Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • May, 2022.

    2022年5月

  • Russian tanks roll across eastern Europe on their way to clash with NATO forces.

    ロシアの戦車がNATO軍との衝突に向けて東欧を転戦している。

  • In the Pacific, China launches a brutal invasion of Taiwan, while saturating American military

    太平洋上では、中国が台湾への侵攻を開始し、アメリカの軍事力は飽和状態になっています。

  • forces in Japan and Guam with hundreds of long-range ballistic missiles.

    日本とグアムの軍隊には、数百発の長距離弾道ミサイルが配備されています。

  • World War 3 has begun, and the US military is ready to respond with the most powerful

    第3次世界大戦が始まり、米軍は最強の武器で対応しようとしている。

  • military to ever exist.

    これまでに存在したことのない軍隊です。

  • A few hundred tanks and two or so dozen ships make up its army and navy, but in the skies

    陸海軍は数百台の戦車と二十数隻の艦船で構成されているが、空では

  • above the Pacific and Europe, ten thousand American strategic bombers rain GPS guided

    太平洋とヨーロッパの上空では、1万機のアメリカの戦略爆撃機がGPS誘導の雨を降らせています。

  • death down on massive enemy formations below them.

    眼下に広がる巨大な敵の陣地に死をもたらす。

  • This isn't the American military you know today, this is the American military as envisioned

    これは今の米軍ではなく、思い描いている米軍です。

  • by the Bomber Mafia.

    ボマーマフィアによる

  • In the years following World War I, one thing was clear: there had to be a better way to

    第一次世界大戦後の数年間に、一つの明確なことがありました。

  • fight war.

    戦争をする。

  • Nobody truly believed that the War to End All Wars would actually put a stop to human

    誰もが「戦争を終わらせるための戦争」で人類が滅亡するとは思っていませんでした。

  • conflict, but some men in the United States Army Air Corps thought that perhaps, they

    しかし、アメリカ陸軍航空隊の中には、「もしかしたら、自分たちも......」と考えた者がいた。

  • could find a way to make war more humane... by paradoxically making it much more violent

    逆説的に戦争をより暴力的にすることで、戦争をより人道的にする方法を見つけられるかもしれません。

  • and brutal.

    と残酷なことを言っています。

  • The Air Corps Tactical School hosted America's aviator officers, and was ground zero for

    空軍戦術学校は、アメリカの航空士官を受け入れていたし、そのためのグラウンド・ゼロだった。

  • the development of new ways to use the fighter and bomber, two brand new tools of war birthed

    戦闘機と爆撃機という全く新しい戦争の道具を開発して

  • from the first world war.

    第一次世界大戦から

  • Up until the late 1920s, aircraft were seen as supplementary weapons of war, and good

    1920年代後半までは、航空機は戦争の補助的な武器と考えられており、良い

  • for little else but directly supporting ground troops.

    地上部隊を直接支援する以外の目的はない。

  • However, one group of officers took serious issue with that viewpoint, and argued that

    しかし、ある役員グループは、この視点に大きな問題があるとし、次のように主張しました。

  • the future of war was in the skies.

    戦争の未来は空にあった。

  • Fighters and bombers wouldn't support ground troops- they'd make them almost obsolete.

    戦闘機や爆撃機では地上部隊を支援することはできず、ほとんど役に立たなくなってしまいます。

  • Rather than support ground forces directly, this group of upstart officers- which included

    地上軍を直接支援するのではなく、この新進気鋭の将校たちのグループは

  • the likes of the legendary Major General Curtis LeMay and Brigadier General Haywood Hansell-

    カーティス・ルメイ少将やヘイウッド・ハンセル准将などの伝説的な人物たちが

  • argued that a sufficiently large bomber force could shut down a nation's ability to wage

    充分な規模の爆撃機部隊があれば、国家の戦争遂行能力を封じ込めることができると主張した。

  • war.

    戦をしています。

  • Bombers could reach targets that artillery couldn't hope to, and by flying high and fast

    爆撃機は、大砲では到達できない目標に到達することができ、高く、速く飛ぶことで

  • could avoid much of the ground fire that would threaten them.

