Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Adolf Hitler.

    アドルフ・ヒトラー。

  • One of the worst human beings ever to walk the earth.

    地球上で最も悪い人間の一人である。

  • The very existence of a man like Hitler raises a lot of questions about the nature of good

    ヒトラーのような男の存在は、善の本質について多くの疑問を投げかけます。

  • and evil.

    と邪推してしまいます。

  • One of the biggest ones being: Are monsters like Hitler born evil, or has something in

    その中でも特に大きなものがあります。ヒトラーのような怪物は生まれながらにして邪悪な存在なのか、それとも何かがあるのか。

  • their life made them that way?

    彼らの人生がそうさせたのか?

  • That's why we're going back to where it all started, and taking a look at Hitler before

    だからこそ、原点に立ち返って、以前のヒトラーを見てみましょう。

  • he became the Fuhrer.

    彼は総統になった。

  • Before he even joined the Nazi Party in the first place.

    そもそも彼がナチスに参加する前から。

  • Did something happen to this man in his youth that made him the monster he turned out to

    若い頃に何かがあって、このような怪物になってしまったのだろうか。

  • be?

    でしょうか。

  • Let's take a look and find out.

    それでは、早速見てみましょう。

  • It probably doesn't come as a surprise that Hitler's father was a terrible guy.

    ヒトラーの父親がひどい男だったことは、意外と知られていない。

  • Alois Hitler Sr. was born Alois Schicklgruber in 1837 in the small Austrian town of Strones.

    アロイス・ヒトラーSr.は1837年、オーストリアの小さな町ストローネスでアロイス・シクルグルーバーとして生まれた。

  • He was an illegitimate child of a 42-year-old unmarried catholic peasant known as Maria

    彼は42歳の未婚のカソリックの農民、マリアの隠し子だった。

  • Shicklgruber, which carried a fair bit of social stigma at the time.

    シックルグルーバーは、当時、社会的にかなりの汚名を着せられていました。

  • He wasn't even given a proper surname on his baptismal certificate, the priest just

    彼は、洗礼証明書にもきちんとした姓を与えられておらず、神父はただ

  • wroteIllegitimateinstead.

    の代わりに「Illegitimate」と書きました。

  • This was likely a major source of insecurity for young Alois.

    このことは、若き日のアロイスにとって大きな不安材料であったと思われる。

  • When Alois was five, his mother married a local miller by the name of Johann Georg Hiedler.

    アロイスが5歳のとき、母は地元の粉引き職人ヨハン・ゲオルク・ヒードラーと結婚した。

  • It's strongly believed that Johann could have actually been Alois' biological father,

    ヨハンはアロイスの実父ではないかと言われています。

  • but nobody can ever really know for certain.

    しかし、誰も本当のところを知ることはできません。

  • Some have speculated that a Jewish man named Leopold Frankenburger was actually Alois'

    レオポルド・フランケンバーガーというユダヤ人が、実はアロイスのものだったという説もあります。

  • real biological father, but there isn't any hard evidence for this whatsoever.

    しかし、それを裏付ける確たる証拠は何もありません。

  • It likely just came into popular belief because the idea of Hitler, history's most famous

    歴史上最も有名な人物であるヒトラーの考えが一般的に信じられるようになったのでしょう。

  • antisemite, having a Jewish grandfather seemed darkly ironic, but this assumption really

    ユダヤ人の祖父を持つ反ユダヤ主義者は、暗い皮肉に見えましたが、この仮定は本当に

  • doesn't line up with the facts.

    は、事実と一致していません。

  • Four years after the marriage, Maria passed away, and Alois was sent away to live with

    結婚から4年後、マリアは亡くなり、アロイスは家を出て

  • his new uncle, Johann Nepomunk Hielder, with whom he trained to become a cobbler.

    新しい叔父のヨハン・ネポマンク・ハイエルダーのもとで、靴工になるための訓練を受けました。

  • But that wasn't the path that Alois ended up taking in life.

    しかし、それはアロイスが人生で歩むことになった道ではなかった。

  • Instead, he became a civil servant, and joined the semi-military profession of being a customs

    その代わりに公務員になり、税関という半軍事的な職業に就いたのです。

  • official.

