Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The army is a well-oiled machine.

    軍隊はよく整備された機械である。

  • New soldiers, be they volunteers or draftees, come in as individuals and become a unit.

    志願兵であれ、徴兵制であれ、新兵は個人で入ってきて部隊となる。

  • But sometimes an individual soldier does something so amazing, they go down in history.

    しかし、一人の兵士が歴史に残るような素晴らしいことをすることもあります。

  • #10.

    #10.

  • Jack Churchill

    ジャック・チャーチル

  • Born in what's now Sri Lanka at the height of the British Empire, Jack Churchill was

    大英帝国の最盛期に現在のスリランカで生まれたジャック・チャーチルは

  • raised with a proud tradition of service.

    誇り高きサービスの伝統を受け継いでいます。

  • So it was no surprise when he graduated from the Royal Military College in 1926.

    だから、1926年に王立陸軍士官学校を卒業しても不思議ではなかった。

  • He served for ten years and went on to work as an actor and competed in archery championships.

    10年間勤務した後は、俳優として活躍したり、アーチェリー選手権に出場したりしました。

  • But war would come calling, and he would step up to serve his country again in the Second

    しかし、戦争が起こり、彼は第二次世界大戦で再び国に貢献することになります。

  • World War.

    世界大戦。

  • He became one of the few soldiers to serve in five battlefields - France, Norway, Italy,

    彼は、フランス、ノルウェー、イタリアの5つの戦場で活躍した数少ない兵士の一人となった。

  • Yugoslavia, and Burma.

    ユーゴスラビア、ビルマ。

  • But it was his unique gear that made Jack Churchill go down in history.

    しかし、ジャック・チャーチルを歴史に残したのは、彼のユニークなギアだった。

  • Churchill was never a fan of guns, finding it much more natural to use a longbow in combat.

    チャーチルは銃があまり好きではなく、戦闘時にはロングボウを使う方が自然だと考えていた。

  • He was also seen in battle with his two treasured possessions - a Scottish broadsword, and a

    また、2つの宝物であるスコットランド製のブロードソードを持って戦いに臨む姿は

  • set of bagpipes.

    バグパイプのセットです。

  • He would frequently play traditional military songs on his bagpipes as his men advanced.

    彼は部下の前進に合わせて、伝統的な軍歌をバグパイプで頻繁に演奏していた。

  • Captured by the Germans in 1944, he was imprisoned in a German concentration camp and interrogated

    1944年にドイツ軍に捕らえられ、ドイツの強制収容所に収監され、尋問を受けた。

  • - only for he and three of his men to dig out and briefly escape.

    - しかし、彼と3人の部下が掘り出し、一時的に脱出することができた。

  • After seven months of captivity, the SS troops abandoned their base and Churchill rejoined

    7ヶ月間の捕虜生活の後、SS隊は基地を放棄し、チャーチルは再び基地に戻った。

  • his unit.

    彼のユニット。

  • But he wasn't done yet - when the war ended, he transferred to the British Mandate of Palestine

    しかし、それだけではなく、戦争が終わると、イギリスの委任統治領であるパレスチナに移ったのです。

  • and worked to protect Jewish refugees, many of whom survived the Holocaust.

    と、ホロコーストを生き延びた多くのユダヤ人難民の保護に努めました。

  • And one of those Holocaust survivors had a remarkable story of his own.

    そして、そのホロコーストの生存者の一人には、驚くべきストーリーがあった。

  • #9.

    #9.

  • Tibor Rubin

    ティボール・ルービン

  • Born in a small Hungarian town, Tibor Rubin was the son of a Jewish shoemaker.

    ハンガリーの小さな町で、ユダヤ人の靴職人の息子として生まれたティボール・ルービン。

  • But his life was upended when the Nazis invaded, and his parents tried to send him to neutral

    しかし、ナチスの侵攻により彼の人生は狂い、両親は彼を中立国に送ろうとしました。

  • Switzerland.

    スイス。

  • After being captured, he spent over a year in the Mauthausen concentration camp and lost

    捕虜になった後、マウトハウゼン強制収容所で1年以上過ごし、失ったものは

  • both his parents and a sister.

