Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • July 19, 1900.

    1900年7月19日

  • A man sits down for his morning coffee and reads his favorite newspaper, The San Francisco

    ある男性が朝のコーヒーを飲みながら、お気に入りの新聞「The San Francisco」を読んでいます。

  • Call.

    コール。

  • He quickly turns to the story of a missing catboat and its two unfortunate occupants,

    彼はすぐに、行方不明になったキャットボートとその不幸な2人の乗員の話に移った。

  • but there's one headline that day that really piques his curiosity.

    しかし、その日、彼の好奇心をくすぐる1つのヘッドラインがあった。

  • It reads, “Terrible Tortures Practiced by the Chinese.”

    "Terrible Tortures Practiced by Chinese "と書かれている。

  • He pushes his specks up his nose as he reads that nowhere on Earth is any countryso

    彼は、地球上のどこにも「これほど」の国はないと読みながら、自分の斑点を鼻に押し込んだ。

  • cruel and so devoted to fearful tortures”, and that no place isso adept at devising

    残酷で、恐るべき拷問に没頭している」とし、「これほどまでに考案に長けた場所はない」とした。

  • new forms of martyrdom for the people they hatethan in China.

    中国よりも「自分の嫌いな人のために新しい形の殉教をする。

  • He reads on and discovers a slow kind of horror he's never heard about: The Cangue.

    彼は読み進めるうちに、聞いたことのないゆっくりとした種類のホラーを発見する。The Cangue」だ。

  • That newspaper article in the San Francisco Call was real, if not more than a little racially

    サンフランシスコ・コールに掲載されたその新聞記事は、少しばかり人種差別的ではあったが、本物だった。

  • biased.

    が偏っています。

  • Here is another line from the same article: “A Chinaman would take no artistic pleasure

    同じ記事の中に、こんな一節があります。"中国人は芸術的な喜びを感じない

  • in anything that killed quickly or that reached its culmination of pain quickly.

    早く死ぬもの、早く痛みが頂点に達するものには

  • His victim must suffer a little more each hour.

    彼の犠牲者は、1時間ごとに少しずつ苦しまなければならない。

  • In that way, he makes his delight last long and can keep a whole string of wretches to

    このようにして、彼は自分の喜びを長く持続させ、一連の哀れな者たちを

  • charm him by their slow dying for months.”

    何ヶ月もかけてゆっくりと死んでいくことで、彼を魅了するのです。

  • Yes, that part was unashamedly racist, and perhaps the writer was not too well-read on

    そう、あの部分は恥ずかしながら人種差別的であり、おそらく書き手はあまり多くの知識を持っていなかったのだろう。

  • the history of his own ancestors' cruelty.

    自分の祖先の残酷さの歴史を

  • But the cangue was certainly a real thing, and indeed, it could have been a long, drawn-out

    しかし、カンヅメは確かに実在していたし、実際、長い時間をかけても

  • punishment.

    罰を受けることになります。

  • It might have sometimes ended in death, but as you'll see today, it took on lots of

    時には死に至ることもあったかもしれませんが、今日ご覧になるように、たくさんの

  • forms.

    の形をしています。

  • Let's talk about perhaps the most basic form first, something you could find in China

    まず、最も基本的な形として、中国で見られるようなものを紹介します。

  • around the time that article was written.

    この記事が書かれた頃には

  • If you've ever seen the stocks that they used in Europe and the US back in the day,

    その昔、欧米で使われていたストックを見たことがある人は

  • it looked very similar.

    は、とてもよく似ていました。

  • The main difference is that even though the offender's head was surrounded by two pieces

    大きな違いは、犯罪者の頭部が2枚のピースで囲まれていたにもかかわらず

  • of wooden board fastened together, he or she could actually move a bit more.

    の木の板を留めておけば、実際に少しずつ動くことができる。

  • There were variations on this, too, such as sometimes the boards prevented him from getting

    これにはバリエーションがあって、例えば、ボードのせいで、彼が

  • his hands to his mouth, which meant he could neither eat nor drink by himself.