    の公式サイトをご覧ください。

  • This led to him bouncing around Austria for a number of years, and in 1877, he decided

    これがきっかけで、彼は何年もオーストリアを転々とし、1877年には

  • to right the biggest perceived wrong of his life and legitimize himself.

    自分の人生における最大の過ちを正し、自分を正当化するために。

  • With permission from his Church, he asked to change his surname from Schicklgruber to

    教会の許可を得て、Schicklgruberから苗字の変更を依頼しました。

  • that of his legal father, Johann Georg Hiedler.

    法律上の父親であるJohann Georg Hiedlerのものである。

  • For reasons lost to time, the official who filled in Alois' papers wrote his name as

    理由は不明だが、アロイスの書類を記入した役人は、彼の名前を次のように書いた。

  • Alois Hitlerrather thanAlois Hiedler.”

    "Alois Hiedler "ではなく "Alois Hitler"。

  • It's crazy to think that, if Alois had never gotten his name changed, we may all have been

    もし、アロイスが名前を変えなかったら、私たちは皆、次のようになっていたかもしれないと思うと、とても不思議な気持ちになります。

  • looking back in fear at the dreaded Adolf Schicklgruber.

    恐怖のアドルフ・シックルグルーバーを振り返る。

  • Doesn't quite have the same scary ring to it, does it?

    怖いというイメージはないですよね。

  • So, who was Hitler's mother?

    では、ヒトラーの母親は誰なのか?

  • She was actually the third wife of Alois.

    実は彼女は、アロイスの3番目の妻だった。

  • His first wife was the wealthy Anna Glasl-Hörer.

    彼の最初の妻は、裕福なアンナ・グラスル=ヘーラーだった。

  • But, much like his future son, Alois was a bad guy, and would have affairs frequently,

    しかし、将来の息子に似て、アロイスは悪人であり、頻繁に浮気をしていた。

  • often cheating on her with girls as young as 19 when he was 43.

    43歳の時に19歳の女の子と浮気をしていたこともあります。

  • He next married one of his mistresses, Franziska "Fanni" Matzelsberger, after Anna died, and

    次にアンナの死後、愛人の一人であるフランツィスカ・ファンニ・マッツェルスベルガーと結婚して

  • had two children with her.

    は、彼女との間に2人の子供がいた。

  • However, he would soon leave her too for his housekeeper: young Klaralzl.

    しかし、彼はすぐに彼女を捨てて、家政婦の若いクララ・ペルツルを雇うことになる。

  • But there was one problem: Depending on the truth of Alois' parentage, Klara may have

    しかし、問題があった。アロイスの親の真偽によっては、クララが

  • also been his first cousin, or even his niece.

    は、彼の最初のいとこでもあり、姪でもありました。

  • Yes, that's right, Hitler could have been the product of cousin incest.

    そうです、ヒトラーはいとこ同士の近親相姦で生まれた可能性があるのです。

  • And things would only get stranger from there, as Alois and Klara started having children

    アロイスとクララの間に子供ができたことで、事態はますますおかしくなっていった。

  • together.

    を一緒にしています。

  • They had six in total, Hitler included, but the grand majority of them died in their infancy.

    ヒトラーを含めて6人の子供がいたが、その大半は幼少期に亡くなっている。

  • Gustav, Otto, and Ida died of Diptheria the year before Hitler was born, and another one

    グスタフ、オットー、アイダの3人は、ヒトラーが生まれる前年にジフテリアで亡くなり、さらに

  • of his brothers, Edmund, would die of Measles in 1900.

    彼の兄弟の一人であるエドマンドは、1900年に麻疹で亡くなります。

  • The only surviving children of Alois and Klara were Adolf and his younger sister, Paula.

    アロイスとクララの子供で生き残ったのは、アドルフと妹のパウラだけだった。

  • Adolf was born on April 20th of 1889, in the small Austrian town of Braunau am Inn, close

    アドルフは1889年4月20日、オーストリアの小さな町、ブラウナウ・アム・インの近くで生まれた。

  • to the German border.

    ドイツ国境まで

  • He lived with his mother and father, his biological siblings, Paula and Edmund, and his two half-siblings

    父と母、実の兄弟であるポーラとエドマンド、そして2人の異母兄弟と暮らしていました。

  • from his father's second marriage, Angela and Alois Jr.

