Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It was July 22, 1991. Two cops named Robert Rauth  and Rolf Mueller were driving around close to the  

    1991年7月22日のことである。ロバート・ラウトとロルフ・ミューラーという2人の警官が、車で近くを走っていた。

  • end of their shift. It had been a quiet day so  far, but things were about to get strange, very,  

    この日はシフトの終わりだった。これまでは静かな一日だったが、事態はとても奇妙なものになろうとしていた。

  • very strange. It was around 11.30 pm, with only  another 30 minutes left until they could clock off  

    とても不思議な感じがした。午後11時30分頃、退社時間まであと30分しかなかった。

  • when suddenly a half-naked man ran out into  the street. His face was the picture of intense  

    突然、半裸の男が通りに飛び出してきた。彼の顔には、強烈な

  • fear as he waved them down. Attached to  his left wrist was a pair of handcuffs

    恐怖のあまり、手を振ってしまったのだ。彼の左手首には、手錠が取り付けられていた。

  • Their first thought was that this was some kind  offreakwho was out of his mind on drugs or  

    彼らが最初に考えたのは、この人は薬で頭がおかしくなった「変人」ではないかということだった。

  • alcohol, but that was far from being the caseThey tried to calm him down and also attempted to  

    しかし、実際にはそうではありませんでした。 彼らは彼を落ち着かせようとし、また

  • remove the handcuffs with their own set of keys. The guy told them in tremulous tones that some  

    手錠を外すには、それぞれの鍵が必要です。その男は、震えるような声で彼らに、ある

  • crazed man had just kept him as a prisoner in  an apartment. The cops didn't think much of it  

    狂った男は、彼をアパートの一室に監禁していたのだ。警官はあまり考えていなかったが

  • at the time but followed the guy to 924 North  25th Street. They were hoping things could soon  

    しかし、その男を追って北25番街の924番地に向かった。彼らは、早く事態が改善されることを望んでいた。

  • be resolved and so wouldn't have paperwork  to do. What they didn't know is that they  

    が解決されているので、事務処理をする必要がないのだ。彼らが知らなかったのは

  • were about to meet one of the criminals of the  century. Both their names were someday going to  

    世紀の犯罪者の一人と出会うことになったのだ。二人の名前はいつの日か

  • go into the history books, not to mention play  a starring role in an Infographics Show video

    また、Infographics Showのビデオで主役を演じるだけでなく、歴史の教科書にも載っています。

  • When they got to apartment 213 they  did actually become suspicious.  

    213号室に到着したとき、彼らは実際に疑ってみた。

  • This building was known for being a low-rent  type of place, so why did this apartment have  

    この建物は低家賃で知られていましたが、なぜこのアパートには

  • expensive double locks and a modern alarm systemAs they pounded on the door, they also agreed that  

    高価な二重ロックや最新の警報システムを導入しているのか? 彼らはドアを叩きながら、次のことにも同意しました。

  • there was a smell of decaying flesh in the air. A man appeared at the door. He said his name  

    腐った肉の臭いが漂っていた。扉の前に一人の男が現れた。彼は自分の名前を

  • was Jeffery Dahmer, and to prove it, he showed  them his ID card for the place where he worked,  

    ジェフリー・ダーマーであることを証明するために、彼が働いていた場所のIDカードを見せたのである。

  • which was the Ambrosia Chocolate factoryHe was a bit scruffily dressed, but he was  

    は、アンブロシア・チョコレートの工場でした。 少し不格好な格好をしていましたが、彼は

  • polite and well-spoken, informing  the cops that his job was a mixer

    丁寧な口調で、自分の仕事がミキサーであることを警官に伝えた。

  • The man didn't appear to be dangerous, far from  it, but when they got into his room that smell of  

    その男は危険な人物には見えなかったし、それどころか、彼の部屋に入ったときには、その匂いがした。

  • rotting flesh became overwhelming. It seemed as  though someone had tried to hide the smell by  

    腐った肉のようなにおいに圧倒された。誰かがその臭いを隠そうとしたようにも見えた。

  • spraying large amounts of body deodorantbut the place still smelled pretty awful

    大量の消臭剤を噴霧したが、それでもかなりの臭気があった。

  • They looked around the apartment. It was in  pretty good shape, decorated with colorful plants,  

    二人はアパートの周りを見回してみた。色とりどりの植物で飾られていて、なかなか良い状態だった。

  • with an electric-blue aquarium standing  as the centerpiece in the living room,  

    リビングルームにはエレクトリックブルーの水槽がセンターに置かれています。

  • alongside several erotic posters. Mounted  to the wall was a surveillance camera,  

    いくつかのエロティックなポスターと一緒に。壁には監視カメラが取り付けられていました。

  • which was certainly out of the ordinaryLooking further, the cops noticed quite a  

