Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In Marcus Aurelius' Meditations, he gives us a timeless piece of wisdom for overcoming our obstacles.

    マルクス・アウレリウスの『瞑想録』では、克服するための不朽の名言が紹介されています。私たちの障害を

  • He says, “The mind adapts and converts to its own purposes the obstacle to our acting.

    彼は、「心は、我々の行動の障害となるものを自分の目的に合わせて適応・変換する。

  • The impediment to action advances action.

    行動の阻害要因が行動を進める。

  • What stands in the way becomes the way.”

    邪魔なものは道になる」。

  • On the surface, this sounds like a contradiction.

    一見、矛盾しているように聞こえます。

  • How can something that stops action advance action?

    行動を止めるものが、どうして行動を進めることができるのか。

  • How can what stands in the way become the way?

    邪魔なものが道になるには?

  • If I come across a road block, an obstacle to my action, how does this further my action?

    もし、自分の行動を妨げる障害物に出くわしたら、それが自分の行動をどのように促進するか?

  • The simplest way I know to explain this is that understanding the problem is the solution.

    私が知っている最も簡単な説明は、「問題を理解することが解決につながる」ということです。

  • Let's say I'm driving my car, and I come across a blocked road.

    例えば、私が車を運転していて、道が塞がれているところに出くわしたとします。

  • So I have a little conversation with myself.

    そこで私は、自分自身とちょっとした会話をします。

  • Question: “What's stopping me from reaching my destination?”

    Q:"目的地に到達するのを妨げるものは何か?"

  • Answer: “The blocked road.”

    A:"塞がれた道"

  • Question: “What's stopping me from overcoming the blocked road?”

    Q:"閉ざされた道を克服するために、何が私を妨げているのか?"

  • Answer: “Nothing. I have to take a different path.”

    A:「何もありません。私は別の道を歩まなければならない」。

  • So by understanding the problem, I arrive at the solution: I have to take a different path.

    だから、問題を理解することで、解決策にたどり着きます。私は別の方法を取らなければなりません。のパスを使用しています。

  • But now I have a new problem: I don't know what path to take.

    しかし、今、私は新たな問題を抱えています。それは、どのような道を歩むべきかわからないということです。

  • So I have another conversation with myself.

    そこで私は、自分自身ともう一つの会話をします。

  • Question: “What's stopping me from finding the right path?”

    Q:"正しい道を見つけるのを妨げているものは何ですか?"

  • Answer: “My knowledge of the area.”

    A:"私の知識 "です。

  • Question: “What's preventing me from obtaining knowledge of the area?”

    Q:"地域の知識を得ることを妨げているものは何か?"

  • Answer: “Nothing. I can ask someone or use GPS.”

    A:「何もありません。誰かに聞いたり、GPSを使ったりすることができます。

  • And again, by understanding the problem, I arrive at the solution.

    そしてまた、問題を理解することで、解決策にたどり着きます。

  • So this works for simple navigation problems, but does it work for more complex ones?

    この方法は、単純なナビゲーション問題には有効ですが、より複雑な問題には有効なのでしょうか?

  • Quincy works at a big media company where he has to do a lot of presentations with co-workers and upper level management, but he has a fear of public speaking.

    クインシーは、大手メディア企業で働いており、同僚とのプレゼンテーションを多く行う必要があると上層部の管理職になったが、人前で話すことに恐怖心を持っている。

  • Quincy might question himself like this:

    クインシーはこんな風に自分に問いかけているのかもしれない。

  • Question: What's stopping me from public speaking?

    Q: 人前で話すのが苦手なのですが?

  • Answer: My fear of embarrassment.

    A:恥をかくのが怖い。

  • Question: What's stopping me from not being embarrassed?

    Q:恥ずかしくないようにするにはどうしたらいいですか?

  • Answer: I care what people think of me.

    A:人にどう思われているか気になります。

  • Question: What's stopping me from not caring what other people think?

