Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's arguably the most mysterious place in the world, where great hunks of ships have

    世界で最も神秘的な場所であり、巨大な船の塊があります。

  • plunged into the abyss, where pilots and their planes have vanished into thin air. Batten

    奈落の底に突き落とされ、パイロットとその飛行機が空中に消えてしまった。バテン

  • down the hatches and join us on our journey into the deltoid of death.

    私たちと一緒に、「死の三角地帯」への旅に出かけましょう。

  • 50. Before we regale you with stories of tragedy

    50.悲劇の物語を語る前に

  • and downright dumbfoundedness, for our viewers not exactly educated on the basics of the

    の基本的な知識を持っていない私たち視聴者にとっては、驚きと呆れの連続でした。

  • Bermuda Triangle, here is some practical information. It's an area in the North Atlantic Ocean

    バミューダトライアングル、ここでは実用的な情報をご紹介します。それは、北大西洋のエリアである

  • that has one point touching Miami in the US, going all the way down to Puerto Rico and

    アメリカのマイアミを1点とし、プエルトリコまで行き

  • up to Bermuda. Nonetheless, the exact area is not defined. All you need to know is it's

    バミューダまでです。それにもかかわらず、正確なエリアは定義されていません。知っておくべきことは、それが

  • in that vicinity.

    その近辺では

  • Since it's not exactly exact, its area is said to be anything from 500,000 to 1,510,000

    正確ではないので、その面積は50万から151万と言われています。

  • square miles (1,300,000 to 3,900,000 km2). That's a lot of space, somewhere between

    平方マイル(130万〜390万km2)。の間くらいの広さになります。

  • the size of South Africa and a bigger India. It's a lot of room to get lost in, and as

    南アフリカの大きさに匹敵し、インドよりも大きい。迷子になるほどの広さですし、として

  • you'll now see, that has happened time and time again.

    今になってみれば、それは何度も繰り返されてきたことなのです。

  • 49. A man named E. V. W. Jones wrote an article

    49.E.V.W.ジョーンズという人が、ある記事を書いた。

  • in the Miami Herald in 1950 titledSea's Puzzles Still Baffle Men In Pushbutton Age.”

    1950年にマイアミ・ヘラルド紙に掲載された「Sea's Puzzles Still Baffle Men In Pushbutton Age」というタイトルの記事です。

  • It was one of the stories that inspired the mystery of the Bermuda Triangle.

    バミューダトライアングルの謎を解くきっかけとなった物語の一つである。

  • While the article didn't mention a triangle per se, the rather poetic piece did talk about

    この記事では三角形については触れられていませんでしたが、かなり詩的な記事では

  • ships and planes just disappearing, and we mean, completely disappearing. The article

    船や飛行機が消えてしまう、つまり完全に消えてしまうのです。記事の内容

  • described one such ship called the Sandra. This 350-foot freighter with 12 men on board

    そんな「サンドラ」と呼ばれる船を紹介した。この350フィートの貨物船には12人の人間が乗っていて

  • was taking 300 tons of insecticide from the US to Venezuela. It didn't get there. Searches

    殺虫剤300トンをアメリカからベネズエラに運んでいた。届かなかった。検索

  • were made in vain. Not even a remnant of the ship or its crew was found. It was written

    しかし、その努力もむなしく船や乗組員の残骸さえも見つからなかった。と書かれている。

  • down as an official mystery. 48.

    公式ミステリーとしてダウン48.

  • At 4 a. m. on December 27, 1948, a plane carrying 32 people including two babies radioed control

    1948年12月27日午前4時、赤ちゃん2人を含む32人を乗せた飛行機が無線操縦で

  • and said it had almost completed its journey from San Juan, Puerto Rico to Miami. It was

    で、プエルトリコのサンファンからマイアミまでの旅をほぼ終えたと言っていました。それは

  • just 50 miles (80km) from its destination. Nothing untoward was reported. The plane was

    目的地からわずか50マイル(80km)のところにあります。何も問題はありませんでした。この飛行機は

  • fine. The weather was ok. So why did that plane and all those people never get to Miami?

    fine天気も大丈夫だった。では、なぜあの飛行機と人々はマイアミにたどり着けなかったのか?

