Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • An old man looks out from his home in Wales, thinking about his life.

    ウェールズの自宅から外を眺めながら、自分の人生について考えている老人がいる。

  • At this age, it's easy to look back on a lifetime of adventures.

    この年齢になると、一生分の冒険を振り返ることができます。

  • But his life may have been a bit more adventurous than most.

    しかし、彼の人生は他の人よりも少し冒険的だったかもしれない。

  • At one point, it involved three continents and a daring mission that made nearly him

    ある時は、3つの大陸を股にかけ、大胆なミッションを遂行して、ほとんどの人が

  • an international incident.

    国際的な事件である。

  • And it all started back in 1965.

    そのきっかけは1965年に遡る。

  • Brian Robson was a 19-year-old lad from Cardiff when he decided to embark on an adventure

    ブライアン・ロブソンは、カーディフに住む19歳の青年で、冒険に出ることを決意した。

  • halfway across the world.

    地球の裏側まで

  • Victorian Railways was offering an assisted immigration program in Australia for those

    ビクトリアン・レイルウェイは、オーストラリアへの移民支援プログラムを提供していました。

  • who wanted to work there, but there was one catch - once you signed on, the Australian

    働いてみたいと思う人がいたのですが、1つだけ難点がありました。

  • government paid your way there and you committed to spending two years in the country.

    国がお金を出してくれて、2年間の滞在を約束してくれました。

  • But Australia didn't live up to the hype for Brian, he was staying in a dingy hostel

    しかし、オーストラリアはブライアンにとって誇大広告には及ばず、彼は薄暗いホステルに滞在していた。

  • filled with rats, and he soon became deeply homesick.

    ネズミがいっぱいで、すぐにホームシックになってしまった。

  • He would give anything to return home to Wales, but to quit early he would have to pay the

    ウェールズに帰るためには何でもするが、早く辞めるためにはお金を払わなければならない。

  • government 800 pounds back and then pay his own way home.

    政府は800ポンドを返して、自分の帰り道は自分で払うことにした。

  • And Brian was flat broke.

    そして、ブライアンは一文無しだった。

  • With a salary of only thirty pounds a month, he wasn't earning his way out of Australia

    給料は月に30ポンド(約1,000円)しかなく、オーストラリアから脱出するための資金を稼ぐことはできなかった。

  • early.

    の早い段階で。

  • He was quickly becoming desperate, and that led him to a risky move - stowing away on

    その結果、彼は危険を冒してまでも、日本に戻ってきました。

  • a cargo ship out of Melbourne.

    メルボルンからの貨物船。

  • This was a common tactic, and the crew knew to look.

    これは一般的な戦術であり、クルーは見ることを知っていた。

  • Brian was quickly caught and sentenced to three months in jail.

    ブライアンはすぐに捕まり、3ヶ月の懲役を言い渡された。

  • He turned 19 in an Australian cell and was more determined than ever to make his way

    オーストラリアの独房で19歳になった彼は、これまで以上に自分の道を切り開こうと決意した。

  • back to Great Britain.

    イギリスに戻る。

  • And inspiration struck when he was looking at an advertisement.

    そして、広告を見ていてひらめいたのです。

  • Pickfords, a moving company, had advertised its ability to ship large weights.

    引越し業者のピックフォード社は、大きな重量物を輸送できることを宣伝していた。

  • They boasted that they could move anything anywhere - and Mr. Robson realized that he

    彼らは「何でもどこでも動かせる」と豪語していたが、ロブソン氏はそれを実感していた。

  • was something.

    は何かあった。

  • But he couldn't very well put himself in a box and get himself to the airport - that

    しかし、彼は自分を箱に入れて空港に行くことはとてもできない。

  • would involve a lot of flipping the box over, and would probably arouse some attention,

    そのためには、箱を何度もひっくり返す必要があり、注目を浴びることになるでしょう。

  • because Brian didn't live in a cartoon.

