Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When most people think of a three-digit spy, 007 comes to mind - the super famous, and

    3桁のスパイといえば、多くの人が「007」を思い浮かべますが、これは超有名で

  • super fictional, James Bond.

    スーパーフィクション、ジェームズ・ボンド。

  • However, there is a historic spy that also went by a three number code, Agent 355: a

    しかし、同じくスリーナンバーコードを使っていた歴史的なスパイ、エージェント355がいます。

  • spy so good at staying hidden from the enemy that to this day, we still don't know who

    スパイは敵から隠れるのが上手なので、今でも誰が犯人なのかわからないのです。

  • she is.

    彼女は

  • Craziest of all?

    最もクレイジーなのは?

  • She operated at a time when women were basically considered property and barely had the opportunity

    女性が基本的に所有物として扱われ、ほとんど機会がなかった時代に活動していました。

  • or rights to do much of anything.

    また、多くのことをする権利もありません。

  • Agent 355 was a female spy who worked during the American Revolution; and she may be one

    エージェント355は、アメリカ独立戦争時に活躍した女性スパイであり、彼女もその一人かもしれません。

  • of the top reasons that the US won its independence.

    は、アメリカが独立を勝ち取った理由の上位に挙げられています。

  • The year is 1778.

    時は1778年。

  • The Declaration of Independence was signed two years ago, epically pissing off King George

    独立宣言は2年前に署名され、ジョージ王を激怒させた。

  • III and the Loyalists who wished the US to remain loyal to England.

    3世と、アメリカがイングランドに忠誠を誓うことを望むロイヤリストたちがいた。

  • However, the outcome of the war was far from certain at this point.

    しかし、この時点では、戦争の結果はほとんど決まっていなかった。

  • In fact, any betting man around the world could be forgiven for laying greater odds

    実際、世界中の賭博師が、より大きなオッズを賭けてもおかしくない。

  • on a British win.

    イギリスの勝利に

  • Though George Washington was a great commander, and the Patriots clamored for independence,

    ジョージ・ワシントンは偉大な指揮官であり、パトリオットは独立を叫んでいたが。

  • the US army was inexperienced and disorganized, especially compared to the war machine of

    米軍は経験不足で無秩序だったが、日本の戦力に比べれば格段に優れていた。

  • the British Army and Navy.

    イギリス陸軍と海軍の

  • At that point, England had used its military might to take over a huge chunk of the world

    その時点で、イギリスは軍事力を駆使して世界の大部分を支配していた。

  • - they couldn't have been too afraid of a group of American rebels in the beginning.

    - 最初からアメリカ人の反乱軍を恐れていたわけではない。

  • What made battles harder was the fact that, even within the colonies, not everyone agreed

    また、植民地内でも意見が分かれていたことも、戦いを難しくしていました。

  • with American independence.

    アメリカの独立とともに

  • About 45% of the white population supported the Patriots, but about 15-20% supported loyalty

    白人の約45%が愛国者を支持していたが、約15~20%が忠誠を支持していた

  • to the British Crown.

    を英国王室に提出しました。

  • The last 35-40% were undecided.

    最後の35~40%は未定でした。

  • They probably chose to hang back and talk endlessly about howboth sides are the

    彼らはおそらく、「どっちもどっち」という話を延々とすることを選んだのでしょう。

  • same so why do anythingand then complain endlessly on Facebook about whoever ended

    と言って、Facebookで延々と文句を言っている人がいます。

  • up winning.

    勝利のために

  • Thankfully this kind of citizen apathy regarding leadership doesn't really happen anymore.

    幸いなことに、このようなリーダーシップに対する市民の無関心は、今ではあまり見られなくなりました。

  • In any case, the might of British military forces made information gathering, especially

    いずれにしても、イギリス軍の強大な戦力により、情報収集、特に

  • on the American side, crucial to gaining an upper hand.

    優位に立つためには、アメリカ側での活動が不可欠です。

  • And who better to gather information than a network of spies.

    情報収集には、スパイのネットワークが最適である。

  • Thus, the Culper Spy Ring was formed, operating mainly in New York and Connecticut from 1778

    こうしてカルパー・スパイ・リングが形成され、1778年からニューヨークとコネチカットを中心に活動した。

  • to 1780.

    から1780年まで。

  • The ring was headed by Benjamin Tallmadge, General George Washington's intelligence

    このリングを率いていたのは、ジョージ・ワシントン将軍の諜報部員であるベンジャミン・タルマッジでした。

  • chief.

