Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Let's be honest, americans aren't the most cautious people.

    正直に言うと、アメリカ人は最も慎重な人々ではありません。

  • Just ask florida man when he calls you for bail money.

    保釈金を要求されたら、フロリダの人に聞いてみてください。

  • But some risks and bad decisions don't work out too well.

    しかし、いくつかのリスクや誤った判断は、あまりうまくいかないものです。

  • Some end with people going down in history in the obituaries, here are some of the dumbest ways americans have managed to get themselves killed, robert dryer maybe shouldn't have been driving anymore.

    訃報で歴史に名を残す人もいれば、アメリカ人が自分自身を殺す最も愚かな方法をいくつか紹介します。

  • The Florida man had just turned 89 and 2017 but was reluctant to surrender his license.

    フロリダの男性は89歳と2017年になったばかりだったが、免許証の返納には消極的だった。

  • Sure enough, while out for a drive, he crashed into a fire hydrant, a routine accident except that the crash also managed to break the water line connected to the hydrant.

    案の定、ドライブ中に消火栓に衝突してしまった。普通の事故だが、消火栓につながっている水道管も壊れてしまった。

  • This created a massive burst of water pressure and when dryer stepped out of the vehicle to check the damage, the old man was pulled into a massive sinkhole and disappeared into the ground.

    これにより大量の水圧が発生し、ドライヤーが被害状況を確認するために車外に出たところ、老人は巨大な陥没穴に引き込まれて地中に消えてしまったのだ。

  • Witnesses tried to help but were unable to get past the surging water and drier drown in a freak, deadly fender bender.

    目撃者は助けようとしましたが、押し寄せる水を乗り越えられず、致命的な接触事故で溺れてしまいました。

  • He wasn't the only florida man to meet an unexpected end.

    フロリダで予期せぬ出来事に遭遇したのは、彼だけではありません。

  • Salvator DC was trying to service a helicopter in Hernando county florida in 2019.

    Salvator DCは2019年にHernando county floridaでヘリコプターの整備をしようとしていた。

  • The stubborn aircraft needed to be jump started and DC needed a boost to reach the parts.

    頑固な機体はジャンプスタートが必要で、DCは部品にたどり着くための後押しが必要だった。

  • He decided to use a power card to reach it, a ground support device used by those loading airplanes and getting them ready for deplane ng.

    飛行機に荷物を積み込むときに使う地上支援装置であるパワーカードを使ってみようと思ったのだ。

  • His strategy worked and he was able to get the helicopter working only further rotors to move up and down unexpectedly just as he reached him, knocking DCs head clean off and bringing a sudden end to the 61 year old airport workers, career and life.

    彼の作戦は功を奏し、ヘリコプターを作動させることができたが、彼が到達した瞬間にローターが不意に上下に動き、DCの頭を完全に叩き落し、61歳の空港職員のキャリアと人生に突然の終止符を打ったのである。

  • This next plane related death was even more unusual.

    この次の飛行機関連の死は、さらに珍しいものだった。

  • It was a pact football game between the jets and the patriots in new york Shea Stadium in 1979 and the halftime show had an unexpected surprise for fans.

    1979年、ニューヨークのシア・スタジアムで行われたジェッツとペイトリオッツのフットボールの試合で、ハーフタイムショーにはファンにとって予想外のサプライズがありました。

  • The electronic eagles, a radio controlled plane group was putting on a show of pilotless model planes that could engage in dogfights.

    エレクトロニック・イーグルスというラジコン飛行機のグループが、ドッグファイトができるパイロットのいない模型飛行機のショーを行っていた。

  • But this day the planes seem to be getting unusually close to fans.

    しかし、この日は飛行機がファンに異常に接近しているようだ。

  • People started getting nervous when one of the planes crashed into the field.

    1機の飛行機がフィールドに墜落すると、人々は緊張し始めた。

  • But the show went on until one man controlling a model plane shaped like a lawnmower, lost control.

