Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The M14 rifle was a weapon designed in response to the massive firepower that could be wrought

    M14ライフルは、大火力を発揮するために開発された武器です。

  • upon by the Soviet's AK-47.

    ソ連のAK-47のように。

  • It also satisfied a desire by high level US commanders who wanted to replace the aging

    また、老朽化した日本軍に代わるものとして、米国の高級指揮官の要望にも応えています。

  • World War Two era weapons still in service by US troops in the mid-1950s.

    1950年代半ば、米軍が現役で使用していた第二次世界大戦時代の兵器。

  • The M-14, though designed to be the standard infantry rifle for generations to come, was

    M-14は、何世代にもわたって標準的な歩兵銃として設計されましたが、それは

  • soon overshadowed by developments in the M-16 rifle.

    その後、M-16ライフルが開発され、その影に隠れてしまいました。

  • Despite this, it still saw extensive combat use throughout the Vietnam war but as US troops

    それにもかかわらず、ベトナム戦争では、米軍の戦闘機として使用された。

  • would quickly find out, its unwieldy size and heavy, outdated design would make it difficult

    使ってみるとすぐにわかるのですが、扱いにくい大きさと重くて古くさいデザインのせいで

  • to operate in the humid, dense, jungles of Vietnam was not one of them.

    湿度が高く、鬱蒼としたベトナムのジャングルで活動することは、その一つではありませんでした。

  • However, even after its eventual replacement by the M16, the M14 was not forgotten.

    しかし、M16に取って代わられた後も、M14は忘れられることはなかった。

  • The rifle was still a favorite among some of the Vietnam War's top snipers such as

    このライフルは、今でもベトナム戦争のトップスナイパーである以下のような人々に愛用されている。

  • Carlos Hathcock and Chuck Mawhinney in addition to being used by the Navy and Coast Guard

    カルロス・ハスコック、チャック・モーヒニーのほか、海軍や沿岸警備隊でも使用されている。

  • riverine squadrons, Air Force security forces, and a reserve rifle with the Marines and Army

    川鉄砲隊、空軍の治安維持部隊、海兵隊や陸軍との予備ライフル

  • whenever shortages of M-16 rifles were felt.

    M-16ライフルが不足するたびに。

  • Additionally, variants of the rifle made a comeback in the 1990's because of their

    さらに、1990年代には、このライフルの亜種が復活しました。

  • relatively long range, and impressive stopping power.

    比較的長い射程距離を持ち、強力なストッピングパワーを発揮します。

  • So what was the secret behind the M14s long lasting success even though it had a relatively

    では、M14が比較的軽量であるにもかかわらず、長期間にわたって成功した秘訣は何だったのでしょうか。

  • short career as the standard issue weapon of the United States military?

    米軍の標準的な武器としての短いキャリア?

  • Let's find out.

    探ってみましょう。

  • The M14 was first conceived of in 1958.

    M14が最初に構想されたのは1958年。

  • At the time the government owned the Springfield Armory in Massachusetts where production of

    当時、政府はマサチューセッツ州にあるスプリングフィールド兵器工場を所有しており、そこでは以下のような製品が製造されていた。

  • the rifle began.

    のライフルが始まった。

  • The original plan was for the M14 to take the place of several different firearms that

    当初の計画では、M14は、いくつかの異なる銃器の代わりに

  • were being utilized by the United State military.

    は、米軍が活用していた。

  • When the M14 was first proposed the United States was using the M1 Garand, M1903 Springfield,

    M14が提案された当時、アメリカではM1ガランドやM1903スプリングフィールドが使われていた。

  • M1 carbine, M3 submachine gun, M1928 Thompson, and M1918 Browning automatic rifle, also known

    M1カービン、M3サブマシンガン、M1928トンプソン、M1918ブローニング自動小銃とも呼ばれています。

  • as the BAR.

    をBARとして使用しています。

  • The thought was that all of these guns could be replaced by one versatile rifle that could

    これらの銃をすべて、1つの汎用性の高いライフルに置き換えることができると考えたのです。

  • switch between semi-automatic and automatic firing modes.