  • How come after extensive searches nothing was ever found?

    徹底的に調べても何も出てこないのはなぜ?

  • It wasn't a one-off. Just a year later, another plane went missing.

    それは一度だけのことではありませんでした。ちょうど1年後、別の飛行機が行方不明になりました。

  • This is what was written about the disappearance, “Aircraft carriers, cruisers, destroyers

    これは失踪について書かれたもので、「空母、巡洋艦、駆逐艦

  • combed the waters with thousands of pairs of sharp eyes on watch. They found no hint

    何千組もの鋭い目で海中を捜索した。何のヒントも得られず

  • of the plane's fate.” As you'll now see, many stranger things

    "飛行機の運命は"今ご覧になっているように、多くの奇妙なことが

  • have happened. 47.

    が起きたことがある。47.

  • It was a guy named George Sand that really cemented the mystery with an article he wrote

    ジョージ・サンドという人が書いた記事で、この謎を決定的なものにしました。

  • back then. In his story, he talked about the 1945 disappearance

    当時の様子をご紹介します。その話の中で、1945年の失踪事件について

  • of Flight 19. This is one messed up tale if ever there was one.

    19便のこれは非常に混乱した物語である。

  • On December 5 that year, five Grumman TBM Avengers set off on a training exercise from

    その年の12月5日、グラマン社のTBMアベンジャー5機が、日本での訓練に向けて

  • the Naval Air Station Fort Lauderdale in Florida. Not one of those five planes or their 14 occupants

    フロリダ州のフォートローダーデール海軍航空基地でのこと。その5機のうち、1機も、14人の乗員も

  • was ever seen again. The flight leader, Charles Carroll Taylor

    は二度と目撃されなかった。フライトリーダーのチャールズ・キャロル・テイラーは

  • had 2,500 hours of flying experience. The other pilots might have been trainees, but

    は2,500時間の飛行経験を持っていた。他のパイロットは訓練生だったかもしれませんが

  • they at least had something like 300 hours of flight time under their belts.

    彼らは少なくとも300時間以上の飛行時間を持っていた。

  • The training operation should have had three legs, with the first being bombing practice.

    訓練作戦は3本立てで、1本目は爆撃の練習だったはずだ。

  • The base and other planes heard through the radio that this had been completed since one

    基地や他の飛行機は、無線を通じて、これが完成したことを1つの

  • pilot said he'd dropped the last bomb. Part two of the exercise it seems didn't go so

    パイロットは最後の爆弾を投下したと言っていました。演習の第2部はそうはいかなかったようですが

  • well. Sometime during the second part of the exercise,

    順調です。第2部の練習中のある日。

  • something went wrong, rains and winds came as well as thick clouds. One of the trainee

    その結果、雨と風、そして厚い雲が発生した。訓練生の一人が

  • pilots radioed in and said, “I don't know where we are. We must have gotten lost after

    パイロットが無線で「ここがどこだかわからない」と言ってきた。の後、迷子になってしまったのだろう。

  • that last turn.” Taylor also said at one point, “Both of

    that last turn"また、テイラーはある時、「両方の

  • my compasses are out. I am trying to find Fort Lauderdale, Florida. I am over land but

    コンパスが故障してしまいました。私はフロリダ州のフォートローダーデールを探しています。私は陸地にいますが

  • it's broken. I am sure I'm in the Keys but I don't know how far down and I don't know

    壊れています。キーにいるのは確かだが、どのくらい下にいるのかわからないし

  • how to get to Fort Lauderdale.” The last message that came wasn't good news.

    How to get to Fort Lauderdale." (フォートローダーデールへの行き方)最後に来たメッセージは良い知らせではありませんでした。

  • He said, “All planes close up tight ... we'll have to ditch unless landfall ... when the

    彼は「すべての飛行機はしっかりと閉じて......上陸しない限りは捨てなければならないだろう......その時は」と言った。

  • first plane drops below 10 gallons, we all go down together.” After that, a haunting

    最初の飛行機が10ガロン以下になったら、みんな一緒に沈むんだ」。その後、心に残るような

  • static buzz could be heard. That was it, gone, everyone was just gone.

