Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You're a soldier in the trenches of the Western Front in the Great War.

    あなたは第一次世界大戦の西部戦線の塹壕にいる兵士です。

  • You and your unit are keeping your eyes peeled for any sign of enemy soldiers, but you seem

    あなたとあなたの部隊は、敵兵の気配に目を光らせていますが、あなたはまるで

  • to be clear to advance.

    を明確にして進めていきます。

  • Suddenly, there's a sound of a bang - but it's not the familiar sound of bullets.

    突然、ドーンという音がしたが、それは見慣れた銃弾の音ではない。

  • It's different, and before you can react you see the trench filling with smoke.

    違和感があり、反応する前にトレンチが煙で満たされているのが見えた。

  • But this isn't a simple visual hazard to make your advance more difficult.

    しかし、これは単純に視覚的な障害で前進を困難にするものではありません。

  • It's a deadly weapon - and this gas may turn your trench into a tomb.

    このガスは致命的な武器であり、あなたのトレンチを墓場に変えてしまうかもしれません。

  • How did it come to this?

    どうしてこんなことになってしまったのか。

  • For ages, war was simple - the armies would charge at each other, and the side with more

    昔の戦争は、軍同士が突撃して、より多くの軍を持っている側が勝つという単純なものでした。

  • manpower or tactical skill would win on the battlefield.

    戦場では人力も戦術も勝てない。

  • Sure, there were X-factors - like large animal mounts, familiar terrain, or even a wooden

    確かに、大きな動物のマウントや慣れ親しんだ地形、あるいは木製のものなど、Xファクターはありました。

  • horse disguising the enemy soldiers - but for the most part, armies knew what to expect

    しかし、ほとんどの場合、軍隊は何が起こるかを知っていました。

  • when it came to war.

    戦争になると

  • That changed in the 16th and 17th centuries as gunpowder became more widely available,

    それが16世紀から17世紀にかけて、火薬が普及したことで変わった。

  • and suddenly wars were more likely to be determined by the quality of one's weapons.

    と、突然、武器の良し悪しで戦争が決まるようになりました。

  • Killing from a distance became easier, and a well-armed platoon could take a weaker army

    遠くから殺すことが容易になり、十分に武装した小隊が弱い軍隊を倒すことができるようになりました。

  • by surprise and end the battle quickly.

    不意を突かれても、すぐに戦いを終わらせることができます。

  • The arms race was on - and it was about to turn deadly.

    軍拡競争が始まっていたが、それは致命的なものになろうとしていた。

  • Chemical weapons weren't a new idea, but until the 19th century they were rudimentary

    化学兵器は新しいアイデアではありませんでしたが、19世紀までは初歩的なものでした

  • at best.

    が最高です。

  • Evidence of a battle site in the Syrian desert found evidence of chemical residue and sulfur

    シリアの砂漠にある戦闘現場で化学物質の残留物や硫黄の証拠が発見される

  • crystals indicating that toxic sulfur dioxide may have been used as a trap for Roman soldiers

    毒性のある二酸化硫黄がローマ兵のトラップとして使われていた可能性を示す結晶

  • invading the fortress.

    砦に侵入する。

  • The combination of pitch and sulfur would be lit, and create a cloud that would quickly

    ピッチと硫黄の組み合わせに火をつけて雲を作り、すぐに

  • knock out the invading army.

    侵攻してきた軍隊をノックアウトする。

  • But the industrial age would change everything.

    しかし、工業化時代がすべてを変えてしまう。

  • Small and large wars broke out around the world in the 19th century, and many nations

    19世紀には世界各地で大小の戦争が勃発し、多くの国が

  • were seeking an edge, sensing that something larger was right around the corner.

    は、より大きなものがすぐそこにあることを感じながら、優位性を求めていた。

  • Many scientists, encouraged by their military leadership, began developing ways to mass-produce

    多くの科学者は、軍の指導者に促されて、大量生産の方法を開発し始めました。

  • deadly weapons that could asphyxiate or poison their enemies.

    敵を窒息させたり、毒殺したりするような殺傷能力のある武器。

  • The reaction was swift - and the world was horrified.

