Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Shhh... it's time to turn up your speakers because today's challenge is to only whisper

    Shhh...そろそろスピーカーの音を大きくしましょう。今日の課題は「ささやくだけ」です。

  • for a whole week.

    を1週間続けました。

  • Just how annoying can we make life for your favorite lab rat, especially when $5,000 is

    あなたの好きな実験用ラットの生活をどれだけ困らせることができるか、特に5,000ドルが

  • on the line?

    ラインでは?

  • Let's find out.

    探ってみましょう。

  • The producers of The Infographics Show clearly have a twisted sense of humor.

    The Infographics Show」のプロデューサーは、明らかにひねくれたユーモアのセンスを持っています。

  • For over a year now all of us have been annoyed trying to have conversations with people while

    この1年以上、私たちは皆、人と会話をするのが面倒くさいと思っていました。

  • wearing our masks.

    仮面をつけて

  • Pretty sure we've all been at a point of just saying, screw it, and staying quiet because

    誰もが「もういいや」と思って黙っていたことがあるでしょう。

  • trying to have a conversation anywhere that wasn't deathly silent basically turned into

    死にそうなほどの静けさではない場所で会話をしようとすると、基本的に

  • a mumbled mess.

    とつぶやいていました。

  • So how funny is it to make me whisper for an entire week?

    だから、一週間ずっと囁かせるのがどれだけ面白いか。

  • I got my vaccine- and by the way you should too, all those Bill Gates nanobots in my bloodstream

    ビル・ゲイツのナノボットが私の血流に含まれているのだから。

  • have made my WiFi hum.

    は、私のWiFiをうならせました。

  • A lot of places are now letting people not wear a mask in public if they got their vaccine-

    ワクチンを接種していれば、人前でマスクをしなくてもいいというところが多くなってきました。

  • unfortunately most shops still want you to wear a mask, so right away I knew communication

    残念ながら、ほとんどのお店ではまだマスクの着用が義務付けられているので、すぐに通信手段がわかりました。

  • was going to be a hell of a problem.

    は、とんでもないことになっていた。

  • This challenge is different however, because once more there's a cash prize on the line:

    しかし、今回のチャレンジはいつもと違い、賞金がかかっているのです。

  • $5,000, or $1,000 per successful challenge.

    5,000ドル、または1回のチャレンジ成功につき1,000ドル。

  • Day 1 was challenge 1, and already we started out on a bad note: I had to go to T-mobile

    1日目はチャレンジ1でしたが、すでにT-mobileに行くという悪いスタートを切りました。

  • and open a new phone account, while of course, whispering.

    と、もちろん小声で言いながら、新しい携帯電話のアカウントを開きます。

  • Now, my feelings on T-mobile are not secret.

    さて、私のT-mobileに対する思いは秘密ではありません。

  • I think they are the single worst provider of cellular telephone service that has ever,

    史上最悪の携帯電話サービスを提供している会社だと思います。

  • or will ever, exist.

    また、これからも存在するでしょう。

  • They are a company founded on one single principle: taking the convenience and wonder of modern

    彼らはたった一つの原則に基づいて設立された会社です。それは、現代の便利さと素晴らしさを手に入れることです。

  • global cellular communications and making that experience as terrible as possible.

    グローバル・セルラー・コミュニケーションのために、その体験を可能な限り素晴らしいものにする。

  • Then they charge you for it.

    そして、その分の料金を請求する。

  • But, with $1,000 on the line I was game.

    しかし、1,000ドルがかかっていたので、勝負に出た。

  • So I went to a T-mobile store and passed through the front door to leave the earth behind and

    そこで、T-mobileの店舗に行き、地球を残すために正面玄関を通過して

  • enter Sheogh, the shadowy realm of hellish torments that is T-mobile's home plane of

    は、T-mobileのホームプレーンである地獄の苦しみの影の領域、シェオグに入ります。

  • existence.

    の存在を知った。

  • Staying six feet apart proved to be a real pain in what was already a terrible experience,

    6フィート(約1.5メートル)離れていることは、ただでさえ大変な経験なのに、本当に苦痛でした。

  • until finally I think the poor employee who must've had no other option but sell his soul

    そして最後に、魂を売るしかなかったであろう哀れな従業員を思う。

  • to Satan and work at T-mobile, finally gave up on social distancing and came up close

    に行ったり、T-mobileで働いたりしていたが、ついに社会的な距離を置くことをあきらめて近づき

  • to me so he could actually understand my mumbled whispers from behind a mask.

