Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • March, 1943.

    1943年3月

  • Norweigan Commando Jan Baalsrud swims desperately through the icy water of the Toftefjord Bay,

    トフテフィヨルド湾の凍った水の中を必死に泳ぐノルウェイガンのコマンドー、ヤン・バールスルード。

  • near the heart of the Arctic Circle.

    北極圏の中心に位置しています。

  • The air around him is ringing with gunfire and screams.

    周りには銃声と悲鳴が響いている。

  • Death is everywhere.

    死はどこにでもある。

  • The great pillar of smoke rising from the Brattholm, the vessel that he and his eleven

    ブラットホルムから立ち上る大きな煙の柱は、彼と彼の11人の船が

  • companions were sailing on just minutes ago, blots out the sun above.

    ついさっきまで仲間たちが乗っていた船が、上空の太陽を消してしまう。

  • The others on his small team scream and swear in Norwegian as gun-toting Gestapo agents

    銃を持ったゲシュタポ隊員がノルウェー語で叫んだり、悪態をついたりしています。

  • pull them from the freezing depths, and clap restraints on them.

    凍えるような深さから引きずり出し、拘束してしまう。

  • The grim fates that await these men in the hands of Hitler's brutal secret police makes

    ヒトラーの残忍な秘密警察が彼らを待ち受けていた過酷な運命。

  • drowning look like a dream.

    溺れることは夢のようだ。

  • Jan and one other escaping member of his team manage to wrap their shivering fingers around

    ヤンともう一人の脱走メンバーは、震える指をなんとか巻きつけて

  • land on the shores of Toftefjord Bay.

    トフテフィヨルド湾に面した土地。

  • It's only willpower, and the fear of torture and death at the hands of their enemies, that

    意志の強さと、敵の手による拷問や死の恐怖があってこその

  • keeps them going now.

    は、今も続いています。

  • But even that has its limits.

    しかし、それにも限界があります。

  • Moments on dry land, and tragedy strikes.

    乾いた土地での瞬間、悲劇が起こる。

  • A bullet from a Nazi rifle tears through the head of Jan's only companion, killing him

    ナチスのライフル銃の弾丸が、ヤンの唯一の仲間の頭を撃ち抜き、死んでしまった。

  • instantly.

    を瞬時に表示します。

  • There is no time to mourn.

    嘆いている暇はありません。

  • Jan can only keep walking, his wet and freezing uniform feeling like a suit of heavy armor

    濡れて凍える制服が重たい鎧のように感じられ、ヤンは歩き続けるしかない。

  • without the benefit of protection.

    保護の恩恵を受けることなく

  • He even lost a boot to the water.

    さらにはブーツを水に落としてしまった。

  • Suddenly, he can hear them coming towards him: Furious German voices, black boots marching.

    突然、自分に向かってくる音が聞こえてきた。激しいドイツ語の声、黒いブーツの行進。

  • He looks up and sees an advancing group of Gestapo, ready to murder him there and then,

    顔を上げると、そこには今にも殺されそうなゲシュタポの一団が進んでいた。

  • or worse.

    またはそれ以上。

  • The ten captured men from his team - the elite group of Allied Norwegian Commandos known

    連合軍のノルウェー軍コマンドーと呼ばれる精鋭部隊から捕らえられた10人の男たち。

  • as Company Linge - were being taken to a Nazi base in Tromsø.

    リンゲ中隊として、トロムソにあるナチスの基地に連れて行かれていた。

  • There, they would be interrogated, tortured, and executed.

    そこで尋問され、拷問され、処刑されるのだ。

  • Jan would do anything to avoid this same fate.

    ヤンはこのような運命を避けるために何でもする。

  • He had to live now, or his allies had died for nothing.

    彼が生きていないと、味方の死が無駄になってしまうのだ。

  • He hides behind a nearby rock to gather his thoughts with what little time he has.

    近くの岩陰に隠れて、わずかな時間で考えをまとめている。

  • His rifle is gone, all he has is his sidearm: A small Colt pistol.

    ライフルはなく、持っているのはサイドアームだけ。小型のコルト・ピストルだ。

  • The Gestapo are approaching with rifles, submachine guns, and superior numbers.

    ゲシュタポはライフルやサブマシンガン、そして優れた人数で迫ってきます。

  • They're getting closer.

