Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Their love was forbidden.

    二人の愛は禁じられていた。

  • Most nights after the last bells they snuck out to see each other anyway; meeting in a

    最後の鐘が鳴った後、ほとんどの夜、彼らはお互いに会うためにこっそりと出かけていった。

  • field halfway between his monastery and her nunnery.

    彼の修道院と彼女の尼僧院の中間にあるフィールド。

  • They decided to elope and run away together.

    二人は駆け落ちして一緒に逃げようと決めた。

  • But they were caught.

    しかし、彼らは捕まってしまった。

  • They were separated and punished for their sins.

    彼らは分離され、その罪のために罰せられた。

  • She was forced to watch while he was hung.

    彼女は、彼が絞首刑にされるのを強制的に見させられた。

  • She was imprisoned in a tiny room in a dark corner of the monastery.

    彼女は、修道院の暗い隅にある小さな部屋に幽閉されていた。

  • Brick, by brick they sealed her in her tomb as she begged for mercy.

    慈悲を請う彼女を、一枚一枚のレンガで墓に封じ込めていった。

  • Afterwards tapping could be heard from the wall.

    その後、壁からコツコツと音が聞こえてきた。

  • The taps slowly grew fainter and fainter until they stopped.

    タップの音は徐々に小さくなり、やがて止まった。

  • Or so goes the legend of the secret, doomed love affair between a monk and nun.

    僧侶と尼僧の運命的な秘密の恋の伝説がそうだ。

  • Allegedly, since then the spirit of the nun has roamed the land that her lover's Benedictine

    伝えられるところによれば、それ以来、その修道女の魂は、彼女の恋人が経営するベネディクト派の教会がある土地を歩き回っているという。

  • monastery once stood on.

    かつて修道院が建っていた場所です。

  • There are some that believe that the ghosts of Borley Rectory have little to do with the

    ボーリー・レクトリーの幽霊は、この建物とはほとんど関係がないという説もあります。

  • house itself, but existed before the house was constructed.

    家自体ではなく、家が建つ前から存在していました。

  • In fact, a local antiquarian claims that they found old accounts of ghostly activity that

    実際に、地元の古物商は、幽霊の活動についての古い証言を見つけたと主張しています。

  • date back to 1819.

    は1819年にさかのぼります。

  • Others claim the ghosting sightings didn't start until after Borley Rectory was built.

    また、幽霊の目撃情報が始まったのは、ボーリー・レクトリーが建設されてからだという人もいます。

  • The only thing that's agreed upon is that unexplainable things happened at Borley Rectory.

    唯一一致しているのは、Borley Rectoryで説明のつかないことが起こったということです。

  • In 1862, Borley Rectory was constructed for the Reverend Henry Dawson Ellis Bull and his

    1862年には、Henry Dawson Ellis Bull牧師とその家族のためにBorley Rectoryが建設されました。

  • family after he was named rector of Borley Parish in a rural corner of Essex, England.

    イギリスのエセックス州の片田舎にあるボーリー教区の教区長に就任した後、彼の家族は、この教区を訪れました。

  • Over time the Gothic brick house continued to be enlarged, as Reverend Bull had 14 children

    ブル牧師が14人の子供を産んだこともあり、ゴシック・レンガ造りの家は次第に大きくなっていった。

  • and needed space for all of them.

    そして、そのためのスペースが必要でした。

  • Ultimately, there were 23 rooms connected by 3 different staircases on the two main

    最終的には、2つのメインの部屋に3つの異なる階段でつながる23の部屋がありました。

  • floors, plus a cellar and attic space.

    フロアに加えて、地下室と屋根裏のスペースがあります。

  • The house was the perfect setting for a horror movie: gloomy, depressing and cold.

    この家は、ホラー映画の舞台にぴったりの、陰気で、憂鬱で、寒い家だった。

  • Nearly from the start, the family began hearing rushing water.

    最初から、水の流れる音が聞こえてきた。

  • However, the house didn't have the modern convenience of piped water; water was drawn

    しかし、この家には水道のような近代的な利便性はなく、水は汲んでいました。

  • from a well outside.

    外の井戸から

  • Soon the sounds escalated to whispers, tapping and crashes.

    やがて音は、ささやき声、叩き声、衝突音へとエスカレートしていった。

  • Even worse, a ghost seemed to target a particular member of the family...