    父の再婚相手であるアンジェラとアロイス・ジュニア。

  • While he was close with his mother, conflict with his father and his inability to adapt

    母親とは仲良くしていたが、父親との確執や、適応できなかったことで

  • to school gave young Adolf a troubled childhood.

    幼いアドルフは、学校に通うことができず、悩み多き子供時代を送った。

  • Alois Hitler Sr. was a profoundly cold and cruel man to his immediate family.

    アロイス・ヒトラーSr.は、肉親に対しては深く冷たく、残酷な男だった。

  • He was controlling, distant, and would beat his wife and children at the drop of a hat.

    彼は支配的でよそよそしく、ちょっとしたことで妻や子供を殴るような人でした。

  • Some even recounted that he'd make a show of beating the family dog until it wet itself

    中には、家で飼っていた犬をおねしょするまで叩いて見せたという話もあります。

  • on the carpet.

    絨毯の上に

  • Adolf was a confident and free-spirited young man, so he received the worst of his father's

    アドルフは自信家で自由奔放な若者だったので、父親の最悪の

  • physical abuse in their frequent fights.

    頻繁な喧嘩で身体的虐待を受けていた。

  • They also moved around a lot during Hitler's youth, as Alois Sr. retired from his job as

    また、ヒトラーの青年時代には、アロイス・シニアが仕事を引退したこともあり、移動が多かった。

  • a customs official and decided to move to the Austrian town of Hafeld to farm bees.

    税関職員として働いていた私は、オーストリアのハーフェルトという町でミツバチの養殖をすることにしました。

  • The move made things even worse for Adolf and Alois Sr.'s relationship.

    この移転により、アドルフとアロイス・シニアの関係はさらに悪化した。

  • Adolf was enrolled in a strict, state-funded elementary school, and found himself at odds

    アドルフは、国費で運営されている厳しい小学校に入学し、対立していました。

  • with the establishment's rules and regulations.

    その施設の規則や規定に従うこと。

  • This led to further violence from Alois, who wanted his son to take a similar career path

    これをきっかけに、息子にも同じような道を歩ませたいと考えたアロイスは、さらなる暴力を振るった。

  • to himself.

    と自分に言い聞かせる。

  • While Klara tried to defend her son from his father's wrath, she often ended up on the

    クララは父の怒りから息子を守ろうとする一方で、しばしば自分が

  • receiving end instead.

    の代わりに受信側になります。

  • It was a truly toxic home life.

    まさに毒親のような家庭生活でした。

  • When the bee business failed, the Hitlers continued to move around over the next few

    蜂ビジネスが失敗すると、ヒトラーはその後もあちこちに移動した。

  • years.

    年です。

  • Hitler, now eight years old, started to take an interest in art and performance.

    8歳になったヒトラーは、アートやパフォーマンスに興味を持ち始めた。

  • He began painting watercolors, and even taking singing lessons from his school choir.

    水彩画を描くようになり、学校の合唱団から歌のレッスンを受けたりもしました。

  • However, his life would take a major hit when his brother Edmund died in 1900.

    しかし、1900年に兄のエドモンドが亡くなると、彼の人生は大きな打撃を受けることになる。

  • This tragedy shook young Adolf, changing him from a confident, outgoing child to a withdrawn

    この悲劇は幼いアドルフを揺さぶり、自信に満ちた活発な子供から内向的な子供へと変化させました。

  • oddball who regularly got into fights with teachers and, of course, his father.

    変わり者で、先生や、もちろん父親ともよく喧嘩をしていました。

  • By this point, the seeds of hatred and nationalism were already growing within young Adolf.

    この時点で、若きアドルフの中には憎しみとナショナリズムの種がすでに育っていた。

  • A frightening but important thing to remember is that Hitler's views, while obviously

    恐ろしいことですが、覚えておいていただきたいのは、ヒトラーの見解は、明らかに

  • scary and extreme to us in the modern day, had its roots in extremely common sentiments

    現代の私たちにとっては恐ろしく過激なものですが、そのルーツは極めて一般的な感情にあります。

  • for pre-World War One Austria and Germany.

    第一次世界大戦前のオーストリアとドイツのために。

  • Hitler and his friends, despite being Austrian, were loyal to the German cause, hated growing

    ヒトラーとその仲間たちは、オーストリア人であるにもかかわらず、ドイツの大義に忠実で、成長することを嫌っていました。

  • ethnic diversity in Austria, and would even greet each other withHeil!”