    私のマスク越しのささやきを理解してくれたのです。

  • On the one hand by making this whole experience so long and difficult, it meant other customers

    一方では、このように長い時間をかけて困難な経験をさせることで、他のお客様が

  • couldn't be serviced and thus I was causing T-mobile to lose money.

    サービスを受けることができず、T-Mobileに損失を与えることになってしまいました。

  • Small victory.

    小さな勝利。

  • On the other, I don't know if these employees work on commission or something like it, or

    もう一方では、この社員たちが歩合制で働いているのかどうか、あるいは

  • if T-mobile simply rewards them by vomiting sustenance directly into their mouths.

    もし、T-mobileが、彼らの口に直接栄養を吐くことで、彼らに報いることができれば。

  • If they do work on commission, I felt bad for costing this guy business.

    もし彼らがコミッションで仕事をしているのなら、この人のビジネスを犠牲にして申し訳ないと思った。

  • Either way, after- I kid you not- two hours, I was finally all set up with a new phone

    いずれにしても、2時間後には、ようやく新しい携帯電話のセットアップが完了しました。

  • line that The Infographics Show was going to be immediately responsible for paying the

    の支払いをThe Infographics Showが直ちに担当することになっていた。

  • cancellation fees on.

    のキャンセル料が発生します。

  • Cha-ching, 1k in my pocket- so to speak.

    チャチャッと、1kがポケットに入ってきました。

  • Next challenge was a devilishly good one, even by Infographics standard.

    次の課題は、Infographicsの基準から見ても、鬼のようなものだった。

  • When I opened the envelope and read it I couldn't help but sigh at the evil ingenuity of the

    封筒を開けて読んでみると、その邪悪な工夫に思わずため息が出てしまいました。

  • producers at The Infographics Show.

    The Infographics Showのプロデューサー。

  • My second challenge was simple: I had to place a to-go order at a restaurant.

    2回目のチャレンジは簡単でした。レストランで持ち帰り用の注文をしなければなりませんでした。

  • No big deal, right?

    大したことないでしょう?

  • Except this was Bryan's Pit Barbeque at the Farmer's Market in The Grove.

    ただし、これはThe GroveのFarmer's Marketで行われたBryan's Pit Barbeque。

  • If you're familiar with LA, then you know that Angelenos go insane over farmers markets.

    LAに詳しい方なら、アンジェラスの人々がファーマーズマーケットに夢中になっていることをご存知でしょう。

  • So even with Covid winding down, this place was still packed- and loud.

    そのため、Covidが終了しても、この場所は満員で、大声を出していました。

  • I knew I smelled trouble the moment I opened that envelope.

    封筒を開けた瞬間、トラブルの匂いがした。

  • So the girlfriend and I headed to the grove and found the BBQ place.

    そこで、彼女と私はグローブに向かい、BBQ場を見つけました。

  • Now, normally barbecue makes my mouth water just thinking about it, but I'm going to be

    さて、普段のバーベキューは考えただけで口の中が潤んでしまいますが、今回は

  • honest here: california is great for a lot of things, but not so much its barbecue.

    正直なところ、カリフォルニアは多くの点で優れていますが、バーベキューはあまり得意ではありません。

  • However, when I saw the crowds and the busy restaurant, I knew this was going to be a

    しかし、人の多さや忙しいレストランを見て、これはきっと

  • hell of a challenge.

    地獄のような挑戦。

  • It should've been simple: order a bbq beef brisket plate, with a side order of steamed

    簡単に言えば、BBQビーフブリスケットプレートを注文して、サイドオーダーで蒸した

  • rice, bbq beans, baked potato, bbq potato, sauerkraut, coleslaw, baked yam, and potato

    ライス、BBQビーンズ、ベイクドポテト、BBQポテト、ザワークラウト、コールスロー、ベイクドヤム、ポテト

  • salad.

    salad.

  • I'm not sure, but I think it was literally every side on the menu.

    確かではありませんが、文字通りすべてのメニューのサイドメニューだったと思います。

  • In order to succeed, I had to get every single side, so they had to get my order accurately.

