Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Firearms make hunting a lot easier than it used to  

    銃器のおかげで狩猟が昔よりずっと楽になった

  • be on our spear and sling-wielding  ancestors. But in the early 1800s,  

    槍やスリングを振っていた祖先のように。しかし、1800年代初頭には

  • some people thought hunting still wasn't  easy enough- so they made a 12 foot shotgun.

    狩猟はまだ簡単ではないと考えた人たちが、12フィートのショットガンを作ったのです。

  • It's the only gun ever banned for being  too good at its job. In the early 1800s,  

    この銃は、性能が良すぎるという理由で禁止された唯一の銃です。1800年代初頭のこと。

  • fashionable humans everywhere decided  that they needed more feathers for hats,  

    帽子のためにもっと羽毛が必要だと、世界中のファッショナブルな人間が考えました。

  • and extra meat wasn't bad either. Luckily  for humans, ducks could provide both-  

    余分な肉があるのも悪くない。人間にとって幸運なことに、アヒルはその両方を提供することができました。

  • but there was just one problem. A shotgun could  only down a few birds at once, if the shooter  

    しかし、一つだけ問題があった。ショットガンでは一度に数羽の鳥を倒すことしかできません。

  • was extremely lucky that is. There had to be  a better way to mass murder ducks and geese.

    それは非常に幸運なことでした。アヒルやガチョウを大量に殺すには、もっといい方法があるはずだ。

  • Then, some enterprising hunter thought  to himself- if shotguns are good for  

    そこで、ある敏腕ハンターが考えたのが、「ショットガンが良いならば

  • killing several birds at once, then  why not just make the shotgun bigger?

    一度に何羽もの鳥を殺すなら、ショットガンを大きくすればいいのではないでしょうか。

  • And by god, this stroke of genius workedEssentially nothing more than a massively  

    そして、この天才的な一撃は見事に成功しました。 本質的には、ただの大量の

  • upscaled shotgun, the punt gun was soon bornFeaturing barrels that were over eight feet in  

    ショットガンをスケールアップしたパントガンが誕生しました。 砲身の長さは8フィートを超えていた。

  • length, sometimes as long as 12 feet, the  punt gun had a bore 2 inches in diameter.  

    長さは12フィートにもなり、直径2インチのボアを持つパントガン。

  • The weapon was loaded with a pound of shot  and three quarters of a pound of gunpowder,  

    この武器には、1ポンドのショットと4分の3ポンドの火薬が装填されていた。

  • which really began to beg the question if this  was even a gun anymore or an artillery piece.

    これは、もはや銃なのか、それとも大砲なのか、という疑問が湧いてきた。

  • The idea was simple. With one trigger pull,  a single hunter would spray several hundred  

    そのアイデアは単純なものでした。引き金を一回引くだけで、一人のハンターが数百人に向けて噴射する。

  • pellets over a wide area- not at all  unlike a modern day claymore in gun form.  

    これは現代のクレイモアを銃にしたようなもので、広い範囲に弾丸を飛ばすことができる。

  • The concept had already been proven to work  for hundreds of years, with warships during the  

    このコンセプトは、すでに何百年も前から実証されていたもので、当時の軍艦では

  • age of sail being loaded with three different  kind of shot- cannon balls for sinking ships,  

    船を沈めるための3種類の砲弾を積み込んだ帆の時代。

  • smaller balls attached with chains to destroy  rigging, and grapeshot to kill crew on the deck.

    鎖で繋がれた小さなボールで艤装品を破壊し、グレープショットで甲板上の乗組員を殺す。

  • Much like a warship, the punt gun could  only be fired from a boat. Its size made  

    軍艦と同じように、パント砲は船からしか発射できませんでした。その大きさから

  • it impossible for a man to shoulder and  fire- if he valued retaining said shoulder.  

    肩に力を入れて撃つことはできませんが、肩に力を入れることは大切です。

  • The incredible recoil would also make it  perilous to fire from a fixed position.  

    また、反動が大きいため、定位置からの射撃には危険が伴います。

  • Instead, the gun was fastened to a small boatand the hunter would then silently row himself  

    その代わりに、銃を小舟に固定して、猟師は黙々と自分で漕いでいました。

  • into position so as not to scare the waterfowl  away. Once in position, it was a simple matter  

    水鳥を怖がらせないように位置を決める。位置が決まれば、あとは簡単です。

  • of lining up his shot, and then blasting dozens  of birds on a one way trip to meet their bird god.

    そのためには、自分のショットを並べて、何十羽もの鳥を片道で飛ばして、その鳥の神様に会いに行くことが必要です。

  • The recoil from firing the gun would actually  push the boat back several feet. If you're a  

    銃を撃ったときの反動で、実際にはボートが数フィート後ろに押しやられてしまうのだ。もし、あなたが

  • hunter today you've probably given yourself scope  eye at least once- try that with a punt gun and  

    今日のハンターなら、一度は自分の目にスコープアイを当てたことがあるだろうが、それをパントガンでやってみると

  • you won't have an eye left to damage. Or probably  even a face for that matter. The punt gun actually  

    あなたの目を傷つけることはありません。それどころか、顔もないかもしれません。実際にパントガンは

  • got its name from the small boats it was loaded  on to, known as punts, and not as we originally  

    この名前の由来は、パントと呼ばれる小舟に積まれていたからであり、本来の意味でのパントではありません。

  • assumed, because it was singlehandedly punting  entire species of waterfowl into extinction.