    両親と妹の3人です。

  • He immigrated to the United States, and was driven by gratitude for being liberated by

    アメリカに移住した彼は、解放されたことへの感謝の気持ちから

  • US troops to enlist in the military.

    米軍が軍隊に入隊すること。

  • It took two tries, but in 1950 he put on the uniform of his adopted country and would soon

    2度の挑戦を経て、1950年、彼は祖国のユニフォームを着て、すぐに

  • be sent to fight in the Korean War.

    は、朝鮮戦争に派遣された。

  • But it wouldn't be an easy job for a Jewish immigrant.

    しかし、ユダヤ人の移民にとっては、簡単な仕事ではないだろう。

  • Rubin worked hard to prove himself, but he was under the supervision of a cruel and antisemitic

    ルービンは自分の力を発揮しようと努力したが、残酷な反ユダヤ主義者の監督の下で

  • sergeant named Arthur Peyton.

    アーサー・ペイトンという軍曹がいた。

  • He was forced into many of the most dangerous missions - and came back alive every time.

    彼は最も危険な任務を数多く強いられたが、その度に生きて帰ってきた。

  • In his most famous feat, he defended a hill for twenty-four hours against a horde of North

    彼の最も有名な偉業は、北軍の大群から24時間にわたって丘を守り抜いたことです。

  • Korean soldiers, allowing his unit to retreat safely.

    韓国軍の兵士たちは、彼の部隊を安全に撤退させることができました。

  • Rubin was recommended for the Medal of Honor four times - but Peyton ignored the orders,

    ルービンは4回も名誉勲章に推薦されたが、ペイトンはその命令を無視した。

  • and Rubin was passed over.

    となり、Rubinはパスされました。

  • Before the war was over, Rubin spent thirty months in a brutal prisoner of war camp, and

    戦争が終わる前に、ルービンは残酷な捕虜収容所で30ヶ月間過ごし、そして

  • frequently snuck out to steal food for his fellow soldiers.

    頻繁に忍び込んでは、仲間の兵士のために食料を盗んでいた。

  • But his story would have a happy ending - fifty-five years after he joined the army, he received

    しかし、彼の物語にはハッピーエンドが待っていた。

  • the Medal of Honor he was unfairly denied, and shortly after his 2016 death a California

    不当に拒否されていた名誉勲章を、2016年の彼の死後すぐにカリフォルニア州の

  • VA hospital was named for him.

    VA病院は彼にちなんで命名されました。

  • But iconic war heroes aren't a thing of the past.

    しかし、象徴的な戦争の英雄たちは過去のものではありません。

  • #8.

    #8.

  • Dakota Meyer

    ダコタ・メイヤー

  • The Afghanistan War was raging in 2009, and Dakota Meyer was only a young man of 21 when

    アフガニスタン戦争が激化していた2009年、ダコタ・メイヤーはまだ21歳の青年でした。

  • he found himself tested.

    自分が試されていることに気づいたのです。

  • He had enlisted in the Marines right out of high school, and was deployed to Fallujah

    彼は高校卒業後すぐに海兵隊に入隊し、ファルージャに派遣されていました。

  • as a scout sniper.

    をスカウト・スナイパーとして使用しました。

  • During his second deployment, four members of his squad went missing after an ambush

    2回目の派遣では、待ち伏せされていた4人の隊員が行方不明になりました。

  • - and everyone knew that could mean years of captivity, if not death.

    - それは、死なないまでも、何年もの捕虜生活を意味することを誰もが知っていた。

  • His superiors ordered him to stay put, but Meyer would leave no man behind.

    上司からは「動くな」と言われたが、マイヤーは「一人も残すな」と言っていた。

  • Near the village of Ganjgal, Meyer dodged enemy fire and went in pursuit.

    ガンジガルの村の近くで、マイヤーは敵の攻撃をかわして、追跡をした。

  • It would be the toughest battle of his young life.

    それは、彼の若い人生の中で最も厳しい戦いとなるだろう。

  • Tragically, he soon found the four soldiers dead.

    しかし、すぐに4人の兵士の死体を発見した。

  • A Taliban fighter was trying to steal the bodies, and Meyer fought him.

    タリバンの戦闘員が遺体を盗もうとしていたので、マイヤーはそれに対抗した。

  • In close quarters, he couldn't reach his weapon - so he beat the enemy soldier to death

    狭い場所では武器が届かないので、敵の兵士を殴り殺した。

  • with a rock.

