Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • He was one of the fastest men alive, who made it from a humble beginning to the Olympics.

    彼は、地味なスタートからオリンピックに進出した、世界最速の男の一人です。

  • But when World War II came around, could this athlete turned war hero outrun death itself?

    しかし、第二次世界大戦が始まると、スポーツ選手から戦争の英雄になった彼は、死を乗り越えられるのか?

  • This is the story of Louis Zamperini, and what would come to be known as the Miracle

    これは、ルイ・ザンペリーニの物語であり、後に「奇跡」と呼ばれるようになるものです。

  • on the Pacific.

    太平洋上の

  • Zamperini's story began in 1917, in a humble New York residence populated by two Italian

    ザンペリーニの物語は、1917年、2人のイタリア人が住んでいたニューヨークの質素な家から始まりました。

  • immigrants who spoke no English.

    英語を話せない移民の人たち。

  • Louis had an older brother named Pete and two younger sisters, but from an early age

    ルイにはピートという兄と2人の妹がいましたが、幼い頃から

  • he tended to run into trouble.

    彼はトラブルに巻き込まれがちだった。

  • His strict Catholic parents kept a close eye on him, but Louis had a tendency to get into

    厳格なカトリック教徒の両親は彼に目を光らせていましたが、ルイはその傾向が強かったのです。

  • danger.

    の危険性があります。

  • Not only did he frequently scrap with bullies who picked on him for his Italian accent,

    イタリア語訛りを理由にしたいじめにもよく遭っていた。

  • but he once got nabbed by the police for stealing a beer.

    しかし、彼はビールを盗んで警察に捕まったことがある。

  • And then there was the time he nearly died in a house fire before the family's move

    また、引っ越し前の家の火事で死にかけたこともありました。

  • to California, and the time he nearly died by falling into an oil rig.

    カリフォルニアに行ったこと、石油掘削装置に落ちて死にかけたことなど。

  • It was clear something needed to change - and the answer turned out to be sports.

    何かを変えなければならないことは明らかで、その答えがスポーツだったのです。

  • His father taught Louis to box, and soon he was punching back at his bullies and winning

    彼の父親はルイにボクシングを教え、すぐに彼はいじめっ子にパンチを返し、勝利を収めました。

  • just about every fight - but he maybe enjoyed it a little too much.

    しかし、彼はそれを楽しみすぎていたのかもしれません。

  • It wasn't going to keep him out of trouble, especially as he entered high school.

    特に高校に入ってからは、トラブルに巻き込まれないようにすることはできませんでした。

  • But his older brother Pete had another idea.

    しかし、兄のピートには別の考えがあった。

  • A star on the track team, he brought Louis on board - which may not have been the best

    陸上部のスターだったルイを仲間に引き入れたのは、ベストではなかったかもしれない。

  • thing for his own athletic prospects.

    自分のスポーツの将来性を考えてのことだと思います。

  • It turned out Louis was fast.

    その結果、ルイのスピードが速いことがわかった。

  • Very fast.

    とても速いです。

  • Instead of outrunning the cops, the younger Zamperini brother was soon outrunning the

    弟のザンペリーニは、警官から逃げるのではなく、すぐに警察から逃げ出しました。

  • competition by the end of his freshman year.

    1年目の終わりには競技会に参加していました。

  • He was soon undefeated, taking down his own brother's records and setting all-time bests

    すぐに無敗になり、実兄の記録を破り、歴代最高記録を更新した。

  • for the mile.

    マイルのために

  • He wound up getting a scholarship to the University of Southern California where he became a track

    奨学金を得て南カリフォルニア大学に進学し、陸上競技の選手として活躍しました。

  • star - but a far bigger spotlight for his running skills was beckoning.

    しかし、彼のランニングスキルには、より大きなスポットライトが当てられることになった。

  • It was 1936, and America's best athletes were about to enter the biggest spotlight

    1936年、アメリカの最高のアスリートたちが最大のスポットライトを浴びようとしていた。

  • possible.

    が可能になります。

  • Zamperini qualified for the Berlin Olympics on one of the hottest days of the year in

    ザンペリーニがベルリン・オリンピックの出場権を獲得したのは、その年の最も暑い日の一つであった。

  • New York, in a race that saw many other racers collapse due to the triple-digits heat.