    さらに悪いことに、幽霊は家族の特定のメンバーを狙っているようだった...。

  • The heavy footsteps stopped in front of the door to her room.

    重い足取りが、彼女の部屋のドアの前で止まった。

  • Ethel lay in her bed, the sheet pulled up to her chin.

    エセルはベッドに横たわり、シーツをあごのところまで引き上げた。

  • She hardly dared to breathe.

    息をするのも精一杯だった。

  • It was back.

    復活したのだ。

  • She could sense it, the invisible presence lurking outside her door.

    彼女はそれを感じ取っていた。ドアの外に潜む見えない存在を。

  • For the past several weeks she hadn't gotten much sleep.

    ここ数週間、彼女はあまり寝ていなかった。

  • It always began the same way--footsteps, clumping down the hall to her room, but no one was

    それはいつも同じように始まった。足音を立てて、彼女の部屋に向かって廊下を歩くのだが、誰もいない。

  • there.

    にしています。

  • Then it whispered and knocked on her door.

    そして、囁くようにして彼女のドアをノックした。

  • Ethel laid stiff in bed, trying to ignore it, waiting until it went away.

    エセルはベッドに横たわり、それを無視しようとし、消えるのを待った。

  • Sometimes it stayed out there until dawn.

    時には夜明けまで外にいることもあった。

  • Knock, knock knock.

    コツコツ、コツコツ。

  • It rapped on her door.

    それは、彼女のドアを叩く音だった。

  • Some nights Ehtel had called for her parents.

    ある夜、エテルは両親を呼んでいた。

  • But of course they found nothing and scolded her for being silly.

    しかし、当然ながら何も見つからず、「バカなことを言うな」と叱られてしまった。

  • Bang, bang, bang.

    バン、バン、バン、バン。

  • The knocks were getting louder.

    ノックの音が大きくなってきた。

  • It was angry.

    怒られた。

  • Suddenly the locked door exploded open and a puff of air blew into the room.

    突然、鍵のかかったドアが爆発的に開き、部屋の中に空気が吹き込んできた。

  • Her limbs frozen with dread, Ethel shut her eyes tightly.

    恐怖で手足が動かなくなったエセルは、しっかりと目を閉じた。

  • She wasn't going to look.

    彼女は見ようとしなかった。

  • Crack!

    クラック!?

  • Ethel's cheek suddenly bloomed in a burst of hot pain.

    エセルの頬が突然、熱い痛みに包まれて咲いた。

  • It had slapped her.

    それは彼女を叩いた。

  • For whatever reason, a poltergeist seemed to focus on Ethel, even slapping her as she

    なぜかポルターガイストがエセルに集中しているようで、エセルを叩いたりしていました。

  • lay in bed.

    ベッドの上で

  • But she wasn't the only target.

    しかし、ターゲットは彼女だけではなかった。

  • In 1886 a new nursemaid, Elizabeth Byford, initially joked about the fact that the room

    1886年、新しい保母のエリザベス・バイフォードは、当初、この部屋は

  • allotted to her was haunted.

    彼女に割り当てられたのは、お化けだった。

  • However, a few weeks later she woke at midnight to the sound of slippered footsteps outside

    しかし、その数週間後、彼女は夜中にスリッパを履いた足音で目を覚ました。

  • her door, but no one was there.

    ドアを開けても誰もいない。

  • She gave notice the next day.

    翌日には通知を出した。

  • No matter if locals shared rumors about seeing ghostly figures wandering the grounds of Borley

    地元の人々が、Borleyの敷地内で幽霊の姿を見たという噂を伝えても

  • House, the Bull family refused to be scared off.

    しかし、ブル家の人々はそれを拒みました。

  • July 28th, 1900 - It was a warm evening as Ethel and her sister Freda walked home after

    1900年7月28日 - エセルと妹のフレダが家路についたのは、暖かい日でした。

  • a summer party.

    夏のパーティー。

  • They giggled as they traded tidbits of gossip about the event.

    この日のイベントについての噂話をしながら、笑い合った。

  • Suddenly Freda stopped in her tracks.

    突然、フレダは足を止めた。

  • Lookshe whispered.

    "Look "と彼女は囁いた。

  • Emerging from the trees onto the rectory yard was a female figure, her head bowed.