    のチーフです。

  • Washington ordered that the identities of the spies be so secure, that not even he himself

    ワシントンは、自分でさえもスパイの身元を確認できないようにした。

  • should know who they were.

    は、彼らが誰であるかを知るべきだ。

  • Just as celebrities trust friends from back home in their entourage, Tallmadge gathered

    芸能人が故郷の友人を側近にするように、Tallmadgeも故郷の友人を集めました。

  • most of the informants from his hometown of Setauket, Long Island to form the spy ring.

    彼の故郷であるロングアイランドのセトーケットから、ほとんどの情報提供者を集めてスパイ組織を作った。

  • He initially chose a man named Abraham Woodhull as his top agent, but Woodhull's frequent

    彼は当初、エイブラハム・ウッドハルという人物をトップエージェントに選びましたが、ウッドハルは頻繁に

  • trips from outer Long Island to Manhattan attracted the attention of British intelligence.

    ロングアイランドの外側からマンハッタンへの旅は、イギリスの諜報機関の注目を集めた。

  • So Woodhull instead nominated a relative of his living in a Manhattan boarding house for

    そこでウッドハルは、マンハッタンの下宿に住む親戚を指名して

  • the job - Robert Townsend.

    仕事 - ロバート・タウンゼント

  • Woodhull's nickname was Samuel Culper, Sr., and Townsend's became Samuel Culper, Jr.

    ウッドハルのニックネームは「サミュエル・カルパー、シニア」、タウンゼントのニックネームは「サミュエル・カルパー、ジュニア」となった。

  • You may have believed that more exotic codenames exist in the world of spies, but unfortunately,

    スパイの世界にはもっとエキゾチックなコードネームが存在すると信じていたかもしれませんが、残念ながら

  • Octopussylied to you.

    "Octopussy "はあなたに嘘をつきました。

  • The Culper Ring grew, and using some nifty new inventions of the time, including invisible

    カルパー・リングは成長し、目に見えないものを含めた当時の最新の発明品を使って

  • ink, managed to get countless intelligence messages to revolutionary military leaders.

    インクは、革命軍のリーダーに無数の情報メッセージを伝えることができた。

  • The ring was doing excellent work with gathering intelligence on the British Navy from careless

    リングは、不注意から英国海軍の情報を収集するという優れた仕事をしていた。

  • conversations and tips, but unfortunately, they had almost no luck penetrating the British

    しかし、残念ながら、彼らはイギリス人にはほとんど通じませんでした。

  • Army.

    陸軍です。

  • Perhaps the army drank less.

    軍隊が飲む量が減ったのかもしれない。

  • We're joking….it was British men in the 1700s, we're sure everyone drank plenty.

    冗談です。....、1700年代のイギリス人男性は、みんなたくさん飲んでいたと思います。

  • Amid these frustrations, Woodhull had an idea.

    そんな不満の中、ウッドハルはあることを思いついた。

  • He wrote in a letter to Tallmadge, “I intended to visit 727 before long and think by the

    彼はTallmadgeに宛てた手紙の中で、「近いうちに727を訪れるつもりだったし、その時に考えた。

  • assistance of a 355 of my acquaintance, shall be able to outwit them all.”

    私の知り合いの355人の助けを借りれば、彼ら全員を出し抜くことができるだろう」。

  • Contrary to what you may think, this wasn't Woodhull having a stroke on paper.

    案外、これはウッドハルが紙の上で発作を起こしたのではない。

  • Woodhull frequently used codes from Tallmadge's code book to communicate with him.

    ウッドハルは、トールマッヂのコードブックに書かれたコードを頻繁に使って、彼とコミュニケーションをとっていた。

  • 727 was code for New York.

    727はニューヨークのコードでした。

  • 355 was code forlady”.

    355は "Lady "のコードでした。

  • Woodhull did not disclose who his female contact was.

    ウッドハルは、女性の連絡先を明らかにしなかった。

  • And in fact, to this day, we do not know for sure, though many people have educated guesses

    そして実際、今日に至るまで、多くの人が経験的に推測しているものの、はっきりとは分かっていません。

  • based on research.

    研究に基づいています。

  • However, one thing was for certain; she gathered British Army intelligence better than any

    しかし、一つだけ確かなことは、彼女は誰よりも英国陸軍の情報を集めていたということです。

  • man before her.