    3桁の暑さで倒れてしまう選手が続出したニューヨークでのレース。

  • To this day, he's the youngest American to qualify for the 5,000 meter race.

    今日に至るまで、5,000メートルレースの予選を通過したアメリカ人最年少記録を保持しています。

  • While he didn't win the race, coming in eighth, his final lap shocked the world with

    レースでは8位と優勝は逃したものの、そのファイナルラップは世界に衝撃を与えました。

  • a stunning fifty-six second time, even getting the attention of the leader of their host

    驚異的な56回目の優勝を果たし、ホスト国のリーダーの目にも留まりました。

  • nation.

    の国になります。

  • And that's how Louis Zamperini met Adolf Hitler, with the German dictator insisting

    ルイ・ザンペリーニがアドルフ・ヒトラーと出会ったのも、このような経緯があったからです。

  • on a personal meeting.

    個人的なミーティングで

  • The Olympics were over, but Hitler and the war he would help launch would cast a long

    オリンピックは終わりましたが、ヒトラーと彼が引き起こす戦争は、長い間、私たちに影響を与え続けました。

  • shadow over Zamperini's life.

    ザムペリーニの人生に影を落とした。

  • Zamperini returned to college, setting a national record for the fastest collegiate mile, but

    ザンペリーニは大学に復帰し、大学最速のマイルの全米記録を樹立しましたが

  • tensions were ramping up around the world, and it was clear war was coming.

    世界的に緊張が高まり、戦争が起こることは明らかだった。

  • The man nicknamed theTorrance Tornadodidn't want to wait for war to break out

    トーランス・トルネード」と呼ばれた男は、戦争の勃発を待たずに

  • and potentially get drafted, so in September 1941 he enlisted in the Army Air Force.

    徴兵される可能性もあったので、1941年9月に陸軍航空隊に入隊しました。

  • Like his running career, he blazes his way through the ranks and was a Second Lieutenant

    ランニングと同じように、自分の道を切り開き、少尉になった。

  • by the time he was sent to the island nation of Tuvalu as part of the crew on the B-24

    B-24の乗組員としてツバルに派遣されたときには

  • bomber Super Man.

    bomber スーパーマン

  • Zamperini was already a sports star - but he was about to become a hero.

    スポーツ界のスターだったザンペリーニは、ヒーローになろうとしていた。

  • He was soon assigned to the role of bombardier as the US military moved against the Japanese-held

    彼はすぐに爆撃機の役割を担うようになり、米軍が日本軍の占領下にある

  • island of Nauru.

    ナウル島

  • The crew pulled off a successful raid, but the consequences were severe.

    襲撃は成功したが、その結果は厳しいものだった。

  • The bomber took heavy damage when they were attacked by three Japanese Zero warplanes,

    日本の零戦3機の攻撃を受けて、爆撃機は大きなダメージを受けました。

  • with over five hundred holes shot into the ship's hull.

    その結果、船体には500個以上の穴が開いた。

  • The crew didn't escape unscathed either, with Zamperini losing one man and helping

    乗組員も無傷では済まず、ザンペリーニは一人を失い、二人を助けた。

  • to save the lives of four others, who were wounded in the assault.

    襲撃で負傷した4人の命を救うために。

  • Super Man's days as a bomber were over, but Zamperini's World War II battle was

    スーパーマンの爆撃機としての日々は終わったが、ザンペリーニの第二次世界大戦での戦いは

  • just beginning.

    始まったばかりです。

  • Zamperini and the rest of his crew were transferred back to Hawaii and assigned to a new bomber,

    ザンペリーニをはじめとする乗組員たちは、再びハワイに移送され、新しい爆撃機に配属された。

  • the Green Hornet.

    the Green Hornet。

  • But there were already rumbles around the base that this bomber had a history of mechanical

    しかし、すでに基地内では、この爆撃機には機械的な問題があるという噂が流れていた。

  • difficulties.

    の難しさを感じます。

  • That didn't stop the brass from sending it out on a search-and-rescue mission to look

    しかし、お偉いさんたちは、そのようなことには目もくれず、「これは何だ?

