Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • They had cut their way out of their own tent from the inside, their personal items and

    彼らは自分たちのテントを内側から切り取って、身の回りの物や

  • even a fresh meal perfectly laid out and ready to be eaten.

    用意された新鮮な料理も、すぐに食べることができます。

  • They fled in a panic, most shoeless and some without even socks, and with none of their

    慌てて逃げ出した彼らは、ほとんどの人が靴を履いておらず、中には靴下すら履いていない人もいました。

  • cold weather clothes despite the temperature being -13 degrees (-25C).

    気温は-13度(-25℃)なのに寒冷地用の服を着ていた。

  • A few hundred yards away, two bodies were found.

    数百メートル離れたところで、2人の遺体が発見された。

  • Several hundred yards past them, two bodies were discovered under a tall tree clothed

    その数百メートル先の背の高い木の下で、服を着た二人の遺体が発見された。

  • only in underwear.

    下着だけで。

  • One of the bodies had third degree burns and a chunk of flesh from the right hand was in

    遺体のうち1体は第3度の火傷を負い、右手の肉塊が入っていた。

  • its mouth.

    その口。

  • All bodies found were covered in bruises, cuts, and scratches.

    発見されたすべての遺体には、打撲傷、切り傷、引っかき傷などがあった。

  • The rest of the bodies wouldn't be found until months later, and the shocking details only

    残りの遺体が発見されるのは数ヶ月後のことで、その衝撃的な内容は

  • deepen what is the greatest mystery to ever come out of the Soviet Union

    ソ連から生まれた最大のミステリーをさらに深めることになる。

  • Late January, 1959, and a group of nine college students and recent graduates are embarking

    1959年1月下旬、9人の大学生と新卒者のグループが旅立った。

  • on the trip of a lifetime.

    一生に一度の旅に出てみませんか?

  • The group is made up of experienced hikers and skiers, but they've plotted a route that

    このグループは、経験豊富なハイカーやスキーヤーで構成されていますが、彼らがプロットしたルートは

  • no Russian had ever taken.

    ロシア人が一度も取ったことのないものだった。

  • The trip would take them on a sixteen day trip across the Urals and through territory

    この旅は、ウラル山脈を越え、領土を通過する16日間の旅である。

  • of the native Mansi people.

    ネイティブのマンシ族の

  • It would be a grueling ordeal, exposing the group to bitterly cold temperatures and high

    厳しい寒さと高所恐怖症にさらされる過酷な試練だ。

  • winds, but the route avoided the dangers of trying to cross mountains in winter by sticking

    しかし、このルートでは、冬の山越えの危険性を回避するために

  • to the lowlands.

    を低地に設置しました。

  • The trip would require great endurance, but the group of young Soviets was well-prepared

    ソビエトの若者たちは準備万端だった。

  • for the ordeal The Ural Polytechnic Institute's sports club

    試練のために ウラル工科大学のスポーツクラブが

  • had sponsored the trip, brainchild of Igor Dyatlov, who could have no way of knowing

    のスポンサーであるIgor Dyatlov氏は、そのことを知る由もありませんでした。

  • that his name would go down in infamy as he dreamt up the expedition.

    探検を夢見ていた彼の名前は、悪名として語り継がれることになるだろう。

  • Right before leaving however, the university administration mysteriously added a new member

    しかし、出発直前になって、不思議なことに大学側が新しいメンバーを加えた。

  • to the expedition, Semyon Zolotaryov.

    遠征に参加したセミヨン・ゾロタリョフ。

  • At thirty seven years old he was fifteen years older than most of the rest of the group.

    37歳の彼は、他のメンバーよりも15歳も年上だ。

  • A hardened World War II veteran covered in tattoos, Zolotaryov cut an imposing figure.

    第二次世界大戦の退役軍人で、刺青だらけのゾロタリョフは堂々とした姿をしていた。

  • His inclusion to the trip is never explained by the university, despite suspicions that

    と疑われているにもかかわらず、彼が旅行に参加したことは大学側から説明されていません。

  • Zolotaryov was actually KGB.

    ゾロタリョフは実はKGBだった。

  • On January 23rd, the group leaves for Sverdlovsk, their jumping off point for the expedition.

