Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Suddenly the ship gave a sickening lurch and Poon Lim slammed into the side of a bunk.

    突然、船が大きく揺れて、プーンリムは寝台の側面にぶつかった。

  • An ashtray and some other items tumbled after him.

    灰皿などが転がり落ちてきた。

  • He wondered what was going on.

    何が起こっているのかと。

  • The SS Benlomond, a british merchant ship was 13 days out of Capetown, South Africa

    イギリスの商船、SSベンロモンド号は、南アフリカのケープタウンから13日後に

  • sailing west, bound for Paramaribo, Dutch Guiana.

    オランダ領ギアナのパラマリボに向けて西へ航行中。

  • It was nearly noon and 24 year old Lim as the second steward had just been about to

    昼近くになって、24歳のリムが第2スチュワードとして、ちょうど

  • leave his quarters to go serve lunch.

    ランチを食べに行くために部屋を出る。

  • Lim got to his feet.

    リムは立ち上がった。

  • He was walking out his door when a massive explosion rocked the ship, hurling him to

    玄関を出たところで大爆発が起こり、彼は船内に投げ出された。

  • the deck.

    デッキを

  • He laid there for a moment, the wind knocked out of him.

    彼はしばらくの間、風に吹かれたように横になっていた。

  • He could hear the creaking of the boat, the yells of sailors and the gush of seawater

    船のきしむ音、船員の叫び声、海水の噴出し音が聞こえてくる。

  • as it poured through a shattered porthole.

    砕け散った舷窓から流れてくる。

  • Comprehension kicked in as a second explosion, even larger than the first shook the ship.

    理解できたのは、最初の爆発よりもさらに大きな2回目の爆発が船を揺らしたからだ。

  • The Benlomond had been torpedoed by a German U-boat.

    ベンロモンド号はドイツのUボートに魚雷を撃たれていた。

  • Lim scrambled back into his quarters for his bright orange life jacket.

    リムは部屋に戻り、鮮やかなオレンジ色のライフジャケットを取りに行った。

  • The shp pitched and yawed as he put it on and stumbled down the galley.

    彼がそれを装着してギャレーをよろよろと歩くと、hpはピッチングとヨーイングを起こした。

  • Thick, black acrid smoke billowed from the vents.

    吹き出し口からは、黒くて濃い煙が出ている。

  • Lim fought his way across the deck to his assigned lifeboat station, but the boat was

    リムは甲板を渡って自分に割り当てられた救命ボートのステーションに向かって戦ったが、ボートは

  • already gone.

    すでになくなっています。

  • All around him panicked sailors ran every which way.

    周りにはパニックになった船員たちが逃げ惑っていた。

  • Scalding steam hissed out of the damaged engine room and he could hear the screams of the

    破損したエンジンルームからは灼熱の蒸気が噴出し、船員の悲鳴が聞こえてくる。

  • trapped firemen.

    巻き込まれた消防士たち。

  • A slick of black oil was spreading across the blue ocean.

    青い海に黒い油の膜が広がっていた。

  • No doubt about it, the SS Benlomond was going down.

    間違いなく、SSベンロモンド号は沈んでいった。

  • Lim saw the Second Mate and some seamen at the bridge station trying to lower a lifeboat.

    リムは、ブリッジステーションで二等航海士と何人かの船員が救命ボートを降ろそうとしているのを見た。

  • He ran over to help.

    駆けつけてくれました。

  • There was a sudden thunder like boom--the main bulkhead was collapsing.

    突然、雷のような音がして、メインの隔壁が崩れていった。

  • The Second Mate yelled at them to tie their life jackets tight and go over the side.

    二等航海士は「救命胴衣をしっかり結んで、横に出ろ」と叫んだ。

  • The seamen quickly jumped, but Lim froze.

    船員はすぐにジャンプしたが、リムは固まってしまった。

  • He wasn't much of a swimmer, having only learned to dog paddle as a child.

    彼は子供の頃に犬かきを習っただけで、泳ぎはあまり得意ではなかった。

  • The Second Mate screamed at him to jump or he would be sucked down with the ship.

