Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A young girl is sitting in her kitchen absolutely mesmerized by the gift her father just brought

    台所に座っている少女は、父親が持ってきたプレゼントに心を奪われています。

  • home.

    のホームになります。

  • That was a seemingly magical, glowing powder, that glimmered on the kitchen floor like something

    それは、まるで魔法のように光る粉で、キッチンの床に何かのように光っていました。

  • out of a fairytale.

    童話の世界のように。

  • The six year old scoops up handfuls of the radiant dustshe gets some of it in her

    6歳の子供は、一握りのラジアントダストをすくい上げて...彼女の中にはその一部が

  • sandwichshe smothers her face and body with it and excitedly says to her pop, “Look

    サンドウィッチ...顔や体に塗りたくって、ポップに「見て見て」と興奮気味に言う。

  • at me…I'm glowing.

    私を見て...私は光っている。

  • I'm a sparkling little angel.”

    私はキラキラした小さな天使です。"

  • A few weeks later and the child was no longer magicalshe was dying.

    数週間後、その子はもはや魔法ではなく...死にかけていました。

  • Her hair had fallen outher body was swollen.

    髪の毛が抜け落ちて...体がむくんでいました。

  • She was bleeding from the inside and her lungs and kidneys weren't functioning very well.

    内側から出血しており、肺や腎臓の機能も低下していました。

  • When this girl was laid to rest she had to be buried in a specially-made fiberglass coffin

    この女の子が眠りにつくとき、彼女は特別に作られたグラスファイバー製の棺に埋葬されなければなりませんでした。

  • lined with lead.

    鉛で裏打ちされています。

  • That day was hellish for all involved because news of the glowing girl had gotten around.

    その日は、光っている女の子のニュースが広まってしまったため、関係者にとっては地獄のような一日だった。

  • A riot broke out at the cemetery.

    墓地では暴動が起きた。

  • Thousands of people were in a state of shock and fear.

    何千人もの人々が、衝撃と恐怖に包まれていた。

  • This dead girl, they shouted, would poison the very land.

    この死んだ女の子は、この土地を汚染すると叫んだ。

  • You might now be thinking, “What the hell was all that about!”

    あなたは今、"あれはいったい何だったんだ!"と思っているかもしれません。

  • This is the story of what's now called theGoiania accident”, or sometimes, “Brazil's

    これは、今では「ゴイアニアの事故」、あるいは「ブラジルの事故」と呼ばれている物語である。

  • Chernobyl”, and now we'll take you back to the start.

    チェルノブイリ」、今からそのスタート地点にご案内します。

  • Goiânia is the capital city of the state of Goiás in Central-Western Brazil.

    ゴイアニアは、ブラジル中西部のゴイアス州の州都です。

  • This city would become known for being home to one of the world's worst nuclear disasters,

    この街は、後に世界最悪の核災害の舞台として知られることになる。

  • although the story still remains relatively unknown.

    しかし、この話はまだあまり知られていません。

  • In the Fall of 1987, a couple of guys, guys we might call scavengers, had found a source

    1987年の秋、スカベンジャーと呼ばれる数人の男たちが、あるソースを見つけた。

  • where they might find a bit of scrap to sell.

    彼らは、少しでもスクラップを売ることができるかもしれない。

  • This was an abandoned hospital, a veritable treasure trove for men down on their luck

    ここは廃墟となった病院で、運のない男たちにとってはまさに宝の山だった。

  • and experiencing hard times.

    困難な時代を経験しています。

  • Part of this hospital when it was up and running, like most other hospitals in the world had

    世界の他の病院と同じように、この病院が稼働していた時の一部は

  • had a radiotherapy department.

    は、放射線治療部門を持っていました。

  • If a patient needed this treatment then of course the hospital needed a source of radiation.

    患者がこの治療を必要とすれば、当然、病院には放射線源が必要である。

  • This is not the kind of thing that hospitals just leave lying around when they close up

    これは、病院が閉鎖されたときに、そのまま放置されるようなものではありません。

  • though- or at least they shouldn't.

    しかし、少なくともそうすべきではありません。

  • Unfortunately for a lot of people, lying around in that hospital was a small canister made

    多くの人にとって不幸なことに、その病院には小さな容器が転がっていました。

  • of steel and lead.