    その反応は迅速で、世界は恐怖に包まれた。

  • While international law was still in its early phases and it was long before the United Nations

    国際法がまだ初期段階にあり、国連が設立されるずっと前のことでした。

  • existed, a large group of national leaders met in The Hague, Netherlands in 1899 and

    存在していましたが、1899年にオランダのハーグで各国の指導者が大集合して

  • 1907 to outline laws that would govern warfare.

    1907年には、戦争を規定する法律の概要が発表されました。

  • Among other decisions, they outlawed the use of poison or poisoned weapons in combat.

    その中で、戦闘時に毒や毒入りの武器を使用することを禁止した。

  • A third conference was scheduled for 1914.

    1914年には3回目の会議が予定されている。

  • It would never happen.

    そんなことはあり得ない。

  • Tensions in Europe had been rising for a while, but they would explode in 1914 when Gavrilo

    ヨーロッパの緊張はしばらく続いていましたが、1914年にはガヴリロの登場で爆発的に高まりました。

  • Princip, a radical nationalist from Serbia, assassinated the heir to the Austro-Hungarian

    セルビアの過激な民族主義者であるプリンチプは、オーストリア・ハンガリー帝国の後継者を暗殺しました。

  • throne.

    の王冠です。

  • A war broke out between the two nations, quickly joined by Germany, and it soon swept across

    日米間の戦争が勃発し、そこにドイツが加わり、戦争の火蓋は切って落とされた。

  • the continent.

    大陸の

  • Great Britain, France, and Russia led one side, while Germany and Austria-Hungary led

    イギリス、フランス、ロシアが一方を、ドイツ、オーストリア・ハンガリーが他方をリードしていた。

  • the other, and the United States was eventually brought into the conflict several years in

    そして、数年後にはアメリカも参戦することになりました。

  • by a series of sea attacks and diplomatic controversies.

    一連の海難事故と外交上の論争によって。

  • It would be one of the largest and bloodiest wars in history, killing over twenty million

    史上最大級の血なまぐさい戦争となり、2000万人以上の死者を出した。

  • people total and leading to the mobilization of seventy million soldiers.

    総勢7,000万人の兵士を動員することになった。

  • It would come to be known asthe war to end all wars.”

    これは、「すべての戦争を終わらせるための戦争」と呼ばれるようになる。

  • It would also be the war that led to the most significant use of chemical weapons in history.

    また、歴史上最も大きな化学兵器の使用につながった戦争でもある。

  • The use of gas weapons in the war began quickly, only months after war broke out, but the first

    戦争におけるガス兵器の使用は、戦争が始まってからわずか数ヶ月という早い時期に始まりましたが、最初の

  • ones used were anything but deadly.

    使われているものは、致命的なものではなかった。

  • France was the first country to experiment with gas, but their choice of tear gas didn't

    フランスは最初にガスを使った実験を行いましたが、その際に選んだ催涙ガスは

  • have the impact they wanted.

    は、彼らが望んだ通りのインパクトを与えてくれました。

  • The ethyl bromoacetate grenades dispersed quickly in the open air and were little more

    酢酸エチルの手榴弾は、野外ではすぐに分散してしまい、ただの

  • than an annoyance to the German soldiers.

    ドイツ兵にとっては迷惑な話でしかなかった。

  • When the Germans tried their own chemical irritants months later, the results were the

    数ヶ月後、ドイツ人が独自の化学刺激剤を試したところ、結果は次のようになりました。

  • same - and the British troops were far more worried about the bullets.

    同じく、イギリス軍は銃弾の方をはるかに心配していた。

  • These basic weapons weren't considered a violation of any treaties.

    これらの基本兵器は、条約違反とはみなされなかった。

  • But that was about to change.

    しかし、それが変わることになる。

  • It was 1915 when Germany deployed their next chemical weapon - a massive quantity of tear

    ドイツが次の化学兵器を投入したのは1915年のことで、大量の催涙剤が使われました。

  • gas made from xylyl bromide.

    臭化キシリルから作られたガス。

  • It targeted Russian troops near Warsaw, but they hadn't accounted for one thing - it

    ワルシャワ近郊のロシア軍をターゲットにしていたが、彼らは一つのことを考慮していなかった - それは

  • was the dead of winter, and the gas didn't vaporize.

