Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Tourists from hell: we know the type.

    地獄からの観光客:このタイプを知っています。

  • The girl who gets drunk, and then throws up on an ancient monument.

    酔っぱらって、古代遺跡に吐いてしまう女の子。

  • The guy who screams Englishspeak english!” to a local who doesn't speak the language.

    言葉の通じない現地の人に「speak english!」と英語を叫んでいる人。

  • Any and all bachelor and bachelorette parties that go abroad.

    海外で行われるあらゆるバチェラー、バチェラーパーティー。

  • There are many tourists from hell.

    地獄からの観光客も多い。

  • But none of them can hold a candle to today's subject, a tourist who hit the road to...kill

    しかし、そのどれもが、今日のテーマである、旅に出て...殺しをした旅行者にはかなわない。

  • other tourists.

    他の観光客にも

  • That's right, this is the strange story of John Martin Scripps, a man who took vacations

    そう、これは休暇を取っていたジョン・マーティン・スクリプスの奇妙な物語である。

  • to kill people.

    人を殺すために。

  • John Martin Scripps was born in 1959 in Letchworth, Hertfordshire - the most UK-sounding town

    ジョン・マーティン・スクリプスは、1959年にハートフォードシャー州レッチワースで生まれました - 英国で最も音の大きい町です

  • name we've ever heard.

    今まで聞いたことのないような名前です。

  • He grew up traveling frequently, often along with his father, who was a truck driver.

    トラックの運転手だった父と一緒に、頻繁に旅をしながら育った。

  • When Scripps was nine, his father committed suicide though, and things understandably

    しかし、スクリプスが9歳の時に父親が自殺してしまったため、当然のことながら

  • started to go downhill from there.

    そこから先は下り坂になります。

  • Scripps eventually dropped out of school as a teenager and started traveling the world,

    スクリップスは10代で学校を中退し、世界を旅するようになった。

  • doing odd jobs here and there to stay afloat financially.

    経済的に困らないように、あちこちで雑用をこなしていた。

  • He was, in some ways, the original nomadic traveler influencer.

    彼はある意味、元祖ノマディック・トラベラーのインフルエンサーと言えるでしょう。

  • Except his vacations featured less flowy dresses and Photoshopped Instagram pics, and more

    ただし、彼の休暇は、ふわふわのドレスやフォトショップで加工されたインスタグラムの写真ではなく、もっと

  • felonies.

    の重罪を犯しています。

  • He was first found guilty of a crime in May of 1974, when he was just 15.

    彼が初めて罪を犯したのは1974年5月、まだ15歳の時だった。

  • Scripps was charged with burglary, but since he was a minor, he was given a conditional

    スクリプスは強盗罪で起訴されましたが、未成年者だったため、条件付きで

  • discharge.

    排出しています。

  • This meant he would only be imprisoned if he committed another crime in the following

    これにより、次のような別の犯罪を犯した場合にのみ、投獄されることになった。

  • twelve month period.

    12ヶ月間です。

  • Scripps, clearly playing chicken with the justice system, would proceed to commit three

    Scripps社は、明らかに司法制度とのチキンレースをしているかのように、次の3つの行為を行った。

  • more thefts in the next two years.

    今後2年間で、より多くの盗難が発生することが予想されます。

  • For the rest of his non-incarcerated life, Scripps lived the life of a vagabond.

    投獄されていない残りの人生で、スクリプスは放浪者のような生活を送った。

  • He roamed around the world, and even ended up getting married to a local girl from Cancun

    世界中を放浪し、最後にはカンクンの現地女性と結婚した。

  • when he was just 21 years old.

    21歳という若さでの出来事だった。

  • His wife, Maria Pilar Arellanos, joined him on the road, and they lived the #vanlife for

    妻のマリア・ピラール・アレリャノスも一緒に旅に出て、二人で「#vanlife」の生活を送りました。

  • two years.

    2年です。

  • Up until Scripps, unable to stay away from a good crime, was sentenced to three years

    善良な犯罪者から離れられないスクリプスが3年の刑に処されるまでは

  • in jail for theft, burglary, and resisting arrest.

    窃盗、強盗、逮捕時の抵抗などの罪で刑務所に収監されました。

  • This broke up the happy wandering couple, as Maria apparently prefered a husband who

    これにより、幸せな放浪者のカップルは別れてしまいましたが、マリアは次のような夫を望んでいたようです。

  • wasn't in prison.