    しかし、芝刈り機のような形をした模型飛行機を操縦していた一人の男性がコントロールを失うまで、ショーは続いた。

  • The model plane spiraled, crashed into the crowd and seriously injured the unfortunate john Bowen who died four days later while it was ruled an accident.

    模型飛行機は急上昇して観客に墜落し、不幸にもジョン・ボーエン氏は重傷を負い、事故と判断されて4日後に亡くなった。

  • It cast a permanent shadow over the electronic eagles, but sometimes a car will do just as well as a plain john Hutcherson and Francis brome were two friends who loved to get drunk after a night of partying brome was two sheets to the wind, so Hutcherson drove them home.

    電子戦士たちに永遠の影を落としていたが、時には車でも平凡なジョン・ハッチャーソンとフランシス・ブロムは、パーティーの後に酔っぱらうのが大好きな友人同士だった。ブロムは二枚舌だったので、ハッチャーソンが車で家まで送ってくれたのだ。

  • The only problem was he was drunk to during the fatal 2004 ride brooms stuck his head out the window and promptly hit a telephone wire decapitating him.

    唯一の問題は、彼が酔っ払っていたことで、2004年の致命的なライディングの際に、ブルームは窓から頭を出し、すぐに電話線にぶつかって彼の首を落とした。

  • But Hutcherson was too drunk to notice and continue driving home for 12 miles before falling asleep and leaving brooms body in the car.

    しかし、ハッチャーソンは酔っていたために気づかず、そのまま12マイル(約8キロ)ほど運転して帰宅し、そのまま眠ってしまい、車の中にブルームの遺体を残してしまった。

  • It was found the next morning by a neighbor, and Hunterson claimed to never notice brooms.

    翌朝、近所の人が見つけてくれたのだが、ハンターソンは「ほうきなんて気にしたことがない」と言っていた。

  • Families seemed to believe him asking a judge for mercy for the drunk driver.

    家族は、飲酒運転者のために裁判官に慈悲を求める彼を信じているようだった。

  • This next unfortunate victim was killed by lava in a sense, who doesn't love a lava lamp.

    この次の不幸な犠牲者は、ある意味では溶岩に殺されたのですが、溶岩ランプが嫌いな人はいないでしょう。

  • Those retro home decorations with those hypnotic blobs bouncing up and down, still have their fans and they're much safer than actual lava if they're handled properly, they're supposed to be heated by a bulb in the base.

    レトロなホームデコレーションで、催眠術のような塊が上下に跳ねているものは、今でもファンがいて、適切に取り扱えば実際の溶岩よりもずっと安全です。

  • But Philip Quinn of Kent Washington had an idea for how to speed it up.

    しかし、ケント・ワシントン大学のフィリップ・クインは、そのスピードを上げるためのアイデアを持っていた。

  • In 2000 and four, he decided to put the lamp on the stove and heated it worked a little too well, The lava lamp overheated, the glass exploded, and Mr Quinn took a shard of glass directly to the heart and died soon afterwards.

    2000年と4年に、彼はランプをストーブの上に置くことにして、加熱したところ、少しうまくいきすぎた。溶岩ランプは過熱してガラスが爆発し、クイン氏はガラスの破片を直接心臓に受けて、すぐに亡くなった。

  • Not exactly the eruption of pompeii sports injuries aren't the most common cause of death, but this one was especially painful.

    ポンペイの噴火とは違いますが スポーツによる怪我は死因の中で最も多いものではありませんが、今回の怪我は特に痛かったです。

  • Dick Wertheim was a tennis lineman who would become famous in 1983 when his name became unfortunately prophetic.

    ディック・ワートハイムはテニスのラインマンだったが、1983年に彼の名前が不幸にも予言されたことで有名になる。

  • He was working as an officiant when Swedish tennis phenom Stefan Edberg sent to serve in the wrong direction and hit wartime directly in the groin, wartime recoiled in pain, fell backwards out of his chair and hit his head on the hard ground.