    成功させるためには、片っ端から注文を受けなければならないので、正確に注文を受けなければなりませんでした。

  • So I tried whispering as loud as possible, through a mask, with the dull roar of a farmer's

    そこで私は、マスク越しに、農民の鈍い唸り声で、できるだけ大きな声でささやいてみた。

  • market going on around us.

    私たちの周りで起こっている市場。

  • Now, I've never been to this place before but I've heard that their customer service

    さて、私はこの店に行ったことはありませんが、その顧客サービスは

  • is excellent, and I gotta vouch for that.

    は優れている、と私は保証しなければならない。

  • The guy doing his damned best to take my order really honestly tried hard to help, but I

    一生懸命注文を取ってくれた人は、本当に誠実に対応してくれましたが、私は

  • could tell people waiting to place their own orders were starting to get all pitchforks-and-torches.

    注文を待っている人たちの間では、ピッチフォークやトーチが鳴り始めていた。

  • Finally, the guy just slid over a small notepad and a pen.

    最後に、男は小さなメモ帳とペンを滑らせた。

  • Maybe it wasn't exactly a completely legit victory, but 15 minutes later I had a plate

    完全に合法的な勝利というわけではないかもしれないが、15分後には皿を持っていた

  • of bbq and sides galore to enjoy- plus another 1k from The Infographics Show.

    また、The Infographics Showからはさらに1,000ドルが提供されました。

  • And I avoided getting lynched by a mob.

    そして、暴徒にリンチされることも避けられた。

  • Alright, challenge three, and this one set a new bar for annoyance.

    さてさて、チャレンジ3ですが、このチャレンジはイライラの新ハードルとなりました。

  • Next, I had to go the whole day speaking, but not making a sound.

    次は、一日中、声を出さずに話し続けなければならない。

  • That's... well not the opposite of whispering but pretty close to it.

    それは......まあ、ささやきの反対ではないが、それにかなり近い。

  • Infographics expected me to go to the grocery store, make an appointment at apple and shop

    インフォグラフィックスは、私が食料品店に行ったり、appleで予約をしたり、買い物をしたりすることを期待した

  • for something, and order from a freaking Jamba Juice all while not actually speaking, merely

    何かのために、巨大なJamba Juiceで注文しても、実際には何も話さず、単に

  • pretending to.

    にふります。

  • I figured the grocery store was a good place to start.

    まずは食料品店から始めようと考えました。

  • Obviously talking to strangers is an absolutely insane thing to do in a public setting, so

    見知らぬ人に話しかけることは、公共の場では絶対にやってはいけないことですからね。

  • I only really ran into problems when I got to the cashier.

    問題が発生したのは、レジに向かうときだけでした。

  • Normally they just say a casual hello, was everything ok, would you like your receipt?

    普通は、「こんにちは」「大丈夫でしたか」「レシートはいかがですか」などと気軽に声をかけてくれます。

  • All simple things that a nice friendly nod or shake of the head can take care of, and

    親切にうなずいたり、頭を振ったりすれば済むような簡単なことばかりです。

  • exactly what I was hoping for.

    まさに私が望んでいたものです。

  • But no, thanks to whatever voodoo black magic deal the infographics show has carried out

    しかし、インフォグラフィックス・ショーが行ったブードゥー教の黒魔術的取引のおかげで

  • with evil spirits, there was an issue with my groceries.

    悪霊との戦いでは、食料品に問題がありました。

  • I'd gotten a bag of trail mix, the type you pour yourself, but apparently the code was

    自分で注ぐタイプのトレイルミックスの袋を買ってきたのですが、どうやらそのコードは

  • wrong and the computer wasn't recognizing it.

    が間違っていて、コンピュータがそれを認識していなかったのです。

  • The cashier tried asking me about which trial mix exactly I'd gotten, but of course, I couldn't

    レジでは、どのトライアルミックスを買ったのかを聞こうとしましたが、もちろん聞くことができませんでした。

  • speak.

    を話します。

  • She couldn't even read my lips because you know, mask.

