Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Sirens blare as valves purge air and two submarines descend into the depths of the ocean.

    サイレンを鳴らしながらバルブで空気を抜き、2隻の潜水艦が海の底に沈んでいく。

  • Sailors sprint through the narrow corridors of the submersible, turning valves and reloading

    船員たちは、バルブを回したり、リロードしたりしながら、潜水艇の狭い通路を疾走する。

  • torpedoes into spent tubes.

    魚雷を使用済みの発射管に

  • As the submarines dive deeper the The HMS Venturer releases a final barrage of torpedoes-

    潜水艦が深く潜ると、HMSベンチュラーは最後の魚雷を放ちます。

  • they all miss... except one.

    全員が失敗した...一人を除いて

  • Over the hydrophone the sound of an explosion and the twisting of steel can be heard.

    ハイドロフォンからは、爆発音と鉄のねじれ音が聞こえてくる。

  • The first, and only, underwater submarine battle is over.

    最初で唯一の水中潜水艦の戦いが終わった。

  • A mangled German U-boat sinks into the depths of the ocean.

    海の底に沈んでいくドイツのUボート。

  • In 1944 the Germans launched Operation Caesar.

    1944年、ドイツ軍はシーザー作戦を開始した。

  • It was a last ditch effort to buy the Axis Powers more time to turn the war around.

    これは、枢軸国が戦争を好転させるための時間を稼ぐための最後の手段だった。

  • They were in deep trouble as Allied forces closed in on all fronts.

    連合軍が各方面から迫ってくる中で、彼らは大きな問題を抱えていた。

  • Germany hoped that they could sneak advanced technology to Japan using a submarine classified

    ドイツは、機密扱いの潜水艦を使って、先進的な技術を日本に持ち込むことを期待していた。

  • as U-864.

    U-864として。

  • This would allow Japan to continue the fight in the Pacific, hopefully drawing Allied forces

    これにより、日本は太平洋での戦いを続けることができ、連合軍を引きつけることができる。

  • away from the collapsing Axis armies.

    崩壊しつつある枢軸軍から逃れるために。

  • The Nazis loaded advanced weapon designs such as schematics and parts for the Jumo 004 turbojet,

    ナチスは、Jumo 004ターボジェットの回路図や部品など、高度な兵器設計を積んでいた。

  • and guidance components for V-2 ballistic missiles onto U-864.

    とV-2弾道ミサイルの誘導部品をU-864に搭載しました。

  • The U-boat was just under 300 feet long and designed to carry large cargo shipments long

    Uボートは300フィート弱の長さがあり、大きな貨物を運ぶために設計されていました。

  • distances.

    の距離になります。

  • U-864 was also loaded with massive amounts of liquid mercury, which was used for manufacturing

    また、U-864には大量の液体水銀が搭載されており、これは製造に使用された。

  • explosive primers.

    爆発的なプライマー。

  • The crew was briefed on their mission, German and Japanese scientists were loaded onto the

    乗組員にミッションの説明を行い、ドイツ人と日本人の科学者を乗せて

  • U-boat, and on December 5, 1944 Captain Ral-Reimar Wolfram launched U-864 and proceeded towards

    Uボートは、1944年12月5日にRal-Reimar Wolfram艦長がU-864を発進させ、U-864に向かって進んだ。

  • the Arctic.

    北極圏の

  • His path was laid out to sneak past the Soviet Union undetected, and deliver the cargo to

    彼の進路は、ソ連に見つからないように潜入して、貨物を届けるというものだった。

  • Japan.

    日本のことです。

  • But from the beginning the mission seemed to be doomed.

    しかし、このミッションは最初から絶望的なものだった。

  • U-864 proceeded north.

    U-864は北へ進んだ。

  • Allied forces patrolled most of the waters in the area, so Wolfram knew he needed to

    連合軍がこの地域のほとんどの海域をパトロールしていたので、Wolframは

  • travel as stealthy as possible.

    なるべくステルスして移動する。

  • To do this he would need to take risks, and move into more dangerous waters.

