彼は非常によく働く。彼は、まるで

  • a man that had nothing on his mind but success.” It was when the factory closed that things turned  

    成功しか頭になかった男」。状況が一変したのは、工場が閉鎖されたときだった

  • bad. According to serial killer author Peter  Vronsky in his bookAmerican Serial Killers”  

    悪い。シリアルキラー作家のピーター・ヴロンスキー氏の著書 "American Serial Killers "によると

  • that was when Corll went out in search  of victims. Because young men in the  

    その時、コルルは犠牲者を探しに出かけた。の若い男性は、そのようなことはありませんでした。

  • neighborhood had grown up taking sweets from  the Candy Man, they all trusted him implicitly

    近所の人たちは、キャンディマンからお菓子をもらって育ってきたので、みんなキャンディマンを信頼していた。

  • So, when Corll drove around in his car or  his white van and after pulling over, said,  

    だから、コルルが自分の車や白いバンで走り回って、車を止めた後に言ったのは

  • Get in, I have booze and weed”, people did just  that. At his house, he'd throw crazy parties.  

    "酒と葉っぱがあるから入ってくれ "と言われて、みんなその通りにした。彼の家では、クレイジーなパーティーが開かれていました。

  • Young folks were handed all the booze and drugs  they wanted and music blared for hours on end

    若者たちは好きなだけ酒と薬を手にし、音楽は何時間も鳴り響いていた。

  • Except someone would always pass out. It was then they woke up hanging by hooks  

    ただし、いつも誰かが気を失っていた。その時、彼らはフックに吊るされて目を覚ましました

  • on the torture board with Corll standing next to  them holding something from historture kit.”  

    拷問台の上に立ったコルルは、その隣で「拷問キット」の何かを持っていた。

  • We'd be demonetized if we described what  he did to some of his victim's bodies,  

    彼が被害者の遺体に何をしたかを説明したら、私たちは悪魔になるでしょう。

  • and to be honest, it's just too sick to  describe. Let's just say Dean Corll may  

    正直言って、言葉では言い表せないほど病んでいます。ディーン・コルルは、このような状況に陥る可能性があると言っておきましょう。

  • have read the Marquis de Sade. That's where the  word sadist comes from if you didn't already know

    はマルキ・ド・サドを読んだことがあります。サディストという言葉はそこから来ているんだよ。

  • After he'd had his fun, which could take days, he  would strangle or shoot them and then bury them  

    何日もかけて楽しんだ後、首を絞めるか撃つかして、埋葬してしまうのです。

  • under boat storage that he was paying rent  for or in some remote area near the beach

    彼が家賃を払っていたボートストレージの下や、ビーチ近くの離れた場所に。

  • Other times he'd torture his victims in the van  itself. He'd fitted it out to be soundproof so  

    また、バンの中で被害者を拷問することもあった。防音仕様になっているので

  • no one could hear the screams of his victimsHe didn't have his board in the van, but he  

    犠牲者の悲鳴は誰にも聞こえなかった。 彼はバンの中にボードを持っていませんでしたが、彼は

  • did have steel hooks attached to the inside. Some of the victims used to work at the candy  

    は、内側にスチール製のフックが取り付けられていました。被害者の中には、かつてこのお菓子屋さんで働いていた人もいました。

  • company, so they may not have thought twice  about going back to his house of horrors or  

    の会社では、彼の恐怖の家に戻ることは考えなかったかもしれません。

  • getting in the van. But many of the victims  ended up there because of the guy we mentioned,  

    バンに乗り込む。しかし、被害者の多くは、私たちが言ったような男のせいでそこにたどり着いたのです。

  • Elmer Wayne Henley, along with  another teen, David Owen Brooks.  

    エルマー・ウェイン・ヘンリーと、もう一人のティーン、デビッド・オーウェン・ブルックス。

  • They told other guys in the street that free  booze and weed were to be had if they wanted it

    彼らは、通りにいる他の男たちに、酒や葉っぱが欲しければ無料で手に入ると言った。

  • In a statement to police, Henley later said  he was paid $200 from Corll for every victim,  

    警察への供述で、ヘンリーは後に、被害者1人につきコルルから200ドルをもらったと言っている。

  • but he said he did not stay around for the  torture at first. What he saw was Corll handcuff  

    しかし、最初は拷問に付き合っていられなかったという。彼が見たのは、コルの手錠だった。

  • the kid and then gag him. When the victim was  taken to the backroom, Henley was dismissed