    彼女は私の唇を読むこともできませんでした。なぜなら、マスクがあるからです。

  • So she tried to communicate the different types of trail mix in an attempt to get me

    そこで、彼女は私にトレイルミックスの種類を伝えようとしました。

  • to identify the right one I'd gotten, but turns out she didn't know all their different

    私が手にした正しい製品を特定するために、彼女はすべての種類の製品を知らないことがわかりました。

  • kinds either.

    の種類もあります。

  • For the cherry on top, the store was understaffed, so nobody could simply go and quickly check.

    おまけに店は人手不足で、誰もすぐに確認することができなかった。

  • Right about when the people in line behind me were once more getting all pitchforks-and-torches,

    ちょうどその頃、私の後ろに並んでいた人たちが、再び鉄砲玉のようになっていた。

  • she just ended up taking my bag with her and going to check physically on the shelf.

    彼女は結局、私のバッグを持って、棚にある物理的なものを確認しに行きました。

  • I was determined, so I headed to Apple next, knowing full well what a pain in the ass that

    覚悟を決めて、次に向かったのはアップル社でした。

  • was going to be.

    になると思っていました。

  • However, the employee I was trying to communicate with actually surprised me by just pulling

    しかし、私がコミュニケーションを取ろうとしていた社員は、私を驚かせてくれました。

  • out one of their tablets and having me type directly into it.

    タブレット端末を出してきて、私に直接入力させる。

  • Now that's smart thinking, Apple.

    さすがはアップル、スマートな発想です。

  • Next was Jamba Juice, a place I normally wouldn't step foot into because juices are dumb.

    次はJamba Juiceです。普段は足を踏み入れない場所ですが、ジュースはダサいですからね。

  • Now, I could just carry a pad of paper with me or type things out on my phone, but that's

    今は、紙を持ち歩いたり、携帯電話で入力したりすればいいのですが、それでは

  • against the spirit of the challenge.

    挑戦の精神に反するものです。

  • So I engaged in a complicated performance of gesturing and pointing at various items,

    そこで私は、様々なアイテムを指差すジェスチャーを交えた複雑なパフォーマンスを行いました。

  • fruits, pictures, etc. to convey my message- and definitely got the wrong juice.

    私のメッセージを伝えるために、果物や写真などを使っていましたが、間違いなく間違ったジュースを飲んでしまいました。

  • Challenge didn't say I had to get the right juice this time though, so far as I'm concerned,

    挑戦者は、今度は正しいジュースを手に入れなければならないとは言っていません。

  • challenge completed.

    挑戦が完了しました。

  • As soon as I opened challenge four, I knew this one might end up getting me tasered or

    課題4を開いた時点で、これは私がテーザー銃で撃たれるかもしれない、あるいは

  • arrested.

    を逮捕しました。

  • Day four, challenge four, and this time I had to go various places and whisper things

    4日目、チャレンジ4、今回はいろいろなところに行って、いろいろなことをささやく必要がありました。

  • directly into people's ears.

    人の耳に直接届く。

  • To their credit, Infographics Show didn't put anything on the list that would be immediately

    しかし、Infographics Showは、すぐに「これは!」と思うようなものはリストに入れていません。

  • creepy or offensive.

    気持ち悪いとか不快とか。

  • But even the most innocuous statement can run screaming into full-blown creep territory

    しかし、何の変哲もない発言であっても、本格的なクリープの領域に悲鳴を上げることがあります。

  • when you're literally whispering it into someone's ear.

    文字通り誰かの耳元で囁くような時には

  • Alright, first up was to go to the park.

    さて、まず最初に公園に行くことにした。

  • It was simple, I just had to ask someone if I could sit on their bench with them.

    ベンチに一緒に座ってもいいですか」と声をかけるだけの簡単なものでした。

  • See, nothing difficult right?

    ほら、難しいことはないでしょう?

  • I spotted a bench with a girl sitting down, reading a book.

    座り込んで本を読んでいる女の子がいるベンチを見つけました。

  • She had her dog on a leash with her, and the dog was just chilling.

    彼女は犬をリードでつないでいて、犬はただ冷やかしていた。

  • I thought that trying to do this with a guy might get me punched, so girls were probably

    男の人とやろうとすると殴られるかもしれないと思っていたので、女の子はおそらく

  • a better option.