    そのためには、リスクを取って、より危険な場所に行く必要がある。

  • In order to have Axis protection for as long as possible U-864 sailed along the coast of

    枢軸国の保護をできるだけ長く受けるために、U-864は日本の海岸に沿って航海した。

  • Northern Europe where air support remained in range.

    航空支援が射程距離に残っている北欧。

  • As the U-boat made its way through the shallow waters, disaster struck.

    Uボートが浅瀬を進んでいくうちに、災難に見舞われた。

  • Wolfram grounded the sub while trying to pass through the Kiel Canal.

    Wolframは、キール運河を通過しようとして潜水艦を接地させた。

  • The jagged rocks tour into the hull of the submarine.

    潜水艦の船体にギザギザの岩が巡ってくる。

  • The crew had to assess the damage, and once inventory was taken, Wolfram had no choice

    クルーはダメージを評価しなければならず、棚卸しをした後は、Wolframには選択肢がなかった。

  • but to turn the submarine around and return to drydock for repairs.

    が、潜水艦の向きを変えて修理のために乾ドックに戻ることになった。

  • The treacherous journey around the arctic would require everything to be working perfectly,

    極寒の地での危険な旅には、すべてが完璧に機能していなければならない。

  • and until the U-boat was repaired, it had no shot of making it all the way to Japan.

    Uボートが修理されるまでは、日本までたどり着くことはできなかったのだ。

  • U-864 stealthy made its way to Bergen, Norway, which was still controlled by Axis powers.

    U-864はステルスで、まだ枢軸国に支配されていたノルウェーのベルゲンに向かった。

  • As the submarine was being repaired Allied forces launched a bombing run into Norway.

    潜水艦の修理中、連合軍はノルウェーに爆撃を開始した。

  • They weren't aiming for U-864, but the dry dock where the U-boat was being repaired was

    U-864を狙ったわけではないが、Uボートが修理されていた乾ドックは

  • a target.

    を目標にしています。

  • The British planes roared over the Axis base.

    英軍機は枢軸側の基地の上空で轟音を響かせた。

  • Anti-aircraft guns fired their cannons into the sky, trying to take out the bombers before

    対空砲は大砲を空に向けて発射し、爆撃機を先に倒してしまおうとする。

  • they could drop their payloads.

    そのために必要なのは、衛星を投下することです。

  • Most of the bombers made it to their target and dropped a series ofTallboyand

    ほとんどの爆撃機が目標に到達し、「トールボーイ」と「

  • Grand Slamearthquake bombs around the drydock.

    "グランドスラム "の地震の爆音が乾ドックの周りに響く。

  • The bombs were specifically designed to penetrate the surface and detonate below ground to send

    この爆弾は、地表を貫通して地下で爆発し、地中に送り込むことができるように設計されている。

  • the explosion's full force through the bedrock.

    爆発の威力を岩盤に伝える。

  • The result was the destruction of underground structures like submarine pens and bunkers.

    その結果、潜水艦のペンションやバンカーなどの地下構造物が破壊された。

  • Unfortunately for U-864, it was in the submarine pen when the detonations occurred, causing

    不幸にもU-864は、爆発時にはサブマリンペンの中にいたので、そのせいで

  • even more damage to the U-boat.

    さらにUボートにダメージを与えた。

  • This led to further delays in Operation Caesar and the mission to deliver the cargo to Japan.

    これにより、「シーザー作戦」や日本への貨物輸送のミッションはさらに遅れた。

  • The numerous delays for repairs would culminate in the only underwater submarine battle in

    修理のために何度も延期されたことが、史上唯一の水中での潜水艦の戦いにつながった。

  • history.

    の歴史を知ることができます。

  • Unknown to the Germans, the British had cracked their codes.

    ドイツ人は知らなかったが、イギリス人は彼らの暗号を解読していた。

  • The Allies intercepted a communication about U-864's mission and knew that they couldn't

    連合国側は、U-864の任務に関する通信を傍受し、それができないことを知っていた。

  • let the Nazi sub make it to Japan.