    木々の間から牧師館の庭に出てきたのは、頭を下げた女性の姿だった。

  • She was dressed head to toe in a black habit.

    彼女は頭のてっぺんからつま先まで黒い服を着ていた。

  • She seemed to glide over the grass rather than walk.

    彼女は歩くというよりも、芝生の上を滑るように歩いているように見えた。

  • Elise!” whispered Ethel and took off running towards the rectory.

    "エリス!"とエセルが囁くと、牧師館に向かって走り出した。

  • Freda followed.

    フレダもそれに続いた。

  • Elise had recently complained that she never saw the ghostly nun and wanted to see her.

    エリスは最近、幽霊のような修道女を見たことがないと訴えており、彼女に会いたいと思っていた。

  • They found Elisa and quickly dragged her outside.

    彼らはエリサを見つけ、すぐに外に引きずり出した。

  • Surprisingly the nun was still there, floating across the edge of the lawn.

    驚いたことに、その修道女はまだそこにいて、芝生の端に浮かんでいました。

  • Elise stepped towards her, not sure whether to be scared or fascinated.

    エリーゼは、怖がっているのか、魅了されているのかわからないまま、彼女の方に歩み寄った。

  • She was just about to call to her when the nun faded away in front of her eyes.

    彼女が声をかけようとしたとき、目の前でその修道女が消えていった。

  • Apparently the ghostly nun was seen so frequently, the area where she roamed began to be referred

    幽霊のような修道女が頻繁に目撃されていたため、彼女が徘徊していた地域は、そのように呼ばれるようになったそうです。

  • to as the Nun's Walk.

    尼僧の散歩」と呼ばれています。

  • After Reverend Bull's death in 1892, his sonalso named Henrytook over his

    1892年にブル牧師が亡くなると、彼の息子であるヘンリーがブル牧師の仕事を引き継いだ。

  • duties as rector.

    院長としての職務

  • One spring afternoon Henry was pacing back and forth in the garden, working out a new

    ある春の午後、ヘンリーは庭を行ったり来たりしながら、新しいアイデアを練っていた。

  • sermon.

    の説教をしました。

  • Suddenly his retriever Juvenal, who had been napping under a bush got to his feet and growled.

    突然、茂みの下で昼寝をしていたレトリバーのジュベナールが立ち上がり、うなり声をあげた。

  • The dog was staring at something.

    犬は何かを見つめていた。

  • Henry turned to look.

    ヘンリーは振り返って見た。

  • Someone was standing in the orchard; he could see a pair of legs peeking out from the leaves

    誰かが果樹園に立っていて、葉の間から足が見えていた。

  • of a tree.

    樹木の

  • Henry raised his hand and started to shout 'Hello!' but the sound died in his throat.

    ヘンリーは手を上げて「ハロー!」と叫び始めたが、音は喉で死んでしまった。

  • As the legs walked out from behind the brush, he saw that the body they belonged to was

    ブラシの後ろから脚が出てくると、その脚が属している体が

  • headless.

    headlessです。

  • He watched in silent horror as the headless ghost strode across the garden, and walked

    彼は、頭のない幽霊が庭を横切り、歩いていくのを、静かな恐怖の中で見ていました。

  • clean through a locked gate.

    ロックされたゲートを通ってきれいになる。

  • Henry and other locals also saw a ghostly carriage drawn by two horses and driven by

    ヘンリーをはじめとする地元の人々も、2頭の馬に引かれた幽霊の馬車を見て

  • a headless coachman on several different occasions.

    頭のないコーチマンが何度も登場しました。

  • Even more strange when the coach was seen, it was silent.

    さらに不思議なことに、そのコーチが見えたときには沈黙していた。

  • Other times when the clip clop of the horse hooves and the sound of the heavy wheels on

    他にも、馬の蹄のクリップ音や重い車輪の音が聞こえてくると

  • the road were heard, the coach itself was invisible.

    道路の音は聞こえても、馬車の姿は見えない。

  • Apparently Henry was fascinated by the idea of a ghostly nun and built a summer cottage

    ヘンリーは幽霊のような修道女の存在に魅せられ、夏の別荘を建てたらしい。

  • with a view of the Nun's Walk so he could look out for the nun taking a stroll.

    尼僧の散歩道が見えるので、散歩中の尼僧を見守ることができました。

  • Henry was the rector for Borley Parish until his death in 1927.