    これは確かに普通ではありませんでした。 さらに見てみると、警官はかなりの

  • large quantity of beer cans in the kitchenAlso in the kitchen were boxes of chemicals

    台所には大量のビール缶がありました。 また、台所には化学薬品の箱もあった。

  • Things were starting to look a bit weird, so they  asked Dahmer why he'd handcuffed the victim. In  

    怪しいと思った彼らは、ダーマーに「なぜ被害者に手錠をかけたのか?で

  • a very calm voice, he said he did that kind of  thing all the time. It was just a game he liked  

    彼はとても落ち着いた声で、いつもそういうことをしていると言った。それは彼が好きなゲームだった

  • to play with guys he'd picked up. The cops kind  of looked as though they didn't want to talk too  

    拾った男たちと遊ぶために。警官は何だかあまり話したくないような顔をしていた。

  • much about this, intermittently looking at  the gay erotica posters and jumping to too  

    このことについては、断続的にゲイ・エロティカのポスターを見て、あまりにも多くのことに飛びついた。

  • many conclusions. When they started to look  just a little too unconcerned the victim told  

    と、多くの結論を出した。彼らがあまりにも無頓着に見え始めたとき、被害者はこう言った。

  • them Dahmer had threatened toeat his heart.” You'd think this would have pricked up their ears,  

    ダーマーは "自分の心臓を食べる "と脅していました。これは彼らの耳を刺激したと思うでしょう。

  • but according to what was later said in evidencethey rolled their eyes giving off the impression  

    しかし、後の証拠資料によると、彼らは目を丸くしているような印象を受けました。

  • that they were dealing with some kind of  “gay dramaand this was just an argument  

    自分たちが扱っているのはある種の「ゲイドラマ」であり、これは単なる議論に過ぎないと

  • between lovers that had gotten out of hand. That couldn't have been further from the truth

    手に負えなくなった恋人同士。それは真実からかけ離れていた。

  • Mueller told Dahmer to hand  him the key to the handcuffs,  

    ミューラーは、ダーマーに手錠の鍵を渡すように言った。

  • to which Dahmer told him it was in the bedroom  on the table next to the bed. Mueller headed to  

    と聞くと、ダーマーは寝室のベッドの横のテーブルの上にあると答えました。ミューラーが向かったのは

  • the bedroom and Dahmer tried to stop him, saying  he'd get the key. Rauth then pulled Dahmer back,  

    寝室に行くと、ダーマーは「鍵を取ってくる」と言って止めようとしました。するとラウツはダーマーを引き戻した。

  • now thinking something was not right here. When Mueller entered the room he was taken  

    何か変だなと思っていた。ミューラーが部屋に入ると、彼は

  • aback by what looked like a large chemical drum  standing next to the wall. The light was dim and a  

    驚いたのは、壁際に置かれた大きな化学ドラムのようなものだった。薄暗い中に

  • TV was switched on, which gave the place a spooky  kind of look. Mueller then noticed blood on the  

    テレビのスイッチが入っていたので、不気味な雰囲気が漂っていた。ミューラー氏は、その時に血痕が

  • bedsheets. The walls also looked like they'd  once had bloodstains on them, and someone had  

    ベッドシーツ。また、壁にはかつて血痕がついていたようで、誰かが

  • unsuccessfully tried to clean them off. On his way to the bedside table,  

    掃除をしても、なかなかきれいにならない。ベッドサイドテーブルに向かう途中

  • he noticed a drawer was open and there were  Polaroid photos inside. He picked them up,  

    引き出しが開いていて、その中にポラロイド写真が入っていることに気がついた。彼はそれを手に取った。

  • and what he saw were some of the most shocking  crimes in US history. In fact, at first, he told  

    彼が目にしたのは、米国史上最も衝撃的な犯罪の数々だった。実際、最初は、彼は

  • himself this can't be real. He thumbed through  them hoping it was some kind of art project,  

    これは現実ではあり得ないことだ。彼は、何かのアートプロジェクトであることを期待して、それらを見ていった。

  • or possibly stills from a movie. He saw bodies that had been dismembered.  