    それは、水鳥の全種を絶滅に追いやることになるからだ。

  • The gun was good, but commercial hunters were  pretty sure that there was a way to kill even  

    銃の性能は良かったのですが、商業的なハンターたちは、たとえ殺しても

  • more birds faster. That's when double-barreled  punt guns came into being, because if one barrel  

    より多くの鳥をより早く捕まえるために。そこで、二重銃身のパントガンが登場したのです。

  • is good, then two can only be better. It likely  only took one attempt to immediately reduce the  

    が良ければ、2も良かろうというものです。たった1回の試みで、すぐに次のステップに進むことができました。

  • gunpowder load of a double-barreled punt gun  versus its single barreled cousins, as that  

    二重銃身のパントガンと一重銃身のパントガンの火薬装填量を比較して、その

  • much recoil was as likely to kill the hunter as  it was a dozen birds. With a reduced powder load,  

    そのため、反動でハンターが死んだり、鳥が1ダース死んだりすることもありました。火薬を減らした装填で。

  • the double-barreled punt gun actually proved to be  less effective than the single-barreled punt gun,  

    二重銃身のパントガンは、実際には一重銃身のパントガンよりも効果が低いことがわかった。

  • leading to a preference for the  traditional single-barreled punt gun.

    その結果、伝統的な単銃身のパントガンが好まれるようになりました。

  • Two barrels didn't work out, but if you  couldn't add more firepower directly to the gun,  

    2本の銃身はうまくいきませんでしたが、銃に直接火力を加えることができなければ

  • so as to kill more birds fasterthen maybe it was just a matter of  

    より多くの鳥をより早く殺すためには、もしかしたら

  • adding more guns. And that's exactly  what commercial hunters began to do,  

    銃の数を増やす。そして、それはまさに商業ハンターが始めたことでもある。

  • eventually setting up whole fleets of punt guns  that would cooperate in a single bird hunt.

    その結果、1つの鳥猟に協力するパントガンの艦隊を作ることになった。

  • Well, at this point, the term  hunt is being used quite loosely.  

    まあ、現時点では「狩り」という言葉はかなり曖昧に使われています。

  • Bird holocaust would be more like it.

    Bird holocaustと言った方がいいかもしれない。

  • To maximize carnage and profits, hunters would  simply attempt to kill an entire flock at once.  

    最大限の殺戮と利益を得るために、ハンターは一度にすべての群れを殺そうとするのだ。

  • With fleets of up to 10 punt guns, each boat would  silently move into position until the entire fleet  

    最大10門のパント砲を備えた船団は、各船が静かに定位置に移動し、船団全体が

  • effectively surrounded the flock of birds resting  on the water. Because there was no radio or walkie  

    水上で休息する鳥の群れを、効果的に取り囲むことができた。ラジオもトランシーバーもなかったので

  • talkies back then, the men would carefully  coordinate their firing with a pre-agreed  

    当時のトーキーは、男性が事前に打ち合わせをした上で、慎重に射撃の調整をしていました。

  • upon signal, so that the guns fired all at once  and thus give the birds no chance for escape.

    合図とともに銃が一斉に発射されたため、鳥は逃げることができませんでした。

  • First though, the birds would be encouraged to  fly, otherwise each punt gun would fire across  

    まず、鳥が飛ぶようにしないと、それぞれのパントガンが横に向かって発射されてしまいます。

  • the lake and at the boat opposite it. Once the  birds were in the air though, the carnage lasted  

    湖と対岸のボートを狙って。しかし、鳥が空を飛んだ後は、大混乱が続きました。

  • just a few seconds as the guns all fired in rapid  succession. Up to 500 ducks or geese could be  

    数秒のうちに銃が連射される。最大で500羽のアヒルやガチョウが

  • eradicated at once with this tactic- an entire  flock of birds and their bird wifes, their bird  

    この戦術で一度に根絶したのは、鳥の群れ全体とその鳥の妻、鳥の

  • children, their bird grandmas and grandpas. All  dead. Perforated by thousands of lead pellets.

    子供たち、その鳥のおばあちゃん、おじいちゃん。みんな死んだ。何千もの鉛の破片で穴が開いている。

  • Punt guns were only used by commercial hunterswhich severely limited any potential market for  

    パントガンは商業的なハンターにしか使用されていなかったため、潜在的な市場は非常に限られていました。

  • weapons manufacturers. Thus, they were never  officially supported by the weapons industry,  

    兵器メーカーからの支援は受けていない。そのため、兵器産業が公式にサポートすることはありませんでした。

  • which made repairing or finding spare parts for  punt guns incredibly difficult. Fixes would often  

    そのため、パントガンの修理やスペアパーツの入手が非常に困難でした。修理するにしても

  • have to be jerryrigged, with the hunters often  being their own punt gun mechanics and engineers.