    鉄と鉛の

  • The guys, named Roberto dos Santos Alves and Wagner Mota Pereira, snuck into the abandoned

    ロベルト・ドス・サントス・アルベスとワグネル・モタ・ペレイラという名の彼らは、廃墟に忍び込んだ。

  • radiotherapy department and they discovered this mysterious canister.

    放射線治療室で、この謎の容器を発見したのです。

  • What they were totally unaware of was that inside that canister was a capsule that contained

    そのキャニスターの中にはカプセルが入っていて、その中には何かが入っているということを全く知らなかった。

  • around 93 grams (3.3 oz) of deadly radioactive caesium chloride made with the radioisotope,

    致命的な放射性物質である塩化セシウムを使用した約93g(3.3オンス)の

  • caesium-137.

    セシウム137です。

  • This stuff in short is used to kill cancer cells in humans, and only a very tiny amount

    これは要するに、人間のがん細胞を殺すために使われるもので、ごくわずかな量しか使われていません。

  • is used during radiation therapy.

    は放射線治療の際に使用されます。

  • People have actually died during therapy, just because they were exposed to too much

    実際に治療中に死亡した人もいますが、それはあまりにも多くのものにさらされたためです。

  • of the stuff.

    のものを使用しています。

  • In this case, the canister was part of equipment that had been used for something called External-beam

    このケースでは、キャニスターは外部ビームと呼ばれるものに使用されていた機器の一部でした。

  • radiation therapy.

    放射線治療。

  • That just means pointing a beam at a certain part of the body and blasting where the cancer

    それは、体のある部分にビームを当てて、がんのある部分を爆破することです。

  • is.

    です。

  • Roberto and Wagner had no idea about this kind of treatment and simply thought they

    ロベルトとワグナーは、このような治療法があることを知らず、単に自分たちが

  • had found a good bit of scrap.

    その中には、かなりの量のスクラップが含まれていた。

  • They threw it into a wheelbarrow with some other items and off they went on their merry

    他の品物と一緒に一輪車に投げ入れて、楽しい旅に出て行きました。

  • way.

    の方法があります。

  • The date was September 13, 1987, and the two guys were heading to Roberto's house with

    日付は1987年9月13日、男2人でロベルトの家に向かっていた。

  • their haul.

    集めています。

  • When they got there they proceeded to try and prize open the canister.

    彼らはそこに着くと、キャニスターを賞味して開けようとした。

  • It looked expensive, and they damn well wanted to know what was inside.

    高価なものに見えたので、中に何が入っているのか知りたいと思ったのだ。

  • Later that night, both men started throwing up and they turned a shade of yellow.

    その日の夜、2人は嘔吐し始め、2人は黄色く変色した。

  • That didn't stop them, though, and they fought with that canister into the night.

    しかし、それでも彼らは、その容器を持って夜まで戦い続けた。

  • The next day, Wagner got really dizzy and experienced severe diarrhea.

    次の日、Wagnerは本当にめまいがして、激しい下痢に見舞われました。

  • He seemed to be the worst hit, but he only went to the hospital when his left hand swelled

    一番被害が大きかったのは彼のようですが、病院に行ったのは左手が腫れた時だけでした。

  • up and looked like a boxing glove.

    を上げて、ボクシンググローブのようにした。

  • He ended up having to have a few of his fingers partially amputated, and he and Roberto felt

    結局、指を数本部分的に切断しなければならなくなり、ロベルトと一緒に

  • ill for a while to come.

    これからしばらくの間、病気になります。

  • The thing was, he had no idea that a hunk of metal and lead had caused the loss of his

    彼は、金属と鉛の塊が自分の命を奪ったことを知らなかった。

  • fingers.

    の指を使っています。

  • The doctors told him that he had a bad case of food poisoning.

    お医者さんからは「ひどい食中毒だ」と言われたそうです。

  • Word got back to Roberto about the food poisoning, and while he felt bad for his fingerless buddy,

    ロベルトは食中毒の話を聞いて、フィンガーレスの仲間に申し訳ないと思いながらも、自分のことを考えてくれた。

  • he kept hacking away at that canister.

    そして、そのキャニスターをひたすら削り続けた。

  • He eventually got into it and unbeknownst to him, what he now held in his hand was the

    結局、彼はそれに夢中になり、知らず知らずのうちに、今彼が手にしているのは

  • caesium capsule.

