Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Liu woke up to the sound of gunshots coming from  inside his house. There were panicked screams.  

    Liuは、家の中から聞こえてくる銃声で目を覚ましました。パニックになった悲鳴が聞こえてきました。

  • Sounds of a violent struggle. He sat bolt uprightterrified and drenched in sweat, as he heard  

    激しい格闘の音。恐怖で汗びっしょりになりながら、正座して聞いたのは

  • footsteps getting closer to his room. It'd already  been the worst year of his life, but things were  

    自分の部屋に近づいてくる足音。人生最悪の1年だったが、状況は変わっていた。

  • about to take another turn straight into Hell. And  this time, Liu would bring a demon back with him.

    地獄への道を歩もうとしていた。そして今回、Liuは悪魔を連れて帰ってくることになりました。

  • A figure trudged down the hallway towards  Liu's bedroom door, having already taken two  

    廊下をとぼとぼと歩いてLiuの寝室のドアに向かう人影は、すでに2つの

  • lives that night. He gripped a kitchen  knife in his scarred, twitching hand,  

    その夜、彼は彼は傷だらけで痙攣している手で包丁を握った。

  • still dripping with the blood of its  recent prey. He chuckled softly to himself,  

    獲物の血が滴り落ちている。彼は一人でそっと笑った。

  • amused at the carnage of it all. Now, he  was going to add one more body to the pile.

    殺伐とした雰囲気を楽しんでいた。今、彼は死体を一つ増やすつもりだった。

  • Liu's body.

    劉さんの体。

  • Back in his bedroom, Liu could feel his heart  rise into his throat. The door creaked open,  

    寝室に戻ったLiuは、心臓が喉の奥まで上がってくるのを感じた。ドアがきしんで開いた。

  • and he saw the figure looming in the shadows.

    と、影の中に迫る姿を見た。

  • Jeff?” Liu asked, seeing the figure  slowly come into focus. “Is that you?”

    "ジェフ?"その姿がゆっくりと浮かび上がってくるのを見て、Liuは尋ねた。"あなたですか?"

  • The figure chuckled again, and raised  his index finger up to its lipless mouth.

    唇のない口元に人差し指を立て、再び笑い声をあげた。

  • Shhhh,” he said. “Go to sleep.”

    "Shhhh "と言いました。"Go to sleep"

  • Before Liu could get another word in, the figure  - presumably his brother, Jeff - charged at him,  

    リューが言葉を発する前に、その人物(おそらく弟のジェフ)が彼に向かって突進してきた。

  • brandishing the blade. He couldn't help but  notice that his brother's white hoodie was  

    刃物を振り回す。彼は思わず、兄の白いパーカーが

  • already splattered with blood, and that he'd  cut a wide, Joker-like grin into his own face.

    すでに血が飛び散っていて、自分の顔にジョーカーのような大きな笑みを浮かべていた。

  • The awful sight of his brother's ruined  face caused him to let his guard down,  

    弟の廃墟と化した顔を見て、油断してしまったのだ。

  • just for a moment.

    ほんの少しだけ。

  • Big mistake.

    大きな間違いです。

  • Jeff, who'd seemingly gone utterly insane,  

    ジェフは、完全に狂ってしまったようだ。

  • had no intention of cutting him any slackIn fact, his only intention was to cut him.

    しかし、彼には何の配慮もなかった。 むしろ、彼を切ることしか考えていなかった。

  • Jeff stabbed Liu in the belly, causingshockwave of pain to rock through his body.  

    ジェフはリウの腹を突き刺し、衝撃波のような痛みを体に与えた。

  • Worse than the pain was the sense of betrayal  - his own brother, who he'd sacrificed so much  

    痛みよりも、これまで犠牲にしてきた実の兄への裏切りの気持ちが強かった。

  • for - was genuinely trying to kill him. Liu cried  out in pain, tears cascading down his cheeks.

    は、純粋に彼を殺そうとしていたのである。涙が頬を伝って流れ、Liuは苦しそうに叫んだ。

  • Jeff stabbed him again, and whispered, “I  said, go to sleep! Just like mom and dad!”