    と言って、その子に猿轡をさせる。被害者が奥の部屋に連れて行かれると、ヘンリーは解雇された。

  • At first, Henley said he wasn't sure if the  victims were killed, but later he certainly  

    最初、ヘンリーは犠牲者が殺されたかどうかわからないと言っていたが、後になって確かに

  • knew because he sometimes helped to bury  the bodies. Brooks also later testified,  

    埋葬を手伝うこともあったので、そのことは知っていた。ブルックスも後に証言している。

  • saying one time he saw Henley take part in one  of the murders and he knew exactly what happened  

    ある時、ヘンリーが殺人に加担しているのを見て、何が起こったかを正確に知ったという。

  • on the torture board. What's even worse, some  of the victims were Henley and Brooks' friends

    拷問ボードにさらに悪いことに、犠牲者の中にはヘンリーやブルックスの友人もいた。

  • Henley said that he thought he was trapped and  he was scared something bad might happen to him.  

    ヘンリーは、自分が閉じ込められていると思い、何か悪いことが起こるのではないかと怯えていたという。

  • He told investigators that he tried to join the  navy, but it didn't work out. He also said this

    彼は捜査官に、「海軍に入ろうとしたが、うまくいかなかった」と話しています。また、こんなことも言っていました。

  • “I couldn't go anyway. If I wasn't around,  I knew Dean would go after one of my little  

    "私はとにかく行くことができませんでした。もし私がいなければ、ディーンは私の子供の一人を狙ってくるだろうと思っていました。

  • brothers, who he always liked a little too much.” When Corll moved to 2020 Lamar Drive the frequency  

    弟たちは、彼がいつも少しばかり好きだった。"コルルが2020 Lamar Driveに移ったとき、周波数は

  • in which he asked Brooks and Henley for new boys  increased, as did the brutality of the torture

    また、ブルックスとヘンリーに新しい男の子をお願いしたことで、拷問の残酷さも増していった。

  • You'd think someone would have said something, or  at least pointed the finger at Corll. After all,  

    誰かが何かを言ったか、少なくともコルルに矛先を向けたと思うだろう。結局のところ。

  • it was clear he only hung out with teen boys and  it was clear teen boys kept going missingSuch  

    彼が10代の少年たちとばかり遊んでいたのは明らかで、10代の少年たちが行方不明になっていたのも明らかだった...そんな感じです。

  • is the power of money and a nice suitCorll was still admired in the neighborhood.  

    は、お金と素敵なスーツの力です。 コルルは、今でも近所の人たちに慕われていた。

  • Who could say anything bad about Candy Man? Now we will introduce Rhonda Williams to the  

    Candy Manの悪口を言う人はいないでしょう。さて、今回ご紹介するのは、Rhonda Williamsさんの

  • story. She was an attractive teenager who was  engaged to an 18-year old named Frank Aguirre.  

    ストーリー彼女は魅力的なティーンエイジャーで、18歳のフランク・アギーレと婚約していました。

  • He was not into crime or drinking like  some other kids and held down a good job,  

    他の子供たちのように犯罪や飲酒に走ることもなく、仕事もきちんとこなしていた。

  • and then one day, he just went missing. Williams looked high and low for him  

    しかし、ある日突然、彼は行方不明になってしまいました。ウィリアムズは彼を探し回ったが

  • but he never turned up. Then one day her cool  neighbor, a guy named Wayne Henley, informed  

    しかし、彼は現れなかった。そんなある日、彼女のクールな隣人であるウェイン・ヘンリーという男が知らせてきた。

  • her that Frank had been murdered by the mafiaOf course, Henley had delivered Frank to Corll,  

    ヘンリーは、フランクがマフィアに殺されたと言っていた。 もちろん、ヘンリーはフランクをコルルに引き渡していた。

  • like all those other boys whose faces were now  on missing persons posters all over the place

    今ではあちこちの行方不明者のポスターに顔が載っている他の少年たちのように。

  • Williams and Henley became friends, often smoking  weed and downing beers while talking about the  

    ウィリアムズとヘンリーは友人になり、マリファナを吸ったり、ビールを飲んだりしながら当時のことを話した。

  • tough lives they lived. One thing they didn't  talk about, though, was Henley's dark secret