  • for a lost aircraft and its crew.

    墜落した航空機とその乗組員のために

  • It was May 27th, 1943, and the Green Hornet was over eight hundred miles from Hawaii when

    1943年5月27日、グリーンホーネットはハワイから800マイル以上離れたところにいました。

  • it encountered mechanical difficulties, crashing into the ocean.

    が機械的なトラブルで海に墜落したのです。

  • All eleven men aboard were declared missing in action.

    搭乗していた11人全員が行方不明になった。

  • After a year with no sign of them, the crew was declared killed in action, and Louis Zamperini

    1年経っても彼らの消息がつかめないまま、乗組員は戦死したと宣言され、ルイ・ザンペリーニは

  • was assumed to be one of the many heroic war dead of World War II.

    は、第二次世界大戦の数多くの英雄的戦死者の一人として想定されていた。

  • But the video's not even half over.

    しかし、動画はまだ半分も終わっていません。

  • So you know there's more to the story.

    だからこそ、ストーリーには続きがあることを知っている。

  • Eight of the eleven crew members of the Green Hornet were killed immediately, but three

    グリーン・ホーネットの11人の乗組員のうち8人は即死したが、3人は

  • survived and managed to get away from the wreckage on life rafts.

    生き残り、救命ボートで残骸から逃げ出すことができました。

  • They were Russell Allen Phillips, Francis McNamara, and Louis Zamperini.

    ラッセル・アレン・フィリップス、フランシス・マクナマラ、ルイ・ザンペリーニの3人である。

  • But while they had survived the crash, their battle was just beginning.

    しかし、墜落を免れた彼らの戦いは始まったばかりだった。

  • They had barely any food and no water - and were surrounded by nothing but salt water.

    食べ物も水もほとんどなく、周りには塩水しかありませんでした。

  • A desperate struggle to survive ensued, with the trio collecting rainwater, catching small

    生きるために必死になって、雨水を集めたり、小さな魚を捕まえたりしていた。

  • fish, and trying to kill any birds that landed on their raft.

    魚はもちろんのこと、イカダに降りてきた鳥も殺そうとする。

  • And if that wasn't enough, they had to survive each other.

    そして、それだけではなく、お互いに生き残らなければならなかった。

  • Tensions rose quickly when McNamara got desperate and ate their meager supply of chocolate,

    マクナマラが自暴自棄になって、わずかにしかないチョコレートを食べてしまったことで、緊張感が一気に高まった。

  • but proved himself an able ally when a shark attacked the boat.

    しかし、サメに襲われたときには味方になってくれました。

  • He grabbed an oar and was able to fend off the massive carnivorous fish - but alas, the

    オールを手にした彼は、巨大な肉食魚を撃退することができましたが、残念なことに

  • shark didn't have an oar allergy and they weren't able to capture it for food.

    sharkはオールアレルギーで食用に捕獲できなかったんだよね。

  • As the days dragged on, they developed methods for survival, including using pieces of bird

    日が経つにつれて、彼らは鳥の破片を使ったり、生き延びるための方法を編み出しました。

  • meat as bait to catch fish.

    肉を餌にして魚を釣る。

  • But other dangers awaited, including storms and the constant threat of Japanese war planes

    しかし、暴風雨や日本軍の戦闘機の脅威など、他の危険も待ち受けていた。

  • - several of which strafed the raft with bullets, barely missing them.

    - そのうちのいくつかは、ラフトに銃弾を浴びせて、かろうじて彼らを逃した。

  • But the human body can only take so much.

    しかし、人間の体には限界があります。

  • It had been thirty-three days at sea, with the men surviving on barely any food and whatever

    海の上での33日間、男たちはわずかな食料と何かに頼って生き延びていた。

  • water they could harvest from the sky.

    空から水を汲んでくる。

  • McNamara's body gave out first, succumbing to the brutal conditions.

    マクナマラは、過酷な環境に耐えかねて、先に体を壊してしまった。

  • The two remaining men wrapped his body in whatever they had on hand, pushing it overboard

    残った2人は、手持ちのもので彼の体を包み、船上に押し出した。

  • and giving their fallen comrade a solemn, informal funeral at sea.

