Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • With 1 out of every 3 people on Earth identifying as Christian, it's the single most important

    地球上の3人に1人がキリスト教を信仰していると言われるほど、キリスト教は最も重要な宗教です。

  • event in human history.

    人類の歴史上の出来事です。

  • But was Jesus of Nazareth really resurrected from the dead, and is there any evidence for

    しかし、ナザレのイエスは本当に死から復活したのか、そしてその証拠はあるのか。

  • it?

    それは?

  • To examine the question first we have to establish the historicity of Jesus himself.

    この問題を検討するには、まずイエス自身の歴史性を立証しなければならない。

  • While some doubt that he ever lived, no critical historian alive today doubts that Jesus of

    彼が生きていたことを疑う人もいますが、現在生きている歴史家の中で、イエス・キリストを疑う人はいません。

  • Nazareth was a real man who lived and died in the time attributed to him in the Gospels.

    ナザレは、福音書に記された時代に生き、死んだ実在の人物である。

  • The Jewish historian Flavius Josephus mentions Jesus twice in his histories.

    ユダヤの歴史家、フラウィウス・ジョセフスは、その歴史の中でイエスについて2回言及している。

  • The first mention is widely regarded- even amongst Christian scholars- as having been

    最初の言及は、キリスト教学者の間でも、次のように考えられています。

  • doctored by a later Christian scribe to be more flattering, but still mentions Jesus

    後世のキリスト教徒の書記によって、よりお世辞になるように加工されたが、それでもイエスに言及している。

  • as having been condemned and crucified by Roman authorities.

    は、ローマ当局によって非難され、十字架にかけられたとされています。

  • The second mention of Jesus by Josephus is when he references the death of Jesus's brother,

    Josephusがイエスについて2回目に言及しているのは、イエスの兄弟の死について言及しているときです。

  • James, who was stoned to death for his belief in Jesus as the Christ.

    イエスをキリストと信じたために石打ちの刑に処せられたヤコブ。

  • Jesus is also mentioned by the Roman historian Tacitus approximately 86 years after his crucifixion,

    また、ローマの歴史家タキトゥスは、イエスが磔にされてから約86年後に言及している。

  • and affirms that he was in fact crucified by Roman authorities and that a sizable contingent

    そして、彼が実際にローマ当局によって十字架にかけられたこと、そしてかなりの数の群衆が

  • of his believers were present in Rome at the time of his writing, which further strengthens

    の信者が執筆時にローマに滞在していたことを考えると、さらに強固なものとなる。

  • the biblical account of Saint Paul.

    聖書に書かれている聖パウロの記述を見て

  • Next, we have to establish the reliability of the evidence used to argue that the resurrection

    次に、復活を主張するための証拠の信頼性を確立しなければなりません。

  • was a real event- namely Paul's letters and the synoptic Gospels of Matthew, Mark, and

    それは、パウロの手紙と、マタイ、マルコ、ヨハネの福音書という現実の出来事であった。

  • Luke.

    ルークです。

  • Today that material is together, along with other books, known as the New Testament, and

    今日、その資料は他の書物と一緒になって、新約聖書として知られており

  • a critic would be right in arguing that one cannot use one's own source material to argue

    評論家が「自分の原作を使って議論することはできない」と主張するのは正しいでしょう。

  • for the validity of his or her argument.

    自分の主張の正当性を

  • Except that is a serious misunderstanding of what the New Testament actually is- or

    ただし、それは新約聖書の内容について重大な誤解をしている、あるいは

  • what it originally was.

    もともとあったものです。

  • Today the New Testament is considered to be the second half of Christianity's 'holy book',

    今日、新約聖書はキリスト教の「聖なる書物」の後半部分と考えられている。

  • the Bible.

    聖書を

  • Yet before it was largely codified around 200 A.D., the New Testament was a collection

    しかし、西暦200年頃に大規模な成文化がなされる以前の新約聖書は、以下のようなものでした。

  • of apocalyptic revelations, letters to various churches, and the formal writing down of oral

    終末論的な啓示、諸教会への手紙、そして口述の正式な書き留めなどの

  • tradition in the form of the gospels.