    Q:人の目を気にしないことを妨げるものは何ですか?

  • Answer: I need people to think well of me to survive here.

    A:私がここで生きていくためには、人に良く思われなければなりません。

  • Question: What's stopping people from thinking well of me?

    Q:私のことを良く思ってくれない人がいるのはなぜですか?

  • Answer: My ability to satisfy their expectations.

    A:相手の期待に応えることができること。

  • Question: What's stopping me from satisfying their expectations?

    Q:お客様の期待に応えるためには、何が邪魔になるのでしょうか?

  • Answer: Understanding their expectations.

    A:相手の期待を理解すること。

  • Question: What's stopping me from understanding their expectations?

    Q:相手の期待を理解するのに、何が邪魔になるのでしょうか?

  • Answer: Nothing. I can ask them, or I can send a company wide survey through e-mail.

    A:何もありません。聞くこともできるし、メールで全社的なアンケートを送ることもできる。

  • So by understanding his problem, Quincy arrives at a solution.

    だから、自分の問題を理解することで、クインシーは解決策を導き出す。

  • He sends a company wide survey through e-mail, asking his co-workers what they expect from him.

    彼は全社的なアンケートをメールで送り、同僚に何を期待しているのかを尋ねました。のようになります。

  • Most of them say they want a list of the top 10 TikTok trends of the last quarter.

    そのほとんどが、前四半期のTik Tokトレンドのトップ10のリストが欲しいと答えています。

  • Quincy knows he can easily deliver this information, and so he no longer feels stressed about speaking publicly.

    クインシーは、この情報を簡単に伝えられることを知っているので、話すことにストレスを感じなくなりました。を公開しました。

  • He knows what his co-workers want, and he knows how to give it to them.

    彼は、同僚が何を求めているかを知り、それをどうやって与えるかを知っているのです。

  • In his mind, the presentation is no longer a presentation: it's more like a conversation.

    彼の頭の中では、プレゼンテーションはもはやプレゼンテーションではなく、会話に近いものになっています。

  • But this process unfolds differently if Quincy's problem is different.

    しかし、クインシーの問題が違えば、このプロセスの展開も違ってきます。

  • What if Quincy doesn't have a list of the top 10 TikTok trends of the last quarter?

    クインシーが、前四半期のTik Tokトレンドのトップ10のリストを持っていなかったらどうしますか?

  • What if he knows their expectations, but doesn't have the relevant information?

    相手の期待を知っていても、関連情報を持っていなかったらどうしよう。

  • The questioning process looks like this:

    質問の流れはこんな感じです。

  • Question: “What's stopping me from satisfying their expectations?”

    Q:"相手の期待を満足させることを妨げるものは何か?"

  • Answer: “I don't have the relevant information.”

    A:"関連情報を持っていない"

  • Question: “What's stopping me from getting the relevant information?”

    Q:"関連情報の取得を妨げているものは何ですか?"

  • Answer: “Nothing. I can e-mail the right peers and get it from them.”

    A:「何もありません。適当な仲間にメールをして、その仲間からもらうことができます。"

  • So this time, Quincy arrives at a different solution.

    そこで今度は、クインシーが別の解決策にたどり着く。

  • He reaches out to people that do have the data and no longer feels stressed.

    データを持っている人に声をかけ、ストレスを感じなくなった。

  • Again, he knows what his co-workers are expecting, and he knows he can deliver it.

    ここでも彼は、同僚が何を期待しているかを知り、自分がそれを提供できることを知っています。

  • But what if the data was actually not accessible?

    しかし、実際にデータにアクセスできなかったとしたら?

  • The questioning process might look like this:

    質問の流れは、こんな感じでしょうか。

  • Question: “What's stopping me from satisfying their expectations?

    Q:「相手の期待に応えるためには、何が邪魔になるのでしょうか?

  • Answer: “I don't have the relevant information.”