    は、彼らを脅かす地上からの攻撃の多くを避けることができました。

  • If a sufficiently large bomber could be developed, hundreds of tons of explosives could be delivered

    十分な大きさの爆撃機が開発できれば、何百トンもの爆薬を運ぶことができる。

  • exactly to the places that would hurt the enemy most.

    敵を最も痛めつける場所に正確に配置する。

  • The group quickly got the nickname of the 'bomber mafia', for the bitter and furious

    このグループは、すぐに「爆撃機マフィア」というニックネームで呼ばれるようになりました。

  • debates they would launch into with fellow Army and Navy leadership.

    討論会では、陸海軍の仲間のリーダーたちと一緒に討論をしました。

  • The bomber mafia called for a paradigm shift in air strategy, and introduced a doctrine

    爆撃機マフィアは、航空戦略のパラダイムシフトを求め、ドクトリンを導入した。

  • of strategic bombing.

    戦略爆撃の

  • Rather than use air power to strike at the enemy's rear or soften up enemy formations

    航空戦力で敵の後方を攻撃したり、敵の陣形を軟化させるのではなく

  • prior to an attack, strategic bombing would focus on the use of precision air power to

    戦略爆撃は、攻撃に先立って、精密な空軍力を用いて以下のことを行います。

  • strike deep inside enemy territory and destroy infrastructure needed to support a war effort.

    敵地の奥深くを攻撃し、戦争を支えるためのインフラを破壊する。

  • If an enemy's factories were all destroyed, it mattered little how many tanks they currently

    敵の工場がすべて破壊されてしまったら、いくら戦車があっても足りない。

  • had in their inventory, since losses would never be replaced.

    損失が出ると元に戻らないので、在庫を持っていた。

  • The bomber mafia also argued for a separation from the United States Army of all air forces,

    また、爆撃機マフィアは、すべての空軍をアメリカ陸軍から分離することを主張した。

  • and the creation of a separate and independent branch of the US military dedicated to air

    そして、米軍に航空専門の独立した部門を創設して

  • power.

    のパワーを発揮します。

  • With military budgets extremely tight during the interwar years, neither the Navy or Army

    戦間期の軍事予算は非常に厳しく、海軍も陸軍も

  • was willing to part with any of its budget in order to accommodate the creation of a

    の制作のために、予算を惜しまなかった。

  • brand new branch, and thus American air forces remained as simply another arm of the United

    このように、アメリカの空軍は、アメリカ軍の単なる一部門に過ぎませんでした。

  • States Army.

    States Armyです。

  • This, the bomber mafia argued, severely hindered the development of new strategic doctrine

    これは、新しい戦略的ドクトリンの開発を著しく妨げるものだと、爆撃機マフィアは主張した。

  • for the use of air power, as Army leadership predictably saw fighters and bombers as nothing

    陸軍の指導者は予想通り、戦闘機や爆撃機を無意味なものと見なしていたため、航空戦力の使用については

  • more than another tool to support Army operations.

    軍の活動を支援するためのツールであるだけではありません。

  • But the bomber mafia was actively trying to make Army operations all but obsolete.

    しかし、爆撃機マフィアは、陸軍の作戦を徹底的に廃止しようとしていた。

  • Despite being largely ignored by senior Army leadership, the bomber mafia began to grow

    陸軍上層部からはほとんど無視されていたが、爆撃機マフィアは成長を始めた。

  • in influence as the Air Service Tactical School moved to Maxwell Field in Alabama.

    その影響で、航空自衛隊の戦術学校がアラバマ州のマックスウェル飛行場に移転しました。

  • Here, Army aviators could converse and theorize on the use of air power free of overwatch

    ここでは、陸軍の飛行士たちが、監視の目を気にすることなく、航空戦力の利用について語り合い、理論を展開することができました。

  • by their more traditionalist supervisors, and the doctrine of strategic bombing began

    伝統的な考え方を持つ上司のもとで、戦略爆撃のドクトリンが始まりました。

  • to take even more solid form.