    彼が審判をしているときに、スウェーデンの天才テニスプレーヤー、ステファン・エドバーグがサーブを間違った方向に送り、ワートリメの股間に直撃した。ワートリメは痛みに後ずさりし、椅子から後ろに倒れ、硬い地面に頭を打ち付けた。

  • He was taken to the hospital unconscious and died five years later, wartime wasn't a healthy man, and there were extended legal battles over what killed him.

    意識不明のまま病院に運ばれ、5年後に亡くなった。戦時中は健康な人間ではなかったし、何が原因で死んだのか、訴訟沙汰が絶えなかった。

  • But the International Tennis Foundation made one big change.

    しかし、インターナショナル・テニス・ファウンデーションは一つの大きな変化をもたらしました。

  • No more linesman sitting down during matches.

    試合中にラインズマンが座っていることはありません。

  • This next daredevil failed to spot check in the most shocking way.

    この次の命知らずは、最も衝撃的な方法でスポットチェックに失敗した。

  • Ivan Lester McGuire was a veteran skydiver and he had gone to his next mission, working with other parachutists in north Carolina for part of a mass dive.

    アイバン・レスター・マクガイアはベテランのスカイダイバーで、次のミッションとして、ノースカロライナ州で他のパラシュート隊員と一緒にマスダイブの一部を行っていた。

  • In 1988 McGuire decided he would film the other divers as they descended to earth.

    1988年、マクガイアは、他のダイバーが地球に降りてくるところを撮影しようと考えた。

  • Once the others had gone, he made sure his camera was set for recording, got into position and jumped out of the plane.

    他のメンバーが去った後、彼はカメラが録画用にセットされていることを確認し、体勢を整えて飛行機から飛び出した。

  • He had just forgotten one little detail to put on his parachute.

    ただ、彼はパラシュートを装着するための些細なことを忘れていた。

  • Instead of capturing the other divers as they approached the ground, he managed to capture the fast approaching ground as he free fell toward a fatal impact, a shocking and for a man who made over 800 jumps, one of the most common ways to die, getting on the wrong side of the wrong animal, Jose Luis.

    他のダイバーが地面に近づいていく様子を撮影する代わりに、彼は致命的な衝撃に向かって自由落下しながら、地面に急速に近づいていく様子を撮影することができました。衝撃的であり、800回以上のジャンプを行った男にとって、最も一般的な死に方の1つである、間違った動物の側につくこと、ホセ・ルイス。

  • Ochoa wasn't exactly a friend of the animals.

    オチョアは決して動物の味方ではなかった。

  • He liked to attend illegal cockfights in California and he'd been cited before for training roosters to fight.

    彼はカリフォルニアで行われる違法なコックファイトに参加するのが好きで、以前にも雄鶏を訓練して戦わせたとして捕まったことがある。

  • But in 2011 he had a way to make the cockfights even more exciting, strapping blades to the limbs of the birds to make it easier for them to kill each other.

    しかし、2011年、彼はコックファイトをさらにエキサイティングなものにする方法を思いついた。鳥の手足に刃物を取り付け、殺し合いを容易にするのだ。

  • Well, Karma got the bird brained crook while trying to wrangle one of those birds have managed to stab him in the calf and he began to bleed profusely.

    さて、カルマは鳥の脳を持ったペテン師を捕まえようとしたとき、1羽の鳥が彼のふくらはぎを刺し、彼は大量の血を流し始めた。

  • He waited two hours to get medical treatment likely trying to come up with another explanation for his injury and died soon after arriving.

    怪我の原因を考えながら2時間ほど治療を待ち、到着後すぐに亡くなりました。

  • This next death was also caused by cruelty to animals, but these animals were a lot smaller.

    次の死も動物虐待によるものでしたが、この動物はもっと小さいものでした。

  • Edward.

    エドワード。

  • Archbold was determined to live up to his Florida man title, and what better way than to win a cockroach eating contest?

