Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Can you imagine being strapped to a tree and whipped 80 times for just drinking a little

    ちょっと飲んだだけで、木に縛り付けられて80回もムチで打たれるなんて、想像できますか?

  • alcohol?

    お酒?

  • What about having a foot removed after you were forced into a confession for stealing

    窃盗で自白させられた後に足を切除するのはどうなんだ?

  • something worth a few dollars?

    数ドルの価値があるもの?

  • How about being stoned to death because someone said you cheated on them?

    浮気をしたと言われて石打ちの刑に処されるのはどうか?

  • Or losing your head because you were accused of being a modern-day sorcerer?

    あるいは、現代の魔術師だと非難されて首を落とすことも?

  • These punishments may sound ridiculous, but they have all happened, and continue to happen

    これらの罰則は馬鹿げているように聞こえるかもしれませんが、いずれも起こったことであり、これからも起こり続けることです。

  • around the world today.

    今日、世界各地で

  • Let's start with Iran, a country where it's illegal to consume booze.

    まずは、お酒を飲むことが違法な国、イランから。

  • Not too long ago, a young man was indeed strapped to a tree and whipped 80 times, causing considerable

    少し前には、ある若者が木に縛り付けられて80回もムチで叩かれ、かなりの衝撃を受けました。

  • damage to his back.

    背中にダメージを受けました。

  • His crime was being found at a wedding drinking alcohol when he was 15 years old.

    彼の罪は、15歳の時に結婚式でお酒を飲んでいるところを発見されたことです。

  • This is what Amnesty International had to say about the punishment:

    この処分について、アムネスティ・インターナショナルは次のように述べています。

  • No-one, regardless of age, should be subjected to flogging; that a child was prosecuted for

    "年齢に関係なく、誰もが鞭打ちの対象になるべきではありません、子供が起訴されたのは

  • consuming alcohol and sentenced to 80 lashes beggars belief.”

    アルコールを摂取し、80回の鞭打ちを課せられたことは信じられないことです。

  • Still, worse things have happened in recent years in Iran, and not always for what most

    しかし、近年のイランでは、もっと悪いことが起こっています。

  • would deem significant crimes.

    は、重大な犯罪とみなされます。

  • Take for instance the case of six Iranians that published a video of themselves dancing

    例えば、6人のイラン人が自分たちのダンスを撮影したビデオを公開したケースを考えてみましょう。

  • to Pharrell Williams' songHappy”.

    に合わせて、ファレル・ウィリアムスの曲「Happy」を歌う。

  • They called the video, “Happy we are from Tehran”.

    彼らはこのビデオを「Happy we are from Tehran」と呼んだ。

  • It was supposed to be uplifting and patriotic.

    高揚感と愛国心を感じさせるものになっていました。

  • But that's not how the courts saw it.

    しかし、裁判所の見解はそうではありませんでした。

  • They described it asdamaging to society.”

    "社会にダメージを与える "と表現されました。

  • The six people who appeared in the video, three men and three women, were sentenced

    ビデオに登場した男性3人、女性3人の計6人に判決が下されました。

  • to one year in prison and 91 lashes each.

    懲役1年、鞭打ち91回の刑に処します。

  • To understand this, you should know that around 100 crimes in the country are punishable by

    これを理解するためには、国内の約100の犯罪が処罰の対象となることを知っておく必要があります。

  • whipping.

    ホイップ

  • The net is a wide one, with the list of offenses including theft, assault, adultery, vandalism,

    窃盗、暴行、不倫、破壊行為など、その罪状は多岐にわたる。

  • and the one any partygoer might be accused of, breach of public morals.

    と、パーティーに参加した人が告発される可能性のある「公序良俗違反」の2つがあります。

  • Iran may have become slightly less strict in recent times, but Amnesty International

    イランでは、最近ではやや厳しさを増しているかもしれませんが、アムネスティ・インターナショナルは

  • reported that in 2017, a journalist was sentenced to a whipping for incorrectly stating how

    は、2017年に、あるジャーナリストが、いかにも誤った表現をしたために、鞭打ちの刑に処せられたことを報じました。

  • many motorcycles had been confiscated by city cops.