    をより強固な形にすることができました。

  • War was cruel, the bomber mafia reasoned, and thus any steps one could take to shorten

    戦争は残酷なものだから、戦争を短くするための手段は何でもいい、というのが爆撃機マフィアの理由だった。

  • it were morally justified.

    それは道徳的に正当化されるものでした。

  • Even if those steps were incredibly brutal themselves.

    例えそのステップがとてつもなく残酷なものであったとしても。

  • Better to fight a short, bloody war, the one that dragged on for years and created exponentially

    短くて血なまぐさい戦争の方がいい、何年も引きずって指数関数的に生み出される戦争の方がいい。

  • more casualties.

    より多くの犠牲者を出した。

  • Air power, with its ability to deliver hundreds of tons of bombs with whole formations of

    何百トンもの爆弾を大編成で送り込むことのできる航空戦力は

  • planes, was very well suited for the task.

    そのためには、飛行機が非常に適していた。

  • As World War II broke out, the bomber mafia was partially redeemed in the eyes of military

    第二次世界大戦が勃発すると、爆撃機マフィアは軍部の目には一部救済された。

  • leadership thanks to the shock and devastation of the Pearl Harbor attack, carried out almost

    リーダーシップを発揮したのは、ほぼ毎日行われた真珠湾攻撃の衝撃と惨状のおかげである。

  • exclusively by aircraft.

    航空機のみで移動することができます。

  • The date that would live on infamy in US history would turn out to be a boon to the bomber

    アメリカの歴史に残るこの日は、爆弾魔にとっては幸運な日となった。

  • mafia, who finally had the ear of both government and the public.

    遂に政府と国民の両方の耳目を集めたマフィアである。

  • Yet the bomber mafia's aim was always to use overwhelming power to shorten the length,

    しかし、ボンバーマフィアの狙いは、常に圧倒的な力で長さを短くすることだった。

  • and thus brutality, of a war, and early in the war they publicly condemned the massive

    そして、戦争の初期には、戦争中に行われた大規模な戦争を非難しました。

  • civilian bombing of the British Royal Air Force as inhumane and cruel.

    イギリス空軍の民間人による爆撃は、非人道的で残酷なものである。

  • Just years later, one of the bomber mafia's own would be responsible for the greatest

    その数年後、爆撃機マフィアの一人が、最大の事件を起こすことになる。

  • loss of human life in a six hour time span- almost all of them civilian.

    6時間の間に人命が失われましたが、そのほとんどが民間人でした。

  • The doctrine of strategic bombing slowly gained traction with the US Army Air Corps, but it

    戦略爆撃のドクトリンは、アメリカ陸軍航空隊に徐々に浸透していったが、その一方で

  • wasn't until the introduction of the B-29 Superfortress that the bomber mafia's doctrine

    B-29スーパーフォートレスが登場するまでは、爆撃機マフィアのドクトリンは消えていた。

  • of strategic bombing was truly redeemed.

    戦略爆撃の真の意味での救済が行われた。

  • For a decade, the US's heavy bomber of choice was the B-17 Flying Fortress, a dependable

    この10年間、アメリカの重爆撃機はB-17フライング・フォートレスと呼ばれる信頼性の高い機体でした。

  • bomber with a range of 2,000 miles (3219 km).

    2,000マイル(3219km)の航続距離を持つ爆撃機。

  • The B-29 extended that range to a whopping 3,250 miles (5,230 km), truly making it possible

    B-29は、その航続距離を3,250マイル(5,230km)まで伸ばし、まさに

  • for the first time to hit targets deep in the enemy's heartland.

    は、敵のハートランドの奥深くにあるターゲットを攻撃するために、初めて採用されました。

  • For comparison, a B-29 taking off from New York City would only be 200 miles short of

    例えば、ニューヨークを離陸したB-29は200マイル(約160km)しか離れていません。

  • dropping bombs in London.

    ロンドンに爆弾を投下する。

  • It was the difference in payload however that truly made strategic bombing a viable war-winning

    しかし、戦略爆撃が真の意味で戦争に勝つための手段となったのは、そのペイロードの違いでした。

  • doctrine, at least in the eyes of the bomber mafia.