    アーチボルドは、フロリダマンの称号に恥じないように、ゴキブリを食べるコンテストで優勝するのが一番だと考えていた。

  • The challenge, hosted by a lizard store in 2012, offered a grand prize of an expensive Python, a deadly animal in its own right.

    このチャレンジは、2012年にトカゲ専門店が主催したもので、最優秀賞には高価なパイソンという命がけの動物が用意されていました。

  • But Archbold was done in by much smaller animals.

    しかし、アーチボルドはもっと小さな動物にやられてしまった。

  • After eating a large number of roaches and worms, he started choking and vomiting.

    大量のゴキブリやミミズを食べた後、窒息して嘔吐するようになりました。

  • Unable to clear his airway, he collapsed and died outside the store while his cause of death was never conclusively determined.

    気道が確保できず、店の外で倒れて死亡したが、その死因ははっきりしなかった。

  • Most believed that the hard dry shells and the legs of the cockroaches could have easily gotten stuck in his throat, but you don't always have to kill animals to get killed by them.

    硬く乾いた貝殻やゴキブリの足が喉に刺さりやすかったのではないかという意見が多かったが、必ずしも動物を殺さなくても動物に殺されることはない。

  • Erica marshall might have been a florida woman, but she was a friend of the animals.

    エリカ・マーシャルはフロリダ出身の女性でしたが、彼女は動物の味方でした。

  • She was an experienced veterinarian who specialized in treating horses and was working with the hyperbaric oxygen chamber commonly used for wound care, but several things were overlooked.

    彼女は馬の治療を専門とする経験豊富な獣医師で、傷の治療によく使われる高圧酸素室を使って治療を行っていましたが、いくつかの点で見落とされていました。

  • The horse apparently hadn't been sedated before being led into the chamber and its metal shoes hadn't been taped over.

    鎮静剤を使わず、金属製の靴もテープで止めていなかったようだ。

  • That combined with the high oxygen pressure was a deadly combination.

    これに高い酸素圧が加わると、命取りになる。

  • The horse started kicking, causing sparks, which led to a fire, followed by a massive explosion that could be heard 30 miles away and killed both Marshall and a horse.

    馬が蹴り始めて火花が出て、それが火災につながり、30マイル先まで聞こえるほどの大爆発を起こし、マーシャルと馬の2人が亡くなった。

  • But one man managed to get killed, not by an animal, blood by a plant.

    しかし、ある男は動物ではなく、植物に殺されてしまった。

  • It was 1982 and David Grunsven was out for some target practice.

    1982年、デビッド・グルンスベンは射撃の練習に出かけていた。

  • The Arizona man was using his shotgun to shoot some signs and he then turned his attention to another target.

    アリゾナ州の男性は、ショットガンを使っていくつかの看板を撃っていたが、その後、別のターゲットに目を向けていた。

  • The massive Saguaro cacti growing in the desert.

    砂漠に生える巨大なサガロサボテン。

  • These cacti aren't the ones you get in the pock at the garden shop.

    このサボテンは、園芸店でポツンと売っているようなものではありません。

  • They can be over 20 ft high and lived to be over 100 years old.

    高さは20フィート以上にもなり、100歳以上になることもあるそうです。

  • That didn't stop him from shooting at one and before he knew what happened to the massive spiny limb from the plant landed on him and crushed him.

    しかし、それでも彼は一人を撃ってしまい、何が起こったのかわからないうちに、その植物の巨大なトゲトゲの枝が彼の上に落ちてきて、彼を押しつぶしてしまった。

  • This death became so famous.

    この死はとても有名になった。

  • It was immortalized in a song by the austin lounge lizards.

    これは、austin lounge lizardsの曲にもなっている。

  • The next fatal stunt proved that more isn't always a good thing.

    次の致命的なスタントは、多ければ良いというものではないことを証明した。

  • It was 1997 and a group of teenagers from napa high school were enjoying a senior trip to a local water park.