    雑音が聞こえてきた。それは、みんながいなくなった、ということだった。

  • Flying boats went to the areas where they might have gone down. One of them was manned

    沈んだと思われる場所には飛行艇が行った。そのうちの1つは人が乗っていて

  • by 13 crew. It too vanished. Nothing of the planes or the flying boats was ever found.

    13人のクルーがそれも消えてしまった。飛行機も飛行艇も何も発見されなかった。

  • A Navy Lieutenant said about that, “We had hundreds of planes out looking, and we searched

    海軍中尉はそのことについて、「何百機もの飛行機が出てきて、捜索していました。

  • over land and water for days, and nobody ever found the bodies or any debris.”

    何日もかけて陸と水の上を移動し、誰も死体や瓦礫を見つけられなかった」。

  • Ok, so what had happened? What went down in the sky to make those pilots so disoriented?

    さて、何が起こったのだろうか。空の上で何が起こって パイロットたちは混乱したのでしょうか?

  • Again, no one knew. It was listed as anunknown cause.” This inspired countless theories

    ここでも誰も知らなかった。原因不明」とされた。これに刺激されて無数の説が生まれ

  • back then just as it does today. People talked about aliens taking out the planes, which

    当時も今も同じです。宇宙人が飛行機を破壊するという話がありましたが、それは

  • in this current era of alien fascination would perhaps not sound so inconceivable. Others

    宇宙人に魅了されている今の時代には、それほど考えられないことかもしれません。その他

  • talked about parallel dimensions where the pilots had been taken.

    は、パイロットが連れて行かれたパラレルディメンションの話をしていた。

  • 46. Actually, in 1991 a bunch of treasure hunters

    46.実は、1991年にトレジャーハンターたちが

  • shocked the world when they announced they'd solved the mystery of Flight 19. They'd

    19便の謎を解明したと発表し、世界に衝撃を与えました。彼らは

  • found remnants of WW2 Avenger planes off the coast of Florida. People thought thatThe

    フロリダ沖で第2次世界大戦中のアベンジャー機の残骸を発見。人々は、「The

  • Lost Patrolmystery was over, but no, the serial numbers didn't match up and so to

    ロスト・パトロール」の謎は解けたが、シリアルナンバーが一致しなかったために

  • this day no one knows what happened to those planes.

    今日では、これらの飛行機に何が起こったのか、誰も知らない。

  • 45. From 1942 to 1945, 95 pilots out of NAS Fort

    45.1942年から1945年にかけて、NASフォートから95人のパイロットが出ています。

  • Lauderdale lost their lives, but what's so strange is people and planes often remained

    ラダデールは命を落としましたが、不思議なことに、人も飛行機もよく残っていました。

  • missing after extensive searches. Ok, some hard facts now.

    徹底的に捜索した結果、行方不明になりました。分かった、いくつかの確かな事実。

  • 44. Did you know that no official map that exists

    44.公式に存在する地図がないことを知っていますか?

  • actually has the Bermuda Triangle on it? In fact, the U.S. Board on Geographic Names doesn't

    バミューダトライアングルが描かれていますか?実は、米国地理的名称委員会では

  • even acknowledge it exists. 43.

    が存在することを認識しています。43.

  • Even though a few people had talked about this deadly area for some time, it wasn't

    以前から何人かの人がこの死のエリアについて話していたにもかかわらず、それは

  • until 1964 that the Bermuda Triangle really got its name. That was after a guy named Vincent

    バミューダトライアングルの名が広まったのは、1964年のことだ。それは、ヴィンセントという男が

  • Gaddis wrote a story about the mystery in a pulp magazine.

    Gaddisはパルプ雑誌にこのミステリーの話を書いた。

  • 42. Maybe you believe people-snatching aliens

    42.人さらいをする宇宙人を信じているかも

  • are to be blamed for the vanishings or you might think pilots headed off to a parallel

    また、パイロットがパラレルワールドに向かったと考えるかもしれません。

  • world. If that sounds outlandish, some writers have tried to convince us that the lost city

    の世界である。それが突拍子もないことだと思えば、ある作家は、失われた都市が

  • of Atlantis is behind it all. One 1974 book that posits this isThe Bermuda Triangle

    のアトランティスがすべての背後にある。これを仮定した1974年の一冊の本が "The Bermuda Triangle" です。

  • by Charles Berlitz. Just to show you how much people love reading about the mystery, that

    チャールズ・ベルリッツ著謎の読書がどれだけ人々に愛されているかを示すために、その

  • book sold 20 million copies in 30 different languages.

