Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • November 14th, 2004.

    2004年11月14日

  • The USS Nimitz Carrier Strike Group is conducting exercises off the coast of Southern California.

    南カリフォルニア沖で演習を行うUSSニミッツ空母打撃群。

  • For the last two weeks, the guided missile cruiser USS Princeton has been detecting unidentified

    誘導ミサイル巡洋艦USSプリンストンは、この2週間、未確認生物を探知しています。

  • aircraft in the airspace around the strike group.

    ストライクグループ周辺の空域にいる航空機を

  • These aircraft have been performing feats no human aircraft could possibly match, such

    これらの航空機は、人間の航空機では到底できないような偉業を成し遂げています。

  • as appearing at 80,000 feet and then dashing to just 20,000 feet in seconds, and then hovering

    80,000フィートから数秒で20,000フィートまで急降下し、その後ホバリングします。

  • in place.

    を設置しました。

  • Today, one of those objects is back.

    今日、その中の一つが復活しました。

  • Commander David Fravor and his wingman are immediately waved off their exercise flight

    演習飛行を終えてすぐに手を振られるDavid Fravor司令官と翼手

  • aboard their F-18s and redirected to intercept the unidentified object.

    をF-18に搭載し、未確認物体を迎撃するために方向転換した。

  • As he approaches the location of the object, he spots a massive disturbance beneath the

    その場所に近づくと、地下に大きな乱れがあるのを発見する。

  • waves, and what he thinks may be an object roughly the size of a 747 cruising just under

    波の下に747型機くらいの大きさの物体が巡っているのではないかと考えているようです。

  • the surface of the ocean.

    海の表面には

  • Even more peculiar, a small, white oval object is floating directly above the underwater

    さらに奇妙なことに、小さな白い楕円形の物体が水中の真上に浮かんでいます。

  • object.

    オブジェクトが表示されます。

  • Fravor immediately begins a slow descent to get a better look at the white, tic-tac shaped

    フレイバーはすぐにゆっくりと下降を始め、白いチクタクの形をした

  • object, and is astonished when the object mirrors his descent but in reverse.

    そして、その物体が自分の降りる方向と逆になっていることに驚かされる。

  • Clearly, it's under intelligent control... whatever it is.

    明らかに、インテリジェントな制御下にある...それが何であれ。

  • Suddenly, the object speeds away from the American jets.

    突然、その物体はスピードを上げてアメリカのジェット機から離れていく。

  • A second wave of F-18s are vectored in on the object's new position, and Lieutenant

    F-18の第2波は、物体の新しい位置にベクターで誘導され、中尉は

  • Commander Chad Underwood manages to record the object on his fighter's infrared camera.

    チャド・アンダーウッド司令官は、その物体を戦闘機の赤外線カメラで記録することに成功した。

  • The object is never identified.

    オブジェクトが特定されることはありません。

  • All the way across the US on the east coast, fighter pilots from the USS Theodore Roosevelt

    アメリカ東海岸では、USSセオドア・ルーズベルト号の戦闘機パイロットが

  • Carrier Strike Group encounter their own aerial anomalies.

    空母打撃群にも空中での異常が発生。

  • Once more while flying training exercises, the F-18s detect anomalous radar contacts-

    F-18は訓練飛行中に再び異常なレーダーコンタクトを検出した。

  • objects moving in ways that no known human craft is able to.

    人間の手には負えないような動きをする物体。

  • Flying in for a closer look, they manage to capture two objects on their infrared cameras

    飛んできて、赤外線カメラで2つの物体を撮影することに成功しました。

  • (play GIMBAL and GOFAST vids from same page above).

    (GIMBALとGOFASTのVIDEOは上の同じページから再生してください)。

  • These encounters would only be the beginning of a tidal wave of UFO reports by military

    これらの遭遇は、軍関係者によるUFO報告の津波の始まりに過ぎない。

  • personnel, and one American senator felt that he needed to address the UFO question once

    アメリカのある上院議員は、UFO問題を一度取り上げなければならないと考えていた。

  • and for all.

    とのことです。

  • Starting in 2007, if you saw something strange in your neighborhood, and it definitely didn't

    2007年からは、近所で変なものを見ても、それが絶対にそうではない場合は

  • look good- you wouldn't call the ghostbusters.

    は、ゴーストバスターズとは思えないほどの出来栄えです。

  • You'd call the Advanced Aerospace Threat Identification Program.