    セシウムカプセル。

  • That hand, and arm, would eventually be surgically removed, but much, much worse was to come.

    その手と腕は最終的に手術で取り除かれることになるが、もっともっと悪いことが起こる。

  • Before the amputation and before the painful blisters appeared on Roberto's arm, what

    切断される前、そしてロベルトの腕に痛みを伴う水疱ができる前に、何があったのでしょうか?

  • he saw in that capsule was a spell-binding, glowing blue powder.

    そのカプセルの中に入っていたのは、魔法のように光る青い粉だった。

  • He wondered what it was, and thought perhaps it was an explosive.

    これは何だろうと思い、爆発物ではないかと考えた。

  • That made sense in a way since the canister looked something like a bomb.

    爆弾のような形をしたキャニスターを見て、ある意味納得した。

  • He tried to ignite the stuff and nothing happened, and now feeling a little upset that all he'd

    火をつけようとしても何も起こらず、今までの苦労が水の泡になってしまいました。

  • discovered was a powder, albeit a magical fluorescent powder, he took all his haul to

    発見したのは、魔法のような蛍光粉とはいえ、粉だったので、彼はすべての荷物を

  • another scrap yard and sold it.

    別のスクラップ・ヤードで売った。

  • The owner of that yard was one Devair Alves Ferreira, a man whose life was about to change

    その庭の所有者は、デバイル・アルヴェス・フェレイラという人物で、彼の人生は変わろうとしていた。

  • forever.

    を永遠に続けます。

  • Little did he know that he had purchased a time bomb that would lead him into a very

    彼は時限爆弾を購入してしまい、それが彼を非常に危険な状態に導くことになるとは知らなかった。

  • unpleasant downward spiral.

    不快なダウンスパイラルに陥ってしまいます。

  • On the night of the purchase he was walking around his scrapyard when he saw something

    購入した日の夜、彼はスクラップヤードを歩いていて、何かを見た。

  • awesome, something spooky, otherworldly.

    すごい、何か不気味な、異世界のような。

  • Before his eyes he witnessed a blue light lighting up the dark scrapyard, and it was

    彼の目の前には、暗いスクラップヤードを照らす青い光があり、それは

  • being emitted by that chunk of metal he'd just bought.

    買ったばかりの金属の塊が発する音。

  • Devair was far from a scientist, and what he thought he had on his hands was something

    デバイルは科学者とは程遠い存在で、彼が手にしたと思ったものは

  • related to the supernatural.

    超常現象に関する

  • He then got his two young junkyard employees to get more of the blue stuff out of the capule.

    そして、2人の若いジャンクヤードの従業員に、キャピュレットから青いものをさらに取り出してもらった。

  • This job would turn out to be a fate worse than death.

    この仕事は、死よりもひどい運命になるだろう。

  • Excitedly, he brought that capsule and its glowing powder into the house.

    興奮して、そのカプセルと光る粉を家に持ち込んだ。

  • The next day he got his friends round to the house to witness this spectacular glowing

    翌日、彼は友人たちを家に呼んで、この見事な発光を目撃した。

  • dust.

    のほこりが出てきます。

  • They loved it, and some of them took some of it home with them.

    気に入ってくれたのか、一部を持ち帰ってくれた人もいた。

  • Meanwhile, Devair's wife, Gabriela, was starting to feel rather unwell.

    一方、デバイルの妻であるガブリエラは、体調を崩し始めていた。

  • No one of course thought it was anything to do with the glowing dust, and so Devair sold

    もちろん、誰も光っている塵と関係があるとは思わなかったので、デバイルは販売した。

  • a bit of that stuff to his brother Ivo.

    弟のIvoにも、そのようなものが少しずつあった。

  • What was left of the dust and the bounty from the scrapyard was sold to yet another scrapyard,

    残った埃とスクラップヤードからの懸賞金は、また別のスクラップヤードに売られた。

  • and by this time Ivo was already playing around with the blue dust.

    この時、Ivoはすでにブルーダストを使って遊んでいた。

  • He brought the beast into his own home and spread some around on the kitchen floor.

    彼はその獣を自分の家に持ち込んで、台所の床に少しずつ撒いた。

  • This was when his six-year old daughter, Leide das Neves Ferreira, became overwhelmed with

    それは、6歳の娘、レイデ・ダス・ネヴェス・フェレイラさんが圧倒されたときのこと。

  • excitement and started throwing the magical dust around and applying it to her body.

