Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • During the Cold War, the Soviet Union was North Korea's lifeline, providing weapons,

    冷戦時代、北朝鮮にとってソ連は武器を提供する生命線でした。

  • supplies, training, and even some limited military assistance to the North Korean government.

    北朝鮮政府への物資、訓練、さらには限定的な軍事支援を行った。

  • While US and Soviet troops never clashed on the ground on the Korean peninsula, Soviet

    米軍とソ連軍が朝鮮半島の地上で衝突することはなかったが、ソ連軍は

  • fighters provided some limited cover over certain parts of North Korea, though refused

    戦闘機は北朝鮮の一部の地域を限定的にカバーしていましたが、拒否されました。

  • North Korea's requests to fly frontline combat support against American jets.

    北朝鮮がアメリカのジェット機に対して前線での戦闘支援飛行を要求していること。

  • Without the Soviet Union, North Korea would have fallen to the South, and today the hermit

    ソ連がなければ、北朝鮮は南側に落ちていただろうし、今の仙人は

  • kingdom and the Kim family would not exist- a very obvious win for all of humanity.

    王国とキム・ファミリーは存在していません。

  • Today, Russia engages in only minor trade with the internationally shunned kingdom,

    現在、ロシアは国際的に敬遠されている王国とわずかな貿易しか行っていない。

  • and no longer directly finances or supports it.

    となり、現在は直接の資金援助やサポートは行っていません。

  • With North Korea owing its existence to the old Soviet Union though, could North Korea

    北朝鮮は旧ソ連のおかげで成り立っているのに、果たして北朝鮮は

  • repay that favor by teaming up with modern Russia against its greatest international

    恩返しのために、現代のロシアと協力して、最大の国際問題に立ち向かう。

  • rival: the United States?

    ライバルはアメリカ?

  • Could North Korea and Russia team up to destroy the US?

    北朝鮮とロシアが手を組んでアメリカを滅ぼすかも?

  • We've looked at a potential conflict between the US and Russia before, and already determined

    私たちは以前、アメリカとロシアの紛争の可能性を見て、すでに決定しています。

  • that the Russian military is simply not capable of winning a war against the American military.

    ロシア軍はアメリカ軍との戦争に勝つことができないということです。

  • The modern Russian military is made up of just over 1 million active-duty personnel,

    現代のロシア軍は、100万人強の現役軍人で構成されています。

  • with US forces numbering at about 1.4 million.

    米軍の数は約140万人。

  • There isn't just a numbers disparity though, as there is also a training and morale disparity

    数字の差だけではなく、トレーニングやモラルの差もあります。

  • between the two militaries- despite attempts to move to an all-volunteer force by the Russian

    両軍の間には、ロシア軍が全軍に移行しようとしているにもかかわらず

  • military, it is still overwhelmingly made up of conscripts, versus an all-volunteer

    軍隊といっても、圧倒的に徴兵制の方が多く、全員志願制の場合とは異なります。

  • military fielded by the United States.

    アメリカの軍隊である。

  • Conscripts historically greatly underperform versus volunteer military forces, and suffer

    徴兵制は、歴史的に見ても志願制の軍隊に比べて大きく劣っており、苦しい状況にあります。

  • both from morale and training issues- two things which would be of grave concern to

    士気やトレーニングの問題からも、この2つのことが重大な関心事となります。

  • a Russia fighting an uphill war against a more technologically capable opponent.

    技術力の高い相手と苦しい戦いを強いられているロシア。

  • However, what if North Korea lent its forces to the fight, bolstering Russian numbers so

    しかし、もしも北朝鮮が戦力を提供し、ロシアの数を増やしたとしたら......。

  • that they dwarfed America's?

    アメリカを凌駕していた?

  • With an active-duty military of 1.3 million, Russian and North Korean forces combined would

    130万人の現役軍人がいるロシアと北朝鮮の軍を合わせれば

  • number at 2.3 million, outnumbering the US by 700,000- a significant advantage.

    の数は230万人で、米国を70万人も上回っており、大きなアドバンテージとなっている。

  • Of course in a real conflict neither side could use its full military in a conflict

    もちろん現実の紛争では、どちらも軍をフルに使うことはできませんが

  • against the other, as both sides in this hypothetical war would need to maintain military presences

    仮説上の戦争では、双方が軍事的プレゼンスを維持する必要があるため、相手に対する

  • in other strategically important areas.