    1997年、ナパ高校のティーンエイジャーのグループは、地元のウォーターパークで卒業旅行を楽しんでいました。

  • A group came up with the idea to just see how many people could fit in one water slide at a time, and the answer was apparently fewer than they hoped.

    一度に何人の人がウォータースライダーに入れるかを試してみようというグループがあり、その答えは思ったよりも少なかったようです。

  • No one knows exactly how many teenagers crammed themselves into that slide, but a portion of the slide opened up due to the weight dropping the passengers, 40 ft.

    何人のティーンエイジャーが滑り台に詰め込まれたのかは誰にもわかりませんが、乗客の重さで滑り台の一部が開いてしまい、40フィートの高さになってしまいました。

  • The accident injured 32 people, including 18 year old Quimby Galotti who died of her injuries.

    この事故では32名が負傷し、そのうち18歳のクインビー・ガロッティさんは負傷のために亡くなりました。

  • This next man might have valued his cellphone a little too much.

    この次の男性は、携帯電話を大切にしすぎたのかもしれません。

  • Roger Miro had lost his phone.

    ロジャー・ミロは携帯電話を紛失していた。

  • The 56 year old Chicago Man had a suspicion that it might have been thrown out.

    56歳のシカゴマンは、「もしかしたら捨てられたのではないか」という疑念を抱いていた。

  • So he decided to dig through the apartment buildings, garbage disposal.

    そこで彼は、マンションのゴミ捨て場を掘ることにした。

  • Unfortunately, he didn't check exactly how the trash was handled in the building.

    残念ながら、建物内でのゴミの処理方法を正確にチェックしていなかった。

  • The man went missing and no one knew what had happened until his wife reported the absence.

    男性が行方不明になり、妻が届け出るまで誰も何が起こったのかわからなかった。

  • Later that day, an investigation found him crushed to death by the industrial strength trash compactors in the garbage.

    その日のうちに調査が行われ、ゴミの中にあった工業用の強力なゴミ圧縮機によって彼が圧死していることが判明した。

  • While his death was ruled a tragic accident, many residents called for better warning signs around the trash chute in the future, But not even the most famous are immune to the most ridiculous deaths.

    彼の死は悲劇的な事故と判断されましたが、多くの住民は、今後、ゴミシュート周辺の警告表示を改善するよう求めました。

  • Governor Morris was a founding father in one of the constitutional conventions, most ardent opponents of slavery, as well as a senator from New York.

    モリス知事は、憲法制定会議の創設者の一人であり、奴隷制に最も熱心に反対し、ニューヨーク州の上院議員でもありました。

  • But in 1816, his wisdom in matters of politics didn't extend to wisdom in self medicating.

    しかし、1816年当時、彼の政治に対する知恵は、自分で薬を飲むことに対する知恵にまでは及ばなかった。

  • He had been plagued by a painful blockage in his urinary tract and decided to clear it out himself with a piece of whale bone.

    尿路の痛みに悩まされていた彼は、鯨の骨を使って自分で尿路を掃除することにした。

  • He used as a catheter naturally.

    自然にカテーテルとして使用していた。

  • This only made things worse and Morris soon died from internal injuries and infection, which must have led to an interesting day at the medical examiner's.

    これで事態は悪化し、モリスは内臓の傷と感染症ですぐに死んでしまったのだ。

  • This next case took defending his client a little too far.

    次のケースでは、クライアントを守ることが少し過剰になりました。

  • Clement, Vanlandingham had a controversial life being an Ohio Congressman who was arrested and expelled from Congress for his opposition to the civil war.

    クレメント・ヴァンランディンガムは、オハイオ州の下院議員で、南北戦争に反対したために逮捕され、議会から追放されたという物議を醸す人生を送った。

  • He brought that same reckless spirit to his later career as an attorney.

    その無謀な精神は、後に弁護士として活躍する際にも生かされています。

  • In 1871, he was defending Thomas McGinn, who was accused of murder in a barroom brawl.