    福音書という形で伝承されています。

  • Specifically, Paul's letters and the synoptic gospels are considered to be valid historical

    具体的には、パウロの手紙や共観福音書が歴史的に有効であると考えられています。

  • documents, that due to their content were later turned into a 'holy book'.

    その内容から、後に「聖なる書物」とされた文書です。

  • In the words of historian and New Testament scholar Dr. Gary Habermas, if you don't use

    歴史学者で新約聖書学者のゲリー・ハバーマス博士の言葉を借りれば、「使わなければ」ということになります。

  • the historically accepted books of the New Testament to argue for the historicity of

    の歴史性を主張するために、歴史的に認められている新約聖書の書物を使用しています。

  • Jesus, then critics will use them for you.

    イエス様、それならば、批評家があなたのために使ってくれるでしょう。

  • But have the gospels reliably preserved historical details through the ages, and are Pauls' letters

    しかし、福音書は時代を超えて歴史的詳細を確実に保存していますし、パウロの手紙は

  • still in their original form and untampered with for the purpose of empowering a Christian

    クリスチャンに力を与えるという目的のために、原型をとどめたまま、手を加えずに作られています。

  • agenda?

    アジェンダ?

  • Historian, New Testament scholar, and textual critic Bart Ehrman- himself an agnostic leaning

    歴史学者、新約聖書学者、テキスト評論家であるバート・エルマンは、自身も不可知論者である。

  • towards atheism- points out that we don't have the original autographs by which to authenticate

    無神論に向かって-真正性を証明するオリジナルの自筆譜がないことを指摘する

  • the modern gospels and Paul's letters.

    現代の福音書やパウロの手紙のように。

  • At best we have copies of copies of copies of copies, with the earliest recovered fragments

    せいぜいコピーのコピーのコピーのコピーで、最も古い復元された断片は

  • dated back to around halfway through the second century.

    2世紀の半ば頃までさかのぼることができます。

  • Furthermore, there is clear evidence of tampering with the gospels, with some passages in modern

    さらに、福音書が改ざんされたことを示す明確な証拠があり、現代のいくつかの箇所では

  • texts today widely known to have been introduced into the text well after the originals.

    のテキストは、オリジナルよりもずっと後にテキストに導入されたことが今日では広く知られています。

  • Perhaps the most iconic of these fabricated bible passages is John 7:53-8:11, the story

    このような捏造された聖書の一節の中で最も象徴的なのは、ヨハネの福音書7:53-8:11の話です。

  • of Jesus and the adulterous woman.

    イエス様と姦淫の女の話。

  • This story tells of how Jesus came across a woman about to be stoned to death for the

    この物語は、イエスが、石打ちの刑に処されようとしている女性に出くわしたことを物語っています。

  • sin of adultery by the Pharisee authorities.

    パリサイ派の権力者による姦淫の罪。

  • Jesus however interrupts the process and simply asks that the first man without sin cast the

    しかし、イエスはそのプロセスを中断して、罪のない最初の人が、その人のために罪のない人を投じるようにとだけ言われました。

  • first stone, resulting in the accusers dropping their rocks and going home.

    最初の石は、告発者が自分の石を捨てて家に帰るという結果になりました。

  • Finally, Jesus comforts the woman and tells her that he does not condemn her, then encourages

    最後に、イエスは女性を慰め、非難していないことを伝え、励まします。

  • her to go forth and sin no more.

    彼女は、もう罪を犯さないように行ってください。

  • It's a wonderful anecdote and example of Jesus as what 20th century Atheist philosopher Antony

    それは、20世紀の無神論者の哲学者アントニーが、イエスの素晴らしい逸話と例を示しています。

  • Flew called, “a first-rate ethicist”.