    しかし、彼らが口にしなかったのは、ヘンリーの暗い秘密だった。しかし、彼らが語らなかったのは、ヘンリーの暗い秘密だった。

  • One day they were out on their bicycles when  she got a flat tire. As they stood there in  

    ある日、二人は自転車で出かけたが、彼女はパンクしてしまった。二人が立ち止まっていると

  • the street, a white van pulled up alongside  them. The friendly driver was the Candy Man,  

    通りを歩いていると、一台の白いバンが彼らの横に停まった。気さくな運転手は「キャンディマン」だった。

  • whom Williams had heard of, but she didn't have  a clue Henley supplied him with torture victims

    ウィリアムズが聞いたことのある人物であっても、ヘンリーが彼に拷問の犠牲者を提供していたとは知らなかったのだ。

  • In a cordial tone, Corll said put your bikes  in the back of the van and I'll take you home.  

    優しい口調で、バイクをバンの後ろに置いてくれれば、家まで送っていくよと言ってくれた。

  • They did just that, with Williams wondering  why the van looked like some kind of cage.  

    ウィリアムズは、このバンが何かの檻のように見えたことを不思議に思った。

  • But in the end, Corll actually did do  what he said he'd do and Williams arrived  

    しかし、最終的には、コルルは自分が言ったことを実際に実行し、ウィリアムズに到着した。

  • home safely. He had no interest in girls. A few weeks later and the date was August  

    無事に帰ってきた。彼は女の子には全く興味がなかった。数週間後、日付は8月

  • 7. In the evening that day, Williams had  a huge fight with her hot-tempered father.  

    7.その日の夕方、ウィリアムズは短気な父親と大喧嘩をした。

  • She was so scared she had to bolt the door  to the room where she was hiding from him

    彼女はとても怖くて、彼から隠れていた部屋のドアを閂(かんぬき)で止めてしまった。

  • Her neighbor, Henley, turned up to helpIn tow, he had 17-year old Tim Kerley,  

    彼女の隣人であるヘンリーが助けに現れた。 彼は17歳のティム・カーリーを連れていた。

  • who Williams had never met. Williams told them she  

    ウィリアムズは、一度も会ったことのない人でした。ウィリアムズは彼らに、自分は

  • had to get away from the house or else  her father might do something crazy,  

    そのためには、家の外に出なければならない。そうしないと、父親が何かとんでもないことをするかもしれない。

  • so Henley told her that he knew of a place where  they could all go and everything would be alright

    そこでヘンリーは、「みんなで行けば大丈夫な場所を知っている」と言ってくれた。

  • Things were about to get very, very weirdat least for two people in this threesome

    少なくとも、この3人組のうちの2人にとっては、物事はとてもとても奇妙なものになろうとしていた。

  • When they got to Corll's house things weren't  alright at all. With a room door closed so the  

    コルルの家に着いた時には、何もかもが順調ではなかった。部屋のドアが閉まっているので

  • other two kids couldn't hear, Corll shouted at  Henley, “You've ruined everything by bringing  

    他の2人の子供には聞こえなかったが、コルルはヘンリーに向かって、「お前のせいですべてが台無しだ。

  • that girl.” What he meant was he had $200  ready to pay Henley for his next victim,  

    その女の子」。彼が言いたかったのは、次の犠牲者のためにヘンリーに支払う200ドルを用意していたということだった。

  • the unassuming Kerley. How could Corll do  his wicked business with the girl there

    淡々としたカーリー。その女の子がいるのに、どうしてコルルが邪悪な商売をすることができようか。

  • Henley told him about the violent father, after  which, Corll seemed to calm down a bit. He grabbed  

    ヘンリーは、暴力的な父親のことを話し、その後、コルルは少し落ち着いたようだった。彼が掴んだのは

  • some weed and put it down on the table in front  of the teens. Then he came back from the kitchen  

    と言って、10代の若者たちの前のテーブルの上に葉っぱを置いた。そして、キッチンから戻ってきて

  • with a tin of solvent and three rags and said it  was time to have what he called a “huffing party.” 

    溶剤の缶と雑巾3枚を持って、「ハフハフ・パーティー」と称して、時間を過ごすことにした。

  • The next thing Henley knew he was waking fromstate of unconsciousness with his hands handcuffed  

    ヘンリーが気付いたときには、両手に手錠をかけられた状態で、意識不明の状態から目覚めていた。

  • behind him. The other two were tied up and gaggedObviously, they had no idea what was happening,  

    の後ろにいた。他の2人は縛り上げられ、猿轡をされていた。 明らかに、彼らは何が起こっているのか分からなかった。

  • but Henley knew exactly how things were going  to turn out, maybe for all three of them.  