    ヘンリーは1927年に亡くなるまで、Borley教区の牧師を務めた。

  • Unfortunately, there were no more members of the Bull family who wanted the parish position.

    残念ながら、ブル家には教区長を希望する人がいなくなっていた。

  • It was hard to find a new rector as Borley House now had a reputation for being haunted.

    ボーリーハウスは幽霊が出るという評判だったので、新しい学長を探すのに苦労しました。

  • In 1928 Reverend Guy Smith accepted the position.

    1928年、ガイ・スミス牧師がその職を引き受けた。

  • He and his wife Mabel were recently returned from India and didn't know of the local

    彼と妻のメイベルは、インドから帰国したばかりで、現地のことを知らなかった。

  • legends.

    の伝説があります。

  • Mabel was appalled when she first saw the house.

    メイベルは、初めてこの家を見たとき、愕然とした。

  • It was huge for two people, over 60 years old and ramshackle.

    2人で使うには巨大で、60年以上経っていて、ボロかった。

  • While cleaning out some cupboards as they moved in, Mabel was horrified to find a small

    引越しの際に戸棚を整理していたメイベルは、小さな

  • human skull wrapped in brown paper packaging.

    茶色い紙のパッケージに包まれた人間の頭蓋骨。

  • Guy buried the skull in the churchyard.

    ガイはその頭蓋骨を教会の墓地に埋めた。

  • Soon after that Guy was walking past the Blue Room in Borley House, a room known for allegedly

    その直後、ガイは、疑惑の部屋として知られるボーリーハウスのブルールームの前を歩いていた。

  • haunted activity.

    お化け屋敷のようなアクティビティ。

  • A voice whispered at him, pleading "Don't Carlos, don't!"

    カルロス、やめて!」と懇願する声が聞こえてきました。

  • Guy was left wondering if the ghostly whisper was about the skull.

    ガイは、その幽霊の囁きが頭蓋骨のことではないかと考えていた。

  • Much like the previous occupants, the Smiths frequently heard eerie footsteps echo around

    前の住人と同じように、スミス夫妻は頻繁に不気味な足音を聞いていました。

  • the house, knocking and whispering voices.

    家の中で、ノックしたり、声をひそめたりしていた。

  • In fact footsteps were heard in the Rectory so often that one day Reverend Smith leapt

    実際、牧師館では足音が頻繁に聞こえていたので、ある日、スミス牧師が飛び出してきた。

  • out from behind a wall with a hockey stick to strike the intruderonly to find himself

    ホッケー・スティックを持って壁の後ろから出てきて、侵入者を殴ろうとしましたが、気がついたら

  • slicing thin air.

    薄い空気を斬る。

  • The rectory was fitted with old fashioned pull bells attached to ropes.

    レクトリーには、ロープに取り付けられた昔ながらのプルベルが取り付けられていました。

  • If a rope was pulled in various rooms, the kitchen would be alerted.

    いろんな部屋でロープが引っ張られると、キッチンに警報が出る。

  • The bells went off frequently, even when they were disconnected.

    遮断してもベルが頻繁に鳴るようになった。

  • Eager to put a stop to the local tales and perhaps convince themselves that there were

    地元の話に終止符を打ち、自分たちを納得させようとしていた。

  • no ghosts, in 1929 the Smiths wrote to the Daily Mirror, asking the newspaper for help

    1929年、スミス夫妻はデイリーミラー紙に助けを求める手紙を書きました。

  • in contacting the Society for Psychical Research (SPR).

    心霊研究会(SPR)にお問い合わせください。

  • The paper sent out journalist V.C.

    本紙はジャーナリストのV.C.を派遣した。

  • Wall and a photographer to lurk in the woods behind Borley Rectory to see if they could

    壁と写真家がBorley Rectoryの裏の森に潜んで、何かできないかと考えました。

  • see anything.

    何も見えない。

  • Unfortunately, they didn't see any ghosts.

    残念ながら、彼らは幽霊を見ることはできませんでした。

  • But they did spy a light in the rectory.

    しかし、牧師館に明かりが灯っているのを発見した。

  • When someone went inside the house, there was no light on, yet outside, they could still

    家の中に入ると電気がついていないのに、外に出るとまだ

  • see it.

    を参照してください。

  • Horde of curious onlookers descended upon the area having read the newspaper.