    セミオートマチックとオートマチックの射撃モードを切り替えることができます。

  • By doing this the United States could mass produce the weapon and ramp up production

    そうすることで、アメリカはこの兵器を大量生産し、生産量を増やすことができる。

  • in a way that was fast and cost effective.

    を、迅速かつコスト効率の良い方法で実現しました。

  • Unfortunately, the manufacturing of the M14 was slow and tedious.

    残念ながら、M14の製造には時間と手間がかかった。

  • In the end there were many complaints from the soldiers who used it.

    結局、使った兵士からのクレームが多かった。

  • The M14 used a gas-operated firing system that was based off of the M1 and housed a

    M14は、M1をベースにしたガス作動式の射撃システムを採用し、その中には

  • cleaning kit in the butt of the gun just like its predecessor.

    前作同様、銃のお尻にクリーニングキットを搭載。

  • The M14 was also designed so that an M2 bayonet or M76 rifle grenade launcher attachment could

    また、M14は、M2銃剣やM76ライフルグレネードランチャーを装着できるように設計されています。

  • be mounted to it.

    が搭載されています。

  • The M14 could also be equipped with the M2 bipod, which was an important key feature

    M14は、M2バイポッドを装備することができ、これが重要なポイントとなりました。

  • necessary to improve the accuracy of the gun.

    銃の精度を上げるために必要な

  • The M14 was able to switch between semi-automatic and automatic firing modes.

    M14は、半自動と自動の射撃モードを切り替えることができた。

  • This meant that the rifle was versatile and could be used in many different combat situations,

    これにより、様々な戦闘状況に対応できる汎用性の高いライフルとなりました。

  • as long as it could be controlled.

    それをコントロールできる限り。

  • This is one of the reasons for making sure the rifle could be mounted with the M2 bipod.

    これが、M2バイポッドを装着できるようにした理由のひとつです。

  • The M14 used 7.62 mm rounds that could also be armor-piercing or tracers.

    M14は、徹甲弾やトレーサーにもなる7.62mm弾を使用していた。

  • The magazine of the rifle could hold 20 rounds, and the gun fired around 750 rounds per minute

    小銃のマガジンは20発入り、1分間に約750発を発射した。

  • on full auto.

    をフルオートで使用しています。

  • The rifle's muzzle velocity was 850 meters per second and had an effective range of 460

    ライフルの銃口速度は秒速850メートル、有効射程距離は460メートル。

  • meters.

    メートルになります。

  • This made the M14 one of the most accurate military rifles of the time at a distance,

    これにより、M14は当時の軍用ライフルの中で最も遠距離での精度が高いライフルとなった。

  • which is one reason there was a resurgence of M14 variations in the 80's and 90's.

    これが80年代から90年代にかけてM14のバリエーションが復活した理由のひとつです。

  • The gun itself weighed around 10.7 pounds when loaded, and for soldiers who opted for

    銃本体の重さは装填時で約10.7ポンド(約1.8kg)であり、これを選択した兵士は

  • the bipod an extra two pounds was added.

    バイポッドを装着すると、さらに2ポンドの重量増となります。

  • When it came off the production line the M14 was state of the art.

    生産ラインから出荷された時、M14は最先端の技術を駆使していた。

  • It was designed to be able to fight in city warfare in Europe and the wild terrain of

    ヨーロッパの市街戦や荒涼とした地形の中で戦えるように設計されており

  • Russia.

    ロシア。

  • Unfortunately for the M14—but luckily for all of humanitythe Cold War between the

    M14にとっては不幸なことだが、人類にとっては幸運なことに、日米間の冷戦が始まった。

  • United States and the Soviet Union never escalated into a direct conflict between the two nations.

    アメリカとソ連は、二国間の直接的な紛争に発展することはなかった。

  • Instead of finding themselves in cities and deciduous forests, U.S. soldiers were deployed

    米軍の兵士は、都市や落葉樹林にいるのではなく、配備されていた。

  • to the dense jungles of Vietnam, where long distance and city fighting was rare.

    密林の多いベトナムでは、遠距離戦や市街地での戦闘はほとんどありませんでした。

  • After fifteen years of development and production the M14 made its debut.