    ジェフは再び彼を刺し、「寝ろと言ったんだ!」とささやいた。ママとパパのように!」と囁いた。

  • In that moment, Liu connected all the  dots: The gunshots he'd heard earlier,  

    その瞬間、Liuはすべての点がつながった。さっき聞いた銃声だ。

  • they were the blasts of his father's shotgun,  

    それは父親のショットガンの銃声だった。

  • fired off in an unsuccessful attempt to save him  and his wife from their youngest son's wrath.

    この時、末っ子の怒りから妻を守ろうとしたが、失敗に終わった。

  • Jeff's mother had been the one that first  discovered him in the bathroom, mutilating  

    ジェフの母親は、彼がバスルームで体を切り刻んでいるのを最初に発見した人物でした。

  • his face into the nightmare we all know and fear  today. Where she saw fear and disgust, Jeff had  

    彼の顔は、私たちが知っている今日の悪夢へと変わっていった。彼女が恐怖と嫌悪感を感じていたところに、ジェフは

  • seen beauty and potential. His mother would  be punished dearly for not seeing what he saw.

    美しさと可能性を見た。彼の母親は、彼が見たものを見なかったことで、重い罰を受けることになります。

  • She ran back into her bedroom and implored her  husband to grab the gun, knowing on some primal  

    彼女は寝室に戻り、夫に銃を持ってくるように頼んだ。

  • level that her son was already gone. But  they were too slow. By the time two shells  

    しかし、息子はすでに亡くなっていた。しかし、彼らはあまりにも遅すぎた。砲弾が2発届いた頃には

  • were loaded into the gun, Jeff was already  running across the room, knife at the ready.

    が銃に装填されると、ジェフはすでにナイフを構えて部屋を駆け抜けていた。

  • His father unloaded both barrels, but Jeff,  

    父は両手に銃を持っていたが、ジェフは

  • now imbued with killer instinctwas able to dodge the buckshot.

    殺戮の本能が芽生えたのか、バックショットをかわすことができた。

  • A few minutes later, when Jeff left  the room, both of his parents were dead  

    数分後、ジェフが部屋を出ると、両親は二人とも死んでいた。

  • and gutted on the bed. Liu would be  next, unless he got extremely lucky. Or,  

    と言って、ベッドの上で内臓を取り出した。よほど運が良くなければ、次はLiuの番だ。あるいは。

  • depending on your perspective, extremely unlucky.

    考えようによっては、非常に運が悪い。

  • He could feel himself getting light-headed  from the pain as Jeff twisted the knife  

    痛みで頭がくらくらするのを感じながら、ジェフはナイフをねじって

  • in his guts, cackling like a madman while  he did it. Liu tried to hit his brother,  

    弟の腹の中に入って、狂ったように笑いながらやった。劉は弟を殴ろうとした。

  • and throw him off, but Jeff was too  strong. He seemed to just ignore the pain,  

    しかし、ジェフはあまりにも強すぎた。彼は痛みを無視しているようだった。

  • as he prepared to plunge the  knife into Liu once more.

    そして、再びLiuにナイフを突き刺そうとしていた。

  • Liu reached out onto his bedside table and grabbed  the first thing his desperate hand could get a  

    Liuはベッドサイドテーブルに手を伸ばし、必死の思いで手に入れた最初のものを掴みました。

  • hold of: Not a weapon, but a rosary. In sheer  panic, he wrapped the rosary around Jeff's neck,  

    のホールドです。武器ではなく、ロザリオだった。パニックになった彼は、ロザリオをジェフの首に巻きつけた。

  • and began to pull it tight, until he could  begin to see his brother strain and wheeze.

    弟が緊張して息を切らしているのが見えるようになるまで、きつく引っ張り始めた。

  • His grip on the blade was getting looserHis pale face was slowly becoming a ruddy  

    刀を握る力が弱くなってきた。 彼の青白い顔は、徐々に赤みを帯びてきた。

  • purple from the oxygen deprivationAll the while, Jeff slashed at Liu,  

    酸素欠乏症で紫色になった。 その間、ジェフはリウに斬りかかっていた。

  • leaving a crisscross of deep  cuts on his face and torso.

    顔と胴体に十字型の深い切り傷を残した。

  • With the last of his strength, Liu reeled back,  

    最後の力を振り絞って、Liuは後ろに下がった。

  • and delivered a powerful kick to Jeff's  gut, knocking his brother off of his body.