    ブライアンはアニメの中で生きていないからだ。

  • Fortunately, while he might have been lonely in Australia, he wasn't totally alone.

    幸いなことに、彼はオーストラリアでは孤独だったかもしれないが、まったくの孤独ではなかった。

  • He had made a few friends while working for Victoria Railways.

    ビクトリア鉄道に勤務していた時に、数人の友人ができた。

  • Like a pair of Irishmen named Paul and John, who were skeptical about Brian's crazy plan.

    例えば、アイルランド人のポールとジョンというペアは、ブライアンのクレイジーな計画に懐疑的だった。

  • After all, they were about to commit international shipping fraud.

    結局、彼らは国際的な船積み詐欺をしようとしていたのだ。

  • John was quickly sold on the idea, but Paul was skeptical.

    ジョンはすぐにその気になったが、ポールは半信半疑だった。

  • Brian agreed to keep their names out of it if he was caught, and the plan was on.

    ブライアンは、自分が捕まっても二人の名前を出さないことに同意し、計画はスタートした。

  • First step - buy a crate.

    最初のステップ-クレートを買う

  • They needed one that was big enough for Brian to survive, but not so big it would arouse

    ブライアンが生きていけるだけの大きさが必要で、かつ刺激にならないような大きさが必要だった。

  • attention.

    の注目を集めました。

  • They chose a model that was around the size of a small refrigerator - just big enough

    選んだモデルは、小型冷蔵庫程度の大きさで、ちょうどいい大きさ。

  • for Brian to crouch in without even being able to stand up, and to bring a small suitcase

    ブライアンが立ち上がることもできずにしゃがみこんでしまい、小さなスーツケースを持ってくるために

  • with essential supplies.

    必要な物資を

  • He would bring a pillow, a flashlight, a book, a water bottle, a bottle to pee in, and a

    彼は、枕、懐中電灯、本、水筒、おしっこをするためのボトルを持ってくると

  • hammer to open the box from the inside.

    ハンマーで内側から箱を開ける。

  • But there was one thing he wouldn't bring.

    しかし、一つだけ持っていかないものがあった。

  • The journey would take Brian from Melbourne to London.

    ブライアンは、メルボルンからロンドンまでの旅をすることになる。

  • And while he would be hydrated, Brian intended to abstain from eating for the duration of

    水分補給をしながら、ブライアンはこの期間中、食事をしないつもりだった。

  • his journey - an extreme fast that most people would never contemplate.

    彼の旅は、普通の人には考えられないような極端な断食でした。

  • But there was a good reason for that - few things could make staying in a box for an

    しかし、それにはちゃんとした理由があって、1年間箱の中で過ごすことができるものは少ない。

  • extended period worse than needing to go number two.

    2番にしなければならないことよりも、期間延長の方が悪い。

  • Finally, the day was here - and there was no turning back.

    ついにその日が来た。もう後戻りはできない。

  • Brian packed himself in the crate with his supplies, and Paul and John sealed it up.

    ブライアンは木箱の中に自分の物資を詰め込み、ポールとジョンがそれを封印した。

  • A truck was called, and the box was loaded on labeled as a mainframe computer.

    トラックが呼ばれ、メインフレーム・コンピューターと書かれた箱が積まれていた。

  • This was large and heavy enough that no one would think twice about inspecting it, and

    これは、誰もが点検しようと思わないような大きさと重さであり

  • it would also make it likely to be treated more gently as a valuable item - in theory.

    また、理論的には、貴重なアイテムとしてより穏やかに扱われる可能性が高くなります。

  • While the box had been labeledThis Side Up”, there was no guarantee that the workers

    箱には "This Side Up "と書かれていましたが、その箱に入っていた人たちが、その箱の中に入っていたという保証はありませんでした。

  • at the airports would care about that.

    空港では、そのことを気にしています。

  • But Brian's journey was about to take a terrifying twist.