    15年の開発・製造期間を経て、M14はデビューした。

  • It was the standard issue rifle when Marines and Soldiers made their combat debut in Vietnam

    ベトナムで海兵隊や兵士が戦闘デビューしたときに標準装備されていたライフルです。

  • in 1965 and would dominate the battlefield for the next several years..

    1965年に発表され、その後の数年間、戦場を支配することになります。

  • However, because Secretary of Defense Robert McNamara opted to make the M16 the standard

    しかし、ロバート・マクナマラ国防長官がM16の標準化を選択したために

  • infantry rifle of the United States, it began to be gradually phased out of frontline service

    アメリカの歩兵銃は、徐々に第一線から姿を消していきました。

  • beginning with field test trials in 1967.

    1967年のフィールドテスト試験を皮切りに

  • By 1969, most M-14 rifles had been replaced and after 1970 they were rarely issued save

    1969年にはほとんどのM-14ライフルが交換され、1970年以降はほとんど支給されなくなりました。

  • for the exceptions noted earlier.

    ただし、先に述べたような例外があります。

  • Due to delays and problems in production, the roll out of the M14 was slow.

    生産の遅れや問題により、M14の展開は遅々として進まなかった。

  • The first and only unit in the United States Army to be completely equipped with the M14

    アメリカ陸軍で初めて、そして唯一、M14を完全装備した部隊。

  • was 101st Airborne Division in 1960.

    は、1960年に101st Airborne Division。

  • The Fleet Marine Force eventually switched from their standard issue M1s to the M14s

    艦隊海兵隊は最終的に、標準装備のM1からM14に切り替えた。

  • the following year.

    翌年のことです。

  • There were other problems with the M14 that eventually led to a halt of the gun's production

    M14には他にも問題があり、最終的には生産中止に追い込まれた。

  • in the 1960's.

    1960年代のことです。

  • Many of the issues with the earlier M14s had to do with quality control.

    初期のM14の問題の多くは、品質管理に関係していました。

  • The guns were being manufactured to be cost effective at the expense of reliable parts.

    信頼性の高い部品を犠牲にして、コストを抑えた銃を製造していたのだ。

  • This led to components frequently jamming or breaking in the gun.

    そのため、銃の中で部品が頻繁に詰まったり、壊れたりすることがありました。

  • The United States fixed several of the problems by giving the gun more resilient receivers,

    アメリカでは、銃に弾力性のあるレシーバーを与えることで、いくつかの問題点を解決した。

  • and having stricter quality controls on bolts and hardware used to construct the rifles.

    また、ライフルを製造するためのボルトやハードウェアの品質管理を強化しました。

  • Other problems did not have such an easy fix.

    他の問題は、このように簡単には解決しませんでした。

  • The accuracy of the M14 was not great during automatic firing.

    M14の自動射撃時の精度はあまり良くなかった。

  • The recoil was immense, causing the muzzle to move all over the place.

    反動が大きく、銃口があちこちに動く。

  • The bipod helped, but even when set up properly, the M14 was extremely difficult to control

    二脚は役に立ったが、正しくセットアップしても、M14をコントロールするのは非常に難しかった。

  • when firing in an automatic mode.

    オートマチックモードで撮影しているとき

  • In fact, the recoil was so bad when firing in automatic that troops in the field had

    実際、自動運転では反動がひどく、現場の隊員は

  • their own armorers make changes to the receiver to get the rifle to fire slower to make automatic

    彼らのアーマーは、自動小銃を作るためにレシーバーに変更を加え、ゆっくりと発射できるようにします。

  • fire more accurate and sustained.

    より正確で持続的な射撃ができるようになりました。

  • Later testing back in the United States showed that these modifications, though not as designed

    その後、アメリカでのテストでは、この改造は設計通りではなかったものの

  • but necessary for combat operations, proved that they could slow the firing rate by about

    戦闘時には必要だが、発射速度を約1.5倍に落とせることが証明された。

  • a third of what it had been designed for.

    設計時の3分の1になってしまいました。

  • There were also modified M14s developed during the war to serve as a squad's main automatic

    また、戦時中に開発された改良型M14もあり、分隊の主な自動小銃として使用された。

  • weapon for heavy firing.