    その結果、多くのバイクが警官に没収されてしまった。

  • Amnesty International also wrote about a case in which two people got 100 lashes for being

    アムネスティ・インターナショナルも、2人が100回の鞭打ちを受けた事件について書いています。

  • in an intimate relationship without being married.

    結婚していないのに親密な関係にあること。

  • In 2016, 35 young people, both males and females, were arrested in Qazvin Province and sentenced

    2016年には、カズビン州で男女合わせて35人の若者が逮捕され、判決を受けました。

  • to 99 lashes each.

    を、それぞれ99本のまつげにしました。

  • Their crime was drinking and dancing at a graduation party.

    彼らの罪は、卒業パーティーでの飲酒とダンス。

  • You might wonder just how it feels to be lashed.

    鞭打ちってどんな感じなのか気になりますよね。

  • A young woman who was arrested after attending a birthday party went on record and described

    誕生日パーティーに参加した後に逮捕された若い女性が、記録に残っています。

  • the feeling.

    の気持ちを大切にしています。

  • This is what she said: “With the impact of the first lash, I jumped

    これは彼女の言葉です。"1本目の衝撃で、私は飛び上がりました。

  • out of my seat uncontrollably.

    思わず席を立ってしまいました。

  • I was so shocked that even my tears would not drop.

    あまりの衝撃に涙も落ちませんでした。

  • I wanted to scream, but I could not even control my voice.

    叫びたかったが、声を出すこともできなかった。

  • Every time she hit me hard, she would ask me to repent so that God would forgive me.”

    彼女は私を強く叩くたびに、「神様が許してくれるように悔い改めなさい」と言っていました。

  • But things could still be worse.

    しかし、状況はまだ悪くなる可能性がある。

  • In 2016, a man was sentenced to forced blinding in Iran.

    2016年には、イランで男性が強制的に目隠しをされる判決を受けました。

  • It was truly a case of an eye for an eye, a tooth for a tooth.

    まさに「目には目を、歯には歯を」の状態だった。

  • This punishment, though, was for a very, very severe crime involving the man pouring acid

    この罰は、酸を注いだ男の、とてもとても厳しい罪に対するものでしたが

  • on someone.

    誰かに

  • We doubt he had much support from the public, although human rights groups will often point

    彼が一般の人々から支持されていたかどうかは疑問だが、人権団体はしばしば次のように指摘する。

  • out that some people don't receive fair trials.

    公正な裁判を受けられない人がいることを知った。

  • Then you have the punishment of amputation in Iran.

    また、イランでは切断という刑罰があります。

  • This happened in 2018 at the central prison in Mashhad city in Razavi Khorasan province,

    これは、2018年にラザヴィ・ホラーサーン州マシュハド市の中央刑務所で起きた出来事です。

  • where a guillotine-like device was used to remove a man's hand.

    ギロチンのような器具で男性の手を切断していました。

  • Six years earlier he'd been arrested for stealing sheep and other valuables from villagers.

    6年前、彼は村人から羊などの貴重品を盗んで逮捕されていた。

  • Iran was roundly criticized for this, but countered by saying forced amputation wasn't

    イランはこの件で一斉に批判されましたが、「強制的に切断することはない」と反論しました。

  • a form of torture.

    拷問のようなものです。

  • A spokesperson for the government also said it was the best deterrent for stopping thieves

    また、政府の広報担当者は、泥棒を止めるための最高の抑止力になると述べています。

  • and was alsoculturally and religiously justified”.

    であり、また「文化的、宗教的にも正当なもの」であった。

  • According to an Amnesty International report, from 2007 to 2017 215 were sentenced to amputation

    アムネスティ・インターナショナルの報告書によると、2007年から2017年までに215人が切断を宣告されています。

  • and at the time of this video, 125 of them had been carried out.

    で、このビデオの時点では125件が実行されています。

  • Iran doesn't generally publish details about such things, but the stories still often come

    イランでは、このようなことの詳細を公表することはあまりありませんが、それでも話はよく出てきます。

  • to the surface.

    を表面に表示しています。

  • Human rights organizations in 2021 reported that there were currently eight cases of people

    2021年の人権団体の報告によると、現在8件の人々が

  • waiting to get their hands or fingers chopped off for the crime of theft.