    近づいてきました。

  • It's decision time.

    決断の時です。

  • If he fights, he'll probably die.

    戦えば、きっと死ぬだろう。

  • If he waits, he'll definitely die - whether they capture him, or hypothermia takes him.

    このまま待っていたら、捕まっても低体温症になっても、絶対に死んでしまう。

  • In the end, the choice is obvious.

    最終的には、その選択は明白です。

  • Jan gets up, aims his pistol at the enemies, and squeezes the trigger.

    ヤンは立ち上がり、拳銃を敵に向け、引き金を引く。

  • Click.

    クリックしてください。

  • It's jammed.

    詰まっています。

  • Jan pulls the magazine out of his pistol, clears the chamber, and throws away the first

    ヤンはピストルからマガジンを抜き、薬室を掃除して、最初の一杯を捨てた。

  • two rounds.

    の2ラウンド。

  • He reloads, trains his sights on the advancing Gestapo, and fires twice.

    彼はリロードし、前進するゲシュタポに照準を合わせ、2回発砲した。

  • For the first time tonight, Jan gets lucky.

    今夜初めて、ヤンは幸運に恵まれた。

  • One shot clips a Nazi in the head, killing him.

    一発でナチスの頭を撃ち抜き、死亡させた。

  • The other wounds another, sending the group scrambling back in a sudden panic.

    続いて、もう一人が傷を負い、集団はパニックに陥って後退していった。

  • They have every advantage - the last thing they expect is for their prey to start fighting

    彼らはあらゆる面で優位に立っていますが、最後に期待するのは、獲物が戦いを始めることです。

  • back.

    を返します。

  • But Jan doesn't want to be another dead hero.

    しかし、ヤンは他の死んだヒーローにはなりたくない。

  • He wants to survive this nightmare and return to his family, to a Norway free of Hitler's

    彼は、この悪夢から生き延びて、家族のもとに、ヒトラーのいないノルウェーに帰りたいと思っています。

  • iron grip.

    アイアングリップ。

  • He runs into the nearby hills - wearing one shoe, a uniform so wet and cold that it's

    彼は近くの丘に駆け込んだ。片方の靴を履き、濡れて寒い制服を着ているので

  • killing him a little more each moment, and a Colt 1911 with four rounds in the magazine.

    そして、マガジンに4発の弾丸が装填されたコルト1911。

  • This is the story of Jan Baalsrud's incredible survival, against all odds.

    これは、ヤン・バアルスルートがあらゆる困難を乗り越えて生き残った物語である。

  • The risks he took, the people who helped him, and the horrors he endured in his quest to

    彼が挑戦したリスク、助けてくれた人々、そして耐えた恐怖は次のようなものでした。

  • get back home.

    故郷に帰る。

  • But be warned: Just because he got back alive doesn't mean he got back in one piece.

    しかし、注意が必要です。生きて帰ってきたからといって、無傷で帰ってきたわけではない。

  • But why was he there in the first place?

    しかし、そもそもなぜ彼はそこにいたのか?

  • As we mentioned earlier, Jan was part of a twelve-man team known as Company Linge.

    先に述べたように、ヤンは「カンパニー・リンジ」と呼ばれる12人のチームの一員だった。

  • These were brave soldiers who'd managed to escape Nazi-occupied Norway, and were trained

    彼らは、ナチスに占領されたノルウェーからなんとか脱出した勇敢な兵士たちで、訓練を受けていました。

  • by the British in Scotland to carry out covert missions behind enemy lines.

    英国がスコットランドで、敵陣での秘密任務を遂行するために開発したものです。

  • This time, they were being sent back to their homeland on a mission known as Operation Martin,

    今回、彼らは「マーティン作戦」と呼ばれるミッションで祖国に送り返されることになった。

  • along with eight tons of high explosives.

    8トンの高性能爆薬と一緒に。

  • The objectives were twofold: Recruiting people in occupied Norway to join the resistance

    目的は2つありました。占領下のノルウェーでレジスタンスに参加する人を募ること

  • against the Nazis, and blowing up a German airfield tower in Bardufoss to weaken the

    ナチスに対抗するために、バルデュフォスのドイツ軍飛行場の塔を爆破して、ドイツ軍を弱体化させました。

  • enemy's hold over the area.