    フリューは「一流の倫理学者」と呼んでいた。

  • Except it never happened, the story was fabricated and inserted by an unknown scribe into the

    起こっていないことを除いては、この物語は捏造され、無名の筆者によって本編に挿入されました。

  • text, and is only one example of several.

    テキストは、いくつかの例のうちの一つに過ぎません。

  • In further questioning the historical reliability of the gospels, Ehrman also points out that

    福音書の歴史的信頼性をさらに疑問視して、エルマンは次のようにも指摘しています。

  • between various surviving ancient copies of the biblical texts are thousands of errors,

    聖書の様々な古写本の間には、何千もの誤りがあります。

  • and that the first written versions of the gospels and Paul's letters weren't created

    そして、福音書やパウロの手紙の最初の記述は、作られたものではないということです。

  • until decades after Jesus' death- leaving plenty of room for details to be omitted,

    イエスの死後数十年も経ってからのことなので、詳細が省略される余地は十分にある。

  • forgotten, or outright fabricated.

    忘れ去られたり、全くの捏造だったり。

  • Paul's first letter to the Corinthian church wasn't written until 55 A.D., with the gospel

    パウロがコリント教会に宛てた最初の手紙が書かれたのは紀元55年で、福音の

  • of Mark being written in 70 AD, Matthew in 80 AD, and John in 95 AD.

    のマルコは西暦70年、マタイは西暦80年、ヨハネは西暦95年に書かれたとされています。

  • That's a spread of 25 to 65 years after the death of Jesus.

    それは、イエスの死後25年から65年の広がりを持っています。

  • So with made-up stories, thousands of textual errors in the earliest available copies, and

    そのため、作り話や、入手可能な最古のコピーの中にある何千ものテキストの誤りや

  • such a massive time gap between Jesus's death and his history being recorded, is there any

    イエスの死から歴史が記録されるまでに、これほどの時間的なギャップがあるでしょうか。

  • reason to think the New Testament is historically reliable?

    新約聖書が歴史的に信頼できると考える理由は何ですか?

  • It's well established that teachings about Jesus spread far and wide very quickly after

    イエスの教えは、その後、瞬く間に広まったことはよく知られています。

  • his death- in fact within as little as two or three years after the crucifixion, Jewish

    彼の死後、実際には十字架にかけられてから2、3年のうちに、ユダヤ人は

  • authorities were already persecuting Christians across the near-East in a bid to exterminate

    このような状況下では、キリスト教徒を絶滅させるために、当局はすでに近東全域でキリスト教徒を迫害していました。

  • what they viewed as a heretical cult.

    彼らは異端のカルトと見なしていた。

  • This wide geographic dissemination of the core Christian knowledge about Jesus and his

    このようにして、イエスとその弟子に関するキリスト教の中核的な知識が、地理的に広く普及していった。

  • life events makes it incredibly unlikely that major revisions could have taken place without

    このような状況下では、大幅な修正を行うことは不可能でしょう。

  • them being discovered- if for example Christian leaders in Rome wished to greatly change a

    例えば、ローマのキリスト教指導者たちが、日本の伝統文化を大きく変えようとしていたとしたら、それは発見されるでしょう。

  • core fact of the life, death, or teachings of Jesus, believers in Africa- which has one

    アフリカの信者は、イエスの生涯、死、または教えの中核となる事実を、1つの

  • of the world's oldest Christian communities- would have immediately identified the manipulation.

    世界で最も古いキリスト教共同体の一つであるこの団体は、その操作をすぐに見抜いたことでしょう。

  • The simple fact that we today are able to know that the story of Jesus and the adulterous

    現代の私たちが知ることができるのは、イエスと姦婦の話が、単純に

  • woman was a fabrication is testament to how difficult it can be to make even minor changes

    女性が製作したものは、マイナーチェンジがいかに難しいかを物語っています。

  • to the text without them being discovered thanks to the wide geographic distribution

    にもかかわらず、誰にも気づかれずにテキストに反映させることができました。

  • of the original material.