    あるいは映画のスチール写真かもしれない。彼はバラバラにされた死体を見た。

  • He saw body parts and severed heads. One of the  photos showed a head that had been sprayed with  

    彼は体の一部や切断された頭を見た。ある写真には、スプレーをかけられた頭が写っていました。

  • gold paint, and it was being held by two severed  hands. There were photos of dead men, handcuffed,  

    金色に塗られ、切断された2本の手で握られていました。手錠をかけられた死人の写真もあった。

  • with bits of them missing. Another image showed  a gutted and skinned body in a bathtub. Worse,  

    また、バスタブの中で内臓や皮が剥がされた遺体を撮影した画像もありました。別の画像では、バスタブの中に内臓が出て皮が剥がれた死体が写っていました。もっとひどい。

  • he realized that these photos had  been taken in the apartment he was in

    この写真は、自分が住んでいたアパートで撮影されたものだとわかった。

  • When he walked out of that bedroom he was almost  shaking. Rauth could see something was up,  

    その寝室から出てきたとき、彼はほとんど震えていた。ラウトは何かが起きていることを察知した。

  • and so could Dahmer. He tried to get away but  was soon held down and handcuffed. On further  

    そして、ダーマーも同様だった。彼は逃げようとしたが、すぐに押さえつけられて手錠をかけられた。さらに

  • investigation of the apartment, they discovered  the grizzly truth behind that horrible smell.  

    アパートを調査したところ、あのひどい臭いの裏にある恐ろしい真実を発見した。

  • This wasn't just a murder case. This  was something you couldn't even make up

    これはただの殺人事件ではありませんでした。これはあなたが作り上げることさえできないものでした。

  • Rauth looked in the fridge. There he saw a bottle  of mustard, some relish, some honey, and then when  

    ラウトは冷蔵庫の中を見た。そこには、マスタードの瓶、レリッシュ、ハチミツなどが入っていた。

  • he looked in a box, he saw a human face looking  back at him. He also looked in some pans on the  

    箱の中を見ると、人間の顔が見えた。また、箱の上のフライパンの中も見てみました。

  • stove. It seemed as though Dahmer had been doing  some cooking, but with human meat. In the freezer,  

    ストーブを使用していました。ダーマーは、人間の肉を使って料理をしていたようだ。冷凍庫の中。

  • there were fillets of flesh. It was then that  Dahmer shouted, “For what I did I should be dead.” 

    肉の切り身があった。その時、ダーマーは叫んだ。"私がしたことで、私は死ぬべきだった "と。

  • Let's just say that the two cops didn't get to go  home at 12 and they faced a fair bit of paperwork.  

    2人の警官は12時には帰れず、かなりの事務処理に直面したとだけ言っておこう。

  • Police found many more horrors in that apartmentbut we won't go into them all today. Jeffery  

    警察はそのアパートでさらに多くの恐怖を発見しましたが、今日はそのすべてを紹介しません。ジェフリー

  • Dahmer's crimes were so obscene they were barely  believable. In short, he'd lured men into his  

    ダーマーの犯行はあまりにも卑猥で、とても信じられないようなものでした。要するに、彼は男性を自分の中に誘い込み

  • apartment. He'd done unimaginable things to their  bodies. He'd eaten parts of them and it would  

    のアパートに住んでいます。彼は彼らの体に想像を絶するようなことをした。彼らの体の一部を食べてしまい、それが

  • become known that he even tried to make zombies  out of some victims. There were 17 victims in all

    犠牲者の中にはゾンビを作ろうとした人もいたことが知られている。被害者は全部で17人。

  • You all know the story, but you don't know  what was going on inside the mind of Dahmer.  

    皆さんはストーリーを知っていますが、ダーマーの心の中で何が起こっていたのかは知りません。

  • Let us now go back in time to  see how that mind of his ticked

    ここで、彼の心がどのように動いていたのか、時間を遡って見てみましょう。

  • Most serial killers, or even the majority of  them, suffered major traumas during childhood,  

    連続殺人犯のほとんど、いや大多数は、幼少期に大きなトラウマを抱えています。

  • often along with serious head injuries. It's  sometimes been said that Jeffery Dahmer was  

    頭に重傷を負っていることが多い。ジェフリー・ダーマーはと言われることもありますが

  • one of the more unique killers in that he came  from what looked like a very normal household

    彼は、ごく普通の家庭に生まれたという点で、ユニークな殺人者の一人です。

  • But it really wasn't all that normal, with  Dahmer later telling investigators that  

    しかし、実際にはそれほど普通ではなかったようで、後にダーマーは捜査官に次のように語っています。

  • while his parents were educated and the family  had money, they were hardly ever not at each  

    彼の両親は教育を受け、一家はお金を持っていましたが、彼らはほとんど一緒にいませんでした。

  • other's throats. According to Vronsky's book,  “American Serial Killers, The Epidemic Years”,  

    喉元過ぎれば熱さを忘れる。ヴロンスキーの著書「アメリカの連続殺人犯、流行の時代」によると

  • the family certainly was professional in terms  of work. Dahmer's father was a research chemist,  

    の家族は、仕事の面では確かにプロフェッショナルでした。ダーマーの父親は研究化学者でした。

  • and his mother was a teletype machine instructor. But then she got pregnant, and after Jeff was born  