    窃盗の罪で手や指を切り落とされるのを待っている。

  • They also stated that the victims receive no anesthetic and are usually the poorest

    彼らはまた、犠牲者は麻酔を受けず、通常は最も貧しい人々であると述べています。

  • and most vulnerable of society.

    社会の中で最も弱い立場にある人たちのために

  • Human rights lawyers have also said that at times the confessions have been made after

    また、人権派弁護士によると、自白が行われたのは時として

  • police torture.

    警察の拷問。

  • According to the Iranian penal code, what will be amputated is weighed against the particular

    イランの刑法によると、何を切断するかは、特定のものと比較して判断されます。

  • crime.

    の犯罪です。

  • So, if it's just a first-time theft, the person may lose four fingers.

    そのため、初回の盗難だけであれば、その人は4本の指を失う可能性があります。

  • This is seen as lenient because that person can at least use the thumb and palm to manipulate

    これは、少なくとも親指と手のひらを使って操作することができるため、寛大であると考えられます。

  • objects.

    のオブジェクトがあります。

  • A worse crime or repeat crimes could result in the loss of a hand or even a foot.

    さらに悪質な犯罪や、犯罪を繰り返すと、手や足を失ってしまうこともあります。

  • So how does it feel?

    では、どんな感じなのでしょうか?

  • One man, named Mohsen Sabzichi, described his ordeal like this:

    モフセン・サブジチという男性は、自分の体験をこのように語っている。

  • The device was covered in blood; no disinfection at all, nothing.

    "デバイスには血が付いていて、消毒も何もしていなかった。

  • The device was a guillotine.

    その装置はギロチンだった。

  • They tied my hand under it and hit the knob.

    その下に私の手を縛り、ノブを叩いた。

  • I was watching as my fingers fell to the ground.”

    指が地面に落ちるのを見ていました。"

  • Another man named Reza Safari said after he lost his fingers and he was free, he couldn't

    また、レザ・サファリという男性は、指を失った後、自由の身になってからも、「このままではいけない。

  • go anywhere without people crowding around him since he wore the mark of a thief.

    泥棒のマークをつけていたので、どこに行っても人が集まってきます。

  • He said it was impossible to find work because of this, and hunger drove him to steal another

    そのために仕事が見つからず、空腹のために盗みを繰り返していたという。

  • time.

    の時間になっています。

  • He was arrested again and sentenced to amputation of his left foot.

    再び逮捕され、左足切断の刑に処せられた。

  • Then there are the worse crimes, such as murder.

    それから、殺人などのもっとひどい犯罪もあります。

  • But in Iran, serious crimes also include same-sex relationships that could be punishable up

    しかし、イランでは重大な犯罪には同性間の関係も含まれており、最大で処罰される可能性があります。

  • to death.

    を死なせてしまった。

  • This hasn't happened for a while, but human rights groups have said somewhere between

    これはしばらく起きていませんが、人権団体はどこかで

  • 4,000 and 6,000 people were executed in the country for same-sex relations after the year

    年以降、同性間の関係を理由に国内で4,000人と6,000人が処刑された

  • 1979.

    1979.

  • What about stoning to death, does that still exist in Iran?

    石打ちの刑は、イランでは今でも行われているのですか?

  • According to human rights groups, the answer is yes and there are currently people on death

    人権団体によると、答えは「イエス」であり、現在、死刑囚がいます。

  • row with a stoning sentence hanging over them.

    石打ちの刑にかけられた列。

  • It's not certain right now though, if that's what they'll get.

    しかし、それが実現するかどうかは、今のところ定かではありません。

  • According to that same report, the last instance of stoning was in 2018 after two women had

    その同じ報告書によると、石打ちの最後の事例は、2018年に2人の女性が

  • been found guilty of adultery.

    は、姦通の罪で有罪となりました。

  • Mohammad-Javad Larijani, the chief of Iran's Human Rights Council, defended the sentence

    イランの人権理事会の議長であるMohammad-Javad Larijani氏は、この判決を擁護しました。

  • in 2010 by saying at least the victims have a chance of pulling themselves out of the

    2010年には、「少なくとも被害者は、自分の力で脱出できる可能性がある。

  • hole they've been placed in.