    は30カ国語で2000万部を売り上げました。

  • 41. The area is one of the busiest places in the

    41.の中でも最も忙しい場所の一つです。

  • entire world regarding shipping lanes. 40.

    シッピング・レーンについては、全世界を対象としています。40.

  • The Bermuda Triangle is home to the deepest part of the entire Atlantic Ocean, the Milwaukee

    バミューダトライアングルには、大西洋全体の中で最も深い部分であるミルウォーキー

  • Depth, and at a point called The Puerto Rico Trench it has a depth of 27,493 feet (8,380

    深さは、プエルトリコ海溝と呼ばれる地点では、27,493フィート(8,380

  • meters). Still, that's not quite as deep as the Challenger Deep in the Pacific ocean

    m)を実現しました。)それでも、太平洋のチャレンジャー・ディープほどの深さではないが

  • that is 36,200 feet (11,033 meters) deep. 39.

    その深さは36,200フィート(11,033メートル)にも及びます。39.

  • It's not known exactly just how many ships and planes have gone down over this area,

    この地域で何隻の船や飛行機が墜落したのか、正確には分かっていない。

  • although a rough estimate would be 50 ships and 20 planes. In terms of planes, that number

    といっても、概算では船50隻、飛行機20機。飛行機で言えば、その数は

  • is likely low. Most of the time none of the wreckage is ever found and oftentimes there's

    は低いと思われます。ほとんどの場合、残骸は何も発見されず、多くの場合は

  • no explanation as to why the accidents happened. As you'll see later, what's really disturbing

    なぜ事故が起きたのかの説明もない。後述しますが、本当に気になるのは

  • is there have been disappearances that involved large vessels carrying many, many people.

    は、何人もの人を乗せた大きな船での失踪事件がありました。

  • 38. There have of course been practical theories

    38.もちろん、実用的な理論もありましたが

  • as to why things vanish out of sight. It's not a theory but a fact that over this area

    なぜ目の前から物が消えるのか?理論ではなく事実として、この地域では

  • the weather can change so fast you would hardly even see it coming. That's one reason why

    天候の変化は目に見えないほど速いものです。そのために

  • some people might not send a distress call. It's the naval or aviation equivalent of

    遭難信号を送らない人もいるかもしれない。これは、海軍や航空会社でいうところの

  • being sucker-punched. 37.

    吸い込まれるように37.

  • There's another less obvious thing that can happen over this wide area. Researchers

    また、このような広い地域では、もう一つの目立たない現象が起こります。研究者

  • have found that deep below decomposing sea organisms create methane gas. When lots of

    深海で生物が分解してメタンガスが発生することを発見しました。たくさんの生物が分解すると

  • it accumulates it forms methane ice and when that breaks up gas shoots up through the ocean.

    それが蓄積されるとメタンの氷ができ、それが砕けるとガスが海を突き破って噴出します。

  • No vessel would ever know it's coming, so there's another sucker punch for you. But

    器はそれに気づかないだろうから、もう一つのカモメパンチがある。しかし

  • what's really interesting is scientists say this eruption of gas would make the water

    非常に興味深いのは、科学者たちが、このガスの噴出によって、水が

  • less dense and a ship could go down. Since the water is so deep, that ship could disappear

    の密度が低く、船が沈む可能性があります。水がとても深いので、その船は消えてしまうかもしれません

  • as quickly as fun did in 2020. Let's stick with the practical but with

    ファンが2020年に行ったように早く実用的なものにこだわりましょうが、と

  • a guy that actually experienced a weather phenomenon himself when flying over the triangle.