    彼の母親はテレタイプマシンのインストラクターをしていた。しかし、彼女が妊娠し、ジェフが生まれてからは

  • she seemed to suffer a very severe form of  postnatal depression. She became so anxious,  

    彼女は非常に重度の産後鬱病を患っているようでした。彼女はとても不安になっていました。

  • so depressed, that she would stay in bed  for days. According to her husband, Lionel,  

    落ち込んで何日も寝込んでしまうこともあったそうです。夫のライオネルさんによると

  • Her legs would lock tightly in place, and  her whole body would begin to tremble. Her  

    「彼女の足はしっかりと固定され、全身が震え始めます。彼女の

  • jaw would jerk and take on a similarly  frightening rigidityher eyes would bulge  

    顎がガクガクと同じように恐ろしく硬くなり、目が膨らみます。

  • like a frightened animal, and she would begin  to salivate. Literally frothing at the mouth.” 

    怯えた動物のように、彼女は唾液を出し始めます。文字通り、口から泡を吹くように。"

  • But get this, Lionel admitted that when he  was a kid he also had fantasies about murder,  

    しかし、ライオネルは子供の頃、殺人についての空想もしていたことを認めている。

  • saying that he could understand the origins of  his son's perverse behavior. His mother was sick,  

    と言って、息子の変態的な行動の起源を理解しようとしていた。彼の母親は病気だった。

  • very sick, and his father it seems was a little  on the unique/dark side. The two never got along,  

    彼の父親は非常に病弱で、少し独特で暗い面があったようです。二人は決して仲良くはなかった。

  • with Dahmer growing up watching  them fight and on one occasion  

    ダーマーは二人の喧嘩を見て育ち、ある時は

  • his mother taking a knife to his father. It got so bad that Dahmer's teachers got involved,  

    母親が父親にナイフを突きつけた。あまりのひどさに、ダーマーの先生も巻き込んでしまった。

  • saying that this kid is being neglected  at home. This is the same kid that will  

    この子は家でネグレクトされていると言っています。これは同じ子供が

  • years later tell police that he hated sleeping  alone, that he couldn't be alone at any cost,  

    年後、警察に「一人で寝るのが嫌だった、何が何でも一人になりたくなかった」と語っています。

  • and that's why he kept the bodies around  him. That's why he ate parts of them

    だから遺体を身近に置いていた。だからこそ、その一部を食べたのです。

  • His peculiarities started in childhood, first  with him finding roadkill and dissecting it,  

    彼の特異性は子供の頃から始まっていて、最初はロードキルを見つけては解剖していました。

  • but at the age of around 16, he started thinking  about doing that to humans. This was not a happy  

    が、16歳頃から「人間にもやってみたい」と思うようになったという。これは幸せなことではなかった

  • child. He already drank pretty much all day, even  at school, where he was seen as quite the oddball

    の子です。学校でも一日中飲んでいて、かなりの変わり者として見られていました。

  • He would just start bleating like a sheep  in class, or sometimes to the disgust of  

    彼は授業中に羊のように鳴き始めたり、時には嫌な顔をされたりしますが

  • his fellow pupils, eat his own snot. This was  all to get a laugh out of them, but it wasn't  

    と言って、自分の鼻水を食べていました。これはすべて彼らの笑いを取るためのものでしたが、それは

  • healthy in terms of his mental health. He was  in so much need of attention that he would  

    精神的にも健康でした。彼はあまりにも注意を必要としていたので、彼は

  • purposefully humiliate himself, with one of his  more well-known tricks being his fake body spasms.  

    意図的に自分を辱めるために、体を痙攣させるという有名なトリックがあります。

  • Between his school friends, this was known as  “doing a Dahmer.” But he also had his funny  

    学校の友達の間では、これは「ダーマーをやる」と呼ばれていました。しかし、彼はまた、面白い

  • moments which got him some kudos from others. One time he phoned the White House and convinced  

    ある時、彼はホワイトハウスに電話をかけて説得した。ある時、彼はホワイトハウスに電話をして説得しました。

  • the receptionist that he was a person who should  be listened to. He didn't quite get President  

    受付の人に「話を聞くべき人」と言われた。彼は、社長にはなかなか

  • Jimmy Carter on the phone, but he got the next  best thing, Vice President Walter Mondale. He  

    ジミー・カーターと電話で話していたが、次善の策としてウォルター・モンデール副大統領を選んだ。彼は

  • then managed to get Mondale to give him and  his classmates a tour of the White House

    そして、モンデールにホワイトハウスを案内してもらうことに成功した。

  • By the time he finished high school, he'd been  picked up by the cops on a few occasions. It was  

    高校を卒業する頃には、何度か警察に捕まったことがあった。それは

  • usually for public drunkenness, although at least  once for indecent exposure. He was a troubled boy,  