    二等航海士は「飛ばないと船と一緒に吸い込まれてしまう」と叫んでいた。

  • Before Lim could move, the stern plunged and a massive wave of sea water poured onto the

    リムが動く前に船尾が急降下し、大量の海水が船上に流れ込んできた。

  • ship.

    の船です。

  • Lim was caught in a black whirlpool.

    リムは黒い渦巻きに巻き込まれた。

  • The water made his ears pop, ripped off his slippers and tangled his loose Chinese trousers

    水は彼の耳を破裂させ、彼のスリッパを引き剥がし、彼の緩い中国製のズボンを絡ませた。

  • around his legs.

    彼の足の周りに

  • He struggled, trying to kick himself free.

    彼は、自分の体を蹴って自由になろうともがいた。

  • His lungs ached and his head threatened to explode.

    肺が痛くなり、頭が爆発しそうになった。

  • Just when he couldn't hold his breath any longer, Lim was suddenly propelled upwards,

    息が続かなくなったとき、リムは突然、上に向かって飛び出した。

  • the buoyancy of the life jacket made him pop on the surface like a cork.

    ライフジャケットの浮力でコルクのように水面に飛び出した。

  • Coughing, Lim stared at the scene before him; he couldn't believe it.

    咳き込みながら、リムは目の前の光景を見て、信じられない気持ちになった。

  • All that was left of the Benlomond was a huge oily stain and a field of floating wreckage.

    ベンロモンド号に残されたのは、巨大な油のシミと浮遊する残骸のフィールドだけだった。

  • Lim could hear yells from the living, but the glare of the sun on oily water made it

    リムは生活者の叫び声を聞いていたが、油を含んだ水に照らされた太陽の光で

  • difficult to tell which direction they were coming from.

    どの方向から来ているのかわからない。

  • Surely someone had made it into a lifeboat.

    きっと誰かが救命ボートにしてくれたのだろう。

  • Lim shouted too, first in Chinese and then English.

    リムも最初は中国語で、次に英語で叫んだ。

  • Hanging on a broken board, Lim paddled through the debris field.

    壊れた板にぶら下がって、リムは瓦礫の中をパドリングした。

  • About 100 yards (91 meters) away he spotted some seamen in a raft pulling another survivor

    約100ヤード(91メートル)離れたところで、筏に乗った船員たちが別の生存者を引っ張っているのを発見した。

  • aboard.

    を搭載しました。

  • Lim shouted and tried to swim closer to the raft, but the men didn't respond.

    リムは大声で叫びながらイカダに近づこうとしたが、男たちは反応しなかった。

  • A periscope suddenly appeared and Lim was rocked by swells as a U-boat rose to the surface.

    潜望鏡が突然現れ、Uボートが浮上してきてリムはうねりに揺られた。

  • A hatch opened and submariners swarmed out.

    ハッチが開き、潜水艦員たちが飛び出してきた。

  • They trained guns on the raft and reeled it in.

    筏に銃口を向けて巻き上げた。

  • Lim breathlessly watched as the survivors were led into the submarine.

    リムは息をのんで、生存者が潜水艦に乗り込むのを見守っていた。

  • Sometimes U-boats would take survivors hostage, but these submariners seemed relaxed.

    Uボートが生存者を人質に取ることもあったが、この潜水艦員たちはリラックスしていた。

  • They hung out on deck smoking cigarettes.

    デッキでタバコを吸っていた。

  • Lim decided to take a chance and started yelling for help as he paddled towards the submarine.

    潜水艦に向かってパドリングをしながら「助けてくれ」と叫んでいた。

  • Eventually a seamen noticed Lim and alerted the others.

    やがて、一人の船員がリムに気づき、他の船員に知らせた。

  • They beckoned him to come closer.

    彼らは、彼に近づいてくるように手招きした。

  • Then Lim saw the survivors being forced back onto the raft.

    そしてリムは、生存者たちが強制的にいかだに戻されるのを見た。

  • The U-boat started up, churning water, creating huge swells which tumbed Lim under.

    Uボートが発進して水をかき回し、大きなうねりを作ってリムを下に沈めた。

  • The submariners laughed and aimed their guns, pretending to fire at him.

    潜水艦員たちは笑いながら銃を向け、発砲するふりをしていた。

  • Then they went down the hatch and the U-boat began to dive.