    と、ジェフの腹に強烈な蹴りを入れ、弟を体から叩き落した。

  • Outside, police cars were converging in  the suburb. Jeff and Liu's neighborhood  

    外では、郊外にパトカーが集結していた。ジェフとリューの近所

  • was a quiet place, so gunshots and screams  in the middle of the night were certain to  

    は静かな場所だったので、真夜中の銃声や悲鳴は確実に

  • catch people's attention. Incidentallythey'd arrived just in time to save Liu's  

    人々の注目を集めました。ちなみに、彼らが到着したのは、ちょうど劉さんの

  • life - but as everyone would later learnthis isn't necessarily a good thing.

    しかし、これが必ずしも良いことではないことを、後に皆が知ることになる。

  • When Jeff saw the red and blue flashing lights,  

    ジェフが赤と青のフラッシュライトを見たとき。

  • he decided to cut his losses and splitleaving Liu to bleed to death on the bed.

    その結果、Liuはベッドの上で血を流して死んでしまった。

  • Thoughts of sadness and betrayal swam  through Liu's head as he lost consciousness,  

    意識を失ったLiuの頭の中には、悲しみと裏切りの思いが渦巻いていた。

  • expecting to never wake back up againHis entire family was already dead or  

    二度と目が覚めないと思っていた。 彼の家族は全員すでに死んでいたり

  • murderously insane - the only question now was  which one of these Liu himself would become.

    あとは、Liu自身がどちらになるかだけだ。

  • How had he gotten here?

    どうやってここまで来たのか?

  • Life seemed so normal a few months back, when they  were moving into the neighborhood. It was him,  

    数ヶ月前、彼らが近所に引っ越してきたときには、生活はとても普通に見えました。それが彼だった。

  • Jeff, and their parents. Liu and his parents  had never really seen eye to eye - Jeff was  

    ジェフ、そして彼らの両親。リューと彼の両親は、あまり意見が合わなかった - ジェフは

  • always the golden child, they wrote Liu  off early as a future burnout. But he  

    いつも黄金の子だったLiuは、将来燃え尽きてしまうのではないかと早くから言われていました。しかし、彼は

  • and his brother were thick as thievesLiu was incredibly protective of Jeff,  

    とその弟は泥棒同然だった。 LiuはJeffをとても大切にしていました。

  • and would happily put everything on  the line to keep him out of trouble.

    そして、彼がトラブルに巻き込まれないようにするために、すべてを賭けることもありました。

  • He just didn't expect that  he'd need to do it so quickly.

    ただ、こんなに早く必要になるとは思っていませんでした。

  • The incident at the bus stop changed everythingHe and Jeff were just standing there,  

    バス停での出来事がすべてを変えた。 彼とジェフはただ立っているだけだった。

  • minding their own business, when RandyKeith, and Troy - a local gang of teenage  

    ランディ、キース、トロイの3人は、地元の10代のギャングである。

  • thugs - rolled onto the scene. What  started as a hostile conversation  

    その場に現れたのが暴漢たちだった。最初は敵対的な会話だったが

  • quickly turned into a straight-up shakedownas the three bullies all pulled blades,  

    その結果、3人のイジメっ子たちは全員で刃を出し合い、そのままの形で揺さぶりをかけることになった。

  • and threatened Jeff and Liu to hand over  any money or valuables they had on them.

    と言って、JeffとLiuを脅し、持っているお金や貴重品を引き渡すように言った。

  • That's when Jeff had his first little snapJust recalling it terrified Liu. It was the  

    その時、ジェフは初めて小さなキレを見せたのである。 思い出すだけでリューが怖くなります。あの時の

  • first time his sweet little baby brother didn't  seem himself, like a switch had been flipped in  

    可愛い弟が自分らしくないのは初めてで、まるでスイッチが入ってしまったかのようだった。

  • his brain. He gave Randy a brutal punch in the  nose, before grabbing and snapping his wrist.  

    彼の脳を破壊した。ランディの鼻に残忍なパンチを食らわせた後、彼の手首を掴んで切断した。

  • Jeff then effortlessly disarmed him, and  used his knife to stab Keith in the arm.