    他の戦略的に重要な分野で

  • Russia would still need to secure its eastern border against NATO's counter-attack upon

    ロシアは、NATOの反撃に備えて、東側の国境を確保する必要があります。

  • declaring war on the US, as NATO's charter states that an attack on one is an attack

    NATOの憲章では「一方への攻撃は他方への攻撃」とされているため、アメリカに宣戦布告することになります。

  • on all, automatically triggering a declaration of war by the entire alliance on the aggressor.

    侵略者に対する同盟全体の宣戦布告が自動的に行われます。

  • Without the US's homeland and overseas forces stationed outside of Europe though, NATO would

    しかし、米国の国土と欧州以外の地域に駐留する海外軍がなければ、NATOは

  • be unable to prosecute a war against Russia, as Europe's militaries are simply too weak

    ヨーロッパの軍事力があまりにも弱いため、ロシアとの戦争を開始することはできません。

  • to stand up to Russia in anything but a defensive war.

    は、防衛的な戦争以外でロシアに立ち向かうことはできない。

  • To make matters worse, some countries, such as Canada and Germany, are experiencing serious

    さらに悪いことに、カナダやドイツなどの一部の国では、深刻な事態に陥っています。

  • logistical issues which leaves large parts of their forces combat ineffective.

    兵站上の問題で、軍の大部分が戦闘不能に陥っている。

  • In 2019 the German Air Force was incapable of sustaining the type of air operations needed

    2019年、ドイツ空軍は必要とされるタイプの航空作戦を維持することができませんでした。

  • in a conflict against Russia due to a lack of equipment and maintenance issues with its

    装備の不足やメンテナンスの問題から、対ロシア戦での

  • planes, with Canada suffering a similar issue and a fighter shortage that left it unable

    カナダも同様の問題を抱えており、戦闘機が不足していたために

  • to fulfill its commitments to North American aerospace defense.

    は、北米の航空宇宙防衛に対するコミットメントを果たすために

  • Still, with Russian forces elsewhere, NATO could pose serious problems for Russia, and

    しかし、ロシア軍が別の場所にいる場合、NATOはロシアにとって深刻な問題を引き起こす可能性があります。

  • thus Russia would need to retain a significant bulwark to deter against NATO aggression on

    そのため、ロシアはNATOの侵略を抑止するための大きな防波堤を保持する必要があります。

  • its eastern front.

    その東側の前線。

  • North Korea also has strategic concerns that would leave it unable to fully commit its

    また、北朝鮮は戦略的な懸念を持っているため、完全なコミットメントをすることができません。

  • forces to a fight against the US, as despite being the 25th most powerful military in the

    世界で25番目に強力な軍事力を持っているにもかかわらず、アメリカと戦うために

  • world, it faces South Korea directly across the DMZ which is currently ranked as the world's

    韓国とはDMZを挟んで直接対峙しており、現在では世界最大のDMZとなっています。

  • sixth most powerful military.

    6番目に強力な軍隊。

  • The United States perhaps though has a worse strategic picture than either of these two

    アメリカは、おそらくこの2つの国よりも戦略的に悪い状況にあると思います。

  • nations, as its military forces are deployed around the world in a variety of strategic

    世界各国に展開されているその軍事力は、様々な戦略的な

  • hotspots, and very often its these military forces that ensure regional peace and stability.

    ホットスポットでは、これらの軍事力が地域の平和と安定を確保することがよくあります。

  • Its large commitment in the Middle East ensures that conflict does not arise between historical

    中東での大規模なコミットメントにより、歴史的な対立が生じないようにしています。

  • rivals such as Iran and Saudi Arabia, which would have devastating consequences for the

    イランやサウジアラビアなどのライバルとの関係が悪化すれば、世界の国々に壊滅的な影響を与えます。

  • global economy.