    そして、彼らがハッチを降りると、Uボートは潜り始めた。

  • Lim closed his eyes, thinking that he was going to be sucked down in another whirlpool,

    リムは、このまままた渦巻きに吸い込まれてしまうのではないかと思い、目を閉じた。

  • but he wasn't.

    しかし、彼はそうではなかった。

  • After a few moments he opened his eyes to see that the submarine and raft were gone.

    しばらくして目を開けると、潜水艦とラフトがなくなっていた。

  • The SS Benlomond had sunk in 2 minutes--only 6 survivors had managed to abandon ship.

    SSベンロモンド号は2分で沈没し、わずか6人の生存者が船を放棄した。

  • The survivors on the raft were never seen again, ultimately making Lim the lone survivor

    筏に乗っていた生存者は二度と姿を現さず、結局、リムが唯一の生存者となった。

  • out of a crew of 54.

    54人のクルーの中で

  • Despairing, Lim paddled around looking for someone, something--anything.

    絶望したリムは、誰か、何か、何かを探してパドリングをした。

  • Hours later, he finally saw something.

    数時間後、彼はついに何かを見た。

  • One of the Benlomond's emergency rafts.

    ベンロモンド号の緊急用ラフトの一つ。

  • After swimming to the raft and hauling himself onto the narrow deck, Lim was exhausted and

    筏まで泳いで行き、狭い甲板に体を乗り出したリムは、疲れ果てていた。

  • collapsed.

    倒れた。

  • Sometime later he awoke, stiff, sore and shivering.

    それからしばらくして、彼は目を覚ました。体が硬く、痛みを感じ、震えていた。

  • Lim wrestled out of his lifejacket and took off his sodden clothing.

    リムはライフジャケットを脱いで、濡れた服を脱いだ。

  • Worried about getting separated from the raft, he took some rope and made a loop for his

    筏から離れてしまうことを心配した彼は、ロープを持ってきて、自分のために輪を作った。

  • wrist, so he could keep the raft tied to him.

    手首を使って、ラフトを自分に縛り付けておくことができる。

  • He curled up on a ledge and scanned the darkening horizon hoping to see the sweep of a spotlight.

    棚の上に丸まって、暗くなっていく地平線を見ながら、スポットライトの光を期待していた。

  • But there were only waves.

    しかし、波しかなかった。

  • It was late morning when Lim awoke chilly.

    リムが寒さで目を覚ましたのは朝方だった。

  • He reached for his clothing only to realize that it was gone, fallen overboard sometime

    衣服を取り出そうとしたが、海に落ちてなくなっていることに気づいた。

  • during the night.

    夜中に

  • However, his life jacket was floating in the water, the buckle snagged on the edge of the

    しかし、彼のライフジャケットは水に浮いていて、バックルが船の縁に引っかかっていました。

  • raft.

    ラフト

  • He leaned over and grabbed at itt, but it was just out of reach.

    彼は身を乗り出してそれを掴んだが、それは手の届かないところにあった。

  • Lim was afraid to stretch further, for fear that he'd fall overboard.

    リムは、海に落ちてしまうのではないかと、それ以上伸びることを恐れていた。

  • A wave suddenly swept it free and he watched helplessly as the bright orange life jacket

    鮮やかなオレンジ色のライフジャケットが、突然波にさらわれてしまうのを、彼は何もできずに見ていました。

  • drifted away until it was finally out of sight.

    流れていって、最後には見えなくなってしまった。

  • Lim took stock of the raft.

    リムはラフトの状況を把握した。

  • It was square with two 8 feet long (2.4 meter), 2.5 wide ( 0.76 meter) plank benches.

    長さ8フィート(2.4メートル)、幅2.5フィート(0.76メートル)の板張りのベンチが2つあり、四角い形をしていました。

  • A 3x6 (.91x1.82 meters) well sat between them.

    その間には3×6(0.91×1.82メートル)の井戸が置かれていた。

  • The whole frame sat upon 6 watertight drums.

    フレーム全体が6つの防水ドラムの上に乗っている。

  • There were 2 metal containers fore and aft, containing supplies.

