Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It wasn't his fault.

    彼のせいではありません。

  • It wasn't his fault.

    彼のせいではありません。

  • It. Wasn't. His. Fault.

    それ。Wasn't.彼の。誤りです。

  • She had seen the closed sign on  the front door to the toy shop.  

    彼女は、おもちゃ屋の玄関にある閉店のサインを見ていた。

  • She'd been the one to try to scam him, claiming  her toy was 'defective'. Demanding a replacement.

    彼女は、おもちゃが「不良品」だと言って、彼を騙そうとした人だった。交換を要求した。

  • Defective?!

    不良品か!?

  • His toy?! Unbelievable. His toys were perfectmasterpieces, sought out by young and old alike.  

    彼のおもちゃ?信じられませんね。彼のおもちゃは完璧で、老若男女問わず探し求められる傑作でした。

  • They were works of art, and the nerve of that  tiny little witch coming in here and claiming  

    芸術作品であり、あのちっぽけな魔女がここに来て主張するという神経が

  • his toy was... he couldn't even bring  himself to say the word to himself.

    彼のおもちゃは...彼は自分自身にその言葉を言うことさえできなかった。

  • It was all her fault really, and now, as  usual, he was left to clean up the mess.

    全ては彼女のせいで、いつものように彼が後始末をすることになってしまった。

  • Someone would come looking though. There'd  be a missed supper and angry parents,  

    しかし、誰かが探しに来るだろう。晩御飯が食べられなくなったり、親が怒ったりするだろう。

  • gradually becoming more and more concerned  as the hour became later and later,  

    時間が経つにつれて、だんだんと不安になってきた。

  • and eventually, there'd be questions and  investigations. Heaven forbid she actually  

    そして、最終的には質問や調査が行われます。彼女が実際に

  • told someone where she was going, on her  ridiculous mission to return a 'faulty' toy.

    壊れた」おもちゃを返品するという馬鹿げたミッションのために、誰かに行き先を伝えていました。

  • She'd have to go, but somewhere she wouldn't  be found. Not until he could find a more...  

    彼女は行かなければならないが、見つからない場所に行かなければならない。それは、彼がもっと...

  • permanent means of disposal.

    恒久的な処分方法を採用しています。

  • Jason racked his brain, avoiding the accusatory  stares of the dozens of handcrafted puppets  

    ジェイソンは、何十もの手作り人形の非難の視線を避けながら、頭を悩ませた。

  • and dolls that adorned his shop. All of  them were works of art, truly remarkable  

    彼の店に飾られていた人形の数々。そのどれもが芸術作品であり、実に素晴らしいものでした。

  • examples of the finest craftsmanship. Jason  wasn't just the best toymaker in his town,  

    最高のクラフトマンシップの例です。ジェイソンは町で一番のおもちゃ屋さんというだけではありませんでした。

  • he was likely the best toymaker in EuropeProbably in the whole of the world.

    彼はヨーロッパで最も優れた玩具メーカーだったのだろう。 おそらく世界で一番のおもちゃ屋だったでしょう。

  • And now you've gone and ruined all that for me!”

    "そして今、あなたは私のためにそのすべてを台無しにしてしまった!"

  • ...but there was no response from the corpse,  

    ...が、死体からは何の反応もなかった。

  • just more slowly spreading crimson across  the shop's floor. Then, an idea struck him.

    ただ、ゆっくりと店の床に真紅を広げていくだけだった。そこで、彼はあるアイデアを思いついた。

  • He moved his unwanted guest to the workshopreturning to hastily mop up the trail left  

    招かれざる客を作業場に移動させ、戻ってきて急いで痕跡を消した。

  • behind. With a reaffirming tug on the front door's  deadbolt, he retired to the workshop. There was a  

    の後ろにいます。玄関のデッドボルトを引っ張って確認した後、彼は作業場に戻った。そこには

  • lot of grim work to be done, and the last thing  Jason needed was another unwanted interruption.

    ジェイソンは、自分の仕事の邪魔をされたくないと思っていた。

  • Days earlier he'd been working onlarge puppet in the shape of a snake.  

    数日前、彼は蛇の形をした大きなパペットを作っていた。

  • He'd had plans to adorn the puppet with colorful  bead work, which would make the toy snake's scales  

    蛇のうろこをカラフルなビーズで装飾する計画もあった。

  • sparkle in emerald greens in the sunlightIt would've been a thing of beauty, but now  

    太陽の光に照らされてエメラルドグリーンに輝く。 それは美しいものであっただろうが、今は

  • it would become a tool of necessity. The handsaw  would make for quick, if macabre, work, and the  

    それは、必要な道具になるだろう。手鋸を使えば、不気味ではあっても素早く作業ができ、また

  • remains would go inside the snake. An imperfect  solution, but it only needed to be temporary.