    が真冬だったこともあり、ガスが気化しなかったのだ。

  • It froze, and had no impact on the troops.

    フリーズしてしまい、部隊への影響はありませんでした。

  • The use of tear gas became a dead end in the war, and the Germans turned their attention

    催涙ガスの使用は、戦争の行き詰まりを感じさせ、ドイツ軍はその関心を

  • to other - more deadly - chemicals.

    その結果、より致命的な化学物質が発生することになります。

  • It wouldn't be long before they found lethal success.

    彼らが致命的な成功を収めるのは、そう遠いことではないだろう。

  • Chlorine has long been a dangerous gas, albeit one with a lot of uses.

    塩素は古くから危険なガスであるが、その用途は多岐にわたる。

  • It's used in keeping pools clean among other jobs, but every container on it comes with

    プールの清掃などに使われますが、すべての容器には以下のものが付いています。

  • a host of warnings - it's a dangerous irritant that can cause damage to the eyes, throat,

    目やのどにダメージを与える危険な刺激物であることを示す警告が表示されます。

  • and lungs if it makes contact.

    と接触した場合には肺にも影響を与えます。

  • When turned into a gas, it can even cause respiratory distress and asphyxiation if it's

    ガスになると、呼吸困難や窒息の原因にもなります。

  • concentrated enough.

    が十分に濃縮されています。

  • German companies produced chlorine as a by-product of creating industrial dyes, and they were

    ドイツの企業は、工業用の染料を作る際の副産物として塩素を生産しており、それを

  • soon put to work weaponizing it for the German army.

    その結果、ドイツ軍の兵器として採用されることになった。

  • It wasn't long before the first successful chemical attack of WW1 would take place.

    第1次世界大戦で初めて成功した化学兵器による攻撃が行われるまでには、そう長い時間はかからなかった。

  • Although historians differ on the date, what is known is that Major Karl von Zigler observed

    歴史的には異なるが、カール・フォン・ジグラー少佐が、次のように観察したことがわかっている。

  • a chlorine gas attack on British troops, and it was a world of difference between that

    イギリス軍への塩素ガス攻撃とは天と地ほどの差がありました。

  • and the earlier tear gas attacks.

    と、先の催涙弾攻撃のこと。

  • This gas was potent, and it reportedly killed 140 English officers.

    このガスは強力なもので、イギリス人将校140人が死亡したと言われている。

  • While von Zigler was reporting a great success, even he was shocked at what he saw - referring

    フォン・ジグラーは大成功の報告をしていたが、彼も自分が見たものにショックを受けていた。

  • to it as a horrible weapon.

    を、恐ろしい武器として使用していました。

  • No one is sure why this gas was so deadly, but some suspect it may have been a hybrid

    このガスがなぜ致命的だったのかは定かではありませんが、ハイブリッドだったのではないかと言われています。

  • of Chlorine and another gas.

    塩素と他のガスの

  • The arsenal of chemical weapons would soon expand terribly.

    化学兵器の武器庫は、すぐに恐ろしく拡大する。

  • By April 22nd, 1915, chlorine gas was a regular weapon of the German troops.

    1915年4月22日には、塩素ガスはドイツ軍の常備兵器となっていた。

  • The next brutal attack came when 168 tons of the gas was turned into a massive cloud

    次の残酷な攻撃は、168トンのガスが大規模な雲になったときに行われました。

  • targeting French Colonial troops from Martinique and Algeria.

    マルティニークやアルジェリアのフランス植民地軍をターゲットにしています。

  • As the gigantic greyish-green cloud floated towards the soldiers, they panicked, abandoning

    巨大な灰緑色の雲が兵士に向かって流れてくると、兵士たちはパニックに陥り、見捨ててしまいました。

  • their posts and creating a massive gap in the Allied line.

    連合軍のラインに大きなギャップを作ってしまったのです。

  • There was only one problem - the German troops were hesitant to advance into it as well.

    ただ一つ問題があったのは、ドイツ軍もそこに進出することを躊躇していたことだ。

  • And that was the double-edged sword of chemical warfare - it didn't recognize your military

    それが化学兵器の諸刃の剣で、軍備を認めない。

  • colors.