    前後に2つの金属製コンテナがあり、物資が入っていた。

  • Luckily the containers were stocked with a bag of barley sugar, 2 pounds (907 grams)

    幸運にも、コンテナには大麦の砂糖が1袋、2ポンド(907グラム)ストックされていた。

  • of chocolate, 5 tins of evaporated milk, tins of Hardtack, dried beef, flour, molasses,

    チョコレート、エバミルク(5缶)、ハードタック(1缶)、ドライビーフ、小麦粉、糖蜜。

  • suet, malted milk tablets and a bottle of lime juice.

    スエット、モルトミルクのタブレット、ライムジュースのボトル。

  • Most importantly there was an 11 gallon (41 litre) water tank.

    最も重要なのは、11ガロン(41リットル)の水タンクだ。

  • There was also loose tobacco and rolling papers in a small tin, matches, along with rope,

    また、小さな缶に入った煙草や巻き紙、マッチ、ロープなどもありました。

  • 5 flares, 2 smoke pots, and a flashlight.

    照明弾5本、スモークポット2個、懐中電灯。

  • Lastly, there were oars, and a huge canvas sail.

    最後にオールと、巨大なキャンバスの帆があった。

  • Unfortunately Lim knew little about sailing and had no way to navigate.

    残念ながら、リムは船のことをほとんど知らず、航海の方法もわからなかった。

  • He quickly used the sail to create a shelter, so he would have some relief from the scorching

    彼はすぐに帆を使ってシェルターを作り、灼熱の太陽から少しでも逃れられるようにしました。

  • sun.

    日です。

  • The next several days were all the same.

    それからの数日間は、すべて同じことの繰り返しだった。

  • During the day, Lim huddled in the shaded well.

    日中、リムは日陰のある井戸に身を寄せていた。

  • Night brought relief from the heat, but then he would shake with chills due to sunburn.

    夜になると暑さから解放されますが、その後は日焼けによる寒気で震えます。

  • Though Lim didn't have much of an appetite he ground up a little hardtack, mixed it with

    リムはあまり食欲がなかったのですが、ハードタックを少しずつ挽いて、それを混ぜて食べました。

  • water to form a thick soup and sprinkled some dried beef on it for flavor.

    水を入れて濃厚なスープを作り、そこに干し牛肉を散らして味を整えた。

  • He daydreamed about his childhood in a rural village in the province of Hainan, China.

    彼は、中国の海南省の農村で過ごした子供時代を空想していた。

  • He tried to calculate how long it would take a rescue boat to reach the area where the

    のある場所に救助艇が到着するまでの時間を計算してみた。

  • Benolomd went down and find him.

    ベノロムドは下に降りて彼を見つけた。

  • A squall blew up and the raft danced on the choppy waves.

    スコールが吹き荒れ、ラフトは荒れた波の上で踊っていた。

  • Lim curled up in the well and gripped the side of a bench so hard he got splinters.

    リムは井戸の中で丸くなり、ベンチの側面を強く握って、破片が出た。

  • Just over a week after the Benlomond sank, Lim sighted a ship.

    ベンロモンド号の沈没から1週間後、リムは船を目撃した。

  • It was still far away so he decided to set off a smoke pot to draw it near and then he

    まだ遠かったので、煙壺を焚いて近づけることにして、それから

  • would set off a flare.

    は、フレアを起こしてしまう。

  • The ship didn't react to the smoke and changed course, but Lim decided to set off a flare

    船は煙に反応せずに進路を変えたが、リムはフレアを出すことにした

  • anyway.

    とにかく

  • But he didn't know how to use them.

    でも、どうやって使えばいいのかわからなかった。

  • They had instructions, but Lim didn't read English very well.

    説明書もありましたが、リムは英語があまり読めませんでした。

  • He tried to light a flare and tossed it in a wide arc.

    彼はフレアに火をつけようとして、大きく弧を描いて投げた。

  • It fell into the sea and sank unlit.

    海に落ちて、灯りのないまま沈んでいった。

  • In a panic, he dropped the second flare in the sea.

    慌てて2本目の照明弾を海に落としてしまった。

  • But his third attempt worked; a red ball of light shot up into the sky.

    しかし、3度目の挑戦で、赤い光の玉が空に向かって飛び出した。

  • But the ship still didn't change course.