    しかし、ブライアンの旅は恐るべき展開を見せようとしていた。

  • The crate was loaded on the plane, but Brian had no way of knowing that the freight airline

    その木箱は飛行機に積まれたが、ブライアンは貨物航空会社のことを知る由もない。

  • had made a potentially fatal decision.

    致命的な決断だった。

  • The plane was too full, and they re-routed his crate to a connecting flight to Sydney.

    飛行機が満席だったため、彼のクレートはシドニーへの乗り継ぎ便に変更されました。

  • He was loaded on and off the plane, and then to a connecting flight.

    彼は飛行機に乗せられたり、降りたりして、乗り継ぎ便へ。

  • What was supposed to be a thirty-six hour flight was about to get a lot longer, and

    36時間のフライトのはずが、かなり長くなってしまいました。

  • that wasn't the only wrinkle.

    シワはそれだけではありませんでした。

  • As soon as he spent a few hours in the crate, his body started to cramp up and he found

    クレートの中で数時間過ごした途端、体が痙攣してしまい、気がつけば

  • himself in agonizing pain.

    そして、自分自身を苦しめることになった。

  • And as soon as he arrived in Sydney, a careless worker flipped the crate upside down and left

    そして、シドニーに到着するやいなや、不注意な作業員が木箱を逆さまにして置いていった。

  • it in holding.

    それを保持しています。

  • Brian's discomfort was about to become a battle to survive.

    ブライアンの違和感は、生き残りをかけた戦いになろうとしていた。

  • From the moment Brian was placed in the cargo hold, the oxygen in the box started to decrease.

    ブライアンが貨物室に入れられた瞬間から、箱の中の酸素が減り始めたのである。

  • He found it increasingly hard to breathe.

    徐々に息苦しくなってきた。

  • After all, cargo planes weren't designed for human cargo.

    そもそも貨物機は人間を乗せるためのものではないのだ。

  • But as soon as the crate was flipped upside down, Brian found himself in much worse shape.

    しかし、木箱を逆さにした途端、ブライアンはもっとひどい状態になってしまった。

  • Unable to flip himself over, he was putting a lot of pressure on his neck and head, and

    体を反転させることができず、首や頭に力が入っていたために

  • soon found himself lightheaded with all the blood rushing to his head.

    しかし、すぐに頭に血が上ってきて、ふらふらになってしまった。

  • His head started throbbing, and he found himself blacking out.

    頭がズキズキしてきて、気がつくとブラックアウトしていた。

  • If he had been left in that position much longer, it could have been fatal - but thankfully

    あのまま放置されていたら、命に関わることもあったかもしれませんが、幸いにも

  • the next airport worker flipped the box over properly.

    次の空港の職員は、その箱をきちんと裏返した。

  • It was time for the next leg of Brian's journey - with a surprise at the end.

    ブライアンの次の旅は、最後にサプライズが待っている。

  • Brian soon realized it had been much longer than thirty-six hours, and he still hadn't

    ブライアンはすぐに、36時間をはるかに超える時間が経過していることに気づいた。

  • apparently been unloaded at his destination.

    どうやら目的地で降ろされたようです。

  • After five days cramped in a box, he was starting to panic.

    5日間、箱の中で窮屈な思いをした彼は、パニックになり始めていた。

  • His arms were stiff, and he tried to grab his flashlight and look out of the box.

    腕が硬くなり、懐中電灯を持って箱の中から外を見ようとした。

  • But he dropped it, and it created a loud sound in the box - that happened to get the attention

    しかし、それを落としてしまい、箱の中で大きな音が出てしまい、それがたまたま注目されてしまいました。

  • of two people.

    二人の人の

  • They started talking about where the sound came from, and Brian realized something disturbing.

    そして、その音がどこから聞こえてくるのかという話になり、ブライアンは気になることに気づいた。

  • The men were talking with American accents.

    男たちはアメリカ訛りで話していた。

  • One of the men looked into a hole in the box, and he and Brian caught each other eye to

    男の一人が箱の穴を覗き込んで、ブライアンと目が合って

  • eye.