    ナチスの潜水艦を日本に上陸させる。

  • They immediately dispatched the HMS Venturer to destroy the U-boat.

    すぐにHMSベンチュラー号を派遣して、Uボートを破壊しました。

  • The Venturer was almost twice as fast as the bulky U-864, but it was also much smaller.

    ベンチュラーは、巨大なU-864に比べて約2倍の速度を持っていたが、サイズもはるかに小さかった。

  • It had a limited crew and could fire four torpedoes at once, but only held a relatively

    限られた乗組員で、一度に4本の魚雷を発射することができましたが、相対的には

  • small number of torpedoes on board compared to U-864's arsonal of 22 torpedoes.

    U-864の魚雷22本に比べて、搭載された魚雷の数は少なかった。

  • This meant that the Venturer needed to make every shot count.

    つまり、ベンチャラーは一発一発を大切にしなければならないのである。

  • The Venturer left for its mission under the command of Lieutenant James S. Launders on

    ベンチュラー号は、James S. Launders中尉の指揮のもと、以下の日程で任務に就いた。

  • February 6, 1945.

    1945年2月6日のことです。

  • The plan was to intercept U-864 off the coast of Norway.

    計画では、ノルウェー沖でU-864を迎撃することになっていた。

  • Launders had sunk 13 vessels during the war including a German submarine that had surfaced.

    ラウンダースは戦時中、浮上したドイツの潜水艦を含む13隻の船を沈めていた。

  • The problem that Launders faced now was finding the exact location of U-864.

    今、ロンダースが直面している問題は、U-864の正確な位置を見つけることだった。

  • He knew the general vicinity, but the vastness of the ocean, and the technological challenges

    大体の場所は知っていたが、海の広さや技術的な課題などは

  • of locating a submerged submarine without giving his position away, made his mission

    自分の位置を知られないように沈んだ潜水艦の位置を確認することが、彼の任務でした。

  • incredibly difficult.

    とてつもなく難しい。

  • The main method the Venturer had to locate U-864 was the use of hydrophones.

    ベンチュラーがU-864の位置を特定するために行った主な方法は、ハイドロフォンの使用である。

  • This device could listen for sounds of enemy submarines underwater.

    この装置は、水中で敵の潜水艦の音を聞くことができる。

  • However, it was only effective at a limited range, and there was a lot of ocean to cover.

    しかし、その効果は限られた範囲でしか発揮されず、また、カバーすべき海もたくさんありました。

  • The other way the Venturer could locate an enemy submarine was through active sonar.

    ベンチュラーが敵の潜水艦を見つけるもう一つの方法は、アクティブソナーである。

  • By sending out an acoustic wave and waiting for it to bounce off an enemy sub, the location

    音波を発信して、敵の潜水艦に跳ね返るのを待つことで、その位置を

  • of the vessel could be obtained.

    を得ることができました。

  • However, the problem with active sonar was that it also alerted the enemy of the location

    しかし、アクティブソナーの問題点は、敵に位置を知らせてしまうことでした。

  • of the Venturer.

    ベンチャーの

  • The Venturer reached the coordinates where U-864 was supposed to be located.

    ベンチュラーは、U-864があるとされる座標にたどり着いた。

  • They scoured the area for any signs of the German U-boat, but came up empty.

    ドイツのUボートの痕跡を探したが、何も見つからなかった。

  • Unfortunately for the Venturer U-864 had already passed through their location, and was now

    不幸にも、U-864はすでに彼らの場所を通過しており、現在は

  • out of range of the hydrophones aboard the British submarine.

    イギリスの潜水艦に搭載された水中聴音器の範囲外である。

  • Launders had missed his chance; the Nazi U-boat was on its way to Japan.

    ラウンダースはそのチャンスを逃してしまった。ナチスのUボートは日本に向かっていたのだ。

  • However, U-864's bad luck was not over yet.

    しかし、U-864の不運はまだ終わっていなかった。

  • The U-boat's diesel engine began to misfire, causing the vessel to slow down.