    新聞を見た野次馬が続々と集まってきた。

  • On June 11, SPR sent psychical researcher Harry Price to investigate Borley Rectory.

    6月11日、SPRは心霊研究家のハリー・プライスを派遣して、ボーリー牧師館を調査させた。

  • Over the course of several days Harry witnessed many unexplainable things, including eerie

    数日後、ハリーは不気味なものを含め、説明できない多くのものを目撃しました。

  • footsteps, pebbles bounced down the stairs and a red glass candlestick that whizzed past

    足音を立てて、小石が階段を跳ね、赤いガラスの燭台が目の前を通り過ぎていった。

  • his head and shattered against an iron stove.

    頭の中で、鉄製のストーブにぶつかって粉々になった。

  • Not long afterwards, the Smiths, unable to deal with their living circumstances anymore,

    それから間もなくして、生活環境に耐えられなくなったスミスたちは

  • quickly moved out, having been at Borley Parish for less than a year.

    ボーリー教区に来てまだ1年も経っていないのに、すぐに引っ越してしまいました。

  • The house stood empty for about 6 months before the Reverend Lionel Foyster, his much younger

    この家は半年ほど空き家になっていましたが、ライオネル・フォイスター牧師が、彼のずっと若い頃に

  • wife Marianne and toddler daughter Adelaide arrived in 1930.

    妻のマリアンヌと幼児のアデレードは1930年に到着。

  • From the beginning the family was besieged by whispers, mysterious footsteps and ringing

    最初から家族は、ささやき声、謎の足音、着信音に悩まされていた。

  • bells.

    ベルです。

  • But the poltergeist activity seemed to get stronger.

    しかし、ポルターガイストの活動は強くなっているように見えた。

  • There were sudden smells of perfume, furniture was shifted, household items vanished, random

    急に香水の匂いがしたり、家具が移動したり、家財道具が消えたり、ランダムに

  • items appeared.

    のアイテムが登場しました。

  • The ghosts liked to move things, including making bottles fall and throwing pebbles.

    おばけたちは、ビンを落としたり、小石を投げたりと、物を動かすのが好きでした。

  • Windows were broken and Adelaide was mysteriously locked in a room to which there was no key.

    窓は壊され、アデレードは不思議なことに、鍵のない部屋に閉じ込められていた。

  • The regular ghosts were also seen including the nun and the headless man.

    尼僧や首のない男など、通常の幽霊も見られた。

  • Again the poltergeist focused on one person -- Marianne.

    この時もポルターガイストはマリアンヌという一人の人間に注目した。

  • Allegedly, she was thrown out of bed several times.

    聞くところによると、彼女は何度もベッドから放り出されたそうです。

  • Once a flying item struck her so hard she was left with a black eye and cut face.

    飛んできたものが激しく当たって、目の周りが黒くなったり、顔が切れたりしたこともあった。

  • Beginning in 1931 mysterious messages began to appear on scrap of paper and the walls

    1931年から、紙切れや壁に不思議なメッセージが現れるようになりました。

  • of the house, some targeting her.

    家の中で、彼女を狙っている人もいました。

  • One particular message addressed to Marianne pleaded for 'rest' and 'mass prayers'.

    マリアンヌに宛てたメッセージの中には、「休息」と「ミサの祈り」を求めるものがあった。

  • Many of the messages were scrawled in a manic fashion and were ineligible.

    躁状態で書き込まれたメッセージも多く、不適格でした。

  • Harry Price visited Borley Rectory a few times while the Foysters were there to follow up

    ハリー・プライス氏は、フォイスターズが滞在していた間に何度かBorley Rectoryを訪れ、フォローアップを行いました。

  • on his paranormal investigations.

    超常現象の調査をしています。

  • Reverend Foyster kept a diary of unexplained happenings at Borley.

    フォイスター牧師は、ボーリーで起きた不可解な出来事を日記に残していました。

  • He didn't seem phased by the paranormal activity.

    彼は超常現象にも動じない様子でした。

  • He only left his position after 5 years in 1935 because of his advanced arthritis.

    彼は1935年に5年後に関節炎が進行したため、その職を辞しただけだった。

  • By this time the Church had had enough of Borley Rectory, they gave up trying to find

    この頃、教会はBorley Rectoryに飽き飽きしていて、探し出すのを諦めていました。

  • someone to take over.