    は刑務所にいなかった。

  • When Scripps was released, he still had his travel bug, in addition to a good solid knowledge

    解放されたスクリプスは、しっかりとした知識に加えて、まだ旅のバグを持っていた。

  • of criminal activities.

    犯罪行為の

  • So what more logical way to support his wanderlust than trafficking heroin between Asia and Europe?

    アジアとヨーロッパの間でヘロインを密売することが、彼の放浪の旅を支える最も論理的な方法である。

  • Unfortunately, Scripps had once again conveniently ignored the fact that things like trafficking

    残念ながら、スクリプス社はまたしても人身売買などの事実を都合よく無視していました。

  • drugs will get you - that's right! - arrested.

    薬物はあなたを - その通り!- が逮捕されました。

  • He was searched in Heathrow Airport and found to be carrying way too much heroin for airport

    ヒースロー空港で検査を受けた彼は、空港に持ち込めないほど大量のヘロインを持っていたことが判明。

  • security's liking.

    セキュリティの好みに合わせて

  • After his stash was found, Scripps was thrown in jail in various places around the UK.

    彼の隠し場所が見つかった後、スクリプスはイギリス各地の刑務所に入れられた。

  • Scripps then managed to escape.

    その後、Scrippsはなんとか逃げ出した。

  • Twice.

    2回

  • Duringhome leave”, where he got to leave prison, visit home, and was expected to return

    ホーム・リーブ」と呼ばれる、刑務所を出て自宅を訪問し、戻ってくることが期待される期間。

  • when his time was up.

    自分の時間が終わると

  • Who could have seen that coming?

    誰がそれを予想できただろうか?

  • His own mother told prison authorities, “the Home Office have buried their head in the

    彼の実母は、刑務所当局に「内務省は頭を埋めてしまった。

  • sand over this.

    この上に砂をかける。

  • They know full well that if they had done what I told them, none of this would have

    私の言うとおりにしていれば、こんなことにはならなかったと、彼らはよく知っています。

  • ever happened.

    が起こった。

  • I begged them not to let him go”.

    私は、「彼を行かせないでくれ」と懇願した。

  • Of course, she did give him 200 pounds to help him escape abroad after his last prison

    もちろん、最後に刑務所に入った後、海外に脱出するために200ポンドを渡しています。

  • break; she was, after all, still his mother.

    彼女はまだ彼の母親である。

  • But when someone's own mother is begging the warden to keep her kid locked up...maybe

    しかし、自分の母親が自分の子供を監禁してくれと所長に懇願しているとなると...もしかしたら

  • that's a sign that they really shouldn't be allowed out on a prison field trip.

    それは、刑務所の遠足に参加させてはいけないということです。

  • Scripps' escape abroad, under the fake name Simon James Davis, would prove his mother

    ScrippsがSimon James Davisという偽名で海外に逃亡したことは、彼の母親が

  • right, and the entire UK prison system deeply flawed.

    そして、英国の刑務所システム全体にも大きな欠陥があることを示しています。

  • No one knows what clicked in Scripps' mind to send him on a serial killing spree, but

    何がきっかけでスクリプスが連続殺人に走ったのかは誰にもわかりませんが

  • the training he received while locked up definitely didn't help.

    監禁されていた時に受けた訓練が役に立たなかったのは確かだ。

  • Of all possible duties and assignments they could have given Scripps, they made him...a

    スクリップスに与えられた可能性のある職務や任務の中で、彼らは彼を......。

  • butcher.

    ブッチャーです。

  • That's right, he was put to work under a former butcher-turned-prison inmate in the

    そう、彼は元肉屋で刑務所に入っていた人の下で働くことになったのです。

  • kitchen.

    のキッチンです。

  • The ex-butcher taught him how to dismember and remove the bones from animals.

    元肉屋が、動物の解体や骨の取り方を教えてくれたのだ。

  • Which...would turn out to be knowledge Scripps unfortunately put to use in the real world.

    それが、残念ながらスクリプス社の知識として、実社会で活用されることになるのです。

  • Scripps committed the first confirmed murder in his old drug running stomping grounds:

    スクリップスは、彼の昔の麻薬取引の本拠地で、初めて確認された殺人を犯した。

  • Singapore.

    シンガポールです。

  • On March 8, 1995, Scripps decided to hang around Singapore Changi Airport.

    1995年3月8日、スクリプスはシンガポール・チャンギ空港をぶらぶらすることにした。

  • He approached a solo male traveler by the name of Gerard Lowe, a chemical engineer who

    一人で旅をしている男性、化学エンジニアのジェラルド・ロウに声をかけた。

  • had just arrived from Johannesburg, South Africa, on a business trip.