    1月23日、一行は遠征の出発点であるスベルドロフスクに向けて出発します。

  • Using personal journals and one communal journal discovered with the remains of the tent, investigators

    個人の日記と、テントの残骸から発見された共同体の日記1冊を使って、調査員は

  • are able to piece together a very detailed picture of what happened in the days leading

    このような状況の中で、私たちは何が起こったのかを詳細に知ることができました。

  • up to the mystery that would claim all their lives.

    彼らの命を奪うことになる謎に迫る。

  • Photos recovered from the group's cameras painted a perfect picture of a young group

    カメラで撮影された写真には、若いグループの完璧な姿が写っていた。

  • of happy-go-lucky college students and grads, out on a grand adventure.

    楽しそうな大学生や新卒者が大冒険に出かけます。

  • As the group nears Sverdlovsk, Yuri Yudin has a painful flareup of sciatica.

    スヴェルドロフスクに近づいた頃、ユーリ・ユーディンは坐骨神経痛の痛みに襲われる。

  • The crippling pain forces him to abandon the trip, much to the group's dismay.

    痛みに耐えかねて旅を断念した彼は、一行を失望させた。

  • Yudin hugs his friends goodbye, having no idea he's just cheated death.

    死を免れたことを知らないYudinは、友人たちと抱き合って別れを惜しんだ。

  • On January 28th, the group heads off into the mountains.

    1月28日、一行は山に向かって出発します。

  • They are never seen alive again.

    彼らは二度と生きている姿を見ることはない。

  • Eight days after the group's expected finish date, frantic family members and loved ones

    グループの終了予定日から8日後、必死になっていた家族や恋人たちは

  • begin calling the university and local bureau of the Communist Party.

    共産党の大学や地方局に電話をかけ始める。

  • Search parties are immediately sent out, assisted by local Mansi hunters.

    すぐに捜索隊が派遣され、地元のマンシの猟師たちも手伝ってくれた。

  • Fellow students, prison guards, police, and even the Soviet military join the hunt for

    同僚の学生、刑務官、警察、そしてソ連軍までもが、この事件の捜査に加わります。

  • the missing trekkers.

    消えたトレッカーたち

  • Five days later one of the search parties stumbles onto one of the greatest mysteries

    5日後、捜索隊の一人が最大の謎に遭遇した。

  • of the 20th century.

    20世紀の

  • The group's tent is discovered on February 26th, after following their ski tracks for

    2月26日、彼らのスキーの足跡を辿ってテントが発見された。

  • a full day (use photo: https://i.insider.com/602daf9f42b84000192f4188?width=700&format=jpeg&auto=webp).

    一日中(使用写真: https://i.insider.com/602daf9f42b84000192f4188?width=700&format=jpeg&auto=webp )。

  • The tent is above the tree line on a mountain the Mansi called Kholat Syakhl- or Dead Mountain.

    テントは、マンシ族が「Kholat Syakhl(死の山)」と呼ぶ山の木立の上にある。

  • It's partly buried in snow, and most mysteriously- all of the group's equipment is still neatly

    一部は雪に埋もれていますが、不思議なことに、一行の装備はすべてきれいに残っています。

  • laid out as if they had just settled in for the night.

    まるで夜を過ごしているかのようにレイアウトされています。

  • Ski boots and equipment is stacked by the door to the tent, and even food is laid out

    テントの入り口にはスキーブーツや道具が積み上げられ、食料も並べられている

  • as if about to be eaten, completely untouched.

    食べるように、全く手付かずの状態で。

  • What's not found is a body.

    見つからないのは遺体。

  • Even more mysteriously, the tent has been slashed open on one side.

    さらに不思議なことに、このテントは片側が切り裂かれている。

  • Police wonder if someone slashed their way in for some reason until a seamstress visiting

    警察は、裁縫師が訪れるまでの間、何かの理由で誰かが切りつけたのではないかと考えています。

  • the police station where the tent is stored stuns investigators by pointing out that the

    テントが保管されている警察署では、捜査員が、「このテントは

  • tent was cut open from the inside.

    テントは内側から切り裂かれていた。

  • That would explain the missing bodies.