    の方が良いと思います。

  • I came up to her, made a gesture at my throat- hopefully to make her think something was

    私は彼女に近づき、喉元でジェスチャーをして、彼女に何かを思わせるようにしました。

  • physically wrong with me- and then leaned in close and whispered, “Can I sit here

    そして、「ここに座ってもいいですか」と囁くように寄り添ってきました。

  • with you?”

    with you?"

  • Even with her wearing a mask I could see the immediate level 10 discomfort I had just generated,

    彼女がマスクをしていても、私は先ほどの不快感がすぐに10レベルになっているのがわかりました。

  • and her dog started staring at me like I was a murderer about to strike.

    と彼女の犬が、まるで殺人者が襲ってくるかのように私を見つめ始めました。

  • She quickly nodded, out of politeness I'm guessing, but literally stood up and left

    彼女は礼儀としてすぐに頷いたが、そのまま立ち去ってしまった。

  • after like thirty seconds.

    30秒ほどで

  • If you're watching this, park bench girl, I'm so deeply sorry.

    もしこれを見ていたら、公園のベンチの女の子、本当にごめんなさい。

  • Next I had to go to the gym, and I already knew this one was going to be big trouble.

    次はジムに行かなければならないが、これはもう大変なことになると思っていた。

  • Challenge?

    挑戦?

  • Simple, ask to use the machine next to someone.

    シンプルに、誰かの隣のマシンを使わせてもらう。

  • But of course, I had to whisper it directly into someone's ear.

    しかし、もちろん誰かの耳に直接ささやかなければなりませんでした。

  • I wandered the gym for a bit, looking for a guy who if he punched me right away at least

    私は少しの間、ジムを歩き回って、もしすぐに殴られたとしても、少なくとも

  • it wouldn't be completely devastating.

    壊滅的な打撃を受けることはないだろう。

  • I figured doing this to a girl would be a major no, because girls already deal with

    女の子にこのようなことをするのは大反対だと思いました、女の子はすでに

  • enough crap from gym guys and their guard is up 1000%.

    体育会系の人たちから十分に言われて、彼らのガードは1000%強化されます。

  • Seriously guys, girls don't want to be hit on when they're soaked in sweat and physically

    真面目な話、女の子は汗びっしょりで肉体的にも疲れている時に口説かれたくないんだよ。

  • exhausted.

    を排出しています。

  • I cannot stress this enough.

    これだけは強調しておきたい。

  • So I spotted an older guy on a treadmill, and leapt at the opportunity.

    そこで私は、トレッドミルに乗っている年配の男性を見つけ、その機会に飛びつきました。

  • I could take a punch from an old guy no problem.

    老人のパンチを受けても問題ない。

  • I got up on the treadmill next to him, then leaned waaayyy over, and whispered right into

    私は彼の隣でトレッドミルに乗って、ずっと身を乗り出して、右手で囁きました。

  • his ear: “Mind if I use this machine?”.

    彼の耳には"この機械を使ってもいいですか?"と。

  • The guy practically jumped out of his skin, and immediately stared at me like I had grown

    その男は飛び上がって、私が成長したかのように私を見ていた。

  • an extra head.

    余分な頭。

  • This caused him to lose his footing, which almost made him fall off the treadmill and

    そのため、足元がおぼつかなくなり、トレッドミルから落ちそうになったり

  • shatter his boomer bones like glass.

    団塊の世代の骨をガラスのように砕く。

  • He slammed the emergency stop and got off the machine, muttering things at me that I

    彼は緊急停止ボタンを押してマシンを降り、私に向かって何かをつぶやいていました。

  • can't repeat here because this is a family friendly channel.

    ここはファミリー向けのチャンネルなので、繰り返しはできません。

  • Next up, it was time to be helpful!

    次は、いよいよ参考になりますね。

  • Except in the creepiest way possible.

    ただし、可能な限り不気味な方法で。

  • All I had to do was find someone carrying heavy bags, and ask them if I could help them

    重い荷物を持っている人を見つけて「お手伝いしましょうか」と声をかければいいのです。

  • carry them.

    持っています。

  • What a wonderful, nice thing to do for a stranger- unless you're whispering it directly into

    見知らぬ人に何かをしてあげることは、とても素晴らしく、素敵なことだと思います。

  • their ear like you're a maniac that wants to wear their skin.

    その耳には、まるで肌身離さず持っていたいマニアのように。

  • And that's pretty much exactly how it went.