    岩で。

  • He teamed up with allied Afghan fighters and retrieved the bodies so they could be brought

    彼は、アフガニスタンの同盟軍と協力して、遺体を回収し、それを運ぶことができました。

  • home for a proper burial.

    自宅できちんと埋葬されています。

  • But while he wasn't able to save the lives he came there for, his pursuit allowed him

    しかし、自分が目的とした命を救うことはできなかったが、彼の追求によって

  • to evacuate twelve wounded allies and help twenty-four US soldiers escape an ambush.

    怪我をした12人の味方を避難させ、24人の米兵を待ち伏せから逃がした。

  • His heroic actions led him to become one of the youngest men ever to receive the Medal

    その英雄的な行動により、史上最年少で勲章を受章しました。

  • of Honor, and while he battled PTSD after his service, today he continues his good deeds

    名誉勲章を授与され、兵役後はPTSDに悩まされましたが、現在は善行を続けています。

  • by advocating for fellow veterans and for wildlife conservation.

    退役軍人仲間や野生動物保護のためのアドボカシー活動を行っています。

  • But this next Medal of Honor recipient broke the mold completely.

    しかし、次の名誉勲章受賞者は、その常識を完全に覆した。

  • #7.

    #7.

  • Desmond Doss

    デスモンド・ドス

  • Desmond Doss grew up in a devout Seventh-day Adventist household, and there was one principle

    デズモンド・ドスは、敬虔なセブンスデー・アドベンチストの家庭で育ちましたが、そこにはひとつの原則がありました。

  • he held above all others - nonviolence.

    彼が何よりも大切にしていたのは、「非暴力」です。

  • That became a problem when the United States entered World War II.

    それが問題になったのは、アメリカが第二次世界大戦に参戦したときだ。

  • While he could have gotten a deferment due to his work as a ship-builder, he didn't

    船大工の仕事をしていたことで猶予を得ることもできたが、それはなかった。

  • feel right avoiding service - but he was unwilling to carry a weapon or kill another man.

    しかし、彼は武器を持ちたくない、人を殺したくないと思っていた。

  • After much debate, Doss was allowed to enter military service as a medic, stationed with

    議論の末、ドスは衛生兵としての入隊を許可され、日本に派遣された。

  • another unit to tend to their injuries.

    怪我の手当をするために別のユニットに移る。

  • But he would prove to be every bit as much a hero as the armed soldiers.

    しかし、彼は武装した兵士たちと同じように英雄となることができた。

  • It was 1944 in the Battle of Okinawa when Doss would become world-famous.

    ドスが世界的に有名になるのは、1944年の沖縄戦である。

  • His unit came under heavy fire, with countless soldiers being wounded.

    彼の部隊は激しい銃撃を受け、無数の兵士が負傷した。

  • At constant risk to his own life, he raced into enemy fire and saved the lives of at

    常に自分の命を危険にさらしながら、敵の砲火の中を駆け抜け、多くの人々の命を救いました。

  • least fifty wounded soldiers by helping them evacuate.

    負傷した兵士を避難させるために、少なくとも50人の兵士を助けた。

  • He even kicked a grenade away from him and his men - a heroic act that left him with

    手榴弾を蹴り飛ばしたこともあり、その英雄的な行為が彼の心に残った。

  • seventeen pieces of shrapnel in him.

    17個の榴散弾を受けた。

  • Seriously wounded, he became the first person to receive the Medal of Honor for valor in

    重傷を負った彼は、世界で初めて名誉勲章を受賞しました。

  • combat without ever firing a single shot.

    一発も撃たずに戦闘する。

  • His story became the Oscar-nominated filmHacksaw Ridge”.

    彼の物語は、アカデミー賞にノミネートされた映画「ハクソー・リッジ」になりました。

  • But it would be a much longer battle for the next soldier to be properly honored.

    しかし、次の兵士が正しく表彰されるためには、もっと長い戦いになるだろう。

  • #6.

    #6.