    通常は公共の場での飲酒で、少なくとも一度は公然わいせつで逮捕されています。彼は問題児だった。

  • but no one really saw just how troubled. After  high school, he became pretty much alone because  

    しかし、彼がどれほど悩んでいたかを知る人はいませんでした。高校卒業後、彼はかなり孤独になってしまいました。

  • he hadn't really ever made any close friendsAlone, and with his parents now divorced,  

    彼には親しい友人は一人もいませんでした。 ひとりぼっちで、しかも両親は離婚していた。

  • Dahmer was preparing himself for  something far worse than any prank

    ダーマーは、いたずらよりもはるかに悪いことを覚悟していた。

  • He picked up an 18-year old hitchhiker named  Steven Mark Hicks, who was on his way to a  

    彼は、スティーブン・マーク・ヒックスという18歳のヒッチハイカーを拾いました。

  • rock concert. Dahmer, who at this age was aware he  was homosexual, said he was attracted to the guy,  

    ロックコンサートに参加した。この年齢で自分が同性愛者であることを自覚していたダーマーは、その男に惹かれたという。

  • especially as Hicks was walking barechested. Dahmer later told police this, “I had been having,  

    特にヒックスは素っ裸で歩いていた。ダーマーは後に警察にこう語っている。

  • for a couple of years before that, fantasies of  meeting a good-looking hitchhiker, and, sexually  

    その前の数年間は、イケメンのヒッチハイカーに会う妄想をしたり、性的には

  • enjoying him…I asked him if he wanted to go  back and smoke some pot, and he said, Oh yeah'.” 

    と聞くと、「そうだね」と答えてくれた。

  • They went back and smoked and drank some beersDahmer said he hadn't actually planned to kill  

    二人は戻ってタバコを吸い、ビールを飲んだ。 ダーマーは、実際には殺すつもりはなかったと言った。

  • him, but since he was attracted to him and from  the conversation he knew the guy wasn't gay,  

    しかし、彼は彼に惹かれていたし、会話の中でその人がゲイではないことを知っていた。

  • he wondered how he might get him  to stay with him. Remember that  

    どうすれば、彼と一緒にいられるだろうかと考えた。思い出せ

  • abandonment was Dahmer's biggest fear. In his own words, he said, “I didn't know  

    育児放棄はダーマーの最大の恐怖だった。本人の言葉を借りれば、「私は知らなかった。

  • how else to keep him there other than to get the  barbell and to hit him over the head, which I did,  

    バーベルを持ってきて、彼の頭を殴る以外に、どうやって彼をとどめておくか、私はそうしました。

  • then strangled him with the same barbell.” In an interview between Dahmer and the man  

    そして、同じバーベルで彼を絞め殺した。"ダーマーと男性のインタビューでは

  • said to have invented serial killer profilingRobert Ressler, he explained how he felt after  

    連続殺人犯のプロファイリングを考案したと言われるロバート・レスラー氏は、その時の心境をこう語っています。

  • that first murder. He said, “I was frightened at  what I had done.” He told Ressler that the sight  

    その最初の殺人事件。彼は「自分のしたことに怯えていた」と言った。彼はレスラーに、その光景を

  • of the body aroused him sexually. Not only thatwhen he dissected the body and bagged bits of it,  

    が、彼を性的に興奮させた。それだけでなく、彼が遺体を解剖し、その断片を袋に入れたとき

  • this aroused him to the point of orgasm. What's shocking is that Jeffery Dahmer could  

    これで彼はオーガズムに達するまで興奮した。衝撃的なのは、ジェフリー・ダーマーが

  • have easily been arrested after this first crimeWhen he was driving down the road with the body  

    は、この最初の犯行で簡単に逮捕された。 彼が死体を持って道路を走っていたとき

  • in several bags, the cops pulled him overThey shined a light in the back of the car  

    その時、警察は彼を停車させました。 車の後ろからライトを当てられて

  • and ask him what all the bags were for. He told  them it was just garbage. He later told Ressler,  

    と聞くと、「この袋は何のためにあるの?彼はゴミだと言った。彼は後にレスラーに語った。

  • They believed it, even though there's a smell.” He admitted that he felt incredibly nervous during  

    "匂いがあるのに信じてくれた"の時は、ものすごく緊張したと認めています。

  • this traffic stop. Still, this was a man, a young  man, that seemed to go from being hesitant to kill  

    今回の交通違反の件。しかし、この男、若い男は、殺すことに躊躇していたところから、殺すことになったようです。

  • to being seemingly fine chopping up a dead bodyHe took the bags back home after the stop and  

    死体を切り刻んでも平気そうな顔をしていることに 停車後に荷物を持ち帰って

  • took off the head for the purpose of more arousal. He later tried university, but his boozing got the  

    より興奮させるために頭を外した。その後、大学にも挑戦しましたが、酒の勢いで

  • better of him. He then tried the army, and again  due to his heavy drinking, that didn't work out.  