    残ったものは蛇の中に入る。不完全な解決策ではあるが、一時的なものであればいいのだ。

  • He'd cried at first, surprising even himself. It  truly was grim work, and whatever small piece of  

    最初は自分でも驚くほど泣いていた。本当に大変な仕事で、どんな些細なことでも

  • him that wasn't yet angry at the world had opened  a rather uncomfortable pit deep in his stomach. As  

    まだ世間に対して怒りを感じていない彼は、腹の底に不快な穴を開けてしまった。そして

  • he progressed however, he began to fill the pitstop it up with anger. Resentment. Indignation.  

    しかし、彼は成長するにつれ、穴を埋め始め、怒りで塞ぎ始めました。憤り。憤り。

  • And as he filled the pit inside him, he  likewise filled the snake on his workbench.

    そして、自分の中の穴を埋めるように、作業台の上の蛇も埋めていった。

  • Just a few small cuts left, then some turpentine  to overpower the acrid smell of blood,  

    残っているのは小さな切り傷だけで、あとは血の臭いを消すためにテレビン油を使う。

  • and any investigator searching  his shop would be none the wiser.  

    と言って、調査員が店を探しても、何もわからない。

  • Once the search had died down, he could  arrange for more permanent disposal.

    捜索が一段落すれば、より恒久的な処分が可能になる。

  • How did he get here, mused Jason,  

    彼はどうやってここに来たのだろう、とジェイソンは考えた。

  • fouling what would have been one of  his greatest masterpieces with his sin?

    彼の最高傑作となるはずだった作品を、彼の罪で汚してしまったのだ。

  • Amelia. That's how.

    アメリアそういうことです。

  • Toys were forbidden in his childhood homeJason's parents believed frivolity was waste,  

    彼の子供時代の家では、おもちゃは禁止されていました。 ジェイソンの両親は、軽薄なことは無駄だと考えていました。

  • especially when one could be using that time to  better prepare oneself for a successful future.  

    特に、その時間を将来の成功に向けてより良い準備をするために使うことができるのに......。

  • If no homework was assigned at schoolthen rest assured there would be much  

    もしも、学校で宿題が出なかったら、安心して、たくさんの

  • study waiting for him upon returning homeIf homework was assigned, well, one couldn't  

    家に帰ると勉強が待っていました。 宿題が出れば、それはそれで仕方がない。

  • receive too much instruction in subjects that  would one day make Jason a great success.

    ジェイソンが将来大成功を収めるであろう科目の指導を受けすぎた。

  • For his part, Jason earnestly tried his best  to please his unpleasable parents. At school  

    ジェイソンは、不愉快な両親を喜ばせようと懸命に努力していた。学校では

  • he earned top marks in all subjects. He may have  been very shy and had great difficulty socializing  

    彼はすべての科目でトップの成績を収めていました。彼はとてもシャイで、人付き合いが苦手だったかもしれませんが

  • with the other children, but his behavior was  ever exemplary. His parents often received  

    しかし、彼の行動は常に模範的でした。彼の両親はよく

  • notes of appreciation from his school teachersto which his mother was fond of replying with,  

    学校の先生からの感謝の言葉に、母はこう答えるのが好きだったという。

  • One shouldn't be congratulated for merely doing  what is expected of them in civilized society.”

    "文明社会で期待されていることをしただけでは、人は祝福されるべきではない。"

  • Children, no matter how strictly raisedare always prone to minor rebellions,  

    子供はどんなに厳しく育てても、小さな反抗期があるものです。

  • and Jason was no different. His took the form  of crafting and hiding small, wooden dolls,  

    ジェイソンも同じでした。ジェイソンは、小さな木製の人形を作っては隠していました。

  • which he'd use to play with when he could stealfew minutes away from under the ever-watchful and  

    いつも見守られている中で、数分でも時間があれば遊んでいました。

  • disapproving glare of his parents. He cherished  those times, and as he grew older and his rough  

    彼はその時のことを大切にしていた。その時間を大切にしていた彼は、年を重ねるごとに、荒れた

  • wooden dolls took ever more fanciful and skillful  shapes, he realized he enjoyed creating them  

    木彫りの人形がどんどん奇抜で上手な形になっていくのを見て、作るのが楽しいと感じた。

  • just as much as playing with them. They were  his treasure, and he guarded them jealously.