    の目になります。

  • The workers panicked, thinking there was a dead person in the box, and soon the cargo

    箱の中に死人が入っているのではないかと作業員が慌ててしまい、すぐに貨物が

  • shed was swarming with government agents, airport security, and emergency workers.

    この日は、政府関係者や空港警備員、救急隊員などが大勢集まっていた。

  • They cracked open the box, and pulled Brian out - barely able to move and in agonizing

    箱を開けてブライアンを取り出したが、ほとんど動けず、苦しそうだった。

  • pain.

    の痛みを感じます。

  • And as he was taken to the hospital, he learned the truth.

    そして、病院に連れて行かれたとき、彼は真実を知った。

  • He hadn't flown to London.

    彼はロンドンには飛んでいなかった。

  • He was in Los Angeles.

    彼はロサンゼルスにいた。

  • The cargo flight had been detoured across the Atlantic ocean, and he had survived the

    貨物便が大西洋を横断して迂回してきたため、彼はその間に生き延びた。

  • journey.

    の旅をしています。

  • But he wasn't in good shape.

    しかし、彼は調子が良くなかった。

  • The five-day journey had left his limbs stiff and barely able to move due to being stuck

    5日間の旅では、手足が動かなくなり、ほとんど動けなくなってしまったという。

  • in unnatural positions, and he spent several days in the hospital recovering before he

    不自然な体勢で入院し、数日間の療養を経て

  • could move normally.

    が普通に動けるようになりました。

  • And word started to spread around the world of Brian Robson's spectacular escape.

    そして、ブライアン・ロブソンの壮絶な逃亡劇は、世界中に広まっていった。

  • Robson had potentially angered three different countries, and now they would decide his fate.

    ロブソンは3つの国を怒らせる可能性があり、その運命は彼らが決めることになる。

  • He had barely made it to America.

    彼はやっとの思いでアメリカにたどり着いた。

  • Now would he be able to get out?

    さて、彼は脱出できるだろうか?

  • American authorities originally considered charges of unlawful entry against Brian, but

    アメリカ当局は当初、ブライアンを不法入国者として告発することを検討していましたが

  • dropped them once they found out he was a British national.

    彼がイギリス人であることがわかった時点で、彼らを退会させました。

  • Australia wasn't quite so forgiving, with the repeat offender's second attempted flight

    オーストラリアはそれほど寛容ではなく、再犯者が2回目の飛行を試みた際には

  • out of the country raising multiple politicians' ire.

    と、複数の政治家の怒りを買ってしまいました。

  • One legislator even called him a “useless young manand called for prosecution, but

    ある議員は、彼を「役立たずの若者」と呼び、起訴を求めたこともありましたが

  • the government didn't proceed with charges.

    政府は起訴に踏み切らなかった。

  • The only question left was where to send him next.

    残る問題は、彼を次にどこに送るかということだ。

  • The first plan was to send him back to Australia - but there were no flights there immediately.

    最初の計画では、彼をオーストラリアに送り返すことになっていたが、すぐにはその便はなかった。

  • There was, however, a flight to Britain.

    しかし、イギリスへのフライトはあった。

  • And so, Brian Robson completed his journey back to the United Kingdom, this time in far

    そして、ブライアン・ロブソンはイギリスへの旅を終え、今度は遠くへと旅立っていった。

  • more comfort than the previous legs.

    以前の脚よりも快適になりました。

  • He flew in the cabin, free of charge in a first class seat, and landed in Britain to

    彼は機内で、ファーストクラスの座席を無料で利用し、イギリスに降り立って

  • international renown.

    国際的な名声を得ています。

  • Television cameras were waiting for him, and his story was known across Britain - which

    テレビカメラが彼を待ち構えていて、彼の話はイギリス中に知れ渡っていた。

  • meant when he made it home to Cardiff, he would have to explain the whole affair to

    つまり、カーディフに帰ってきたら、この事件のすべてを説明しなければならない。

  • his angry mom and dad.