    そうすれば、消えた死体の説明がつく。

  • But what in the world could cause nine healthy, strong Russian hikers to slash their way out

    健康で体力のあるロシア人ハイカー9人が、一体何のために切り裂かれたのか。

  • of their own tent, apparently in such blind terror that they left behind all of their

    自分のテントの中で、盲目的な恐怖に襲われて、すべてを捨ててしまったようです。

  • vital cold weather clothing, including boots?

    ブーツを含めた寒冷地用の衣服が不可欠である。

  • Further investigation of the scene revealed the trackway of the hikers as they made their

    現場をさらに調査すると、ハイカーたちが歩いてきた軌跡が見つかりました。

  • way to the tree line below.

    のようになっています。

  • The prints clearly show that almost all of the group had not put on their boots as they

    プリントを見ると、ほぼ全員がブーツを履いていないことがよくわかる。

  • fled the tent, and some were walking barefoot.

    裸足で歩いている人もいました。

  • The prints continue for several hundred yards until they vanish at the tree line.

    指紋は数百メートルにわたって続き、木立の中に消えていった。

  • There amongst the trees, two bodies are discovered under a tall tree.

    その中で、高い木の下に2つの遺体が発見される。

  • The bodies lay next to the remains of a small fire, and yet mysteriously they are clothed

    遺体は小さな火の跡のそばに置かれていたが、不思議なことに彼らは服を着ていた。

  • only in their underwear.

    下着だけになってしまった。

  • Even stranger, twelve to fifteen feet up in the tree investigators find bits of torn skin

    さらに不思議なことに、木の上の12~15フィートのところに、破れた皮膚の断片が見つかった。

  • and clothing on the trunk, along with some broken branches.

    と衣類が幹に付着しており、折れた枝もありました。

  • One of the bodies has blackened fingers and third degree burns on the shin and foot.

    遺体のうち1体は、指が黒くなっており、すねと足に第3度の火傷を負っている。

  • Inside of the mouth is a lump of flesh bitten out off the right hand.

    口の中には、右手を噛み切った肉の塊がある。

  • The other body has burned hair on one side of the head and is wearing a charred sock.

    もう1体は頭の片側の髪が焼けており、焦げた靴下を履いています。

  • Next, investigators find two more bodies back up the slope facing the direction of the tent

    次に、テントがあった方向に向かって斜面を登っていくと、さらに2体の遺体が見つかった。

  • It's clear these two were trying to make their way up back to the tent.

    この2人がテントに戻ろうとしていたのは明らかだ。

  • A fifth body is found a few days later, also apparently trying to get back to the tent

    数日後、5人目の遺体が発見されたが、これもテントに戻ろうとしていたようだ。

  • This one is found with a small fracture on the skull.

    この作品は、頭蓋骨に小さな骨折が見られます。

  • All of the bodies however are covered in cuts, bruises, and scratches.

    しかし、すべての死体には切り傷、打撲傷、引っかき傷などがある。

  • Investigators are now assuming a homicide has taken place, yet none of the evidence

    捜査官は現在、殺人事件が起きたと推測していますが、証拠は何もありません。

  • points to the presence of anyone not from the original group.

    は、元のグループに属さない人の存在を示します。

  • No murder weapons are found, and no signs of foul play.

    凶器は発見されず、犯行の痕跡もない。

  • Toxicology reports come back clean.

    毒物検査では異常なし。

  • Investigators hope that the discovery of the four missing bodies may help shed light on

    行方不明になっていた4人の遺体が発見されたことで、捜査官たちは、この事件の解明につながると期待している。

  • the mystery.

    謎を解き明かす。

  • They would be wrong.

    それは間違いです。

  • As the snows begin to melt, a Mansi hunter discovers the remains of a makeshift snow

    雪が解け始めた頃、マンシ・ハンターが仮設の雪の残骸を発見します。

  • shelter two hundred and fifty feet from the tree where the two burned bodies are found.

    2人の焼死体が発見された木から250フィート離れた場所にあるシェルター。

  • Inside the shelter is bedding made out of branches, along with black cotton sweatpants

    シェルターの中には、木の枝で作られた寝具と、黒い綿のスウェットパンツが置かれています。

  • missing one leg, and the left half of a woman's sweater.