    オリジナル素材の

  • Further, while Bart Ehrman is correct in pointing out the thousands of errors and discrepancies

    さらに、Bart Ehrmanが何千もの誤りや不一致を指摘しているのは正しいが

  • across various ancient manuscripts, the fact is that the overwhelming amount of these errors

    古代の様々な写本の中には、圧倒的に多くの誤りがあるのが事実です。

  • are insignificant to the core theology.

    は、核となる神学にとっては重要ではありません。

  • These errors are overwhelmingly misspellings and other textual errors, or errors so insignificant

    これらの誤りは、圧倒的にスペルミスなどの文章上の誤りや、非常に些細な誤りが多い。

  • as to not affect the intended message of the scripture.

    意図したメッセージに影響を与えないように。

  • While some may argue that over time errors can pile up, as in a game of telephone, the

    時間が経つと電話ゲームのようにエラーが積み重なるという意見もありますが、そのようなことはありません。

  • discovery of the Dead Sea scrolls proves the great diligence with which holy texts were

    死海写本の発見は、聖なる書物が非常に熱心に作られていたことを証明しています。

  • copied and preserved by Jews.

    ユダヤ人がコピーして保存したものです。

  • A medieval copy of the Old Testament compared with a copy discovered with the Dead Sea scrolls

    中世の旧約聖書と、死海写本から発見された旧約聖書の比較

  • dating back to between the third century BC and first century AD showed that there were

    紀元前3世紀から紀元後1世紀にかけての時代には、このようにして

  • astonishingly few differences in the text- and once again, mostly copyist errors.

    驚くべきことに、テキストの違いはほとんどなく、ほとんどがコピーのミスです。

  • The early Christians, being former devout Jews themselves, would have treated their

    初期のキリスト教徒は、自分自身が敬虔なユダヤ人であったことから、彼らのことを

  • religious texts with the same reverence and exacting care for precision.

    宗教的なテキストを、同じように敬意を持って、正確に扱うことができる。

  • Further, while we don't have the original autographs, we do have many preserved copies

    さらに、オリジナルのオートグラフはありませんが、多くの保存されたコピーがあります。

  • of some of the earliest church fathers' writing on the gospels themselves.

    福音書の内容について、初期の教父たちが書いた文章の一部を紹介します。

  • From their musings on these earliest versions of the gospels we can be confident that we

    これらの福音書の初期のバージョンについての彼らの考察から、私たちは確信することができます。

  • do in fact, have an incredibly well preserved collection that if not perfectly, extremely

    実際に、完璧とは言えないまでも、非常によく保存されたコレクションを持っています。

  • accurately reflects the content and message of the autographs.

    は自筆譜の内容やメッセージを正確に反映しています。

  • Professor Ehrman correctly points out to discrepancies in the gospel accounts themselves as proof

    エールマン教授は、福音書の記述自体に矛盾があることを正しく指摘しています。

  • that they are not reliable.

    信頼できないという

  • On just the discovery of the empty tomb, the gospels vary in the telling.

    空の墓を発見したことだけでも、福音書には様々な記述があります。

  • Matthew states that Mary Magdalene andthe other Marywent to the tomb.

    マタイは、マグダラのマリアと「もう一人のマリア」が墓に行ったとしている。

  • There they found an angel, who told them that Jesus was risen and that they should tell

    そこには天使がいて、イエスが復活したことを伝え、そのことを伝えるようにと言った。

  • the disciples and that they should go to Galilee to meet up with Jesus.

    弟子たちは、イエス様に会うためにガリラヤに行くべきだと。

  • Mark states that both Maries, and a third woman- Salome- went to the tomb and found

    マルコによれば、マリーと第三の女性サロメが墓に行って、次のようなものを見つけたという。

  • a young man inside who told them to tell the disciples to go meet the risen Jesus in Galilee.

    中にいた若い男性が、「ガリラヤで復活したイエス様に会いに行くように、弟子たちに伝えてください」と言った。

  • Luke states thatthe womenwent to the tomb, and entering the empty tomb they could

    ルカによると、「女たち」は墓に行き、空の墓に入ると

  • not find Jesus when suddenly two men in bright clothes appeared before them.