    Advanced Aerospace Threat Identification Program」と呼んでいますね。

  • Started by Senator Harry Reid of Nevada, the program was written into a spending bill and

    ネバダ州のハリー・リード上院議員が始めたこのプログラムは、支出法案に書き込まれ

  • authorized for a budget of $22 million.

    予算22百万ドルで認可されました。

  • It's job: find out why so many American aviators were reporting strange things flying in the

    その仕事とは、多くのアメリカ人飛行士が、なぜ空を飛んでいるときに奇妙なものを報告していたのかを解明することです。

  • skies alongside them.

    彼らと一緒に空を飛ぶ。

  • The program was never classified, but rather unreported to the American taxpayer.

    このプログラムは機密扱いではなく、アメリカの納税者には報告されなかった。

  • That meant that while not specifically hidden from view- so to speak- the AATIP and its

    つまり、AATIPとその周辺は、特に見えないようにしていたわけではありません。

  • findings simply weren't reported on.

    その結果は、単に報告されなかっただけです。

  • This desire for semi-secrecy was critical to the program's investigations into Unidentified

    未確認生物の調査には、このような半秘密主義が不可欠だった。

  • Aerial Phenomenon, as very often AATIP's investigations would require diving deep into the capabilities-

    AATIPの調査では、その能力を深く掘り下げなければならないことが多いため、「空中現象」をテーマにしています。

  • and possible limitations- of America's most advanced fighter aircraft, sensor, and imaging

    アメリカの最新鋭の戦闘機、センサー、画像処理装置の限界と可能性について

  • systems.

    のシステムを使用しています。

  • For five years, until its funding was canceled by the Pentagon, AATIP investigated reports

    AATIPは、米国防総省から資金提供を取り消されるまでの5年間、報告書を調査しました。

  • of strange phenomena by both military and civilian personnel.

    軍人や民間人による怪奇現象の

  • The focus of the program wasn't so much to look for little green men from mars looking

    このプログラムの焦点は、火星からの緑の小人を探すことではありませんでした。

  • to eat our brains though, as it was to identify possible phenomena which could be placing

    しかし、それは我々の脳を食べているようなもので、配置可能な現象を特定するためのものでした。

  • American pilots at risk.

    アメリカのパイロットを危険にさらす

  • However, as the investigation ramped up, the reports of strangeness on a global scale began

    しかし、調査が進むにつれ、地球規模での異変が報告されるようになりました。

  • to pour in.

    を注ぐことができます。

  • By program's end, an as-yet unclassified report nicknamed theTen Month Report '' included

    プログラム終了時には、"Ten Month Report "と呼ばれる未分類の報告書が作成されました。

  • detailed investigations into hundreds of UAP sightings and encounters by pilots all over

    世界中のパイロットによる何百ものUAPの目撃や遭遇を詳細に調査しています。

  • the world.

    の世界になった。

  • What AATIP personnel quickly discovered was that Unexplained Aerial Phenomenon was hardly

    AATIPのスタッフがすぐに発見したのは、「原因不明の空中現象」は、ほとんど

  • limited to the United States, and the more they looked the more reports of encounters

    アメリカに限って言えば、調べれば調べるほど、遭遇したという報告が増えていきました。

  • with inexplicable phenomenon in the skies they found.

    空の不可解な現象を発見した。

  • According to a former contractor of Bigelow Aerospace Advanced Space Studies- itself contracted

    ビゲロー・エアロスペース・アドバンスド・スペース・スタディーズの元契約者によると、その契約者は

  • to assist AATIP in its efforts- this Ten Month Report was merely a drop in the bucket of

    この10ヶ月レポートは、AATIPの活動を支援するために作成されたもので、バケツの中の一滴に過ぎません。

  • investigative materials generated by AATIP personnel.

    AATIP担当者が作成した調査資料。

  • However, it turns out that AATIP wasn't just interested in discovering if highly advanced

    しかし、AATIPが興味を持っていたのは、単に高度な技術を持っているかどうかを発見することだけではなかったのです。

  • alien craft were zipping along our skies, they may have been interested in reproducing

    宇宙人が私たちの空を飛んでいたとしたら、彼らは再現することに興味を持っていたかもしれません。

  • their effects for ourselves.

    その効果を自分のものにする。

  • In one of the more controversial discoveries of the AATIP program since its public disclosure,

    AATIPプログラムが公開されて以来、話題になった発見のひとつです。

  • AATIP was found to not just be investigating aerial phenomena, but actively awarding research

    AATIPは単に空中の現象を調査しているだけでなく、積極的に研究賞を授与していることがわかりました。

  • grants to individuals working on the very cutting edge of human research.