    そして、亡くなった仲間を海で厳かに葬った。

  • And with that, the Green Hornet's crew was down to two.

    これで、グリーンホーネットのクルーは2人になった。

  • It would be forty-seven days before Zamperini and Phillips would see another soul - but

    ザンペリーニとフィリップスが他の魂と出会うのは47日後のことである。

  • it wouldn't be a rescue.

    と言ってしまうと、救助にならない。

  • The two survivors washed ashore the Marshall Islands, but the small country was currently

    生存者2名はマーシャル諸島に漂着しましたが、この小さな国は現在

  • under Japanese military occupation, and the American soldiers were quickly taken into

    日本軍の占領下にあり、アメリカ兵はすぐに連行されて

  • custody.

    を保管します。

  • They were immediately subjected to the hospitality of the Japanese empire - notorious for its

    彼らはすぐに、日本帝国のおもてなしを受けた。

  • harsh beatings and interrogations, often in violation of international laws governing

    過酷な殴打や尋問は、しばしば国際法に違反しています。

  • the treatment of POWs.

    捕虜の扱いについて

  • But they hadn't been classified as POWs.

    しかし、彼らは捕虜として分類されていなかった。

  • And their toughest battle was just beginning.

    そして、彼らの厳しい戦いは始まったばかりだった。

  • It was just over a month when Zamperini and Phillips were transferred from the Marshall

    ザムペリーニとフィリップスがマーシャルから移籍してきたのは、ちょうど1ヶ月後のことだった。

  • Islands to Japan, where they were taken to the notorious Ofuna camp near Yokohama.

    日本に到着した彼らは、横浜近郊の悪名高い大船収容所に入れられた。

  • This camp wasn't for standard Prisoners of War - it was for high-value prisoners,

    この収容所は通常の捕虜ではなく、価値の高い捕虜のためのものだった。

  • typically officers and those like pilots and submarine crew who had in-depth knowledge

    将校をはじめ、パイロットや潜水艦の乗組員など、深い知識を持った人たち。

  • of military technology.

    軍事技術の

  • Japan kept this facility mostly off the books, not classifying it as a prisoner camp and

    日本はこの施設を捕虜収容所として分類せず、ほとんど記録に残していませんでした。

  • even denying access to the International Red Cross.

    国際赤十字へのアクセスも拒否されました。

  • While the official Japanese position was that it was only a temporary holding facility,

    日本の公式見解は「一時的な収容施設に過ぎない」というものだった。

  • the reality under its brutal commander, Yokura Sashizo, was very different.

    しかし、横暴な指揮官・横倉斉蔵の下での現実は全く違っていた。

  • Life at Ofuna had one goal - to break down its captives.

    大船の生活の目的はただ一つ、囚われの身を崩すことだった。

  • The first hardship was solitary confinement - of an unusual kind.

    第一の苦難は、異例の独房生活である。

  • Captives were housed in individual cells and talking was strictly forbidden.

    捕虜は個別の房に収容され、会話は厳しく禁じられていた。

  • Wait, who would they talk to if they were in solo cells?

    待って、もし彼らが独房にいたら誰と話すんだろう?

  • Under the strict supervision of the guards, even talking to themselves was forbidden.

    警備員の厳しい監視のもと、独り言も禁止されていた。

  • The cells were bare, with no blankets and only the clothes on their back, Meals consisted

    独房は裸で、毛布もなく、背中に着ている服だけで、食事は構成されていました。

  • of only a small portion of rice and soup.

    ごはんとスープを少しずつしか食べられないこと。

  • The closest thing to recreation allowed was sitting on the outside of the cell, staring

    許された最も身近な娯楽は、独房の外に座ってじっと見ていることだった。

  • straight ahead.

    真っ直ぐ進む。

  • But when the interrogations began, boredom would have been welcome.

    しかし、いざ尋問が始まると、退屈しのぎにはもってこいだった。

  • Inmates were frequently beaten and hit with wooden clubs, both during interrogation and

    収容者は、尋問の際にも、木の棒で殴られることも頻繁にありました。

  • for the slightest infraction.