    遊びと同じくらいに。彼らは彼の宝物であり、彼はそれらを嫉妬深く守っていた。

  • Sweet, little Amelia. She'd always been so  pleasant, since the day Jason met her. Well,  

    可愛いアメリアちゃん。ジェイソンが出会った時から、彼女はいつも快活だった。さて。

  • the truth is Ameila had always sort of been  there, but he'd never made any effort to  

    本当はアメイラはいつも何となく存在していたのですが、彼は何の努力もしていませんでした。

  • approach her- nor her, she. Jason was after allthe strange, silent, and very curious child,  

    彼女に、彼女に、彼女に。ジェイソンは結局のところ、奇妙で、無口で、とても好奇心の強い子供だった。

  • who everyone knew secretly played with  and spent hours whittling small dolls  

    密かに遊んでいたことを誰もが知っていて、小さな人形を何時間も削っていた。

  • while the other children played together.

    他の子供たちが遊んでいる間に

  • In truth, it had actually been a concerned teacher  who encouraged the two's formal introduction.  

    実は、2人の正式な紹介を促したのは、心配してくれた先生だったのだ。

  • Some kind soul had noticed Ameila's kind, warm  heart, and taking pity on Jason's lonely plight,  

    ジェイソンの孤独な境遇を哀れに思った親切な人が、アメイラの優しくて温かい心に気づいてくれたのだ。

  • pushed her into befriending  him. She hadn't been wrong,  

    彼女は、彼と仲良くするように仕向けた。彼女は間違っていなかった。

  • but her misguided act of kindness would help  usher in yet another dark terror into this world.

    しかし、彼女の誤った親切心は、この世にもう一つの暗い恐怖をもたらすことになる。

  • The two became fast friends, even  helping socialize Jason more to his  

    二人はすぐに仲良くなり、ジェイソンの社交の場にもなりました。

  • fellow classmates. He showed her- and  only her- his secret doll collection,  

    同級生たちは彼は彼女にだけ、自分の秘密の人形コレクションを見せた。

  • and other toys too. He even made some  for her, all whittled away in secret,  

    他のおもちゃもね。彼女のために作ったものもあります。

  • becoming ever more complex and detailed  as the years passed and Jason's skill  

    年月を経るごとに、ジェイソンの技術はより複雑に、より細かくなっていきました。

  • grew. Ameila was his best friend, and  he wanted to share everything with her.

    を育てました。Ameilaは彼の親友であり、彼女とすべてを共有したいと思っていました。

  • But he refused to share her with anyone else.

    しかし、彼は彼女を誰とも共有することを拒んだ。

  • The first incident was with Jonathan- or was it  Lucy, on the swing set? Jason couldn't remember,  

    最初の出来事は、ジョナサン...いや、ルーシーがブランコに乗っていた時だった。ジェイソンは覚えていない。

  • but he did remember the intense hot flash  of jealousy when Jonathan grew a little too  

    しかし、ジョナサンが少し大きくなった時の激しい嫉妬のフラッシュを覚えていた。

  • interested in Amelia's set of colored pencilsHe'd pushed him down the stairs, and Jonathan  

    アメリアの色鉛筆のセットに興味を持った。 階段から突き落としてしまい、ジョナサンは

  • had even fingered Jason as the culprit. But Jason  was good at remaining... and acting... unseen,  

    ジェイソンが犯人ではないかと言われていた。しかし、ジェイソンは目立たないように...行動するのが得意だった。

  • and nobody could prove the accusation. Jonathan  had gotten the message clear enough however.  

    そして、誰もその告発を証明できなかった。しかし、ジョナサンはそのメッセージを十分に理解していた。

  • Amelia, and her colored pencils were off limits.

    アメリア、そして彼女の色鉛筆は立ち入り禁止でした。

  • The truth is it was easy to remain unseen  around Amelia. Or at least, unnoticed,  

    実は、アメリアの周りでは人目につかないようにするのは簡単だった。少なくとも、気づかれないようにするのは簡単だった。

  • which suited Jason's goals perfectlyShe was always the brightest smile in  

    は、ジェイソンの目標にぴったり合っていました。 彼女は、いつも最も明るい笑顔で

  • any room- warmth, like the radiance  of a pleasant summer afternoon sun,  

    どんな部屋でも、夏の午後の心地よい太陽の輝きのような暖かさを感じることができます。

  • radiated from her, and she always had a kind  word for everyone- much to Jason's chagrin.