    世界経済。

  • Iran's strategic goals in a potential conflict against Saudi Arabia or the US is to shut

    イランがサウジアラビアや米国との紛争を想定した場合の戦略目標は、以下の通りです。

  • down the Persian Gulf oil trade, which thanks to the geography of the Gulf of Oman it could

    オマーン湾の地理的条件を利用して、ペルシャ湾の石油貿易を縮小することができました。

  • easily do by threatening oil tankers with long range stand-off weapons that the US or

    オイルタンカーを脅すために、アメリカや日本のような長距離スタンドオフ兵器を使うことは容易ではありません。

  • any of its allies could do little about.

    どの同盟国もほとんど何もできなかった。

  • Iranian special forces could even scuttle a tanker in the Suez Canal, yet another military

    イランの特殊部隊は、スエズ運河でタンカーを停泊させることも可能であり、また、軍事的な

  • objective of Iran in case of war, which would choke off one of the world's most important

    戦争になった場合、イランの目的を達成するためには、世界で最も重要な国の一つであるイランを窒息させることになる。

  • trade arteries for weeks, possibly months.

    数週間、場合によっては数ヶ月間、動脈を交換しなければなりません。

  • In the South Pacific, US forces help maintain the balance between China and its neighbors,

    南太平洋では、米軍は中国とその近隣諸国とのバランスを保つのに役立っています。

  • with China being a particularly bad actor in the region and bullying or outright stealing

    中国はこの地域で特に悪質な行為をしており、いじめたり、明らかに奪ったりしています。

  • territory and resources from nations like the Philippines, Vietnam, and others.

    フィリピンやベトナムなどの国から、領土や資源を奪ってきた。

  • China and Japan, long-time rivals, also rely on the US presence to maintain stable relationships,

    長年ライバル関係にあった中国と日本も、安定した関係を維持するために米国のプレゼンスに依存しています。

  • with the threat of American firepower backing up its Japanese allies keeping China's behavior

    日本の同盟国をバックアップするアメリカの火力の脅威が、中国の行動を抑制する。

  • in check.

    をチェックすることができます。

  • Realistically, both sides could only count on perhaps half of their total military power

    現実的には、双方の軍事力は半分程度にしかならない。

  • in a conflict against the other, though in this regard the US has an advantage as it

    この点ではアメリカが有利であるが、相手との衝突では

  • has long operated its military under a doctrine that states it must be able to fight and defeat

    は、長い間、「戦い、敗北することができなければならない」というドクトリンの下で軍を運営してきました。

  • two near-peer adversaries simultaneously, anywhere in the world.

    世界のどこにいても、同時に2つの近距離の敵が存在する。

  • For this reason the US maintains the world's largest sea and airborne mobility fleet, allowing

    そのため、米国は世界最大の海上・空中機動部隊を保持しています。

  • it to quickly move forces around the world to any conflict, but also giving it the advantage

    世界中のあらゆる紛争に迅速に部隊を移動させることができるだけでなく、その優位性は

  • of quickly replacing frontline forces in need of rest and recuperation with reserve forces

    休養が必要な前線部隊を迅速に予備兵力に置き換えるという

  • stationed elsewhere on peacekeeping duties.

    平和維持のために他の地域に駐留しています。

  • This ability will insure the integrity of US frontline forces better than North Korea

    この能力は、北朝鮮よりも米国の前線部隊の健全性を保証するものである。

  • and Russia, who both have major shortfalls in mobility and will be forced to leave their

    とロシアは、どちらもモビリティーが大きく不足していて、自分の

  • frontline forces in-theater for longer, wearing on morale, equipment, and unit integrity from

    前線部隊の駐留時間が長くなり、士気や装備、部隊の一体感が損なわれてしまいます。

  • casualties.

    の犠牲者が出た。

  • Mobility though is a major challenge for the Russian-North Korean alliance.

    しかし、ロシアと北朝鮮の同盟関係にとって、移動性は大きな課題です。

  • North Korean mobility is all but nil, with only a token air or sea-mobility force used

    北朝鮮の機動力は皆無に等しく、形だけの空軍や海上機動部隊が使われているだけである。

  • to counter South Korean advances into its territory.