    そして、その通りになりました。

  • I headed over to a nearby Home Depot style store, because I figured people would be carrying

    私は近くのホームデポのような店に行きました。

  • heavy things out of there, and waited for an opportunity.

    重いものは外に出して、機会を待っていました。

  • Didn't take long.

    あっという間でした。

  • A lady walked out of the store carrying a bag and several pieces of long plywood under

    ある女性が、バッグと数枚の長いベニヤ板を持って店から出てきた。

  • her other arm.

    もう片方の腕には

  • To her credit, she was making it work, but I could tell she was genuinely struggling.

    しかし、彼女は本当に苦労していたようです。

  • So, I made myself useful.

    だから、自分を役立たせた。

  • I came up to her and leaned in close enough to violate every inch of her personal space,

    私は彼女に近づき、彼女のパーソナルスペースを隅々まで侵害するほど身を寄せました。

  • then whispered my offer to help her carry her stuff.

    その時、私は「荷物を運ぶのを手伝ってあげよう」とささやいた。

  • She actually swung around in disgust and nailed me with the plywood she was carrying.

    実際、彼女は嫌々ながらも振り向き、持っていたベニヤ板で私を釘付けにした。

  • Then threatened to hit me again if I didn't back off.

    そして、「やめないとまた殴るぞ」と脅されました。

  • Fair enough.

    いいじゃないですか。

  • I fled the scene and headed for my final min-challenge, one that might for sure cement the possibility

    私はその場を逃げ出し、最後のミニチャレンジに向かった、確実に可能性を断ち切ることができるかもしれない。

  • of me getting arrested.

    逮捕されてしまった。

  • Once more, it was simple: go to a coffee shop or restaurant and ask a stranger if what they're

    喫茶店やレストランに行って、見知らぬ人に「これは何ですか?

  • enjoying tasted good.

    を楽しんでいる様子が伝わってきます。

  • But of course, I had to ask it by whispering it directly into their ear from a few inches

    もちろん、数センチの距離から直接耳元で囁いて聞かなければなりませんが。

  • away.

    を離れています。

  • I settled on a coffee shop because after my last encounter I thought coffee shop people

    喫茶店にしたのは、前回の出会いから、喫茶店の人は

  • may be less violent.

    の方が暴力的ではないかもしれません。

  • I didn't even wait on this one, I decided the best thing to do was to bite the bullet

    私はこの作品を待つこともせず、最善の方法を考えました。

  • and just walk up to someone on the patio and ask them.

    と、中庭で誰かに声をかけてみてください。

  • The girlfriend insisted on joining me for this one, because she'd been busy earlier

    先ほどまで忙しかったので、ガールフレンドがどうしても参加したいと言ってくれました。

  • but told me she'd been howling in laughter when I text her my escapades.

    しかし、私がこの出来事をメールで伝えたとき、彼女は笑い声を上げていたそうです。

  • This final challenge though she wanted to see for herself.

    この最後の挑戦は、自分の目で確かめたいと思った。

  • So I left her in the car as I walked over to the patio area of a coffee shop.

    そこで、彼女を車の中に残して、コーヒーショップのパティオエリアに行ってみた。

  • There was a girl in a striped shirt enjoying a nice iced coffee, and I headed in her direction.

    ストライプのシャツを着た女の子がアイスコーヒーを美味しそうに飲んでいたので、私は彼女の方に向かった。

  • She seemed like a nice girl, probably an artsy type, probably a decent human being.

    彼女はいい子で、たぶん芸術家タイプで、たぶんまともな人間だと思う。

  • Definitely not someone who deserved what came next.

    このようなことがあっていいのだろうか。

  • I leaned over as she began sipping her coffee and with me close enough that my warm breath

    彼女がコーヒーを飲み始めたとき、私は身を乗り出して、私の暖かい息で

  • definitely fogged up her ear, I asked her, “Is that as delicious as it looks?”.

    は間違いなく耳が曇っていたので、「それは見た目通りの美味しさですか?

  • In a word, what happened next was: pandemonium.