    1871年には、酒場での乱闘で殺人罪に問われたトーマス・マッギンの弁護を担当していました。

  • Villain Bingham's argument was that the victim had likely shot himself while trying to pull out his pistol and decided to demonstrate that this could result in an accidental shooting.

    悪役ビンガムの主張は、被害者がピストルを抜こうとして自分を撃った可能性が高いというもので、これが誤射につながることを実証することにした。

  • It worked a little too well as for landing him fatally shot himself in front of the entire courtroom while he died.

    それが功を奏したのか、彼は法廷の全員が見ている前で自らを撃ち殺し、死に至ったのである。

  • The next day his mission was accomplished.

    翌日、彼の任務は達成された。

  • Mcginn was acquitted of murder.

    マッギンは殺人罪で無罪となった。

  • This next man could escape anything except a ridiculous death.

    この次の男は、とんでもない死以外は逃れられる。

  • Harry Houdini was the king of escapes, pulling off daring feats of survival like escaping from water tanks while in straitjackets or being buried alive.

    ハリー・フーディーニは、拘束衣を着たまま水槽から脱出したり、生き埋めになったりと、大胆なサバイバル術を披露した脱獄王です。

  • But his undoing was a lesser known stunt of his.

    しかし、彼の破滅は、あまり知られていない彼のスタントだった。

  • Houdini would frequently dare onlookers on stage to punch him in the stomach, protecting himself with a special suit.

    フーディーニは、ステージ上で野次馬に腹を殴らせることも多く、特殊なスーツで身を守っていた。

  • But one day a man named Jocelyn Gordon Whitehead approached Houdini in his dressing room to test his ability.

    しかし、ある日、ジョセリン・ゴードン・ホワイトヘッドという男が、フーディーニの能力を試すために楽屋に近づいてきた。

  • He punched Houdini several times in the stomach, causing internal damage.

    彼はフーディーニの腹を数回殴り、内臓を損傷した。

  • Houdini died several days later of a ruptured appendix, which may or may not have been caused by the punches, but many suspect Houdini would have been aware he had appendicitis if he hadn't already been in pain.

    その数日後、フーディーニは虫垂の破裂で亡くなりました。これはパンチが原因だったかどうかはわかりませんが、多くの人は、もしフーディーニがすでに痛みを感じていなければ、虫垂炎であることに気づいていたのではないかと考えています。

  • Another woman traveled the world until she came to a sudden and shocking stop.

    ある女性は、世界を旅していたが、突然、衝撃的な停止をした。

  • Isadora Duncan dazzled the world as a dancer and traveled around much of europe, far from her san Franciscan home in the early 19 hundreds, she performed up to age 50 when she boarded a luxury french car while wearing a long silk scarf.

    イサドラ・ダンカンは、ダンサーとして世界を魅了し、ヨーロッパ各地を旅しました。19世紀初頭、サンフランシスコの自宅から遠く離れた場所で、シルクの長いスカーフを身につけてフランスの高級車に乗り込み、50歳になるまでパフォーマンスを続けていました。

  • The scarf was a hand designed gift by a Russian artist and while her friends urged her to wear a coat instead, Duncan wanted to show off the rap while she was riding, the flowing scarf became entangled in the wheels and axle and yanked her back harshly, Her neck was broken and she died instantly.

    そのスカーフはロシアのアーティストがデザインしたもので、友人たちがコートを着るように勧める中、ダンカンはラップを見せびらかしながら走っていたが、流れるようなスカーフが車輪と車軸に絡まり、彼女の背中を強く引っ張った。

  • One of the few people to die in a car accident that didn't involve a crash in 1980 for an american matinee idol met a disturbing end john eric Hexham was a fast rising action star who had just won the lead role on the new CBS drama cover up, playing a CIA handler.