    の色を使用しています。

  • It killed everyone equally.

    みんなを平等に殺した。

  • Chemical weapons were starting to define the war - and the other armies began to respond.

    化学兵器が戦争を左右するようになり、他の軍もそれに対応するようになった。

  • The first step was the nations opposing Germany issuing a formal condemnation of the attacks,

    その第一歩として、ドイツに対抗する国々が正式な非難声明を発表しました。

  • claiming they violated international law.

    国際法に違反していると主張しています。

  • But Germany had a unique defense - the treaties only banned the use of chemical weapons in

    しかし、ドイツは独自の防衛手段を持っていました。条約では化学兵器の使用が禁止されているのは

  • shells or other weapons, but there was nothing regulating their use as a gas.

    砲弾などの武器はあっても、ガスとしての使用を規制するものはなかった。

  • The Germans continued deploying gas regularly, including in a massive attack in Russia that

    ドイツ軍はその後も定期的にガスを投入し、その中にはロシアでの大規模な攻撃も含まれていました。

  • led to over a thousand fatalities.

    は、1000人以上の死者を出しました。

  • This led to Russia opening its own division to study the mass delivery of chemical weapons.

    これをきっかけに、ロシアは化学兵器の大量運搬を研究する部門を独自に開設しました。

  • But was there a way to neutralize this new deadly weapon?

    しかし、この新たな凶器を無力化する方法はあるのだろうか?

  • It soon became clear that the ones who were overcome by poison gas were the ones who tried

    毒ガスに倒されたのは、毒ガスを吸おうとした人たちであることがすぐにわかった。

  • to escape.

    を脱出することができます。

  • Moving made the effects of the gas worse, and the higher they stood, the less they were

    動くとガスの影響がひどくなり、高い位置に立つほど

  • affected.

    の影響を受けています。

  • The gas was denser near the ground, and it didn't take much to minimize the effects.

    地面に近いところではガスの密度が高く、影響を最小限に抑えるためにはそれほど苦労しませんでした。

  • Chlorine gas was a potent irritant but not hard to defend against.

    塩素ガスは強力な刺激物であるが、防御するのは難しくない。

  • Because it was visible as it approached, troops were taught to find high ground, cover their

    近づいてくるのが見えたので、部隊は高台を見つけて身を隠すように教えられました。

  • mouth and nose, and protect their eyes.

    口と鼻、そして目を保護します。

  • It was even found that using urine to wet the cloth might be more effective since the

    尿で布を濡らした方が、より効果的ではないかとも考えられています。

  • compound urea reacted with chlorine and weakened it.

    化合物の尿素が塩素と反応して弱くなった。

  • Effective, if not appealing.

    魅力的ではないが、効果的である。

  • But poison gas wouldn't stay on the German side - and it wouldn't remain as easy to

    しかし、毒ガスはドイツ側にとどまることはないだろうし、簡単には

  • neutralize.

    を中和します。

  • When German forces refused to stop deploying the weapons in violation of the treaties,

    ドイツ軍が条約に反して兵器の配備をやめようとしなかったとき。

  • the British quickly started developing their own Chlorine gas.

    英国はすぐに独自の塩素ガスの開発に着手した。

  • Their initial attempt at deploying it was foiled by the win, even blowing it back on

    最初に展開しようとしたときには、勝利のために失敗し、それを吹き返したこともありました。

  • them at times, and the flannel gas masks they used to protect themselves weren't effective.

    時にはフランネル製のガスマスクで身を守っていたが、効果はなかった。

  • The Germans were then able to shoot at the unused cylinders of chlorine, releasing it

    そして、ドイツ軍は使われていない塩素のボンベを撃って、塩素を放出したのです。

  • against the British.

    イギリスに対して

  • Chlorine was the first to be deployed, but it wouldn't be the most deadly.

    塩素は最初に投入されたが、最も致命的なものではないだろう。

  • It was 1915 when French chemists introduced phosgene to the world.

    フランスの化学者がホスゲンを世に送り出したのは1915年のことだった。

  • This was created in 1812 by synthesizing carbon monoxide and chlorine with sunlight, and it

    これは1812年に一酸化炭素と塩素を太陽光で合成して作られたものであり

  • had a few advantages over chlorine gas.