    南アフリカのヨハネスブルグから出張で来たばかりだった。

  • As serial killer true crime series have taught us - but as is rarely true in real life - Scripps

    連続殺人犯の実録シリーズが教えてくれたこと - しかし、現実にはほとんどありません - Scripps

  • must have been quite the charming murderer.

    は、かなり魅力的な殺人者だったに違いない。

  • We don't know how, as at this point we would like to remind you that Scripps frequently

    私たちはその方法を知りませんが、この時点で、Scrippsが頻繁に

  • walked around like this:

    は、このように歩いていました。

  • After chatting with Lowe for a time, he somehow convinced the engineer to split a hotel room.

    ロウとしばらく話をした後、彼は何とかエンジニアを説得してホテルの部屋を分けてもらった。

  • [spoken in a rapid, announcer-y type voice] Just a quick PSA from us here at The Infographics

    [The Infographicsからのお知らせです。

  • Show: please don't book hotel rooms with random strangers that approach you at airports.

    ショー:空港で声をかけてきた見知らぬ人にホテルの部屋を予約しないでください。

  • It seldom ends well.

    滅多に良い結果にはならない。

  • The two men booked a room at River View Hotel.

    2人はRiver View Hotelの部屋を予約した。

  • The next day, on March 9, Scripps went down to the front desk to request that Lowe's

    翌日の3月9日、スクリプスはフロントデスクに行き、ロウズに

  • name be taken off the reservation.

    の名前が予約外になる。

  • Why?

    なぜ?

  • Scripps said he had kicked Lowe out due to his being homosexual.

    スクリップス社は、ロウが同性愛者であることを理由に追い出したと言っていた。

  • The actual reason Scripps requested the name removal was quite different.

    Scripps社が名前の削除を要求した実際の理由は、まったく異なるものだった。

  • See, the previous night, Scripps had immobilized Lowe with an electroshock weapon, killed him

    前日の夜、スクリプスは電気ショックでロウを動けなくし、殺してしまったのだ。

  • with hammer strikes to the head, and then proceeded to cut him up in the hotel room

    ハンマーで頭を殴り、ホテルの部屋で切り刻んだ。

  • bathroom.

    のバスルームです。

  • We told you he'd soon be using those butcher skills.

    彼はすぐにその肉屋の技術を使うだろうと言っていた。

  • This technically means Scripps and Lowe weren't sharing the room or the reservation anymore,

    厳密に言えば、スクリプスとロウはもう部屋も予約も共有していなかったことになる。

  • as Lowe was in pieces.

    ロウがバラバラになっていたので

  • However, Scripps apparently also needed a couple of days for disposal, clean-up, and

    しかし、スクリプス社では、廃棄や清掃のために2、3日必要だったようです。

  • perhaps just to gloat in the room where he had committed a horrific murder.

    それは、自分が恐ろしい殺人を犯した部屋でほくそ笑むためだったのかもしれない。

  • Because Scripps didn't check out until two days later, on March 11.

    なぜなら、スクリプスがチェックアウトしたのは2日後の3月11日だったからだ。

  • On March 13, some very unlucky passerby walking close to Clifford Pier found a plastic bag.

    3月13日、クリフォード・ピアの近くを歩いていた不運な通行人が、ビニール袋を見つけました。

  • The nauseating sight that awaited them when they opened the bag was a pair of human legs,

    袋を開けたときに待ち受けていたのは、人間の足という吐き気を催す光景だった。

  • cut off at the knees.

    膝の部分でカットされています。

  • Authorities would also eventually find a pair of thighs and a torso, though never the rest

    その後、大腿部と胴体が発見されたが、残りの部分は発見されなかった。

  • of the victim.

    犠牲者の

  • Since Lowe's wife filed a missing persons report for him after not hearing from her

    ロウの妻が音信不通で失踪届を出して以来

  • husband for a few days and not seeing him return on his scheduled flight back, they

    夫が数日滞在した後、予定していた帰国便で戻ってこないことから

  • connected the dots...and the body...to Gerard Lowe.

    ジェラード・ロウの点と体がつながった。

  • Scripps would go on to make this strange way of approaching and killing victims his own

    スクリプスは、この奇妙な方法で被害者に近づき、殺すことを自分のものにしたのである。

  • personal M.O.

    パーソナルM.O.