    と言っていました。その後、軍隊にも挑戦したが、やはり酒量が多かったため、うまくいかなかった。

  • He returned to Ohio after, and while he dug up the  remains of Hicks and smashed his bones to ashes,  

    その後、オハイオ州に戻り、ヒックスの遺体を掘り起こして骨を粉砕して灰にしたついでに。

  • he wouldn't go near another dead body for years. What exactly made him kill again

    彼は何年も他の死体に近づかなかった。何が彼を再び殺したのか?

  • There's no easy answer, but it seems Dahmer  did try and suppress the urge to kill. He would  

    簡単な答えはありませんが、ダーマーは殺人の衝動を抑えようとしていたようです。彼は

  • sometimes drug people he met and not kill thembut those people would always leave at some point.  

    時には出会った人を薬漬けにして殺さないこともありましたが、その人たちは必ずどこかに行ってしまいます。

  • He even tried to inject chemicals into the brains  of people he'd drugged because he wanted a kind of  

    彼は、薬漬けにした人の脳に化学物質を注入しようとしたこともありましたが、それはある種の

  • zombie-like presence next to him that wouldn't  complain, wouldn't leave, and wouldn't rot

    彼の隣には、文句を言わず、離れず、腐らないゾンビのような存在があった。

  • These Frankenstein experiments of course didn't  work and should have led to his arrest after one  

    これらのフランケンシュタイン実験はもちろんうまくいかず、彼は1年後に逮捕されるはずだった。

  • guy woke up and escaped in a haze. The cops  actually helped bring him back to Dahmer's  

    男は目を覚まし、朦朧としながらも逃げ出した。警官は実際に彼をダーマーのところに連れてくるのを手伝った。

  • place where he was subsequently murdered. If you want to understand more about how  

    その場所で彼は殺害されました。もっと詳しく知りたい方は

  • this maniac thought, you need to know what movie  was cued in his VCR player when his last victim,  

    この男は、最後の犠牲者が出たとき、彼のビデオデッキにどんな映画がキューイングされていたかを知る必要があると考えた。

  • the survivor, arrived at his apartmentIt was The Exorcist III, a film that  

    の生存者が彼のアパートに到着した。 それは『エクソシストIII』という映画であった。

  • Dahmer played for many of his 'guests'. While the movie was playing Dahmer would  

    ダーマーは多くの「ゲスト」のために演奏していた。映画が上映されている間、ダーマーは

  • chant things under his breath and at some  points look as though he was in a kind of  

    息を吐くように何かを唱えたり、ある時は何かに夢中になっているようにも見えました。

  • trance. When the cops arrested him, they asked  him about the movie and why he liked it so much.  

    トランス。警官が彼を逮捕したとき、彼に映画のことを聞き、なぜそんなに好きなのかを尋ねました。

  • This is what the police report said: “He felt evil and thoroughly corrupted,  

    これは警察の報告書に書かれていたことだ。"彼は邪悪で徹底的に堕落していると感じた。

  • body and soul, because of the horrible crimes  he had committed against people. Every time he  

    人に対して犯した恐ろしい罪のために、身も心もボロボロになってしまった。毎回、彼は

  • would try to overcome his feelings of wanting  to kill and dismember people, they would haunt  

    人を殺したい、バラバラにしたいという感情を克服しようとすると、それらが頭から離れない。

  • him and overcome him, almost like an addiction.” It was that addiction, that craving, that made  

    彼は、まるで中毒のように、彼を克服した。その中毒のような渇望があったからこそ

  • him think he must be possessed by the devil. The  police report said, “Because of that he watched  

    彼は自分が悪魔に取り憑かれているのではないかと考えた。警察の報告書によると、「そのために、彼は

  • The Exorcist III, almost on a weekly basis.” He told cops he could relate to the devil  

    エクソシスト3」をほぼ毎週のように見ていました。彼は悪魔に共感したと警官に話した

  • because he believed that his own life on  this Earth was condemned. He could relate  

    なぜなら、彼は自分の地球での生活が非難されていると信じていたからだ。彼が共感できたのは

  • to any character that was possessed and  full of evil thoughts. The police wrote,  

    憑依されたような、邪悪な考えに満ちたあらゆるキャラクターにと警察は書いています。

  • He felt that his life was driven by evil.” It gets even weirder when you hear what that  

    "彼は自分の人生が悪に支配されていると感じていた"その内容を聞くと、さらに変な感じがします。

  • survivor said in court. He said when Dahmer was  on top of him and told him he was going to eat  

