Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hitler was an incredibly rich man when he wrote  his last will and testament in the bunker where  

    ヒトラーは信じられないほどの大金持ちで、遺書を書いた地下壕には

  • he would take his life. He had amassed a fortune  from the sales of Mein Kamf, business deals,  

    彼は自分の命を奪うことになる。彼は『マインカム』の販売、ビジネス取引で財産を築いていた。

  • and private investments. But who got Hitler's  money after his death? What else was in his  

    と個人的な投資をしていました。しかし、ヒトラーの死後、誰がヒトラーのお金を手に入れたのか?他には何があったのだろうか?

  • will? And could there be a massive fortune  hidden away somewhere waiting to be found?

    だろうか?そして、どこかに隠された巨額の財産が発見されるのを待っているのだろうか?

  • As Nazi Germany fell during  the end of World War II,  

    第二次世界大戦末期にナチス・ドイツが崩壊すると

  • Hitler committed suicide and transferred his  power to other members of the Nazi regime.  

    ヒトラーは自殺し、自分の権力を他のナチス政権のメンバーに移した。

  • But before he did this he wrote a will. There  were three copies of the will distributed,  

    しかし、その前に彼は遺書を書いた。遺言書は3部配布された。

  • and all may have been lost to time if it had  not been for a British intelligence officer  

    もしも、一人のイギリス人諜報員がいなかったら、すべては時の彼方に消えていたかもしれない。

  • named Herman Rothman. He was deployed to Germany  to interrogate high level Nazi officials for  

    ハーマン・ロスマンという人物だ。彼はドイツに派遣され、ナチスの高官を尋問して

  • information. While on assignment he spottedsuspicious man dressed in civilian clothing.  

    の情報を得ることができました。任務中、彼は私服を着た不審な男を発見した。

  • Rothman decided something didn't seem right, and  that the man warranted further investigation.

    ロスマンは、「何かおかしい」と思い、この男をさらに調査する必要があると考えた。

  • He discovered the German man was carrying  falsified documents. It turned out the  

    そのドイツ人男性が偽造書類を持っていることがわかった。判明したのは

  • impostor was Heinz Lorenz. Lorenz was  the press secretary for Joseph Goebbels,  

    詐欺師はハインツ・ローレンツである。ローレンツは、ヨーゼフ・ゲッベルスの報道官だった。

  • the man who was made Chancellor of Nazi Germany  by Hitler just before he committed suicide.  

    自殺する直前にヒトラーからナチスドイツの首相にされた人物。

  • Sewn into one of the seams of Lorenz's jack  were three documents. They were: a final  

    ローレンツのジャケットの縫い目の1つに、3つの書類が縫い込まれていた。それは、最終的な

  • political statement written by Hitler himself, a  document written by Goebbels, and Hitler's will.

    ヒトラー自身が書いた政治声明、ゲッペルスが書いた文書、そしてヒトラーの遺書。

  • As you might expect the political statement  was wildly racist against the Jewish people.  

    予想通り、この政治声明はユダヤ人に対する荒々しい人種差別であった。

  • Hitler blamed them for his own shortcomingsand for causing Nazi Germany to lose the war.  

    ヒトラーは、自分の欠点やナチスドイツの敗北の原因を彼らに求めた。

  • Thus reinforcing what a lunatic Hitler wasBut what was in his will? Who got his fortune?

    ヒトラーがいかに狂人であったかを物語っている。 しかし、彼の遺書には何が書かれていたのか?誰が彼の財産を手に入れたのか?

  • The first thing Hitler talks  about in his will is his new wife,  

    ヒトラーが遺言で最初に語るのは、新妻のことだ。

  • Eva Braun. Up until right before their double  suicide, Eva and Adolf were not yet married.  

    エヴァ・ブラウン自殺する直前まで、エヴァとアドルフはまだ結婚していませんでした。

  • Eva was the aid to Hitler's official photographerThey first met during a photo shoot of thehrer.  