    ハンターが自分のパントガンの整備士やエンジニアであることも多い。

  • However, the weapon was ultimately  doomed for a reason no other weapon  

    しかし、他の兵器にはない理由で、この兵器は最終的に運命付けられた。

  • has ever been banned for in historyit was simply too good at its job.

    歴史上、禁止されたことはないが、それは単にその仕事に適していたからだ。

  • Ladies got their hat feathers, and hungry  people got their duck and goose meat,  

    女性たちは帽子の羽を手に入れ、お腹をすかせた人々は鴨やガチョウの肉を手に入れた。

  • but within decades bird populations  began to plummet in the United States.  

    しかし、数十年のうちにアメリカでは鳥類の個体数が激減しました。

  • Punt guns were driving entire  species of birds to extinction,  

    パントガンは、鳥の種類を絶滅させていた。

  • with the hunters irrevocably destroying their  own livelihoods. And yet, commercial hunters  

    ハンターたちは、自分たちの生活を取り返しのつかないほど破壊している。それなのに商業ハンターは

  • fiercely resisted any attempt to make the use of  punt guns illegal, because of course they did.

    パントガンの使用を違法にしようとする動きには、当然ながら激しく抵抗しました。

  • The United States however eventually  passed legislation to outlaw the punt gun.  

    しかし、アメリカでは最終的にパントガンを禁止する法案が可決された。

  • The transportation of game across  state lines was made illegal in a  

    州境を越えてゲームを輸送することが違法になったのは

  • bid to crack down on commercial  hunting, and slowly but surely  

    商業的な狩猟を取り締まるための入札を行い、ゆっくりと、しかし確実に

  • legislation targeting the use of punt  guns themselves for hunting was passed.  

    パントガンそのものを狩猟に使用することを目的とした法律が成立しました。

  • Shortly after the complete banning of punt  guns, bird populations began to rebound.

    パントガンが全面的に禁止された直後から、鳥類の個体数は回復していきました。

  • Today punt guns are not technically illegal in  the United States, but it isn't legal to hunt  

    現在、アメリカではパントガンは厳密には違法ではありませんが、狩りをすることは合法ではありません

  • anything with them. One may keep a punt gun as  a collector's item, with 100 surviving punt guns  

    使ってみてください。パントガンはコレクターズアイテムとして残すこともあり、現存するパントガンは100丁

  • around the world today. In the United Kingdompunt guns are used in various ceremonies, thanks  

    は、現在も世界各地で使用されています。イギリスでは、様々な式典でパントガンが使われており、感謝

  • to a tradition started in 1897 by Queen VictoriaOn her Diamond Jubilee, the Queen requested a punt  

    1897年にヴィクトリア女王が始めた伝統に基づいています。 ダイヤモンド・ジュビリーの際、女王はパントを要請しました。

  • gun salute, rather than the traditional rifle  salute. Pleased with the thunderous cacophony  

    伝統的なライフル銃の敬礼ではなく、銃の敬礼です。雷鳴のような不協和音に満足して

  • of a dozen punt guns firing at once, the tradition  got picked up and spread amongst England's royals.

    のパント砲が一斉に発射されたことをきっかけに、イギリスの王族の間でその伝統が受け継がれ、広まっていきました。

  • Had the Nazis invaded the British isles, they  may have come face to face with the punt gun  

    もしナチスがイギリス諸島に侵攻していたら、パントガンと対面していたかもしれません。

  • themselves. In 1941, an Irish local defense force  unit was outfitted with various flintlock weapons,  

    を使用しています。1941年、アイルランドの地方防衛隊には、さまざまな火縄銃が装備されていた。

  • including a massive nine foot long punt gun. While  the first shot would've likely been terrifying  

    全長9フィートの巨大なパントガンを含む。一発目の銃声は恐ろしかったでしょうが

  • for the Nazis, the incredibly long and difficult  reload would've likely spelled doom for the Irish  

    ナチスのために、信じられないほど長くて難しいリロードは、アイルランド人にとっては破滅を意味したでしょう。

  • defenders. That and the fact that they were facing  off against automatic weapons with flintlocks.

    守備隊です。それに加えて、火打ち石を使った自動小銃を相手にしていたこともある。

  • As for the birds, they remember the  punt gun and the genocide it caused.  

    鳥については、パントガンとそれによる大虐殺を覚えています。

  • They remember as they watch. They  remember as they silently wait...

    彼らは見ながら覚えています。彼らは黙って待っている間に覚えています...

  • Now go watch weirdest weapons in the  world, or click this other video instead!

    さて、「世界で最も奇妙な武器」を見に行くか、代わりにこの他のビデオをクリックしてください。

Firearms make hunting a lot easier than it used to  

銃器のおかげで狩猟が昔よりずっと楽になった

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ハンター フィート 発射 狩猟 アヒル ガチョウ

12フィートのショットガン - 最もおかしな実在の武器 (12 Foot Shotgun - Craziest Real Weapons)

  • 4 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 20 日
動画の中の単語