    の生存者が法廷で語った。彼は、ダーマーが彼の上に乗って、食べると言ったときに

  • his heart, he saw his face transform into what  looked like the devil. Thankfully, the victim  

    彼の心の中で、彼の顔が悪魔のように変化していくのを見た。ありがたいことに、被害者は

  • managed to later punch Dahmer in the facemake a run for it and find those passing cops

    その後、ダーマーの顔を殴って逃げ出し、通りすがりの警官たちを見つけることができた。

  • Dahmer confessed to his crimes and could  almost explain in detail each murder,  

    ダーマーは自分の犯行を告白し、それぞれの殺人をほとんど詳細に説明することができた。

  • where it happened, and what he had done to the  body. He told police that his family life hadn't  

    そして、その遺体に何をしたのか。彼は警察に、自分の家庭生活では

  • been bad in terms of him being abused, but he  said his mother's mental illness had played a  

    虐待を受けていたという点では悪かったが、母親の精神疾患が影響していたという。

  • part in his downfall. He was told as a kid that  she became that way after she had him, so his  

    その結果、彼は破滅してしまいました。子供の頃に「自分を産んだらああなった」と聞かされていたので、彼の

  • immature brain took that to mean it was his fault  she spent days in bed and had vicious seizures

    それは、彼女が何日も寝込んだり、激しい発作を起こしたりしたのは、彼のせいだという意味だと、未熟な脳は考えた。

  • He said it was at around the age of 17 that  he started having issues with abandonment,  

    17歳頃から「捨てられた」という問題を抱えるようになったそうです。

  • which was the same time he started having murder  fantasies. Dissecting animals was one thing,  

    その頃、彼は殺人の妄想を始めていた。動物を解剖することは一つのことでした。

  • but what he really wanted was to do it to a humanHe said it was only because he could satisfy his  

    しかし、彼が本当に望んでいたのは、人間にすることだった。 を満たすことができるからだと言っていました。

  • urges with animals that he hadn't killed earlier. Even after he left the army and went to live with  

    という衝動に駆られて、以前に殺していない動物を使っていました。軍隊を辞めて、一緒に暮らすようになってからも

  • his grandmother, the urges to kill  were always there. It just took him  

    彼の祖母は、殺人の衝動が常にあった。ただ、彼は

  • a few years to go through with the actHe went to church with his grandmother,  

    そのためには、数年前から行動に移す必要があった。 祖母と一緒に教会に行った。

  • saying he tried so hard to walk thestraight  and narrowbut all the time he was just thinking  

    一生懸命に "真っ直ぐに "歩こうとしていたが、ずっと考えていた、と。

  • about dominating someone and keeping them. Still, it seems that for about nine years he  

    誰かを支配して、その人をキープすること。それでも、約9年間は、彼が

  • killed no one. He went to church and he helped  his grandmother. It was all façade, though,  

    誰も殺さなかった。教会に通い、祖母を助けていた。しかし、それはすべて表向きの姿でした。

  • part of him just couldn't be suppressed. He was  arrested for exposing himself to strangers in  

    彼の中には、どうしても抑えられない部分があった。で見知らぬ人に自分をさらけ出して逮捕されたのです。

  • 1986 and ordered to have a psychiatric evaluation. It seems the doctor was aware of what Dahmer might  

    1986年には、精神鑑定を受けるように命じられました。医師はダーマーが何をしでかすかを知っていたようです。

  • become, writing that he was a “sociopathand if  he doesn't get help hisdeviant behavior will  

    彼は「社会病質者」であり、治療を受けなければ「逸脱した行動をとる」と書かれていました。

  • continueif not get worse. He wrote that without  treatment, his substance abuse would get worse and  

    悪化しないまでも「継続」する。彼は、治療を受けなければ、物質乱用が悪化すると書いており

  • so would hissadistic tendencies.” In another  report he said Dahmer had Schizoid Personality  

    彼の "サディスティックな傾向 "についても同様です。別のレポートでは、ダーマーはスキゾイド・パーソナリティを持っていると述べています。

  • Disorder, adding, “He is definitely SPOOKY!” One year later, Dahmer killed his second victim.  

    無秩序に、「彼は間違いなくSPOOKYだ!」と付け加えた。その1年後、ダーマーは2人目の被害者を殺害しました。

  • He stored the body in his grandmother's cellarkeeping it there while people came over for  

    祖母の家の地下室に遺体を保管し、人が来る間はそこに置いていた。

  • Thanksgiving. It was after this second murder  that he learned how boiling heads in certain  

    感謝祭。この2度目の殺人の後、彼はある種の頭を沸騰させる方法を学んだ。

  • substances made everything gomushyand this  was one way to dispose of people bit by bit

    物質はすべてのものを「ムスッ」とさせてしまうので、人を少しずつ処分していく方法の一つでした。

  • Believe it or not, Dahmer was arrested again  but his worst crimes were still not known.  