  • Not even a week would pass until his next murder.

    次の殺人まで1週間もない。

  • Scripps' next stop was in Thailand.

    スクリプスの次の目的地はタイだった。

  • Though most people go for the food, the beaches, and the Full Moon Parties, Scripps decided

    多くの人は食べ物やビーチ、フルムーンパーティーを目当てに訪れますが、Scrippsが決めた

  • to partake in a little recreational homicide instead.

    その代わりに、ちょっとしたレクリエーションとしての殺人に参加してみてはいかがでしょうか。

  • This time, he didn't even wait to get to the airport.

    今回は、空港に着くのも待たずに。

  • He met Sheila Mae Damude and her son Darin Jon Damude, Canadian citizens, on the plane

    カナダ人のシーラ・メイ・ダムデさんとその息子のダリン・ジョン・ダムデさんとは、飛行機の中で知り合いました。

  • to Phuket.

    からプーケットへ。

  • He befriended them during the flight, and when he found out that they were staying at

    飛行中に彼らと仲良くなり、彼らがホテルに滞在していることを知った。

  • Nilly's Marina Inn on Patong Beach - surprise! - he was going to the same hotel.

    パトン・ビーチのニリーズ・マリーナ・イン - 驚いたことに!- 驚いたことに、彼は同じホテルに行っていたのだ。

  • Staying in the room next to theirs, in fact.

    実は、彼らの隣の部屋に泊まっている。

  • On March 16, the Damudes woke up in this beachfront paradise, ate an early breakfast….and were

    3月16日、Damudes夫妻はこのビーチフロントのパラダイスで目を覚まし、早めの朝食を食べました....。

  • never seen again.

    二度と見られない。

  • At around 11 AM the same day, Scripps went down to reception and asked to be switched

    同じ日の午前11時頃、スクリプスは受付に行って、切り替えをお願いした。

  • to the Damudes' room, as they had unexpectedly left the hotel, and he would take care of

    急にホテルを出たので、ダムデスの部屋に行って、彼が世話をすることになった。

  • their bill.

    彼らの法案

  • Inexplicably, the receptionist made this switch without checking if the Damudes were in fact

    不可解なことに、受付担当者はダムドが実際に存在するかどうかを確認することなく、この切り替えを行った。

  • still there, or even alive.

    まだそこにいる、いや、生きている。

  • True to form, Scripps hung around the hotel in Thailand for a few days, finally departing

    例に漏れず、スクリプスは数日間、タイのホテルに滞在し、最後に出発した。

  • on March 19.

    を3月19日に発表しました。

  • Most criminals immediately flee the scene of a murder, but not Scripps - he apparently

    ほとんどの犯罪者は殺人現場からすぐに逃げ出すが、スクリプスだけは違ったようだ。

  • needed some downtime right after killing people.

    人を殺した後には、ちょっとした休息が必要だった。

  • Right after he left, authorities found the skulls of the Damudes in an old tin mine,

    彼が去った直後、当局は古い錫の鉱山でダムデスたちの頭蓋骨を発見した。

  • and various body parts belonging to Sheila Damude a few days later on Bahn Nai Trang

    その数日後、バーン・ナイ・トランでシーラ・ダムードの体の一部を発見。

  • Road, 6 miles (9.7 kilometers) away.

    ロード、6マイル(9.7キロ)離れています。

  • Those three murders are Scripps' confirmed kills; the ones he was eventually charged

    この3つの殺人は、スクリプスが確認した殺人であり、最終的に彼が起訴されたものである。

  • with in the Singapore courts.

    シンガポールの法廷では

  • However, police suspect that those are far from his only murders.

    しかし、警察は、これらの事件が彼の唯一の殺人事件ではないと考えている。

  • London-based financial adviser Timothy MacDowall was on vacation on an island off Belize in

    ロンドン在住のファイナンシャル・アドバイザー、ティモシー・マクドウォールは、ベリーズ沖の島で休暇を過ごしていました。

  • the early months of 1995, when he made the mistake of teaming up with a new travel buddy

    1995年の初め、彼は新しい旅行仲間とチームを組むというミスを犯してしまった。

  • to go take scuba diving lessons.

    と言って、スキューバダイビングのレッスンを受けに行きました。

  • We'll let you guess who this new friend was.

    この新しい友人が誰なのかは、皆さんの想像にお任せします。

  • Though MacDowall was - surprise surprise - never heard from again, his bank account got suspiciously

    驚くべきことに、MacDowallは二度と音信不通になってしまったが、彼の銀行口座には不審な点があった。

  • active, specifically with a £21,000 transfer to an account in San Francisco held by Scripps.