    敵の支配下にあった。

  • But one little mistake doomed the mission: They were supposed to rendezvous with a secret

    しかし、一つの小さなミスが、このミッションを台無しにしてしまった。彼らは秘密裏にランデブーするはずだった。

  • contact in Norway to let them know why they were there.

    ノルウェーでの連絡は、その理由を伝えるため。

  • However, they accidentally contacted a shopkeeper who just happened to have the exact same name

    しかし、偶然にも同姓同名の店員に連絡を取ってしまった。

  • as their contact.

    を窓口にしています。

  • The shopkeeper feared this was a test of loyalty from the Gestapo, and he would surely be killed

    店主は、これはゲシュタポの忠誠心を試すもので、きっと殺されるだろうと恐れた。

  • if he failed to report it to the authorities, so that's exactly what he did.

    もし彼が当局に報告しなかったら、彼はまさにそれをしたことになる。

  • The German forces descended on Company Linge, forcing them back to the Brattholm in hopes

    ドイツ軍はリンゲ中隊を降ろし、希望を持ってブラットホルムに押し戻した。

  • of escaping through Toftefjord Bay.

    トフテフィヨルド湾を抜けて脱出したこと。

  • But that's when the German frigateumboot R56 descended and began to attack, leaving

    しかし、その時、ドイツのフリゲート艦Räumboot R56が降下して攻撃を開始し、残った

  • them with nowhere to run.

    彼らには逃げ場がありません。

  • They were boxed in, and capture or death seemed certain.

    囚われの身となった彼らは、捕まるか死ぬかの二者択一を迫られていた。

  • They did the only thing they could: Detonated all eight tons of explosives on the Brattholm

    彼らは、唯一できることをした。Brattholm号の8トンの爆薬をすべて爆発させた。

  • with a timed delay.

    タイムディレイ付き。

  • The plan was for the explosion to create chaos, so Company Linge could escape on a smaller,

    爆発して混乱を起こし、リンジ社が小さくなって逃げられるようにする計画だった。

  • faster boat.

    より速いボート。

  • But this didn't work.

    しかし、これではうまくいかない。

  • Their boat was fired upon and quickly sunk by theumboot.

    彼らの船は銃撃を受け、Räumbootによってすぐに沈められた。

  • And the rest, you already know.

    あとは、もうお分かりですね。

  • Jan was left near-dead from the cold, running through the Norwegian hills from a numerically

    ヤンは寒さで瀕死の状態になりながら、ノルウェーの丘陵地帯を駆け抜け、数的には

  • superior force.

    superior force.

  • Even a miracle wouldn't save him, he needed several.

    奇跡が起きても、彼は救われない。

  • Thankfully for Jan, someone up there must have been smiling at him, but to get back

    ヤンにとってはありがたいことに、上の方で誰かが彼に微笑んでいたのでしょうが、元に戻るためには

  • to heaven, he needed to spend three months in pure Hell.

    天国に行くためには、純粋な地獄で3ヶ月間過ごす必要がありました。

  • First, in his frantic escape from the Nazi forces, he came across the modest cottage

    まず、ナチス軍からの必死の逃避行の中で、質素なコテージに出会います。

  • of the Idrupsen Family.

    Idrupsen Familyの。

  • They were terrified to see him: This delirious, freezing man with a gun.

    彼らは彼を見て恐怖を感じた。錯乱して、銃を持った凍えた男。

  • He told them that he was an Allied soldier, the last of his team, on the run from the

    彼は、自分は連合軍の兵士で、チームの最後の一人で、敵から逃げていると話しました。

  • Gestapo.

    ゲシュタポです。

  • He told them he needed somewhere to shelter, but that the risk was great: If ever the Nazis

    避難場所が必要であることを伝えたが、そのリスクは大きく、もしもナチスが

  • discovered that they had harbored a fugitive like him, they'd kill the entire family.

    彼のような逃亡者を匿っていたことが発覚すれば、一家は皆殺しにされるだろう。

  • But, even knowing this risk, they took him in.

    しかし、そのリスクを承知の上で、彼を受け入れたのである。

  • Receiving this help, as he did from many kind Norwegians during his horrifying three month

    このようにして、彼は3ヶ月の間、多くの親切なノルウェー人に助けられました。

  • ordeal, wasn't easy for Jan.