    信じられないかもしれませんが、ダーマーは再び逮捕されましたが、彼の最悪の犯罪はまだ知られていませんでした。

  • He'd drugged a young man and the guy  ended up in hospital. After that,  

    彼は若い男に薬を飲ませ、その男は病院に運ばれてしまった。その後のことだ。

  • a psychiatrist wrote that Dahmer was a “very  psychologically problemed man.” He said Dahmer  

    ある精神科医は、ダーマーは "非常に心理的な問題を抱えた男 "であると書いています。彼はダーマーが

  • was in urgent need of long-term psychological  treatment. Another expert said Dahmer's behavior  

    は、長期的な心理療法が急務であるとした。別の専門家は、ダーマーの行動は

  • pointed to something very serious, and that he was  “seriously disturbed, impulsive and dangerous.” 

    は、何か非常に深刻な事態を示唆しており、"深刻な障害があり、衝動的で危険な状態である "と述べています。

  • But these warnings it seems went unheededDahmer killed again and again and did things  

    しかし、これらの警告は聞き入れられなかったようだ。 ダーマーは何度も何度も殺人を繰り返し、様々なことを行いました。

  • beyond any normal person's understandingWhen he met Anthony Sears he said he fell  

    常識では考えられない。 アンソニー・シアーズに会ったとき、彼は「落ちた」と言いました。

  • in love and never wanted Sears to leave. It was  Easter Monday when he drugged and strangled him

    シアーズは愛にあふれ、決して離れようとはしなかった。彼が薬漬けにして首を絞めたのはイースター・マンデーだった。

  • After Dahmer ate breakfast with his  grandmother and waved her off to church,  

    ダーマーが祖母と一緒に朝食を食べ、教会に行くのを手を振って見送った後。

  • he returned to be with the body. After some  time hugging and kissing the victim, he drained,  

    彼は遺体のそばに戻ってきた。しばらくの間、被害者を抱きしめ、キスをした後、彼は息を引き取った。

  • flayed, and dismembered him. But because he  liked this one, he wanted to keep some parts.  

    しかし、この作品は気に入ったので、一部を残しておきたかった。しかし、この作品が気に入ったので、一部を残しておきたかったのだ。

  • Dahmer later said, “Him, I liked especially well.” So, he did what anyone would have done and called  

    ダーマーは後に「彼は特に気に入っていた」と語っている。そこで彼は誰もがするであろうことをして、電話で

  • up Ace Hardware Store. He asked what the  best way was to preserve flesh and bone,  

    エース・ハードウェア・ストアに行ってきました。彼は、「肉や骨を保存するにはどうしたらいいのか?

  • obviously pretending this was for taxidermy  purposes. He was then given a set of instructions  

    剥製にするためだと思われます。そして、彼は一連の指示を受けました。

  • and what he needed to buy. Dahmer later toldpsych doctor, “If I could have kept him longer,  

    とか、何を買わなければならないかなどを考えていました。ダーマーは後に精神科医に「もっと長く飼ってあげられたら」と語っています。

  • all of him, I would have.” He met another guy that he later said  

    彼のすべてを、私はそうしていただろう"彼が出会った別の男性は、後になって

  • he liked a lot. This is what the police report  said, “He indicated that he had eaten the thigh  

    彼はとても気に入っていました。これは、警察の報告書に書かれていたもので、「彼は、もも肉を食べたと指摘した。

  • muscle of this subject, but it was so tough he  could hardly chew it. He then purchased a meat  

    しかし、その肉はとても硬く、噛み砕くことができませんでした。そこで彼は肉を購入した。

  • tenderizer and used it on the bicep. He stated  that it tasted like beef or a fillet mignon.” 

    テンダライザーを上腕二頭筋に使用。彼は "牛肉かフィレミニョンのような味がする "と述べている。

  • When asked by police why he only ate certain  people, Dahmer told them that he only did it  

    なぜ特定の人だけを食べるのかと警察に聞かれたダーマーは、「自分だけがやっている」と答えた。

  • to the people he was really fond of. He said  he usually kept parts of the arm or leg,  

    自分が本当に好きな人のために腕や足の一部を残すことが多いそうです。

  • but he also had a heart he was planning to eat. The police report said he would fry the meat  

    が、食べようと思っていた心臓もあったそうです。警察の報告書によると、彼は肉をフライにして

  • lightly after it had been tenderized. He never ate  it plain, but sprinkled the fillet with salt and  

    柔らかくしてから軽く食べていました。彼は決してそのままでは食べず、フィレに塩と