    人体実験の最先端で活躍している人たちへの助成金です。

  • These grants led to 38 published studies, all of them dealing with extremely experimental

    これらの助成金により、38件の研究が発表されましたが、いずれも極めて実験的な内容でした。

  • physics . Some of these studies includedWarp Drive, Dark Energy, and the Manipulation of

    物理学 。これらの研究の中には、「ワープドライブ、ダークエネルギー、およびその操作」が含まれています。

  • Extra Dimensions”, “Traversable Womrholes, Stargates, and Negative Energy”, andDetection

    エクストラ・ディメンションズ」、「トラバーサブル・ウォムホール、スターゲイト、ネガティブ・エネルギー」、「検知

  • and High Resolution Tracking of Vehicles At Hypersonic Velocities”.

    極超音速における車両の高解像度トラッキング」。

  • The range of studies funded at least in part by AATIP indicated a keen interest in extremely

    AATIPが少なくとも部分的に資金提供した研究の範囲は、極めて高い関心を示しています。

  • theoretical physics, potentially in an effort to either replicate or at least explain the

    を再現するか、少なくとも説明するために、理論物理学の可能性を追求しています。

  • capabilities of the phenomenon investigated by the group.

    グループで調査した現象の能力

  • Other studies, such asInvisibility Cloaking”, had very obvious benefits for the military

    また、「透明マント」などの研究では、軍にとって非常にわかりやすいメリットがありました。

  • that didn't necessarily have anything to do with aliens.

    それは、必ずしも宇宙人とは関係のないものでした。

  • Even the study on detecting and tracking hypersonic vehicles in high resolution is of obvious

    極超音速機を高解像度で検出・追跡する研究でも、明らかに

  • benefit to a US military which right now is threatened by a growing arsenal of hypersonic

    現在、極超音速兵器の増加に脅かされている米軍にとって、その恩恵は大きい。

  • Russian and Chinese weapons.

    ロシアや中国の兵器。

  • Before you shake your head at government waste of taxpayer money on crackpot science however,

    しかし、政府が税金を使ってクラックポットサイエンスを行うことに首をかしげる前に。

  • you should be aware that all of the funds handed out by AATIP were awarded to legitimate

    AATIPが配布した資金はすべて合法的なものに授与されていることを知っておいてください。

  • scientists, not youtube conspiracy theorists who try to convince you the government doesn't

    科学者であって、政府が存在しないことを確信させようとするyoutubeの陰謀論者ではありません。

  • want you to know you can build a perpetual motion machine in your garage.

    ガレージで永久機関を作ることができることを知ってもらいたい。

  • Spoiler alert- you can't.

    ネタバレになりますが、できません。

  • Every single technology proposed by AATIP's studies is theoretically believed to be possible,

    AATIPの研究で提案された技術は、どれも理論的には可能だと考えられています。

  • and not immediately impossible by the laws of physics as we understand them.

    と、私たちが理解している物理学の法則ではすぐには不可能です。

  • They are simply centuries if not more ahead of our time.

    彼らは、私たちの時代の何世紀も先を行っていると言っても過言ではありません。

  • But maybe aliens have already mastered them, and AATIP's funded studies were an attempt

    しかし、もしかしたら、宇宙人はすでにそれらをマスターしていて、AATIPが出資した研究は、その試みだったのかもしれません。

  • to explain how they work.

    を使って、その仕組みを説明しています。

  • That would certainly be the opinion of AATIP's former director, Luis Elizondo.

    AATIPの元ディレクター、ルイス・エリゾンドはそう言っていた。

  • A former US Army Counterintelligence Special Agent, Elizondo got his start conducting counterintelligence

    元アメリカ陸軍防諜特別捜査官であるエリゾンド氏は、防諜活動を始めました。

  • operations in South Korea and then the American Southwest.

    韓国での活動、そしてアメリカ南西部での活動。

  • After a few years, Elizondo was recruited into the Special Activities Program within

    数年後、エリゾンドは「特別活動プログラム」に採用された。

  • the Department of the Army- and for those of you who don't remember your history, this

    陸軍省は、歴史を覚えていない人のために、この

  • would be the same program that fought back against a Communist takeover of the world

    共産主義者による世界征服に対抗したプログラムと同じであろう。

  • by toppling democracies all over the Middle East and South America.