    彼女は、誰に対しても優しい言葉をかけ、ジェイソンを困らせていました。

  • Jason finally had a friend, someone to confide  in, but the truth is Amelia was a lonely girl.  

    ジェイソンにはようやく心を許せる友人ができたが、実はアメリアは孤独な少女だったのだ。

  • Pretty and ever-pleasant, even as  they grew older she'd mysteriously  

    可愛くて楽しくて、大人になっても不思議と彼女は

  • been without any other close friendsAs she entered her teenage years there  

    は、他に親しい友人もいませんでした。 彼女が10代になってからは

  • were certainly suitors, but they always  seemed to quickly become disinterested.  

    しかし、彼らはいつもすぐに興味を失ってしまうのです。

  • Jason though was always there, and she  loved him as one does a dear brother.

    しかし、ジェイソンはいつもそばにいて、彼女は彼を大切な兄弟のように愛していました。

  • Jason in turn loved her as best he couldwhich was to say less than he loved himself.  

    ジェイソンは、彼女を精一杯愛したが、それは自分自身を愛することよりも少なかった。

  • But certainly more than the mindless fools of the  world. He expressed that love by protecting her,  

    しかし、世の中の心ない愚か者たちよりも確実に。彼はその愛を彼女を守ることで表現した。

  • even when she took no notice. Especially from  anyone who might take Amelia's attention and  

    彼女が注意を払わない時でも特に、アメリアの注意を引きそうな人や

  • affections away. The world was dangerous, and  people couldn't be trusted. But Jason could be.

    愛情を捨てた。世界は危険であり、人々は信用できない。しかし、ジェイソンは信用できる。

  • Only him.

    彼だけ。

  • Amelia had been especially important to  him when he was kicked out of his home.  

    家を追い出された彼にとって、アメリアは特に大切な存在でした。

  • His parents had insisted on his attendance  to one of England's great universities,  

    彼の両親は、イギリスの有名大学への進学を強く望んでいました。

  • places where some of the age's greatest  thinkers and titans of industries had  

    時代を超えた偉大な思想家や産業界の巨人たちがいた場所

  • been forged. But Jason had refusedHe didn't want to become a coal baron  

    が偽造されていた。しかし、ジェイソンはそれを拒んだ。 石炭王になりたくなかったのだ。

  • or great philosopher- he wanted to be  left alone to tinker and make his toys.

    また、偉大な哲学者でもない彼は、自分のおもちゃを作るために一人になりたがっていた。

  • A simple toymaker carrying forth the family nameNonsense. His father hadn't even wasted his breath  

    ただのおもちゃ屋が家名を継ぐ? くだらない。彼の父は、息を吐く暇もなく

  • on disapproving words, he'd merely pointed with  a very stern finger to the open front door.

    その時、彼は、「私は、あなたのことが大好きです」と言って、開いている玄関のドアを指差した。

  • But he'd done it, all by himself. The  world had taken notice of his talent,  

    しかし、彼は一人でそれを成し遂げた。世界は彼の才能に注目した。

  • just as he always knew it would, and his  toy's popularity grew and grew until he  

    そして、彼のおもちゃの人気はどんどん高まっていきました。

  • finally had his own shop. And now children  came from miles around- collectors too,  

    ようやく自分の店を持つことができました。そして、遠くから子供たちが集まってくるようになり、コレクターも増えてきた。

  • looking for another finely handcrafted piece of  whimsy for their carefully groomed collection.  

    厳選されたコレクションのために、手作業で作られた気まぐれな作品を探しています。

  • There was even rumors that toymakers from  Austria were interested in meeting him!

    オーストリアの玩具メーカーが彼に会いたがっているという噂もありました。

  • None of it mattered much to Jason. He already  knew he was great, he didn't need the world to  

    ジェイソンにとっては、そんなことはどうでもいいことだった。彼は自分が素晴らしいことをすでに知っていたし、世界に知られる必要もなかった。

  • tell him. If anything, the crowds of dirty, noisy  children and gawking collectors were a bothersome,  

    と伝えます。どちらかというと、汚くて騒がしい子供たちや、物見遊山のコレクターたちの群衆の方が厄介だった。

  • yet necessary distraction. They kept the  coin flowing, but Jason would much rather  

    しかし、必要な気晴らしだった。しかし、ジェイソンはそれよりも

  • have been left alone to work on his toys. All  he needed was the daily visit from sweet Ameila,  

    彼は自分のおもちゃを作るために一人残されていました。彼に必要だったのは、かわいいアメイラが毎日訪ねてくることでした。

  • her approving nod or giggle at some  fantastical new toy he created.