  • Henry Johnson

    ヘンリー・ジョンソン

  • The US military was still segregated when Henry Johnson enlisted to fight in the First

    ヘンリー・ジョンソンが第一次世界大戦に参戦したとき、米軍はまだ隔離されていた。

  • World War, and he was assigned to an all-black Infantry regiment that was deployed to France.

    第一次世界大戦では、フランスに派遣された黒人ばかりの歩兵連隊に配属されました。

  • But they wouldn't be given their chance in combat - instead being assigned to labor

    しかし、彼らには戦闘のチャンスは与えられず、代わりに労働者として配属された。

  • duties.

    の職務を遂行しています。

  • That changed when the French army needed more soldiers, and General John J. Pershing lent

    それが、フランス軍が兵士を必要とするようになり、ジョン・J・パーシング将軍が貸与されたのである。

  • out his black soldiers.

    黒人兵士を追い出した。

  • In France, Johnson was shocked at how much more kindly he was treated by the locals and

    フランスでは、ジョンソンは現地の人たちがより親切に接してくれたことにショックを受け、また

  • the French soldiers, and prepared to enter combat.

    フランス軍の兵士たちと一緒になって、戦闘に備えた。

  • His unit would soon earn the nameThe Harlem Hellfighters”.

    彼の部隊はすぐに「ハーレム・ヘルファイターズ」と呼ばれるようになる。

  • Johnson's unit was assigned to the edge of the Argonne forest, and he was placed on

    ジョンソンの部隊はアルゴンヌの森の端に配属され、彼は

  • observation post duty.

    観測所の任務。

  • That was when a large German raiding party attacked, and Johnson fended off as many as

    その時、ドイツの大規模な襲撃部隊が襲ってきたが、ジョンソンは何人もの兵士を撃退した。

  • thirty-six soldiers.

    三十六人の兵士。

  • He used grenades, and when he ran out he used whatever he had on hand - a knife, his rifle

    手榴弾を使い、足りなくなるとナイフやライフルなど手持ちのものを使っていた。

  • butt, and even his own two fists.

    尻、そして自分の両手の拳まで。

  • He personally killed four men, prevented his soldiers from being captured, and was wounded

    彼は自ら4人の兵士を殺害し、兵士が捕らえられるのを防ぎ、負傷しました。

  • twenty-one times.

    21回目。

  • He received the War Cross from the French military - but in the United States it would

    彼はフランス軍から戦時十字章を授与されましたが、アメリカでは

  • be a different story.

    は別の話になります。

  • He was threatened with arrest for revealing the racial abuse he suffered in the army,

    彼は、軍隊で受けた人種的虐待を暴露したことで、逮捕されると脅されました。

  • and died of heart issues at only thirty-seven.

    が、わずか37歳で心臓病のために亡くなりました。

  • But his family fought to make sure his story was told, and in 2015 he was posthumously

    しかし、彼の家族は彼の物語を伝えるために戦い、2015年に彼は死後に

  • awarded the Medal of Honor.

    名誉勲章を授与されました。

  • This next soldier shocked the world when their identity was revealed.

    この次の兵士は、その正体が明らかになったとき、世界に衝撃を与えた。

  • #5.

    #5.

  • Deborah Sampson

    デボラ・サンプソン

  • Growing up as tensions were rising between Great Britain and its colonies in what would

    イギリスとその植民地の間で緊張が高まっていた時期に、後にイギリスの植民地となる場所で育った。

  • become the United States, Deborah Sampson was an unassuming young woman with plain features

    アメリカになってからのデボラ・サンプソンは、地味な顔立ちの若い女性だった。

  • - and was unusually tall for a woman.

    - と、女性にしては珍しく背が高かった。

  • Handy with tools and familiar with hard labor, she wanted to do her part for the American

    道具を使いこなし、重労働に慣れている彼女は、アメリカのために自分の役割を果たしたいと考えていた。

  • Revolution.

    革命ですね。

  • She first tried to enlist while in disguise as a man under the name Timothy Thayer, but

    彼女は最初、ティモシー・セイヤーという名の男性に変装して入隊しようとしましたが

  • was quickly found out.

    はすぐに判明しました。

  • Her second attempt, under the name Robert Shirtliff, was much more successful.