    イエス様を見つけられないでいると、突然、明るい服を着た二人の男が目の前に現れた。

  • They are not told to tell the disciples about the tomb nor to go anywhere.

    弟子たちに墓のことを伝えることも、どこかに行くことも言われていません。

  • John states that Mary Magadalene went to the tomb and saw that the stone had been removed

    ヨハネは、マガダレネのマリアが墓に行って、石が取り除かれているのを見たと述べています。

  • from the entrance, so she went rushing back to Peter and one of the other disciples and

    そこで、彼女は急いでペテロと他の弟子のところに戻って行き

  • claimed that the Jewish authorities or the Romans had removed Jesus's body.

    ユダヤ人当局やローマ人がイエスの遺体を持ち去ったと主張した。

  • Peter and the other disciple returned to the tomb to find Jesus's burial clothing, while

    ペテロともう一人の弟子は、イエスの埋葬されていた服を探しに墓に戻った。

  • Mary somewhere outside the tomb and crying, sees two angels and Jesus- though is not allowed

    マリアは墓の外のどこかで泣いていて、二人の天使とイエスを見ているが、許されていない。

  • to immediately recognize Jesus.

    を見て、すぐにイエス様だとわかりました。

  • So how can the various gospels be reconcilable if they differ so much in their re-telling

    では、様々な福音書が、その語り口に大きな違いがある場合、どのようにして和解することができるのでしょうか?

  • of the empty tomb?

    空の墓の?

  • It's important to note that only one of the gospel acounts- John's- actually differs in

    重要なのは、福音書のうち1つだけ(ヨハネの福音書)が、実際には以下の点で異なっているということです。

  • any significant way.

    顕著な変化はありませんでした。

  • Matthew, Mark, and Luke were not written side-by-side, but rather individually by different people,

    マシュー、マルコ、ルカは並んで書かれたものではなく、それぞれ別の人が書いたものです。

  • thus it's unsurprising that they would slightly differ in their historical retelling.

    そのため、歴史的な描写が微妙に異なるのは当然のことです。

  • Neither of those three gospels contradicts the other, they merely mention details important

    この3つの福音書はどちらも他の福音書とは矛盾しておらず、重要な詳細について言及しているだけです。

  • to them.

    と言っていました。

  • While Luke seems to state that a group of women went to the tomb, Matthew and Mark don't

    ルークは女性のグループが墓に行ったと述べているようですが、マタイとマルコには

  • omit the possibility- they simply focus on two of the women in that group important to

    その可能性を省き、そのグループの中で重要な2人の女性に焦点を当てています。

  • the writer.

    書き手の

  • Luke also does not say that the women are instructed to tell the disciples, or to tell

    ルカも、女性たちが弟子たちに伝えるように指示されているとは書いていませんし、また

  • them to go to Galilee to meet Jesus there, but the omission of this detail does not mean

    がガリラヤに行ってイエスに会うようにと言っていますが、この詳細が省略されているからといって

  • it didn't happen- the writer of Luke could have very correctly assumed that this part

    起こらなかった。ルカの作者は、この部分を非常に正確に想定していたかもしれない。

  • of the history was so well known, it was unnecessary to add it to his account.

    の歴史はよく知られているので、彼の説明に加える必要はなかった。

  • The presence of the angels is likewise complimentary, as Matthew and Mark may have simply chosen

    天使の存在も補完的なもので、マタイとマルコは単に次のように選んだのかもしれません。

  • to focus on the important angel- the one speaking.

    重要な天使、つまり話している天使に集中するために。

  • John is the only gospel that differs significantly, and is thus not considered a synoptic gospel-

    ヨハネは唯一の福音書であり、大きな違いがあるため、共観福音書とはみなされていません。

  • yet that is consistent with the overall theme of John which explores who Jesus was, not

    しかし、それは、イエスがどのような人物であったかを探るというヨハネの全体的なテーマと一致しています。

  • what Jesus historically did.