    彼女の同意を得てうなずいたり、彼が作った幻想的な新しいおもちゃを見て笑ったりする。

  • If the rest of the world liked it, good for them.

    他の国の人たちが気に入ってくれれば、それはそれでいい。

  • But Amelia changed. It had  started with an argument,  

    しかし、アメリアは変わった。始まりは口論だった。

  • she'd come to visit him in his  workshop after closing time as usual.

    彼女は、いつものように閉店後の彼の工房に遊びに来ていた。

  • You seem happy, Jason.” He didn't even look up from his  

    "You seem happy, Jason."から顔を上げることもなく

  • tinkering on the workbench. The puppet he  worked on was still in its initial stages,  

    作業台の上でいじっている。彼が手がけたパペットは、まだ初期の段階だった。

  • but already was beginning to  take on its serpent shape.

    が、すでに蛇の形をし始めていた。

  • Of course I am. Shop's closed  and I can finally work in peace.”

    "当然だよ。お店が閉まって、やっと安心して仕事ができます」。

  • “I meant in general. I know your parents were  really hard on you. I'm glad you found this.”  

    "一般的に "という意味です。ご両親があなたに本当に辛くあたっていたのは知っています。これを見つけてくれて嬉しいよ"

  • She motioned at the workshop around her, shelves  stuffed with finished and unfinished toys.

    彼女は自分の周りにある作業場を示し、棚には完成品や未完成のおもちゃが詰め込まれている。

  • He continued his work, nonplussed as usual.  

    彼は、いつものように淡々と仕事を続けていた。

  • “I wouldn't have gotten here without you. You  were a good friend, always encouraging me.”

    "あなたのおかげでここまで来れました。あなたは良い友人で、いつも私を励ましてくれました。"

  • Though he didn't look up from his workAmelia smiled. As far as Jason was concerned,  

    彼は仕事中に顔を上げなかったが、アメリアは微笑んだ。ジェイソンが心配していたように

  • this ranked amongst the greatest  compliments he'd ever given her.

    この言葉は、彼が彼女に贈った最高の褒め言葉のひとつです。

  • That's why I've always been a good  friend to you too, protected you.”

    "だからこそ、私もいつもあなたを守ってきました。"

  • The smile wavered on Amelia's  lips. “What do you mean?”

    アメリアの唇には笑顔が浮かんでいた。"何を言っているの?"

  • Do you remember the pink letter?” Amelia's ears  still burned in shame at the memory, almost a full  

    "ピンクの手紙 "を覚えていますか?アメリアの耳はまだその記憶に恥ずかしさで燃えていました、ほとんど完全な

  • decade later. She'd been fifteen back thenand written a letter to a boy she'd developed  

    それから10年。当時15歳だった彼女は、自分が開発した男の子に手紙を書き

  • a crush on. Lacking the courage to give it  herself, she'd entrusted a close friend with it.

    片思いの相手。自分で渡す勇気がなく、親しい友人に託していました。

  • Jason, sensing the opportunity to kill two  birds with one stone, had acted instead.

    ジェイソンは、一石二鳥のチャンスだと思い、行動に移した。

  • The letter wound up posted on the chalkboard  of the boy in question's classroom,  

    その手紙は、その少年の教室の黒板に貼られていた。

  • its overly romantic and cringe-inducing amateur  adorations read aloud by the boys of the class.  

    クラスの男の子たちが声に出して読む、過剰にロマンティックで胸が締め付けられるような素人の憧れの言葉。

  • They'd howled in laughter, but the name signed at  

    思わず笑ってしまいましたが、その時にサインされた名前が

  • the bottom of the letter hadn't been  Amelia's. It had been her friend's.

    手紙の下の部分は、アメリアのものではなかった。彼女の友人のものだった。

  • The jeers and the taunts proved  so great that her family had  

    その結果、彼女の家族には大きな衝撃が走りました。

  • been forced to relocate her to a different school.

    は、彼女を別の学校に移すことを余儀なくされました。

  • “I tried to teach you back then that you  can't just open up to people like that.  

    "あの時、君に教えようとしたのは、そんなふうに人に心を開いてはいけないということだ。

  • People can't see all the places you're  weak. Needy. You didn't learn your lesson,  

    人は、あなたが弱いところをすべて見ることはできません。困る。懲りてないな。

  • so I had to keep repeating  it, time and time again.”