    韓国が自国の領土に侵入してきたときに対抗するために

  • Russia operates a far larger mobility command, though it is on its own barely enough to move

    ロシアははるかに大規模な機動部隊を運用していますが、それだけではほとんど動かすことができません。

  • Russian forces in significant quantities anywhere around the world, and far short of what would

    世界中のどこにいても、ロシア軍が大量に存在することはありませんし、そのようなことになるとは到底思えません。

  • be needed for a major offensive against a military power such as the United States.

    アメリカのような軍事大国に対する大規模な攻撃に必要なもの。

  • With only 12 of its heaviest transport aircraft, the Antonov AN-124 in service, the only aircraft

    最重量級の輸送機であるアントノフAN-124が12機しか就航していないことから

  • capable of moving heavy military equipment in significant quantities, Russia would be

    重い軍需品を大量に運べるようになると、ロシアは

  • hard-pressed to quickly move critical tanks, air defense assets, and artillery to the North

    重要な戦車、防空資産、大砲を迅速に北に移動させることは困難であった。

  • American continent for an invasion.

    アメリカ大陸への侵攻のために

  • Its fleet of 109 Ilyushin II-76 aircraft could supplement that airlift capacity, but on their

    イリューシンII-76の109機で空輸能力を補うことができましたが、その際には

  • own these aircraft would be able to move perhaps a platoon's worth of soldiers and their equipment

    これらの航空機は、1小隊分の兵士とその装備を移動させることができます。

  • and one main battle tank per flight.

    と、1フライトに1台の主力戦闘機を搭載しています。

  • At sea, the Russian navy doesn't fare much better, with a fleet of only about 20 landing

    海では、ロシア海軍はあまりうまくいっておらず、約20の上陸船団しかありません。

  • ships with another two in reserve.

    隻の船と2隻の予備船があります。

  • Each of these ships could carry around 20 tanks and up to 425 troops, and even if Russia

    これらの船は、1隻あたり約20台の戦車と最大425名の兵員を搭載することができ、仮にロシアが

  • could muster its entire mobility fleet at once- which is not realistic as due to maintenance

    一度にすべてのモビリティーフリートを集めることができますが、メンテナンスの関係上、現実的ではありません。

  • and retrofit requirements no navy on earth ever has full use of all its ships at any

    や改造の必要性から、地球上のどの海軍も、常に全艦を使いこなせるわけではありません。

  • one time- Russia could still only move 440 tanks and perhaps two regiments of infantry

    ある時、ロシアは440台の戦車と2連隊の歩兵しか動かせなかった。

  • per sortie.

    出撃ごとに

  • Even with no casualties amongst the landing ships, and no equipment breakdowns through

    着陸船に死傷者がなく、機器の故障もなかったのに

  • perhaps some miracle, it would take over six months to move the entire North Korean and

    何かの奇跡が起きても、北朝鮮と韓国の全国民を移動させるには半年以上かかります。

  • Russian military to North America.

    ロシア軍を北米に

  • Deciding on where to land in the US though would be vital for the Russian/North Korean

    しかし、アメリカのどこに着陸するかを決めることは、ロシアや北朝鮮にとって重要なことです。

  • alliance, and there are few good options.

    のアライアンスを組んでいますが、良い選択肢はほとんどありません。

  • Even if we ignored the reality of NATO or South Korea, Australia, and Japan coming to

    NATOや韓国、オーストラリア、日本が来るという現実を無視しても

  • the US's defense, and Russia could concentrate its forces for an assault on North America,

    アメリカの防衛のために、ロシアは北米への攻撃のために戦力を集中することができます。

  • it would still need to get through the teeth of the American navy.

    そのためには、アメリカ海軍の歯を食い破る必要がある。

  • An invasion of America would require months of preparation, moving naval and air assets

    アメリカへの侵攻には数ヶ月の準備期間が必要で、海・空の資産を移動させて

  • to Russia's west coast- which would afford the US just as much time to prepare to counter

    ロシアの西海岸までの距離を確保することができれば、アメリカはそれに対抗する準備をするのに十分な時間を得ることができます。

  • such an invasion.

    そのような侵略を受けています。

  • With the US concentrating its naval forces in the Pacific, the most direct route would

    太平洋に海軍力を集中させているアメリカにとって、最も近道となるのが

  • be the best route, with Russian/North Korean forces striking directly into Alaska to secure

    ロシア・北朝鮮軍がアラスカに直接殴り込みをかけて安全を確保する、というのが最良のルートだと思います。

  • a foothold on North America.