    男が目の前にいる。

  • Even though this is the only direct written reference to 355, it became clear she was

    これが355の唯一の直接的な記述であるにもかかわらず、明らかに彼女は

  • not a one-time help or casual informant for the Revolutionary Army.

    革命軍の一過性の手助けやカジュアルな情報提供者ではない。

  • Woodhull disclosed in a later document that 355 wasone who hath been ever serviceable

    ウッドハルは後の文書で、355は「今まで役に立ってくれた人」だと明かしている。

  • to this correspondence”, indicating a long-term involvement with the spy ring on the mystery

    この通信簿には」と、謎のスパイ組織との長期にわたる関わりを示しています。

  • woman's part.

    女性の部分です。

  • Within two months after the first mention of contacting Agent 355, detailed intelligence

    エージェント355に接触したという話が出てから2ヶ月も経たないうちに、詳細な諜報活動が行われた。

  • reports regarding British Army officers were coming in non-stop to Washington's headquarters

    ワシントン本部には、イギリス軍の将校に関する情報が次々と寄せられていた。

  • in Newburgh, New York.

    ニューヨーク州ニューバーグにて

  • Most of the information seemed to regard Major John Andre, the chief of British intelligence.

    情報の多くは、英国情報部の責任者であるジョン・アンドレ少佐に関するものだった。

  • Agent 355 must have had close access to him, as the reports seemed to become sparer and

    エージェント355は、彼と密接に連絡を取っていたのでしょう、報告書の内容がより控えめになり

  • less detailed between December of 1779 and May of 1780, when Major Andre left New York

    1779年12月からアンドレ少佐がニューヨークを離れる1780年5月までの間、詳細は不明。

  • for Charleston.

    for Charleston。

  • However, when Andre returned, the information flowed as easily as before.

    しかし、アンドレが戻ってきたときには、以前のように簡単に情報が流れるようになっていた。

  • In fact, the Revolutionary Army was about to get one of the biggest scoops of the war,

    実は、革命軍はこの戦争で最大のスクープを手に入れようとしていた。

  • and uncover a traitor whose name lives on in infamy.

    そして、悪名高き裏切り者の正体を暴く。

  • In the spring of 1780, Washington received his most alarming report from Agent 355: an

    1780年の春、ワシントンはエージェント355から最も憂慮すべき報告を受けた。

  • American general isin compact with the enemy”.

    アメリカの将軍は「敵とコンパクトになっている」。

  • The British planned to use him to capture West Point; even then, the most important

    英国は彼を使ってウェストポイントを攻略するつもりだったが、それでも最も重要なのは

  • military fort in America.

    アメリカの軍事要塞。

  • For those who stayed awake in their high school US history class, you might already suspect

    高校のアメリカ史の授業で寝ずにいた人は、すでに疑っているかもしれない。

  • that shortly after this message, General Benedict Arnold gained command of West Point.

    このメッセージの直後に、ベネディクト・アーノルド将軍がウェスト・ポイントの指揮権を獲得した。

  • Arnold was negotiating with British intelligence officer Major Andre to surrender the famed

    アーノルドは、イギリスの諜報員アンドレ少佐と交渉して、有名な

  • military academy site for money.

    military academy site for money

  • See, Arnold and Andre knew each other through Arnold's wife, Peggy Shippen.

    アーノルドとアンドレは、アーノルドの妻であるペギー・シッペンを通じて知り合いだった。

  • In historical accounts, Shippen is described as anold Philadelphia theater friend

    史実では、シッペンは "フィラデルフィアの古い演劇仲間 "と表現されている。

  • of Andre's.

    のアンドレの

  • We don't know if this means that they liked to attend theatrical plays often, or that

    演劇が好きでよく観劇していたということなのか、それとも

  • they spent high school putting on off-key renditions of the 18th-century's “Les

    彼らは高校時代、18世紀の「Les」を音程を外して演奏していました。

  • Mizequivalent for tired parents, but either way, their connection was solid enough to

    疲れている両親のために「Miz」に相当するものを用意しましたが、いずれにしても二人のつながりはしっかりしていて

  • enable treason.

    反逆を可能にする。

  • Tallmadge warned the governor of Connecticut, who supplied West Point, tobe guarded

    トールマージは、ウェストポイントを提供しているコネチカット州の知事に、"be guarded "と警告した。

  • against some unexpected stroke, and know that the enemy probably already knew of American

    想定外の攻撃に備えて、敵はすでにアメリカの情報を知っているだろうと思っていた。

  • forces and supply lines in the area.