    と興奮して、魔法の粉を投げつけたり、体に塗ったりし始めました。

  • She saw some of it get into her sandwich and thinking it was probably harmless she just

    その一部が自分のサンドイッチに入っているのを見て、たぶん無害だろうと思った彼女は

  • ate it.

    を食べました。

  • That would turn out to be the biggest mistake in her life.

    これは、彼女の人生における最大の過ちとなるだろう。

  • Another person there put his finger into the dust and started drawing on his chest.

    そこにいた別の人が、埃の中に指を入れて、胸に絵を描き始めた。

  • That finger you now probably know, stood little chance of staying attached to the man's

    その指は、皆さんもご存知のように、この男の指にくっついている可能性はほとんどありませんでした。

  • body.

    のボディになります。

  • Meanwhile, Gabriela noticed that she wasn't the only one feeling really ill.

    一方、ガブリエラは、体調が悪いのは自分だけではないことに気づいた。

  • It seemed to her that anyone who had come in contact with that magical dust was falling

    その魔法の粉に触れた人は、落ちているような気がしました。

  • ill.

    ill。

  • She was the first person to put two and two together and she put the canister and the

    彼女は最初に2と2を組み合わせて、キャニスターと

  • capsule into a plastic bag and headed to the local hospital.

    のカプセルをビニール袋に入れて、地元の病院に向かいました。

  • Soon a physicist was on the job and he had the equipment to measure radiation.

    すぐに物理学者が登場し、放射線を測定する機器を手に入れた。

  • He pretty much knew what he was looking at and soon discovered that the scrap haul was

    彼は自分が何を見ているのかをよく理解していて、すぐにスクラップの運搬量が

  • emitting very dangerous levels of radiation.

    非常に危険なレベルの放射線を放出しています。

  • What happened next was what you might call the beginning of a national disaster.

    それは、いわば「国難」の始まりだった。

  • The local and national government were called and radiation experts turned up at those scrapyards,

    地方自治体や国に連絡して、放射線の専門家がスクラップヤードにやってきた。

  • the hospital, and all the people's houses that had been exposed to the radiation.

    病院も、被曝した人々の家も、すべてがそうであった。

  • Some of those people were now in hospital and they were gravely ill.

    その中には病院に入院している人もいて、重症を負っていました。

  • Others who'd been in contact with the magic blue dust were worried out of their minds.

    魔法の青い粉に触れた人たちは、心の中で心配していた。

  • In fact, when the people of the city found out what had happened they wondered if they

    実際、この出来事を知った街の人々は、「自分たちは何をしているんだろう?

  • had a nuclear disaster on their hands and they cursed those scavengers for what they'd

    原発事故を起こしてしまったスカベンジャーたちを呪うために

  • brought into their city.

    自分の街に持ち込んだ。

  • 130,000 people in total went to visit doctors, fearing that they had come close to the source,

    延べ13万人の人々が、「源流に近づいた」と恐れて医師のもとを訪れた。

  • although only 250 people in the end had actually been exposed to dangerous levels of radiation.

    しかし、実際に危険なレベルの放射線を浴びたのは、最終的に250人に過ぎなかった。

  • Just twenty folks experienced radiation sickness and had to spend some time in intensive care.

    また、20名の方が放射線病にかかり、集中治療室で過ごされました。

  • A further thousand people were tested, and while they had been exposed to more radiation

    さらに1,000人を対象にした検査では、より多くの放射線を浴びていました。

  • than they would have in everyday life, the chances of it affecting them negatively were

    普段の生活よりも、悪影響を及ぼす可能性が高いと判断しました。

  • pretty much none.

    ほとんどありません。

  • Still, hysteria was pervasive, and the people couldn't believe that something so dangerous

    しかし、ヒステリーが蔓延し、人々は危険なものが存在することを信じることができなかった。

  • could have been left behind at an abandoned hospital and found by dudes looking for junk

    廃病院に置き去りにされ、ジャンク品を探している男たちが見つけたのかもしれない。

  • to sell.

    を販売しています。

  • 20 years later it was determined that caesium-137 related diseases were no higher in that city

    20年後、その都市ではセシウム137関連の病気が増えていないことが判明した。

  • than they were in the rest of Brazil.