    誰かに引き継いでもらう。

  • They merged the parish with a nearby one and put Borley Rectory up for sale.

    この教区は近隣の教区と合併し、Borley Rectoryは売りに出されました。

  • In 1937, Harry Price rented the house for one year.

    1937年、ハリー・プライスがこの家を1年間借りていた。

  • He wanted to study the ghosts.

    幽霊の研究をしたかったのだ。

  • On May 2nd 1937, he placed an advertisement in The Times: “Haunted House.

    1937年5月2日、彼はThe Timesに広告を出した。"Haunted House.

  • Responsible persons of leisure and intelligence, intrepid, critical and unbiased are invited

    余裕と知性のある責任感のある方、果敢で批判的な方、偏見のない方を募集します。

  • to join rota of observers in a year's day and night investigation of alleged house…”

    疑惑の家を1年かけて昼夜問わず調査するオブザーバーに参加するために..."

  • He ended up hiring 50 employeespredominantly students working weekendsas official

    その結果、週末に働く学生を中心とした50人の従業員を公式に採用することになりました。

  • observers.

    のオブザーバーです。

  • Harry and his team conducted a variety of experiments within the house, recording instances

    ハリーたちは、家の中でさまざまな実験を行い、その結果を記録しました。

  • of perceived paranormal phenomena such as knocking, bell ringing and movement of objects.

    ノックやベルの音、物の動きなどの超常現象を知覚したという

  • He also brought in several mediums and conducted seances.

    また、何人かの霊媒師を連れてきて、降霊を行った。

  • The most notable seance occurred on March 27th, 1938.

    最も有名な降霊は1938年3月27日に行われました。

  • Medium Helen Glanville allegedly made successful contact with a nun and an unidentified male

    霊媒師のHelen Glanville氏は、修道女と身元不明の男性との接触に成功したとされています。

  • spirit.

    の精神を持っています。

  • The male spirit predicted that the rectory would be destroyed by fire in exactly one

    その男性霊は、牧師館がちょうど1年後に火事で焼失すると予言していました。

  • year and that a nun's body would be found amongst the ruins.

    年には、遺跡の中から修道女の遺体が発見されたという。

  • In the autumn of 1938 Borley was purchased by Captain William Hart Gregson at a steal

    1938年の秋、Borleyはキャプテン・ウィリアム・ハート・グレッグソンに格安で購入された。

  • for £500, or around £33,524 or $47,500 USD in today's money.

    を500ポンド(現在の貨幣価値で約33,524ポンド、47,500米ドル)で購入しました。

  • Gregson had insured it for £10,000, or about £665,831 or $943,610 USD in today's money.

    グレッグソンは1万ポンド(現在の貨幣価値で約66万5,831ポンド、94万3,610米ドル)の保険をかけていた。

  • He renamed the house 'The Priory' and planned to cash in on the rectory's spooky

    彼はこの家を「The Priory」と名づけ、牧師館の不気味さを利用して利益を得ようとした。

  • history and turn the house into a tourist stop.

    の歴史を知ってもらい、観光の拠点にしてもらう。

  • However on February 27th, 1939, exactly 9 months after the eerie prediction, Captain

    しかし、その不気味な予言からちょうど9ヶ月後の1939年2月27日、キャプテンは

  • Gregson was moving into the property.

    グレッグソンはこの物件に入居していた。

  • Allegedly while sorting through some books at the house he saw a stack of them fall,

    聞くところによると、家で本を整理しているときに、本の束が落ちてくるのを見たそうです。

  • despite being firmly placed on a table.

    机の上にしっかりと置かれているにもかかわらず

  • The books knocked over a paraffin lamp, spilling oil across the floor, which then ignited.

    本がパラフィンランプを倒して床に油がこぼれ、それが発火したのだ。

  • By the time the fire brigade arrived the house was well ablaze.

    消防隊が到着したときには、家は完全に燃え尽きていました。

  • The firemen extinguished the flames but not before they had destroyed the upper storey

    消防隊員は炎を消しましたが、その前に上の階を破壊してしまいました。

  • and damaged most rooms on the ground floor.

    また、ほとんどの部屋が1階にあるため、ダメージを受けていました。

  • A policeman who had attended the fire later questioned Captain Gregson about the identity

    後日、火災現場に居合わせた警察官が、グレッグソン警部に身元を問うた。

  • of thelady and gentlemen, in cloakshe had seen leaving the house as it was burning.