    その後、ジェフは難なく彼の武装を解除し、ナイフでキースの腕を刺した。

  • It was almost like some outside force had  taken over him. Liu had known right then,  

    まるで何かの力に支配されているかのようだった。劉はその時すぐに分かった。

  • on some level, that things would never be  the same again. But there would still be  

    ある意味では、もう二度と同じことは起こらない。でも、まだあるでしょう

  • a lot of pain in store for Liu before  Jeff the Killer would truly be born.

    ジェフ・ザ・キラーが本当の意味で誕生する前に、リューにはたくさんの痛みが待ち受けていた。

  • Randy and Keith needed to go  to the hospital. As a result,  

    ランディとキースは病院に行く必要があった。その結果

  • the authorities soon came knocking on Jeff's  door. However, Liu had no intention of letting  

    しかし、Liuはこのままではいけないと、Jeffの家を訪ねてきた。しかし、Liuさんは、そのようなことをさせるつもりはありませんでした。

  • Jeff go to Juvie for this. His brother may  have been frightening in his brutality,  

    ジェフはこの件で少年院に行った。彼の兄は、その残忍さが怖かったかもしれません。

  • but he was still acting in self-defenseThe bullies had threatened them first!

    しかし、彼は正当防衛をしていた。 いじめっ子たちが先に脅していたのですから。

  • Liu did the only thing he could to protect  his brother from his own impulsive actions:  

    Liuは、自分の衝動的な行動から弟を守るために、唯一できることをしたのです。

  • He confessed to Jeff's crimes, and accepted the  charges. Because his parents had always thought so  

    彼はジェフの犯行を告白し、罪を受け入れた。彼の両親がずっとそう思っていたから

  • little of him in the first place, they were happy  to believe that he was behind the assault, and let  

    そもそも、彼のことはほとんど知られていなかったので、彼が襲撃の背後にいると信じて喜んでいた。

  • him take the fall for it. Liu was sentenced  to a year in a brutal correctional facility  

    その結果、彼はその責任を負うことになりました。劉は残酷な矯正施設で1年の刑に処せられた

  • for his trouble, but at least he'd done what he  believed was right, and kept his brother safe.

    しかし、少なくとも彼は自分が正しいと信じることをして、弟を守ったのである。

  • His time inside wasn't kind to him. Liu may have  been innocent, but many of the teens around him  

    内部での生活は彼に優しくありませんでした。劉は無実だったかもしれませんが、彼の周りの多くの10代の若者は

  • were hardcore criminals in the making. He was  dealt regular beatings by the other inmates,  

    は筋金入りの犯罪者だったのです。彼は、他の収容者から定期的に殴られていた。

  • and the sadistic guards. Night  after night alone in his cell,  

    そして、サディスティックな看守たち。夜な夜な独房にこもって

  • separated from anybody who cared about  him, was beginning to take its toll.  

    周りに気を遣う人がいなくなったことが影響しているようだ。

  • Everyone thought he was a monster, and  sometimes, a tiny voice inside him would  

    誰もが彼を怪物だと思っていたし、時々、彼の中の小さな声が

  • whisper, “If they already think you'remonster, why not start playing the part?”

    "もし、あなたが怪物だと思われているなら、その役を演じてみてはどうだろう?"

  • In these moments, he'd always fantasize  about committing violence - about getting  

    このような時、彼はいつも暴力を振るうことを空想していました。

  • back at the people who hurt him, who put  him here - but he'd always suppress the  

    自分を傷つけた人たち、自分をここに置いた人たちに仕返しをしたいと思いながらも、いつもその気持ちを抑えていました。

  • urge. He had to be good. If he becamemonster, what would Jeff think of him?

    urge.彼は善良でなければならない。もし彼がモンスターになってしまったら、ジェフは彼のことをどう思うだろうか?

  • Little did he know, Jeff was becoming a monster  in his own right. He'd been grappling with his  

    彼は知らなかったが、ジェフは自分自身がモンスターになりつつあった。彼は、自分の人生に悩んでいました。

  • own urges to kill, and when Keith, Randyand Troy showed up for revenge at a birthday  

    キース、ランディ、トロイの3人は、誕生日会での復讐のために現れました。

  • party Jeff was attending, the floodgates finally  opened. They'd arrived at the party with guns,  

    ジェフが参加していたパーティーでは、ついに水門が開いてしまった。彼らは銃を持ってパーティーにやってきた。

  • fully intent on killing Jeff, but things ended  up very differently for the would-be murderers.