    オーストリアでは民族の多様性があり、"Heil!"と挨拶することもあります。

  • It's likely that many of the adults in his life expressed similarly hateful views, including

    彼の人生の中で、以下のような多くの大人たちが同じような憎しみに満ちた意見を述べていたと思われます。

  • his father and school teachers, making it seem extremely normal to believe such things

    彼の父親や学校の先生は、そのようなことを信じるのはごく普通のことだと思っていました。

  • to a growing Hitler.

    成長するヒットラーに

  • His school performance only got worse as the years went on.

    学校の成績は年々悪くなる一方でした。

  • Alois wanted Adolf to work at the customs office, and even took him on a tour of one

    アロイスは、アドルフに税関で働いてほしいと考え、税関の見学にも連れて行った。

  • in his early teen years.

    10代前半の頃。

  • Hitler felt that this was the moment the differences between him and his father became truly irreconcilable.

    ヒトラーは、この時に父親との違いが本当に和解できないものになったと感じた。

  • He knew by now that he wanted to attend a classical school and develop his painting

    彼はこの頃から、古典的な学校に通い、絵を上達させたいと思っていました。

  • skills to become a professional artist, but his father instead forced him to attend a

    プロの芸術家になるための技術を身につけようとしましたが、父親は彼を強制的に学校に通わせました。

  • technical school.

    のテクニカルスクールです。

  • Hitler would later recount in Mein Kampf that he did badly in this school on purpose, hoping

    ヒトラーは後に『我が闘争』の中で、この学校の成績が悪かったのはわざとだと語っています。

  • that when his father saw how terrible his performance was, he'd allow him to pursue

    彼の父は、彼のパフォーマンスのひどさを見て、彼の研究を許してくれるだろう。

  • his dream.

    彼の夢です。

  • This was the first of many grave miscalculations in Hitler's life.

    これは、ヒトラーの人生における重大な誤算の最初のものであった。

  • But in the end, one event did allow Hitler to drop out of school: The sudden and unexpected

    しかし、最終的にはある出来事がきっかけで、ヒトラーは学校を退学することになった。突然の出来事であった。

  • death of Alois Sr. in 1903, likely due to a pleural effusion.

    1903年にアロイス・シニアが胸水のために亡くなった。

  • He was out drinking at a local inn when he suddenly collapsed and died shortly after.

    地元の旅館でお酒を飲んでいたところ、突然倒れ、間もなく亡くなったそうです。

  • When the 14 year old Hitler saw his father's corpse, he supposedly began to weep uncontrollably.

    14歳のヒトラーは父の遺体を見て、思わず泣き出してしまったという。

  • He and his father may have constantly been at each other's throats, but losing another

    父とは常に対立していたかもしれませんが、他の人を失うことで

  • family member was just too much.

    家族のことを考えると、もう限界でした。

  • His school performance deteriorated further, until his mother eventually pulled him out

    学校の成績はさらに悪化し、最終的には母親に引き抜かれてしまいました。

  • of school entirely.

    学校を完全に卒業した。

  • After a year to put himself back together, under the doting care of his mother, Hitler

    母親のもとで1年かけて自分を見つめ直したヒトラーは

  • returned to school with improved grades and performance.

    成績やパフォーマンスが向上し、学校に戻ってきました。

  • He was never a particularly good student, but he was able to pass his exit exams with

    彼は特に優秀な学生ではありませんでしたが、出口の試験に合格して

  • two different attempts.

    2つの異なる試み。

  • He left school with no intentions to continue pursuing a technical career.

    彼は、技術的な仕事を続けるつもりはなく、学校を去った。

  • With his controlling father dead, and his mother being far more supportive of her son

    支配的な父親が亡くなり、母親が息子をずっと支えてくれるようになったことで

  • following his dreams, he set off to Cosmopolitan Vienna to develop his artistic skills and

    夢に向かってコスモポリタンなウィーンに渡り、芸術的な才能を開花させ

  • hopefully join the Academy of Fine Arts.

    願わくば、アカデミー・オブ・アーツに参加してほしい。

  • But by now, we all know how that turned out for the aspiring artist.