    北米への進出の足がかりとした。

  • Anchorage would be the most ideal target for an invasion, as it holds a large deepwater

    アンカレッジは、大規模な深海を持つため、侵略のための最も理想的なターゲットとなります。

  • port that would make it possible to quickly offload forces.

    速やかに戦力外通告ができるようにするためのポートです。

  • An assault against any other part of the Alaskan coast would require the use of landing craft,

    アラスカ沿岸の他の地域への攻撃には、上陸用舟艇を使用する必要がある。

  • something which is also in short supply in the Russian navy.

    これはロシア海軍でも不足しているものだ。

  • Invading Alaska poses several problems, as the Japanese found out in World War II.

    第二次世界大戦で日本軍が経験したように、アラスカへの侵攻にはいくつかの問題がある。

  • First, it's too far away from the American heartland to pose any serious economic or

    第一に、アメリカの中心地から離れているため、経済的にも社会的にも深刻な影響を与えることはありません。

  • industrial risk to the US's warfighting effort.

    米国の戦争遂行のための産業リスク。

  • While oil-rich, the US would easily be able to supplement its consumption via the Gulf

    石油資源が豊富なアメリカでは、湾岸地域での石油消費を容易に補うことができます。

  • of Mexico or even overseas sources, and the seizure of Alaskan oil fields would result

    また、アラスカの油田を占拠すると、メキシコや海外のソースにも影響を与えることになります。

  • in extremely minor economic harm to the US economy.

    米国経済への影響は極めて軽微です。

  • Still, with such limited mobility assets, Alaska would be the best bet for the alliance

    しかし、このような限られた機動力のある資産を持つアラスカは、同盟にとって最善の策である。

  • to gain a vitally important foothold in North America.

    は、北米での重要な足場を得るためのものである。

  • Russian invasion craft however would face the full wrath of the world's largest submarine

    しかし、ロシアの侵攻船は、世界最大の潜水艦の怒りを買うことになる。

  • fleet, in an environment that is keenly suited for submarine warfare thanks to the turbulent

    艦隊は、乱気流のおかげで潜水艦の戦いに適した環境にあります。

  • nature of the Bering Sea.

    ベーリング海の自然。

  • Even in summertime the Bering can be treacherous to cross, and winter operations for heavy

    夏でもベーリング海を渡るのは危険ですし、冬には重装備での作戦が必要です。

  • military cargo craft would be all but impossible.

    軍事用の貨物機は不可能に近い。

  • Anti-submarine operations in rough seas are an extremely dicey proposition, and while

    荒れた海での対潜水艦作戦は非常に危険なものです。

  • Russia does maintain a capable attack submarine fleet, it's dwarfed in size and capabilities

    ロシアは有能な攻撃型潜水艦の艦隊を維持しているが、その規模と能力は圧倒的に小さい。

  • by the American fleet.

    アメリカ艦隊による

  • To make matters worse, Russia only operates a single aircraft carrier, and the nation

    さらに言えば、ロシアは空母を1隻しか保有していませんし、ロシアは

  • severely lacks in aerial refueling craft.

    空中給油機が不足しています。

  • As if that wasn't bad enough, only a portion of the Russian air force is even capable of

    さらに、ロシアの空軍の一部には、以下のような能力があると言われています。

  • in-flight refueling, meaning that for the crossing across the Bering Sea, the invasion

    飛行中の燃料補給のため、ベーリング海を横断する際には、侵

  • fleet would be largely without air cover.

    艦隊はほとんど空からの援護がない状態になります。

  • The US on the other hand has two major Air Force installations in Alaska, Eielson and

    一方、アメリカはアラスカに2つの主要な空軍施設、エイエルソンと

  • Elmendorf air force bases, and in the months leading up to the invasion would quickly expand

    エルメンドルフ空軍基地は、侵攻までの数ヶ月の間に急速に拡大していった。

  • their capacity to host the rest of the significantly large American air force by building extra

    このような状況下では、アメリカの空軍を受け入れられるようにするために、アメリカの空軍基地を増築する必要があります。

  • runways, hangars, and maintenance facilities.