    この試練は、ヤンにとって簡単なものではなかった。

  • He'd already seen the other men of Company Linge suffer horrifying fates, and the thought

    リンゲ中隊の他の男たちが悲惨な運命をたどったのを見ていたので、その思いは

  • of the same happening to these innocent civilians tormented him.

    何の罪もない民間人が同じ目に遭うのではないかと、彼を苦しめた。

  • In order to survive the almost crushing guilt of laying this risk on people, he developed

    このリスクを人に負わせるという、押しつぶされそうな罪悪感を乗り越えるために、彼は開発しました。

  • a method: He would never tell any one host who he'd stayed with before, or where he

    方法です。前に泊まったことのあるホストや、どこに泊まったかを誰にも言わない。

  • was headed.

    が向かった。

  • That way, even if worse came to worst and the Nazis captured one family, they couldn't

    そうすれば、最悪の場合、ナチスが一家族を捕らえたとしても、その家族は

  • use that one family to get them all.

    その1つの家族を使って、すべてを手に入れる。

  • Jan essentially hopped from home to home, traversing the brutal Norwegian winter between

    ヤンは、家から家へと移動しながら、ノルウェーの厳しい冬を乗り越えてきました。

  • each one.

    それぞれの

  • People from all walks of life took in and protected him - from midwives to retired old

    助産師から引退した老人まで、様々な人が彼を受け入れ、保護した。

  • men.

    の男性がいます。

  • A father, still grieving from the loss of his own son, rowed Jan across turbulent waters

    息子を亡くした悲しみを抱えた父親が、ヤンを漕いで激流を渡った。

  • in the middle of the night.

    夜中に

  • Another man hid Jan from his neighbor, a man suspected of being on the Nazi payroll.

    また、ナチスの手先ではないかと疑われている隣人からヤンを隠した男もいた。

  • A kindly fisherman even gave him a pair of skis.

    親切な漁師さんがスキーをプレゼントしてくれたこともあった。

  • In this regard, Jan was extraordinarily lucky, and the people he met were exceptionally kind

    その点、ヤンは非常に幸運で、出会った人々も非常に親切だった。

  • - each one knowing that they faced the possibility of torture and death from the Gestapo if ever

    - 一人一人が、もしもの時にはゲシュタポによる拷問と死の可能性があることを知っていた。

  • they were found out.

    見つかってしまいました。

  • But the journey, already stretching on for over a month, was starting to take a physical

    しかし、すでに1ヶ月以上に及ぶ旅は、身体に負担をかけ始めていた。

  • toll on Jan - a fact which really shouldn't surprise anyone.

    これは誰もが驚くべき事実ではありません。

  • His feet got the worst of it, exposed to such incredibly cold temperatures that they were

    足は最悪で、信じられないほどの寒さにさらされていたので

  • frozen solid and suffering from frostbite that threatened to go gangrenous.

    凍りつき、壊疽(えそ)を起こしそうな凍傷になっていた。

  • Even walking had become a prolonged state of agony for Jan, and he still had plenty

    歩くことすら苦痛になっていたヤンには、まだ十分な時間がありました。

  • of walking to do.

    歩くことができます。

  • And that wasn't even the end of it.

    そして、それだけではなかった。

  • Jan was suffering from malnutrition, and worst of all, snow blindness.

    ヤンは栄養失調に陥り、最悪の場合、雪で目が見えなくなっていた。

  • It seemed that with every passing day, even as he got closer to his goal - Crossing the

    日を追うごとに、目標である「横断」に近づいているように思えました。

  • Norweign border through Finland and entering the safezone of a neutral Sweden - his odds

    北欧の国境からフィンランドを経て、中立国スウェーデンの安全地帯に入ったときの勝算は

  • of survival diminished.

    の生存率が低下しました。

  • Skis made the journey easier, for a time.

    スキーは、一時的には旅を楽にしてくれました。

  • On one occasion, he even skied right past a group of Nazi soldiers who seemingly had

    ある時は、ナチスの兵士たちの前を通り過ぎたこともありました。

  • no idea who he was.

    は、誰だかわからない。

  • But he was soon caught in a blizzard so severe it froze his eyelids shut.

    しかし、すぐにまぶたが凍るほどの猛烈な吹雪に見舞われてしまった。

  • He wandered, blind and freezing, until hallucinations began to take over.