    しかし、ヘンリーは、もしかしたら3人とも同じような結果になるかもしれないと思っていた。

  • He saw himself losing his manhood on the  torture board while the creepiest man in  

    拷問台の上で男らしさを失っている自分の姿を見ながら、最も不気味な男である

  • the world breathed obscenities into his ear. Corll then put a .22 into Henley's stomach and  

    は、彼の耳元で卑猥な言葉を吐いた。コルルはその後、22口径をヘンリーの腹に入れて

  • again shouted, “You ruined everything!” The other  two teens nervously laughed under their gags,  

    あなたがすべてを台無しにしたのよ!」と叫んだ。他の2人のティーンエイジャーはギャグの下で神経質に笑っていた。

  • thinking this was some kind of outrageous prankWith the gun at Henley's head now, Corll said  

    これは、何かとんでもないイタズラだと思った。 今、ヘンリーの頭に銃を突きつけて、コルルはこう言った。

  • he would have the boy, but for ruining things  Henley had to torture and kill the girl. Henley  

    ヘンリーは少年を手に入れようとしたが、物事を台無しにしたため、少女を拷問して殺さなければならなかった。ヘンリーは

  • nodded his head and Corll removed the cuffs. The  other two still thought it was some kind of game

    頷くと、コルは手錠を外した。他の2人はまだ何かのゲームだと思っていた。

  • Williams and Kerley only started to understand  the gravity of the situation when Corll removed  

    ウィリアムズとカーリーが事態の深刻さを理解し始めたのは、コルルが

  • all of his clothes. He proceeded to walk  over to the now wriggling body of Kerley.  

    彼は、自分の服をすべて脱ぎ捨て彼は、今にも動き出しそうなKerleyの体に向かって歩いていった。

  • At that moment, William's gag came  loose, and still kind of smiling,  

    その瞬間、ウィリアムの猿ぐつわが外れて、まだちょっと微笑んでいる。

  • she whispered to Henley, “Is this for real?” She looked for cracks at the side of his mouth  

    彼女はヘンリーに "これは本当なの?"と囁いた。彼女は彼の口の横に亀裂がないか探しました

  • when he said in a deadly serious  voice, “Yes, this is for real.” 

    と言うと、「はい、これは本物です」と死ぬほど真剣な声で言われた。

  • Henley shouted over to Corll just as he was  beginning his cycle of depravity and said,  

    ヘンリーは、コルルが堕落のサイクルに入ったところで、コルルに向かって叫んで言った。

  • Hey Dean, why don't you let me take the  chick outta here. She don't wanna see that.” 

    "おいディーン、なんで俺に女を連れ出させないんだよ。彼女は見たくないだろうな」。

  • Corll just carried on. Henley, seeing an opportunity,  

    コルルはそのまま続けた。ヘンリー、機会を見計らって

  • leaped to the side and picked up the gun. He  pointed it at Corll and shouted, “Back off. Stop!” 

    と言って、銃を拾った。それをコルルに向けて、「下がれ。やめろ!」と叫んだ。

  • Corll, thinking Henley was his ever-obedient  helper, returned the threat with, “Go ahead  

    ヘンリーを自分の従順な協力者だと思っていたコルルは、「Go ahead」と脅しを返した。

  • shoot. You won't do it.” BANG, BANG, BANG, BANG, BANG, BANG

    を撃つ。しないでしょう。"バン、バン、バン、バン、バン、バン、バン。

  • With six bullets in him, Corll tried to move  but collapsed dead in the hallway, his bloodied  

    6発の銃弾を受けたコルルは動こうとしたが、血まみれで廊下に倒れて死んでしまった。

  • stark naked body slumped against a wall. Henley then made that call, “Y'all better  

    裸で壁にへばりついていた。ヘンリーはその時、「Y'all better」と呼びかけました。

  • come here right now! I just killed a man!” After he'd untied Williams and Kerley he  

    今すぐここに来なさい!俺は人を殺したんだ!」。ウィリアムズとカーリーを解いた後、彼は

  • told them the truth, showing them the torture  tools, the board, even admitting that if Kerley  

    拷問器具やボードを見せながら、Kerleyが「もしも」の時には、彼らに真実を話したことを認めた。

  • had been killed he would have gotten $200. When the cops came, Henley was read his  