    滑走路、格納庫、メンテナンス施設。

  • Even without the use of its 11 aircraft carriers, of which realistically only perhaps five would

    11隻の空母を使わなくても、現実的には5隻程度の空母しか使えません。

  • be available for combat ops at any one time, the US Air Force would easily defend Alaska

    を常に戦闘に使えるようにしておけば、米空軍はアラスカを容易に防衛できる。

  • from invasion, and with a fleet of about 450 aerial tankers- the largest in the world-

    世界最大級の約450機の航空タンカーを擁し、侵攻を防ぐ。

  • American jets would have the range to cover any possible invasion avenue.

    アメリカのジェット機は、どのような侵略経路でもカバーできる範囲を持っています。

  • With 31 AWACs aircraft- or Airborne Warning And Control System- in its fleet, the US air

    アメリカの空軍は31機のAWAC(Airborne Warning And Control System)を保有しています。

  • force would be able to supplement its land-based radar coverage to detect Russian ships and

    隊員は、陸地のレーダーを補完して、ロシアの船や船体を探知することができる。

  • air forces at great ranges.

    遠距離での航空戦力

  • Russia on the other hand only operates about 15-19 AWACS systems, and despite their long

    一方、ロシアが保有するAWACSは15~19機程度で、長期に渡って運用されています。

  • range the lack of air refueling capabilities in the Russian Air Forces would mean very

    ロシア空軍に空中給油能力がないことは、非常に大きな意味を持っています。

  • limited sortie rates and loitering times both.

    出撃率と滞留時間の両方を制限した。

  • In effect, a serious deficiency in airborne radar, aerial refueling, and military transport

    実質的には、空中レーダー、空中給油、軍用輸送機の深刻な欠乏が

  • would make an invasion of Alaska completely impossible.

    となると、アラスカへの侵攻は完全に不可能となる。

  • The logistics simply don't exist for the alliance to make such an attempt, and with major Army

    同盟がそのような試みをするためのロジスティックスは存在しませんし、主要な陸軍では

  • bases in Alaska and fast rail and airborne transport capabilities by the US, even if

    アラスカの基地や、アメリカによる高速鉄道や航空輸送能力があったとしても

  • Russian landing craft managed to make it through the teeth of the US Navy and Air Force both,

    ロシアの上陸用舟艇は、アメリカ海軍と空軍の両方の歯牙にかけた。

  • they would be completely overwhelmed by American land forces and destroyed in a very short

    アメリカの陸軍に完全に圧倒され、短期間で破壊されてしまうだろう。

  • matter of time.

    時間の問題。

  • An attempt could be made to cross across the North Pole's ice cap, though such an attempt

    北極点の氷冠を越えることも可能だが、その場合は

  • would have to be done in winter, meaning horrible weather conditions which would wreak havoc

    そのためには、冬に行わなければならず、悪天候の中での作業となります。

  • on men and equipment both.

    人と機器の両方に

  • Then there's also the problem of extended supply lines, and even with ad-hoc airfields

    また、補給線の延長という問題もあり、アドホックな飛行場でも

  • quickly built on the ice, the invasion force would still lack the air cover needed to be

    氷の上に素早く構築しても、侵攻部隊には必要な航空援護が不足しています。

  • protected from the American air force.

    アメリカの空軍から守られている。

  • Even if by some miracle the alliance managed to take Alaska- which let's be clear, this

    奇跡的に同盟がアラスカを占領したとしても、はっきり言って、これは

  • is a complete strategic impossibility- the United States and its warfighting capability

    は完全に戦略的に不可能であり、米国とその戦争遂行能力は

  • would be negligibly affected by the invasion.

    は、侵攻の影響をほとんど受けないだろう。

  • The alliance would have to push into the continental US to seriously damage its industrial and

    同盟は、アメリカ大陸に押し込まなければ、その産業と文化に深刻なダメージを与えることができない。

  • military capabilities to wage war, and that would mean pushing through Canada and adding

    戦争をするための軍事力を、カナダを押しのけて追加することになります。

  • yet another combatant to the fight as Canada would under no circumstances allow such an

    カナダでは、どんな状況でもそのようなことは許されないので、新たな戦闘員を戦闘に参加させることはできません。

  • invasion force to simply stroll through its territory.