    片足を失い、女性のセーターの左半分を失っている。

  • Authorities begin to probe the snow in a search for the bodies, and soon discover the four

    死体を探すために雪を調べ始めた当局は、やがて4人の遺体を発見する。

  • missing bodies buried under ten feet of snow on a rocky streambed.

    岩場の雪の下に埋められた行方不明の遺体。

  • One of the bodies has a head injury so severe that pieces of bone have been driven into

    死体のうち1体は、骨の破片が打ち込まれるほどの重傷を負っています。

  • the brain.

    脳を

  • Two others have crushed chests and multiple broken ribs.

    他の2名は、胸がつぶれ、複数の肋骨が折れています。

  • One has a hemorrhage in the right ventricle of the heart, another is missing its lips,

    一人は心臓の右心室に出血があり、もう一人は唇がない。

  • and a third is missing the eyes, tongue, and part of the upper lip.

    そして3人目は、目、舌、上唇の一部を失っています。

  • The medical examiner remarks that the injuries would be similar to what would be expected

    検死官は「予想されるものと同じような傷だ」と発言している。

  • if the bodies had been found at the scene of a bad car crash.

    もしも遺体がひどい交通事故の現場で発見されたとしたら。

  • The bodies are also discovered to be wearing pieces of clothing removed or cut from the

    また、遺体には脱ぎ捨てられた、あるいは切り取られた衣服が着せられていることも発見されています。

  • five bodies discovered earlier, indicating these four survived longer than the five first

    先行して発見された5体のうち、この4体は最初の5体よりも長く生存していたことになります。

  • found.

    を見つけました。

  • Greatly deepening the mystery, several of these clothing items emit very high levels

    謎を深めるのは、これらの衣類の中には、非常に高いレベルの放射性物質が含まれていることです。

  • of radiation, and a radiological expert testified that as the bodies had been exposed to running

    の放射線を浴びていたことから、放射線医学の専門家が、遺体が走

  • water for several months, the original radiation levels must've been much higher.

    数ヶ月間水に浸かっていたのだから、元々の放射線量はもっと高かったはずだ。

  • The investigation is abruptly closed on May 28th.

    5月28日、突然の捜査打ち切り。

  • The original intent had been to determine if a homicide had taken place, and whatever

    本来の目的は、殺人があったかどうかを判断するためのものであり、何であれ

  • happened to the group of nine, it was clear they had not been murdered.

    9人のグループに起こったことは、彼らが殺害されたのではないことを明らかにした。

  • At least not by anything human.

    少なくとも人間ではない。

  • Independent investigations are immediately launched, with dozens of different theories

    すぐに独自の調査が開始され、何十もの異なる説が出てくる。

  • offered on what exactly happened to this group of seasoned hikers in great physical shape

    体力のあるベテランハイカーのグループに何が起こったのか?

  • up in the Ural mountains.

    ウラル山脈の上。

  • What could possibly have caused nine people to cut their way out of their own tent, flee

    9人の人間が自分のテントを切り裂いて逃げ出したのはなぜだろう。

  • into a raging blizzard with no cold weather gear or even shoes, and then be discovered

    猛烈な吹雪の中、防寒具も靴も持たずに、発見されてしまった。

  • with high levels of radiation, broken and mangled bodies, and third degree burns?

    高レベルの放射線、破壊された体、3度の火傷などの問題を抱えています。

  • Theories fly wild and free.

    理論は自由自在に飛び交う。

  • One investigator discovers burn marks on several trees and concludes that some sort of heat

    ある調査員は、数本の木に焼け跡を発見し、何らかの熱があったと結論づけた。

  • ray was used on the hikers.

    rayをハイカーに使用しました。

  • He backs this conclusion up with reports from locals of having seen strange balls of light

    奇妙な光の玉を見たという地元の人々の報告が、この結論を裏付けている。

  • in the sky in the area.

    この地域の空に

  • The very last photo in one of the group member's camera is of strange flares and streaks of

    あるメンバーのカメラの一番最後の写真は、奇妙なフレアと縞模様の

  • light against a black background- though this is common of the final photo taken with a

    で撮影した最終的な写真ではよくあることですが、黒い背景に光が当たっているのが特徴です。

  • film camera.