    ロバート・シャツリフという名前での2度目の挑戦は、はるかに成功しました。

  • She joined the elite Light Infantry Company, which was for soldiers who were taller and

    彼女は、背の高い兵士が所属する精鋭の軽歩兵中隊に入隊しました。

  • stronger than most.

    は、他の人よりも強い。

  • And she would prove herself every bit a warrior.

    そして、彼女は自分が戦士であることを証明するだろう。

  • During her first battle, Sampson took two musket balls to her leg and a wound to her

    最初の戦闘で、サンプソンはマスケット銃の弾を2発足に受け、傷を負った。

  • forehead.

    額です。

  • Her fellow soldiers took her to a doctor, but she left after her head was treated - instead

    仲間の兵士が彼女を医者に連れて行きましたが、彼女は頭を治療した後に帰ってしまいました。

  • using a small knife to remove one of the bullets.

    小さなナイフを使って弾丸の1つを取り除く。

  • She continued to serve in the war while wounded, even being sent by George Washington to put

    彼女は負傷しながらも戦争に参加し続け、ジョージ・ワシントンからも派遣されて

  • down a rebellion of her fellow soldiers.

    兵士たちの反乱を抑えるために。

  • When she became ill on duty, she was exposed by a doctor who treated her - but her commanding

    勤務中に体調を崩した際には、治療した医師に暴露されてしまいましたが、指揮官は

  • officer General Patterson gave her an honorable discharge for her heroism.

    将校のパターソン将軍は、彼女の英雄的行為を称えて名誉除隊とした。

  • She wound up receiving her full army pay and became a lecturer about her unlikely time

    彼女は軍人としての給料を全額受け取り、ありえないほどの時間を講師として過ごした。

  • as a Revolutionary hero.

    革命の英雄として

  • But there was one even unlikelier master of disguise.

    しかし、もっと意外な変装の達人がいた。

  • #4.

    #4.

  • John Lincoln Clem

    ジョン・リンカーン・クレム

  • The American Civil War tore the country in two, and tensions were high.

    アメリカの南北戦争で国が二つに分かれ、緊張感が高まっていた。

  • John Lincoln Clem couldn't wait to enlist and do his part against the Confederacy.

    ジョン・リンカーン・クレムは、早く入隊して南部連合に貢献したいと思っていた。

  • There was just one problem - he was only nine years old.

    ただ一つ問題があって、彼はまだ9歳だった。

  • He was turned away by the first unit he tried, but the 22nd Michigan Infantry liked his spirit

    最初に挑戦した部隊には追い返されたが、第22ミシガン歩兵隊は彼の精神を気に入ってくれた。

  • and took him on as their drummer boy.

    そして、彼をドラマー・ボーイとして迎え入れました。

  • Two years later, he would enlist fully and become one of the youngest soldiers in American

    2年後、彼は完全に入隊し、アメリカの最年少兵士の一人となった。

  • history.

    の歴史を知ることができます。

  • He became famous after successfully shooting a Confederate colonel, and soon became the

    南軍の大佐の狙撃に成功したことで有名になり、すぐに

  • youngest person ever promoted to sergeant.

    史上最年少で軍曹に昇進した。

  • But the dark side of the war would soon find him.

    しかし、戦争の暗部はすぐに彼を見つけることになる。

  • He was captured along with several other soldiers, and the Confederates used this child soldier

    彼は他の数人の兵士と共に捕らえられ、南軍はこの子飼いの兵士を使って

  • for propaganda purposes, boasting that the Union was sending babies to fight them.

    このような状況下では、プロパガンダのために、「北軍は赤ん坊を戦場に送っている」と自慢していた。

  • But it didn't deter the young hero - he fought until 1864, being wounded in combat

    しかし、若き英雄はそれにもめげず、1864年まで戦い続け、戦闘で負傷した。

  • twice.

    twice.

  • And in 1870, this war hero graduated high school and immediately went back into the

    そして1870年、この戦争の英雄は高校を卒業すると、すぐに戻って

  • service.

    サービスを提供しています。

  • He would be appointed personally by Ulysses S. Grant, and served until he hit the mandatory

    彼はユリシーズ・S・グラントから直々に任命され、義務教育を受けるまで勤め上げたのである。

  • retirement age in 1915 and was promoted to brigadier general - possibly setting a record

    1915年に定年退職を迎え、准将に昇進しましたが、これはおそらく記録的なことでしょう。

  • for the longest time serving in the US army by anyone.