    少なくとも爆撃機マフィアの目にはそう映っていた。

  • While the B-17 could carry 4,500 lbs (2041 kg) of bombs, the B-29 could carry 20,000

    B-17が4,500ポンド(2041kg)の爆弾を搭載できたのに対し、B-29は2万発の爆弾を搭載できました。

  • lbs (9071 kg) of nazi-busting explosives.

    ポンド(9071kg)のナチスを破壊する爆薬を使用した。

  • This nearly quintupled the destructive power of a flight of American bombers.

    これは、アメリカの爆撃機の一便の破壊力の約5倍にあたる。

  • There was just one problem with the bomber's mafia vision of victory by strategic bombing-

    戦略爆撃で勝利を得ようというマフィアの考えには、1つだけ問題があった。

  • American planes couldn't hit the broad side of a barn.

    アメリカの飛行機は納屋の広い面にも当たらない。

  • To be fair, no planes really could.

    しかし、実際にはどの飛行機もそうではありません。

  • In World War II there simply didn't exist the mechanical help needed to accurately measure

    第二次世界大戦では、正確に測定するための機械的な助けがありませんでした。

  • velocity, wind speed, height, and distance to target in the dynamic environment of a

    のダイナミックな環境の中で、速度、風速、高さ、目標までの距離を測定します。

  • plane making a bomb run.

    爆走する飛行機。

  • A survey of attack run footage recorded by American bombers found that less than 20%

    アメリカの爆撃機が記録した攻撃飛行の映像を調査したところ、20%以下であった。

  • of bombs were actually hitting their targets.

    の爆弾が実際に目標に到達していた。

  • With such abysmal hit rates, strategic bombing would simply never work.

    このように命中率が悪いと、戦略爆撃は絶対にできません。

  • Steps were taken to increase the accuracy of US bomber attacks.

    米軍の爆撃機の攻撃精度を上げるための措置がとられた。

  • Major attacks were planned during daylight hours, which deprived bombers the cover of

    主要な攻撃は昼間に計画され、爆撃機は昼間の光を浴びることができませんでした。

  • darkness but allowed them to more accurately sight in on ground targets.

    暗闇の中でも、地上の目標をより正確に照準することができます。

  • Then it was discovered that US bombers were further decreasing their accuracy because

    そして、米軍の爆撃機がさらに精度を落としていることが判明した。

  • the pilots would perform evasive maneuvers up until the last few seconds before lining

    滑走路に入る前の最後の数秒間まで、パイロットは回避行動をとっていました。

  • up on their targets.

    目標を達成するために

  • General Curtis LeMay famously ordered his men to cease all evasive maneuvers, explaining

    カーティス・ルメイ将軍は、部下に回避行動の中止を命じたことで有名です。

  • with the help of basic arithmetic that the odds of an enemy anti-aircraft shell and their

    基本的な算数の助けを借りて、敵の対空砲弾の確率とその

  • airplane sharing the same point in space were approximately 1 in 386.

    同じ空間を共有する飛行機の数は、約386分の1。

  • When his pilots became skeptical, LeMay simply said, “I'll fly the lead plane myself.”.

    疑心暗鬼に陥ったパイロットたちに、ルメイは「私が先頭機を飛ばします」と言い切った。

  • He did, and in the subsequent attack on German forces, not a single US bomber was lost.

    そして、その後のドイツ軍への攻撃で、アメリカの爆撃機は1機も失われなかった。

  • However, all measures taken so far barely helped improve bomber accuracy.

    しかし、これまでの対策では、爆撃機の精度向上にはほとんど役立たなかった。

  • This now split the bomber mafia into two factions, one led by General LeMay, and the other by

    これにより、爆撃機マフィアは、ルメイ将軍を中心とする派閥と、ルメイ将軍を中心とする派閥に分かれました。

  • General Haywood Hansell.