    しかし、その結果は誰もが知っている通り、アーティストを目指していた。

  • Hitler was rejected twice by the Academy, finding his artistic abilities subpar.

    ヒトラーは、その芸術性の低さを指摘され、2度もアカデミーに落選している。

  • Because Hitler specialised in drawingфs and buildings, they suggested instead that he

    ヒトラーは図面や建築物を得意としていたので、代わりに提案されたのが

  • try his luck at the local Academy of Architecture.

    そのためには、地元の建築アカデミーに通うことが大切です。

  • However, this is where Hitler's earlier decisions came back to bite him, because his

    しかし、ここからがヒトラーの初期の決断が彼を悩ませることになる。

  • poor school performance left him without the necessary academic qualifications to enter

    学校の成績が悪かったため、入学に必要な学業成績を得ることができませんでした。

  • the architecture college.

    THE ARCHITECTURE COLLEGE。

  • Naturally, this left Hitler feeling pretty sour about his time in Vienna, but contrary

    当然のことながら、ヒトラーはウィーンでの生活にかなり不満を持っていましたが、逆に

  • to popular belief, his rejection from art school wasn't nearly as important in his

    一般に知られているように、美大を退学したことは、彼にとってそれほど重要ではありません。

  • development as the ideas and beliefs he was beginning to learn from his new locale.

    また、新しい土地で学び始めた思想や信条を発展させていった。

  • Hitler had always been a nationalist, but in Vienna, it's believed that he first started

    ヒトラーはもともと民族主義者であったが、ウィーンで最初に始めたと言われている。

  • developing his hardcore antisemitism.

    筋金入りの反ユダヤ主義を展開していた。

  • He read local magazines that blamed Jewish people for all the problems that Austria and

    彼が読んだ地元の雑誌には、オーストリアや日本の問題はすべてユダヤ人のせいだと書かれていた。

  • Germany were experiencing.

    ドイツが経験したこと。

  • Some who knew Hitler claimed his antisemitism pre-dated his time in Vienna, but it seemed

    ヒトラーを知る人の中には、ヒトラーの反ユダヤ主義はウィーン時代よりも前からあったと主張する人もいましたが、そのようには思えませんでした。

  • as though his time in Vienna finally gave him the political and philosophical framework

    あたかもウィーンでの生活が、彼に政治的・哲学的な枠組みを与えたかのように。

  • for his irrational hatred of the Jewish people.

    ユダヤ人に対する理不尽な憎しみのために。

  • But amongst all this, one final tragedy would strike the now 18-year-old Adolf.

    そんな中、18歳のアドルフを最後の悲劇が襲う。

  • His mother, Klara, the only surviving member of his family that he was truly close with,

    母親のクララは、彼の家族の中で唯一の生存者であり、彼は本当に親しかった。

  • had been diagnosed with terminal breast cancer at the age of 47.

    は、47歳のときに末期の乳がんと診断されました。

  • She was diagnosed and treated by the Hitler family doctor, Dr. Eduard Bloch.

    彼女は、ヒトラーのファミリードクターであるエドアルド・ブロッホ博士に診断され、治療を受けました。

  • He later recounted that Klara took the news with dignity, as a deeply religious woman

    後に彼は、クララが深い信仰心を持つ女性として、このニュースを尊厳を持って受け止めたと語っています。

  • who believed that everything that happened was part of God's plan.

    起こったことはすべて神の計画の一部であると信じていた。

  • Adolf was devastated.

    アドルフはショックを受けていた。

  • Dr. Bloch described the closeness of their relationship in later interviews, saying:

    ブロッホ博士は、後のインタビューで二人の関係の親密さをこう語っている。

  • While Hitler was not a mother's boy in the usual sense, I never witnessed a closer

    "ヒトラーは通常の意味での母親の息子ではなかったが、私はより親密な関係を目撃したことはなかった。

  • attachment.

    のアタッチメントを使用しています。

  • Their love had been mutual.

    二人の愛は通じ合っていた。

  • Klara Hitler adored her son.

    クララ・ヒトラーは、息子を溺愛していた。

  • She allowed him his own way whenever possible.

    彼女は、可能な限り彼に自分のやり方を許した。

  • For example, she admired his watercolor paintings and drawings and supported his artistic ambitions

    例えば、彼女は彼の水彩画やドローイングを賞賛し、彼の芸術的野心をサポートしました。

  • in opposition to his father at what cost to herself one may guess.”