    燃えている家から出て行く「マントを着た紳士淑女」の姿を見たのである。

  • However, he assured the policeman he was the only person at the rectory.

    しかし、彼は警察官に、牧師館には自分しかいないと断言した。

  • Upon investigation, the insurance company decided Gregson deliberately set the house

    調査の結果、保険会社はグレッグソンが故意に家を壊したと判断しました。

  • on fire and refused to pay out.

    炎上し、支払いを拒否されました。

  • The house was left as a ruin, never to be rebuilt.

    この家は廃墟として残され、再建されることはなかった。

  • After the fire, Harry Price searched the ruins for the body of the nun.

    火事の後、ハリー・プライスは修道女の遺体を求めて廃墟を捜索した。

  • While digging in the cellar he found part of a jawbone and skull which he claimed belonged

    地下室を掘っていたら、顎の骨と頭蓋骨の一部が出てきて、それが自分のものだと主張したのです。

  • to the nun.

    尼さんに

  • However, others claimed the bones belonged to a pig.

    しかし、この骨は豚のものだと主張する人もいた。

  • Although the local vicar of Borley refused to allow the Christian burial of the bones,

    しかし、地元のボーリー牧師は、その骨をキリスト教式に埋葬することを拒否しました。

  • the church at nearby Liston did.

    近くのリストンの教会がそうだった。

  • The ruins of the gutted rectory were finally demolished in 1944.

    壊された牧師館の跡は、1944年にようやく取り壊された。

  • However, that didn't end the supernatural phenomena.

    しかし、それで超常現象が終わったわけではない。

  • During World War II, army officers using the grounds of Borley Rectory had stones thrown

    第二次世界大戦中、Borley Rectoryの敷地内を使用していた陸軍将校が石を投げられた。

  • at them, but when they investigated, there was no one there.

    しかし、調べてみると誰もいませんでした。

  • They also felt incredibly uneasy, like they were being watched by some eerie unseen presence.

    また、何か見えない不気味な存在に見られているような、とてつもない不安を感じていた。

  • Their feelings of discomfort were so great, they abandoned the site early.

    彼らの違和感は大きく、早々にサイトを放棄してしまった。

  • From 1947 to 1950, James and Alice Turner lived in the summer cottage which hadn't

    1947年から1950年にかけて、ジェームズ・ターナーとアリス・ターナー夫妻は、当時はまだなかったサマーコテージに住んでいた。

  • been affected by the fire.

    は、火災の影響を受けました。

  • Though there were no children around, they would hear the shrieks and laughter of children

    周りに子供がいないのに、子供の悲鳴や笑い声が聞こえてくる。

  • playing in the orchard.

    果樹園で遊ぶ。

  • On one occasion they heard the sound of heavy footsteps on the wooden floor of their cottage.

    ある時、コテージのフローリングの床に重い足音が聞こえてきた。

  • During a 1961 paranormal investigation, all the flashlights as well as the car headlights

    1961年に行われた超常現象調査では、車のヘッドライトだけでなく、すべての懐中電灯が

  • belonging to the investigators all failed without obvious cause.

    調査員が持っていたものが、明らかな原因なく故障した。

  • Harry Price died in 1948, having written 2 books about Borley House, one borrowing extensively

    ハリー・プライスは1948年に亡くなりましたが、その間にボーリーハウスについて2冊の本を書き、1冊は広く借用しています。

  • from Reverend Foyster's diary of paranormal activity in the house.

    フォイスター牧師の日記に書かれていた超常現象のことです。

  • Over the years accusations of fraud have arisen from skeptics, investigators and associates

    長年にわたり、懐疑論者、調査者、関係者から不正の告発がなされてきました。

  • of Price's.

    プライスの

  • It's thought he fabricated much of the paranormal phenomena that occurred.

    起こった超常現象の多くは、彼が捏造したものだと考えられている。

  • Later in life, Marianne Foyster would publicly admit that she had never experienced anything

    後年、マリアンヌ・フォイスターは「何も経験したことがない」と公言します。

  • supernatural within the house, she faked the hauntings to cover up an affair she was having

    家の中の超自然現象、彼女は浮気を隠すために幽霊を偽装した。