    怒るパパとママ。

  • Physically, Brian recovered fully, but he was haunted by night terrors and flashbacks

    身体的には完全に回復したが、夜驚症やフラッシュバックに悩まされていた。

  • to his terrible journey for years afterwards.

    その後、何年にもわたって彼の恐ろしい旅に

  • But as stowaways go, Brian got off easily.

    しかし、密航者のブライアンは簡単に逃げ出した。

  • Over a hundred and twenty-five people have tried to hitch a ride on an airplane since

    これまでに飛行機にヒッチハイクしようとした人は125人以上。

  • 1947, but less than a quarter of them make their way to the end of their destination

    1947年だが、目的地の最後まで行く人は4分の1にも満たない

  • alive.

    を生きています。

  • There are many dangers along the way, including extreme cold or heat, turbulence, and lack

    極寒・極暑、乱気流、欠航など、道中には様々な危険が潜んでいます。

  • of oxygen.

    酸素の

  • And many stowaways take an even more dangerous approach to stowing away than Brian did - they

    また、多くの密航者は、ブライアンよりもさらに危険な方法で密航をしています。

  • hide in the wheel well of the plane.

    飛行機のホイールウェルに隠れる。

  • That means holding on to the equipment, with the constant risk of falling.

    それは、常に落下のリスクを抱えながら、機器にしがみつくことです。

  • And when the wheel goes in as the plane lands, being a tiny bit out of place could mean being

    そして、飛行機が着陸するときにホイールが入ると、ほんの少し場所がずれただけで、その人は

  • crushed to death.

    押しつぶされて死んだ。

  • While Brian's approach eliminated some of those dangers, a particularly brutal bout

    ブライアンのやり方では、そのような危険性をいくつか取り除くことができましたが、特に残酷な試合は

  • of turbulence could have easily tossed him in the wrong way in his box and broken his

    の乱れは、彼を箱の中で間違った方向に放り投げ、彼の体を壊してしまう可能性がありました。

  • neck.

    のネックになります。

  • So what drives modern stowaways to risk their lives?

    では、なぜ現代の密航者は命をかけるのか?

  • Many are refugees from war-torn or poverty-filled countries, hoping for a free ride to the US

    その多くは、戦争や貧困に苦しむ国からの難民で、アメリカへのフリーライドを望んでいます。

  • or a European nation where they can avoid detection once they land.

    あるいは、着陸しても発見されないようなヨーロッパの国。

  • Of course, there are others, like Brian, who had very different motivations.

    もちろん、ブライアンのように、まったく違う動機の人もいます。

  • In 1928, teenage Clarence Tehrune was known for his habit of stowing away on trains and

    1928年、10代のClarence Tehruneは、列車に密航する癖があることで知られていました。

  • crashing sports events.

    スポーツイベントのクラッシュ。

  • But when his brother in law made him a bet, he couldn't refuse.

    しかし、義理の兄から賭けを持ちかけられ、断れなかった。

  • He snuck onto the maiden flight of the Graf Zeppelin, and stowed away all the way from

    彼はグラーフ・ツェッペリンの処女飛行に忍び込み、日本からはるばるやってきて密航したのです。

  • New Jersey to Germany.

    ニュージャージーからドイツへ。

  • Sure, he was arrested when he landed, but he had won bragging rights in his family for

    確かに着陸時には逮捕されましたが、彼は家族の中で自慢の種になっていました。

  • the rest of his life.

    残った人生を

  • But for Brian Robson, he had quite enough of adventure.

    しかし、ブライアン・ロブソンにとって、冒険はもう十分だった。

  • Back in Britain and free of any criminal charges, he had a brief time as a local celebrity.

    イギリスに戻った彼は、刑事責任を問われることもなく、一時は地元の有名人になっていた。

  • He wanted to escape the spotlight and get back to living his life, but his legacy now

    彼はスポットライトから逃れて、自分の人生を取り戻すことを望んでいましたが、彼の遺産は今では

  • spanned the globe.