    実際に三角点の上を飛んで気象現象を体験した人がいる。

  • 36. His name was Bruce Gernon and on December

    36.彼の名前はブルース・ガーノンで、12月に

  • 4, 1970, at the age of just 23, he was flying in his small plane when things got really

    1970年4月、23歳の若さで小型飛行機を操縦していたとき、事態は大きく変化しました。

  • weird. He and his pop had taken off from Andros Island in the Bahamas with the intention of

    怪しい。彼と彼の親父は、バハマのアンドロス島を飛び立った。

  • getting to Palm Beach, Florida. Both men were pilots with lots of flying time, especially

    フロリダ州のパームビーチに到着。二人とも飛行時間の多いパイロットで、特に

  • the father who was the pilot that day. They'd been informed that the weather was

    この日、パイロットを務めた父親は彼らは天気が悪いとの情報を得ていたので

  • clement and while flying everything was fine, except at some point during the flight they

    クレメントで、飛行中はすべて順調だったが、飛行中のある時点で、彼らは

  • said they seemed to enter what they described as a strange tunnel that was in the middle

    奇妙なトンネルに入ったようだと言っていました。

  • of a cloud. For about 10 seconds, they said the aircraft

    雲の中。約10秒間、機体は

  • became weightless. But even stranger, all the instruments in the plane started to go

    が無重力状態になった。しかし、さらに奇妙なことに、飛行機内のすべての計器が動き始めました。

  • crazy. There was no blue sky to be seen, just some peculiar grey and that seemed to go on

    狂っている。青空は見られず、独特の灰色で、それがずっと続いているようでした。

  • for about two miles. Panicked now, they radioed to Miami and said things had taken a turn

    を2マイル(約3.8km)ほど進んだ。パニックになった彼らは、マイアミに無線で状況が一変したことを伝えました。

  • for the worse and they were inside some really sketchy weather. Miami responded, saying,

    のために、彼らは本当に大雑把な天候の中にいました。マイアミは、こう答えた。

  • nope, we can see nothing on our screens. Later the controller said he spotted their

    いや、スクリーンには何も映っていない。後日、コントローラーが彼らの姿を見つけたと言っていた。

  • aircraft not far from Miami Beach, to which the guys said that's not possible, we haven't

    マイアミ・ビーチから遠くない場所に航空機があることを知っていましたが、彼らはそれは不可能だと言いました。

  • been flying long enough. But it was correct, they soon saw the beach. They were way ahead

    飛んでいた時間が長かったのだ。しかし、その通りで、すぐに海岸が見えてきた。彼らはずっと前から

  • of schedule and had saved 10 gallons of fuel. So, what had happened? Well, it's not exactly

    予定よりも早く、10ガロンの燃料を節約できた。さて、何が起こったのか?それは、正確には

  • science-based, but Gernon believes that the tunnel they were in was some kind of electric

    科学的根拠に基づいていますが、ゲルノンは、彼らがいたトンネルは、ある種の電

  • fog and something had happened in there that had propelled their plane faster. Obviously,

    霧が発生し、そこで起こった何かが彼らの飛行機を加速させたのだ。当然ですね。

  • they couldn't read the speed because the instruments weren't working. Gernon has

    観測機器が作動していなかったため、速度を読み取ることができなかったのです。ゲルノンは

  • since appeared in more than 50 television documentaries talking about his theory.

    の後、50本以上のテレビ・ドキュメンタリーに出演し、自分の理論を語ってきました。

  • This is an excerpt from one of the books written about him:

    これは、彼について書かれた本の中から抜粋したものです。

  • Bruce Gernon is the only person to have witnessed its birth stage through the mature

    "ブルース・ゲルノンは、その誕生から成熟までを見守ってきた唯一の人物です。

  • stage, to enter the heart of the Timestorm, escaping through a Tunnel Vortex and resulting

    ステージでは、「タイムストーム」の中心部に入り、「トンネルボルテックス」を通って脱出し、結果として

  • in a time warp of 30 minutes forward in time, and 100 miles forward in space.”

    時間にして30分、空間にして100マイルのタイムワープをしている。

  • Ok, so some of you are calling cow dung on this one, but keep watching, things will get

    OK、この件について牛の糞と言っている人もいますが、見守っていてください。

  • freakier. 35.

    freakier.35.

  • There have also been a bunch of UFO sightings over this particular area.