    フィルムカメラ。

  • The possibility that the group was attacked by a Yeti is also raised, as one of the other

    また、このグループがイエティに襲われたという可能性は、他の

  • group member's photos shows a dark, hulking figure amidst some trees.

    グループのメンバーが撮影した写真には、木々の中に暗くて巨大な人物が写っている。

  • Yet no tracks except for the group's are ever discovered.

    しかし、グループのもの以外のトラックは発見されていない。

  • Perhaps the Americans did it.

    おそらく、アメリカ人がやったのだろう。

  • Why was 37 year old Semyon Zolotaryov attached to the expedition at the last minute by the

    37歳のセミヨン・ゾロタリョフが、なぜ直前になって遠征隊に取り付けられたのか。

  • University?

    大学?

  • His service record contains large gaps indicative of someone who likely was in fact working

    彼の軍歴には大きな空白があり、実際に働いていた可能性が高い。

  • for an intelligence agency such as the KGB.

    KGBのような情報機関のために。

  • Could the group have run afoul of CIA operatives or American mercenaries, after a deal gone

    このグループは、CIAの工作員やアメリカの傭兵と取引をした後に衝突した可能性があります。

  • wrong with Zolotaryov?

    ゾロタリョフが悪いのか?

  • The most popular theory however is that the group inadvertently wandered across a test

    しかし、最も有力な説は、一行が誤ってテストに出くわしたというものです。

  • of a secret Soviet weapon.

    ソ連の秘密兵器の

  • It's believed that some sort of missile launch went wrong and rained debris down on the tent,

    ミサイルの発射が失敗して、その破片がテントに降り注いだと考えられている。

  • forcing the group to flee.

    一行は逃げ出した。

  • That would explain the third degree burns discovered on two of the bodies, and perhaps

    2人の遺体から発見された第3度の火傷の説明もつくし、おそらく

  • even the presence of a potential KGB agent, perhaps attached to the group to monitor them

    KGBのエージェントと思われる人物がいて、彼らを監視するためにグループに張り付いているのかもしれません。

  • as they passed through a secret military testing site.

    秘密の軍事実験場を通過したときのこと。

  • Yuri Yudin, who was forced to abandon the trip due to his sciatica, would go to his

    坐骨神経痛のために旅を断念したユーリ・ユーディンは、彼の元へ行くことになる。

  • death claiming that the group was removed from the tent at gunpoint and killed- either

    銃を突きつけられてテントから連れ出され、殺されたと主張しています。

  • by American CIA agents or the Soviet military.

    アメリカのCIAエージェントやソビエト軍によるものです。

  • Now however, we finally know what really happened on that fateful night in 1959.

    しかし、1959年の運命の夜に何が起こったのか、ようやく知ることができました。

  • In 2019 the case was reopened for investigation, and Andrei Kuryakov, a prosecutor, was put

    2019年には事件が再捜査され、アンドレイ・クリヤコフ検事が

  • in charge.

    を担当しています。

  • Using photogrammetry from the original investigation's photos of the scene, his group was able to

    彼のグループは、当初の調査で撮影された現場の写真をもとに、フォトグラメトリーを用いて

  • better estimate the real location of the tent several hundred feet from where it was originally

    テントの位置は、元々あった場所から数百フィート離れたところにあるので、より正確に推定することができます。

  • believed to have been located.

    見つかっていないと思われる。

  • This would prove crucial to understanding what happened that night.

    このことは、あの夜に起きたことを理解する上で重要な意味を持つ。

  • This new location placed the tent on a much steeper section of the mountain.

    この新しい場所では、テントは山のより急な部分に置かれていた。

  • Weather reports from the night in question show that winds had been gusting at up to

    その夜の天気予報によると、最大で風が吹き荒れていた。

  • sixty five miles per hour (105 kph), with temperatures at minus thirty degrees.