    彼らが置かれている穴。

  • Still, reports have said that even if that happens, they will be thrown back in.

    それでも、そうなっても、また放り込まれると報道されています。

  • The stones are supposed to be small to make the ordeal last a while, with two hours being

    石は、試練を長引かせるために小さくしてあるそうで、2時間が目安だそうです。

  • the most someone will usually survive.

    最も多くの人が生き残ることができます。

  • Article 110 of Iranian law also states two men engaging in penetrative sex can be sentenced

    イランの法律の第110条では、挿入性のあるセックスをした2人の男性が刑罰を受けることもあるとされています。

  • to death and it is the judge who will decide what kind of sentence is carried out.

    を死刑にし、どのような刑を執行するかを決めるのは裁判官である。

  • Amnesty International wrote that in 2007 two men were executed by being thrown off a cliff,

    アムネスティ・インターナショナルは、2007年に2人の男性が崖から投げ落とされて処刑されたと記している。

  • although they'd both been convicted of forcing a young man into sexual acts.

    二人とも若い男性に性的行為を強要した罪で有罪になっていますが

  • We can't find any other recent instances of this kind of sentence being handed down.

    最近、このような判決が下された例は見当たりません。

  • Another issue Iran has been criticized for is executing people who are not yet adults.

    イランが批判されているもう一つの問題は、まだ成人していない人を処刑することです。

  • In 2006, a 16-year old girl was hanged for what was called, “crimes against chastity.”

    2006年には、16歳の少女が "禁欲の罪 "で絞首刑になりました。

  • Hercrimewas being abused by a 51-year old man, and became a global controversy.

    彼女の "罪 "は、51歳の男性に虐待されたことであり、世界的な話題となった。

  • Unfortunately, as you'll now see, Iran is not alone in committing brutal acts of violence

    残念ながら、これからご覧いただくように、残虐な暴力行為を行っているのはイランだけではありません。

  • against people it deems criminals.

    犯罪者とみなされた人々に対して

  • Reports state that in 2020 the leading countries for executions were China, Iran, Egypt, Iraq,

    報告書によると、2020年には中国、イラン、エジプト、イラクが死刑執行の主要国となっています。

  • and Saudi Arabia, followed by the United States.

    とサウジアラビアに続いて、アメリカが登場します。

  • All over the world, executions were down 26 percent, which might have had something to

    世界全体では、死刑執行件数が26%減少しました。

  • do with the global pandemic but also a sign of the times.

    世界的なパンデミックの影響であると同時に、時代の流れを感じさせます。

  • There was a huge decrease in Saudi Arabia, which was down from 184 to 27.

    サウジアラビアでは184人から27人へと大幅に減少しました。

  • But like Iran, in Saudi Arabia country, even adultery can lead to the death penalty, as

    しかし、イランのように、サウジアラビアの国では、姦通でも死刑になることがあるので

  • can same-sex relations, or a smaller crime if it is repeated.

    は、同性との関係を持つことができ、また、それが繰り返された場合には、より小さな罪になります。

  • Sometimes the kind of execution will be a person losing their head to the sword, with

    処刑の種類は、人が剣で首を落とすこともあるが、その場合は

  • a former Saudi executioner once remarking to the BBC on just how easy the head comes

    かつてサウジアラビアの元死刑執行人がBBCの取材に応じ、「頭は簡単に取れる」と語っていた。

  • off.

    をオフにしています。

  • It might be painless, but many people see it as a brutal form of punishment that makes

    痛みを伴わないかもしれませんが、多くの人は、残酷な刑罰として

  • us think of centuries gone by.

    私たちは過ぎ去った世紀に思いを馳せる。

  • When we think of the wordswitchcraftorsorcerywe also think of a time from

    魔女」や「魔術」という言葉を思い浮かべるとき、私たちはまた、以下のような時代を思い浮かべます。

  • the past in which Europeans were burned at the stake for accusations of making deals

    過去には、ヨーロッパ人が取引をしたという罪で火あぶりにされたこともありました。

  • with the devil.