    もし殺されていたら、200ドルをもらえたはずだ。警察が来たとき、ヘンリーは自分の名前を読んでいた。

  • Miranda rights, to which he shouted back  in the cop's face, “I don't care who knows  

    ミランダ権を主張したところ、警官の顔に向かって「誰が知っていようと、私は気にしない」と叫びました。

  • about it! I have to get it off my chest!” 27 bodies were found in all, many showing  

    のことが気になる。胸の内を明かさなければならない!」。全部で27体の遺体が発見され、その多くが

  • the marks of the days of the obscene torture they  had endured before they died. There was likely at  

    彼らが死ぬまでに受けた卑猥な拷問の日々の痕跡。であったと思われる。

  • least another victim, too. Even though movies and  documentaries seem to mostly ignore Dean Corll,  

    少なくとも、もう一人の犠牲者も出ています。映画やドキュメンタリーでは、ディーン・コルルはほとんど無視されているようですが。

  • at the time, this body count made him the worst US  serial killer in history. Even now he's virtually  

    当時、この死体の数は、米国史上最悪の連続殺人犯となった。今でも彼は事実上

  • unheard of, which is strange when you consider  the plethora of movies and documentaries about  

    をテーマにした映画やドキュメンタリーがたくさんあるのに、不思議なことに前代未聞なのです。

  • less demented and less prolific killers. Henley is still in prison today,  

    より頭の悪い、より多作ではない殺人者たち。ヘンリーは現在も刑務所にいる。

  • not for killing Corll, but for everything  else he did. The prosecutor said the crimes  

    コレルを殺したことではなく、他のすべてのことをしたことである。検察官は、犯罪の

  • were themost extreme example of man's  inhumanity to man I have ever seen.”  

    は、「私がこれまでに見た人間の非人間性の最も極端な例」だった。

  • Henley might get out in 2025 and if he does, he'll  be 65. Brooks died in 2020 while still in prison

    ヘンリーは2025年に出所するかもしれませんが、出所すれば65歳になります。ブルックスは2020年に獄中で死亡。

  • Kerley and Williams naturally never got over  the trauma of that day. Kerley had mental issues  

    KerleyとWilliamsは、当然ながらあの日のトラウマを克服することはできなかった。精神的な問題を抱えていたカーリー

  • throughout his life and was an alcoholic for  most of it. In 2008, he died from a heart attack

    生涯を通じて、そのほとんどがアルコール依存症でした。2008年、彼は心臓発作で亡くなりました。

  • Williams was equally traumatized, but she didn't  fall prey to alcoholism. She said all her life  

    ウィリアムズも同じようにトラウマを抱えていたが、アルコール依存症に陥ることはなかった。彼女は自分の人生を振り返って

  • after that incident she wasn't sure how she felt  about Henley. On the one hand, he had led teens  

    この事件の後、彼女はヘンリーのことをどう思っているのかわからなくなった。一方で、彼は10代の若者たちをリードしてきた。

  • towards perhaps the most horrific death possibleand on the other hand, he had saved her life

    しかし、その一方で、彼は彼女の命を救ったのである。

  • In 2005, she turned up to the prison where  Henley was incarcerated and decided to try  

    2005年、彼女はヘンリーが収監されていた刑務所に顔を出し、挑戦することにしました。

  • and understand just how bad he was. He told  her in no uncertain terms that on that day  

    そして、自分の悪さを理解してくれた。彼は彼女に、あの日のことを淡々と話した。

  • he'd almost shot her instead of Corlland so saved himself from police capture.  

    彼はコルルの代わりに彼女を撃つところだったので、警察に捕まらずに済んだのだ。

  • He would no doubt have also got $200 for doing it. That was all she needed to know. She walked  

    彼は間違いなく200ドルももらっていただろう。それが彼女の知りたいことだった。彼女は歩いて

  • out of the prison gates and told herself  this dark chapter in her life was over.

    刑務所の門を出て、自分の人生のこの暗い章は終わったと自分に言い聞かせた。

August 8, 1973, 8:24 a.m.,  

1973年8月8日、午前8時24分。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ヘンリー ウィリアムズ ディーン 子供 カーリー ブルックス

シリアルキラー「キャンディマン」の実像 (The Real Life "Candy Man" Serial Killer)

  • 27 2
    Summer に公開 2021 年 07 月 26 日
動画の中の単語