    ブラジルの他の地域に比べて

  • Even though that was the case, compensation was paid to people who had been contaminated.

    それなのに、汚染された人には補償金が支払われた。

  • In fact, the hysteria got so much that Goiania became associated with radiation and many

    実際、ヒステリーが起きて、ゴイアニアは放射能と結びつけられ、多くの人が

  • people stopped visiting there.

    人々はそこを訪れなくなった。

  • Products made in that city were also shunned by outsiders, since people feared that what

    また、この街で作られた製品は、「この街にあるものは、この街で作られたものではない」と恐れられ、外部から敬遠されていました。

  • came out of Goiania had to be contaminated.

    ゴイアニアから出てきたものは、汚染されていなければならなかった。

  • This turned out to be quite the overreaction.

    これは、かなりの大袈裟さだった。

  • But what about those who'd discovered the stuff.

    しかし、それを発見した人はどうだったか。

  • What was their fate?

    彼らの運命はどうなったのか?

  • Well, they couldn't exactly go home.

    まあ、家に帰るわけにもいかない。

  • During the clean-up operation it was discovered that massive amounts of radiation were at

    浄化作業中に、大量の放射線が放出されていることが判明しました。

  • the houses and the junkyards of those people who'd played with the blue dust.

    青い粉で遊んでいた人たちの家や廃材置き場。

  • Those houses were demolished and the area around the junkyards was sectioned off.

    それらの家は取り壊され、ジャンクヤードの周辺は区画整理された。

  • Another 42 houses in the areas close to those yards were also demolished.

    また、これらのヤードに近い場所にある42軒の家も取り壊された。

  • The people who'd lived in those houses of course had moved around before they knew about

    その家に住んでいた人たちは、もちろん、その家のことを知る前に移動していた。

  • the reality of the blue dust, and so the radiation spread to vehicles.

    このようにして、青い粉塵の実態が明らかになったことで、放射線が車にまで広がったのです。

  • Fourteen cars had been contaminated and had to be destroyed or decontaminated, and three

    14台の車が汚染され、破壊や除染を余儀なくされ、3台は

  • buses were found to have been exposed to high amounts of radiation.

    バスは大量の放射線を浴びていたことが判明。

  • Five pigs were also contaminated, but we can't tell you what their fate was.

    5匹の豚も汚染されていましたが、その運命はわかりません。

  • We guess it involved a trip to the incinerator.

    焼却場に行ったのではないか。

  • Acid and Prussian blue was used to decontaminate surfaces, and the latter was also used in

    酸とプルシアンブルーは表面の除染に使われ、後者は

  • an attempt to decontaminate affected people.

    被害を受けた人々の除染を試みます。

  • The problem was, some of the victims as you know had literally covered themselves in that

    問題は、ご存じのように、被害者の中には、文字通り体を覆っていた人がいたことです。

  • stuff and the unfortunate girl had even eaten some.

    と言って、不幸な少女が食べてしまったこともあった。

  • As you also know, she died a horrible death and her funeral caused a riot.

    ご存知のように、彼女は悲惨な死を遂げ、その葬儀は暴動にまで発展しました。

  • Even though her body was encased so the radiation would never spread into the soil, local folks

    放射能が土壌に広がらないように遺体を包んだにもかかわらず、地元の人たちは

  • were not happy about the girl being laid to rest near their patch of land.

    しかし、彼らは自分たちの土地の近くに少女が眠っていることを快く思っていませんでした。

  • So, what about the two guys who first found the canister, Roberto and Wagner?

    では、最初にキャニスターを発見したロベルトとワグナーの2人はどうでしょうか?

  • Well, from what we can see, besides some missing fingers and a lost arm , those guys were ok.

    まあ、見たところ、指が欠けたり、腕を失ったりした以外は、彼らは大丈夫だったようだ。

  • It was the two Devair families and the workers at the Devair junkyard who were the biggest

    最大の被害者は、デバイル家の2家族とデバイル・ジャンクヤードの労働者たちだった。

  • victims.

    の犠牲者が出ています。

  • Some people who had visited their house to watch the spectacle ofCarnival Glitter

    "カーニバル・グリッター "の光景を見るために家を訪れていた人も

  • suffered radiation burns and some folks who'd dipped their fingers into the dust lost those

    放射能の影響で火傷をしたり、粉塵に指を突っ込んだ人が指を失ったりした。

  • fingers.