    の武器を使用して、激しい射撃を行います。

  • One example of this was the M14A1, but its firepower proved disappointing, and the military

    その一例がM14A1だったのですが、その火力は期待外れで、軍部は

  • moved away from these designs for more reliable and powerful weapons.

    このような設計から脱却し、より信頼性の高い強力な兵器へと移行していった。

  • The M14 only served as the primary weapon for United States infantry for 7 years before

    M14がアメリカの歩兵の主要武器として活躍したのは7年前。

  • it was replaced by assault rifles such as the M16.

    その後、M16などのアサルトライフルに取って代わられました。

  • The M14 would have been perfect for a war fought in European cities or in Russia, but

    M14は、ヨーロッパの都市やロシアでの戦争には最適だったでしょうが

  • its large caliber and uncontrollable automatic fire was not optimal for the war in the Vietnam

    大口径でコントロールできない自動射撃は、ベトナム戦争には最適ではなかった。

  • jungle.

    jungleです。

  • The M14 was just too long and unwieldy in the dense vegetation.

    M14は長すぎて、鬱蒼とした植物の中では扱いにくい。

  • It's weight also severely slowed soldiers down.

    また、その重さは、兵士の動きを著しく鈍くする。

  • The gun ran into more problems with the humidity of the jungle than anything else.

    この銃は、何よりもジャングルの湿気に悩まされた。

  • The wooden stock of the M14 expanded in the wet, humid, jungle, causing the weapon to

    M14の木製ストックは、湿ったジャングルの中で膨張してしまい、武器の破損につながった。

  • lose its accuracy and control when in fully automatic mode.

    全自動モードでは、精度とコントロールが失われます。

  • Aiming the M14 in these conditions became next to impossible.

    このような状況では、M14の照準を合わせるのは不可能に近い。

  • Fiberglass stocks were eventually created for the M14, but at that point in the war,

    M14にはグラスファイバー製のストックが作られたが、その時点では戦争中。

  • it was too late since the gun was already being phased out of the United States' arsenal.

    しかし、すでにアメリカでは、この銃は使われなくなっていたので、遅かった。

  • All these problems actually led to many soldiers ditching their M14 rifles for the enemy AK-47s

    これらの問題のために、多くの兵士がM14ライフルを捨てて、敵のAK-47に移っていったのである。

  • that performed much better in the Vietnam jungle.

    は、ベトナムのジャングルの中で、より優れた性能を発揮しました。

  • Soldiers would literally take the enemy's guns and leave their standard issue rifles

    兵士たちは、文字通り敵の銃を奪い、標準装備のライフルを残していた。

  • on the battlefield.

    戦場で。

  • It wasn't until the M16 became standard issue that the U.S. soldiers kept the gun

    M16が標準装備されるようになってから、米軍兵士はこの銃を維持していた。

  • they were given by the military for combat in the jungle.

    ジャングルでの戦闘用に軍から与えられたものである。

  • (Delete this VO paragraph entirely since as noted in my video notes this might have happened

    (このVOの段落は、ビデオノートに書いてあるように、このようなことがあったかもしれないので、完全に削除する。

  • on rare occasions but was definitely not the norm since US troops would not want to be

    稀にはあるが、米軍はそのようなことを望んでいないので、通常のことではない。

  • accidentally mistaken for the enemy as well as issues with supply in regards to ammunition,

    誤って敵と間違えられたり、弾薬の供給に問題があったりした。

  • spare parts, and such.)

    スペアパーツなど)。)

  • Even though the M14 was almost completely replaced by the M16 during the Vietnam War,

    ベトナム戦争でM14はM16にほぼ完全に取って代わられたというのに。

  • the United States military was still fond of the rifle and decided to keep a limited

    アメリカ軍はこのライフルを気に入っていたので、限定的に販売することにしました。

  • number in its inventory after the end of the war for future use in long range, marksmanship

    終戦後には、長距離射撃のために在庫として保有していました。

  • rifles.

    のライフルです。

  • The basic M14 was modified to meet the needs of soldiers in combat situations outside of

    基本となるM14は、海外での戦闘時のニーズに合わせて改良されました。

  • the jungle.