    と言って、何度も何度も繰り返しました。

  • Cold, hard realization slowly dawned  across Amelia's face. All those friends  

    アメリアの顔に、冷たく厳しい現実がゆっくりと浮かび上がってきた。あの友人たちは

  • who'd mysteriously drifted away. All the suitors  who'd stopped calling on her. Did Jason really...?

    不思議と離れていってしまった人たち。彼女に声をかけなくなったすべての求婚者たち。ジェイソンは本当に...?

  • How could you do that...” Unconsciously, she  was already inching towards the shop's door.

    "なんでそんなことを..."無意識のうちに、彼女はすでに店のドアに向かって近づいていた。

  • “I protected you! I've always protected  you! You have no idea what people are like,  

    "I protected you!私はいつもあなたを守ってきた!」と言っていました。人の気持ちが分からないのか

  • but you kept putting yourself out there likesilly little dolt! What was I supposed to do?!”

    しかし、あなたは馬鹿みたいに自分を出し続けた。私はどうすればいいんだ!」と。

  • Amelia had rushed out of the workshop  then, tears streaming down her face.  

    その時、アメリアは涙を流しながら工房を飛び出していった。

  • That persistent, aching loneliness in her heartalways surrounded by people yet none ever wanting  

    彼女の心の中には、いつも人に囲まれているのに、誰も望んでいないという、しつこいほどの孤独感がある。

  • to draw too close. Now it all made sense. Now she  knew what- or who- had been keeping them away.

    近づきすぎてはいけない。これですべてが理解できた。何が、あるいは誰が、彼らを遠ざけていたのかがわかった。

  • A month had passed without Amelia's  daily visits, and despite his pride,  

    アメリアが毎日訪ねてこないまま1ヶ月が過ぎ、自分のプライドとは裏腹に

  • Jason began to doubt himself. Had he really done  something wrong? Wasn't he just protecting Amelia,  

    ジェイソンは自分自身を疑い始めた。自分は本当に何か悪いことをしたのだろうか?アメリアを守っていただけではないのか。

  • who clearly was unable of protecting herself?

    その人は明らかに自分の身を守れない人だった。

  • More to the point, how could she be ignoring him?  

    さらに言えば、どうして彼を無視することができるのか?

  • He'd worked so hard to make sure that  he was the one always there for her.

    彼は、自分がいつも彼女のそばにいるようにと、一生懸命努力してきました。

  • He'd put the toy snake and its brilliant emerald  scales aside and began working on something new.  

    彼は、おもちゃの蛇とその鮮やかなエメラルド色の鱗を脇に置き、新しいものを作り始めた。

  • A gift, something to prove to Amelia that he was  sorry. Something so wonderful, so delightful,  

    プレゼント、アメリアに謝罪を証明するためのもの。とても素晴らしいもの、とても喜ばしいもの。

  • that she'd have to see that he was the  only person she could truly depend on.

    自分が本当に頼れるのは彼だけだということを知ってもらうために。

  • The small music box quickly took shape in his  hands, elegantly and exquisitely designed as  

    小さなオルゴールは、彼の手の中であっという間に形になり、エレガントで精巧なデザインになりました。

  • always- but different too. Even the most casual  observer could quickly tell that this was truly  

    いつもと違う、でも違う。傍目から見ても、これは本当に

  • shaping up to be one of Jason's finest pieces  yet. He worked diligently day and night on the  

    ジェイソンの作品の中でも最も優れた作品の一つになると思います。彼は昼夜を問わず熱心に作業を行い

  • box and its many delicate gears and moving partspouring his very heart and soul into the labor.

    繊細な歯車や部品がたくさん使われている箱に、心血を注いでいるのです。

  • But the box would hold a surprise  inside, what would become without a  

    しかし、箱の中にはサプライズがありました。

  • doubt his finest piece to date- even more  astonishing than the music box itself.  

    これまでの彼の作品の中で最も素晴らしい作品であることは間違いないでしょう。オルゴールそのものよりも驚くべきものです。

  • A gift within a gift, an incredibly detailed  hand-crafted doll resembling Jason himself.  

    贈り物の中の贈り物、それはジェイソン自身を模した、驚くほど精巧な手作りの人形です。

  • Despite its miniature size, the doll borestriking resemblance to Jason, each lock of  

    ミニチュアながらもジェイソンにそっくりで、髪の毛の一本一本が

  • hair and minor bodily detail carefully etched  onto the soft wood with painstaking care.