    イエスが歴史的に行ったこと。

  • Most historians accept this fact and don't consider John a purely historical document

    ほとんどの歴史学者はこの事実を認めており、ジョンを純粋な歴史的文書とは考えていない

  • anyways, and neither should we.

    とにかく、私たちもそうすべきだと思っています。

  • As we can see then, the differences in the gospel accounts are a) insignificant to the

    このように、福音書の記述の違いは、a) にとって重要ではない。

  • core facts, and b) largely an issue of focus, rather than irreconcilable discrepancies.

    そして、b)主に焦点の問題であり、和解できないほどの不一致ではない。

  • For comparison consider the accounts of the Titanic's survivors- many of them swore that

    例えば、タイタニック号の生存者の証言を見てみましょう。彼らの多くは、次のように証言しています。

  • the ship sunk without breaking in two, while the rest swore that they saw the ship physically

    船が二つに割れずに沈んだと言い、残りの者は船の物理的な姿を見たと証言した。

  • break in two.

    が2つに分かれます。

  • Nobody however doubted that the ship had sunk, or any of the events immediately after the

    しかし、誰も船が沈んだことを疑わず、また、船が沈んだ直後の出来事を疑わなかった。

  • sinking.

    沈みます。

  • Further, if the gospel accounts had been perfectly accurate to each other, they would've almost

    さらに、もしも福音書の記述がお互いに完全に正確であったならば、ほぼ

  • certainly been collaborated, seriously damaging their value as historical documents.

    このようにして作られたものは、歴史的資料としての価値を著しく損なっています。

  • Lastly, while no serious historian objects to the time gap between the gospels and Jesus's

    最後に、本格的な歴史家は福音書とイエスの死の間の時間的ギャップに異議を唱えませんが

  • death as being cause for concern over inaccuracy, many non-historian critics do.

    歴史学者以外の評論家の多くは、死を不正確さの原因とみなしています。

  • After all, how accurate can a historical account be if it's written decades after the subject's

    結局のところ、対象となる人物が生きていた時代から何十年も経ってから書かれた歴史的な記述は、どれほど正確なものになるのでしょうか?

  • death?

    死?

  • First, this is ignoring the strong oral tradition of ancient Jews.

    第一に、これは古代ユダヤ人の強い口承の伝統を無視している。

  • In the first century, very few people knew how to read or write, and thus most people

    1世紀当時は、読み書きができる人がほとんどいなかったため、ほとんどの人が

  • would rely on oral retelling of history- and specially of their religious texts, with a

    口述による歴史の語り継ぎや、特別に宗教的なテキストを用いての

  • very strong emphasis on accuracy.

    精度を重視しています。

  • To a devout Jew, the thought of mangling holy scripture by poorly recollecting it was an

    敬虔なユダヤ人にとっては、聖典をろくに覚えていないことで、聖典を汚してしまうことは

  • unthinkable heresy.

    考えられないほどの異端。

  • This strong oral tradition would have been present in the early Christians as well, themselves

    このような強い口承の伝統は、初期のキリスト教徒にも存在していたと思われます。

  • recently converted Jews.

    改宗したばかりのユダヤ人。

  • Next, while the earliest writings on Jesus date to 25 years after his death, the fact

    次に、イエスに関する最古の文献は、イエスの死後25年後に作成されていますが、その事実は

  • that we have at least 11 historical sources for Jesus within a century of his death makes

    イエスの死後1世紀以内に、少なくとも11の歴史的資料があるということは

  • Jesus of Nazareth the gold standard for ancient historians.

    ナザレのイエスは、古代史研究者にとっての金字塔。

  • Take for example Alexander the Great, of whom there's not a single history class in the

    例えば、アレキサンダー大王は、日本の歴史の授業では一度も取り上げられていません。

  • world that doesn't tell of his deeds.

    彼の行為を語らない世界。

  • Yet the earliest available sources for Alexander date to over 300 years after his death.