    ヘイウッド・ハンセル将軍

  • Hansell stuck to the bomber mafia's original view that indiscriminate bombing of the civilian

    ハンセルは、民間人に無差別爆撃を行うという爆撃機マフィアの当初の見解を貫いた。

  • population was immoral, and that victory could only be achieved by striking strictly strategic

    人口を増やすことは不道徳であり、戦略的に厳しい打撃を与えることでしか勝利を得ることはできない。

  • targets and limiting civilian casualties.

    ターゲットを設定し、民間人の犠牲を最小限に抑えます。

  • LeMay vocally disagreed, believing that given the lack of an ability to precisely strike

    LeMayは、正確に攻撃する能力がないために、このような状況になったのだと考えていました。

  • targets, the enemy must instead be made to suffer as much as possible so the war could

    目標を達成するためには、敵にできるだけ苦痛を与えなければなりません。

  • end as quickly as possible, thus limiting further suffering.

    一刻も早く終息させ、さらなる苦しみを与えないために。

  • Hansell placed his faith in the Norden bombsight, one of the most secretive weapons development

    ハンセルが信頼を寄せたのは、兵器開発の中でも極秘とされていたノルデン・ボムサイトだった。

  • programs of the second world war.

    第二次世界大戦のプログラム

  • The sight dramatically increased the accuracy of American bombers, promising to make strategic

    このサイトはアメリカの爆撃機の精度を飛躍的に向上させ、戦略的な成功を約束するものです。

  • bombing truly viable for US forces.

    米軍にとって本当に有効な原爆投下。

  • There was just one problem: the sight only worked in perfect weather and ideal conditions.

    ただ一つ問題があって、このサイトは完璧な天候と理想的な条件でしか機能しなかった。

  • Still, Hansell would get a chance to prove his doctrine of striking at only strategic

    しかし、ハンセルは、戦略的にのみ打撃を与えるという自分の理論を証明する機会を得ることになる。

  • targets, as he was given command of bomber forces operating over Japan.

    日本で活動する爆撃機部隊の指揮を任されていたため、目標を定めていました。

  • Unfortunately, the raids under Hansell's command largely failed to cause more than minimal

    しかし、ハンセルの指揮下で行われた襲撃は、残念ながら最小限の被害に留まりました。

  • damage to Japan's wartime industries, largely due to the abysmal accuracy.

    戦時中の日本の産業に大きなダメージを与えたのは、その精度の悪さによるところが大きい。

  • The US wanted an end to the war, and so Hansell was replaced with LeMay.

    アメリカは戦争の終結を望んでいたので、ハンセルはルメイに交代した。

  • Immediately, LeMay ordered his bombers be fitted with a brand new invention by a Harvard

    ルメイはすぐに、ハーバード大学の研究者が開発した真新しい発明品を爆撃機に搭載するように命じました。

  • chemistry lab: napalm.

    化学実験:ナパーム

  • Careful study of Asian cities had revealed to American planners that unlike with European

    アジアの都市を入念に研究したアメリカのプランナーは、ヨーロッパの都市と違って

  • cities, incendiary weapons, rather than traditional explosives, were the weapon of choice for

    都市では、従来の爆発物ではなく、焼夷弾が武器として使われていました。

  • maximum destruction.

    最大限の破壊。

  • This is because Asian cities were largely made of wood, with buildings tightly packed

    これは、アジアの都市が主に木造で、建物が密集していたためです。

  • together and narrow streets.

    狭い路地を行き来しています。

  • They lacked the firebreaks, wide roads, and open parks of European cities.

    ヨーロッパの都市のように、防火帯や広い道路、オープンパークなどはありませんでした。

  • In effect, they were the perfect tinderbox, ready for a match to be lit.

    つまり、彼らは完璧な火鉢であり、マッチで火をつける準備ができていたのである。

  • LeMay began his firebombing campaign against Japan in 1944, to absolutely devastating effect.