    中東や南米の民主主義国家を崩壊させた。

  • After the special event that happened right after September 10th, 2001- which we're not

    2001年9月10日の直後に起こった特別な出来事の後、私たちは

  • even allowed to mention by name or Youtube hits us with the banhammer- Elizondo brought

    名前を出すことも許されないし、Youtubeでは禁止されている-Elizondoが連れてきた。

  • his counterintelligence and counterespionage expertise to US forces in the Middle East.

    彼の防諜およびスパイ活動に関する専門知識を中東の米軍に提供しました。

  • Then Elizondo earned himself a promotion as the Overseas Investigations Desk Officer in

    その後、エリゾンドは、海外調査部のデスクオフィサーに昇進した。

  • Washington D.C., where he helped manage investigations into foreign intelligence agents and terrorists

    ワシントンD.C.では、外国の諜報員やテロリストに関する調査を担当しました。

  • worldwide.

    ワールドワイドに展開しています。

  • Then in 2008, Elizondo turned his expertise to the alien question, as he joined the AATIP

    そして2008年、エリゾンド氏は宇宙人問題に専門的に取り組み、AATIPに参加しました。

  • program and a few years later, became its director.

    のプログラムに参加し、数年後にはディレクターに就任しました。

  • It was Elizondo who years after the program's end, leaked to the public the now infamous

    番組終了後、何年も経ってから、今では悪名高い次のような文章を世間にリークしたのは、エリゾンドだった。

  • FLIR, GOFAST, and GIMBAL videos depicting US Navy F-18s encountering unexplained phenomenon

    米海軍のF-18が原因不明の現象に遭遇する様子をとらえたFLIR、GOFAST、GIMBALの映像

  • over the Pacific Ocean.

    太平洋上の

  • To the surprise of most people, the US Navy itself was quick to verify that the videos

    驚いたことに、アメリカ海軍自身が、このビデオを確認したのです。

  • were in fact real, with Susan Gough, a spokeswoman for the Pentagon, stating that the videos

    国防総省のスポークスマン、スーザン・ゴフ氏は、このビデオは実際にあったものだと述べています。

  • arepart of a larger issue of an increased number of training range incursions by unidentified

    は、「正体不明の人物による訓練場への侵入が増加しているという大きな問題の一部である」としている。

  • aerial phenomenon in recent years.”

    近年の空撮現象"

  • However, the Pentagon has repeatedly stated that the objects are exactly that: unknown

    しかし、米国防総省は、これらの物体はまさに「未知」であると繰り返し述べています。

  • in nature.

    自然の中で

  • Much of AATIP's findings remain either unpublicized or classified, with Elizondo himself having

    AATIPの調査結果の多くは未公開または機密扱いとなっており、エリゾンド自身も次のように述べている。

  • leaked the three F-18 videos out of frustration with the lack of transparency by the government

    F-18の3つの映像は、政府の透明性の欠如に対する不満から流出したものです。

  • on the UAP issue.

    UAP問題について

  • While officially AATIP was shut down in 2012, it's now known that a second, also unacknowledged

    公式にはAATIPは2012年に閉鎖されましたが、現在では、知られていない第二のAATIPがあることがわかっています。

  • program took over exactly where AATIP took off.

    AATIPが離陸した後は、まさにAATIPプログラムが引き継がれました。

  • This new program, the Unidentified Aerial Phenomenon Task Force is believed to have

    この新プログラム「未確認空中現象タスクフォース」は以下のように考えられています。

  • been running since 2012, though there is no verifiable information on budget or current

    2012年から稼働していますが、予算や現在の状況については確認できていません。

  • status.

    の状態になります。

  • The only information we have is an official acknowledgement that on August 4th, 2020,

    私たちが知っている唯一の情報は、2020年8月4日に、公式に認められたことです。

  • Deputy Secretary of Defense David L. Norquist approved the establishment of the UAPTF- the

    デービッド・L・ノーキスト国防副長官は、UAPTFの設立を承認しました。

  • Unidentified Aerial Phenomenon Task Force- under the Department of the Navy.

    Unidentified Aerial Phenomenon Task Force - 海軍省管轄。

  • Elizondo and others however claim that the UAPTF program has been secretly running for

    しかし、Ellizondo氏らは、UAPTFプログラムは以下の期間、秘密裏に実施されていたと主張している。

  • years, and the public disclosure of its creation was simply meant to address rumors of its

    今回の公開は、その噂を払拭するために行われたものです。

  • existence.