    しかし、アレクサンダーに関する最も古い資料は、彼の死後300年以上経ってからのものです。

  • How about Tiberius Caesar then, the emperor of the Roman empire during the life and death

    生死を共にしたローマ帝国の皇帝、ティベリウス・カエサルはどうだろうか。

  • of Jesus?

    イエスの?

  • Surely if anyone was to be well-attested to it would be the leader of the most powerful

    確かに、誰かによくしてもらうとしたら、最強のリーダーである

  • empire at the time.

    当時の帝国。

  • Yet while one contemporary source exists, it's highly unreliable for historians as it

    しかし、同時代の資料が1つ存在するものの、歴史家にとっては非常に信頼性の低いものである。

  • speaks on an all-too personal note.

    と、あまりにも個人的な話をしています。

  • The best, and earliest, source for the life and times of Rome's emperor when Jesus died

    イエスが亡くなったときのローマ皇帝の生涯と時代を知るための、最良かつ最古の資料

  • is Publius Cornelius Tacitus, writing a full eighty years after Tiberius's death.

    は、ティベリウスの死から80年後に書かれたプブリス・コルネリウス・タキトゥスです。

  • The next after that is Suetonius, 85 years after his death, and Cassius Dio almost two

    その次は、死後85年のスエトニウス、そしてほぼ2年後のカシアス・ディオです。

  • centuries later.

    数世紀後には

  • Simply put, to doubt the veracity of the historical account of the scriptures is to put into doubt

    簡単に言えば、聖典の歴史的記述の真実性を疑うことは、次のことを疑うことになります。

  • every single event of ancient history, as the life, death, and teachings of Jesus are

    古代史のあらゆる出来事、イエスの生涯、死、そして教えがそのまま反映されています。

  • the best sourced histories in the ancient world.

    古代の世界で最高のソースを持つ歴史書。

  • With the gospels and letters of Saint Paul accepted as valid historical documents, is

    福音書や聖パウロの手紙が有効な史料として認められている中で、そのような史料があるでしょうか?

  • there then any evidence for the resurrection as a historical event?

    では、復活が歴史的な出来事であるという証拠はあるのでしょうか?

  • We can begin our investigation with the empty tomb.

    私たちは、空の墓から調査を始めることができます。

  • In the gospel accounts, the tomb is discovered empty by Mary Magdalene.

    福音書では、マグダラのマリアによって墓が空であることが発見されています。

  • Jesus's burial clothes are there, but not the body.

    イエス様の埋葬用の服はありますが、体はありません。

  • Critics have argued that the empty tomb was an early Christian fabrication, and presented

    評論家は、空の墓は初期キリスト教の捏造であると主張し、発表した。

  • various theories as to what really happened.

    と、様々な説があります。

  • The first is that the entire empty tomb narrative was a fabrication, yet this has been widely

    第一に、空の墓の物語全体が捏造されたものであるということですが、これは広く

  • rejected by critical historians as the scriptures themselves record the Jewish authorities reacting

    批判的な歴史家には否定されているが、聖典そのものには、ユダヤ人当局が反応したことが記録されている。

  • to the empty tomb by claiming that the disciples had stolen the body, along with their own

    弟子たちが自分たちの遺体と一緒に盗んだと主張して、空の墓に

  • refutation to this claim.

    この主張には反論があります。

  • An obvious back-and-forth dialogue is preserved, showing that whatever the cause, the tomb

    原因が何であれ、墓があることで、明らかな前後関係が保たれています。

  • of Jesus was in fact discovered empty.

    は、実際には空であることが判明した。

  • Next is the claim that the Jewish Sanhedrin was right, and the disciples did steal the

    次に、ユダヤ人のサンヘドリンが正しかったという主張ですが、弟子たちが盗んだのは

  • body.

    のボディになります。

  • This is frankly, an absurd proposition, as guards had been posted to the tomb.