    しかし、それでも船はコースを変えなかった。

  • Lim set off the fourth flare and the ship swung towards his raft.

    リムが4本目の照明弾を発射すると、船は彼のラフトに向かって旋回した。

  • Lim set off his final flare.

    リムは最後のフレアを鳴らした。

  • The ship came close enough that he could see 3 men on the bridge and the glint of binoculars.

    船が近づいてくると、ブリッジにいる3人の男と、双眼鏡の光が見えた。

  • Lim realized the mariners were studying him.

    リムは、船員たちが自分を観察していることに気づいた。

  • Sometimes enemy subs used decoys to lure ships.

    敵の潜水艦がおとりを使って船をおびき寄せることもあった。

  • Lim yelled that he was from the Benlomond.

    リムは「ベンロモンド号から来た」と叫んだ。

  • He thought about jumping in the water and swimming for it.

    水に飛び込んで、泳いで取りに行こうと考えた。

  • Suddenly the ship's engines revved to life.

    突然、船のエンジンが回転して動き出した。

  • Lim lit a smoke pot, but the ship turned and rapidly sailed out of sight.

    リムは煙草に火をつけたが、船は旋回して急速に視界から消えていった。

  • Lim cursed and then wept.

    リムは罵声を浴びせ、そして涙を流した。

  • He wondered if the ship had refused to pick him up because he was Chinese.

    中国人だからということで、船が迎えに来なかったのではないかと考えていた。

  • The next morning Lim woke up with a new resolve, there was no guarantee he'd be rescued anytime

    翌朝、リムは新たな決意で目を覚ました。いつでも救助される保証はない。

  • soon, he needed to make plans to survive.

    そのためには、生き延びるための計画を立てる必要があった。

  • He checked his supplies.

    彼は自分の物資を確認した。

  • He had drank 2 gallons (7.5 litres) of water in just over a week.

    彼は1週間で2ガロン(7.5リットル)の水を飲んでしまった。

  • At this rate, his water would last maybe 28 days, however if he limited himself to a pint

    このペースであれば、水は28日ほど持ちますが、1パイントにとどめておけば

  • (.94 litre) a day, drinking in the morning and then again at dusk, he could stretch it

    1日に94リットルを朝と夕方に分けて飲むことで、1日の摂取量を増やすことができました。

  • to 40 days.

    から40日。

  • He portioned out his food as well.

    彼は食べ物も分けてくれた。

  • Lim's skin was erupting into painful boils from the constant exposure to saltwater.

    海水を浴び続けることで、リムの肌には痛いほどのブツブツができていた。

  • He took the jagged edge of a tin and lanced the bumps.

    錫のギザギザを取って、凸凹を按摩した。

  • He could no longer sleep in the well, he needed to stay dry and sleep on a bench, even if

    井戸の中ではもう寝られない、濡れないでベンチで寝る必要がある、たとえ

  • he risked falling in the sea.

    海に落ちてしまう危険があったからだ。

  • He made himself a rough sleeping bag out of some canvas and lashed it to a bench.

    帆布でラフな寝袋を作り、ベンチに縛り付けた。

  • It took several days before Lim got used to napping on the bench.

    リムがベンチで昼寝をすることに慣れるまでには数日かかりました。

  • But with his skin staying drier, his boils improved.

    しかし、肌が乾燥した状態が続くことで、腫れ物が改善されたのです。

  • His biggest problem became thirst.

    最大の問題は、喉の渇きだった。

  • Most days long before evening he had drunk all of his rationed water.

    ほとんどの日は、夕方までに配給された水をすべて飲み干していた。

  • He opened a tin of milk and drank most of it at once, because it would rapidly spoil

    牛乳の缶を開けて、すぐに腐ってしまうからといって、ほとんどを一度に飲んでしまった。

  • in the heat.

    暑さの中で

  • It gave him an upset stomach and diarrhea.

    お腹の調子が悪くなり、下痢をしてしまいました。

  • Lim figured out that he could keep an opened tin of milk floating in another tin of seawater

    リムは、開けた牛乳の缶を、海水の入った別の缶に浮かべておくことができると考えた。

  • in the well to slow the spoiling.