    の存在を知った。

  • Today we still know very little about what AATIP discovered in its five years of operation,

    AATIPが5年間の活動で発見したことは、今でもほとんど分かっていません。

  • as most of its findings remain classified to this day.

    また、その研究成果の多くは現在も機密扱いとなっています。

  • What is known is that several classified briefings took place by AATIP members and the US congress.

    分かっているのは、AATIPのメンバーと米国議会との間で何度か機密扱いのブリーフィングが行われたことだ。

  • These briefings also included interviews with US Navy pilots who encountered UAPs, as well

    また、このブリーフィングでは、UAPに遭遇した米海軍パイロットへのインタビューや

  • as Navy leadership.

    海軍のリーダーシップとして

  • According to Popular Mechanics, Senate Intelligence Committee Brigadier General Richard Stapp,

    ポピュラー・メカニクス誌によると、上院情報委員会のリチャード・スタップ准将が

  • director of the Department of Defense Special Access Program Central Office, testified that

    国防総省特別アクセスプログラム中央事務局のディレクターが、次のように証言した。

  • the UAP phenomenon being encountered by American forces was not in fact secret US technology.

    米軍が遭遇しているUAP現象は、実はアメリカの秘密技術ではなかったのだ。

  • This has alarmed many senior military leadership and congress members, who are fearful of unseen

    このことは、多くの軍上層部や議会議員を不安にさせ、目に見えないものを恐れさせています。

  • advances by the Russian or Chinese military.

    ロシア軍や中国軍の進出。

  • While it may be tempting to run straight to the alien conclusion concerning Unidentified

    未確認生物については、エイリアンの結論に一直線に走りたくなるかもしれませんが

  • Aerial Phenomenon, for many in the defense community AATIP's real value was in investigating

    AATIPの真価は、多くの防衛関係者にとって、「空の現象」を調査することにありました。

  • potential sightings or interactions with secret Chinese or Russian technology.

    中国やロシアの秘密技術の目撃や交流の可能性があります。

  • It is known after all that while the United States was focused on the War on Terror, it

    アメリカが「対テロ戦争」に力を入れていた頃、「対テロ戦争」と呼ばれるものがあったことはよく知られています。

  • was greatly eclipsed by both China and Russia in development of hypersonic missile technology.

    は、極超音速ミサイル技術の開発において、中国とロシアに大きく水をあけられていた。

  • Many military personnel believe that UAPs being encountered by military pilots around

    多くの軍人は、軍用機のパイロットが遭遇するUAPは、その周辺で発生していると考えています。

  • the world may be nothing more than advanced drones or similar technology, and are fearful

    世界は先進的なドローンや類似の技術に過ぎないかもしれないと恐れています。

  • that they are now being employed by our potential adversaries.

    それが今、潜在的な敵に採用されているのです。

  • As far as what the pentagon actually knows about UFOs, the world may get a chance to

    UFOについてペンタゴンが実際に何を知っているかについては、世界はその機会を得るかもしれない。

  • find out thanks to a June 25th, 2021 briefing requested by Congress from the Pentagon.

    2021年6月25日に議会が米国防総省に要請したブリーフィングのおかげで判明しました。

  • The subject of the briefing is specifically on the UAP phenomenon, and congress has stipulated

    今回の説明会では、特にUAP現象をテーマにしており、議会では以下のように定めています。

  • that as much of it must be made unclassified as possible, so that the American public can

    そのためには、できるだけ多くの情報を未公開にして、アメリカ国民が

  • also share in the search for answers.

    そして、その答えを求めていくことになります。

  • However, some elements of the briefing are guaranteed to remain classified, simply because

    しかし、ブリーフィングの中には、以下の理由により、機密扱いになることが保証されているものがあります。

  • the search for answers on UFOs over American airspace will necessarily reveal information

    アメリカ空域のUFOの答えを探すことは、必然的に情報を明らかにすることになります。

  • about America's most cutting edge sensor systems.

    アメリカの最先端のセンサーシステムについて。

  • Now go watch Why Pentagon Is Releasing UFO Info in 6 Months, or click this other video

    なぜペンタゴンは6ヶ月でUFO情報を公開するのか」をご覧ください、または他のビデオをクリックしてください。

  • instead!

    と言っています。

November 14th, 2004.

2004年11月14日

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 現象 プログラム 調査 アメリカ 国防 ufo

米軍がUFOハンターを採用した本当の理由 (Real Reason Why US Military Recruited UFO Hunters)

  • 13 2
    Summer に公開 2021 年 07 月 12 日
動画の中の単語