    この地域の軍と補給線を

  • None other than Alexander Hamilton, of Lin-Manuel Miranda fame of course, revealed that during

    リン=マヌエル・ミランダでお馴染みのアレキサンダー・ハミルトン氏が、次のように述べています。

  • the summer of 1780, the American side continued to intercept letters between Andre and Arnold

    1780年の夏、アメリカ側はアンドレとアーノルドの間の手紙の傍受を続けていた。

  • thanks to their spy.

    スパイのおかげです。

  • Eventually, in September of 1780, Major Andre was arrested.

    結局、1780年の9月にアンドレ少佐は逮捕された。

  • He confessed to his crimes and was subsequently hanged.

    彼は罪を告白し、その後絞首刑となった。

  • Arnold was notified of Andre's arrest before he got apprehended and quickly fled.

    アーノルドは、アンドレが逮捕される前に逮捕されたことを知らされ、すぐに逃げ出した。

  • Thus, Agent 355's information led to the capture of a senior British intelligence officer,

    こうして、エージェント355の情報は、イギリスの情報機関の幹部の逮捕につながった。

  • as well as the exposure of Arnold's treason, and best of all, prevented West Point from

    アーノルドの反逆を暴くこともできたし、何よりもウェストポイントの攻撃を防ぐことができた。

  • falling into British hands.

    イギリスの手に落ちる。

  • So this leads to the next logical question: who was Agent 355?

    そうなると、次の論理的な問題は、「エージェント355は誰なのか?

  • And how did she manage to access sensitive information from the British Army when almost

    また、彼女はなぜ英国陸軍の機密情報にアクセスできたのでしょうか?

  • no one was able to before?

    今まで誰もできなかったことができるようになったのですか?

  • Many US historians theorize that Agent 355 was a member of a wealthy Loyalist family.

    米国の歴史家の多くは、エージェント355がロイヤリストの裕福な家族の一員であったと説いています。

  • This would have given her easy and privileged access to senior British officers.

    これにより、彼女は英国の上級士官と容易に、かつ特権的に接触することができたのである。

  • Moreover, the fact that “355” translated tolady”, which at that time denoted

    また、「355」が「女性」と訳されていたことは、当時の日本では

  • a certain social class in addition to a gender, reinforced the idea that 355 probably came

    は、性別だけでなく、ある一定の社会階層を持っているということで、「355はおそらく

  • from a rich or socially prominent family.

    富裕層や社会的に著名な家系の出身であること。

  • Another fact many historians seem to agree on is that 355 must have somehow been close

    また、多くの歴史家が一致しているのは、355年には何らかの形で親密な関係があったのではないかということです。

  • to Major Andre.

    アンドレ少佐に

  • After all, secrets flowed freely from 355 when Andre was in town, and seemingly stalled

    アンドレが街にいるときには、355から自由に秘密が流れてきて、一見すると停滞しているように見えたのです。

  • in the few months he was in the South.

    南部にいた数ヶ月の間に、彼は

  • Thus, it's likely that she was getting most of her information from this British officer.

    したがって、彼女はこのイギリス人将校からほとんどの情報を得ていたと思われる。

  • Lending further credence to this theory is the fact that Andre was known to have a weakness

    この説を裏付けるように、アンドレには弱点があることが知られている。

  • for women.

    女性のための

  • Not necessarily in the lewd way you just thought of, though he was considered the most eligible

    今思いついたような淫靡な意味ではなく、彼は最も適任だと考えられていましたが

  • bachelor in New York at the time - equivalent to today's “Sexiest Man Alive”, we presume.

    当時のニューヨークの独身男性は、現在の "Sexiest Man Alive "に相当するのではないでしょうか。

  • It's more that he underestimated women's capacity for doing…..well….much of anything,

    というよりも、女性の能力を過小評価していたのです。.....well....much,

  • really.

    と言っています。

  • For example, in 1777, the British were occupying Philadelphia and Andre held a top secret meeting

    例えば、1777年、イギリスがフィラデルフィアを占領していたとき、アンドレは極秘の会議を開いた。

  • in the Darragh house, where he was temporarily quartered.