    手を口に当てて、自分では食べられない、飲めないということです。

  • In this case, he had to rely on family or passersby for their charity.

    この場合、家族や通行人からの施しに頼らざるを得なかった。

  • Maybe he could use his hands, but since the boards might weigh as much as 15kg (33 pounds)

    手を使えばいいのかもしれませんが、板の重さは15kgにもなるので

  • getting around and living a normal life was not easy in the slightest.

    身の回りのことや普通の生活を送ることは、少しも容易ではありませんでした。

  • The yoke was no joke.

    ヨークは冗談ではなかった。

  • As the descriptive writer in that newspaper article wrote, he might be kept in his cangue

    その新聞記事の記述者が書いているように、彼はカンヅメで飼われているのかもしれません。

  • till madness or death ends his sufferings.”

    "狂気か死が彼の苦しみを終わらせるまで」。

  • You can only imagine how painful it must have been to have been strapped inside one of those

    あの中に閉じ込められていた時の苦痛は想像に難くありません。

  • things.

    ものを提供しています。

  • Sure, the victim might have stayed low down to the ground, but for how many weeks can

    確かに、被害者は地面に向かって低くなっていたかもしれませんが、何週間も前から

  • a person do that?

    人がそれをするか?

  • The other thing is this was supposed to be a form of public humiliation, just as the

    もう一つは、これは公衆の面前での屈辱となるはずだった、ちょうど

  • stocks were, and like victims of the stocks, the public might have been the opposite of

    株の被害者と同じように、一般の人も逆の立場になっていたかもしれません。

  • charitable.

    charitable。

  • Maybe the man in the cangue had stolen from people in the village, or worse, maybe he

    缶詰の男が村の人から盗んだのかもしれないし、もっと悪いのかもしれない。

  • had committed a violent crime.

    は、暴力的な犯罪を犯していた。

  • What do you think would have happened to him in this case?

    この場合、彼はどうなっていたと思いますか?

  • Yep, he might have been pelted with rocks and his life might have ended soon after.

    そう、彼は石をぶつけられて、すぐに人生が終わっていたかもしれない。

  • It goes back a long way, too, but we can't say how far back exactly.

    それもかなり前からですが、正確にどのくらい前からかはわかりません。

  • There's some text from the Great Ming Legal Code of 1397 which states that the victim

    1397年の大明法令の中には、被害者が以下のような文章があります。

  • should be held in the cangue in relation to the nature of the crime he has committed.

    は、彼が犯した犯罪の性質に関連して、缶詰に入れられるべきである。

  • The weight of the cangue was also correlated with the gravity of the crime, a crime that

    また、カンジキの重さは、犯罪の重さと相関関係があり、その犯罪の

  • would have been stated on paper nailed to the device.

    は、デバイスに貼られた紙に記載されていたと思います。

  • At first, the sufferer might be able to take the weight, but over time, it became hellish.

    最初は耐えられるかもしれませんが、時間が経つにつれ地獄のようになっていきます。

  • Again, in the words of that news story, “In a week the torturers have the felicity of

    また、そのニュース記事の言葉を借りれば、「1週間のうちに、拷問者は次のような快楽を得ることができる。

  • seeing a maddened wretch stumble and fall around blindly, weeping and yelling with anguish.”

    狂気に満ちた哀れな者が、目も当てられない状態でよろめき、倒れ、泣き叫び、苦悩に満ちているのを見た」。

  • That's if he could eat by himself or the local people felt sorry enough for him and

    それは、自分で食べられるようになったり、地元の人たちがかわいがってくれたりして

  • fed him.

    と言っていた。

  • If not, his life expectancy in the cangue was likely only a few days since the lack

    そうでなくても、缶詰の中での寿命は数日しかなかったと思われる。

  • of water would have killed him.