    ルメイは、1944年に日本への原爆投下を開始し、壊滅的な効果を上げた。

  • During the March 9th and 10th attack on Tokyo, an estimated 100,000 people died, leading

    3月9日、10日の東京大空襲では、10万人ともいわれる人々が亡くなりました。

  • the United States Strategic Bombing Survey to estimate that more civilians lost their

    米国の戦略爆撃調査では、より多くの民間人が犠牲になったと推定されています。

  • lives in a 6-hour period during this attack than at any other six hour time period in

    今回の攻撃では、6時間の間に、他の6時間の間よりも多くの命が奪われました。

  • the history of humanity

    人類の歴史

  • LeMay burned down Japan's 10 largest cities almost completely to the ground, and yet the

    ルメイは、日本の10大都市をほぼ完全に焼き尽くしてしまいましたが

  • Japanese refused to surrender.

    日本は降伏を拒否した。

  • He then turned to Japan's 50 largest cities, and still Japan refused to surrender.

    そして、日本の50大都市に目を向けたが、それでも日本は降伏しなかった。

  • In all, he'd end up turning to ash 66 Japanese cities, with Japan no closer to surrender.

    結局、彼は日本の66都市を灰にしてしまい、日本は降伏に近づくことができなかった。

  • Ultimately it would be a combination of fear of Soviet invasion and occupation, and internal

    最終的には、ソ連の侵攻と占領に対する恐怖と、国内の

  • politics, that would lead Japan to surrender, not the US's strategic bombing efforts.

    政治の世界では、それが日本の降伏につながるのであって、アメリカの戦略的な爆撃活動ではない。

  • By the end of the second world war, the bomber mafia's belief that the bomber could win a

    第二次世界大戦末期になると、爆撃機マフィアは「爆撃機は勝てる」という信念を持っていた。

  • war was objectively false, but the US would be hard-pressed to truly learn this lesson.

    戦争は客観的に見て間違っていたが、アメリカはこの教訓を真に受けるのは難しいだろう。

  • LeMay got his wish after World War II, and the United States Air Force was officially

    第二次世界大戦後、ルメイは念願叶ってアメリカ空軍を正式に設立した。

  • established as an independent branch.

    独立したブランチとして設立されました。

  • Just in time for the Korean War.

    ちょうど朝鮮戦争の時期である。

  • With the US Air Force firmly under the influence of the bomber mafia, it was believed that

    アメリカ空軍は爆撃機マフィアの影響下にあると考えられていた。

  • strategic bombing could truly achieve victory.

    戦略爆撃で真の勝利を得ることができた。

  • Yet as the Korean War dragged on, the Air Force ran out of targets to bomb- everything

    しかし、朝鮮戦争が長引くにつれ、空軍は爆撃する目標を失っていった。

  • worth spending tax payer money on bombing had already been bombed, and still the communist

    税金を使って爆撃する価値のあるものは、すでに爆撃されていたが、それでも共産党は

  • North Korean forces fought on.

    北朝鮮の軍隊は戦い続けた。

  • This should have been a wake-up call to the US military, yet the bomber mafia's influence

    これは米軍に警鐘を鳴らすべきだったが、爆弾魔マフィアの影響力は大きい。

  • continued to heavily affect US wartime planning.

    は、米国の戦時計画に大きな影響を与え続けた。

  • As the Cold War dragged on, US ground forces became absolutely dwarfed by Soviet forces,

    冷戦が長引くにつれ、米軍の地上戦力はソ連軍に比べて圧倒的に小さくなっていった。

  • though American air power dramatically outclassed that of the Soviets.

    しかし、アメリカの航空戦力はソビエトを劇的に凌駕していた。

  • At one point the US Air Force operated an incredible 2,500 heavy bombers, while the

    アメリカ空軍は、一時は2,500機の重爆撃機を運用していたと言われています。

  • Soviet Union only fielded a few hundred capable aircraft.

    ソ連は数百機の航空機しか保有していなかった。

  • It'd be in Vietnam however that the US would start to see the folly of the bomber mafia's

    しかし、アメリカが爆撃機マフィアの愚かさに気付き始めたのは、ベトナムでのことだった。

  • long time focus on air power.