    一時的に滞在していたダラーグの家で。

  • Housewife Lydia Darragh snuck up the stairs and simply listened in at the door - that's

    主婦のLydia Darraghは、階段を忍び上がり、ドアの前でただ聞いていただけだった。

  • how lax his sense of security was around women - then reported back to George Washington

    彼の女性に対する警戒心のなさを、ジョージ・ワシントンに報告した。

  • that the British Army was about to attack.

    イギリス軍が攻めてくるという情報を得た。

  • When Andre and his men started their offensive, it quickly became obvious that Washington

    アンドレたちが攻撃を開始すると、すぐにワシントンの存在が明らかになった。

  • had been warned and was well prepared to head off the British Army.

    と警告されていたので、イギリス軍を撃退するための準備は万全だった。

  • Enraged, Andre questioned every single member of the Darragh household to see who could

    激怒したアンドレは、ダラーグ家の全員に、誰ができるかを聞き出した。

  • have delivered the message.

    がメッセージを伝えました。

  • Every single member...except Lydia.

    メンバー全員が...リディアを除いて。

  • You see, after his questioning, Andre was sure that the Darragh family shared his Loyalist

    尋問の結果、アンドレはダラーグ家が彼のロイヤリストと同じであると確信したのです。

  • views, so he saw no need to question Lydia as he believed wives all held the same political

    彼は、妻たちが皆同じ政治的見解を持っていると信じていたので、リディアに質問する必要はないと考えていました。

  • views as their husbands.

    夫と同じように考えています。

  • No, seriously, that's what he thought.

    いや、真面目な話、彼はそう思っていた。

  • Clearly he never spoke to the couples who filed for divorce after the 2016 election.

    明らかに彼は、2016年の選挙後に離婚を申請したカップルと話したことがない。

  • However, this general misogyny that existed at that time sometimes worked in female spies'

    しかし、当時存在していたこの一般的なミソジニーは、時に女性スパイに作用した。

  • favors.

    を支持しています。

  • Women weren't generally vetted, checked, or suspected as often as men.

    女性は一般的に、男性のように頻繁に審査されたり、チェックされたり、疑われたりすることはありませんでした。

  • And since many senior officers didn't think much of womens' intellectual abilities,

    また、多くの上級士官は女性の知的能力を高く評価していませんでした。

  • they spoke more freely around them.

    周りの人たちが自由に話してくれるようになりました。

  • There's another theory about Agent 355 as well, though it doesn't necessarily bring

    エージェント355についても別の説がありますが、それは必ずしも

  • us closer to understanding her identity.

    私たちは、彼女のアイデンティティを理解することに近づきます。

  • Many people thought she might have been the aforementioned spy Robert Townsend's common-law

    彼女は前述のスパイ、ロバート・タウンゼントの内縁の妻ではないかと多くの人が考えた。

  • wife.

    の妻です。

  • After Andre's hanging and Arnold's escape, Townsend and several other spies went into

    アンドレが絞首刑になり、アーノルドが逃亡した後、タウンゼントと他の数人のスパイが

  • hiding for a few weeks until everything blew over.

    全てが終わるまで、数週間は隠れていました。

  • When he returned to New York however, the first news he heard via a letter Woodhull

    しかし、ニューヨークに戻った彼が最初に耳にしたニュースは、ウッドハルからの手紙だった。

  • wrote to Tallmadge was of the arrest ofseveral of [their] dear friends”...including 355.

    トールマージへの手紙には、355を含む「親しい友人数人」の逮捕が書かれていた。

  • Furthermore, the rumor was that Agent 355 was pregnant at the time of her arrest.

    さらに、逮捕された時、355番エージェントは妊娠していたという噂もあった。

  • However, brave as always, she refused to crack under questioning, divulging nothing of her

    しかし、彼女はいつものように勇敢で、質問に答えようとせず、自分のことを何も話しませんでした。

  • spying activities, nor even the identity of her child's father.

    スパイ活動はもちろん、子供の父親の身元も明らかになっていない。

  • Townsend's reaction was immediate, emotional, and extreme.

    タウンゼントの反応は、即座に、感情的に、そして極端だった。

  • He went straight to Woodhull's house out in Setauket and swore to immediately stop

    彼はすぐにセタウケットのウッドハルの家に行き、すぐに止めることを誓った。

  • spying and gather as much money as he could by stealing from every business to which he

    スパイ活動を行い、自分が関わったあらゆるビジネスから盗み、できるだけ多くのお金を集めた。

  • had connections, including his own father's.