    の水があれば、彼は死んでいただろう。

  • As for lack of food, starvation might have taken a few weeks.

    食糧不足については、飢餓状態が数週間続いたかもしれない。

  • On the bright side, a well-liked person in the cangue could have been taken care of and

    良い面では、カンヅメで好かれている人が世話をしてくれたかもしれないし

  • in the end, he might have just lost a bit of face.

    結局、彼はちょっとした顔を失っただけだったかもしれない。

  • The newspaper story failed to mention that part...

    新聞記事では、その部分は触れられていない。

  • There was also beating by guards that might have happened in the cangue, which under the

    また、缶詰の中で起きたと思われる警備員による殴打もありました。

  • Yuan dynasty by law might have just been with a light stick 7 to 57 times.

    元の時代の法律では、ライトスティックで7~57回程度だったかもしれません。

  • But it might also have been with a heavy stick 67 to 107 times, which could have resulted

    しかし、重い棒を67~107回使っていた可能性もあり、その場合は

  • in death if a bribe hadn't been paid to lessen the force of the blows.

    賄賂を払って打撃の力を弱めなければ死んでいたかもしれない。

  • The death would have been slow and usually a result of infected cuts.

    その死はゆっくりとしたもので、たいていは感染した切り傷の結果であっただろう。

  • Remember this was for lesser crimes, too.

    これは、より軽い罪の場合でもあったことを忘れてはならない。

  • For example, under the Yuan Code of 1277, 133 offenses could lead to execution, but

    例えば、1277年に制定された元号では、133件の罪で処刑される可能性がありましたが

  • under the Ching Code of 1740, a whopping 813 offenses merited the death penalty, usually

    1740年に制定されたチン・コードでは、なんと813の犯罪が死刑に値するとされていました。

  • by strangulation or decapitation, and to a lesser extent, slow slicing.

    絞殺や断頭台、さらにはゆっくりとした切り方で。

  • With that in mind, cangue really was the least of an offender's worries.

    そう考えると、カンヅメは犯罪者の悩みの種ではない。

  • Believe it or not, though, what we've talked about so far is the less brutal form of the

    信じられないかもしれませんが、これまでお話ししてきたのは、より残酷な形の

  • cangue.

    cangue。

  • We guess that's a matter of perspective, though.

    それは考え方の問題だと思いますが。

  • Would you prefer the chance to live on or just have your death over and done with quickly?

    生き続けるチャンスがある方がいいのか、それともさっさと死んでしまった方がいいのか。

  • Let us explain.

    説明しましょう。

  • Sometimes the person could move with the cangue, but other times the person would have the

    カンヅメで動ける場合もあれば、人が

  • board fastened around their head and they would also be kept in a kind of wooden cage.

    頭には板が巻かれ、木の檻のようなものに入れられていた。

  • Again, this might have happened in a public place as means to show others what happens

    また、これは公共の場で起きたことで、他の人に何が起きているかを示すために起きたことかもしれません。

  • if someone created disorder.

    誰かが乱れを作ってしまうと

  • They might also have been left there until they died.

    また、死ぬまで放置されていたかもしれません。

  • The fear factor was described like this in legal text:

    恐怖の要素は、法文ではこのように説明されている。

  • If you govern by punishment the people will fear.

    "罰を与えて統治すれば、人々は恐れる。

  • Being fearful they will not commit villainies.

    恐れているからこそ、悪事を働かないのです。

  • There being no villainies, people will be happy.”

    悪役がいないから、みんなが幸せになれる」。

  • It's reasoning as old as time, but time has shown us that sometimes the real villains

    時の流れのように古い理屈ですが、時の流れは、時には本当の悪者がいることを教えてくれます。

  • might be the ones doing the punishing.

    罰を与えているのは私たちかもしれません。

  • That's why in China like elsewhere more barbaric rulers who had a penchant for the

    だからこそ、中国でも他の国と同様に、より野蛮な支配者たちが好んで

  • cruel and usual were often replaced with reformists.