    腐敗を防ぐために井戸に入れておく。

  • When it rained, Lim scrubbed himself and garggled.

    雨が降ると、リムは体を洗ってうがいをした。

  • He developed a system to catch rainwater on the sail so he could replenish the water tank.

    帆の上に降った雨水を貯めて、水タンクを補充するシステムを開発した。

  • By now his skin had tanned to leather and his hair had grown long enough to shield his

    その頃、彼の肌は革のように日焼けし、髪の毛は彼の体を隠すほど伸びていた。

  • eyes from the dazzling sun.

    まぶしい太陽から目を守るために。

  • As his supplies got low, Lim began to try to figure out how to catch fish.

    物資が少なくなってきたので、リムはどうやって魚を捕るかを考え始めた。

  • He ended up digging the spring out of the flashlight and bending it into a hook.

    結局、懐中電灯からバネを掘り出して、それを曲げてフックにしたそうです。

  • He beat the edge of a tin lid and shaped it to make a knife.

    ブリキの蓋の縁を叩いて形を整え、ナイフを作った。

  • The knife went on a lanyard around his neck.

    ナイフは首からぶら下げていました。

  • After many tries, Lim caught his first fish.

    何度も挑戦した末に、リムは初めての魚を釣り上げた。

  • He ate it raw, even though it was slimy and disgusting.

    ヌルヌルしていて気持ち悪いのに、生で食べてしまった。

  • Knowing that fish were his best chance for survival, Lim came up with a system of drying

    生き残るためには魚が一番だと考えたリムは、魚を乾燥させるシステムを考えました。

  • them, thus making them more tasty and preserving them to eat later.

    これにより、より美味しくなり、保存が効くようになりました。

  • Lim had been successfully fishing for about two weeks when a large fish nearly got away

    リムは2週間ほど前から順調に釣りをしていましたが、大きな魚に逃げられそうになりました。

  • with his hook.

    フックで。

  • Lim decided to make a better hook.

    リムは、より良いフックを作ろうと考えました。

  • Using the heavy key to the water tank, Lim started to dig a nail out of one of the planks.

    水槽の重い鍵を使って、リムは板の一枚から釘を掘り出し始めた。

  • For hours he worked at it, using the key and his fingernails to chip away at the wood surrounding

    何時間もかけて、鍵と爪を使って木を削っていった。

  • the nail.

    爪を

  • Unable to yank the loosened nail out with his hands, eventually he gripped itl in his

    緩んだ釘を手で引き抜くことができず、結局、釘を握ってしまった。

  • teeth and pulled.

    の歯を抜いてしまった。

  • The pain was excruciating and Lim's mouth rapidly filled with blood.

    痛みは耐え難いもので、リムの口の中は急速に血で満たされていった。

  • But all at once, the nail yanked free, Lim's head snapped back and he bumped it hard on

    しかし、一気に釘が抜けて、リムの頭が後ろに倒れ、強くぶつかってしまったのだ。

  • the bench.

    ベンチでは

  • Lim had to wait a few days for his hands to heal up before hammering the nail into a hook

    リムは、手が治るまで数日待ってから、フックに釘を打ちました。

  • shape and then filing it to a fine point.

    の形をしていて、それをヤスリで細かくしています。

  • In all the making of the new hook took about a week in which he barely ate..

    新しいフックの製作には約1週間かかり、その間ほとんど食事をしなかったという。

  • But afterwards he was able to catch larger fish.

    しかしその後、より大きな魚が釣れるようになった。

  • Lim developed a routine where he fished early in the morning, cleaned the fish and prepared

    リムは、早朝に釣りをして、魚を洗い、準備をするという日課を作りました。

  • them for drying, ate and then spent the rest of the afternoon in the shade of the canvas..

    干して、食べて、午後の残りの時間をキャンバスの日陰で過ごしました。

  • Sometimes he sang songs from his childhood as he worked.

    時には子供の頃の歌を歌いながら作業をしていた。

  • He was able to preserve and store up a few days worth of fish.

    数日分の魚を保存しておくことができたのだ。

  • At first, Lim counted the days by tying knots in a rope, but after a long while, he decided

    最初、リムはロープの結び目で日数を数えていましたが、長い間悩んだ末に決断しました。

  • that there was no point in counting the days and began counting full moons.