    エバはヒトラーの公式写真家の補佐役だった。 二人が初めて会ったのは、総統の写真撮影の時だった。

  • Hitler and Braun developed a relationshipand when opportunities presented themselves,  

    ヒトラーとブラウンは関係を深め、機会があれば

  • spent time alone together. Hitler explained in his  will that he was too busy to marry, and that was  

    は二人だけの時間を過ごした。ヒトラーは遺書の中で、忙しくて結婚できないと説明しており、それは

  • why they did it right before their deaths. Some  scholars have their own theories about why Hitler  

    なぜ死の直前にそれをしたのか。学者の中には、ヒトラーの理由について独自の説を唱える人もいますが

  • waited so long to marry Braun, but according  to Hitler's will, at the end of April in 1945,  

    ブラウンとの結婚を待ち望んでいたが、ヒトラーの遺言により、1945年の4月末に結婚した。

  • the two were joined in matrimony. Hitler goes on to declare that Eva  

    二人は結婚していた。 ヒトラーは続けて次のように宣言する。

  • Braun made the decision under her own  freewill to commit suicide with him.  

    ブラウンは、自分の意志で彼と一緒に自殺することを決めたのです。

  • Whether this is true or not, we will never knowbut in his will Hitler claims this to be the case.

    それが本当かどうかはわからないが、ヒトラーは遺書の中で、そう主張している。

  • In the next part of his will Hitler discusses  what will happen to his belongings and money.  

    遺言書の次の部分で、ヒトラーは自分の持ち物やお金がどうなるのかを語っている。

  • He states that everything he possesses that has  any value should be given to the Nazi Party.  

    自分の持っている価値のあるものはすべてナチスに渡すべきだと述べている。

  • However, Hitler writes it in a way that  seems as if he doesn't own much of anything.  

    しかし、ヒトラーはまるで何も持っていないかのような書き方をする。

  • This is far from the truth as he amassed  a fortune from the sales of Mein Kampf,  

    彼は『我が闘争』の販売で巨額の富を築いたが、これは事実とは異なる。

  • as well as through royalties on images of himselfand business deals. Hitler continues by saying  

    また、自分の肖像画の印税や、ビジネス上の取引もありました。ヒトラーは次のように続けている。

  • that if the Nazi Party does not survive that  his belongings should be given to the State,  

    ナチス党が存続しない場合は、自分の持ち物は国に与えるべきだと。

  • and if the State doesn't survive then all is  lost, and his wishes are no longer necessary.

    そして、国が存続しなければ、すべてが失われ、彼の願いはもはや必要ない。

  • Hitler does make specific arrangements for his  paintings and pictures, which he had collected  

    ヒトラーは、収集した絵画や絵を具体的に手配しています。

  • over the years. They were to be given to LintzAustria, the town in which he grew up. There he  

    年以上も前のことです。それらは、彼が育ったオーストリアのリンツという町に贈られることになっていた。そこで彼は

  • wanted the art to be displayed in a gallery for  the public, and not as a private collection.

    個人のコレクションとしてではなく、ギャラリーで一般に公開されることを望んでいました。

  • It is in the next part of the will  that Hitler mentions his money. Yet,  

    ヒトラーが自分のお金について言及するのは、遺言書の次の部分である。まだ。

  • he still does not acknowledge the massive sum  he has accumulated over the course of his rise  

    彼は自分の出世の過程で積み上げてきた巨額の資金をいまだに認めていない。

  • to power. Hitler gives Martin Bormannhis private secretary and Nazi official,  

    を権力に結びつける。ヒトラーは、私設秘書でナチスの幹部であるマルティン・ボルマンに

  • full legal authority to make decisions based  on his will. Hitler states that everything of  

    彼の意志に基づいて決定を下す完全な法的権限を持っています。ヒトラーは、すべての

  • sentimental value, and the funds necessary formodest life, should be given to his brothers and  

    センチメンタルな価値と、ささやかな生活に必要な資金を、彼の兄弟や

  • sisters. However, it would seem his own family  was not quite as important as someone else.

    姉妹。しかし、自分の家族は他の誰かほど重要ではなかったようだ。

  • Hitler goes on to say that above all Eva  Braun's mother should be taken care of.  

    ヒトラーは、何よりもエヴァ・ブラウンの母親の面倒を見るべきだと言い続けている。

  • He was more intentional in including her  directly in his will than his own family.  

    彼は自分の家族よりも、彼女を直接遺言書に含めることを意図していた。

  • This seems odd, but then again, Hitler  was an odd man. He also put in his will  

    これは奇妙なことだが、ヒトラーもまた奇妙な人物だったのだ。また、彼は遺書に

  • that all of his faithful co-workersparticularly his secretary Frau Winter,  

    忠実な同僚たち、特に秘書のフラウ・ウィンターさんのためにも。

  • should be looked after as well. There is  no specific number or amount of money each  

    も見ておく必要があります。具体的な数字や金額はありませんが、それぞれの

  • should receive, which means it was up to the  discretion of Bormann. However, we know that  

    を受けるべきかどうかは、ボルマンの裁量に委ねられていたということだ。しかし、私たちが知っているのは

  • Hitler's fortune was massive, so if his last will  and testament was followed, there was a hefty sum  

    ヒトラーの財産は莫大なもので、彼の遺言に従えば、多額の報酬が得られる。

  • of money that could have been distributed  among the parties described in the will.