    時速105キロ、気温はマイナス30度。

  • Photographs from the hikers show that they had cut deep into the snowpack at a right

    ハイカーたちの写真を見ると、右手の雪山を深く切り込んでいるのがわかる。

  • angle to the slope as they pitched their tent, trying to shelter themselves from the incredibly

    斜面の角度を変えてテントを張り、信じられないような雨から身を守ろうとしていた。

  • strong winds.

    強風。

  • What would normally be a smart survival move would prove to be fatal.

    本来であれば賢いサバイバル術が、命取りになってしまうのだ。

  • The group's cutting into the snowbank had inadvertently weakened the entire snowbank.

    集団が雪山に切り込んだことで、雪山全体が不用意に弱くなってしまったのだ。

  • As the blizzard raged, additional snow was heaped onto the structurally weakened snowbank.

    猛烈な吹雪の中、構造的に弱くなった雪渓にさらに雪が積もった。

  • Sometime in the evening, the snowbank gave way, and a three-foot thick slab of snow slammed

    夕方になって雪渓が崩れ、3フィートの厚さの雪が積もった。

  • into the tent from above.

    上からテントの中に入ります。

  • With up to a thousand pounds of snow smashing down on the skiers, immediate injuries would

    最大で1,000ポンドの雪がスキーヤーに降り注ぎ、すぐに怪我をしてしまう。

  • have been severe for those in the most unfortunate locations inside the tent.

    は、テント内の最も不幸な場所にいた人々にとっては厳しいものでした。

  • The incredible weight would have also prevented the group from getting to most of their gear,

    驚くほどの重さのために、グループはほとんどのギアを手に入れることができなかった。

  • but even more importantly the sudden shift in the snow would have triggered an instinctual

    しかし、それ以上に重要なのは、突然の雪の変化が本能的な行動を引き起こしたということだ。

  • fear familiar to every mountaineer in the world- avalanche.

    世界中の登山家にとって身近な恐怖、それは雪崩だ。

  • This would explain why the hikers cut their way out of the tent and fled into the night,

    これで、ハイカーたちがテントを切り裂いて夜逃げしたことも説明がつく。

  • downhill and towards the tree line.

    下り坂になって、樹海に向かっています。

  • The suddenly shifting snow would have appeared to them as the beginning of an avalanche,

    急激に変化する雪は、彼らには雪崩の始まりに見えただろう。

  • and their only hope of survival would have been amongst the trees.

    彼らが生き残るための唯一の希望は、木の間にあった。

  • There was simply no time to retrieve any clothing or cold weather gear.

    衣類や防寒具を取りに行く時間がないのだ。

  • The group eventually took shelter under the cedar tree where two of the bodies were discovered.

    結局、一行は2体の遺体が発見された杉の木の下に避難した。

  • They built a fire, but somebody was forced to climb up the tree to find dry branches

    焚き火をしても、誰かが木に登って乾いた枝を探さなければならない。

  • nearer the top, explaining the skin and bits of clothing found on the trunk.

    トランクにあった皮膚や衣服の一部を説明するのは、トップに近い方です。

  • With massive wind gusts however, no fire could warm the ill-equipped group, and it would

    しかし、大風が吹き荒れたため、装備のない一行を暖めることはできず、それどころか

  • not have taken long for two of them to succumb to hypothermia and die.

    そのうちの2人が低体温症で亡くなるのに時間はかからなかった。

  • The third degree burns discovered on the body could have been from a desperate attempt to

    死体に見られた第3度の火傷は、必死に生きようとした結果ではないだろうか。

  • get warm, or from falling over into hot coals after death.

    暖を取るために、あるいは死後に熱い炭火の中に倒れ込むために。

  • The flesh discovered in one of the corpse's mouths was likely a result of delirium, the

    死体の口の中から発見された肉は、錯乱の結果である可能性が高い。

  • individual biting savagely into his own hand.

    自分の手に激しく噛みつく人。

  • The seven survivors then cut the clothes off their two dead comrades, explaining why they

    生き残った7人は、死んだ2人の仲間の服を切り取って、理由を説明した。

  • were found in their underwear.

    が下着姿で発見されました。

  • The group now split up, with three of them- likely the strongest- heading back up the

    集団は二手に分かれ、そのうち最も体力のある3人が上へと戻っていった。

  • mountain to the tent to attempt to retrieve their cold weather gear and supplies.