    ジャングルの中で

  • Most of the variants were not utilized, but the evolution of the M14 over the years led

    ほとんどのバリエーションは活用されませんでしたが、長年にわたるM14の進化により

  • to certain weapons that are still being used in combat today.

    現在も戦闘で使われているある武器に

  • Modification of the M14 began with the creation of the M15.

    M14の改造は、M15の誕生から始まった。

  • This rifle never made it out of initial production, but it led to weapons that would eventually

    このライフルは初期生産には至らなかったが、その後の兵器につながっていった。

  • be used in combat.

    戦闘時に使用されます。

  • The initial differences between the two guns was that the M15s were equipped with a heavier

    この2つの銃の初期の違いは、M15にはより重い

  • barrel and stock than the M14s.

    バレルとストックはM14よりも優れています。

  • However, the military found that the M15 did not work any better than the original rifle,

    しかし、軍はM15がオリジナルのライフルよりも機能しないことを発見した。

  • and was therefore scrapped.

    となってしまい、スクラップになってしまいました。

  • The initial tests of the M15 did lead to a redesign of the M14 which included an improved

    M15の初期テストは、M14の再設計につながりました。

  • selector switch, hinged buttplate, and bipod to create a better version of the rifle.

    セレクタースイッチ、ヒンジ式バットプレート、バイポッドなど、より良いライフルを作るための工夫が凝らされています。

  • The next variation to the original M14 was the M14E2.

    初代M14の次のバリエーションがM14E2である。

  • This version of the gun was given a full pistol-gripped in-line stock.

    このバージョンでは、フルピストルグリップのインラインストックが与えられた。

  • This was done to reduce recoil and make firing the weapon in automatic mode more manageable.

    これは、反動を減らし、オートマチックモードでの発射をより扱いやすくするためのものです。

  • It helped, but only slightly.

    しかし、それはほんの少しだけでした。

  • The M14E2 also had a muzzle compensator and folding grip under the front stock.

    また、M14E2にはマズルコンペンセイターとフロントストック下のフォールディンググリップが装備されていた。

  • All of these auditions made the firing of the M14 on full automatic better, but it was

    これらのオーディションの結果、M14のフルオートでの射撃が良くなりましたが、それは

  • still hard to control and overheated quickly.

    それでもコントロールが難しく、すぐにオーバーヒートしてしまいました。

  • Plus the limited magazine size of 20-rounds did not make it an efficient choice for a

    さらに、20発という限られたマガジンサイズでは、効率の良い選択とは言えませんでした。

  • fully automatic support gun.

    フルオートサポートガン。

  • As it became more and more clear that the M14 would not be the weapon of choice for

    M14が日本では使われないことが明らかになってきました。

  • United States infantry soldiers, the military found ways to modify the gun for other purposes.

    アメリカの歩兵部隊は、この銃を他の用途のために改造する方法を見つけました。

  • An example of this was the M14 SMUD ,which stands for Stand-off Munition Disruption.

    その一例が、M14 SMUD(Stand-off Munition Disruption)である。

  • This M14 model was used by soldiers specializing in the disposal of explosive ordinance.

    爆発物の処理を専門とする兵士が使用したM14モデル。

  • They would use the M14 SMUD to safely destroy unexploded mines and bombs from a distance.

    M14 SMUDを使って、遠くから不発の地雷や爆弾を安全に破壊するのだ。

  • Basically this gun was the standard issue M14, but with a scope on it.

    基本的にこの銃は標準的なM14だが、スコープが付いていた。

  • After the scope was mounted on the M14 more and more variations of the weapon started

    M14にスコープが搭載された後、M14のバリエーションがどんどん増えていった。

  • to be designed.

    を設計しています。

  • The original concept for the gun was solid, and its larger bullets and longer range made

    元々の銃のコンセプトがしっかりしていたこともあり、弾の大きさや射程距離の長さから

  • it more versatile for combat situations outside of the Vietnamese jungle.

    これにより、ベトナムのジャングル以外での戦闘にも対応できるようになりました。

  • Eventually as technology got better the design of the M14 was improved upon, and the components

    その後、技術の向上に伴い、M14のデザインは改良され、部品は

  • that made up the rifle were swapped out for better state of the art parts.