    遺言書に記載された関係者の間で分配されるはずだったお金の

  • Hitler concludes his will by saying that heand his now wife Eva Braun, would rather escape  

    ヒトラーは遺言の最後に、自分と今の妻であるエヴァ・ブラウンはむしろ逃亡したいと述べています。

  • disgrace by choosing death over being capturedHe also included that once he took Eva's life and  

    逮捕されるよりも死を選ぶことで恥をかく。 彼はまた、一度エヴァの命を奪ったことや

  • then his own their bodies were to be immediately  burnt. He signed the will: “Given in Berlin, 29th  

    そして、自分の遺体はすぐに焼かれることになっていた。彼は遺書に署名した。"29日にベルリンで与えられた

  • April 1945, 4:00 a.m. A. Hitler.” Below his name  the three witnesses of the will signed as well.  

    1945年4月、午前4時、A.ヒトラー。"彼の名前の下には、遺言書の3人の証人も署名している。

  • They were: Dr. Joseph Goebbels, Martin  Bormann, and Colonel Nicholaus von Below.

    彼らはゲッベルス博士、ボルマン、フォン・ベロー大佐の3人である。

  • It was not a very long will, and did not  contain many specifics, but it did give us  

    あまり長い遺書ではなく、具体的な内容も多くはありませんでしたが、私たちに

  • a glimpse into what would happen to Hitler's  belongings once he took his own life. However,  

    ヒトラーが自ら命を絶った後、その遺品がどうなるのかを垣間見ることができた。しかし。

  • this begs the question: what really happened  to all of Hitler's possession and money?  

    これは、ヒトラーの財産やお金が本当にどうなったのかという疑問を投げかけている。

  • The surprising thing is, we aren't entirely sure.

    驚くべきことに、私たちは完全には把握していません。

  • We know for a fact that Mein Kampf made Hitler  very rich. By the time of his death in 1945 the  

    Mein Kampf』がヒトラーを大金持ちにしたことは事実である。1945年に彼が亡くなる頃には

  • book had sold about eight million copiesand had been translated into 16 languages.  

    この本は、約800万部、16カ国語に翻訳されていた。

  • It is estimated that Hitler earned around  one million dollars per year in royalties.  

    ヒトラーは印税で年間100万ドルほど稼いでいたと言われています。

  • Some of this money was used to buy his Alpine  retreatnamed the Berghof, which was located  

    この資金の一部は、アルプスの保養地(ベルクホフ)を購入するために使われましたが、その場所は

  • near the town of Berchtesgaden in Germany. This  was not a cheap estate, so Hitler must have spent  

    は、ドイツのベルヒテスガーデンという町の近くにあります。この土地は決して安いものではなかったので、ヒトラーは以下のような費用をかけたに違いない。

  • a significant amount of money on it. He also felt  he had enough money that once he becamehrer, he  

    は、かなりの額のお金をかけていました。彼はまた、十分な資金を持っていると感じていたので、総統になった後は

  • forwent the salary associated with the position. In Mein Kampf, and other writings, Hitler talked  

    そのためには、それに見合った給料を払わなければならない。 ヒトラーは『我が闘争』などの著作の中で

  • about his earlier life in poverty and hardshipHe was a struggling artist in Vienna before  

    貧困と苦難に満ちた彼の前世について。 彼は以前、ウィーンで苦労していた芸術家だった

  • fighting in World War I and the publication of his  influential book. He talked about how he overcame  

    第一次世界大戦での戦いと、その影響力の強い著書の出版。どのようにして克服したのかを語りました。

  • all odds to succeed and make enough money to live  comfortably. Once he had money it was reported  

    困難を乗り越えて成功し、快適な生活を送れるだけのお金を稼いだ。彼がお金を手にすると、それは報告されました

  • that he spent millions on gifts and payments to  buy the loyalty of politicians and businessmen.  

    彼は、政治家やビジネスマンの忠誠心を買うために、何百万ドルもの贈り物や支払いをしていました。

  • The payments would allow him to be able to call  in favors and make others dependent on him.  