    山の中からテントに入り、防寒具や物資の回収を試みる。

  • At this point the group likely realized an avalanche was not coming, but in the driving

    この時点で、雪崩は来ないと判断したのだろうが、走行中に

  • snow and dark of night, there would have been little hope of them finding their way back

    雪が降っていて、夜も暗いので、帰り道がわからなくなっていたのではないでしょうか。

  • to the tent.

    をテント内に設置しました。

  • Thus the three froze to death on the slope of the mountain, only a few hundred yards

    こうして3人は、わずか数百メートルの山の斜面で凍死してしまった。

  • from the salvation of warm clothing.

    暖かい服の救いから

  • The other four decided to build a snow survival shelter and huddle for warmth, likely to wait

    他の4人は、雪上のサバイバルシェルターを作り、身を寄せ合って暖を取ることにしました。

  • out the night and seek out the tent in the morning.

    夜になるとテントを探し出し、朝になるとテントを探し出す。

  • However, the group hit yet another stretch of bad luck, as the spot they picked to dig

    しかし、掘る場所を選んだことで、またしても不運に見舞われてしまう。

  • lay right above a stream.

    は小川の真上に位置していました。

  • This particular stream doesn't freeze in winter, and instead hollows out a deep tunnel under

    この川は、冬になっても凍らず、地下に深いトンネルを掘っています。

  • the snow and ice through which it flows.

    流れている雪や氷の中を

  • As the group dug down into the snow, they accidentally breached the tunnel causing it

    雪を掘っていくうちに、偶然にもトンネルが破られてしまいました。

  • to collapse.

    を崩壊させる。

  • The four fell to the stream below and were buried under fifteen feet of snow, the crushing

    4人は下の川に落ち、15フィートの雪の下に埋もれてしまいました。

  • weight of it causing the injuries discovered on the bodies.

    その重さで遺体に傷がついたのです。

  • From here, scavengers discovered the bodies and ate the various missing parts of the corpses'

    ここからスカベンジャーが遺体を発見し、遺体の様々な欠損部分を食べた。

  • faces.

    の顔をしています。

  • This still left the mystery of the high levels of radiation though, but that too could be

    しかし、高濃度の放射線の謎はまだ残っています。

  • solved with some background info on the skiers themselves.

    は、スキーヤー自身の背景情報とともに解決しました。

  • One of the hikers had actually worked at the site of the world's third worst nuclear accident,

    ハイカーの中には、世界で3番目に大きな原発事故の現場で実際に働いていた人もいました。

  • the Mayak nuclear complex.

    マヤック核施設。

  • An explosion of radioactive waste had spread a plume 200 miles north into the east Urals.

    放射性廃棄物の爆発により、プルームは200マイル北の東ウラルまで広がっていた。

  • This hiker had even helped with the cleanup, and one of the other hikers lived in a village

    このハイカーは清掃の手伝いもしていたし、他のハイカーの一人は村に住んでいて

  • inside the contaminated zone itself.

    汚染されたゾーン自体の中で

  • High levels of radioactivity would thus be likely amongst the personal clothing of both

    そのため、両者の衣服には高いレベルの放射能が付着している可能性があります。

  • these individuals.

    これらの人たちは

  • The explanation has not satisfied everyone, but to date remains the most realistic and

    この説明はすべての人を満足させるものではありませんが、現在までのところ、最も現実的で

  • plausible explanation of what happened to the nine hikers on that fateful night in the

    の運命の夜、9人のハイカーに何が起こったのかについて、もっともらしい説明をしています。

  • Urals.

    ウラル。

  • Ultimately, the only people who know the truth tragically died in the prime of their lives,

    結局、真実を知っている唯一の人々は、人生の最盛期に悲劇的な死を遂げた。

  • and if the Soviet government was truly involved then they've kept the secret of their deaths

    そして、もしソ連政府が本当に関与していたのであれば、彼らの死を秘密にしてきました。

  • for sixty years.

    60年前から。

They had cut their way out of their own tent from the inside, their personal items and

彼らは自分たちのテントを内側から切り取って、身の回りの物や