    長い間、エアパワーに焦点を当ててきました。

  • While concerns with escalating the conflict into a war with the Soviet Union limited approved

    ソ連との戦争に発展することを懸念して、承認を制限していた。

  • targets for American bombers, Operations Linebacker and Linebacker II did little to actually seriously

    アメリカの爆撃機の目標となるように、ラインバッカー作戦とラインバッカーII作戦は、実際にはほとんど深刻な問題ではありませんでした。

  • impair North Vietnam's ability to fight.

    北ベトナムの戦闘力を低下させる。

  • After each massive bombing campaign North Vietnam would feign at a willingness to negotiate,

    大規模な爆撃を行うたびに、北ベトナムは交渉の意思を見せていた。

  • but was in truth simply buying time for its ground forces to reorganize.

    しかし、実際には地上軍の再編成のための時間稼ぎだった。

  • Ultimately, all the firepower in the US bomber arsenal could do little to stop North Vietnam's

    結局、アメリカの爆撃機の火力をもってしても、北ベトナムの攻撃を止めることはできなかった。

  • victory over South Vietnam.

    南ベトナムへの勝利。

  • With the failure of strategic bombing in Vietnam, the bomber mafia's influence began to wane

    ベトナムでの戦略爆撃の失敗により、爆撃機マフィアの影響力は弱まっていった。

  • in the US Air Force.

    アメリカ空軍での

  • Today, strategic bombing is a critical component of America's wartime strategy, but the US

    現在、戦略爆撃はアメリカの戦時戦略の重要な要素となっているが、アメリカは

  • military no longer holds the illusion that wars can be won from the air- despite ironically

    軍隊は、もはや空から戦争に勝てるという幻想を持っていませんが、皮肉なことに

  • the US Air Force being today at a point technologically that it might theoretically be possible for

    アメリカ空軍は今日、技術的には、理論的には可能かもしれない段階にあります。

  • strategic bombing to win a war against a major industrialized power.

    先進国との戦争に勝つために、戦略爆撃を行う。

  • The bomber mafia's biggest problem was simply being 75 years ahead of the times.

    爆弾マフィアの最大の問題は、単に75年も時代を先取りしていたことだ。

  • The technology available to them made their doctrine of achieving victory through strategic

    技術の進歩により、戦略的に勝利を収めるというドクトリンが確立されていったのです。

  • bombing impossible, as they lacked aircraft with the range, payloads, and more importantly

    航続距離、積載量、さらに重要な点として、航空機が不足していたため、爆撃は不可能でした。

  • the accuracy needed.

    必要な精度を確保することができます。

  • Still, their contributions to American military planning are today indispensable, and it's

    しかし、彼らのアメリカの軍事計画への貢献は、今日では欠くことのできないものであり、それは

  • largely thanks to them that the US military leads the world in the development and employment

    米軍が開発と雇用で世界をリードしているのは、彼らのおかげです。

  • of smart weapons.

    スマート兵器の

  • Most of the US weapon inventory is either precision guided, or can be readily converted

    米国の兵器在庫のほとんどは精密誘導式であるか、あるいは容易に改造可能である。

  • into a smart bomb, while peer competitors such as Russia and China still field low numbers

    ロシアや中国などの同業他社がまだ少ない数のスマートボムを開発しているのに対して

  • of precision munitions.

    精密兵器の

  • This gives the United States military an incredible advantage, and helps make the bomber mafia's

    これにより、米軍は圧倒的に有利になり、爆撃機マフィアの

  • doctrine of victory through strategic bombing more possible than ever before.

    戦略爆撃による勝利のドクトリンは、これまで以上に可能になった。

  • Now go watch MOAB- Mother of all Bombs, or click this other video instead!

    さて、MOAB-Mother of all Bombsを見に行くか、代わりにこの別のビデオをクリックしてください。

  • The Bomber Mafia, by Malcom Gladwell

    ボマー・マフィア』(マルコム・グラッドウェル著

May, 2022.

2022年5月

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 爆撃 マフィア 戦略 戦争 アメリカ 空軍

爆撃機マフィアはいかにして戦争をより危険なものに変えたか (How the Bomber Mafia Changed Warfare by Making it Deadlier)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 24 日
動画の中の単語