    特に、スクリプス社が保有するサンフランシスコの口座に21,000ポンドを送金したことで、活発な活動を行いました。

  • MacDowall's body parts weren't found for months, and by that time, Scripps was already

    マクドウォールの遺体の一部が発見されたのは数ヶ月後で、その時にはスクリプス社はすでに

  • in Changi prison for his other murders.

    他の殺人事件でチャンギ刑務所に収監されている。

  • He refused to be cooperate with Scotland Yard so detectives never got to the bottom of MacDowall's

    彼はスコットランドヤードへの協力を拒否したため、刑事たちはマクドウォールの真相を知ることができなかった。

  • murder.

    の殺人事件です。

  • Accountant William Shackel also had the unfortunate luck to run into Scripps while on vacation

    会計士のWilliam Shackel氏も、休暇中にScripps氏に遭遇するという不運に見舞われた。

  • in Cancun, Mexico.

    メキシコ・カンクンにて。

  • Once again, Scripps' was never officially found guilty for his murder, but he was in

    繰り返しになりますが、スクリプスの方は、彼の殺人について正式に有罪とされることはありませんでしたが、彼は

  • Cancun at the time, and Shackel disappeared right after £4,000 of his travelers' cheques

    当時、カンクンにいたシャッケルは、彼のトラベラーズチェック4,000ポンドを受け取った直後に姿を消した。

  • were cashed.

    がキャッシュされました。

  • Scripps also used Gerard Lowe's credit card to withdraw large sums of money, so the motives

    ScrippsはGerard Loweのクレジットカードを使って大金を引き出していたこともあり、動機は

  • for the homicides seemed at least partly financial.

    殺人事件の原因は、少なくとも金銭的なものであると思われます。

  • Eventually, as one might expect after he committed multiple homicides and then hung around his

    最終的には、複数の殺人を犯した後、予想されるように、彼の周りには

  • victims' hotel rooms for days, using their credit cards and transferring money from their

    被害者のホテルの部屋に何日も滞在し、クレジットカードを使用したり、被害者の部屋からお金を送金したりしました。

  • account, Scripps was caught.

    のアカウントを持っていることを確認した。

  • Police apprehended him on March 19, 1995, as he arrived at Changi Airport in Singapore.

    1995年3月19日、シンガポールのチャンギ空港に到着した彼を警察が逮捕した。

  • Helpfully for the local police, Scripps was carrying around an incredible mountain of

    地元の警察にとってはありがたいことに、スクリプスは信じられないほどの山を持ち歩いていた。

  • evidence against him.

    彼に不利な証拠だ。

  • His possessions included: two British passports issued to Simon Davis - his alias - and perhaps

    彼の所持品は、偽名のサイモン・デイビスに発行された2冊の英国パスポートと、おそらく

  • more damningly, Sheila Damude's and Gerard Lowe's credit cards, the two Canadian passports

    さらに、シーラ・ダムドとジェラルド・ロウのクレジットカードと、2つのカナダのパスポートが、より強力な証拠となる。

  • of Sheila and Darin Damude, and Lowe's South African passport.

    シーラさんとダリン・ダムデさんのパスポートと、ロウさんの南アフリカのパスポート。

  • To further cement the case against him, Scripps was also carrying his murder weapons!

    さらに、スクリプスは凶器も持っていた。

  • A 3.3 pound (1.5 kg) hammer, a Z-Force III electroshock weapon to immobilize his victims,

    3.3ポンド(1.5kg)のハンマー、被害者を固定するための電気ショックの武器「Z-Force III」。

  • a can of mace, handcuffs, thumbcuffs, foldable knives, and Swiss army knives.

    メース缶、手錠、サムカフ、折りたたみ式ナイフ、スイスアーミーナイフ。

  • Meanwhile, last time you went through TSA, they took away your moisturizer and nail clipper.

    一方、前回TSAを通過した際には、保湿剤と爪切りを取り上げられましたね。

  • After Scripps' arrest, a district court decided that there was more than enough evidence

    スクリプトの逮捕後、地裁は十分な証拠があると判断した。

  • to proceed with a murder trial.

    殺人事件の裁判を進めるために

  • In addition to Scripps having conveniently carried all the evidence against him on his

    また、スクリプスは、自分に不利な証拠をすべて都合よく持ち歩いていた。

  • person, 39 witnesses also provided testimony placing him with Gerard Lowe.