    日を数えることに意味はないと考え、満月を数えるようになりました。

  • It was several days later that Lim spotted six planes flying in formation.

    リムが6機の飛行機が編隊を組んで飛んでいるのを発見したのは、それから数日後のことだった。

  • He had seen planes before, but this time he was ready.

    彼は以前にも飛行機を見たことがあるが、今回は準備ができていた。

  • He waved the crude flag he had made with a length of canvas and an oar.

    帆布とオールで作った粗末な旗を振っている。

  • A plane broke formation to take a closer look.

    一機の飛行機が編隊を崩して近づいてきた。

  • Lim yelled and waved the oar madly.

    リムが叫んで、オールを狂ったように振った。

  • The plane circled the raft.

    飛行機はラフトの周りを旋回した。

  • Lim had been seen.

    リムは見られていた。

  • The plane dropped a buoy and waggled its wings before flying off.

    飛行機はブイを落とし、翼を揺らして飛び去っていった。

  • Lim sat with hope and caution warring inside him.

    リムは希望と警戒心が入り混じった状態で座っていた。

  • How long before the plane came back?

    飛行機が戻ってくるまでの時間は?

  • As afternoon turned into evening, Lim became worried.

    午後から夕方になると、リムは心配になってきた。

  • Low dark clouds hung in the sky, a big storm was coming.

    空には低い暗雲が立ち込め、大きな嵐がやってくる。

  • Soon the wind howled.

    すぐに風が吹いてきた。

  • Angry streaks of lightning split the sky.

    怒涛のような稲妻が空を割る。

  • Surging waves rushed over the raft sending Lim spluttering.

    打ち寄せる波がラフトに押し寄せ、リムは水しぶきを上げた。

  • All he could do was wrap himself in the canvas sail, huddle in the well and hold on to a

    彼にできたのは、帆布のセイルに包まれ、井戸に身を寄せ、そして一本の糸にしがみつくことだけだった。

  • plank as best he could.

    そのためには、自分ができる限りのことをしなければならない。

  • Lim wasn't exactly sure how long the storm raged, but it was for days.

    リムは嵐がどのくらい続いたのか正確にはわからなかったが、何日も続いていた。

  • When the sea finally quieted, he crawled out of the well, weak and bruised.

    ようやく海が静かになった頃、彼は弱り切った体で井戸から這い出てきた。

  • Worst yet, the storm had destroyed his supplies--his food was spoiled or washed away, the water

    最悪なのは、嵐で物資が破壊されたことで、食料は腐ったり流されたり、水は

  • tank befouled with sea water.

    海水で汚れたタンク。

  • By strength of will Lim bailed out the water tank, spread the canvas out to dry and completed

    リムの意志の強さで、水槽の水を抜き、キャンバスを広げて乾かし、完成させた。

  • other clean up tasks.

    その他のクリーンアップ作業。

  • For a couple days Lim tried to fish, baiting the hook with barnacle meat, but caught nothing.

    リムは数日間、フジツボの肉を釣り針につけて釣りをしたが、何も釣れなかった。

  • His genitals began to swell and it was hard to pee.

    性器が腫れてきて、おしっこが出にくくなった。

  • When Lim finally urinated, he drank the pee.

    リムは最後に排尿すると、そのおしっこを飲みました。

  • Unfortunately, it only eased his thirst briefly.

    残念ながら、喉の渇きは一瞬しか癒されませんでした。

  • Lim would repeat the action a few times over the next week, his urine growing darker and

    リムは次の週も何度かこの動作を繰り返し、尿の色が濃くなり

  • darker.

    暗い。

  • Then one day he couldn't go anymore.

    そしてある日、彼はもう行くことができなくなった。

  • He was so thirsty.

    彼はとても喉が渇いていた。

  • His skin was flaking off, the saltwater boils were back and they broke open on their own

    皮膚は剥がれ落ち、塩水腫が再発し、それが自分で破れてしまった。

  • and oozed pus.

    と言って、膿をにじませていました。

  • The inside of his mouth was full of ulcers and foul white fur coated his tongue.

    口の中は潰瘍だらけで、舌には汚い白い毛が生えていた。

  • Lying