    は、自分の父親も含めてコネクションを持っていました。

  • Townsend went on to steal 600 pounds in ten days - a value of around $156,000 today.

    タウンゼントはその後、10日間で600ポンド(現在の価値で約15万6千ドル)を盗んだ。

  • Many suspected Townsend might have been amassing money to ransom 355's freedom, and that

    多くの人は、タウンゼントが355の自由を身代金にするための資金を集めていたのではないかと疑っていました。

  • of his possible child.

    彼の子供の可能性の

  • However, a happy ending was not to be for the spy couple.

    しかし、このスパイカップルにはハッピーエンドは訪れなかった。

  • Allegedly, Agent 355 was held on the HMS Jersey in New York harbor, where conditions were

    伝えられるところによると、エージェント355はニューヨーク港のHMSジャージーで開催され、その条件は

  • so terrible most prisoners succumbed to disease or other causes of death within a few months.

    そのため、ほとんどの囚人は数ヶ月のうちに病気などで死亡してしまった。

  • Certain stories relay that Agent 355 died on that ship, but not before giving birth

    ある話では、エージェント355はその船で死んだが、出産前ではなかったとされている。

  • to a baby boy.

    に男の子が生まれました。

  • After her death, by all accounts Townsend spent the rest of his life as a single, depressed

    彼女の死後、タウンゼントは誰が見ても独身の鬱病患者として残りの人生を過ごした。

  • alcoholic.

    alcoholic.co.jp

  • This romantic story is sometimes disputed by other sources.

    このロマンチックな話は、他の資料では否定されていることもあります。

  • Many historians including author Alexander Rose argue that there is no record of a birth

    作家のアレクサンダー・ローズをはじめとする多くの歴史家は、誕生の記録はないと主張している。

  • on the HMS Jersey, and women at the time generally weren't kept on prison ships.

    HMSジャージー号では、当時の女性は一般的に監獄船に収容されることはありませんでした。

  • Other historians believe it's more possible Agent 355 was Sarah Townsend, Robert Townsend's

    他の歴史家は355号がサラ・タウンゼントである可能性が高いと考えていますロバート・タウンゼントの

  • sister...and, we hope, not also his common law wife.

    妹...そして、彼のコモンローの妻でもないことを願っています。

  • What's the proof for this?

    その根拠は何ですか?

  • Well, British officer John Graves Simcoe was stationed at the Townsend home, where it would

    さて、イギリス人将校のジョン・グレーブス・シムコーはタウンゼント家に駐在していたが、そこには

  • have been easy for Sarah to overhear sensitive information.

    サラは、機密情報を簡単に耳にすることができました。

  • Furthermore, Simcoe received frequent visits from Major Andre of the British army, who

    さらにシムコーは、イギリス軍のアンドレ少佐の訪問を頻繁に受けていた。

  • it seems most of the intelligence leaks came from.

    情報漏えいのほとんどは、このようなところから来ているようです。

  • Perhaps most tragically of all, it appears Simcoe was in love with young Sarah.

    何よりも悲劇だったのは、シムコウが幼いサラに恋をしていたことだ。

  • In fact, a written letter professing his love is now considered America's first ever valentine.

    実際、愛を誓った手紙は、アメリカで初めてのバレンタインと言われています。

  • Sarah did not choose him as a valentine at the time, likely due to her strong Patriot

    サラは当時、彼をバレンタインに選ばなかったが、それは彼女の強いパトリオットの影響であろう。

  • beliefs.

    の信念を持っています。

  • However, she never married, and after her death, many report that she still had Simcoe's

    しかし、彼女は結婚しなかったので、彼女の死後、多くの人が彼女がまだシムコーの

  • valentine letter among her possessions.

    彼女の持ち物の中に、バレンタインの手紙がありました。

  • This led many to believe that the two had a flirtation, and Sarah, at least in part,

    このことから、2人は浮気をしていたのではないかと多くの人が思っていたが、少なくともサラはそうではなかった。

  • returned Simcoe's feelings.

    と、シムコウの気持ちを代弁してくれた。

  • We never knew the Revolutionary War contained so many Hallmark Channel stories within it.

    独立戦争の中に、ホールマーク・チャンネルのストーリーがこれほど多く含まれているとは知りませんでした。

  • Another suspected candidate for Agent 355 was Anna Smith Strong.