    一言で言えば、"パンデモニウム "だった。

  • The girl immediately began choking on her iced coffee, and the choking made her blow

    その女の子は、すぐにアイスコーヒーを喉に詰まらせてしまい、その詰まらせたものが、彼女を吹き飛ばしてしまいました。

  • out really hard and right into the straw of her drink, which basically caused the coffee

    飲み物のストローに当たってしまいました。

  • to explode all over her.

    が、彼女の上で爆発した。

  • Now, simultaneously, the sudden and very loud choking/coughing, and explosion of coffee,

    さて、同時に、突然の非常に大きな息苦しさと咳、そしてコーヒーの爆発が起こりました。

  • scared the bejeesus out of the chihuahua sitting on the lap of its owners one table over.

    隣のテーブルの飼い主の膝の上に座っているチワワにビビる。

  • Chihuahuas basically exist in a state of constant borderline terror, and this panicked chihuahua

    チワワは基本的に常に恐怖と隣り合わせの状態で存在しており、このパニック状態のチワワは

  • leapt away from the choking girl and up onto the table where its owners were enjoying a

    窒息しそうな少女から飛び出して、テーブルの上に上がりました。

  • nice conversation.

    素敵な会話ですね。

  • The dog knocked over one of the coffees on their table, which ended up going all over

    犬がテーブルに置いてあったコーヒーを倒してしまい、そのコーヒーがあちこちに飛び散ってしまいました。

  • the guy's lap- and this guy was not having iced coffee.

    その男の膝の上で、その男はアイスコーヒーを飲んでいなかった。

  • He was enjoying his very hot, which honestly seems weird to me because the weather was

    彼は非常に熱いものを楽しんでいましたが、正直なところ、私には奇妙に思えるほどの天候でした。

  • pretty warm.

    かなり暖かいです。

  • Mr. Hot Crotch immediately whipped his head back in pain and shock, causing him to headbutt

    Mr.ホットクロッチは、痛みとショックですぐに頭を後ろにむけ、ヘッドバッドを起こした。

  • the girl behind him, who happened to be taking a sip of her own drink.

    彼の後ろにいた女の子は、たまたま自分の飲み物を一口飲んでいた。

  • Her face smashed into her cup, causing a second coffee explosion that completely soaked her

    彼女の顔がカップにぶつかり、2度目のコーヒーの爆発で彼女はすっかり濡れてしまいました。

  • lap and the notebook she was writing in.

    膝の上には、書きかけのノートが置いてある。

  • Honestly, I don't know if anything else happened, because by then I was getting the hell out

    正直なところ、他に何かあったかどうかはわかりませんが、その頃には私は地獄から抜け出していました。

  • of there.

    のです。

  • I immediately jumped into the car and yelled at the girlfriend to floor it like we were

    私はすぐに車に飛び乗り、ガールフレンドにフロアリングするように叫んだ。

  • bank robbers on a heist gone wrong.

    銀行強盗が失敗してしまった。

  • The girlfriend was laughing so hard we almost wrecked on the way out of the parking lot.

    彼女は大笑いしていて、駐車場から出るときに大破しそうになった。

  • When we finally got home it took her about 30 minutes to calm down from her near-hysterics

    家に帰ってきて、彼女が落ち着くまで30分くらいかかった。

  • as she roared with laughter.

    と言って、笑いを誘っていた。

  • Later that evening she shook her head in amazement, commenting that I was a walking Rube Goldberg'esque

    その日の夜、彼女は驚いて首を振り、私のことを歩くルーブ・ゴールドバーグのようだと言った。

  • machine of destruction.

    破壊の機械。

  • I typically pick locations far from where we actually live to carry out these challenges.

    そのためには、実際に住んでいる場所から離れた場所を選ぶことが多いです。

  • And now you know why.

    その理由がわかりましたね。

  • Alright, it was time for the last challenge, and the moment I read it, I declined it.

    さて、最後の課題の時間になりましたが、読んだ瞬間に断ってしまいました。

  • Once more, it was simple: propose to the girlfriend, but of course, by whispering.

    今回もシンプルに、彼女にプロポーズすることにしました。もちろん、ささやき声で。

  • Alright, that was something I definitely wasn't going to be doing.

    そうか、それは絶対にやめておこうと思った。

  • I think everybody knows our stance on marriage by now, but you know, maybe it's getting older,

    私たちの結婚に対するスタンスは、もう誰もが知っていると思いますが、年をとったせいでしょうか。