    1980年、アメリカのマチネー・アイドルが不穏な最期を遂げた。ジョン・エリック・ヘキサムは人気急上昇中のアクションスターで、CBSの新ドラマ「カバーアップ」の主役を獲得し、CIAのハンドラーを演じていた。

  • He may have taken his role as a daredevil hero a little too far while filming a scene with a real handgun, Hexham was frustrated by a delay in filming.

    本物の拳銃を使ったシーンの撮影では、命知らずのヒーローという役柄を少しやりすぎたのか、ヘキサムは撮影の遅れに不満を感じていた。

  • He decided to play Russian roulette with the unloaded gun, which had one blank round in it.

    彼は、空の弾が1発入っていた弾なしの銃でロシアンルーレットをすることにした。

  • But the blank used paper wadding and was shot out from the gun with such force when Jackson pulled the trigger that it shattered part of his skull, causing a fatal brain hemorrhage, ending his promising career and dooming the series as it barely begun.

    しかし、このブランクには紙が使われており、ジャクソンが引き金を引いたときに勢いよく銃から発射され、頭蓋骨の一部が砕けて脳内出血を起こし、前途有望な彼のキャリアに終止符が打たれ、まだ始まったばかりのシリーズは絶望的なものとなってしまった。

  • But some ordinary people died in such dramatic ways that they became celebrities.

    しかし、普通の人が劇的な死に方をして、有名人になることもある。

  • Michael Godwin was awaiting execution for murder when he got a lucky break, his attorney was able to get his sentence reduced to life in prison, but the conflict was getting a little stir crazy and decided to do a little, do it yourself, repair.

    マイケル・ゴドウィンは、殺人罪で死刑執行を待っていましたが、弁護士のおかげで終身刑に減刑されるという幸運に恵まれました。しかし、紛争は少しずつ大きくなり、自分で修理をすることにしました。

  • He wanted to watch some television, but his earphones are broken while trying to repair them.

    テレビを見ようと思ったが、イヤホンを修理しようとしてイヤホンが壊れてしまった。

  • He bit into a wire while sitting on the toilet and wound up electrocuting himself as the metal toilet and water hit him with a fatal shock.

    トイレに座ったまま電線を噛んでしまい、金属製のトイレと水が当たって致命的なショックを受け、感電死してしまった。

  • Looks like he wound up getting the electric chair after all, let's hope this next case won't start a trend gender reveal.

    結局、彼は電気椅子に座ることになったようだが、この次のケースでは、傾向的に性別が明らかにならないことを祈ろう。

  • Parties are the hottest new trend and some people are going well beyond a cake with pink or blue center Pamela Meyer was attending a celebration in 2019 when her family members unveiled the centerpiece, an umbrella filled with gunpowder that would create a shower of sparks and the color of the gender reveal.

    パーティーは最もホットな新しいトレンドであり、ピンクやブルーのセンターを持つケーキをはるかに超えている人もいます。 Pamela Meyerは2019年のお祝いに出席していたとき、家族がセンターピースを披露しました。火花のシャワーを生み出す火薬を詰めた傘と、ジェンダーを明らかにするための色です。

  • But the rookie gender reveal.

    しかし、ルーキーの性別公開。

  • Engineers miscalculated and the umbrella went off like a pipe bomb, instead hitting the 56 year old Cream Meyer in the head with a piece of metal and killing her instantly for more on unusual deaths.

    エンジニアの誤算は、傘がパイプ爆弾のように爆発したことで、56歳のクリーム・マイヤーさんの頭に金属片が当たり、即死してしまったことです。

  • Check out worst natural disasters in human history.

    人類史上最悪の自然災害をチェック

  • Or watch this video instead.

    または、このビデオをご覧ください。

Let's be honest, americans aren't the most cautious people.

正直に言うと、アメリカ人は最も慎重な人々ではありません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 動物 飛行 溶岩 致命 フロリダ 事故

ダムウェイズ・トゥ・ダイ - USA版 (Dumb Ways to Die - USA Edition)

  • 18 0
    林宜悉 に公開 2021 年 07 月 05 日
動画の中の単語