    は、塩素ガスに比べていくつかの利点があった。

  • For one thing, it had a less distinct smell - described somewhat like moldy hay.

    ひとつは、カビの生えた干し草のような独特の匂いがしないこと。

  • Second, it was actively poisonous.

    2つ目は、積極的に毒を持っていたこと。

  • Its effects aren't apparent like chlorine, and its poison levels are lower than many

    塩素のようにはっきりとした効果はなく、毒の量も多くはありません。

  • deadly gases - but it can cause people to develop a pulmonary edema, resulting in a

    致死性のガスですが、人によっては肺水腫を起こし、その結果

  • potentially fatal reaction hours after the facts.

    事実の数時間後には、致命的な反応が起こる可能性があります。

  • When combined with chlorine gas, it became a deadly weapon.

    塩素ガスと組み合わせれば凶器になる。

  • It would soon be produced by all of Germany, France, the UK, and the United States.

    すぐにドイツ、フランス、イギリス、アメリカのすべての国で生産されることになった。

  • But it was 1917 when the deadliest gas would enter the fray.

    しかし、致命的なガスが戦場に登場するのは、1917年のことだった。

  • It was known as mustard gas, but it was anything but a tasty topping for hot dogs.

    マスタードガスと呼ばれていましたが、ホットドッグのトッピングとしては美味しくないものでした。

  • A sulfur-based compound, it had a yellowish-brown tinge and its odor resembles mustard and horseradish.

    硫黄系の化合物で、黄褐色を帯びており、匂いはマスタードやワサビに似ている。

  • Unlike chlorine, it was deployed in a fine mist rather than a gas, and its effects were

    塩素とは異なり、気体ではなく微細な霧状で展開され、その効果は

  • horrible.

    horrible

  • While it could be fatal in high enough levels, for those who were exposed the pain would

    高濃度であれば死に至る可能性もありますが、被爆した人にとっては苦痛でしかありません。

  • be extreme.

    が極端になる。

  • Their skin would blister, their eyes would become painful and hard to open, and it would

    皮膚は水ぶくれになり、目は痛くて開けられなくなり、そして

  • cause uncontrolled vomiting.

    制御不能の嘔吐を引き起こす。

  • If it settled in the lungs, it would attack the bronchial tubes and cause internal bleeding.

    肺に定着すると、気管支を攻撃して内出血を起こします。

  • For those who were injured fatally, they could linger for weeks in agonizing pain.

    致命的な傷を負った人は、何週間も苦しい痛みに耐えなければならない。

  • But like all chemical weapons, it had its drawbacks.

    しかし、他の化学兵器と同様、欠点もあった。

  • Mustard gas would settle to the ground as an oily liquid, but it didn't disperse quickly,

    マスタードガスは油状の液体として地面に沈むが、すぐには拡散しない。

  • and an army that used it would then have to advance into the same area they had gassed.

    それを使った軍隊は、ガスを撒いた同じ地域に進まなければならない。

  • Mustard gas was so potent that the German army chose to saturate the area they attacked

    マスタード・ガスは非常に強力で、ドイツ軍は攻撃した地域を飽和状態にすることを選んだ。

  • with it rather than mount a conventional attack, letting the enemy forces retreat rather than

    通常の攻撃ではなく、敵軍を後退させてから攻撃します。

  • moving on them.

    と言っていました。

  • It wouldn't be long before the allied forces took on this deadly new weapon as well.

    連合軍がこの致命的な新兵器に挑むのも、そう遠いことではないだろう。

  • The United States even started developing a deadlier gas named Lewisite - but it wasn't

    アメリカでは、より強力なガスである「ルイサイト」の開発にも着手していたが、それは

  • deployed in the First World War because hostilities came to an end in November 1918.

    1918年11月に戦争が終結し、第一次世界大戦に投入されました。

  • And when both sides looked at what these new weapons had done, they were horrified.

    そして、この新兵器がもたらした結果を見て、双方は愕然とした。

  • In total, these poison gases and chemical weapons had claimed a total of 1.3 million

    これらの毒ガスや化学兵器によって、合計で130万人の犠牲者が出ました。

  • casualties.