    また、この地域ではUFOの目撃情報も多く寄せられている。

  • 34. One of them was in 1978 when a Greek Merchant

    34.その一つが、1978年にギリシャのマーチャントが

  • Marine radio operator named Polycarp Spentzas had the fright of his life. These are his

    海軍無線兵のポリカルプ・スペンツァスは、人生で最も怖い思いをした。これが彼の

  • own words: “We started from Porto Matanzas, Cuba, bound

    の言葉です。"キューバのポルト・マタンサスから出発して

  • for Algiers, with an average speed of 11 miles. Shortly before 12 noon local time, the officers

    平均速度11マイルでアルジェに向けて出発した。現地時間の正午12時少し前、役員たちは

  • of the ship's bridge began to notice that it appeared to them that the ship was sailing

    艦橋のスタッフは、船が航行しているように見えることに気づき始めた。

  • at unusually high speedbut the instruments showed a constant speed of 10 to 11 nautical

    しかし、計器は10〜11海里の一定速度を示していた。

  • miles an hour.” He said the ship went through the water as

    km/h"のように船が水の中を通っていったそうです。

  • it had never done before. He and the crew had no idea what was going on. Then things

    これまでになかったことである。彼もクルーも、何が起こっているのかわからなかった。その後、事態は

  • got weird when a guy came up from the engine room and said all the clocks for some reason

    エンジンルームから男が上がってきて、すべての時計がなぜかあると言ったときには奇妙な気分になった。

  • had gone forward two hours. A bit later, Spentzas' mind pretty much

    は2時間進んでいた。少し後、スペントザの心はかなり

  • went to pieces. This is what he said happened: “The cook and I were playing backgammon

    がバラバラになってしまった。彼の話によると、このようなことがあったそうです。"コックと私はバックギャモンをしていた。

  • in the smoking room, when suddenly we looked back and saw, to the left of the ship, i.e.,

    喫煙室にいたとき、ふと後ろを振り返ると、船の左側に、すなわち

  • the northwest side, just a few miles away, a large, white unidentified flying object

    北西側、数キロ先に大きな白い未確認飛行物体が

  • in the sky.” He said two smaller objects were next to it.

    空に"その隣には2つの小さな物体があったそうです。

  • He didn't immediately want to think aliens, so tried to calm himself down by telling himself

    宇宙人のことはすぐには考えたくなかったので、自分に言い聞かせて気持ちを落ち着かせようとした。

  • it was the Americans doing some kind of secret aircraft operation. Still, why were the clocks

    それは、アメリカ人が何か秘密の航空機操作をしていたからだ。それにしても、なぜ時計が

  • wrong, and he couldn't really explain the movement of the things in the sky since no

    また、空にあるものの動きを説明することもできませんでした。

  • aircraft could do that. In interviews that followed, he said all of

    航空機はそれができる。その後のインタビューで、彼はすべての

  • the crew experienced a slow heartbeat at the time, as well as bradycardia and hypothermia.

    徐脈や低体温などの症状が出ていました。

  • He believed this was down to something he called, “gravitational time dilation”.

    彼はこれを「重力による時間の拡張」と呼んでいた。

  • He said this caused biochemical changes in the crews' bodies.

    これが乗組員の体に生化学的な変化をもたらしたという。

  • It sounds crazy, but this guy doesn't look like he's joking.

    クレイジーに聞こえるが、この男は冗談を言っているようには見えない。

  • 33. Still, for most people, they don't get treated

    33.それでも、ほとんどの人にとっては、治療を受けられない

  • to a strange phenomenon like that. One sailor who's been through the triangle more times

    というような不思議な現象に三角関係を何度も経験しているある船員は

  • than he can count said, “I've raced through the Bermuda Triangle, never has anything strange

    私はバミューダトライアングルを通過したことがありますが、不思議なことは一度もありませんでした」と言っていました。

  • happened.” 32.

    が起こりました。"32.

  • The triangle gets the blame for many things it likely wasn't involved in, including

    三角関係は、自分が関与していないであろう多くのことで責任を負わされます。

  • the disappearance of Malaysia Airlines Flight MH370 - even though it went missing on the

    マレーシア航空MH370便の失踪については、その失踪した日にもかかわらず

  • other side of the globe. 31.

    地球の反対側。31.