    は、誰よりも長く米軍に所属していたことになります。

  • One thing many war heroes have in common - they never take a chance to leave the war early.

    多くの戦争の英雄たちに共通しているのは、戦争を早期に切り上げるチャンスを逃さないことです。

  • #3.

    #3.

  • John Basilone

    ジョン・バジロン

  • Born the sixth of ten children to a large Italian-American family, John Basilone never

    イタリア系アメリカ人の大家族に10人兄弟の6番目として生まれたジョン・バジロンは、一度も家を出たことがありませんでした。

  • attended high school and worked as a golf caddy before deciding to enlist in the army

    高校に通い、ゴルフのキャディをしていたが、陸軍への入隊を決意する

  • - seven years before America entered World War II.

    - アメリカが第二次世界大戦に参戦する7年前のことである。

  • After completing his term of service, he switched to the Marines for a second hitch only a year

    兵役を終えた後、海兵隊に転職し、わずか1年で2度目の兵役に就いた。

  • before Pearl Harbor.

    パールハーバーの前に

  • This time his service would make him a legend.

    今度は彼のサービスが彼を伝説にするだろう。

  • He fought in the Battle of Henderson Field on Guadalcanal, manning two machine guns against

    ガダルカナルのヘンダーソンフィールドの戦いでは、2挺の機関銃を携えて戦いました。

  • a battalion of 3,000 Japanese troops.

    3,000人の日本軍の大隊。

  • When he ran out of ammo, he fended them off from his position with a knife and pistol.

    弾薬がなくなると、自分の陣地からナイフとピストルで撃退した。

  • It was no surprise that he received the Medal of Honor.

    彼が名誉勲章を受けたのは当然のことである。

  • But Basilone wasn't done yet.

    しかし、Basiloneはそれだけではありませんでした。

  • After his heroism, he returned to the United States and was used by the military to promote

    彼の英雄的行為の後、彼はアメリカに戻り、軍の宣伝に利用されました。

  • war bonds.

    戦争国債。

  • His hero's welcome made him feel uncomfortable - he saw himself as a simple military man

    英雄の歓迎に違和感を覚えた-自分は単なる軍人だと思っていた

  • and the war was still ongoing.

    と、戦争はまだ続いていた。

  • He wanted to be back on the field with his men, and asked to be returned to combat - even

    彼は、部下と一緒に戦場に戻りたいと願い、戦闘に復帰することを求めた-。

  • turning down positions as an officer or instructor.

    役員や教官を辞退した。

  • He re-enlisted, marrying a woman he met on his second tour, and was part of the initial

    再入隊した彼は、2回目の遠征で出会った女性と結婚し、初期の

  • invasion of Iwo Jima.

    硫黄島への侵攻。

  • But no hero is immortal, and after a heroic battle that helped the American forces break

    しかし、どんな英雄も不滅ではなく、アメリカ軍の打開に貢献した英雄的な戦いの後には

  • through the Japanese defenses on the beach, Basilone was cut down on Iwo Jima.

    硫黄島では、バジロンが日本軍の防衛線を突破して敗退した。

  • His story was immortalized in the TV seriesThe Pacific”.

    彼の物語は、テレビシリーズ「The Pacific」で不朽のものとなった。

  • The next hero became a household name in more ways than one.

    次のヒーローは、いろいろな意味で有名になりました。

  • #2.

    #2.

  • Audie Murphy

    オーディ・マーフィー

  • Audie Murphy didn't look like much.

    オーディ・マーフィーは、あまり似ていなかった。

  • When Pearl Harbor was attacked, he was a skinny sixteen-year-old determined to do his part.

    パールハーバーが攻撃されたとき、彼は自分の役割を果たすことを決意した痩せた16歳だった。

  • He was only able to enlist with the help of forged documents by his older sister, and

    姉の偽造書類の助けを借りて入隊することができただけであり

  • even then he was nearly kicked out for being too scrawny.

    しかし、その時は痩せすぎで追い出されそうになりました。

  • But from the moment he set foot in Europe during the 1943 invasion of Sicily, he became

    しかし、1943年のシチリア島への侵攻の際にヨーロッパに足を踏み入れた瞬間から、彼は

  • a military dynamo.