    の指を使っています。

  • Two workers, sadly aged just 18 and 22, in the Devair junkyard died of internal hemorrhaging

    デバイル社のジャンクヤードで働いていた18歳と22歳の2人の作業員が内出血で亡くなった。

  • and other health problems a month after playing with the dust, and as for Mr. Devair himself,

    また、デバイル氏自身についても、粉塵で遊んだ1ヵ月後には体調を崩していました。

  • well, he surprisingly survived the ordeal.

    しかし、彼は意外にもこの試練を乗り越えた。

  • His wife, Gabriela, also soon lost her hair, and in weeks after exposure she began bleeding

    妻のガブリエラもすぐに髪の毛を失い、被爆後数週間で出血した。

  • from the inside.

    内側から

  • About a month after she messed around with the magic dust, Gabriella's body and mind

    魔法の粉に手を出してから約1ヶ月後、ガブリエラの体と心は

  • were devastated by the radiation and she died.

    は放射線の影響で壊滅的な打撃を受け、彼女は亡くなってしまいました。

  • As for Devair and Ivo Ferreira, the two brothers, it was unusual that they survived even though

    デバイルとイヴォ・フェレイラの2人の兄弟については、彼らが生き残ったのは珍しいことだった。

  • they'd been exposed to such high doses of radiation.

    このような高線量の放射線を受けた人たちには

  • We say survived, but you can only imagine what their lives were like after that.

    生き残ったと言っても、その後の彼らの生活は想像に難くありません。

  • Not only did they mourn for the people who had died, but most of Brazil had painted them

    亡くなった人を悼むだけでなく、ブラジルのほとんどの人が絵を描いていました。

  • as idiots and killers.

    愚か者や殺人者として

  • They became outcasts, pariahs on the streets of Goiânia.

    彼らは、ゴイアニアの街で追放され、亡者のようになった。

  • No one wanted to go near them, and no one wanted to communicate with them.

    誰も彼らに近づこうとせず、誰も彼らとコミュニケーションを取ろうとしなかった。

  • Devair fell into despair and started drinking heavily, and consequently he died of cirrhosis,

    デバイルは絶望して大酒を飲み始め、結果的に肝硬変で亡くなってしまったのだ。

  • still a fairly young man.

    まだ若かった。

  • Ivo lasted longer, but his depression led to ill-health and he also died prematurely.

    イヴォはもっと長生きしたが、鬱病で体調を崩し、早死にしてしまったのである。

  • Even though the story has been compared to the Chernobyl disaster, it wasn't anywhere

    チェルノブイリ原発事故と比較されることがあっても、どこにもありませんでした。

  • near as big.

    ほどの大きさです。

  • The Chernobyl clean-up operation was so much larger and the spread of various radioactive

    チェルノブイリの清掃作業は非常に大規模で、様々な放射性物質が拡散しました。

  • contaminants was far more wide-reaching.

    汚染物質は、はるかに広範囲に及んでいました。

  • The stories are not really comparable.

    ストーリーはあまり比較できません。

  • Brazil's accident was fairly easy to contain.

    ブラジルの事故は、かなり簡単に抑えることができた。

  • The story is just outstanding because of the negligence involved and the fact the country

    この物語は、過失が絡んでいることと、国がそのようなことをしていることから、まさに傑出しています。

  • was put into a state of fear because of a few people that wanted some extra cash for

    のためにお小遣いを欲しがる数人の人々のために、恐怖の状態に置かれました。

  • junk.

    ジャンクです。

  • Now go watch these two shows, “How I Survived ChernobylandWhat Caused the Catastrophic

    さて、この2つの番組、「チェルノブイリをどう生き抜いたか」と「大惨事の原因は何か」を見てみましょう。

  • Nuclear Accident in Chernobyl?”

    チェルノブイリの原発事故?"

A young girl is sitting in her kitchen absolutely mesmerized by the gift her father just brought

台所に座っている少女は、父親が持ってきたプレゼントに心を奪われています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ヤード ジャンク 魔法 カプセル 治療 2人

リアルな核の恐怖-ゴイアニアの事故 (Real Life Nuclear Horror - The Goiânia Accident)

  • 9 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 19 日
動画の中の単語