    残酷で普通の人は、しばしば改革派に置き換えられた。

  • In this respect, the killer form of the cangue might be seen as less brutal than other Chinese

    この点では、カンフーのキラーフォームは、他の中国製のものよりも残虐性が低いと言えるかもしれません。

  • punishments in history such as being cut into pieces, or boiled alive, or being slow-sliced

    歴史上の刑罰である、切り刻まれたり、生きたまま煮られたり、ゆっくりと切り刻まれたりといった

  • to death.

    を死なせてしまった。

  • Then there was beheading, which was seen by people in China back in the day as less preferable

    斬首は、当時の中国では好ましくないとされていました。

  • to hanging.

    を掛けています。

  • The reason is a person wanted to keep their head for the afterlife.

    その理由は、死後の世界のために自分の頭を残しておきたいという人がいたからです。

  • This is why the cangue and the cage as a slow form of hanging, never mind if it took a long

    そのため、カンジキやケージをゆっくりとした吊り方として、決して時間がかかったとしても

  • time, might have been a better way to die than a quick chop with the sword.

    の時は、刀でサッと切るよりも良い死に方だったかもしれません。

  • Cangue hanging went like this.

    カングエの吊るし方はこうだ。

  • The offender was placed in the cangue and then placed inside the cage.

    犯罪者をカンジキに入れてから、ケージの中に入れました。

  • The cangue was then attached to the top of the cage.

    そして、ケージの上部にカンギを取り付けました。

  • His feet couldn't touch the ground, but he wasn't left just hanging there because

    足が地面につかないのに、そのまま放置されていたわけではない。

  • supports were placed under his feet.

    は、彼の足元に置かれた。

  • This was supposed to be a slow death, so only little by little were the supports removed

    これはゆっくりとした死を想定していたので、少しずつサポートを外していきました。

  • and the pressure on his neck would be incremental until he died.

    と、死ぬまで首への圧迫感が増していきます。

  • This sounds like something that happened a very long time ago, but it was exactly how

    随分と昔の話のようですが、まさにその通りでした。

  • some rebels in the 1900 Boxer Rebellion were treated after they were arrested.

    1900年に起きた義和団の反乱軍が逮捕された後に受けた仕打ち。

  • There is a photo to prove it, with a note saying that it was done toappease foreign

    それを証明する写真があり、「外国人をなだめるために」と書かれています。

  • powers.”

    の力を発揮します。

  • The Boxers were not keen on foreigners, and certainly Christian missionaries, but it's

    義和団は外国人、特にキリスト教の宣教師を嫌っていましたが、それは

  • a complex story we won't get into today.

    は、今日は触れませんが、複雑なストーリーです。

  • We'll just say that when it came to the cangue, this form meant certain death and

    缶詰になると、この形は死を意味するとだけ言っておきます。

  • it wasn't an express kind of execution.

    それは、特急のような実行ではなかった。

  • We've also seen other photos, one of them likely taken by a French person because it

    他の写真も見ましたが、そのうちの1枚はフランス人が撮影したものと思われます。

  • explains in French that a woman is sentenced to death by strangulation in the cangue.

    が、フランス語で「女性がカンゲキで絞殺刑に処せられる」と説明しています。

  • Now you need to watch, “Weird Punishments Handed Out Instead of Prison.”

    今度は、「刑務所の代わりに配られる奇妙な罰」を見てください。

  • Or, have a look at, “Smallest Crimes That Will Get You the Biggest Punishments Around

    また、「Smallest Crimes That Will Get The Bigish Punish Around」という記事もあります。

  • The World.”

    世界」です。

July 19, 1900.

1900年7月19日

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 しれ 缶詰 記事 犯罪 残酷 新聞

中国の死の檻-人類史上最悪の刑罰 (Chinese Death Cage - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 36 3
    Summer に公開 2021 年 07 月 11 日
動画の中の単語