    悪魔と。

  • In Saudi Arabia, a person can still be accused of getting in touch with the dark side and

    サウジアラビアでは、今でもダークサイドに触れただけで非難されることがあります。

  • they can be executed for it.

    彼らはそのために処刑される可能性があります。

  • In 2012, a man named Muree bin Ali bin Issa al-Asiri was beheaded for the crime of sorcery

    2012年には、ムレー・ビン・アリ・ビン・イッサ・アル・アシリという人物が、魔術の罪で斬首されました。

  • and also adultery.

    また、姦淫もしています。

  • Not long before he lost his head, a woman faced the same fate after she was accused

    彼が首を落とす少し前には、告発された女性が同じ運命を辿りました。

  • of sorcery and witchcraft.

    妖術や魔術の

  • The latest case we could find was the beheading of Mohammed bin Bakr al-Alawi, who in 2014

    私たちが見つけた最新のケースは、2014年にMohammed bin Bakr al-Alawiの首をはねたものです。

  • was accused of dealing in the dark arts.

    闇の魔術を扱っていると非難された。

  • Times change though, and hopefully it won't happen again, but it is still part of the

    しかし、時代は変わるもので、願わくばこのようなことは二度と起こらないようにしたいと思いますが、それはまだ一部です。

  • law.

    の法則に基づいています。

  • In 2012, a teenager in Saudi Arabia was sentenced to death for sending messages on his phone

    2012年、サウジアラビアでは、携帯電話でメッセージを送った10代の若者に死刑判決が下されました。

  • defending the pro-democracy movement.

    プロデモクラシー運動を守るために

  • Reports said that he was tortured into a confession.

    報道によると、彼は拷問を受けて自白したという。

  • He was sentenced to be beheaded and then crucified.

    斬首刑、そして十字架刑に処せられた。

  • Yes, you can still legally crucify someone in Saudi Arabia.

    そう、サウジアラビアでは今でも合法的に人を磔にすることができるのです。

  • That teen is now older and still in prison, so we don't know what will happen to him.

    そのティーンは今、年を取り、まだ刑務所にいるので、どうなるかわかりません。

  • It's unlikely he will be executed since some changes in the country now state that

    現在、国の一部の変更により、彼が処刑される可能性は低いです。

  • anyone convicted under the age of 18 can not be executed.

    18歳未満で有罪になった人は死刑にできません。

  • Still, Human Rights Watch has reported that some people still face the death penalty even

    しかし、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、今でも死刑に直面している人々がいることを報告しています。

  • though their alleged crime was committed when they were still juveniles.

    しかし、彼らが犯したとされる犯罪は、彼らがまだ少年だった時に行われたものです。

  • As for crucifixion, it seems that particular method hasn't been carried out for a while.

    磔刑については、その方法はしばらく行われていないようです。

  • In 2009, there was a case involving the leader of an armed gang, who was sentenced to beheading

    2009年には、武装集団のリーダーが斬首刑に処せられた事件がありました。

  • and his headless body to be displayed for three days on a crucifix.

    と言って、首のない体を3日間、十字架に飾っていました。

  • Unlike Iran, we can't find any very recent cases of amputation for the crime of theft.

    イランのように、窃盗の罪で切断されたごく最近の事例は見当たりません。

  • In 2011, some thieves were convicted of theft and sentenced to something called, “cross-amputation”,

    2011年には、窃盗の罪で有罪判決を受け、「十字架の刑」と呼ばれる刑罰を受けた泥棒もいました。

  • which means losing the right hand and the left foot.

    とは、右手と左足を失うことを意味します。

  • We just can't verify if this punishment was carried out.

    ただ、この罰が実行されたかどうかは検証できません。

  • In 2003, an Indian man working in Saudi Arabia got into a fight with another man and that

    2003年、サウジアラビアで働いていたインド人男性が他の男性と喧嘩をして、その

  • man lost an eye.

    が片目を失った。

  • The Indian man's punishment was to have one of his eyes gouged out, another case of

    インディアンの男の罰は、片方の目をえぐり取られるというものだったが、これもまた

  • literally an eye for an eye.

    文字通り「目には目を」である。

  • The victim took pity on him though and pardoned him.