    この支払いによって、彼は好意を呼び、他人を自分に依存させることができるようになる。

  • Obviously this would not have been  possible without massive sums of money.

    もちろん、巨額の資金がなければ、このようなことはできなかっただろう。

  • Once he becamehrer Hitler no longer thought  of there being a divide between his personal  

    総統になってからのヒトラーは、自分の個人的な活動との間に溝があるとは考えなくなりました。

  • money and that of the Nazi Party. He would use  funds from both his own wealth and the State to  

    とナチス党の資金を使っていた。彼は自分の財産と国家の両方からの資金を使って

  • buy property, art, and make business deals. It  is also well established that before becoming  

    不動産や美術品を購入したり、ビジネスの取引をしたり。また、よく知られているのは、なる前に

  • thehrer Hitler was a tax evader. He was in  debt through back taxes until he rose to power.

    ヒトラー総統は脱税者だった。権力者になるまで裏金による借金を抱えていました。

  • And once in power the money continued to  flow into his pockets. Big businesses would  

    そして、一度権力を握ると、彼のポケットにはお金がどんどん入ってきた。大企業は

  • make huge contributions to his effortsso that they could secure military and  

    莫大な資金を投入して、軍事的にも精神的にも安定した生活を送れるようにしました。

  • infrastructure contracts. It is estimated  that from the time he started as chancellor,  

    インフラ契約推定ですが、彼が首相としてスタートした時から

  • until his suicide in 1945, Hitler received over  three billion dollars in corporate payments.

    1945年に自殺するまで、ヒトラーは30億ドル以上の企業報酬を受け取っていた。

  • So what happened to all of  Hitler's money? Is it still  

    では、ヒトラーのお金はどうなったのでしょうか?それはまだ

  • out there in the world waiting to be discovered?

    世界の中で発見されるのを待っているのです。

  • In his will Hitler says he wanted all his  property and wealth to go to the Nazi Party.  

    ヒトラーは遺書の中で、自分の財産や富をすべてナチス党に渡してほしいと言っている。

  • However, we know that the Nazi's were defeatedand therefore, the will defaults to the next  

    しかし、私たちはナチスが敗北したことを知っているので、意志は次のようにデフォルトで設定されます。

  • beneficiary which was the State. In a way  the State did get much of Hitler's wealth.

    その恩恵を受けていたのが国家でした。ある意味、国家がヒトラーの富の多くを手に入れたのです。

  • At the end of the war the Allies gave the  copyrights of Mein Kampf to the Bavarian  

    終戦後、連合国は『我が闘争』の著作権をバイエルンの

  • government. There was still a lot of potential  money that could have been brought in by owning  

    の政府を設立しました。を所有することでもたらされる可能性のあるお金がまだたくさんあったのです。

  • the copyrights to the book. However, the  government banned any reprinting of the  

    この本の著作権は政府にあります。しかし、政府はこの本の再版を一切禁止しました。

  • work in Germany, and therefore, those funds  stopped coming in. Both Hitler's Berghof  

    そのため、資金が入ってこなくなってしまったのである。ヒトラーのベルグホフも

  • estate in the Alps and his apartment in Munich  were also given to Bavaria. So it would seem  

    アルプスにある土地やミュンヘンにあるアパートもバイエルンに与えられた。そうなると

  • that a lot of Hitler's assets did actually  go to the State like he wanted in his will.

    ヒトラーの資産の多くは、彼が遺言で望んだように、実際に国に渡ったということです。

  • However, most of this was in the form  of physical and intellectual property.  

    しかし、そのほとんどは物的財産と知的財産の形であった。

  • What happened to his expensive  art collections and actual money?

    彼の高価なアートコレクションや実際のお金はどうなったのか?

  • There are accounts of Hitler's house in the Alps  being bombed by Allied forces and then looted by  

    アルプスにあるヒトラーの家が連合軍に爆撃され、その後略奪されたという記述がある。

  • the soldiers. It is possible that much of the  artwork that Hitler had collected was stolen  

    兵士たちのためにヒトラーが集めていた美術品の多くが盗まれた可能性があります

  • during this time. We also don't know exactly  what was in Hitler's house when it was raided.  