    自分を犠牲にしてまで、父親に対抗したのである。

  • When she finally died from the disease, Hitler was, according to Bloch, the saddest man he'd

    彼女が病気で亡くなったとき、ブロッホによれば、ヒトラーはそれまでに経験したことのないほど悲しんだという。

  • ever seen.

    これまでに見たことのないような

  • He was utterly broken - his last tether to humanity and decency, cut.

    彼は完全に壊れていた。人間性と良識への最後の綱が切られていたのだ。

  • It was clear that Dr. Bloch's good treatment of his mother meant a great deal to Hitler,

    ブロッホ博士が母親を良くしてくれたことが、ヒトラーにとって大きな意味を持っていたことは明らかだった。

  • as he was one of the few Austrian Jews that Hitler allowed to move from Austria to the

    彼は、ヒトラーがオーストリアから日本への移住を許可した数少ないオーストリアのユダヤ人の一人だったからです。

  • United States in 1940, as his genocidal plans were beginning to pick up steam.

    1940年、彼の大量殺戮計画が本格化する中、アメリカでは

  • Later being interviewed, Dr. Bloch described Klara as a kind and decent woman, and said

    後にインタビューを受けたブロッホ博士は、クララを親切で礼儀正しい女性だと評し、次のように語っている。

  • that she would roll in her grave if she ever knew what a monster her beloved son became

    愛する息子がどんな怪物になったか知ったら、墓の中で転げまわるだろうと。

  • in the end.

    になります。

  • So, we return to the big question: Did Hitler's childhood turn him into a monster?

    そこで、大きな疑問に戻る。ヒトラーの子供時代は、彼を怪物に変えてしまったのか?

  • Did Klara and Alois raise him to be a person capable of committing genocide?

    クララとアロイスは、彼をジェノサイドを起こせる人間に育てたのか?

  • Was his childhood so tragic that it made him evil?

    彼の子供時代があまりにも悲惨で、それが彼を悪にしたのでしょうか?

  • Well, no.

    いや、そうじゃない。

  • Hitler's beliefs were the product of popular and toxic philosophies that were rife during

    ヒトラーの信念は、当時流行していた有害な哲学の産物でした。

  • his time: Nationalism, Authoritarianism, Anti-Semitism.

    彼の時代ナショナリズム、権威主義、反ユダヤ主義。

  • It might be more comforting to believe that Hitler was some kind of fluke, a supervillain

    ヒトラーはある種の偶然の産物であり、超悪人であると考えた方が慰めになるかもしれない。

  • born out of incest and abused into being evil by a controlling father.

    近親相姦で生まれ、支配的な父親に虐待されて悪人になってしまった。

  • But even if Adolf Hitler had never joined the Nazi Party, a man like him would have,

    しかし、たとえアドルフ・ヒトラーがナチス党に参加しなかったとしても、彼のような人物は参加していただろう。

  • given how common it was to think like he did back then.

    当時、彼のような考え方が一般的であったことを考えると。

  • Hitler never could have done what he did alone.

    ヒトラーは一人では何もできなかった。

  • It took millions agreeing with him, and millions more simply doing nothing, or being killed

    何百万人もの人々が彼に賛同し、何百万人もの人々がただ何もせずに、あるいは殺されていったのです。

  • while trying to rebel.

    反抗しようとしながら

  • Bad childhoods don't cause genocides.

    悪い子供時代が大量虐殺の原因になることはありません。

  • A society growing to hate its most vulnerable people does.

    最も弱い立場にある人々を憎むようになった社会がそうです。

  • Now go check outWhat If Hitler Never Existed?” andHow Rich Was Hitler (Where Did All

    では、「もしもヒトラーが存在しなかったら」や「How Rich Was Hitler(Where Did All

  • His Money Come From)” for more facts about history's worst monster!

    史上最悪のモンスターについての詳細は「His Money Come From」をご覧ください。

Adolf Hitler.

アドルフ・ヒトラー。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ヒトラー クララ オーストリア 父親 ユダヤ ウィーン

誰がヒトラーを育てたのか? (Who Raised Hitler?)

  • 8 1
    Summer に公開 2021 年 07 月 16 日
動画の中の単語