    Uボートのディーゼルエンジンが誤作動を起こし、船体が減速してしまった。

  • Wolfram was forced to make another difficult decision; either he pressed forward, which

    ヴォルフラムは、もう一つの難しい決断を迫られた。

  • was a huge risk, or returned to drydock for additional repairs.

    は大きなリスクを伴うものでした。あるいは、追加の修理のために乾ドックに戻されることもありました。

  • Again Wolfram knew the long journey through the Arctic would be brutal, and if anything

    ヴォルフラムは、北極圏の長旅が過酷なものであることも知っていた。

  • happened to the engine while in the icy cold region, he and his entire crew would perish.

    凍てつくような寒さの中でエンジンに異変が起きれば、彼と乗組員全員が死んでしまう。

  • So, Wolfram decided to turn around and head back to Norway.

    そこで、Wolframは引き返してノルウェーに戻ることにした。

  • Wolfram had no way of knowing he was headed right into the Venturer's trap.

    ヴォルフラムは、自分がヴェンチャラーの罠にはまっていることを知る由もなかった。

  • It was only out of sheer bad luck that the failing diesel engine aboard U-864 caused

    U-864に搭載されていたディーゼルエンジンが故障したのは、まさに不運だったと言えるでしょう。

  • the U-boat to turn around and head straight towards Launders and his vessel.

    Uボートは向きを変え、まっすぐにランダースと彼の船に向かった。

  • The crew of the Venturer were monitoring the area even though they had almost completely

    ベンチュラーの乗組員は、ほぼ完全に終わっているにもかかわらず、この地域を監視していた。

  • given up hope of ever locating the German U-boat.

    ドイツのUボートを見つけることはできないと諦めていた。

  • Then one of the crew picked up something on the hydrophones.

    その時、クルーの一人がハイドロフォンで何かを拾った。

  • It was the misfiring diesel engine of U-864.

    それはU-864のディーゼルエンジンの失火だった。

  • The alarm was sounded and the crew prepared for the chase.

    警報が鳴らされ、乗組員たちは追撃の準備をした。

  • The Venturer stealthy moved towards the sound of the misfiring engine of the U-864.

    ベンチュラーは、U-864のエンジンの誤作動の音に向かって、ステルスで移動した。

  • Then Launders saw what he suspected was the periscope or snorkel mast sticking out of

    その時、ロンダースは、ペリスコープかシュノーケルのマストと思われるものが突き出ているのを見た。

  • the water.

    水を

  • The snorkel mast allowed submarines to travel just under the surface of the ocean, and still

    シュノーケルマストは、潜水艦が海面直下を航行することを可能にし、なおかつ

  • pump the oxygen the diesel engine needed into the vessel.

    ディーゼルエンジンが必要とする酸素を船内に送り込む。

  • The Venturer had located its target.

    ベンチュラーはターゲットを見つけた。

  • The diesel engines were turned off so the submarine could run silently underwater on

    ディーゼルエンジンを停止して、水中で静かに走ることができた。

  • battery power.

    バッテリーパワーを発揮します。

  • Launders waited for the U-boat to surface so he could take his shot.

    ラウンダースは、Uボートが浮上してくるのを待って、ショットを決めた。

  • Unfortunately, U-864 could stay just below the surface of the water using its snorkel

    残念ながら、U-864はシュノーケルを使って水面下に留まることができた。

  • for the duration of its journey back to port.

    港に戻ってくるまでの間。

  • Then the U-boat did something strange.

    すると、Uボートは奇妙なことをした。

  • It began zigzagging from side to side.

    左右にジグザグに移動し始めた。

  • Launders knew the Germans must have either suspected they were being pursued, or had

    ラウンダースは、ドイツ人は自分たちが追われていることを疑っていたか、あるいは追われていたに違いないと考えていた。

  • already detected his submarine.

    彼の潜水艦はすでに発見されている。

  • The chase continued for hours.

    追いかけっこは何時間も続いた。

  • U-864 refused to surface, and began taking even more drastic evasive actions.

    U-864は浮上せず、さらに思い切った回避行動を取り始めた。

  • This alerted Launders that the Germans were now fully aware that they were being followed.