    彼は目が見えず、凍えながら放浪していたが、やがて幻覚に支配されるようになった。

  • By the time he was rescued by the Gronvoll Family, he didn't even know which way was

    グロンボル・ファミリーに助けられた時には、どっちがどっちだかわからなくなっていました。

  • up anymore.

    のようになりました。

  • He was kept safe inside the Gronvoll Family barn for a few days while he was recuperating

    療養中の数日間はGronvoll Familyの納屋の中で安全に保管されていました。

  • from the blizzard.

    吹雪の中から

  • He was then hidden in the bed of a small fishing boat, and ferried on to the small Norwegian

    そして、彼は小さな漁船の荷台に隠され、ノルウェーの小さな港へと運ばれていった。

  • town of Revdal.

    の町、レブダル。

  • There, he was kept in a freezing and isolated hut that he nicknamed the Hotel Savoy - a

    そこでは、彼が「ホテル・サボイ」と名付けた凍てつくような孤立した小屋に閉じ込められていたのです。

  • reference to the up-market Savoy Hotel in London.

    ロンドンの高級ホテル「Savoy Hotel」のこと。

  • Here, Jan had to take an even more horrific measure to ensure his continued survival.

    ここでヤンは、自分が生き続けるために、さらに恐ろしい手段を取らなければならなかった。

  • His frostbitten toes had started to go gangrenous, and unless he wanted the infection to spread

    凍傷になった足の指が壊疽を起こし始めていたので、感染が広がらないうちに

  • and become potentially life-threatening, he needed to take drastic action.

    このような状況では、思い切った行動が必要です。

  • He had no surgical tools, no painkillers, no medical expertise, just a military pocket

    彼は手術道具も鎮痛剤も医療知識もなく、ただ軍手を持っていただけだった。

  • knife.

    のナイフです。

  • And using that pocket knife, he carved off his big toe on one foot, as well as an infected

    そのポケットナイフで、片足の外反母趾を削り取り、さらに感染した

  • part of another toe.

    別の足指の一部です。

  • Sadly for Jan, these wouldn't even be the last parts he needed to shed in order to survive.

    しかし、ヤンにとっては、生き延びるために必要なパーツはこれだけではなかった。

  • He'd become less of a person now and more of a barely-living package that his support

    今や彼は人ではなく、彼のサポートを受けてかろうじて生きているパッケージのようになっていた。

  • network needed to get back to safety.

    ネットワークを安全な場所に戻す必要があった。

  • The next part of the journey involved taking him to a mountain plateau, where Norwegian

    次の旅では、彼を山の台地に連れて行き、そこでノルウェーの

  • resistance members would collect him and deliver him to the Finnish border.

    レジスタンスのメンバーが彼を集めて、フィンランドの国境まで届ける。

  • But thanks to another unexpected blizzard and Nazi patrols in a nearby town, there was

    しかし、予想外の吹雪と、近くの町のナチスのパトロールのおかげで

  • a slight delay in that collection.

    は、そのコレクションに少し遅れをとっています。

  • By which we mean, he was trapped up there for 27 days.

    つまり、彼は27日間もそこに閉じ込められていたのである。

  • He barely survived, facing up against the twin threats of starvation and infection.

    飢餓と感染症という二つの脅威に直面しながら、かろうじて生き延びた。

  • While up on that plateau, Jan was almost certain that he was going to die, but he wouldn't

    高台に登ったとき、ヤンは死ぬかと思ったが、死ななかった。

  • give up.

    諦める。

  • Using his trusty pocket knife once again, he amputated the rest of his toes.

    信頼していたポケットナイフを再び使い、残りの足の指を切断しました。

  • A move that doctors said was the only reason they were able to save his whole foot in the

    医師によると、この行動があったからこそ、彼の足全体を救うことができたのです。

  • end.

    を終了しました。

  • Eventually, the Norwegian rescuers did come and liberate Jan from his frozen hell.

    やがて、ノルウェーの救助隊がやってきて、ヤンを凍てつく地獄から解放してくれた。

  • They took him to the Finnish border, where he was placed into the care of themi,

    彼はフィンランドとの国境まで連れて行かれ、サーメ人の保護を受けることになった。

  • the indigenous people of the region.