    もう1人、エージェント355の候補者として疑われていたのが、アンナ・スミス・ストロングだ。

  • Strong would help signal the position of another Culper Spy Ring member, Caleb Brewster, using

    その結果、カルパー・スパイ・リングのメンバーであるケイレブ・ブリュースターの位置を示すのに役立ちます。

  • handkerchiefs on her clothes line.

    ハンカチを干しています。

  • Brewster raided British shipping on the Long Island Sound, and therefore had to be a bit

    ブリュースターは、ロングアイランド海峡でイギリスの船を襲撃していたため、ちょっとしたことで

  • sneaky about where he landed his boat, what with all the angry British captains looking

    英国の船長たちが怒っていたので、船を着ける場所には気を使いました。

  • for him.

    と言っていました。

  • Strong would help designate a safe haven for Brewster, then use the handkerchief code to

    ストロングは、ブリュースターの安全な避難場所を指定し、ハンカチコードを使って

  • tell Woodhull of Brewster's location, so Woodhull could pass on dispatches about the

    ウッドハルにブリュースターの居場所を伝えることで、ウッドハルは船の情報を伝えることができた。

  • location of other British boats.

    他の英国船の位置を確認する。

  • The reason some believe Strong may have been 355 is because her husband was captured and

    ストロングが355だったのではないかと言われているのは、彼女の夫が捕まって

  • held at the HMS Jersey, where Strong was allowed to visit him to bring him food.

    はHMSジャージーに収容され、ストロングは食料を持って彼を訪問することが許されていた。

  • This may have caused the confusion about identifying Agent 355 as being on a prison boat that generally

    このことが、355号が一般的な囚人船に乗っていたことを示す混乱の原因になったのかもしれません。

  • didn't hold women.

    は女性を抱きませんでした。

  • Another woman historians suspect of being Agent 355 was Elizabeth Burgin.

    もう一人、355号のエージェントと疑われている歴史上の女性は、エリザベス・バーギンである。

  • At first glance, Burgin appeared fairly ordinary to outsiders; a war widow trying to raise

    バーギンは一見するとごく普通の人に見えました。

  • three children on her own.

    3人の子供を一人で育てていた。

  • After being approached by the Culper Spy Ring, letters show that her efforts helped free

    カルパー・スパイ・リングの依頼を受けた彼女は、その努力が実を結んだことを示す手紙を受け取った。

  • 200 Patriot prisoners from British prison ships.

    英国の囚人船からパトリオットの囚人200名を収容。

  • However, even though she was part of the spy ring and deeply devoted to helping the Revolutionary

    しかし、彼女はスパイ組織の一員であり、革命のために深く貢献していたにもかかわらず

  • War effort, there isn't much additional evidence for her specifically being Agent

    戦時中は、彼女が特にエージェントであることを示す追加の証拠はあまりありません。

  • 355.

    355.

  • So what is the real story of Agent 355's life and death?

    では、エージェント355の生と死の真相はどうなのか?

  • Was she ever captured?

    彼女は捕まったのか?

  • Was she one of the many, many women who laid their lives on the line for the Revolutionary

    革命のために命をかけた多くの女性たちの一人だったのか。

  • cause, but have mostly been left out of history books?

    の原因となっていますが、ほとんどが歴史の教科書には載っていません。

  • Even with all these unanswered questions about Agent 355, one thing is certain: her help

    エージェント355についての答えがない中で、一つだけ確かなことは、彼女の助けが

  • was invaluable to George Washington and the American fight for independence: finally obtaining

    は、ジョージ・ワシントンとアメリカの独立のための戦いにとって、非常に貴重なものでした。

  • British Army intelligence, exposing a traitor, and saving America's most important fort

    イギリス軍の諜報活動、裏切り者の摘発、そしてアメリカで最も重要な砦を守るために

  • from falling into enemy hands.

    敵の手に渡らないように。

  • Who do you think Agent 355 really was?

    エージェント355の正体は何だと思いますか?

  • Let us know in the comments below!

    以下のコメントで教えてください。

  • In the meantime, learn more hidden facts and history by clicking on this video here, or

    また、このビデオをクリックして、隠された事実や歴史を学ぶこともできます。

  • this one right over there!

    これはあそこにあるよ

When most people think of a three-digit spy, 007 comes to mind - the super famous, and

3桁のスパイといえば、多くの人が「007」を思い浮かべますが、これは超有名で