    しかし、被害者は彼に同情し、恩赦を与えました。

  • One can take the eye, or one can forgive.

    人は目を奪うこともできるし、許すこともできる。

  • Forgiveness, though, will often involve the exchange of some cash, too.

    しかし、許すということは、多くの場合、現金を交換することでもあります。

  • An eye for a Saudi Riyal just doesn't have the same ring to it.

    An eye for a Saudi Riyalは、同じ響きを持っていません。

  • From what we can see, amputation and eye-gouging don't happen anymore in Saudi Arabia, even

    私たちが見る限り、サウジアラビアでは、切断や目潰しはもう起こらないし、たとえ

  • though technically they can.

    しかし、技術的には可能です。

  • Stoning could also happen, but it hasn't been carried out lately and likely won't

    石打ちの刑もありえますが、最近は行われていませんし、今後も行われないでしょう。

  • again any time soon.

    近いうちにまた

  • Even public flogging, which was a Saudi favorite in the past, is now off the table as a punishment.

    かつてサウジが好んで使っていた公開鞭打ちも、今では刑罰として認められていません。

  • Physical pain and dismemberment are horrid, but could some punishments in the West be

    肉体的な苦痛や四肢の切断は恐ろしいものですが、西洋の刑罰の中には

  • just as bad or worse?

    それと同じかそれ以上に?

  • The US gets a special mention for a very specific type of punishment, and that's prolonged

    米国は、非常に特殊なタイプの処罰で特筆すべきことがあります。それは、長期にわたる

  • time in solitary confinement.

    独房での生活

  • Amnesty International reported in 2016 that a newly released prisoner named Albert Woodfox

    アムネスティ・インターナショナルは2016年に、アルバート・ウッドフォックスという新しく釈放された囚人が

  • had spent much of his 43 years behind bars in a very small, isolated cell.

    は、43年間の獄中生活のほとんどを、非常に狭い孤立した独房で過ごしていた。

  • This is how Woodfox described it: “Solitary confinement is the most torturous

    ウッドフォックスはこのように説明している。"独房は最も苦しいものだ

  • experience a human being can be put through in prison.

    人間が刑務所で経験することができること。

  • It's punishment without ending

    終わりのないお仕置き...。

  • I do not have the words to convey the years of mental, emotional, and physical torture

    精神的、感情的、肉体的な拷問の年月を伝える言葉がありません。

  • I have endured.”

    私は耐えてきた」。

  • It also seems as though he was innocent of his crime, too, since he had his murder conviction

    また、殺人罪で有罪判決を受けていたため、彼も無罪であったように思えます。

  • overturned three times.

    を3回も覆してしまった。

  • Across the pond, Britain's longest-serving prisoner, Robert Maudsley, is still locked

    池の向こうでは、英国で最も長く服役していた囚人、ロバート・モーズリーがいまだに拘束されています。

  • up in a specially made bullet-proof glass box at the bottom of the prison.

    牢屋の底にある特製の防弾ガラスの箱に入れられた。

  • He lives in an incredibly spartan cell, with a concrete bed and one chair.

    彼が住んでいるのは、コンクリート製のベッドと椅子が1つという、信じられないほどスパルタンな独房です。

  • He's not allowed to talk with any other prisoners, ever, and he's been down in that

    彼は他の囚人と話すことを許されていません、そして彼はその中でずっと

  • cell of isolation since the early 80s.

    80年代初頭から孤立していたセル。

  • He once got a message out, saying, “Why can't I have a television in my cell to

    彼はかつて、「なぜ、私の独房にはテレビがないのか」というメッセージを出して

  • see the world and learn?

    世界を見て、学んでみませんか?

  • Why can't I have any music tapes and listen to beautiful classical music?”

    なぜ音楽テープがなく、美しいクラシック音楽を聴くことができないのか」。

  • He said he'd rather die than be locked up in solitary, but he has no choice in the matter.

    独房に監禁されるくらいなら死んだほうがマシだと言っていたが、彼には選択の余地がない。

  • You wouldn't think the super-clean, shopping-mall-loving island-city state of Singapore would be harsh

    超クリーンでショッピングモールが大好きな島国シンガポールが厳しいとは思わないでしょう。

  • when it comes to crime.