    侵略軍が自国の領土を闊歩しているだけだ。

  • To make matters worse, the force would have to move through very difficult terrain which

    さらに、この部隊は非常に困難な地形の中を移動しなければならない。

  • would heavily favor American and Canadian defenders, and as it moved further and further

    は、アメリカやカナダの守備側に有利な状況で、どんどんと移動していきました。

  • south, it would face even greater numbers of American air forces.

    南側では、さらに多くのアメリカの空軍に直面することになります。

  • In Alaska, American air forces would be limited by the physical space available on air fields

    アラスカでは、アメリカの空軍は飛行場の物理的なスペースに制限される。

  • to host them, but in the continental US, the widespread number of large civilian airports

    を受け入れていますが、アメリカ大陸では、大きな民間空港が普及しているため

  • and military air bases means that the vast American Air Force would be able to be brought

    と軍事基地があるということは、膨大なアメリカ空軍を持ってくることができるということです。

  • down on the invasion force in full effect, while Russian forces would still only be able

    侵攻部隊をフルに活用してダウンさせ、ロシア軍はまだ

  • to operate a token number of aircraft from seized Alaskan and Canadian air fields, and

    押さえられたアラスカとカナダの飛行場から、形のある数の航空機を運航すること。

  • only operate at limited ranges due to a lack of aerial refueling assets.

    空中給油装置がないため、限られた範囲でしか使用できませんでした。

  • North Korea would be able to give Russia the numbers needed to seriously challenge the

    北朝鮮は、ロシアに本気で挑戦するために必要な数を与えることができる。

  • United States, but in terms of technology and additional assets it would offer very

    米国は、技術や追加資産の面では非常に優れています。

  • little to the alliance.

    は、アライアンスにはほとんど影響しません。

  • If anything, the added burden of supplying and transporting North Korean troops might

    むしろ、北朝鮮軍の補給・輸送の負担が増えることで

  • even seriously damage Russia's own capabilities, after all there is little possibility that

    の可能性はほとんどなく、ロシア自身の能力にも大きなダメージを与えることになるでしょう。

  • North Korea could actually maintain the supply requirements of its vast military past a few

    北朝鮮は、その巨大な軍隊の供給要件を、数年後も維持することができる。

  • weeks.

    の週になります。

  • In the end, as we've seen before countless times in these scenarios, America's homeland

    最終的には、これまでのシナリオで何度も見てきたように、アメリカの祖国が

  • could never be breached by an invading force due to the current lack of mobility and logistical

    は、現在の機動力と後方支援の不足により、侵略軍に突破されることはありませんでした。

  • support aircraft and ships amongst the world's navies.

    世界の海軍で使用されている航空機や艦船をサポートします。

  • If any nation on earth were to attempt it, they would need to heavily invest in building

    地球上のどの国も、それをやろうとしたら、建物を建てるのに莫大な投資をしなければなりません。

  • at least as large a mobility and logistical fleet as the US, because it doesn't matter

    少なくともアメリカと同じくらいの機動力と後方支援の艦隊を持っていないと意味がありませんからね。

  • how many guns you have- if you can't move them in significant numbers quickly enough,

    どれだけの銃を持っていても、それをすぐに大量に動かすことができなければ

  • any invasion is bound to fail.

    どのような侵略も失敗に終わるでしょう。

  • Wanna see how the US would fare against the entire world trying to invade it?

    全世界から侵略されようとしているアメリカがどうなるか見てみたいと思いませんか?

  • Check out our video US VS the World, who would win?

    ビデオ「US VS THE WORLD、勝つのはどっちだ?

  • Or check out this other video instead!

    または、別のビデオをご覧ください。

During the Cold War, the Soviet Union was North Korea's lifeline, providing weapons,

冷戦時代、北朝鮮にとってソ連は武器を提供する生命線でした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロシア 北朝鮮 アメリカ 空軍 部隊 軍事

北朝鮮とロシアが手を組んでアメリカを破壊するかもしれない? (Could North Korea And Russia Team Up to Destroy The United States of America?)

  • 8 1
    Summer に公開 2021 年 07 月 08 日
動画の中の単語