    軍事的なダイナモである。

  • He killed two Italian officers soon after his first deployment, fought off a German

    初出動後すぐにイタリア人将校2名を殺害し、ドイツ人を撃退した。

  • unit with hand grenades, and was promoted to sergeant only months after seeing combat.

    手榴弾を使った部隊で、戦闘に参加してからわずか数ヶ月で軍曹に昇進しました。

  • But the war would take its toll on this tiny soldier.

    しかし、この小さな兵士にも戦争の影響は及んでいた。

  • He was frequently sick, even coming down with malaria, but he defied doctors' orders and

    頻繁に病気になり、マラリアにかかったこともあったが、医者の指示を無視して

  • continued to go on scouting patrols.

    偵察のためのパトロールを続けていました。

  • His small size helped him out when he was able to crawl close enough to a german tank

    小柄な体格を活かして、ドイツ軍の戦車の近くまで這っていくことができた。

  • to blow it up with grenades.

    を使って手榴弾で爆破する。

  • By the end of the war, he had received every single US military combat award for valor

    終戦時には、米軍の戦闘での武勇賞をすべて受賞していました。

  • - including the Medal of Honor for his one-man stand against a whole company of German soldiers

    - ドイツ軍の中隊に一人で立ち向かって名誉勲章を授与されるなど

  • only months before the war ended.

    終戦のわずか数ヶ月前のことである。

  • But the end of the war wouldn't be the last people heard of Audie Murphy - he went on

    しかし、戦争が終わっても、オーディ・マーフィーの名は語り継がれることはなく、彼は次のように語っている。

  • to become a successful actor, working in Hollywood for over twenty years before his shocking

    俳優として成功し、20年以上もハリウッドで活躍していましたが、ショックを受けました。

  • death in a plane crash.

    飛行機の墜落事故で亡くなった。

  • But no soldier was more dedicated to the military life than this one.

    しかし、これほどまでに軍人生活に徹した兵士はいなかった。

  • #1.

    #1.

  • Adrian Carton de Wiart

    エイドリアン・カートン・ドゥ・ウィアート

  • The son of Belgian and Irish parents, Carton de Wiart joined the British Army when he was

    ベルギー人とアイルランド人の両親を持つカートン・ドゥ・ヴィアートは、幼少時に英国陸軍に入隊しました。

  • only twenty years old, and was quickly sent off to the Second Boer War in South Africa.

    僅か20歳で、すぐに南アフリカの第二次ボーア戦争に駆り出された。

  • His stay was brief - he was shot in the stomach and sent home.

    腹を撃たれて帰国した。

  • His father was shocked to learn his son had enlisted in the military instead of finishing

    父は、息子が卒業せずに入隊したことにショックを受けていた。

  • college, but he wouldn't be deterred - as soon as he was healed, he returned to South

    しかし、彼は挫折することなく、治癒するとすぐに南カリフォルニアに戻ってきました。

  • Africa and became a second lieutenant.

    アフリカでは、少尉になりました。

  • He travelled the world and married after the war - until the First World War broke out,

    戦後、第一次世界大戦が勃発するまでは、世界中を旅し、結婚もしていた。

  • and he quickly returned to combat.

    と言って、すぐに戦闘に復帰した。

  • This time, his heroism cost him an eye, but earned him the Victoria Cross for his heroism

    この時は、彼の英雄的行為により片目を失いましたが、ヴィクトリア・クロスを獲得しました。

  • in leading his battalion while wounded and under fire.

    負傷しながらも大隊を率いて銃撃を受けた。

  • Adrian Carton de Wiart was pushing forty, but he wasn't done.

    Adrian Carton de Wiartは40歳を過ぎていたが、まだ終わっていなかった。

  • He worked as a diplomat following the war, being stationed in Poland - which in 1939

    戦後、彼は外交官としてポーランドに駐在したが、ポーランドは1939年に

  • became ground zero for the outbreak of World War Two.

    第二次世界大戦勃発のグラウンドゼロとなった。

  • Now almost sixty years old and having given an eye for his country, no one would have

    60歳になろうとしている今、国のために目を捧げたことは誰にもわからない。