    の犠牲者が出た。

  • But by the end of the war, armies were using protective gear to minimize its effects, and

    しかし、戦争末期には、軍が防護服を使ってその影響を最小限に抑えていたこともあり

  • it had become more of a brutal accent to the fighting than a game-changing weapon.

    それは、ゲームを変える武器というよりも、戦闘の残酷なアクセントとなっていた。

  • While the hostilities between world powers were over, these same world powers started

    世界の大国間の敵対関係が終わった後、同じ世界の大国が

  • using chemical weapons in various colonial conflicts - where the opposing armies usually

    様々な植民地紛争で化学兵器が使用されていますが、相手の軍隊は通常

  • didn't have the resources to defend themselves.

    は、自分を守るための資源を持っていませんでした。

  • This horrified the public when details got out, and momentum started to build against

    これが世間に知れ渡ると、世間は恐怖に陥り、反対運動が起こりました。

  • poison gas once again.

    毒ガスが再び発生した。

  • But would it stick?

    しかし、それが定着するかどうか。

  • In 1925, most of the First World War nations had signed the Geneva Protocol, an expanded

    1925年には、第一次世界大戦中のほとんどの国がジュネーブ議定書に署名しており、その内容は拡大されていました。

  • ban on all poison weapons that closed the loophole that allowed the use of poison gas

    毒ガスの使用を可能にしていた抜け道を塞いだ毒物兵器の全面禁止。

  • clouds.

    の雲です。

  • It also included all liquids, materials, or devices that were equivalent to the gases.

    また、ガスに相当するすべての液体、材料、装置も含まれていました。

  • However, some nations - including the United States - did not officially sign it until

    しかし、米国をはじめとするいくつかの国では、正式に署名するのは

  • the 1970s.

    1970年代には

  • It seemed like the mass use of chemical weapons was over.

    化学兵器の大量使用は終わったように思えた。

  • But it would soon be seriously tested.

    しかし、それがすぐに試されることになる。

  • It would only be a few decades before war enveloped the world again - this one even

    その後、数十年を経て、再び戦争が世界を覆うことになった。

  • bigger and deadlier.

    より大きく、より殺伐としたものに。

  • The nations, many of whom had been involved in both global conflicts, quickly stockpiled

    両国の紛争に巻き込まれた国の多くは、すぐに備蓄を始めました。

  • chemical weapons, but there were only isolated uses in China and Ethiopia, and an accidental

    化学兵器は、中国とエチオピアで単独使用されただけで、偶発的な

  • mustard gas bombing of Warsaw in 1942.

    1942年にワルシャワで行われたマスタードガスによる爆撃。

  • While mustard gas in particular was stockpiled, it's likely every nation was waiting for

    特にマスタードガスは備蓄されていましたが、どの国でも、この日を待っていたと思われます。

  • someone else to use it first - but few did, and the arms race of chemical weapons didn't

    誰かが先に使ってしまうのではないかと思いましたが、そうする人は少なく、化学兵器の軍拡競争は起こりませんでした。

  • get out of control again.

    が、再び制御不能に陥る。

  • It seemed like the horrible poison gas wars of the First World War had put this terrible

    第一次世界大戦の毒ガス戦の恐ろしさが、このような恐ろしい事態を招いたように思えた。

  • weapon on the shelf.

    棚の上の武器。

  • Of course, that didn't mean a far deadlier arms race wasn't about to begin

    もちろん、それだけではなく、はるかに命がけの軍拡競争が始まろうとしていたのだが......。

  • For more on that terrible weapon, check out “50 Facts About Nuclear Weapons You Didn't

    その恐ろしい兵器については、「50 Facts About Nuclear Weapons You'd't Not」をご覧ください。

  • Know”, or watch this video instead.

    または、このビデオをご覧ください。

You're a soldier in the trenches of the Western Front in the Great War.

あなたは第一次世界大戦の西部戦線の塹壕にいる兵士です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ガス 塩素 ドイツ 戦争 致命 武器

第一次世界大戦の毒ガス - 大量破壊兵器 (Poison Gas in World War 1 - Weapons of Mass Destruction)

  • 36 2
    Summer に公開 2021 年 07 月 17 日
動画の中の単語