    ジェフを殺そうと思っていたが、事態は大きく変わってしまったのだ。

  • Giving in to his darkest urges, Jeff  slaughtered each and every one of  

    暗い衝動に駆られたジェフは、一人残らず殺してしまった。

  • the bullies with increasing ferocity. His mind  snapped, he became an entirely different person,  

    猛烈な勢いでいじめっ子たちを追い詰めていった。心が折れて、全くの別人になってしまったのです。

  • with only one directive in mind: KillHowever, as almost everyone knows by now,  

    ただ一つの指令を胸に。殺す」。 しかし、今ではほとんどの人が知っているように

  • Jeff didn't come out of the conflict unscathedDue to a mix of fire and chemical burns,  

    ジェフも無傷では済まなかった。 火傷と化学的な火傷が混在していたため。

  • he was left horrifically disfigured  and barely clinging on to life.

    彼はひどい外傷を負い、かろうじて命をつないでいる状態でした。

  • When Liu heard the news in Juvie, he was  horrified. He regretted every decision he  

    鑑別所でそのニュースを聞いたとき、Liuは愕然としました。彼は、自分のすべての決断を後悔しました。

  • ever made - if he hadn't taken the fall for Jeffhe wouldn't have been left in harm's way. But  

    彼がジェフのために犠牲にならなければ、彼が危険な目に遭うことはなかっただろう。しかし

  • there was one silver lining: Before his deathRandy confessed to attacking Jeff and Liu first  

    しかし、一つだけ明るい兆しがあった。ランディは生前、ジェフとリューを最初に襲ったことを告白していた。

  • in front of several reliable witnesses. Their  testimony was at least enough to exonerate Liu,  

    数人の信頼できる目撃者の前で。彼らの証言は、少なくともLiuの容疑を晴らすのに十分なものでした。

  • allowing him to return home to  his family and support Jeff.

    彼は家族のもとに帰り、ジェフをサポートすることができる。

  • When the wrappings around  Jeff's face were taken off,  

    ジェフの顔に巻かれていたラップが外されたとき。

  • and his new disfigurements were revealed for the  first time, Liu was the first to comfort him,  

    劉は、彼の新たな容貌が初めて明らかになったとき、真っ先に彼を慰めた。

  • telling him it didn't look too bad. And he  got almost slashed to ribbons for his trouble.

    彼は、「悪くない」と言った。その結果、彼はほとんど切り刻まれた状態になってしまった。

  • When Liu woke up in the hospital, he practically  looked like Frankenstein's monster, covered in  

    病院で目を覚ましたLiuさんは、まるでフランケンシュタインの怪物のように、全身を覆っていました。

  • stitches all over his face, arms, and torso where  Jeff had been cutting into him. Something felt  

    顔や腕、胴体など、ジェフが切り裂いた部分をすべて縫っている。何かを感じた

  • different - not just physically, but mentallyHe felt almost as though there was a different  

    体だけでなく、精神的にも違っていた。 彼は、まるで違うものがあるように感じました。

  • person trapped in his brain with him, watching  him, trying to take control of his actions.

    彼の脳に閉じ込められた人が、彼と一緒に、彼を見ながら、彼の行動をコントロールしようとしている。

  • There was a single nurse in the room, attending  to his injuries. He asked her what had happened,  

    部屋には看護師が一人いて、彼の怪我の手当をしていた。何があったのか聞いてみた。

  • and she replied that he'd been in a coma forfew weeks now. His brother had murdered his entire  

    と聞くと、彼女は「彼は数週間前から昏睡状態にある」と答えた。彼の兄は彼の家族全員を殺害した。

  • family, and since then, he'd been on a nocturnal  killing spree across the country. He'd been behind  

    それ以来、彼は夜行性の殺人鬼として国中を走り回っていた。彼が背後にいたのは

  • a number of murders and disappearances, and  has consistently managed to evade capture.

    数々の殺人事件や失踪事件を起こし、常に逮捕を免れてきました。

  • You're very lucky to be alive, young man.  I've seen the police sketches,” the nurse said.  

    "生きていて本当に良かったですね、若者よ。 警察の似顔絵を見ましたよ」と看護婦さんが言った。

  • The little freak looks like a demon. I'd  hate to run into him in a dark alley…”

    "あの小さな変人は、まるで悪魔のようだ。暗い路地で出くわすのは嫌だな..."