    この地域の先住民族の方々に

  • They were there with Jan for the final stretch across Finland, pulling him along on a sled

    ヤンのフィンランド横断の最後の一歩に付き添い、ソリで引っ張ってくれた。

  • behind their reindeer, narrowly avoiding pursuing Nazi forces.

    トナカイの後ろに隠れて、ナチスの追撃をかわしていました。

  • In the end, after months of pain and suffering, Jan had finally reached the safe haven of

    結局、ヤンは何ヶ月もの苦しみを経て、ようやく安全な場所にたどり着いた。

  • neutral Sweden.

    ニュートラルなスウェーデン。

  • When he was finally rescued, he only weighed eighty pounds.

    やっとのことで救出されたとき、彼の体重は80ポンドしかありませんでした。

  • He spent months recovering in a Swedish hospital before finally being flown back to the UK.

    彼はスウェーデンの病院で数ヶ月の療養生活を送り、最終的にイギリスに帰国しました。

  • Think that's where the story ends?

    そこで終わると思いますか?

  • Nope!

    Nope!

  • Jan Baalsrud may have been down, but he wasn't out.

    Jan Baalsrudはダウンしたかもしれないが、アウトしたわけではない。

  • During his extended recovery process, he helped train other soldiers for Norwegian deployment.

    長期にわたる回復過程において、彼はノルウェーへの派遣に向けて他の兵士の訓練を支援しました。

  • When he was finally able to walk again, he even requested to be sent back to Norway to

    ようやく歩けるようになったとき、彼はノルウェーに送り返してほしいとまで言いました。

  • assist in the ongoing war effort against the Nazis.

    ナチスとの戦いに協力するために。

  • When the war finally ended in 1945, Jan was still in active duty, getting payback against

    1945年に終戦を迎えたとき、ヤンはまだ現役で働いていたが、そのときの仕返しとして

  • the Germans for what they'd done to his beloved Norway, and his fellow soldiers from

    ドイツ人が彼の愛するノルウェーにしたこと、そして彼の仲間の兵士たちがしたこと。

  • Company Linge.

    会社のリンジ。

  • In the end, Jan was able to return to his family in Oslo, whom he'd left to fight

    結局、ヤンは闘うために残してきたオスロの家族のもとに戻ることができた。

  • five years earlier.

    5年前のことである。

  • And the Gestapo officers who'd killed Company Linge were forced to dig up their bodies from

    そして、リンゲ中隊を殺したゲシュタポの将校たちは、その遺体を掘り起こすために

  • a mass grave with their bare hands, and wash them before they were placed in coffins and

    素手でマス・グラブを作り、棺に入れる前に洗って、そして

  • given a proper burial.

    ちゃんと埋葬してあげてください。

  • The Norwegian government then had them executed.

    そして、ノルウェー政府は彼らを処刑した。

  • Their leader, Kurt Stage, was also tried and executed for war crimes in Slovenia in 1947.

    彼らのリーダーであるクルト・ステージも、1947年にスロベニアで戦争犯罪者として裁かれ、処刑された。

  • Despite his injuries and traumatic experiences, Jan lived a long and fulfilling life until

    怪我や外傷の経験にもかかわらず、ヤンは長い間、充実した生活を送りました。

  • 1988, passing away at the age of 71.

    1988年、71歳で逝去。

  • These days, he's practically considered a Norwegian folk hero, and if you ask us,

    最近では、彼は事実上、ノルウェーのフォークヒーローとみなされており、私たちに言わせれば

  • he definitely earned the title.

    彼は間違いなくそのタイトルを獲得しました。

  • Now go check outThe Unkillable Soldier, Modern Day God of WarandMr. Immortal

    それでは、「不屈の兵士、現代のゴッド・オブ・ウォー」と「Mr.Immortal」をご覧ください。

  • - A Marine Dives on 2 Live Grenades To Save His Platoonfor more incredible stories

    - 海兵隊員が小隊を救うために2つの生きた手榴弾の上にダイブ」もっとすごい話はこちら

  • of military survival!

    軍隊の生き残りをかけて

March, 1943.

1943年3月

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ヤン ノルウェー ナチス 兵士 フィンランド ドイツ

ナチスに追われたコマンドー、考えられないことをして脱出する (Commando Hunted By Nazi's Does the Unthinkable to Escape)

  • 9 1
    Summer に公開 2021 年 07 月 05 日
動画の中の単語