    また、39人の目撃者が、Gerard Lowe氏との関係を証言しています。

  • It may be obvious by this point, but Scripps had very little wiggle room to escape a conviction.

    この時点で明らかになるかもしれないが、スクリプス社には有罪判決を免れるための余裕はほとんどなかった。

  • He tried to present a self-defense case, stating that Lowe had made homosexual advances towards

    彼は、ロウが同性愛者に声をかけていたと、正当防衛を主張しました。

  • him in the hotel bed, and when Scripps declined them, Lowe had initially thrown the hammer

    ホテルのベッドの中で彼に会い、スクリプスがそれを断ると、ロウは最初、ハンマーを投げていた。

  • at him, after which Scripps retaliated by striking a blow to Lowe.

    これに対し、スクリプスはロウに一撃を加えて報復した。

  • He further stated, “I may have worked in the butchery, but cutting up a human body

    さらに、「屠殺場で働いていたかもしれないが、人間の体を切るのは

  • is another thing”.

    は別物」ということです。

  • To no one's surprise, the statement about cutting up humans feeling different than cutting

    驚いたことに、人間を切り刻むことは、切り刻むこととは違うと感じているという発言がありました。

  • up meat didn't really convince the jury of his innocence, as Scripps was clearly hoping

    陪審員を納得させることはできなかったが、Scripps社は明らかに彼の無実を願っていた。

  • it would.

    だろうと思います。

  • The Singapore courts sentenced him to death by hanging, and though Scripps' mother protested

    シンガポールの裁判所は彼に絞首刑の判決を下し、スクリップスの母親は抗議したが

  • the sentence, no other activists or groups jumped in to defend him, and the British government,

    判決を受けても、他の活動家や団体が彼を擁護するために飛び込んでくることはなく、イギリス政府は

  • clearly not wanting to be associated with Scripps, declined to make a plea for clemency.

    また、スクリプス社との関わりを持ちたくないとの思いから、恩赦の嘆願もしなかった。

  • On April 19, 1996, just over a year after his traveling killing spree, John Martin Scripps

    1996年4月19日、ジョン・マーティン・スクリプスは、旅先での殺人事件から1年以上が経過していた。

  • was hanged in Singapore's Changi prison.

    は、シンガポールのチャンギ刑務所で絞首刑になりました。

  • This made Scripps the first Briton to be executed in Singapore since its 1959 independence from

    1959年にシンガポールが独立して以来、シンガポールで処刑された最初の英国人となりました。

  • colonial rule.

    植民地支配。

  • Though Scripp was executed for Lowe's murder, the police investigating the Damudes' homicides

    ロウ殺害の罪でスクリップは死刑になったが、ダムデスたちの殺人事件を捜査していた警察は

  • closed the file on the day of his execution, deciding that the case was effectively finished.

    死刑執行の日に、この事件は事実上終了したと判断してファイルを閉じた。

  • To this day, authorities around the world, and even Scripps' ex-wife Maria, remain

    今日に至るまで、世界中の当局、そしてスクリプスの元妻マリアでさえもが

  • unsure as to just how many travelers may have fallen victim to the serial killer's predations.

    何人の旅行者がシリアルキラーの被害に遭ったのかはわからない。

  • After learning the story of the Tourist From Hell Serial Killer, hopefully you don't

    ツーリスト・フロム・ヘル・シリアル・キラー」のストーリーを知った後、できれば、あなたは

  • feel as annoyed at your hostel bunkmate snoring loudly three feet away from you.

    ホステルの同室の人が3フィート先で大きなイビキをかいていると、とても腹が立ちます。

  • Remember, there are much worse tourists out there.

    もっとひどい観光客がいることを忘れないでください。

  • What's the worst thing you've encountered on your travels?

    旅先で遭遇した最悪の出来事とは?

  • Comm ent below, and in the meantime, check out this video over here, or this other story

    また、こちらのビデオや、こちらの記事もご覧ください。

  • on The Infographics Show!

    The Infographics Showに出演しました。

Tourists from hell: we know the type.

地獄からの観光客:このタイプを知っています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロウ 殺人 刑務 シンガポール ホテル 部屋

旅行中のシリアルキラー-観光客にとっては最悪の悪夢 (Traveling Serial Killer - Tourists Worst Nightmare)

  • 13 3
    Summer に公開 2021 年 07 月 17 日
動画の中の単語