    髪の毛や体の細かい部分まで丁寧に柔らかい木に刻み込まれています。

  • Admiring his work, Jason began to fit the doll  into its resting place inside the music box.  

    ジェイソンは自分の作品を見ながら、オルゴールの中に人形をはめ込んでいった。

  • He smiled thinking about how delighted  Amelia would be upon receiving it,  

    受け取ったアメリアがどれほど喜ぶかを想像しながら、彼は微笑んだ。

  • surely everything would be forgotten the  moment she received her wonderful gift,  

    プレゼントを受け取った瞬間に、すべてが忘れ去られるに違いない。

  • only to open it and discover  yet another gift inside!

    と思っていたら、開けてみたら別のプレゼントが入っていた。

  • ...but what if she didn't? What if she remained  angry at him or... what if she didn't like it?  

    ...でも、もし彼女がそうしなかったら?もしも彼女が彼に怒り続けていたら、あるいは...もしも彼女がそれを嫌がっていたら?

  • What if his work wasn't good enough, what  if she secretly thought Jason wasn't very  

    もし彼の作品が十分でなかったら、もし彼女が密かにジェイソンはあまり良くないと思っていたら

  • talented at all! What if she threw the box on  the ground in disgust, dashing it to pieces?!

    才能があるとは思えません。もし彼女が箱を嫌がって地面に投げつけ、粉々にしてしまったら?

  • Jason pushed the black cloud of  thoughts away. No. Of course she'd  

    ジェイソンは、黒い雲のような考えを押し殺した。いや、もちろん、彼女は

  • like it. She always liked his work. Everyone did.

    のように。彼女はいつも彼の作品を気に入っていました。みんなそうだった。

  • Amelia isn't interested in  your friendship anymore, Jason.”

    "アメリアはもう君の友情に興味はないよ、ジェイソン"

  • The words hit him like a sack of bricksAmelia's mother stood on the doorstep to  

    その言葉は、彼にレンガの袋のような衝撃を与えた。 アメリアの母親は、玄関先に立って

  • their small, modest home. Through  the slightly open door behind her,  

    この小さな家では彼女の後ろの少し開いたドアから

  • Jason could see Amelia on the  inside, tears in her eyes.

    ジェイソンは、内側にいるアメリアが目に涙を浮かべているのが見えた。

  • That's... can I just talk to herplease?! I made her a present!”

    "それは...彼女と話をしていいですか!?彼女にプレゼントを作ったんだ!"

  • Her mother had never cared for JasonShe remembered the canary incident.  

    母はジェイソンに関心がなかった。 彼女はカナリヤの件を思い出した。

  • It had been a gift from her father, a small  songbird that she quickly grew to adore. Then,  

    それは父からの贈り物で、彼女はすぐに愛着を持つようになった小さな鳴き鳥だった。そして

  • one day while Jason was visitingthe canary went abruptly silent.  

    ある日、ジェイソンが訪ねてきたとき、カナリヤは突然沈黙した。

  • He'd claimed that the bird had  suddenly gone limp and fell over dead.

    彼は、その鳥が突然ぐったりして、死んで倒れたと主張した。

  • Amelia's mother always knew better,  

    アメリアの母は、いつもよく知っていた。

  • but couldn't prove it. Now she barred Jason  from entering her home, determined to end  

    しかし、それを証明することはできませんでした。今、彼女はジェイソンを家に入れないようにしている。

  • the parasitic grip he'd maintained on her  life since they'd met as small children.

    幼い頃に出会って以来、彼が彼女の人生を支配してきた寄生虫のような存在だった。

  • Amelia! I made this for you! I'm sorry!”  Jason held the box aloft, towards Amelia  

    "Amelia!あなたのために作ったのよ!ごめんね!」。 ジェイソンは、アメリアに向かって箱を高く掲げました

  • through the half-open door, but she simply looked  away. An icy cold hand gripped Jason's heart,  

    しかし、彼女は目をそらしたままだった。氷のように冷たい手がジェイソンの心臓を掴んだ。

  • and he nearly dropped the delicate  music box. Was this... rejection?

    と、繊細なオルゴールを落としそうになりました。これは...拒絶なのか?