  • Demon? Something about that word, and the  tone she took, really got under his skin.  

    デーモン?その言葉と、彼女の口調が、彼の心を捉えた。

  • He may have been a murderous psychopathbut Jeff was still Liu's brother,  

    人殺しのサイコパスであっても、ジェフはリューの弟である。

  • and he didn't want anyone badmouthing him  after what he'd been through. Liu suddenly  

    そして、自分が経験したことの後で、誰かに悪口を言われたくないと思っていた。劉は突然

  • felt this burning rage inside of him, andlittle voice inside his head spoke up again.

    燃えるような怒りを感じた彼は、頭の中の小さな声で再び声を上げた。

  • Kill her. Kill her now. She deserves to die.”

    "Kill her.今すぐ殺せ。彼女は死ぬに値する」。

  • That's when Liu noticed a pair of surgical  scissors on a table next to his bed. With a  

    その時、Liuさんはベッドの横のテーブルに手術用のハサミが置いてあるのに気付きました。そして

  • sudden surge of almost supernatural strengthhe reached over and grabbed the scissors.  

    突然、超能力のような力が湧いてきて、手を伸ばしてハサミを掴んだ。

  • As the nurse approached to restrain him, he  stabbed her through the eye with the scissors,  

    看護師が彼を拘束しようと近づいたとき、彼はハサミで看護師の目を突き刺した。

  • piercing her brain and killing her instantlyHe had finally given in to his darkest urge.

    彼女の脳に突き刺さり、即死してしまったのだ。 彼はついに暗い衝動に負けてしまった。

  • And it felt...good. Fantastic, evenHe hadn't felt so alive in years.

    そして、それは...良い感じでした。素晴らしい、とさえ。 こんなに生きていると感じたのは何年ぶりだろう。

  • He climbed out of bed, feeling like a new  person. The voice inside his head told him  

    ベッドから出ると、自分が生まれ変わったように感じた。頭の中の声は、彼にこう言った。

  • he needed to run now. If they caught himthere would be no more victims. There would  

    今すぐにでも逃げなければならなかった。彼が捕まれば、もう犠牲者は出ない。それは

  • be no more fun. And most importantly of allif he got caught, he'd never see Jeff again.

    はもう楽しめない。そして何よりも、もし捕まってしまったら、ジェフとは二度と会えなくなってしまう。

  • The now-Homicidal Liu climbed out of the window of  his hospital room and slinked off into the dark,  

    病室の窓から外に出て、暗闇の中をそそくさと歩き出した。

  • that little voice inside his head encouraging  him all the way. He needed to kill again,  

    頭の中の小さな声が、ずっと彼を励ましていた。彼はまた殺さなければならなかった。

  • and he needed to find Jeff. Perhaps he'd kill  him. Perhaps they'd kill together. He wasn't sure.

    そして、ジェフを見つけなければならなかった。おそらく彼を殺すだろう。もしかしたら一緒に殺すかもしれない。彼にはわからなかった。

  • But one thing was for certainhe thought with a twisted smile:  

    しかし、ひとつだけ確かなことがあると、彼はひねくれた笑顔で考えた。

  • When he ran into Jeff again, they'd  have plenty more in common...

    ジェフと再会したときには、もっと多くの共通点があったはずだ...。

  • Now go check outMonster Stalks Your  Nightmares - Jeff The Killer EXPLAINED”  

    それでは、"Monster Stalks Your Nightmares - Jeff The Killer EXPLAINED "をご覧ください。

  • andScary Urban Legends That Will Freak  You Outfor more terrifying nightmare fuel!

    と「Scary Urban Legends That Will Freak You Out」では、さらに恐ろしい悪夢の燃料を手に入れることができます。

Liu woke up to the sound of gunshots coming from  inside his house. There were panicked screams.  

Liuは、家の中から聞こえてくる銃声で目を覚ましました。パニックになった悲鳴が聞こえてきました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ジェフ ランディ キース 銃声 ハサミ ベッド

Homicidal Liu (Jeff the Killerの弟) - Explained (Homicidal Liu (Brother of Jeff the Killer) - Explained)

  • 2 2
    Summer に公開 2021 年 07 月 23 日
動画の中の単語