    些細な違反行為でも

  • Guards taunted inmates that everyone thought they were dead and no one was coming for them.

    看守は、「みんな死んだと思っているから、誰も来ないよ」と受刑者をなじる。

  • Another tactic was threatening executions - soldiers were told that they would be shot

    もう一つの戦術は、処刑を予告することで、兵士たちは「銃殺される」と言われた。

  • immediately if they didn't answer questions.

    質問に答えてくれないとすぐに

  • Six inmates died at the camp, leading to the commander eventually being brought up on war

    6人の収容者が死亡し、最終的には指揮官が戦地に赴くことになった。

  • crimes charges after the war.

    戦後になって犯罪の容疑がかかってきました。

  • Zamperini spent over a year at Ofuna, but his fight was far from over.

    ザンペリーニは、大船渡で1年以上を過ごしたが、彼の戦いはまだ終わっていなかった。

  • He would be shuffled around to other camps, including Tokyo's Omori, before being sent

    彼は東京の大森を含む他のキャンプを転々とした後、送られることになった。

  • to his final destination - Naoetsu, a brutal camp in northern Japan.

    そして、最終目的地である直江津の収容所へと向かう。

  • At these two camps, he would meet one of his most implacable enemies - the cruel prison

    この2つの収容所で、彼は最大の敵である残酷な刑務所に出会うことになる。

  • guard Mutsuhiro Watanabe.

    guard 渡辺睦美さん。

  • This notorious Imperial Japanese soldier was nicknamedThe Bird”, and he was famous

    この悪名高い大日本帝国軍人は、「鳥」というニックネームで呼ばれ、有名だった。

  • for the brutal beatings he dealt out to prisoners of war.

    戦争捕虜に残酷な殴打を加えたことでも知られています。

  • Unlike other guards, he didn't seem to care if the people he abused made it out alive

    他の警備員と違って、自分が虐待した人が生きて帰れるかどうかを気にしていないようだった。

  • - even practicing his judo moves on a man who had just undergone an appendectomy.

    - 盲腸になったばかりの人に柔道の技をかけたこともある。

  • Zamperini was famous - and that was about to come back to haunt him.

    ザンペリーニは有名になったが、そのことが彼を悩ませることになった。

  • As an Olympic hero, Zamperini had high value to his captors, and Watanabe intended to use

    オリンピックのヒーローであるザンペリーニは、捕虜にとって高い価値があり、渡辺はそれを利用するつもりだった。

  • him.

    のようになります。

  • He wanted Zamperini to broadcast a propaganda message condemning the American war effort.

    彼はザンペリーニに、アメリカの戦争を非難するプロパガンダ・メッセージを放送してほしいと考えていた。

  • When Zamperini refused, Watanabe ordered every prisoner in the camp to take turns beating

    ザンペリーニが拒否すると、渡辺は収容所のすべての囚人に交代で殴るように命じた。

  • him.

    のようになります。

  • Zamperini thought he was free of his tormentor when he was transferred - but the implacable

    ザンペリーニは、転勤したことで自分を苦しめていた人物から解放されたと思っていたが、無慈悲な

  • Watanabe had been promoted to a higher position at Naoetsu, and his torment continued.

    渡辺は直江津で昇進していたが、彼の苦悩は続いていた。

  • As the war dragged on, The Bird's tortures escalated.

    戦争が長引くにつれ、バードの拷問はエスカレートしていった。

  • The sadistic commander enjoyed having a celebrity under his control, and the torture often resembled

    サディスティックな指揮官は、有名人を自分の支配下に置くことを楽しんでおり、その拷問はしばしば

  • a game.

    ゲームです。

  • Once, he forced the weak and malnourished Louis to race against a camp guard, beating

    また、栄養失調で弱っていたルイをキャンプの警備員と競わせて倒したこともありました。

  • him for losing.

    負けてしまったからです。

  • Late in the war, he punished him by forcing him to hold a heavy beam over his head, threatening

    戦争末期には、重い梁を頭上に抱えさせて脅すという罰を与えた。

  • to shoot him if he dropped it.