  • It didn't help matters when a politician from Malaysia tweeted a few years back, “New

    数年前、マレーシアの政治家が「New」とつぶやいたのが印象的でした。

  • Bermuda Triangle detected in Vietnam waters, well-equipped sophisticated devices are of

    ベトナム海域で発見されたバミューダトライアングル、設備の整った精巧な装置は

  • no use!” Part of the theory goes that there's another triangle like itself directly opposite.

    no use!"理論の一部は、自分と同じような三角形がもう一つ真反対にあるというものです。

  • Maybe there's a wormhole thing going on… 30.

    ワームホール的なものがあるのかもしれませんね・・・30。

  • As to why ships go down so fast, there's another theory that posits it could be something

    なぜ船が早く沈むのかについては、別の説があります。

  • called rogue waves. These can reach 100 feet high. We actually prefer the name monster

    ローグウェーブと呼ばれるものです。これは、高さ100フィートに達することもあります。私たちは、モンスターという名前の方が好きです。

  • waves or killer waves. Basically, certain weather patterns can all occur at the same

    波やキラーウェーブのことです。基本的には、特定の気象パターンがすべて同じ時期に発生することがあります。

  • time and great big waves can occur, something big enough to sink a very sturdy ship.

    頑丈な船が沈むほどの大きな波が発生することもあります。

  • They are scary, too, as you'll now see. 29.

    今になってみると、彼らも怖いですね。29.

  • It took some time for science to actually record a rogue wave, but when it did, there

    科学が実際にローグウェーブを記録するまでには時間がかかりましたが、記録された時には

  • certainly was another thing to fear for sailors. When the master of the RMS Queen Elizabeth

    は、船乗りにとってはもうひとつの恐怖であった。RMSクイーン・エリザベス号の船長が

  • 2 was hit by one in 1995, you could say he got a shock. His exact words were, “It came

    1995年に2号機が直撃したとき、彼は衝撃を受けたと言っていいだろう。その時の言葉は「来た」でした。

  • out of the darknessandlooked like the White Cliffs of Dover.” It had to kind

    暗闇の中で」「ドーバーの白い崖のように見えた」。それは種類があった

  • of surf the almost-100 foot wave to avoid sinking.

    沈没しないように、100フィート近い波に乗りました。

  • 28. There are also liars when it comes to the

    28.になると嘘つきも出てきます。

  • Bermuda Triangle. That writer we mentioned earlier named Charles Berlitz wrote about

    バミューダトライアングル。先ほど紹介したチャールズ・ベルリッツという作家は、次のように書いています。

  • ships and planes that went missing that actually never existed.

    行方不明になった船や飛行機は、実際には存在しなかった。

  • This next one counts, though. 27.

    この次はカウントされますが。27.

  • In 1969, two lighthouse keepers were busy at their jobs at the Great Isaac Lighthouse

    1969年、アイザック大灯台では2人の灯台守が忙しく仕事をしていた

  • in the Bahamas. Ok, so there was bad weather, but the guys one day just went missing and

    バハマで。OK、悪天候だったのですが、ある日突然、男たちが行方不明になり

  • were never found. 26.

    は見つかりませんでした。26.

  • In 1963, the SS Marine Sulphur Queen went missing and all 39 people on board were never

    1963年、SSマリンサルファークイーン号が行方不明になり、乗船していた39人全員が行方不明になりました。

  • seen again, although in this case there were ample reports stating that the vessel was

    この場合は、船が再び現れたという十分な報告がありました。

  • not fit to sail. Still, the families of the sailors wanted to know where their loved ones

    航海に適さない。それでも船員の家族は、愛する人がどこにいるのかを知りたがっていた。

  • had gone and a huge investigation ensued. But like many ships and many men, all the

    が消えてしまい、大規模な調査が行われました。しかし、多くの船と多くの人のように、すべての

  • searches came up with nothing. This next one is very sad, indeed.