    墓には警備員が配置されていたのだから、はっきり言って無茶苦茶な話である。

  • In all likelihood these were actually Jewish temple guards, as it's incredibly unlikely

    おそらく、これらの人々は実際にはユダヤ人の神殿警備員だったと思われます。

  • that Pilate would have bothered to involve Roman guards in what he saw as a purely Jewish

    ピラトは、純粋にユダヤ人のためのものと考えていたのに、わざわざローマの衛兵を巻き込んだのです。

  • religious dispute, and instead simply told the Sanhedrin to use the guards they already

    宗教上の問題ではなく、サンヘドリンがすでに持っている警備員を使うように言っただけである。

  • possessed themselves.

    自分自身を所有していた。

  • The idea of the disciples bribing Jewish temple guards successfully so as to perpetuate their

    弟子たちがユダヤ人の神殿警備員を買収して成功させ、自分たちの活動を永続させるという考えは

  • heretical belief in a resurrected Messiah is incredulous to the point of sheer absurdity,

    復活したメシアを信じる異端の信仰は、信じられないほど不条理なものです。

  • let alone bribing Roman guards who would themselves face death for such a massive dereliction

    ましてや、このような大規模な怠慢をしたことで自らも死に直面することになるローマの衛兵に賄賂を贈ることは

  • of duty when the tomb was found empty.

    墓が空になった時には義務が生じた。

  • The next theory is the 'apparent death' theory.

    次の説は、「見かけ倒し」説です。

  • This theory states that Jesus didn't really die on the cross, and instead survived his

    この説では、イエスは実際には十字架上で死なず、その代わりに生き残ったとしている。

  • crucifixion, somehow slipped past his tomb guards, and returned to the disciples who

    磔にされた後、墓の警備員の目をすり抜けて、弟子たちのもとに戻ってきた。

  • celebrated him as the resurrected Son of God.

    復活した神の子として祝福しました。

  • Once more, it is completely absurd to believe that a severely injured Jesus, who had just

    もう一度言いますが、重傷を負ったイエスが、その直後に

  • survived a scourging, then being crucified, and in need of critical medical care, could

    鞭で打たれ、十字架にかけられ、致命的な治療を必要としていた時に生き残ったのは

  • possibly return to his disciples and convince them that despite his utterly broken body,

    弟子たちのところに戻ってきて、完全に壊れた体にもかかわらず、彼らを説得することができるかもしれません。

  • he had in fact defeated death, quote, “in glory”.

    彼は実際に死を克服し、引用すると、「栄光の中で」。

  • Secondly, crucifixion was simply not a survivable event unless the person was immediately rescued.

    第二に、十字架にかけられた人は、すぐに救出されない限り、生き延びることはできません。

  • The way that a person was crucified would lead to a slow but sure asphyxiation as the

    人が磔にされた方法では、ゆっくりと、しかし確実に窒息していくことになります。

  • downward pull of gravity forced an individual to physically push against the nails embedded

    重力の下降に伴い、釘が埋め込まれた状態で物理的に押すことになります。

  • in his feet in order to lift their chest up and relieve the pressure, allowing them to

    胸を張って圧迫感を解消するために、足の裏で

  • gasp for breath.

    息を呑む。

  • This would have been not only an excruciatingly painful experience, but an exhausting one,

    これは、耐え難いほどの痛みを伴うだけでなく、疲れることでもありました。

  • compounded by the effects of blood loss and exposure.

    また、出血や被ばくの影響もありました。

  • Additionally, Roman guards were quite used to crucifying Jewish would-be Messiahs and

    また、ローマの衛兵はユダヤ人の救世主となる人物を磔にすることに慣れていて

  • rebels by this time, and were under pains of their own death to ensure that their prisoner

    この頃になると、反乱軍は自分の死を覚悟して、捕虜のために

  • could not be rescued and did indeed die on their cross.

    は救出されず、本当に十字架にかかって死んでしまった。

  • Lastly, in the account of the crucifixion in John 19, we have a Roman centurion ensuring

    最後に、ヨハネによる福音書19章の十字架刑の記述には、ローマの百人隊長が登場します。