    落としたら撃つぞ」と言っていた。

  • But Louis didn't drop it.

    しかし、ルイはそれを落とさなかった。

  • He didn't break, staring straight ahead at Watanabe until the mad guard lost his mind,

    狂った警備員が正気を失うまで、渡辺を真っ直ぐに見つめていた。

  • attacking his prisoner and beating him viciously.

    と言っていたのですが、その時は囚人を襲って激しく殴っていました。

  • But Zamperini found some light in the darkness.

    しかし、ザンペリーニは暗闇の中に光を見出した。

  • Many other officers were held at the camp, including the famous war hero GregPappy

    他にも多くの将校が収容されていたが、その中には有名な戦争の英雄、グレッグ・"パッピー "も含まれていた。

  • Boyington, and the captives developed a sense of camaraderie.

    ボイントンとの間には仲間意識が芽生えていた。

  • They would talk about what they missed back home, and Zamperini became a popular figure

    故郷の懐かしさを語り合い、ザンペリーニは人気者になっていった。

  • for his tales of his family's old-school Italian recipes.

    とは、彼の家族の昔ながらのイタリア料理のレシピの話です。

  • The men were able to keep their spirits strong as they continued to hope for rescue.

    男たちは、救助を願いながら、強い気持ちを持ち続けていた。

  • And in 1945, it was right around the corner.

    そして1945年には、それがすぐに実現した。

  • American planes soared overhead, and the guards scattered.

    頭上を米軍機が飛び交い、警備員たちは散り散りになった。

  • Zamperini briefly tried to seek out Watanabe for revenge, but his tormenter had already

    ザンペリーニは一時的に渡辺に復讐しようとしたが、彼を苦しめた人物はすでに亡くなっていた。

  • fled the camp.

    はキャンプから逃げ出した。

  • And more than a year after he had been declared dead, Louis Zamperini returned to life, being

    そして、死を宣告されてから1年以上経ってから、ルイ・ザンペリーニは人生を取り戻しました。

  • flown back to the United States to the shock of a grateful nation - including his grieving

    嘆き悲しむ彼を含め、感謝する国民のショックを受けながら、アメリカに帰国しました。

  • parents, who had been told their son was lost over the Pacific.

    息子が太平洋上で行方不明になったと聞かされていた両親。

  • Louis Zamperini's war was over, but he still had battles to fight.

    ルイ・ザンペリーニの戦争は終わったが、彼にはまだ戦いが残っていた。

  • He recovered from his injuries, but was haunted by the torments he experienced.

    怪我からは回復したが、自分が経験した苦悩に悩まされていた。

  • The 47 days he battled to survive on the open sea, and the tortures The Bird and other guards

    外洋で生き延びるために戦った47日間と、バードをはじめとする看守たちの拷問。

  • inflicted on him, haunted him long after the war.

    彼に与えられた傷は、戦後ずっと彼を悩ませた。

  • He found himself having dark nightmares, fantasizing about strangling his captors, and took to

    彼は暗い悪夢を見て、捕虜の首を絞めることを空想していました。

  • alcohol to dull his pain.

    アルコールで痛みを和らげていた。

  • But while he was troubled, he wasn't alone - not anymore.

    しかし、彼は悩んでいても、もう一人ではありませんでした。

  • He had married Cynthia Applewhite only a year after the war, and she was determined to not

    彼は、戦後わずか1年でシンシア・アップルホワイトと結婚したが、彼女は、「このままではいけない。

  • let him sink into despair.

    絶望の淵に立たされた。

  • He found hope in an unexpected place.

    彼は思いがけないところに希望を見出した。

  • Zamperini, now a father of two, was encouraged by his wife to join her at the religious events

    今では2児の父となったザンペリーニは、妻に勧められて宗教行事に参加した。

  • hosted by the famous preacher Billy Graham.

    有名な説教師ビリー・グラハム氏が司会を務めています。

  • He had spent a long time praying during his captivity, and these meetings helped him rediscover

    監禁されていた間、長い時間をかけて祈っていた彼は、この集会で再発見したのです。

  • his faith and let go of his anger.

    怒りの感情を捨て、信念を貫いた。

  • His nightmares slowly went away, and Zamperini found a new purpose.