    その間にまた、家宅捜索の際にヒトラーの家に何があったのか、正確には分かっていない。

  • We know the Nazis liked to create secret passages  and bunkers. If there were such secrets within  

    ナチスが秘密の通路やバンカーを作るのが好きだったことは知っている。もし、そのような秘密があったとしたら

  • Berghof perhaps the soldiers who found them were  able to get away with money and other valuables.

    Berghof氏は、おそらく発見した兵士が金品を持ち逃げしたのではないかと考えている。

  • In 1952 what remained of Hitler's Berghof  house was blown up by the Bavarian government  

    1952年、ヒトラーのベルグホーフ邸は、バイエルン州政府によって爆破された。

  • to keep it from attracting tourists and people  who may have still shared Hitler's ideologies.  

    観光客やヒトラーのイデオロギーに共感した人たちが集まるのを防ぐためです。

  • With the destruction of the house  anything that may have been hidden within  

    家を壊したことで、家の中に隠されていたものがなくなりました。

  • would have been lost. Hitler's  apartment in Munich is still there,  

    が失われていただろう。ミュンヘンのヒトラーのアパートが残っている。

  • but it has been converted intopolice station instead of a residence.

    が、住居ではなく警察署になっています。

  • So it would seem that the Bavarian government  did in fact receive some of Hitler's possession  

    バイエルン州政府は、ヒトラーの所有物の一部を実際に受け取っていたようです。

  • as per his will. However, when trying to  follow the actual money, and where it went,  

    と言っていました。しかし、実際のお金の流れや行き先を追ってみると

  • things become a bit unclear. Since his fortune was  so intertwined with the money of the Nazi Party,  

    のことが少しずつ明らかになっていく。彼の財産がナチス党のお金と絡み合っていたので

  • it is possible that much of his wealth was spent  on the war effort at the end of World War II.  

    は、彼の財産の多くが第二次世界大戦末期の戦争のために使われた可能性があります。

  • That being said, is it possible that some of the  money and valuables that once belonged to Hitler  

    それは、かつてヒトラーが所有していたお金や貴重品の一部は、可能性としては

  • were smuggled out of Nazi Germany by deserters  and officers trying to escape Allied forces? Yes,  

    は、連合軍から逃れようとする脱走兵や将校がナチスドイツから密輸したものですか?はい。

  • it's possible. However, we may never know how much  of Hitler's fortune was disseminated this way.

    可能である。しかし、ヒトラーの財産がこのようにしてどれだけばらまかれたかはわからないかもしれない。

  • Hitler knew he would lose World War II, and rather  than being tried for his crimes, he decided to  

    第二次世界大戦で負けることを知っていたヒトラーは、自分の罪を裁かれるよりも

  • take his own life and that of his brand new brideJust before he committed suicide Hitler did write  

    自殺する前に、ヒトラーは自分と新婦の命を奪った。 自殺する直前、ヒトラーは次のように書いている。

  • a will, and in it he laid out what to do with his  possessions. But he was somewhat vague about the  

    遺言書には、自分の財産をどうするかが書かれていました。しかし、その内容は曖昧なものだった。

  • extent of his actual wealth in the documentIt would seem that most of what Hitler owned  

    彼の実際の財産の範囲は、この文書の中にあります。 ヒトラーが所有していたもののほとんどはと思われますが

  • went to the Bavarian State, however, his  fortune is not completely accounted for.  

    しかし、バイエルン州に渡った彼の財産は完全には説明されていない。

  • Perhaps some of Hitler's money and valuables  are still out there waiting to be discovered.  

    もしかしたら、ヒトラーのお金や貴重品がまだ発見されるのを待っているかもしれません。

  • Or perhaps everything he had and owned was lost  or plundered during the war that he started.

    あるいは、自分が起こした戦争で、自分が持っていたもの、所有していたものがすべて失われたり、略奪されたりしたのかもしれない。

  • Now watchHow Rich Was Hitler  (Where Did All His Money Come From).”  

    では、"How Rich Was Hitler (Where Did All Money Come From) "をご覧ください。

  • Or check outHitler's Actual  Plan for Taking Over America.”

    または、"ヒトラーの実際のアメリカ征服計画 "をご覧ください。

Hitler was an incredibly rich man when he wrote  his last will and testament in the bunker where  

ヒトラーは信じられないほどの大金持ちで、遺書を書いた地下壕には

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ヒトラー 財産 ナチス バイエルン エヴァ 自殺

ヒトラーの遺書には何が書かれていたのか? (What Was Found Inside Hitler's Last Will)

  • 13 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 24 日
動画の中の単語