  • Jason didn't remember returning to his shoptightly clutching the music box to his chest and  

    ジェイソンは、オルゴールを強く胸に抱いて、店に戻ったことを覚えていない。

  • desperately trying to avoid weeping on the open  streets. He must have forgotten to lock the door  

    涙を流してはいけないと、必死になっていた。鍵をかけるのを忘れたのだろう

  • behind him as he stormed into his shop, because  that's how the little girl found her way in.

    彼が自分の店に入っていくとき、彼の後ろにいたのは、少女がそうやって入ってきたからだ。

  • He hadn't meant to hurt anyone. But she'd  been so demanding. She called his work flawed.  

    彼は誰も傷つけるつもりはなかった。しかし、彼女はとても厳しかった。彼女は彼の仕事を欠陥品と呼んだ。

  • She said it wasn't good enough.

    それじゃダメなんだと。

  • The sound of his name being called  out broke him out of his reverie,  

    自分の名前が呼ばれた音で、彼の心は休まった。

  • and he hastily put the finishing  touches on the now overstuffed snake.  

    と言って、急いで膨らんだ蛇の仕上げをしてくれました。

  • Could someone be looking for the little girl  already? Could someone know what he'd done?

    誰かがその少女を探しているのではないか?誰かが彼のしたことを知っているかもしれない。

  • It took him a moment to recognize  Amelia's voice. Damn it,  

    アメリアの声に気づくのに時間がかかった。畜生。

  • he forgot he'd given her a key long ago. He  rushed out of the workshop, almost running into  

    昔、彼女に鍵を渡したことを忘れていた。慌てて作業場を飛び出したが、危うく彼女にぶつかるところだった。

  • her as he passed through the back door behind the  counter customers were not normally allowed to go.

    普段はお客さんが入れないカウンターの後ろにある裏口を通って、彼女に会いに行った。

  • “I- I'm sorry to bother you, I  just... I think we should talk.” 

    "お邪魔してすみません、私はただ...話し合うべきだと思うんだ。"

  • x “There's nothing to talk about.”  

    x "There's nothing to be talked about".

  • Whatever emotions Jason had been feelinghe'd stuffed and buried them. He'd done  

    ジェイソンがどんな感情を抱いていたとしても、彼はそれを詰め込んで埋めてしまった。彼がしたことは

  • nothing but protect her, and now he regretted  that she'd seen him in his moment of weakness.

    彼女を守ることだけを考えていた彼は、自分の弱さを彼女に見られたことを後悔している。

  • No, Jason, you have... you've done things in  my life that-” Amelia paused, smelling the air.  

    "違うわ、ジェイソン、あなたは...私の人生であなたは..."アメリアは空気の匂いを嗅ぎながら立ち止まった。

  • The strong smell of turpentine rolled off  Jason in waves, but underneath, something else.  

    テレビン油の強烈な匂いがジェイソンから波のように伝わってきたが、その下には別のものがあった。

  • Something she'd often smelled at the butcher's  shop. “Jason, why are you sweating so hard?”

    肉屋さんでよく嗅いだことのある匂い。"ジェイソン、なぜそんなに汗をかいているの?"

  • Jason's shoulders slumped. “There was an  accident. With a little girl. I'd just gotten  

    ジェイソンは肩を落としていた。「事故があったんだ。小さな女の子のね。私はちょうど

  • back from trying to give you my gift and say  I'm sorry and I left the door unlocked I guess,  

    プレゼントを渡そうとしていたのですが、ドアの鍵を開けたままにしてしまったので、ごめんなさいと言って帰ってきました。

  • and she barged in here complaining her toy  was defective and demanding a replacement  

    そして、彼女はここに押しかけて、おもちゃが不良品であることを訴え、交換を要求しました。

  • and saying my toys were no good and just... I'm  not sure what happened. She fell. Hit her head.”

    そして、私のおもちゃがダメだと言って、ただ...。何が起こったのかよくわかりません。彼女は倒れた。頭を打ったんだ」。

  • Amelia's eyes slowly widened.  “Jason... what did you do?”

    アメリアはゆっくりと目を見開いた。 "ジェイソン...何をしたの?"

  • “I... I didn't want to go  to jail. It was an accident,  

    "私は・・・刑務所に行きたくありませんでした。事故だったんだ。

  • Amelia. But I didn't want to go to jail.”

    アメリアです。でも、刑務所には行きたくなかった」。

  • Jason. What did you do to... where is she  now...?” Her voice was barely a whisper,  

    "ジェイソン。あなたは何をしたの...彼女は今どこにいるの...?"彼女の声はかろうじてささやくようなものだった。

  • as if she was afraid to even ask  the question. Or