    悪夢は徐々に消えていき、ザンペリーニは新たな目的を見つけた。

  • He became an evangelist himself, preaching forgiveness, and even went to visit many of

    彼は自ら伝道者となって赦しを説き、多くの人を訪ね歩いたこともあった。

  • the guards who were involved in his captivity.

    囚われの身となっていた警備員たち。

  • One piece of closure, though, would elude him.

    しかし、一つの区切りが彼にはなかった。

  • Watanabe was originally charged with war crimes for his abuse of prisoners, but went into

    渡辺氏は当初、捕虜を虐待したとして戦争犯罪に問われていたが、その後は

  • hiding and was able to avoid capture.

    隠れていたので、捕まることはありませんでした。

  • The charges were dropped in 1952, and Watanabe remained completely unrepentant for the rest

    1952年に告訴は取り下げられたが、渡辺はその後も全く反省していなかった。

  • of his life.

    彼の人生の

  • Almost five decades later, when Zamperini returned to Japan to carry the Olympic torch,

    それから約50年後、ザンペリーニはオリンピックの聖火を運ぶために日本に戻ってきた。

  • he asked to meet with Watanabe to forgive him.

    は、渡辺に会って許してほしいと言った。

  • But Watanabe had no regrets about his treatment of Japan's enemies, and refused to meet

    しかし、渡辺は日本の敵に対する扱いに悔いはなく、会うことを拒んだ。

  • the American war hero.

    アメリカの戦争の英雄である。

  • But this rejection didn't stop Zamperini from living well.

    しかし、この拒絶はザンペリーニが元気に生きることを妨げるものではなかった。

  • He published a memoir, titled Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience,

    彼は「Unbroken」と題した回顧録を出版しました。A World War II Story of Survival, Resilience」と題した回顧録を出版しました。

  • and Redemption, which succeeded beyond his wildest dreams.

    そして、夢のような成功を収めた「リデンプション」。

  • It spent four years on the New York Times best-seller list and a shocking fourteen weeks

    ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに4年間掲載され、14週間という衝撃的な記録を残しました。

  • at number one.

    を1位にしました。

  • And soon, Hollywood came calling.

    そして、すぐにハリウッドから声がかかりました。

  • Angelina Jolie directed, the Coen brothers helped write the screenplay, and Jack O'Connell

    アンジェリーナ・ジョリーが監督を務め、コーエン兄弟が脚本を手伝い、ジャック・オコンネルが

  • starred as Louis Zamperini's story came to the big screen - followed by a sequel that

    が主演し、ルイ・ザンペリーニの物語が映画化され、その後、続編が制作されました。

  • chronicled his religious journey.

    は、彼の宗教的な旅を記録したものです。

  • As for Zamperini himself, he enjoyed fifty-five years of marriage before his wife passed away,

    ザンペリーニ自身は、妻に先立たれた後、55年間の結婚生活を楽しんだ。

  • and lived to the age of 97.

    は、97歳まで生きた。

  • His death in 2014 came seventy years after he was first declared dead in World War II

    2014年の彼の死は、第二次世界大戦で初めて死亡宣告を受けてから70年後のことでした。

  • - one more record he set before he went to his reward, for outrunning the grim reaper

    - 報酬を得る前に、死神を追い越すために、もう一つの記録を作った。

  • for seven decades.

    70年の歴史があります。

  • For the story of another of America's greatest war heroes, check outThe Insanely Crazy

    もう一人のアメリカの偉大な戦争の英雄の物語については、「The Insanely Crazy」をご覧ください。

  • Story of a Tiny Soldier”, or watch this video instead.

    STORY OF A TITTLE SOLDIARY」、またはこちらのビデオをご覧ください。

He was one of the fastest men alive, who made it from a humble beginning to the Olympics.

彼は、地味なスタートからオリンピックに進出した、世界最速の男の一人です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ルイ 捕虜 収容 戦争 乗組 日本

海の上で4ヶ月間生き延びた兵士 - 太平洋の奇跡 (Soldier Surviving 4 Months at Sea - Miracle on the Pacific)

  • 12 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 28 日
動画の中の単語