    ライフルを構成していた部品は、より優れた最新の部品に交換されました。

  • This led to designs such as the Mk14 Enhanced Battle Rifle.

    その結果、Mk14エンハンスド・バトル・ライフルのようなデザインが生まれました。

  • The Mk14 was designed specifically for tactical missions.

    Mk14は戦術的な任務に特化して設計された。

  • The rifle included an 18-inch barrel and retractable stock.

    このライフルには18インチの銃身とリトラクタブル・ストックが付いていた。

  • This version of the M14 also had more rails for accessories to allow soldiers to customize

    このバージョンのM14は、アクセサリー用のレールが増え、兵士がカスタマイズできるようになりました。

  • their weapon.

    自分の武器。

  • The M14 Tactical built on the upgraded Mk14 EBM design.

    M14タクティカルは、Mk14 EBMの設計を改良したものです。

  • It used the same stock as its predecessor, but was equipped with a 22-inch barrel and

    前任者と同じストックを使用していたが、22インチのバレルを装備し

  • a Smith Enterprise muzzle brake.

    スミス・エンタープライズ社製のマズルブレーキです。

  • The rifle was adopted by the U.S. Coast Guard who found its range and fire power optimal

    アメリカの沿岸警備隊に採用され、その射程距離と火力の最適さが評価されました。

  • for their operations.

    を使っています。

  • The M14 was continually modified, and parts of the gun were upgraded or incorporated into

    M14は継続的に改良され、銃の一部がアップグレードされたり、組み込まれたりしている。

  • other weapons, most often sniper rifles.

    他の武器(主にスナイパーライフル)を使用します。

  • The M14 was an excellent starting point for the United States military to build off of.

    M14は、米軍が構築するための優れた出発点だった。

  • Powerful rifles such as the M39 Enhanced Marksman Rifle and M89SR Model 89 Sniper Rifle were

    M39エンハンスド・マークスマン・ライフルやM89SRモデル89スナイパー・ライフルなどの強力なライフルが

  • designed through heavily modifying the M14 in the 1980's.

    1980年代にM14を大幅に改造して設計されました。

  • The AWC G2A, M21, and M25 sniper rifles were constructed in the 90's and 2000's using

    AWCのG2A、M21、M25スナイパーライフルは、90年代から2000年代にかけて製作された。

  • the M14 design as a base, and modifying it into several different variants.

    M14のデザインをベースにして、いくつかの異なるバリエーションに変更しました。

  • Today the M14 is still in use by the United States military.

    M14は現在も米軍で使用されている。

  • In fact, it can be found in all four main branches.

    実際には、4つの主要な枝のすべてに見られます。

  • It is mostly used for training and non-combat situations, but the M14's successors are

    訓練や非戦闘時に使用されることがほとんどですが、M14の後継機は

  • sometimes used as sniper rifles in the field.

    狙撃銃として使用されることもあります。

  • The M14 is commonly seen in ceremonies conducted by the honor guards, color guards, and drill

    M14は、儀仗兵、カラーガード、ドリルガードなどが行う式典でよく見られます。

  • teams.

    のチームがあります。

  • Even though the rifle was retired as the standard issue weapon for the armed forces before it

    このライフルは、それ以前に軍隊の標準装備武器として引退していたにもかかわらず

  • saw much combat, the M14 still had a solid design, which the military used for several

    M14は多くの戦闘を経験しましたが、堅実な設計で、軍は何度も使用しました。

  • decades.

    数十年。

  • Now watchThe Evolution of the M16 Rifle.”

    それでは、"The Evolution of the M16 Rifle "をご覧ください。

  • Or check outTop 10 Best Military Rifles Around the World.”

    または、"Top 10 Best Military Rifles Around the World "をご覧ください。

The M14 rifle was a weapon designed in response to the massive firepower that could be wrought

M14ライフルは、大火力を発揮するために開発された武器です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ライフル 戦闘 設計 ベトナム 射撃 米軍

ベトナム戦争の武器、M14ライフルの解説 (The M14 Rifle Vietnam War Weapon - Explained)

  • 8 1
    Summer に公開 2021 年 07 月 18 日
動画の中の単語