    は世界に広がっていました。

  • Australia even discussed putting in tougher scanning of cargo using a geiger counter to

    オーストラリアでは、ガイガーカウンターを使った貨物のスキャンを強化することが検討されました。

  • check for stowaways, although nothing came of it in the 1960s.

    密航者がいないかどうかを確認するためのもので、1960年代には何の成果もありませんでした。

  • Brian's thoughts often went back to the two friends who helped his crazy escape from

    ブライアンの頭の中には、彼のクレイジーな逃避行を助けてくれた2人の友人のことがよく浮かんでいた。

  • Australia, but while he sent letters down under, he never heard back.

    しかし、オーストラリアに手紙を出しても、返事は来なかった。

  • Time moved on, but he never forgot.

    時は流れても、彼が忘れることはなかった。

  • Brain went on to enjoy life in Wales, get married, and start a career and a family.

    ブレインはその後、ウェールズでの生活を楽しみ、結婚し、キャリアと家庭を築いていった。

  • But even decades later, he never forgot the five terrifying days he spent in that crate

    しかし、彼は何十年経っても、あの箱の中で過ごした恐怖の5日間を忘れることはありませんでした。

  • not knowing when - or how - the end of his journey would come.

    いつ、どのようにして旅の終わりが来るのかわからない。

  • Flashbacks to the coffin-like conditions he experienced stuck with him, and he never forgot

    棺桶のような状態を体験したフラッシュバックが頭から離れず、忘れられない

  • John and Paul.

    ジョンとポール

  • Then, many decades later, he decided to do something about it.

    それから何十年も経って、彼は何かをしようと決心した。

  • It was over fifty-five years after his mad escape from Australia that Brian Robson found

    ブライアン・ロブソンがオーストラリアを脱出してから55年以上が経過していた。

  • himself in the news again.

    またニュースになってしまった。

  • This time, the now-seventy something Welshman had sought out the papers to help him put

    今回、現在70歳のウェールズ人は、新聞に助けを求めた。

  • the word out - he wanted to reunite with John and Paul.

    ジョンとポールと再会したいという言葉を伝えた。

  • He said he wanted to buy them a pint and thank them for their help, while apologizing for

    の謝罪をしつつ、一杯おごってお礼をしたいと言っていました。

  • any trouble he caused them, but it would also make a fantastic conclusion to the story.

    しかし、それは物語の素晴らしい結末にもなります。

  • That's because Brian had written a book about his adventure, titledThe Crate Escape”,

    それは、ブライアンが自分の冒険を『The Crate Escape』というタイトルで本にしていたからだ。

  • and his story was now being scouted by documentary filmmakers.

    そして、彼の物語はドキュメンタリー映画の制作者にスカウトされた。

  • He reportedly found one in Australia and the other much closer to home in Ireland.

    一つはオーストラリアで、もう一つはもっと身近なアイルランドで見つけたという。

  • And when the three reunite over half a century later, who knows what scheme they'll come

    そして、半世紀以上の時を経て、3人が再会したとき、どんなスキームになるかは誰にもわからない。

  • up with next?

    次は何を?

  • For more on daring stowaways, watchWhat Happens When You Hide In The Landing Gear

    大胆な密航者については、「What Happens When You Hide In The Landing Gear」をご覧ください。

  • Of A Plane”, or check outDeath Row Inmates Escape Before Executionfor another of

    Of A Plane」や、「Death Row Inmates Escape Before Execution」などの

  • history's greatest escapes.

    史上最大の脱出劇。

An old man looks out from his home in Wales, thinking about his life.

ウェールズの自宅から外を眺めながら、自分の人生について考えている老人がいる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ブライアン オーストラリア 貨物 飛行 ウェールズ イギリス

オーストラリアからイギリスへ自分を郵送したティーンの方法 (How Teen Mailed Himself from Australia to Britain)

  • 24 3
    Summer に公開 2021 年 07 月 16 日
動画の中の単語