    の検索では何も出てきませんでした。この次の作品は、実に悲しい。

  • 25. It's the story of two 14-year old boys who

    25.14歳の2人の少年の物語である。

  • went fishing off the coast of Florida. They never returned home and a search of 15,000

    は、フロリダ沖で釣りをしていました。二人は帰らぬ人となり、15,000人の捜索が行われました。

  • square nautical miles found nothing. One of the guys prior to their disappearance wrote

    平方海里で何も見つかりませんでした。彼らが失踪する前、一人の男がこう書いていた。

  • a message on Instagram to another friend. It read, “Me and Austin are crossing to

    のメッセージをインスタグラムで別の友人に送っていました。その内容は、「私とオースティンは渡りに船。

  • the Bahamas tomorrow. Come with us.” Later, via Snapchat, one of them wrote, “Peace

    明日はバハマです。私たちと一緒に来てください。"その後、Snapchatを通じて、そのうちの一人が「Peace

  • Out Jup.” That was said to be their last message, although a friend of the guys said

    Out Jup."それが彼らの最後のメッセージと言われていましたが、彼らの友人が言うには

  • they posted a video with a huge dark storm moving towards their boat. The words next

    暗い巨大な嵐が船に向かってくる様子を撮影したビデオを投稿しました。次の言葉は

  • to the video were, “We're...”… The next word is a well-known expletive.

    次の言葉はよく知られている暴言です。

  • Their boat was recovered about one year later around 100 miles from Bermuda. There was no

    彼らのボートは約1年後、バミューダから100マイルの地点で回収された。はありませんでした。

  • sign of them, although an iPhone was found. People said there may have been foul play

    iPhoneは見つかったものの、その痕跡はありませんでした。人々は不正行為があったのではないかと

  • since the ignition and battery were turned to the off position, although storm damage

    イグニッションとバッテリーをオフにしてから、嵐の被害に遭ったものの

  • is the most likely scenario. Unfortunately, Apple couldn't open the phone.

    が最も可能性の高いシナリオだと思います。残念ながら、Appleは電話機を開けることができませんでした。

  • Let's now go way, way back. 24.

    それでは、ずっと、ずっと前に戻りましょう。24.

  • In the year 1800 the topsail schooner, USS Pickering, met its match in the Bermuda Triangle.

    1800年、トップセイル型スクーナー船「USS Pickering」は、バミューダトライアングルで運命の出会いを果たした。

  • It left from the US on its way to the West Indies and somewhere in between just vanished,

    アメリカから西インド諸島に向けて出発し、その間に忽然と姿を消してしまったのだ。

  • along with its 90 crew. Nothing of it was ever seen again. It's believed a storm was

    90人の乗組員と一緒に。その後、二度と姿を現すことはありませんでした。嵐が来たと考えられている。

  • to blame, but that's only a hunch. You can put that one in the mystery folder.

    が原因だと思いますが、それはあくまでも勘です。それはミステリーフォルダにでも入れておいてください。

  • 23. The same thing happened the very same year

    23.同じことが全く同じ年に起こった

  • and also in the West Indies to the USS Insurgent. It just vanished without a trace, as did its

    また、西インド諸島でもUSSインサージェントに跡形もなく消えてしまったのは、その

  • 70-something crew. People have put two and two together, saying that maybe one particularly

    70代のクルー。人々は2と2を合わせて、もしかしたら特別な1人かもしれないと言いました。

  • nasty storm wrecked both ships. Other than that, the crews of those ships could right

    嵐で2隻とも大破してしまった。それ以外にも、その船の乗組員たちは、正しい

  • now be laying back in Atlantis or hanging out on the planet Okeanon. In both cases,

    今では、アトランティスでのんびりしたり、惑星オケアノンでくつろいだりしています。どちらの場合も

  • you don't age. Ok, so let's now talk about ghosts.

    あなたは歳をとりません。OK、では今度は幽霊の話をしましょう。

  • 22. Has a ghost ship ever been found in the triangle?

    22.三角地帯で幽霊船が発見されたことはありますか?

  • The answer is yes, although we can't find much information about it. The ship was called

    答えはイエスだが、その情報はあまり見つからない。その船の名前は

  • the Roselie and it was found empty in 1840 somewhere in the area. She was bound for Havana

    Roselie号は、1840年にこの地域のどこかで空っぽの状態で発見されました。彼女はハバナに向かっていた

  • and the crew vanished somewhere on the way. We found one article that said when she was

    そして、乗組員は途中でどこかに消えてしまいました。ある記事を見つけたのですが、それによると、彼女が