    これでロンダースは、ドイツ軍が自分たちが追われていることを完全に認識したことになる。

  • The Venturer's batteries were running low and the submarine would soon need to surface

    ヴェンチュラー号のバッテリーは残り少なくなり、すぐに浮上しなければならない。

  • itself, which would leave it vulnerable to attack by the German U-boat.

    自体が、ドイツのUボートの攻撃を受けやすい状態になってしまう。

  • Launders gave the command to arm all torpedoes.

    ラウンダースは、すべての魚雷を武装させる命令を出した。

  • The captain calculated the trajectory and depth of the U-boat with the limited data

    艦長は、限られたデータからUボートの軌跡と深度を計算して

  • he had.

    を持っていました。

  • The order to fire blared across the speakers of the torpedo bays.

    魚雷室のスピーカーから発射命令が鳴り響いた。

  • The Venturerripple-firedfour torpedoes, with each being launched about 18 seconds

    ベンチュラーは4本の魚雷を「リップル発射」し、それぞれが約18秒で発射された。

  • apart.

    をバラバラにしています。

  • The second two torpedoes were fired at a lower depth, just in case the enemy dove deeper.

    2本目の魚雷は、敵が深く潜ったときに備えて、より低い深度で発射された。

  • Launders ordered the Venturer to immediately dive in case of a counterattack.

    ラウンダースはベンチャラー号に、反撃に備えて直ちに潜航するように命じた。

  • As the sub descended into the blackness of the ocean the crew waited with anticipation.

    潜水艦が真っ暗な海に沈むと、クルーは期待に胸を膨らませて待っていた。

  • Time seemed to freeze as everyone on the Venturer held their breath, waiting for the hydrophone

    時が止まったかのように、Venturerの全員が息を殺してハイドロフォンを待っていた。

  • operator to confirm a hit.

    演算子でヒットを確認します。

  • There was no explosion.

    爆発はしなかった。

  • It seemed as if all of the torpedoes had missed.

    すべての魚雷が外れたかのように見えた。

  • Hope began to leave the crew of the Venturer.

    ベンチュラー号の乗組員から希望が出てきた。

  • Then, suddenly, the hydrophone operator perked up.

    すると、突然、ハイドロフォンのオペレーターが元気になった。

  • The sound of an impact, explosion, and the tearing apart of iron could be heard over

    衝撃音、爆発音、そして鉄を引き裂く音が聞こえてきた。

  • the headset.

    ヘッドセットの

  • U-864's hull ripped open and the entire vessel collapsed in on itself from the massive

    U-864の船体が裂け、船全体が崩壊したのである。

  • pressure of the ocean.

    海の圧力。

  • The last torpedo fired had found its target.

    最後に発射された魚雷が目標に到達した。

  • The handphone operator waited patiently until he heard the enemy U-boat thud against the

    携帯電話のオペレーターは、敵のUボートが船体にぶつかる音を聞くまで、じっと待っていました。

  • bottom of the sea floor.

    海底の底。

  • All 73 people on board U-864 were lost to the ocean.

    U-864に乗っていた73人全員が海に消えた。

  • The Axis Powers' hopes of delivering weapons and materials to Japan sank with German submarine.

    枢軸国が日本に武器や資材を届けようとしていたが、ドイツの潜水艦によって沈められた。

  • The site of the wreck remained undisturbed for over 50 years until the Norwegian Navy

    沈没船の跡地は50年以上も放置されていたが、ノルウェー海軍が

  • located it.

    を見つけました。

  • U-864 was lying in a crumpled heap on the bottom of the ocean, but its cargo of Mercury

    U-864は海の底に崩れ落ちていたが、積んでいた水銀の

  • was leaking out of the vessel and into the water.

    は、船から水に漏れていました。

  • Also, the U-boat still had unexploded ordinance within its hull.

    また、Uボートの船体にはまだ不発弾が残っていました。

  • In order to stop the leak, and prevent any accidental explosions, the Norewegian authorities

    漏れを止め、事故による爆発を防ぐために、ノルウェー当局は

  • decided to cover the wreck under 160,000 tons of sand and rock.