    犯罪に関しては

  • In fact, Singapore is actually really safe and doesn't have much crime.

    実際、シンガポールは本当に安全で、犯罪もあまりありません。

  • What it does have, though, is caning, a remnant of the British colonial period.

    しかし、イギリスの植民地時代の名残であるキャニングがあります。

  • Just ask the two German students who in 2015 got whacked three times each with a cane for

    2015年に杖で3回ずつ叩かれた2人のドイツ人学生に聞いてみてください。

  • the crime of vandalism after they spray painted graffiti on the side of a train.

    電車の側面にスプレーで落書きをし、破壊行為の罪に問われました。

  • It also happened to a 19-year old American in 1994 after he was charged with 50 counts

    また、1994年には19歳のアメリカ人が50件の罪に問われたこともありました。

  • of vandalism.

    バンダリズムの

  • He got six smacks on the backside with the cane, something which became an international

    杖で背中を6回叩かれたが、このことは国際的にも

  • incident and actually strained relations between Singapore and the US.

    事件が発生し、実際にシンガポールとアメリカの関係が悪化しました。

  • Fay later told the media it wasn't all that bad though.

    フェイは後になって、そんなに悪いことではなかったとメディアに語っている。

  • He was alone with a nurse and a doctor and it didn't hurt very much, although he added,

    彼は看護師と医師と二人きりだったので、あまり痛くなかった、と付け加えたが。

  • The first couple of days it was very hard to sit.”

    "最初の2、3日は座るのも大変だった"

  • But listen to how the American tabloids described it, “Bits of flesh flew, and the prisoner

    しかし、アメリカのタブロイド紙の表現を聞いてみると、「肉片が飛び散り、囚人は

  • screamed in pain...

    痛みに耐えながら叫ぶ...。

  • The canings drew hundreds of people, including a lot of women, and everybody seemed to love

    このキャニングには、多くの女性を含む何百人もの人々が集まり、誰もが気に入っているようでした。

  • it.”

    それを"

  • This of course, was an outright lie.

    もちろん、これは真っ赤な嘘である。

  • While isn't an outstandingly awful punishment, but it's a surprising one for such a forward-looking

    卓越したひどい罰ではありませんが、このような前向きな企業にとっては驚くべきことです。

  • nation.

    の国になります。

  • You can also be legally caned as an act of criminal law in Brunei and Malaysia.

    また、ブルネイやマレーシアでは、刑法上の行為として法的に杖をつくことができます。

  • Stoning is still part of the law in the two African nations of Sudan and Somalia, although

    アフリカの2つの国、スーダンとソマリアでは、今でも石打ちの刑が法律で定められています。

  • like in other nations where it's legal, it doesn't actually happen very much.

    他の国では合法的に行われているように、実際にはあまり行われていません。

  • Human Rights Watch says in Sudan the vast majority of cases involved women accused of

    ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、スーダンでは、大半のケースが告発された女性を対象としています。

  • adultery, some of whom weren't given very good representation in the courts.

    姦通した人の中には、法廷であまり良い代理権を与えられなかった人もいます。

  • Still, it seems the punishment in recent times was overturned in all the cases.

    それでも、最近の処分はすべてのケースで覆されたようだ。

  • It actually has happened in Somalia in recent years when women have been accused of adultery,

    近年のソマリアでは、女性が不倫の罪で訴えられるということが実際に起きています。

  • although the cases we've seen were all carried out by a militant group.

    私たちが見てきたケースは、すべて過激派グループによって行われたものでしたが。

  • This group, al-Shabab, often conducts raids all over Somalia.

    このアル・シャバブというグループは、ソマリア全土でしばしば襲撃を行っています。

  • As for amputations, both countries have this punishment written in law for the crime of

    切断に関しては、両国ともに、以下のような罪に対してこの刑罰を法律で定めています。

  • theft, although it seems it hasn't been applied in Sudan for quite a while.

    窃盗罪は、スーダンではしばらく適用されていないようですが。

  • In Somalia, it's a different story though, because that same militant group has been

    ソマリアでは、同じ過激派グループが、このような状況を引き起こしています。

  • doing it for some time.

    以前からやっていました。

  • One victim said</