    A:"関連情報を持っていない"

  • Question: “What's stopping me from getting the relevant information?”

    Q:"関連情報の取得を妨げているものは何ですか?"

  • Answer: “It's completely inaccessible. No one can get it in time for the presentation.”

    A:「まったくもってアクセスできません。プレゼンに間に合わせるためには、誰もが手に入れることができない。"

  • Question: “What's stopping me from changing their expectations?”

    Q:"相手の期待値を変えることを妨げているものは何か?"

  • Answer: “Nothing. I can send an e-mail out right now.”

    A:「何もありません。今すぐメールを送ることができます。"

  • So in this case, because Quincy knows he can't get the information his co-workers are expecting, he sends an e-mail out and changes their expectations before the event.

    つまりこの場合、クインシーは同僚が期待している情報を得られないことを知っているからだ。そのためには、事前にメールを送り、期待値を変えておく必要があります。

  • He lets them know that the data their expecting won't be available, and he prevents them from being massively disappointed at the presentation.

    期待していたデータが手に入らないことを伝え、彼らの期待を裏切らないようにします。プレゼンでは非常にがっかりしました。

  • This takes stress off of Quincy and allows him to focus on meeting their other expectations.

    これでクインシーのストレスが減り、他の期待に応えることに集中できる。

  • I went over three variations of Quincy's problem, but this process could be continued indefinitely for any problem.

    私はクインシーの問題の3つのバリエーションを調べましたが、このプロセスは続けることができますどんな問題にも無期限に対応します。

  • Every problem is unique to the individual and requires an individual process of questioning.

    すべての問題はその人固有のものであり、個々の質問のプロセスが必要です。

  • Marcus Aurelius wrote that, “The impediment to action advances action. What stands in the way becomes the way.”

    マルクス・アウレリウスは「行動を妨げるものは行動を進める」と書いています。邪魔なものは道になる」。

  • By understanding our problems clearly, we arrive at a solution.

    問題を明確に理解することで、解決策を導き出す。

  • By engaging in a genuine process of self-questioning, of asking ourselveswhat's stopping meover and over, we eventually arrive at an answer where nothing is stopping us from taking the next, appropriate action.

    "何が私を止めているのか "と自問自答する真のプロセスを行うことで何度も何度も繰り返しているうちに、最終的には「何もしなくてもいい」という答えにたどり着きます。 次の適切なアクションを起こす。

  • Or in other words, understanding the problem is the solution.

    あるいは、問題を理解することが解決につながるとも言えます。

  • But that's just my opinion and understanding of Marcus' words.

    しかし、これはマーカスの言葉に対する私の意見であり、理解である。

  • I'd love to hear your perspective in the comments.

    を聞いてみたいと思います。

  • I'd like to thank this week's sponsor: Skillshare, for giving away a free one-month trial to the first a thousand people who click the link in the description. And after that , it's only around 10 dollars a month.

    あなたの視点で」とコメントしています。

  • Skillshare is an online learning community with over 25000 classes in design, business, and more.

  • My favorite class is the Productivity Masterclass with Thomas Frank, where he helps you construct your very own productivity system.

  • He goes over task management essentials, digital and physical file organization, how to take and keep notes, email tips and tricks, and how to stay organized for the long-haul.

  • Whether you want to fill your curiosity, creativity, or even career, the ad-free environment on Skillshare is the perfect place to keep you learning and thriving in 2021.

  • As always, thanks for watching, and I will see you next time.

In Marcus Aurelius' Meditations, he gives us a timeless piece of wisdom for overcoming our obstacles.

マルクス・アウレリウスの『瞑想録』では、克服するための不朽の名言が紹介されています。私たちの障害を

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 期待 問題 行動 邪魔 相手 理解

マルクス・アウレリウス - 障害を克服する方法 (Marcus Aurelius - How to Overcome Obstacles)

  • 6803 394
    Summer に公開 2021 年 06 月 30 日
動画の中の単語