    沈没船を16万トンの砂と岩で覆うことを決定した。

  • The battle between U-864 and the Venturer was the only underwater submarine battle in

    U-864とVenturerの戦いは、世界で唯一の水中潜水艦の戦いでした。

  • history: but why?

    history: but why?

  • Submarines had been used as far back as 1776 during the American Revolutionary War with

    潜水艦は、1776年のアメリカ独立戦争の時にも使用されていた。

  • the submersible known as Turtle.

    潜水艇「タートル」。

  • How is it possible that there was only one underwater submarine battle?

    海底の潜水艦戦が1回しかなかったというのはどういうことでしょうか?

  • There are a few reasons.

    理由はいくつかあります。

  • World War II was the height of submarine warfare.

    第二次世界大戦は、潜水艦戦の最盛期でした。

  • After the war ended submarines were still used, but normally only for moving cargo and

    終戦後も潜水艦は使用されていたが、通常は貨物の運搬や輸送にのみ使用されていた。

  • as support.

    をサポートしています。

  • During World War II submarines needed to spend most of their time on the surface, so their

    第二次世界大戦中、潜水艦はほとんどの時間を水面上で過ごす必要があったために

  • diesel engines could get the air they needed.

    ディーゼルエンジンに必要な空気を供給することができました。

  • This meant that submarine warfare often took place on the surface and not underwater.

    つまり、潜水艦の戦いは水中ではなく地上で行われることが多かったのだ。

  • Also, before and during World War II when submarines were underwater there was no accurate

    また、第二次世界大戦前から戦時中にかけて、潜水艦が水中にあった頃は、正確な

  • way to gauge exactly where the enemy was in three dimensional space.

    三次元の空間で敵の位置を正確に把握する方法。

  • Lastly, torpedoes at the time were designed to float up to the surface to strike ships,

    最後に、当時の魚雷は水面に浮上して船を攻撃するものでした。

  • so firing a torpedo at an underwater target was not ideal.

    そのため、魚雷を水中の目標に向けて発射することは理想的ではありませんでした。

  • This is not to say that other submarine engagements didn't occur, just that underwater battles

    これは、他の潜水艦との戦いがなかったということではなく、水中の戦いが

  • were incredibly rare because of these limitations.

    は、このような制限があるため、非常に珍しいものでした。

  • Today submarines are equipped with radar and guided torpedoes that would make underwater

    現在の潜水艦は、レーダーや誘導式魚雷を装備しているため、水中を

  • battles possible, but no wars are currently being fought under the waves of our oceans.

    しかし、現在、海の中で戦争は行われていません。

  • This all shows that what the Venturer did by destroying U-864 underwater was incredibly

    以上のことから、ベンチャラーが水中でU-864を破壊したことは、信じられないことであった。

  • impressive.

    が印象的でした。

  • It also happened due to a considerable amount of luck.

    それもかなりの運があってのこと。

  • The torpedoes fired by the Venturer were more or less shot blindly into the ocean abyss,

    ベンチュラーが発射した魚雷は、ほとんど盲目的に海の深みに向かって発射された。

  • and the fact that one of them impacted U-864 was nothing short of a miracle.

    そのうちの一つがU-864に衝突したことは奇跡としか言いようがない。

  • Now check out “50 Insane Submarine Facts That WIll Shock You.”

    それでは、"50 Insane Submarine Facts That WIll Shock You "をご覧ください。

  • Or watchWhy Living On A Submarine Sucks.”

    または、「Why Living On A Submarine Sucks」を見る。

Sirens blare as valves purge air and two submarines descend into the depths of the ocean.

サイレンを鳴らしながらバルブで空気を抜き、2隻の潜水艦が海の底に沈んでいく。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ボート 魚雷 水中 発射 ドイツ ディーゼル

史上唯一の水中潜水艦の戦い (Only Underwater Submarine Battle Ever Fought)

  • 11 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 07 日
動画の中の単語